460g1,700円のランプ肉の衝撃「ブッチャーズブラザーズ」@神田

2017.11.11.21:17

ブッチャーズブラザーズ@神田
肉バル


ナムさんが「神田のブッチャーズよかった」ということで、神田は予約できなかったのですが神保町店で予約ができて行ってきたのが4ヶ月前
しかしメニューも違うし、味も違うし、ナムさんが神田で行ったブッチャーズとだいぶ違うぞということで、リベンジで神田店に行ってきました。
1 (20)

こちらはブッチャーズブラザーズというお店で、同じ神田にもう1つ「東京ブッチャーズ」というお店があるみたいです。


店内は薄暗い感じで、ダイニングバーという感じの雰囲気。
この写真の席は結構ゆったりとしていますが、席によっては結構窮屈で、その窮屈な席になってしまいました。
体の大きい人たちで行く場合は注意が必要です。
1 (5)



食べ物メニュー。主役はなんといっても肉です。
グラムによって3段階くらいの値段が設定されているため、人数によって調節できるのがよいところです。
また、最も高いリブでも230gで1,600円と大変リーズナブルです。
1 (3)

牛肉は普通のスーパーで買っても結構高いわけで、いったいどんな技を使ってこんなに安く提供できているのでしょうか。
肉の値段だけで、かなり競争優位性がありそうです。

頂いたものを紹介します。
その他のメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(Big750円、普通520円)
1 (7)

値段と大きさを考えると、確実にBigにしたほうがお得です。
銘柄はわかりませんでした。


■赤ワイン(3,000円)
1 (11)

ボトルワインは1,800円から取り揃えられておりまして、ボリュームゾーンでも3,000円くらいと大変リーズナブルです。
スパークリングワインも2,800円~でした。


■お通しの生ハムとオリーブ
1 (6)

お通しではこれはすごいな。生ハムとオリーブです。
ただ、お通しは1人300円なので、このお皿で1,200円と考えると全然すごくないというか割高感があります。
お通し=サービスと思っている場合は大変感激すると思います。


■肉屋のポテトサラダ(550円)
1 (8)

肉屋の、、、とはどういう意味なのかなと思ったら、大型のベーコンのような肉がポテトサラダを覆っていました。
ポテトサラダ単体で550円でもいい気がしますが、それにこんな肉が乗って550円となると驚きに変わります。
味もまずまず旨いです。


■山盛りのグリーンサラダ(620円)
1 (10)

その名に恥じない山盛りぶり。数種類の緑の野菜がうず高く盛られたサラダ。
ドレッシングの他にチーズがかけてありシーザーサラダみたいな味わいです。


■スモークカマンベール(750円)
1 (9)

写真ではわかりにくいですが、バケットの下にはスモークされたカマンベールチーズが丸ごと1つ入っています。
お客さんを楽しませるメニューが多い。
印象にも残りやすいし、安さだけではない人気の秘訣の1つかもしれない。


■牛ランプ460g(1,700円)
1 (12)

ものすごい肉の塊がきた。しかもこれで1,700円ってどうかしている。
いくらランプでも、これで1,700円ということがあってよいのか。本当か。どういうマジックなのか。

肉は綺麗にお店の方がカットしてくれます。
アルバイトの方のようなので抜群に包丁捌きが上手いという感じではありませんが、切ってもらえるのは楽でよいです。
1 (13)

とても柔らかく、火入れもいい感じで、これが1,700円というのはボリュームだけでなく味面でも信じがたいです。


■ブッチャーズリブ460g(2,650円)
1 (14)

また、すごいのがきた。これも2,650円ですから。
いきなりステーキとかで大騒ぎしている場合ではありません。
肉質も値段もブッチャーズの方が数段上かなと思います。

ただリブは少し固かったです。
となると1,000円近く安くて柔らかくて美味かったランプは、やはりただ事ではありませんでした。
1 (15)

肉は躊躇せず、やりすぎかなと思うくらいの量を力いっぱいオーダーするのがオススメです。
それでも全然高くありませんから。。。


■ボロネーズ with エッグ(950円)
1 (16)

