元祖は今は無き「美満寿」。今に伝わる『つゆやきそば』と『黒石やきそば』

2015.09.02.13:25

すずのや@青森県黒石市
ご当地グルメ


弘前を後にし、奥入瀬を目指す途中に「つゆやきそば」なるご当地焼きそばを食べられる「黒石」というエリアに寄りました。
弘前からは車で30分くらいの場所になります。

こんな風に昔情緒ある小さな町で、ちょっとした散歩が楽しめます。
図1


いくつか「つゆやきそば」を提供しているお店がある中、元祖の「美満寿」というお店はもう無くなってしまったということで、
・元祖を語っていないお店
・他にもいろんなメニューを提供していないお店
という条件で探してみたところ、1軒の専門店があることを知り、車を駐車場に停めました。
IMG_0419_2015092417290071a.jpg


「すずのや」というお店です。
確かに「元祖」なる文字は戻っておりません。そして「専門店」の文字も確認できます。
IMG_0426_2015092417290196e.jpg


店内はテーブル席で、まさしく食堂といった雰囲気。
店員さんお一人で切り盛りされておられました。
IMG_0434.jpg


専門店というkとでメニューは大変シンプルです。黒石の「やきそば」「つゆやきそば」の2種類が基本です。
それにしても安い。
IMG_0429.jpg


黒石やきそばの秘話が3章に渡って記載されています。
・焼きそば作りたかったがうどん用のカッターしかないため太くなった
・ウスターソース味で具はほとんどない
・元祖は美満寿
要約するとこういった内容になっております。
IMG_0445.jpg

2章、3章は一番下に掲載しました。
内容を読みますと、なんとなくお店の「黒石やきそば」に対する誠実な思いが伝わってきて、「やはりこのお店を選んでよかった」という思いが湧いてきます。


確かに卓上にはどーんとウスターソースが配備されています。味が薄いと感じた人向けでしょうか。
IMG_0451_2015092417291314f.jpg


両方同時に到着。
IMG_0457_201509241932546cf.jpg


■つゆやきそば(550円)
IMG_0472_201509241932502ca.jpg


初めまして、つゆやきそばさん。なるほど、こんなお顔をされているのですね。
何も知らずに提供されたら「蕎麦かな?うどんかな?」とかなり判断に迷いそうです。
IMG_0474.jpg


具は玉葱と天かす、それと葱です。
味は、「大変薄めの蕎麦つゆにウスターソースを投入した感じ」という表現以外浮かびませんでした。
IMG_0477.jpg


麺は特徴的な太平麺で、コシは弱くある意味老若男女誰でも食べやすいような気はしました。
IMG_0488_201509241932535dd.jpg

蕎麦つゆの味も知っていますし、ウスターソースの味も知っています。
混ぜるとこうなるのかー、という新鮮な思いはありつつも、斬新な味ではないため、「なるほど」というのが一番に思った感想です。


■黒石やきそば(450円)
IMG_0461_20150924193304ece.jpg

こちらはもう、完全なる「ウスターソースで作った焼きそば」でありまして、驚きも「なるほど」も特にありませんでした。

初めて食べる料理ということでの高揚感はありますので、ぜひ2種類とも食べてみたいところです。
量も少なめで、おやつなどの軽食利用の際にも非常に威力を発揮しそうです。
IMG_0465_20150924193303b98.jpg

