FC2ブログ

フィレンツェ、カッシーネ市場は特に面白くはなかった

2019.09.24.09:31

フィレンツェ3日目の朝。ホテルで朝食をとらずに朝8時ホテルを出発。
絵葉書のようであります。フィレンツェの街並みは本当に綺麗です。
0924-1 (1)


西へ西へ歩いてカッシーネ市場を目指します。
カッシーネ公園でやっている市場です。
0924-1 (2)


街の中心部から35分ほど歩いて市場到着。
0924-1 (3)


左右にお店が立ち並んでいます。人はさほど多くなく築地のように混み合ってはないです。
少なくとも8時半~9時くらいの間は。
0924-1 (16)

美味しい屋台などもたくさんあると期待して朝食を抜いて参戦したのですが、食べ物屋さんは全然ありません。
街の中心部から見て入口になる場所の、スタート地点に3店舗ほどあるだけでした。少なくとも8時~9時半は。

サンドイッチのお店。
0924-1 (10)

それとパニーニのお店。
0924-1 (11)

これでも本格的な食事という感じではありませんが、相対的に本格的な食事となるとこの2つのお店だけでした。
他にカフェスタンドでパンが売っているお店が1つという感じ。

入口にこれらのお店があったので、奥に行けばたくさん食べ物屋さんがあると思って突き進んだのですが、1店たりともありませんでした。
(少なくともこの日は)

カッシーネ市場にどんな露店が並んでいたか紹介します。


さすがイタリア。チーズを売っているお店はたくさんありました。
どのお店も半端ない種類でした。
0924-1 (6)


市場ということで野菜も。
0924-1 (7)


果物も。
0924-1 (7)


魚も。
0924-1 (9)

となると肉もどこかにあるのかな?と思ったのですが、見落としたのかもしれません。


フィレンツェということで革製品。フィレンツェは革製品を扱っているお店が多いです。
0924-1 (12)


バッグ類。
0924-1 (15)


靴だってあります。
0924-1 (19)


食器。
0924-1 (14)


はたまた動物まで。ペット用の動物たちと思われます。
0924-1 (13)


お花。
0924-1 (17)


香水。
0924-1 (18)


一番目について、かつ人だかりが出来ていたのが衣料品店です。
お店の数も多いのですが、お客さんがかなり群がっていました。
観光客はほとんどおらず、皆さん地元の方が衣料品を買い求めていました。
0924-1 (20)

なるほど。カッシーネ市場は地元の方メインのマーケットなのですな。
それゆえその場で食べるようなものを扱っているお店が少ないと。


入口まで戻って、もっとも簡単な軽食をとるためカフェテリアに並びました。
0924-1 (21)


食べ物はパンのみ。
0924-1 (22)


コーヒーは€1.00。
0924-1 (23)


カプチーノをオーダーすると、マシンで作ってくれます。
0924-1 (24)


3日目の朝食。餡子隊長には「これならばホテルで食べてくればよかった」と叱れれました。
0924-1 (25)


カッシーネ市場をあとにして、次なる市場「フィレンツェ中央市場」を目指します。
フィレンツェ中央市場は地元密着ではなく、観光客も大いに楽しめる大きな市場です。普通に有名です。フィレンツェに来た人のほとんどが1度は足を運ぶのではないでしょうか。
0924-1 (26)


ドゥオモを見つけて指差す隊長。
0924-1 (27)

歩いては食べては飲んでは寝る。そんな旅行ですが1日25キロくらい歩くため全く体重は増えません。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

フィレンツェ東エリアにある美味しいジェラテリア

2019.09.23.22:06

La Carraia Gelateria@Firenze
ジェラート専門店


夕飯でビステッカを食べたのがフィレンツェ西側エリア。
そこから正反対の東側エリアを目指します。
0923-4 (1)


5回くらい前を通りましたが常に大行列が出来ていた何かのお店。
パンに何かを挟んだ食べ物に見えました。
0923-4 (2)


東に東に向かって歩いた目的は、、、ジェラートです。
昨日Benchiで食べましたが、今日は違うお店で食べてみようと。
2_2020011219065643d.jpg

ちなみにVenchiは2019年12月に銀座に上陸しました。
連日大行列を作っています。

フィレンツェで食べたほうが並ばずにすみます。


目当てのお店は、、、閉まっておりました。日曜定休だった。。。
一応定休日情報も調べていたのですが、情報が足りていませんでした。
0923-4 (3)


