FC2ブログ

何でも美味しい中華酒場「曾さんの餃子」@神保町

2019.03.05.22:34

曾さんの餃子@神保町
中華


神保町にある「曾さんの餃子」というお店に行きました。
0305 (1)

代々木にある「でっかい餃子 曽さんの店」とお店の名前が一緒と勘違いしていたのですが神保町は「曾さん」、代々木は「曽さん」なので違いました。

お店の方に伺ったところ、仕入元は一緒ということでした。まるで関係のないお店ではないそうです。
ただ、こちらの修行元は六本木のお店で、そこの暖簾分けであるそうです。

しかも店主は奇しくも先週まで訪問していたミャンマーの方でした。
ありとあらゆる(といっても10単語くらいですが)ミャンマー語を使い全て通じました。


店内はテーブル席オンリー。居酒屋スタイルですがとても綺麗で清潔感があります。
閉店間際の写真なのでお客さんが我々しかいないように見えますが、20時の入店時は凄まじい混みっぷりでした。
0305 (20)


餃子は4個で590円。それだけ聞くと少々高めですが後述しますが大ぶりの餃子です。
餃子は他にも揚げ餃子、水餃子、それと餃子ソーセージなんていう変わったメニューがあります。
0305 (2)

餃子以外にもいろいろなメニューがあります。
一番下に全て掲載しました。


マイグラス制度という変わった制度があります。
マイグラスというと自分でグラスを持ってくれば100円引き、、、と思いそうですが、そうではなくお替りを同じグラスですると100円引きになるそうです。
こんな簡単なことで100円も引いてくれるなんて。
0305 (12)


■瓶ビール(550円)
0305 (5)

サッポロラガービール。通称赤星。瓶ビールで一番好きな、出会えると嬉しい銘柄です。
「おお赤星!」とテンションが上ります。
あまりお目にかかれないレアさも、嬉しさに拍車をかけるものと思われます。

赤星中瓶最高。


■前菜3種盛り/春巻き4本(980円)
  餃子ソーセージ4本(790円)/海老入り黒豚シューマイ4個(530円)
図1

料理は総じてどれも美味しく全て偏差値58以上はありそう。
何を食べても外さぬ強さがあります。


■蒸鶏のねぎソース(390円)/手仕込み油淋鶏(690円)
図2

小さな前菜がすごく安価で用意されていて、餃子前のウォーミングアップをしてくれます。
チェーン店のような画一的な味でないので食べていて楽しい。


■ひとくち揚げ餃子8個(420円)
0305 (6)

揚げ餃子は8個で400円ちょっとと大変リーズナブルです。
一口サイズでスナック感覚で頂けます。こぶりなので胃袋にどかっと来ないのもいいです。


■焼き餃子8個(990円)
0305 (9)

焼き餃子は、ぱっと見は餃子に見えないです。どちらかというと焼き小龍包っぽい印象です。
代々木のお店とスタイルは似ています。


餃子と一緒に大きなレンゲが出てきます。永福町系大勝軒級の大きなレンゲが。
0305 (7)


大きなレンゲに大きな餃子を乗せて、酢醤油と細切り生姜を乗せて、、、ってまるっきり小籠包ではないか。
0305 (11)


やや分厚めの皮の向こうに肉汁たっぷりの餡が入っています。
皮が分厚いので小籠包じゃん!とはなりませんが、味わいはだいぶ近いです。
肉汁どばっと系の小籠包気味の焼き餃子。お腹いっぱいになりすぎるので1人2つくらいがちょうどいいと思います。
0305 (10)


■水餃子4個(650円)
0305 (14)

水餃子というかスープ餃子。旨味たっぷりの白湯っぽいスープに浸かった水餃子。
この周りのスープが美味いのなんの。水餃子以上に存在感があり、そして美味しいです(水餃子ももちろん美味しいです。分厚い皮がもちっとして)。

焼き餃子、水餃子はそれぞれ一撃必食メニューといえそうです。


■麻婆豆腐(690円)
0305 (19)

豆腐が切れておらず、どかっと1つ入っているのが特徴の麻婆豆腐。
独創性が出るし、作る方も楽だし、2つもメリットがありそう。
辛すぎずしょっぱすぎず良い塩梅でこちらも美味しい。


■台湾混ぜそば(850円)
0305 (21)

台湾まぜそば自体は名古屋発症ですが、最近は中華料理屋さんでもこうして置いてあるお店があります。
逆輸入バージョンとでも言いますか。
こういった事態により台湾発祥だと思う人も多い気がします。


大蒜が度が過ぎて入っていたりせず、優等生タイプの台湾まぜそばでした。
0305 (22)