食べたことのない物を食べることができましてとても良かった。

===
【オーダー】
つゆやきそば 550円
黒石やきそば 450円


黒石やきそばの秘話 2章
IMG_0447_201509241829225d8.jpg

黒石やきそばの秘話 3章
IMG_0449.jpg

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

すずのや焼きそば / 黒石駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

どのガイドブックにも載っている弘前城公園脇の格式高めのレトロカフェ。

2015.09.02.11:51

可否屋葡瑠満@弘前
カフェ


弘前3日目の朝、弘前公園北側にある武家屋敷を巡りました。
4軒ほど開放されていまして、無料で見学できます。
図1


武家屋敷見学後、弘前公園の東側にあります昭和モダンレトロカフェに行きました。
IMG_0381_2015091216535827b.jpg


「可否屋葡瑠満」というお店。カタカナ表記ですと「コーヒーブルマン」となりますかね。
IMG_0383_20150912165400b74.jpg


弘前初日に行った万茶ンよりも凝りに凝った感じで、オーナーの拘りが詰まっているように思われます。
IMG_0415.jpg


席と席の独立性も高い。アンティーク家具とクラシックの音楽がとても雰囲気に合っています。
少々格式高い感じがあり、大声でお喋りとかはしにく感じ。
IMG_0399.jpg


メニューが全て平仮名で書かれており、ぱっと見ただけでは頭に入ってきません。
しかしコーヒーが750円ということで、まずまず高めの設定です。
IMG_0391_2015091216541539d.jpg


ケーキメニューはこちらの5種類。アップルパイもあります。
IMG_0388.jpg


アメリカンコーヒー、アイスティーが到着しました。お値段高めですが、その分全体的に装備がきちんとしています。
IMG_0402.jpg


■あめりかん(750円)
IMG_0403.jpg

「紅茶感覚のまろやかな味」と説明がありましたが、まさにそんな感じです。とてもとても薄く、ほんのりコーヒーの味がする感じです。
何も知らずに飲んだら「何か失敗したのかしら・・・」と思ってしまうと思います。

この後、つゆそば→ホテルのビュッフェディナーと続く予定のため、胃をカフェインでやられないようにとアメリカンにしたのですが、そういった意味でも成功の一杯でした。


■あいすてい(750円)
IMG_0409_20150912165413910.jpg

琥珀色の綺麗なアイスティー。グラスも綺麗で一瞬バカラかな?と思いましたが違いました。
香り高い美味しいアイスティーだったそうな。750円を納得させる力がありました。


■アップルパイ(400円)
IMG_0410.jpg

サクサクの生地が特徴のアップルパイで、焦げ目のほんのりとした苦味と林檎の甘さが絶妙な、独創的なアップルパイ。
青森で頂くアップルパイは、どれも個性的で東京で食べるものとはちょいと違っておりとても楽しいです。

この後、レンタカーを借りまして、今回の旅行最後の地、奥入瀬を目指します。

===
【オーダー】
あめりかん 750円
あいすてい 750円
アップルパイ 400円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

可否屋葡瑠満喫茶店 / 中央弘前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

弘前パークホテル至近の居心地最高のカフェ兼ダイニングバー。

2015.09.01.22:49

TUBE LANE@弘前
ダイニングバー


青森旅行3日目。初日2日目とどちらも和居酒屋での夕食となりましたので、3日連続はなーということで、宿泊している弘前パークホテルの目の前の通りを3分ほど歩きます。
IMG_0280_20150906204231aff.jpg


最初の1ブロック目の角にカフェ兼ダイニングバーがあります。
食べログで「お近く検索」をした際に、美味しそうなパフェの
IMG_0277.jpg


「TUBE LANE」というお店です。
IMG_0282.jpg


テーブル席やソファー席、カウンター席など多彩な席が揃っています。
図3


とてもモダンな雰囲気。そして席と席の間隔も広いので、かなりの寛ぎ空間となっています。
こんなお店がホテルのすぐ近くにあったとは。
IMG_0299_20150906204233550.jpg


フードメニュー。方向性は「洋」でイタリアン気味ですが、ナシゴレンなどもありオリジナルメニュー多数といったところです。
food_20150911162844be4.jpg

他にもスイーツメニューが充実していたり、TPOに合わせて使い分けができそうです。
他のメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(580円)、ざくろグレフル(550円)
IMG_0315.jpg

