FC2ブログ

ドイツビアホール Zum BIERHOF(新宿)

2010.09.10.22:36

人生5回目のオフ会に行ってきました。
もう最初の頃のような緊張はありません。

当然オフ会ですからバンダナを巻いて行きました。
英字プリントシャツだって新調しました。
ズボンのタックは1つにするか2つにするか迷いましたが、
今回はツータックで行きました。

会場はこちら、歌舞伎町さくら通りの入口からすぐの場所にあります。

DSC02649.jpg

石原都知事のおかげで?せいで?歌舞伎町も随分様子が変わりましたね。

ビルの5階、こちらの「Zum BIERHOF」というお店です。
カタカナ表記ですと「ツム ビアホフ」となるようです。

DSC02650.jpg

お店の方によると、「ビアホールにようこそ」という意味だそうです。


エレベーターで5階にあがります。
こちらがビアホールの入口です。

DSC02651.jpg


中に入ると、ふむ、なるほど。
飾り気のない、開放的なビアホールといった感じです。

DSC02653.jpg

あれ?待てよ。
こちら、昔合コンの2次会で使ったことがあることを思い出しました。
初めてのお店じゃなかったみたいです。


お店の奥には、ドイツのビール祭りの様子が延々と映し出されています。
ドイツが毎日こんな様子だと、ギリシャの次に飛ぶのはドイツかな、なんて思ってしまいますが、
多分毎日ではないと思います。

DSC02654.jpg


全員集合して、まず最初の議論は、
飲み放題にするべきか否か、でした。

もちろん互いに目は合わせません。
オフ会ですから。

ビール1杯500mlが1200円前後します。
飲み放題が3800円ですので、4杯くらい飲んじゃうと飲み放題の方がお得ですね。
それにしても飲み放題3800円ってなかなか見ない設定ですね。

今回は酒豪揃いということで、飲み放題ということで決着しました。

ちなみに飲み放題メニューはこちらです。

DSC02655.jpg

ドイツビールは3種類から選べます。
他にもいろいろ飲めますので、ビールが苦手でも大丈夫です。
でも、そもそもビールが苦手なメンバーがいたら、
こちらのお店じゃなくていい気がします。


当然のようにビールで乾杯です。
それぞれ違うものを頼み、写真映えするように気を使ってくれました。
(私は飲みたい物を頼んでしまいました)

DSC02657.jpg

1杯目はミュンヘナーヴァイスビアです。

お店の方が「ビールグラスの底と底をカツンと叩き合うと、泡が復活する」
と仰ってやって頂いたのですが、
確かに泡は復活したのですが、復活し過ぎてこぼれまくり、ご覧の有り様になってしまいました。

DSC02658.jpg

それにしても、そんな泡の復活のさせ方があったんですね。
割り箸を入れると泡が復活するのは知ってましたが。

ちなみに、どんなグラスでも出来るわけでなく、
ピルスナータイプで、真ん中にくびれがあり、さらにグラス底が厚い物じゃないとできないそうです。


ミュンヘナーヴァイスビアですが、すっきりとして大変飲みやすいビールです。
ビールが苦手な方も、これなら飲めるんじゃないですかね。
水みたいにスイスイ飲めてしまいます。