てんこ盛りのパクチーが一緒に出てきまして、大変よい仕事をしてくれました。
このパクチーは次に頼んだ魯肉飯でも大活躍しました。
0305 (23)


■魯肉飯(750円)
0305 (24)

名古屋出身の台湾まぜそばと、台湾出身の魯肉飯。
魯肉飯は台湾で食べたような、刺激的な突き抜けた美味しさはありませんでした。
金峰魯肉飯の魯肉飯はとんでもなく美味しかった。

お店も綺麗で店員さんも元気いっぱいで料理もどれも美味しい。特に焼き餃子と水餃子が美味しいです。
普通の中華料理屋さんとも一味違っている点も面白いです。

とてもオススメのお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円


■一品料理
0305 (3)

■ドリンク
0305 (4)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

曾さんの餃子餃子 / 水道橋駅神保町駅九段下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

新地唯一のステーキハウス「Bambu」@二子新地

2019.03.03.17:41

Bambu@二子新地
ステーキ


ミャンマーから帰国し、寝て起きたら夕方。ということで夕飯を食べに行くことにしました。
肉をガブっと食べてみたいなということで、二子新地にあるバンブーというステーキ屋さんに行きました。
以前はBalg/というハンバーガー屋さんだった場所です。
0303-1 (1)


二子新地なので喫煙可かなーと思ったら、なんと禁煙です。
二子新地、高津、溝の口はほとんどのお店が喫煙可の印象なのですが、これは助かる。
0303-1 (19)


17時の訪問だったので先客はおりませんでした。
大人の男性と学生アルバイトの2名体制に見えました。
0303-1 (2)


ステーキは例えばリブロースだと200gで2,200円。100g100円ちょっとなのでなかなか良心的な価格かなと思います。
高くはないですし、不安になるほど激安でもありません。
0303-1 (6)

牛以外のステーキやハンバーグ、あと名物料理としてラクレットがあるようです。
他のメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(480円)
0303-1 (9)

ビールはサントリーの香るエールでした。
プレモルよりは大丈夫ですが、香るエールも何か味が付いているような気がして苦手でした。
張り切って訪問しましたがビール1杯しか飲みませんでした。


■Bセット(450円)
0303-1 (10)

サラダ、スープ、ご飯が付くBセットのサラダとスープです。
サラダがなかなかの量で嬉しい。ミャンマーではあまり生野菜を食べなかったので。


■海老とキノコのアヒージョ(750円)
0303-1 (12)

海老とキノコというか、海老とシメジのアヒージョです。キノコはシメジ一種類に見えました。
少々塩味が強めでしたが十分美味しいアヒージョでした。グツグツっぷりも素敵です。
0303-1 (11)


ステーキたちが運ばれてきた。
0303-1 (14)


■リブロース200g(2,200円)
0303-1 (16)

大きさはかなり悩んだのですが、ミャンマー帰りで胃が疲れているかもしれないと思ったので最も小さな200gにしました。
焼き加減はミディアムレアです。

ステーキソースは2種類。
0303-1 (15)

肉は柔らかく、肉自体の味もしっかりありよいです。
200gで2,000円ちょっとのステーキとしては十分美味しいと思います。
0303-1 (17)


厚みのあり焼き加減もよいです。
ステーキソースに頼らなくても十分いけるリブロースでした。
0303-1 (18)


■ハラミステーキ200g(1,700円)
0303-1 (13)

ハラミはリブロースよりは柔らかさはありませんが、脂が少なくていいです。
ヘルシー志向なステーキ。

駅からも近く値段も手頃で味もまずまず。
使い勝手が良いステーキ屋さんだなと思いました。

それにしても日本の白米は本当に美味しいなと改めて思いました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人3,350円


■チキンステーキ
0303-1 (8)

■ハンバーグ
0303-1 (7)

■コース/一品料理
0303-1 (5)

■ラクレット
0303-1 (4)

■ドリンク
0303-1 (3)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ステーキ&ハンバーグ Bambu二子新地ステーキ / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ステーキ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ステーキ

ANA814便 ヤンゴン→成田6時間の旅

2019.03.03.07:20

ヤンゴン→成田のANA直行便は21時45分発と深夜出発になってしまいます。

ヤンゴンは渋滞がものすごいので警戒して少し早めにホテルを出発したのですが、まったく渋滞がなく20時前には空港に到着してしまいました。
0303 (1)


お腹も空いていたのでご飯が食べたいなと思ったのですが、1階にあるケンタッキーが結構混んでいました。
0303 (2)


しかし看板を見るとバーガーキングがあるようなので、バーガーキングに行くことにしました。
0303 (3)