瓶ビールはありませんでした。
お酒を飲まない方でも、ノンアルコールカクテルが揃っております。
女子会っぽいグループが多かったのはそのためか。


■温玉のせ彩りシーザーサラダ(680円)
IMG_0322_20150911162846b90.jpg

旅行中、野菜を十分に摂取できていないのではないかという餡子隊長が真っ先にオーダーされましたのがシーザーサラダです。
ボリュームもあり、味もびしっと決まっているシーザーサラダでたっぷり野菜を補給できました。

終盤、野菜の水分が出てひたひたになっていたので、早めの攻略がおススメです。


■ハーブウィンナー&チップス盛り合わせ(700円)
IMG_0335.jpg

ハーブだけでなく、チップスの下にはナッツがありますので、置いておける系としては非常に威力を発揮します。
ある程度お腹が落ち着いた後半戦にオーダーすると、名ボランチとなってくれそうです。


■牛スジ煮込みの生姜味噌リゾット(850円)
IMG_0330_20150911162847ed7.jpg

生姜味噌は青森の名産ということで、青森らしさを味わえる一品です。
やや味が濃いめですが、東北の料理というのはそもそもそういうもののような気がします。
文禄・慶長の役(1592~1598年)の際には、塩気の強い仙台藩の味噌だけが腐らず云々、という話を聞いたことがあるような、ないような。

観光客には嬉しい一品です。

1軒目にも2次会でも、女子会でも、ランチでもカフェ利用でも、、、と多彩な利用シーンで活躍しそうないいお店でした。
珍しく若いお客さんばかりでしたし。
弘前パークホテルに宿泊した際に利用するレストランとしてもかなりおススメです。


夜21時で、辺りはこんな感じに。すごく暗く、人影がありません。
田舎は静かでいいな。
IMG_0342_201509111629011ed.jpg


===
【オーダー】
上記の通り 2人で5,500円程度


■お酒
sake.jpg

■ソフトドリンク
drink_20150911162900042.jpg

■スイーツ
sweets.jpg


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

TUBE LANEカフェ / 中央弘前駅弘前駅弘高下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

「ル・ショコラ」なので本当はチョコレートを攻めてみるべきだったのだと思う。

2015.09.01.15:21

PATISSERIE LE CHOCOLAT@弘前
カフェ


たかはし」でラーメンを食べた後、弘前城公園に戻り、植物園を散策。
(弘前城、藤田記念庭園、植物園が510円の券で回れます)
図1


1日1アップルパイを達成するため、ガイドブックを眺めますが、なぜか火曜定休のお店が多くお店が決まりません。
そこで食べログさんで「弘前市×ケーキ」で一番最初に出てきたお店に行ってみました。

幸い、弘前城公園から徒歩8分で到着。
IMG_0231_2015090619245848f.jpg


洋菓子工房ル・ショコラというお店です(2015.09.06時点で食べログ3.55)。
IMG_0234_20150906192500645.jpg


基本的にはケーキ屋さんスタイルです。ショーケースにケーキが、それと焼き菓子がズラリと並んでいます。
良いテンポでお客さんが次々と訪れます。地元の人気店のようです。
図2


奥にイートインスペースがあり数席ですが店内で食べることが出来ます。
IMG_0235.jpg


イートインの場合、210円以上のケーキを買えば324円でドリンクを付けることが出来ます。
アップルパイは324円ですので対象となります。
IMG_0239.jpg


紅茶とアップルパイが到着しました。
IMG_0251.jpg


食器はNARUMIです。たしか。
IMG_0253.jpg


青森駅付近の「赤い林檎」、中央弘前駅付近の洋菓子工房ノエルと違い、非常にオーソドックスでノーマルなスタイルのアップルパイです。
IMG_0255.jpg

パティスリーゆえ、東京などで食べるアップルパイと同じ方向性になるようです。
アップルパイを巡る冒険としては物足りない部分はありますが、パティスリー王道のアップルパイとして美味しいです。