苦みの少ない、すっきりとしたビールです。
日本のビールもいいですが、これはこれで素晴らしいですね。


お通しは、こちらのよくわからない揚げお菓子みたいなやつです。

DSC02656.jpg

なんてことはないのですが、目の前に出されると食べてしまう。
動物の習性でしょうかね。


鶏料理やウィンナー料理はある程度時間がかかるということで、
ダッシュで提供できるピクルスで時間を凌ぎました。

DSC02666.jpg

ちなみにピクルスはメニューには載っていません。
ビールで漬けたピクルスだそうです。

日本のビールにピクルスは合わない気がするのですが、
すっきりしたドイツビールにピクルスは有りかなと思いました。


シーザーサラダです。

DSC02667.jpg

これはドイツ料理ではないですね。
メキシコ発祥でしたかね。

これは無難な味で普通でした。
ビアホールですので、本領発揮はサラダではないですかね。


次のビールはオリジナルラガーにしてみました。

DSC02660.jpg

ラガーというだけあり、少し苦みがありました。
日本のビールほどではありませんが。

先ほどのビールもそうでしたが、温度がちょうどいいですね。
飲みやすい、冷えすぎてない絶妙な温度で提供してくれます。


ほどなくして、真打その1の登場です。
ウィンナーの盛り合わせです。
かなり迫力があります。
これは頼むべきですね。

DSC02668.jpg

うーむ。それにしても、、、これなら自分がポークビッツと言われても受け入れざるを得ませんね。
何の話ですかね。

DSC02669.jpg

悔しいので裁断処理を勝手出ました。
食べやすい大きさにカットします。

なんかボリュームが増した気がします。

DSC02670.jpg

大きいのでそれなりに大味ですが、美味しいです。
わりと塩気が強めですが、ビールをガンガン飲んでいるので、実はこれくらいがちょうどいいのかもしれません。

大味なウィンナーとビール。
相性最高です。

食べ応え、それからドイツであることを考えると、
是非オーダーしたい1品です。
ジャーマンポテトも従えていますので、単品でジャーマンポテトを頼む必要もなくなります。


続いて真打その2の登場です。
メニュー名は忘れましたが、ようするに鶏の丸焼きです。

DSC02671.jpg


見事なまでに丸焼きにされています。
クリスマスでもないのに鶏の丸焼きを食べます。

DSC02672.jpg


鶏だけで十分なボリュームなのに、小さなジャガイモを揚げたものもトッピングされています。
さっきのウィンナーと、この鶏だけで4人なら十分かもしれません。

DSC02673.jpg


お店の人が食べやすいようにカットしてくれました。

DSC02674.jpg

見事なさばきっぷりです。
これはウィンナーのように自分ではできないですね。


骨の際にも肉がついていますので、
これも置いていってくれます。

DSC02675.jpg

ジューシーなほど脂があるわけではありませんが、
適度に脂が落ちて、ヘルシーに仕上がっています。
脂はある程度落ちていますが、カスカスになるほどではありません。

こちらもウィンナー同様、わりと塩気は強めです。
でも大丈夫。
ビールがありますから。

明日の食事は塩分控えめにした方がいいかもしれませんね。
30代としてはそんなことを思ってしまいました。

見栄え的にもこちらの料理も是非頼んだ方がいいでしょうね。


黒ビールはあまり好みではないのですが、
全部飲んでみなければということで頼んでみました。
名前はホフブロイ デュンケルと言います。

DSC02676.jpg

ギネスよりは飲みやすいですね。
黒ビールらしい甘味があります。
うーん、でもやっぱり甘味のあるビールはちょっと苦手ですね。
ただ、これは嗜好の問題なので、好きな方にはたまらないビールでしょうね。


気が付くと満席で、どのテーブルも盛り上がっていました。
金曜日ということもありますが、人気があるお店のようですね。
この夏の猛暑はお店の売上をアシストしたことでしょう。

DSC02678.jpg


私は既にお腹いっぱいでしたが、皆さんさすがによく食べ、よく飲みます。
揚げ物の盛り合わせが運ばれてきました。

みんなやるなあ。
全員30代なのに。

DSC02679.jpg

揚げ物がビールに合わないわけがないですね。
お腹いっぱいになりつつあるのに、美味しく食べられます。

これだけ料理がビールに合うと、ビールが進まざるを得ません。
ビール飲みまくりです。


10時半に差し掛かったところで、メンバーの1人が恐ろしい提案を。
「新宿の中本に行きたい」

・・・。

しかし、この恐ろしい提案は全会一致で採択され、
そそくさと会計を済ませ、一路小滝橋通りを目指すことになりました。

なんということでしょう(ビフォア アフター調)

続きは次の記事でお伝えします・・・。



===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円


【総合コメント】
ドイツビアホールのお店です。

美味しいビールと、ビールに合う料理が揃っています。
3つ飲んだビールの中では、私はミュンヘナーヴァイスビアが一番美味しいと思いました。
ずっとミュンヘナーヴァイスビアばかり飲んでいました。
2リットルくらい飲んだかな。