いろいろ探したのですがバーガーキングが何処にもなく、空港の方に聞いた結果チェックインした中にあるということがわかりました。
すごく広いのにほとんど人がいないのは夜遅いからだと思います。
0303 (4)


どこにあるんだろう。。。20時過ぎてるし、まさかもう閉まって入れないエリアにあるとか??と思っていたら、最後の最後の奥の方にレストラン集合スペースを見つけました。
0303 (9)


見たことのないアイスクリーム屋さん。
0303 (8)


タイ料理屋さん。
0303 (6)


日本人が多く群がっていた豚骨ラーメン屋さん。
0303 (5)


そして目当てのバーガーキング。
ラーメンは日本に帰ればいつでも食べられますし。バーガーキングもそういう意味では同じですが。
0303 (7)


フードコートは結構人がいましたが、それでも席数が多いため楽々座れました。
0303 (10)


ノーマルのワッパーセットが8.9$(≒980円)なので日本より少々高めでした。
空港にあるとはいえ、ここに来て初めてミャンマーで「日本より高い」という自体に驚きました。
0303 (11)


海外仕様なのでケチャップとチリソースは取り放題です。
0303 (14)


ワッパーとチーズバーガー、ポテトとドリンクのセットにしました。
0303 (12)

ここでつい油断して氷入りのコーラをどわーっと飲んでしまいました。バーガーキングなので油断しました。
インドではマクドナルドで油断してあとで大変なことになりました。すっかりそのことを忘れていた。

緑茶と梅干しで応急処置をしたからか、結局大丈夫でしたが。


ポテトは大ぶりで美味しい。バーガーキングのポテトはこんな感じでしたか。ちょっと記憶にありません。
0303 (13)


チーズバーガーと、
0303 (15)


ワッパー。
0303 (16)

まず言えるのはパンがカスカスであるという点です。スカスカというか。
日本のバーガーキングでこういったパンはないかもしれないなと思いました。

それからバーガーキングの醍醐味は炭火感が1つあると思いますが、それがほとんどというか全くありませんでした。
でも味は普通に美味しいです。安心して食べられます。

なお、21時でお店は閉まってしまいました。危なかった。ギリギリでした。
でも21時45分のANA814便に乗る人は、ほぼ間に合うと思います。


21時45分定刻通りヤンゴン国際空港を出発しました。
行きはパンパンに満席でしたが、帰りはそこまでではありませんでした。
0303 (17)


ビールとワインを飲み、、、
0303 (18)


機体が古いため非常に小さな没入感を感じにくい画面で映画を見ました。「スマホを無くしただけなのに」
まずまず面白かったですが映画館で見る意味はあまりないかもと思いました。
0303 (19)


もう1つは「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」です。こちらは全然面白くありませんでした。
面白くない映画ですが、座席がリクライニングしない影響もあり全く眠くならないのが余計に残念でした。
0303 (20)


離陸してから4時間ほど経過して、何ご飯になるのか分かりませんが食事となりました。
(朝食と書いてありました)
行きの機内食が相当ガッカリな内容だったので、帰りはすっかり期待しておりませんでした。
0303 (21)


洋食。
0303 (22)


「マッシュルームのフリッタータ チキンソーセージ添え」というタイトルですが大袈裟かなと思います。
0303 (23)


和食。
0303 (24)


鮭幽庵焼き。ということでした。
0303 (25)

ANAの機内食がJALより劣るのか、あるいはヤンゴン便だけが力が入っていないのか。

6時間、一睡もすることなく成田に着いてしまいました。朝7時に着いてしまうということも大きいですが、日本寒い。
あれほどミャンマー滞在は快適だったのに、帰りですべてのエネルギーを奪われました。
0303 (26)

しかし6時間なのでギリギリ我慢できる長さです。
何れにしてもミャンマーは素晴らしい国でした。

また7月に訪問します。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ロッテホテルヤンゴンの紹介

2019.03.02.19:49

ミャンマー初滞在でお世話になりましたロッテホテルヤンゴンを簡単に紹介します。
一言でいうと「立地以外は最高最強のホテル」でした。
0302-4 (19)

たまたま職場が近かったので良かったですが、観光目的の場合はもう少しダウンタウン寄りのほうがいいかな、、、と思いつつも、立地の不便さを補って余りある素晴らしいホテルでした。


朝食およびクラブラウンジの紹介記事はこちら。
・朝食バイキング
・クラブラウンジ(ディナータイム)
・クラブラウンジ(カフェタイム)


1階ロビーです。とても天井が高く広々としています。
0302-4 (18)