生地がサクサク系ではなくしっとり系で、余白の生地の量がかなり多いため、1つ食べただけでかなりお腹いっぱいになります。
たかはしで大盛りの2玉行った私が悪いのですが。
IMG_0263_201509061925220d5.jpg

「ル・ショコラ」なので、きっとチョコレート系のケーキが特に美味しいお店なのだと思います。


===
【オーダー】
アップルパイ 324円
ドリンク 324円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ル・ショコラケーキ / 中央弘前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[カフェ]

theme : スイーツ
genre : グルメ

tag : カフェ

ここを食べなければ青森で濃厚煮干系を食べたことにならないと思いタクシー飛ばして行ってきました。

2015.09.01.15:00

たかはし@弘前
ラーメン


今回の青森旅行での最大のテーマ店。
弘前随一のスーパー人気店「たかはし」というラーメン屋さんに3日目の昼にアタックしました。

青森県では濃厚煮干系ラーメンが「青森のラーメン」として鎮座していますが、その中にあって弘前の「たかはし」を食べずして「青森で濃厚煮干系ラーメンを食べてきたよ」とは言ってはいけない気が勝手にしておりまして、1人朝から気を引き締めていました。

餡子隊長が最も重点を置いていた「こぎん刺し体験教室」を終え、14時30分。
すぐさま教室を後にし、タクシーを探します。

そう。「たかはし」は弘前城や弘前繁華街地域からですとタクシーを使わないと行くことができません。

そして奇跡的にタクシーにすぐ出会えました。
IMG_0152_20150901213544d7b.jpg


70~80歳くらいの運転手の方に「たかはしというラーメン屋さんに行きたいです」と告げると、「あー、たかはしは通常この時間だともう閉めていることがあるから電話をして確認した方がいいよ」と教えてくださいました。

この教えに「がーーーん!」となりつつも、電話をしたら2コールくらいで出てくれて、しかも営業しているとのこと。
ラーメン屋さんに電話すると出てもらえないことが多いため、営業中であることも含めもしかすると神様というのはいるのかもしれないなと思いました。

運転手さんによると「たかはしは男性には人気だが女性にはイマイチとなる場合が多い」とのこと。
そして「たかはし」はかつて弘前城の近くにあったのだが、最近移転して遠くなってしまったとのこと。

かつてはよく通われていたそうです。
そんな運転手さんのタクシーに出会えたのも奇跡の1つです。


津軽藩ねぷた村からタクシーで15分弱、1,200円で「たかはし」到着。

営業中の看板が出ているよ!
IMG_0220.jpg


かなり広い駐車場が完備されています。
郊外店ですので駐車場は必須なのでしょう。
IMG_0214_20150901213548490.jpg


「自家製麺」であることが看板から分かります。
それと人気店特有の行列用ロープが張ってあります。
IMG_0154.jpg

14時45分の到着で奇跡的に、、、でしょうか。並びはありませんでした。
運転手さんによると昼時はすごい行列ができているそうです。


意外とオーラは無く、普通のラーメン屋さんのような門構え。いざ入店です。
IMG_0155_20150901213547aa5.jpg


まずは券売機で食券を買います。
今にも麺切れ、スープ切れでストップされてしまうのではないかという強迫観念からボタンを押す手が震えます。
IMG_0162_20150901213558114.jpg

味としては中華そばとざる中華の2種類があります。
中華そばの大盛りは950円で、自家製麺としては異例の高さではあるのですが、たかはし入店の高揚でそんなことは気になりませんでした。
餡子隊長が1人冷静に「大盛り950円ってずいぶん高いね」と呟いていた気がします。