と、向かいに革製品を扱うお店が。
0923-4 (4)


隊長、カバンをお買い上げしておりました。
0923-4 (5)


目当てのお店は閉まっていましたが、こんなこともあろうかともう1つ西エリアのお店を見繕っていました。
さらに西に歩いて到着。

La Carraia、片仮名読みですと恐らく「ラ カラアイア」となりそうなお店。
0923-4 (6)


20時半を過ぎているというのに店内は大変な混み合いっぷり。大人気店だったようです。
日本でジェラート専門店が20時半過ぎで大盛況というのはなかなか難しいかもしれません。文化の差でしょう。
というかそもそも20時半まで空いているジェラテリアは日本にあるだろうか。
0923-4 (9)


Venchiは21種類のフレーバーから選べましたが、こちらはなんと27種類。
種類の数ではVenchiを上回っています。
0923-4 (8)


値段の刻み方によって何が変わるのかわかりませんが、値段はVenchiよりちょっと安いのかな。。。
0923-4 (7)


ショーケースには数々のジェラートが。
種類が本当に多くて選ぶのに時間がかかります。
0923-4 (10)


メニューに英語がありますし、ジェラートなので見ればだいたい味が想像できます。
0923-4 (12)


Venchiでは誤ってトリプルになってしまいましたが、今回はダブルでオーダー。
滑らかで甘すぎず、かといって幸せな甘さはまとっていて本当に美味しい。
Venchiのチョコレートが大変美味しかったのですが、またチョコレートにしたのですが、日本で食べるよりも絶対美味しい気がします。
0923-4 (13)


餡子隊長はコーヒーは飲めないけどコーヒー味が好きなのでコーヒーとバニラを合わせていました。
0923-4 (14)

イタリアのジェラート最高。
数百円で辿り着ける幸せ。Venchiに引けを取らない最高のジェラートでした。

店内にも少しイートインスペースがあります。
0923-4 (15)


外にも少し席があります。
皆さん夜遅い中、楽しそうにジェラートを召し上がっていました。
0923-4 (16)


大満足で散歩をしながらホテルに帰ります。
0923-4 (17)


観光地なので夜でも結構人が多いです。ゆえにフィレンツェはあまり危ない感じはありません。
0923-4 (18)


アウトレットに行って散歩してスーパーに寄ってビステッカを食べてジェラートで〆る。
長い長い1日が終わりました。
0923-4 (19)


ホテル到着。
0923-4 (20)


フィレンツェ滞在はHotel Golden Towerというホテルですが、大変よいホテルでしたのでまた別途紹介したいと思います。
0923-4 (21)


===
【オーダー】
ダブル €3.00≒360円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

La Carraia Gelateriaアイスクリーム / サンタ・クローチェ教会周辺)

夜総合点★★★★ 4.0



[スイーツ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

1度はいいけど1度でいいかも

2019.09.23.20:45

All'Antico Ristoro di Cambi@Firenze
イタリアン

観光客率:60%
日本人率:3%(我々以外に1組)
※あくまで行った時、しかも相当主観です


フィレンツェ2日目。夕飯に出撃。
隊長は早速購入したバッグを装備していました。
0923-3 (1)


カタカナ読みで「アランティコ リストロ ディ カンビ」というお店を出発前にTripAdvisorで予約しました。
0923-3 (2)

フィレンツェの名物料理「ビステッカ」が頂けるお店です。
ビステッカとはイタリア語でステーキの意味です。


外にも席があります。
0923-3 (3)


入り口入ってすぐの席。あまり広いお店じゃないのかな?と思ったら、、、
0923-3 (4)


とても広いお店でした。雰囲気も抜群にいいです。非常にイタリアっぽい店内。
18時の開店と同時入店だったので一番乗りでした。
0923-3 (5)


18時半くらいからちょろちょろとお客さんが集まり、最後の方はおおよそ席は埋まっていました。人気あります。
客層は観光客が6割くらいかな、、、という印象です。中国人が少々いましたが欧米人が中心でした。
日本人は我々を除いて1組。そもそも旅行中、あまり日本人を見ることはありませんでした。
0923-3 (6)


20年前に来た際には日本人だらけだったのに。時代の変化を感じます。
0923-3 (10)


卓上にはなぜかボトルの赤ワインが置いてあります。
オーダーすると取り下げられます。
0923-3 (9)