料理、ビールも良かったですが、
お店の方の応対がとても良かったのが印象的でした。

お薦めメニューの薦め方も好印象でしたし、
ラストオーダーのビールを運んでくれるタイミングを、
「今残っているものが飲み終わりそうになったら持って来て下さい」
と言ってみたら、4人のペースごとに運んでくれました。
大きな箱のお店で、これだけこまやかに出来るのはすごいなと思いました。

いいお店ですね。
大勢のビール好きで訪れてワイワイ楽しくやるのに最高です。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




ツム ビアホフ ビアホール・ビアレストラン / 新宿西口駅新宿三丁目駅西武新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

居酒屋 西尾さん(新宿) 2回目

2010.08.27.22:34

西尾さんに行ってきました。
西尾さんは2度目です。

1度目も2度目も予約から3ヵ月後の訪問です。
とんでもない居酒屋があったものですね。

前回初訪問の際の記事はこちらです。
・2010年5月17日 西尾さん

今回は食べログのミニオフ会での利用です。
私含め4人で行って参りました。

DSC02213.jpg


席につくとやはり今回もありました。
オフ会だったからモンチッチで予約すれば良かったかなあ。

DSC02217.jpg


数々の名物貼紙の様子は前回の記事を参照下さい。

前回なかったものとしては、、、今後の予約状況を示すこちらの紙。

DSC02215.jpg

8月の今時点で11月で空いているのはわずか1日のみ。。。
ここは本当に居酒屋でしょうか。

たった1人で切り盛りするお店が、
こうまでも予約が取れないお店になるというのは本当にすごいことですね。

従業員の総合力ではなく、とにかく西尾さんがすごいってわけですから。


この日のお勧めメニューです。
気になる方はクリックして拡大してご覧下さい。
5月のときとはちょっとメニューが異なりますね。

DSC02216.jpg


この日も基本満席でしたが、カウンター席は時折空いていましたね。
ただ、18時半に伺ったらカウンターは既に満席でした。
皆さん随分と早くから飲んでるんですね。

DSC02218.jpg


さて、ビールで乾杯でオフ会の始まりです。
まあオフ会って言っても慣れたメンバー同士なので、普通の飲み会に近いですね。

DSC02214.jpg

それにしても、西尾さんは「夏は外よりも暑い」という貼紙を前回確認していたのでびびっていたのですが、
特にそんなこともなく、ちゃんとクーラーが効いていて、快適な温度でした。
(途中2回ブレーカーが落ちましたけどね)


最初はやっぱり名物お通しサラダですね。
お茶漬けのもとをかけて頂きます。
2回お替りしました。

DSC02219.jpg


季節的にあるかな、、、と心配していたのですが、
生しらす、今回もありました。
西尾さんにきたら、これは頼まないといけませんね。

DSC02224.jpg


焼き枝豆なる聞いた事のないメニューを頼んでみました。
なるほど、確かに茹でずに焼いた枝豆です。

DSC02222.jpg

茹でるよりも甘みがあって美味しいです。
これは目からウロコですね。
これって普通の枝豆も焼いたらこんなに美味しくなるんだろうか。


限定3人前しかないという、カツオのタタキです。
今がギリギリ旬ですもんね。
こちらも1人前だけ残っているということで頂きました。

DSC02226.jpg


さつま揚げです。これも絶対頼まないといけないメニューの1つですね。
初めて食べた方は皆さん驚きますね。
さつま揚げっていうか、中が山芋仕様なので、ふわふわでとても美味しいです。
揚げたてを食べると最高です。

DSC02227.jpg


これも絶対頼まなければいけないシリーズの1つ、アジフライですね。
ふわふわ、さくさくのアジフライ。
臭みが一切無く、言われなければアジフライとは分からない可能性すらあります。
いや、それはないかな。

DSC02229.jpg

今回は西尾さんが2度目のメンバーが2人いたので、
外しちゃいけないポイントはしっかりおさえて注文することができました。
みんな「これは食べなきゃ」って思うメニューって似てるんだなあと思いました。