460gの肉が1,700円とかなので、このパスタなんて300円くらいかなという気になりますが、そんなことはありません。
普通に美味しいボロネーゼでした。
料理はどれも一定以上の美味しさです。


■フォンダンショコラ(580円)
1 (17)

デザートは料理に比べると突出したものはありませんでしたが、値段のわりにはボリュームがあります。

お店の雰囲気、肉のボリュームを考えると1人5,000円は最低いきそうな感じがしますが、上記の内容で1人4,000円を切る1人3,905円と衝撃の安さでした。

最高級の最上級のお肉ではありませんが、この値段でこれだけの量、クオリティの肉を食べられるお店はなかなかないように思います。
ブッチャーズは店によるかもしれませんが、計り知れぬ力を秘めていそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,905円


■ドリンクメニュー
1 (1)

■赤ワインメニュー
1 (3)

■白ワインメニュー
1 (4)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ブッチャーブラザーズバル・バール / 新日本橋駅神田駅三越前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

訪問が15年、いや20年遅かったようです

2017.02.18.14:56

肉汁麺ススム@末広町
ラーメン


何かの雑誌に乗っていただか、サイトで紹介されていただかで、土曜日ラーメン遠征をいつも以上の大遠征にしてみまして、末広町にあるこちらのお店までやってきました。

肉汁麺ススム。なんだかもう、すでにすごい雰囲気。
11時半の到着で並びができていました。
1 (1)


メニューは、、、とにかくいっぱいあることは見ればわかるのですが、なんだかすごいオーラを発しています。
1 (2)

冷静になってよーーーく読んでみると、肉の量を増やしたり、つけ麺にしたり、辛くしたりできるようです。


別な表にもうちょっと丁寧に書いてあります。

肉の量は最高まで増やすと1,980円にもなるようです。
高いは高いですが、またそのビジュアルも半端ないものになるようです。
1 (5)


旨い、早い、多い、、、肉は男のロマン。
1 (4)

確かにそういう時代もあったかもしれませんが、今となっては「よい質の肉を、ほどよい量で」が中年のロマンであります。
場所を間違えたかもしれない。


すごいたくさんのボタンが並ぶ券売機から、レベル3の980円のボタンを推します。
通常は麺の量を示す値も、ここでは肉の量になります。そしてレベル3は肉270gであります。
1 (6)

麺であっても270gはそこそこあるというのに、それが肉の量だというのだから驚きです。
大丈夫か俺、というのが正直なところです。


20分ほど待ちまして入店できました。
店内は、かなり広い。そしてお客さんは男ばっかり。
1 (7)

カップルがイチャイチャしながらラーメンを食べているわけでもないのに、恐ろしく回転が悪いです。
全ては「量」のせいでありましょう。
しかも恐ろしいことに、そこかしこから「レベルマックス」の声が聞かれます。
マックスは肉量800gですから。

体調次第では水ですら難しいかもしれない。


店内は非常に広く、活気があります。
そして後ろには非常に大きな荷物置き場スペースがあります。
1 (8)

ここに全ての荷物をおろし、決戦に備えよというメッセージが聞こえました。


卓上には黒酢、胡椒、一味、カレー粉。
しかしどれも店内全体から漂う甘ったるい香りに、調味料の存在感はかき消されます。何の役にも立たなくない?という気がしてしまうのです。
1 (12)


さらには漬物や大蒜も配備され、1人1つ生玉子が用意されています。
1 (11)


玉子の使い方に関する説明書きもあります。
いろいろ説明がありすぎて、すべてを理解するのは1度の訪問では難しいですが、ブログ映えを考えると黄身のみ方式にしたいところです。
1 (9)


さあ、肉汁麺、レベル3の到着です。
1 (13)


食べ方は、こちらに書いてあります。
まずは肉のみを楽しむ。。。なかなかヘビーなものがあります。ラーメンはスープと麺を、、、などという甘い考えは打ち消されます。
1 (10)