本日のメニュー。英語です。イタリア語版メニューは一番下に掲載しました。
1品はだいたい1,500円~2,000円。
ビステッカは最低1kgからのオーダーでグラム€45≒5,400円です。100gだと540円なので日本で考えると全然高くありません。むしろすごく安い。
0923-3 (8)


■ビール(€6.00≒720円)
0923-3 (11)

ビールをオーダーするとイエローかブラウンか聞かれます。イエローにしました。
銘柄はわかりませんが、イタリアのビールは本当に美味しい。


コペルトは1人€2で2人で€4.00≒480円。
相変わらずどっさりなパン。
0923-3 (12)


ビステッカをオーダーすると、お店の方が焼く前のお肉を持ってきてくれます。
Instagram時代には最高の演出でしょう。それにしてもでかい。
0923-3 (13)


ただ豪快に骨も付いているので1kgのうち350gくらいは骨ではなかろうか。
つまりは2人で分けると300gちょっとずつなので、食べられない量ではありません。
0923-3 (14)


■ANTIPASTI(€13.00≒1,560円)
0923-3 (15)

前菜の盛り合わせをオーダーしたら肉系ばかりになってしまいました。
生ハムは相変わらず美味しい。サラミは厚いタイプと薄いタイプの2種類がありました。

パテは鰯かな。ドライトマトはものすごくしょっぱかった。
0923-3 (17)


脂身たっぷりの生ハムはとろけます。
これからステーキなのに肉中心の前菜になってしまった点が失敗でした。
0923-3 (18)


■ワイン(€6.00≒720円)
0923-3 (19)

ハウスワインは1リットルとハーフがあるということで。
普段なら余裕で飲めるのですが、この日は20キロ以上歩いていたので疲れから撃沈する可能性があると考えハーフにしました。

500mlのワインが700円ちょっとと大変リーズナブル。
ですが味もそれなりではありました。


きた。。。食べたかったビステッカ。日本でも食べたことがありません。
0923-3 (22)


■付け合せのサラダ(€5.00≒600円)
0923-3 (24)

付け合せを2品オーダーしたのですが、まずサラダは量が多すぎます。
4人以上で食べたいボリュームです。
ただ牛肉はやはりそれなりにしつこい食べ物ではあるため(しかも大量)、さっぱりさせる要員としては必要です。


■付け合せの法蓮草(€5.00≒600円)
0923-3 (23)

もう1つはスピナッチ。バターで炒めてあるので美味しいのですが、コクがありすぎて大量の牛肉と合わせるにはどうか。。。でも単体では美味しいです。
そしてやはり量がとんでもない。

イタリアは基本的に「思春期以外で食べたらそりゃ太るでしょう」というボリュームです。


■Bistecca alla fiorentina(€54.00≒6,480円)
0923-3 (20)

フォークが突き刺さっていますが、提供時からすでに突き刺さっています。日本人的には行儀悪く感じてしまいますが。
それにしてもでかい。そしてフォトジェニック。インスタのためにあるような料理です。


ライオンになった気分になれます。
かなりレアな肉と対峙し、そして食べる。そのボリュームに若干戦いに似た状況となります。
0923-3 (26)


端には豪快な骨が。
0923-3 (25)


とにかくかなりレアです。ローストビーフなどで味わう生加減ともだいぶ違います。でかい塊なので生肉食べてる、、、という感覚が強烈に残ります。
0923-3 (28)


添えられている岩塩を付けて塩味を足せるのですが、岩塩はかなりしょっぱいので付け過ぎに注意。
0923-3 (30)


なお味ですが、美味しいか?と言われると、凄いし迫力はあるし歓声は上がるのですが、美味しいという感想は出てこないかもしれません。というか「美味しい」という言葉は2人とも1回も言いませんでした。「すごい」は言いました。
0923-3 (29)


なかなかお腹いっぱいになりましたが、食べることができました。いや、食べることができたように見える写真を撮りました。
0923-3 (32)


脂身が無理でした。しかも結構あります。骨と脂身を除くと実質2人で600g以下になりそう。
それと最初の温かいうちはまだよいのですが、冷めてくるとかなり厳しい戦いになります。
0923-3 (31)


イタリア料理は美味しい料理が数多くありますが、ビステッカには惹かれませんでした。
イタリアンというよりは、どちらかというとアメリカの料理みたいな印象です。
0923-3 (27)

記念に1度食べるにはすごくよいと思います。旅の思い出になります。そういう意味ではとても満足できました。
学生時代は高すぎると思って食べることができなかったので。


夜の外観。
0923-3 (34)