茄子トマト豆腐ネギソースです。
なぜか1口も食べなかったので味はわかりません。

DSC02228.jpg


これはベタな一品、ポテトフライです。
結構量があるので、置いておける一品ですね。

DSC02230.jpg


最後のほうはサワーを飲んでました。
暑い日でしたので、すっきりします。

私はシークワーサーです。

DSC02234.jpg


こちら珍しいアンズ棒が入ったものです。

DSC02233.jpg


レモンソーダなんて、こんなにたくさんレモンが入っています。
レモン半個分くらい入ってるんじゃないですかね。
さすが西尾さんです。
こういった細かなところの1つ1つが行き届いています。

DSC02232.jpg


〆は磯の香りのする味噌汁を頂いてオシマイとなりました。

DSC02235.jpg

料理もお酒も美味しく、とても楽しい会になりました。
西尾さんは誰にでも自信を持って薦められるすごくよいお店ですが、
薦められた側は、予約が数ヶ月先なので、少々困惑するかもしれませんね。

数ヶ月先なんて、もう日付決めうちで、あとはその日付にみんなが予定を合わせるしかないですよね。

ちなみに食べて飲んで1人3620円でした。
安いなあ。

西尾さん、ご馳走様でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,620円


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

居酒屋ランチ 宮川(新宿)

2010.08.27.12:32

風邪を引いてしまい、会社を2日間も休んでしまいました。
木曜日に復活しましたが、木曜日のお昼はコンビにでおにぎりと冷奴という状態でした。

やっと幾分マシな体調になったと思ったら、
気付けば引越し前日です。

最後だからあれ食べよう、これ食べようと思っていたのですが、
体調が思わしくないため、どれもピンと来ません。

というわけで、最後の最後まで新店開拓となりました。
最後に選んだのは、地味に野村ビルです。

動き出しが遅かったため、どのお店も混んでいます。
新宿西口のビル群の中でも、野村ビルは美味しいお店が入っている方です。
ちなみにセンタービルは最悪ですね。

やはりどこも混んでいました。

DSC02198.jpg


そんな中、1軒だけ混んでいないお店が。
「宮川」というお店です。

DSC02199.jpg


空いているからには、それなりの理由があるのだとは思いますが、
他に選択肢もなかったので入ってみることにしました。

DSC02200.jpg


店内はカウンター席と、テーブル席があります。
門構えからすると、結構ゆったりした感じなのかと思いきや、
意外と中は狭苦しい感じでした。

DSC02196.jpg


ランチメニューはこちらです。
880円~で基本900円以上ですかね。野村ビル価格です。
メニュー数は結構あります。

DSC02197.jpg


病み上がりってことで、普段なら絶対頼まない石焼鯛めしというのを頂いてみることにしました。

DSC02203.jpg

それほど熱くない石焼に乗っての登場です。

この石焼ご飯をお椀によそって、こちらのダシをかけて鯛茶漬けにするわけですね。
するわけですが・・・

DSC02206.jpg

「お茶ずけ 出汁」ってこりゃなんですか。
店員さんはオールJAPANだったように見えましたが。

DSC02207.jpg

誰か1人くらい気付けよ。。。そして直せよ。。。

気を取り直してダシをかけてお茶ずけならぬ、お茶漬けにして食べてみました。

DSC02208.jpg

ああ、別に美味しくはないですね。
なぜだかとても凡庸な感じ。

病み上がりで味をあまり感じないからか?とも思ったのですが、
連れも一様に「うーむ」といった反応だったので、やはりそれほど美味しくはないようですね。


連れAは石焼カレーです。

DSC02201.jpg


連れBは海鮮丼です。

DSC02204.jpg

やはり、空いているには理由があるようですね。
ある程度満席気味にはなっていましたが、他のお店のように列が出来ることはありませんでした。

野村ビルも結局全部行くことは出来ませんでしたね。
アイランドタワーも、センタービルも歯抜けで終わってしまいました。
1つくらいちゃんと全部行ってみたかったなあ、という気がしております。