席はL字のカウンター席と、テーブル席があります。
IMG_0161.jpg


それと入って左手には座敷席があります。
IMG_0165.jpg

かなりの席数がありますが、これだけの席数があっても行列が出来るというのはすごいですね。
たくさん席があるので、多少並んでいても進みは早そうです。

店員さんは、、、何人いるでしょうか。席が多いこともあり店員さんもわりと人数多めでした。


なお、麺切れ、スープ切れがなければラストオーダーは15時45分です。
水曜日が定休日ですのではるばる遠方から行かれる方は注意が必要です。
IMG_0166_20150901213601ae1.jpg


卓上には見たことのない黒胡椒が配備されています。S&Bではないこのサイズの胡椒は初めて見ました。
IMG_0168_20150901214833064.jpg


中華そば大盛り(950円)の到着です。
旅行中は胃への負担を減らすために、また、いろいろなものを食べたいという思いから大盛りを封印しておりましたが、次来るチャンスはいつになることか、、、の哀愁の念から馬鹿だから大盛りにしてしまいました。
IMG_0174_201509012148351ca.jpg


左が大盛り、右が並盛です。味玉などもどうやら入っておりません。それで大盛り950円はなかなかですが、王者だけが取り得る戦略です。
IMG_0173_20150901214834390.jpg


見た目にも香りからも漂う独特のニボニボ系ラーメンのオーラ。
IMG_0180.jpg


思わず反対からも写真を撮ってしまいます。扇状に配置されたメンマから戦闘配備の風が吹いてきます。
興奮しすぎてもはや何を言っているのかよくわかりません。
IMG_0183_20150901214831ca7.jpg


具は扇状のメンマ以外ですと、大きな叉焼が2枚と葱。
叉焼はやや肉がきしきししていて好きな叉焼ではありませんが、私にとって叉焼はおまけ未満ですので問題ありません。
IMG_0188.jpg


表面を覆う、煮干しスープ独特の濁り感。
都内でも最近ニボニボ系のお店が絶賛増えておりますが、ここまでの濁濁感は数えるほどしか思い浮かびません。
IMG_0186_20150901214905328.jpg


スープを一口。。。美味しい。旨い。煮干しをぎゅーっと濃縮した味が広がります。
それでいて意外とさらっとしている上に、しょっぱさが低いので芳醇な味になってます。
IMG_0190.jpg

6年前の記憶なのでだいぶ怪しいですが、都内ですと駒沢大学のふくもりがすごく似ている気がします。
もしかすると激似じゃないかと思い、「帰ったらふくもりだな」とまず最初に思いました。

餡子隊長も「これは美味しい」と唸っておりました。好きな味とも仰っておりました。


スープもすこぶる特徴的ですが、麺もかなり特徴があります。
中太微妙にウェーブ、ほぼストレート麺なのですが、なんとも軽やかで、あっさりとふわっとした麺なのです。
モチモチとも違う、がしっととも違う、プツプツ系とも違う、不思議な軽やか麺は初めて食べる味です。
IMG_0204.jpg

少し柔らかめに茹でてあって、ご年配の方でも「噛むの大変」とかなりにくそうです。

一口一口、減っていくのを惜しみながら頂きました。
だいぶ量がありましたが、気分の高揚のせいで満腹中枢に指令がいきませんでした。


帰りに、また先ほどのタクシーに来て頂くよう電話でお願いして、弘前城まで連れて行って頂きました(1,470円でした)。
「普段タクシーは絶対に使わないくせに、ラーメンとなると簡単に使うんだね」と餡子隊長に嫌味を言われつつも、そんなことは気にならないほど満足なタクシー往復の旅でした。

今回の青森旅行ではラーメン的にはもう満足ですが、最終日に空港に寄る前に長尾というラーメン屋さんに寄ることが出来たら行ってみたいなと思っています。

弘前城でおろして頂いて、植物園を散歩して、3日連続となる「1日1アップルパイの務め」を果たすため、アップルパイを食べに行きました。
図1


===
【オーダー】
中華そば大盛り 950円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

たかはし中華そば店ラーメン / 撫牛子駅

昼総合点★★★★ 4.0




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る