まず第一に、麺が見えません。麺はおろか、スープが若干顔を覗かせていますが、およそラーメンらしくはない。
外観だけみたら、ラーメンとしる手がかりは一切ありません。山盛りの肉の何かにしか見えません。
1 (15)


角度を変えても、やはり状況は変わりません。
「レベル3なんて、なんと身の丈に合っていないオーダーをしてしまったのか」と絶望的な気分になります。
それと同時に、マックスをオーダーしまくっている周りの方々はどんだけすごいのか思ってしまいます。
1 (14)


生玉子から黄身を取り出し、てっぺんに乗っけてみました。
黄色が入り、だいぶ何だこれ状態であった丼に、光が差したようであります。
1 (18)


それにしてもこの肉の塊は。。。豚肉で、そして完全にバラ肉です。
脂たっぷりのというか、ほぼ脂の肉がものすごい濃いタレで味付けされ、鬼のように入っています。
1 (19)

あまりにも味が濃すぎるため、黄身を溶かして対応するのですが、その時はよいのですが黄身の量があまりにも少なすぎて、「焼け石に水とはこのことか」と久々に思いました。


野菜もいちおう青葱ともやしが入っていますが、こちらも焼け石に水コース。
1 (16)


わずかに湖面を覗かせるスープにも、背脂とおぼしきものが浮いています。
とにかく、とにかく脂なのであります。
1 (17)


スープはこれ以上ないという科学の味が炸裂しまくっており、ダイショーなどで出している鍋スープの素が一番味の雰囲気は近いと思います。
出汁は全く感じない、アミノ酸をどうこうしたものがただひたすら炸裂する感じです。
1 (21)


平べったい太麺すら、もはや脇役でありまして、ただただ肉と戦うという、ラーメンでは滅多にない状況に追い込まれます。
せめてあと15歳、、、いや20歳若ければ、むしろ喜んで戦えたのだと思うのですが。。。
1 (22)

ダブル炭水化物を控えているため、白ご飯をオーダーしたなかったのも敗因の1つかもしれません。
ただ、ただでさえ270gの肉と勝負しないといけない中で、これ以上何か口に入れるのはそれはそれで無理なのではないかという気がします。

そもそも肉の味が濃すぎて、「1切れで茶碗1杯食べられそう」という勢いですので。

ですので私のような凡人には「レベル1(肉130g)+白ご飯」が最も楽しめる組み合わせと思われます。


なお、肉丼であればテイクアウトもできるようですので、やけ食いしたい時なんかにオススメかもしれません。
1 (3)

食後、とにかく猛烈な喉の渇きに襲われます。
20年、来るのが遅かったみたいですが、20年前はたぶんこのお店はなかったと思う。


===
【オーダー】
肉汁麺レベル3 980円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(3) :★★★☆☆☆☆☆☆☆

味(2)     :★★☆☆☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

肉汁麺ススムラーメン / 末広町駅湯島駅秋葉原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

「ラーメン」の定義ってなんだろうと思わせる一杯

2017.02.16.22:49

ZeCT byLm@神田
ラーメン


スパイスボックスでスパイス注入した後、当初の予定通り〆のラーメンを食べに行くことに。
この歳でそんなことしていいのだろうかと思いつつ、「優しいラーメンである」という言い訳を自分に信じ込ませZeCT byLm」到着。
1 (1)

およそ外観がラーメン屋さんっぽくないのは当然でありまして、イタリアンのお店として平常運行しているお店が、限定15食でラーメンを提供しているようです。
たまたま今回、お店の方と知り合いがいて、ラーメンだけを頂くための訪問となりましたが、本当はそういった利用ができるのかどうか、わかりません。


なお、5年前に訪問したきび@小川町が隣りにありました。
外観からは分かりませんが、ラーメン屋さんが2軒並んでいることになります。
1 (2)



カウンターのみの小さなお店です。店員さんは男性女性2名体制でした。
1 (4)

カウンター席ではありますが、基本はイタリアンのお店でありますので、当たり前ですが1ミリもラーメン屋さんの雰囲気は出ておりません。
見た目、香り、全てにおいてラーメンを予感させるものはありません。