綺麗であることはもちろんのこと、ホテルのスタッフの方の対応も素晴らしく、気持ちが良い思いしかしません。
さすがは一流ホテルです。英語も全員通じます。
0302-4 (17)


13階、14階に泊まるプランを選びますと、クラブラウンジでのチェックインとなります。
クラブラウンジが自由に使えたり、ランドリーが1日2点無料になったり、いろいろなサービスを受けることができます。
料金に含まれているだけではあるのですが。
0302-4 (1)


内廊下。クラブルームだったからか、ほとんどというか1回も人に会うことはありませんでした。
朝食のレストランは非常に混んでいたので、お客さんが全然いなかったというわけではなさそうです。
0302-4 (16)


ダブルベッドルームです。広さは37平米と1週間過ごすには十分な広さ。新しいホテルなので清潔さは抜群です。
0302-4 (2)


ベッドの寝心地も抜群。家と同等に寛げる最高のお部屋でした。
ホテルのベッドは高さがあるのがよいです。
0302-4 (3)


テーブルと椅子があり、仕事をしたり調べ物をしたりできます。1週間、小さな書斎となります。
家にも書斎ないのに。
0302-4 (4)


ウェルカムフルーツ。
0302-4 (10)


窓からの景色です。インヤー湖が見える側の部屋を指定することができますが、高くなってしまいます。
窓からの眺めにはあまり付加価値を感じないため安い方の部屋にしました。
0302-4 (11)


温度調整。新しいホテルゆえ最新式です。「HIGH/LOW」しか選べないということはありません。
温度指定で空調を管理することができます。
0302-4 (15)


グラス類。お茶もよく飲みました。
0302-4 (12)


ワイングラスが立派なものがあって有難かったです。
ミャンマーワインを買って部屋で優雅に飲むことができました。ワイングラスがちゃんとしたものがあるホテルは久方ぶりです。
0302-4 (13)


次に水回りです。総じて超きれいです。潔癖症の人でも大丈夫。

洗面台。一切問題ありません。
0302-4 (8)


バスタブ有りです。
0302-4 (5)


とても長いので足を思いっきり伸ばしてお湯に浸かることができる点は家より良い点です。
0302-4 (9)


シャワースペース。お湯のパワーも申し分ありませんでした。
0302-4 (7)


アメニティはロクシタンです。
0302-4 (14)


トイレももちろん問題ありません。
トイレが綺麗でないと便秘になる人でも大丈夫です。
0302-4 (6)


入りませんでしたがプールもあります。プールはほとんど誰かが入っているシーンを見ませんでした。
平日の昼間は誰かいたのかも。
0302-4 (21)


インヤー湖とつながっているかのようなプールで、さぞ気持ち良いことでしょう。
0302-4 (20)

日本で高級ホテルに泊まらないので比較が難しいですが、綺麗だし広々しているし新しいし、申し分なさすぎる素晴らしいホテルした。
とてもとてもオススメです。立地の問題だって結局はタクシーで移動しまくるので関係ないっちゃ関係ないです。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ロッテホテルヤンゴン、クラブラウンジ カフェタイムに潜入

2019.03.02.16:02

前にクラブラウンジのディナーを紹介しましたが、今回はカフェタイムを紹介します。

カフェタイムは14時~(だったような)、ディナータイムは18時~20時だった気がします(ディナータイムは確実です)。

飛行機が発つ夜まで時間があったので軽食をとりに訪問しました。
0302-4 (9)


相変わらず大変空いています。最初から最後まで誰かに会うことはありませんでした。
クラブフロアに宿泊すれば無料で使えるのですが、あまり使う人はいないようです。
0302-4 (10)


この広い空間を独り占めできるなんて。なんて贅沢な。
ホテルの方は部屋番号だけ聞いて、すぐにいなくなってしまいました。
0302-4 (8)


カフェタイムは軽食が用意されています。

サンドイッチが2種類。
0302-4 (1)


揚げ物系点心が2種類。
0302-4 (2)


フルーツが4種類。
0302-4 (3)


ケーキが3種類。
0302-4 (4)


冷たい飲み物いろいろ。ただしアルコールはありません。
0302-4 (6)


温かい飲み物もいろいろ。
0302-4 (5)


マシンでカプチーノを作りました。
0302-4 (13)


インヤー湖を眺めながら、軽食を頂く。特にツナのサンドイッチが美味しかった。
0302-4 (11)


ゆっくりとカフェ休憩することができます。もう帰りたくないどころの騒ぎではありません。
0302-4 (14)


チェックアウト前にシャワーを浴びるため部屋に戻りました。
ミャンマーりょ、、、いや滞在が終わってしまいました。
0302-4 (7)

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る