20時にお店を出ると、外の席もまあまあ埋まっていました。
0923-3 (35)


ジェラートを求めて夜のフィレンツェを散歩しました。
0923-3 (36)

===
【オーダー】
上記の通り 2人で95.00€(≒11,400円)
※1ユーロ120円


■イタリア語メニュー
0923-3 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

All'Antico Ristoro Di Cambiイタリアン / サンタ・マリア・ノヴェッラ駅周辺)

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

フィレンツェのスーパーマーケットなど

2019.09.23.15:06

アウトレット The mallから15時くらいに戻ってきて、一休みして街に繰り出しました。
夕飯前に散歩です。しかし今日は朝食から何も食べておりません。
0923-2 (1)


サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。世界最古の薬局と言われております。
その歴史、実に800年。
0923-2 (2)


修道士たちが手作りで薬草を作っていたそうで、なんとなくそういう雰囲気。
修道士の方がいた感じがします。
0923-2 (3)


店内はとても混み合っています。世界最古の薬局としてあまりに有名すぎます。
0923-2 (4)


しかしいくら世界最古の薬局といっても、1つ1つが高すぎます。小さなハンドクリームですら3,000円くらいします。
旅行の高揚感があっても、まったく購入する気にはなりませんでした。
0923-2 (5)


アルノ川沿いの景色の、なんとよいことか。歩いているだけでとても気持ちがいい。
0923-2 (6)


海外旅行恒例、地元のスーパーマーケットに立ち寄ってみました。
0923-2 (7)


いざ潜入。
0923-2 (9)


パンが既に美味しそうすぎる。明治屋、成城石井は比ではないほど美味しそう。
0923-2 (8)


惣菜もデパ地下以上に美味しそう。そう見えるだけかもしれないけど、珍しい惣菜が並んでいます。
0923-2 (14)


パスタも信じられないほどの種類のパスタが置いてあります。生パスタがこんなに置いてあるスーパーは日本には1つもないはず。
日本のスーパーにいろんな種類の米が置いてあるのと同じ話か。
0923-2 (12)


一番驚くのがチーズの種類。所狭しとチーズが並んでいます。しかもいろんな種類が。
0923-2 (10)


チーズと言えばフランスというイメージでしたが、イタリアもとんでもないことになっています。
0923-2 (11)


チーズ専門店ではなく普通のスーパーなのに、これだけのチーズを扱っているなんて。
普通に生活雑貨も売っている中でこれはすごい。
0923-2 (13)


モッツァレラチーズっぽいチーズだけでもどんだけの種類があるというのだ。
0923-2 (15)


これだけ紹介してもチーズコーナー全部ではないという。。。
イタリアのチーズが美味しいわけです。
1日に見たチーズの数は、この日が人生No1であることは間違いなさそう。
0923-2 (16)

写真を撮り忘れましたが、ワインも専門店、、、日本だと専門店でもどこも勝てないほどの数のワインが置いてありました。
たまたまとんでもなくすごいスーパーに入ったのか。あるいはイタリアは全部こういう感じなのか。

小さなスーパーでしたが、とんでもなかった。


餡子隊長は終始ご満悦。
0923-2 (17)


いろんなお店を通り過ぎウィンドウショッピングしました。
0923-2 (18)


露店が集まっている場所もあります。
0923-2 (19)


隊長、かなり熱心にご覧になっておられました。
0923-2 (20)

アウトレット→街散策と続いて、いよいよ夕飯を食べに行きます。









theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

フィレンツェ郊外のアウトレットThe mallに行ってきた

2019.09.23.13:46

フィレンツェ2日目。The mallというフィレンツェ郊外にあるアウトレットに行きます。
海外でアウトレットに行くのは人生初。
朝早く行って、混雑を避けて昼過ぎには帰ってくる作戦です。
0923-1 (1)


8時50分のバスを予約していましたので、25分前の8時25分にバス停到着。2番手の到着となりました(1番手は日本人カップルでした)。
8時30分を過ぎるとワラワラと人が増えまして写真は8時37分の状況です。
0923-1 (2)

皆さんなんとなくキリのよい8時30分を目指してくるだろうなと思ったので25分着を目指しました。
ラーメン屋さんの行列に並びまくった経験が活きました。

なお、行列のほとんどが中国人です。9割中国人。0.5割が日本人で、もう0.5割が欧米人という構成です。


定刻にバスがきました。
この黒いバスは往復で€13.00ですが、もっと安いバスもあるみたいです。
0923-1 (3)