ラーメンは一択、燻湯ラーメン700円であります。
期間限定ゆえ、時期によってラーメンがころころと変わっていくのか、あるいはラーメン自体が期間限定なのか。
1 (3)


ラーメンは「麺とスープなのではないか」というところに、行き着いたようです。
私も意外とそう思っていましたが、先日伊藤@銀座で麺とスープだけのラーメンを食べて「違うかも」と思うようになりました。
1 (5)


燻湯ラーメン、到着。
本当に、本当にシンプルなラーメンです。ですが、一応香草のようなものはあしらわれております。
1 (6)


燻湯ラーメンということで、器からは燻製のよい香りがふわっとしてきます。
その風は、おおよそ一般的なラーメンのそれとは全く違うものであります。
1 (7)


鯛や蟹を使っていて、さらには牛も使っているそうです。ゆえに、およそラーメンのスープっぽくありません。味も香りもすべて。
牛の主張せいか、フォンドボーっぽさもあります。
美味しいか美味しくないかでいうと美味しいですが、ラーメンかラーメンではないかでいうと、難しいところです。
1 (8)

ラーメンの定義とは何なのか。


麺は藤代製麺というところの麺を使っているそうです。
弾力と歯ごたえがすごい。なんだこの麺は。麺がすごい。スープより麺の方が驚きました。
1 (9)

あえて1本を長くしているそうです。

量は70gと少なめですが、飲んだ後のラーメンとしては最適です。
足りない人には、和洋中の替え玉(150g)があるそうです。かなり気になりましたが、倍量食べることを気にしてやめました。

ラーメンの定義とは何なのだろうと思いつつ、美味しかったのでそんなことはどうでもいいかと思いました。


===
【オーダー】
燻湯カルテット 700円(2017年2月15日~3月15日)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ゼクトイタリアン / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

スパイスの魔術師に出会った

2017.02.16.21:51

Spice Box@神田
インド料理


神田にあるスパイスボックスというお店。尖ったビリヤニが食べられると聞き行ってみました。
神田、淡路町、小川町の3路線4駅から歩いて数分の場所にあります。
1 (1)


店内はカフェ調で、おおよそインド料理のお店らしい雰囲気は微塵もありません。
料理を作っている方も、日本の方のように見受けられました。
清潔感のある、女性も入りやすい綺麗なお店です。
1 (9)


壁にメニューが書いてあります。800円から900円前後。
この他、カレーやビリヤニやその他一品料理のメニュー表は一番下に掲載しました。
カレーは980円~、ビリヤニは1人前1,580円くらいの値段設定です。
黒板


■生ビール(480円)
1 (6)

生ビールはエビスです。
他にはインドのキングフィッシャーなどもあるのですが、かつてインドに行った際にキングフィッシャーは650mlという量で300円くらいであったため、どうしても国内で飲む気になれず。


お通しはチーズとトマト。チーズはカッテージチーズだろうか。
おおよそインド料理屋さんらしくないお通しであります。
1 (7)


■ビーフカツレツ(980円)
1 (13)

牛挽肉のカツレツ。つまりはメンチカツのようなものであります。
トマトグレイビーと一緒に食べます。

美味しいですが、インド料理っぽくはありません。が、美味しいです。
メンチカツにスパイスの魔法をかけた感じ。


■Meals レギュラー(1,980円)
1 (10)

3人で行ったところ、お店の方が「カレーの種類がたくさんあって、これがいいんじゃないか」と提案してくださったセットです。
レギュラーとDXと、小さいミニの3サイズがあるのですが、ビリヤニも食べたい場合は、レギュラーを1つと、別にビリヤニを頼むくらいで量はちょうどよいと思います。


ご飯系も白ご飯と、ナンではないのですがナンみたいなものと、パパドが付いておりいろいろ楽しめます。
1 (12)


カレーは6種類も楽しめまして、楽しいし美味しい。
特に美味しかったのは、トマトラッサムと、ひよこ豆のカレーと、サンバールでした。
かなり独特で、他のカレー店では食べたことのない魅惑のスパイスカレー。出会ったことのない味に出会える楽しさがあります。
1 (11)