===
【オーダー】
石焼鯛めし 900円


【総合コメント】
野村ビルB2にある居酒屋ランチです。

パスタ屋やカレー屋や他の居酒屋ランチには列が出来ることが多いですが、
こちらは比較的いつでも入りやすいのが特徴です。

お店が思ったより広くないのと、
お店の人がやけにバタバタしていて、ちょっと落ち着かないかもしれませんね。

味もそれほどでもなかったように感じました。

人数大目でどうしても入りたいときなどには重宝するのかもしれませんね。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(4)  :★★★★☆☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆




串やき・魚 新宿宮川 野村ビル店居酒屋 / 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[居酒屋(ランチ)]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン ラーメン豚豚(新宿)

2010.08.21.12:23

歌舞伎町にラーメン屋さんの新店が出来たと聞いて行ってきました。
久々の新店、、、でもないか。
3ヶ月に1つくらいは、どっかが潰れ、どっかがオープンしてますもんね。

DSC02049.jpg

歌舞伎町の中でもとりわけラーメン屋さん密度が高く、
また風ぞく度合いも高いエリアに出店したようです。
居抜きではないようですね。


さてさてメニューを確認。。。

DSC02050.jpg

んあ?
6000円?7000円?30分コースぅ?


ああ、間違えました。
隣でした。
さすがに歌舞伎町のラーメン屋だからってそんなわけないですね。

DSC02052.jpg


ふむ。静岡の名店が東京初進出ですか。
「名店」って普通自分で言いますかね。

DSC02051.jpg

細かいことはさておき、お店に入って食券を購入します。

DSC02053.jpg

ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンと何でもある名店のようです。
静岡のラーメンって何が有名なのかわからなかったので、
とりあえずデフォルトのラーメンを頂いてみることにしました。


店内はカウンターのみです。

DSC02054.jpg

11時半過ぎの入店だったのですが、先客はおりませんでした。

DSC02055.jpg

近くのビルの人でしょうか。
時折出前みたいなのを頼みに来る人がいましたね。
プチ出前みたいなのをやっているのかもしれません。


椅子は足がだいぶ長いタイプのもので、ちょっと落ち着きませんね。
まあラーメン屋さんなので、そんなに長居しないのでいいのですが。

DSC02056.jpg


ほどなくしてラーメンの到着です。

DSC02058.jpg

ふむ。。。

スープは使用有無はわかりませんが、
化学的な感じがしますね。
塩気がたった、化学的な感じです。
名店という感じのスープではありませんね。

DSC02060.jpg

麺は細めのストレートな感じですが、
柔いですね。柔い。海の家で食べるラーメンみたいな感じになっちゃってます。

DSC02061.jpg

柔いのに、ところどころほぐれていないので、結構厄介な感じになっています。
スープもカップラーメンみたいだし、これはちょっとやってしまった感じですかね。

それと、メンマがやたらしょっぱいですね。
醤油漬けのメンマか?なんでこんなに味ついてるんだろう。


連れは塩ラーメンに味玉を入れていました。
似たような感想でした。

DSC02062.jpg

味だけ考えると、ちょっと厳しいかなあと思いました。
ただ、方々への出前制度などのスキームもあるみたいなので、
もしかすると見た目以上の安定性はあるのかもしれません。


===
【オーダー】
ラーメン 600円
大盛り 100円


【総合コメント】
歌舞伎町の新店です。
静岡ラーメンだそうです。
ただ、お店の方によると、静岡にはご当地ラーメンはないということでした。
静岡から来たラーメン屋さんってことですね。

味は、、、ちょっと歌舞伎町で戦うには厳しい気がしました。

ただ、歌舞伎町は普通の場所ではありませんので、
うまければOKという話でもないのかもしれません。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆







ラーメン豚豚 歌舞伎町店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

ラーメン 歌舞伎町麺’S倶楽部 KING(新宿)