イタリアに着いてからでもバスの予約はできるのですが、サイトから予約ができるので日本にいる間に予約してしまったほうがよいです。
このQRコードが印刷された紙を持ってけばOK。
我々は2番手でしたが、1番手の方は予約しておらず、かなり後ろの方に回されていました。
0923-1 (7)


1番手になったことで2階の一番前の席に着くことができました。
この席の臨場感は半端ありません。2組しか座ることの出来ないプレミアムシート。
0923-1 (6)


2階の様子はこんな感じ。2列2列のゆったり設計。
0923-1 (4)


成田に行くリムジンバスと同じくらいの乗り心地。2階建てのため、むしろ豪華な感じ。
0923-1 (5)


2階一番前の席からの眺め。信号級の高さなのでアトラクションに乗っているような気持ちになります。
0923-1 (8)


都市部を抜けて郊外の山間部にアウトレットはありますので、山のような道を進んでこんな景色になればアウトレットはもうすぐ。
0923-1 (9)


50分の乗車でThe mall到着。グッチ裕三ならぬGUCCIが異様な人気で、唯一長蛇の列が出来ていました。
ほとんど中国人です。
0923-1 (10)

長蛇の列ですが、中に入るまでに1時間かかる、とかにはなりません。単にオープン前に着いてしまっただけです。
8時50分発のバスが、オープン前に到着する最後の便になります。


山の天気は変わりやすいためか、晴れたり雨が降ったり天気は目まぐるしく変化した1日でした。
0923-1 (11)


餡子隊長も満を持して出撃です。
0923-1 (12)


隊長の第1の狙いはプラダ。長蛇ではありませんがプラダにも待ち列が出来ていました。
0923-1 (13)


アウトレット、プラダの店内。アウトレットとは思えぬほど定番品のような品が普通に並んでいます。
さすがイタリア。
0923-1 (14)


日本のアウトレットにありがちな、ちょっと変わったものしか置いてないという感じではありませんでした。
0923-1 (15)


財布コーナーには中国人の人だかりが。プラダの財布は中国で人気がある模様。
0923-1 (20)


2階は洋服です。
0923-1 (19)


獲物を狙う隊長。
0923-1 (17)


くまなく店内を見歩いて、1つのバッグに目をつけておられました。
0923-1 (16)


続いてはダウンジャケットでお馴染みのフランス発モンクレール。
0923-1 (23)


モンクレールはド定番の品は種類少なめでした。
0923-1 (24)


そんな中、餡子隊長はダウンジャケットを購入されていました。気に入ったものがあったそうです。
0923-1 (25)


違うエリアに攻め入ります。御殿場ほどではありませんが、なかなか広いです。
0923-1 (26)


白い建物にも数店舗ドルチェ&ガッバーナなど。
0923-1 (27)


グッチ裕三ならぬGUCCIにも行きました。
0923-1 (28)


まだ並んでいる。さすがの人気ぶり。GUCCIって人気あるんですね。
0923-1 (29)


GUCCIの店内。
0923-1 (30)


並びができていたとしても、店内が黒山の人だかりということはありません。
ただ9月下旬ということで、どちらかというと閑散期気味でこの人の入りはすごいなと思いました。
0923-1 (31)

なお、グッチの店員さんは殊更優しかったです。サイズを告げると「日本人にはでかいと思う」と言って、着る人の身長はどのくらいだと聞くと、同じくらいの身長の店員さんを連れてきてくれたりしました。
なんて優しいのだ。

ネットを見ていると「The mallの店員さんはやる気がない。ぶっきらぼう」という内容をよく見ましたが、どのお店も全くそんなことはなく、おしなべて皆さん優しかったです。


買い物をした場合は、奥の方にある建物でリアルタイム免税手続きをしたほうがよいです。
その場でできる&その場でお金もらえるので。しかも日本円で受け取れます(ユーロと選べます)。
0923-1 (32)

なお帰りのバスは予約していた時間と違う時間だとしても、席が空いていれば乗せてもらえます。
14時にはThe mallをあとにしました。


隊長の戦利品。PRADAのバッグとMONCLERのダウンジャケット。
0923-1 (33)


あとお土産のGUCCIのジャケットコート。
0923-1 (34)

初めて行ったけど、なかなか楽しめました。

置いている品がよいことと、値引率が高いことで、またフィレンツェに来ることがあったら来てしまうかもしれません。

今回は食べ物の話が一切なしでありました。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る