■チキンビリヤニ(1,580円)
1 (14)

ビリヤニはチキンと野菜がありました。マトンとかは見当たりませんでしたが、もしかするとあるのかな。

もうなんというか、スパイスが強烈で、ガツンと攻めてまいります。このスパイスの炸裂っぷりはすごいぞ。
こんなにも凶暴なスパイスをまとったビリヤニは初めてです。
苦手な人には決定的に避けられ、しかし好きな人には圧倒的に好まれそうな、好みが二極化しそうなほど強烈なビリヤニでした。
1 (15)

南インドでビリヤニを食べると、こういった感じになるのであろうか。
思わず、南インドを旅行してみたい衝動に駆られた夜でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,000円くらい

■ドリンクメニュー
ドリンク

■ミールス、ビニヤニ
ミールス、ビニヤニ

■カレー
カレー

■デザート、コース
デザート、コース


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

スパイス ボックスインド料理 / 小川町駅淡路町駅神田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カレー

三越2階に上がると、そこはウィーンであった

2017.01.08.15:55

CAFE WIEN@三越前
カフェ

神田で鰻を食べた後、神保町界隈を散歩していたのですが、餡子隊長が「チョコレートケーキが食べたい」と仰られたため、三越前まで戻ってきました。


会場は三越本館2階。カフェ・ウィーンであります。
1 (3)


少々落ち目とはいえ、三越前駅の三越の本館2階でありますので、さすがに混んでおりました。
座って席があくのを待つわけですが、向こう側にはまるでウィーンのような光景が広がっています。
1 (2)

なお、ウィーンに行ったことはありません。


ディスプレイにケーキが並んでおりますので、メニューを見つつ、ディスプレイを見つつ、ケーキ選定を行うことが出来ます。
1 (1)


店内は行ったことがないので確信とまではいきませんが、ほぼウィーンな感じに仕上がっています。
窓際の席が圧倒的な独立性を誇っておりかなり人気と思われますが、窓際の席は空きませんでした。
1 (6)

しかも、例え1人での訪問であっても窓際の4人席に通してもらえますので、そうなった方はかなりラッキーであります。30分の休憩の予定が1時間になってしまうことうけあいでしょう。


ウィーン直輸入のようなメニュー構成で、ケーキのタイトルだけではおおよそどんなケーキであるかを類推することは難しいです。
価格帯としてはお茶付きで1200~1700円という感じで、かつての王者三越の片鱗が出まくっています。
ケーキセットとしてはなかなかの価格でありますので、客層は我々がぶっちぎりの最年少でした。場所柄もあると思いますが。
1 (4)


どんなメニューもお茶を付けると1200円は超えてきますし、かといってお茶を外してケーキと水だけというのも、お店の雰囲気を考えるとあれですので、覚悟を決めて臨みます。
1 (5)


ケーキとお茶、到着。
1 (7)


■ザッハトルテ ドリンクセット(1,221円)
1 (9)

ザッハトルテはリリエンベルグ@新百合ヶ丘以来であります。

オーソドックスでノーマルな安定感のあるザッハトルテで、チョコレートケーキが食べたい!という場合の気持ちは満たされそうです。


■ヌース・ボーゲン ドリンクセット(1,275円)
1 (10)

ヘーゼルナッツを使ったチョコレートクリームの丸いケーキ。
優秀なコンビニスイーツくらいの感じに思えたのは、私が甘党ではないからだと思います。
1 (11)


お替わりしようかと思うほど美味しかったのはコーヒー。
アメリカンでお願いしたのですが、香ばしく、スッキリとした味わいのかなり好みの味のコーヒーでした。
1 (8)

お値段のことは考えず、ゆっくりしたい方、ゆっくり出来る方にはオススメです。


===
【オーダー】
ヌース・ボーゲン ドリンクセット 1,275円
ザッハトルテ ドリンクセット 1,221円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

カフェ ウィーン 三越日本橋店喫茶店 / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る