2010.08.11.22:01

月に1度あるかないかの夜ラーメンです。
行きたい、行きたくないで言ったらもっと行きたいですが、
健康のため月1回くらいでよいイベントです。

こうなると歌舞伎町夜しかやってないラーメンシリーズのどこかのお店に行くしかありませんね。
前回、「利しり」に行きたかったのですが、
口内炎の影響で量が多く、辛いラーメンのおろちょんが食べられないと判断し回避したのですが、
この日は中畑ばりの絶好調ぶりでしたので、
利しり目指して西新宿から歌舞伎町に馳せ参じてまいりました。

それにしても「絶好調=中畑」というのは、
昭和何年生まれまで通用する表現なのでしょうかね。

すると、、、利しり、、、こんな貼り紙が。

DSC01862.jpg

ちゅ、、、厨房設備工事ですか。。。
夜、歌舞伎町のど真ん中で、1人ありありと落胆の表情を浮かべてしまいました。
周りの人には、ぼったくられて途方に暮れる30代半ばのオジサンに見えたかもしれません。


仕方なく、隣の隣か、隣の隣の隣くらいにある「歌舞伎町麺’S倶楽部 KING」に行くことにしました。
こちらも歌舞伎町時間帯の営業店です。

DSC01849.jpg


それにしても「歌舞伎町麺’S倶楽部 KING」という名前をつけても、
あまり浮かないのは歌舞伎町の凄さでしょうね。
二子新地あたりにこんな名前のお店があったら、浮くなんてもんじゃない気がします。

DSC01850.jpg


手前にカウンター席があります。
先客はゼロでしたが、あとでキャバ嬢っぽい女性が2人きました。

DSC01851.jpg


奥にテーブル席があるようですね。
意外とキャパはありそうです。

DSC01854.jpg


カウンターからは厨房が望めます。
オールジャパンの構成のようです。

DSC01853.jpg


さて、メニューを確認です。

DSC01852.jpg

豚骨○○シリーズで構成されております。
値段は700円~です。


場所柄か何なのかわかりませんが、サイドメニューも充実しています。
おつまみもあって、軽く飲むことだって出来ちゃいます。

DSC01855.jpg


お店の方にお勧めを伺うと、
「辛いものがお好きでしたら、豚骨辛味噌ラーメンがお勧めです」
とのことでしたので、そちらをオーダーしてみました。

ふとメニューをみると、一番高いメニューだったのですが、
まあ歌舞伎町だし、ちょっとぼられるくらいの方が雰囲気あっていいよねってことで納得しました。


ほどなくして、豚骨辛味噌ラーメンの到着です。

DSC01856.jpg


ふむ。
下の方にチャーシューの切れ端が入っていましたが、
具財は基本、もやしとネギですね。

DSC01857.jpg


スープは赤いですが、辛さはさほどでもありません。
調理風景を見ていましたが、コチュジャンを投入しただけでしたね。

DSC01858.jpg

どちらかというと、ジャンクっぽい感じのスープです。
博多天神ともまた違ったジャンクさ加減です。

慣れている味ではあるので、美味しく頂けるのですが、
お店で食べている故、ちょっとジャンクさが気になっちゃいますかね。


麺は中太ストレートです。
少々固めに仕上がっています。

DSC01859.jpg

具材がネギ&もやしで、900円ということを考えると、
ちょっと割高かなー、という気がしちゃいます。


ちなみに丼には「ラーメン王 キング」の文字が。
名乗ったもの勝ちですね。

DSC01861.jpg


夜なので大盛りにはしませんでしたが、
お腹一杯にはなりますね。

まあ、基本的にラーメンって、
大盛りにしなくても、食べ終わって10分くらいすると満腹になる食べ物なんですけどね。

馬鹿だからついつい大盛りにしちゃうんですけどね。


===
【オーダー】
豚骨辛味噌ラーメン 900円


【総合コメント】
ラーメン王を自称する歌舞伎町にあるラーメン屋さんです。
営業時間も完全に歌舞伎町スタイルなので、
ランチ営業なんてものは存在しません。

あまり特徴のない表現が難しいスープでしたが、
飲んだ〆とかなら、あまり細かいことを考えないでしょうから、
キャパもそれなりにあるので、使えるのかもしれません。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5):★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆





歌舞伎町麺’S倶楽部 KING ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅
★★☆☆☆ 2.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る