JALビジネスクラス紀行。まさかここまでよいものとは。

2016.11.09.15:28

私は飛行機が嫌いで嫌いで仕方ありません。理由は落ちる気がしてならないからです。
人に命を預けている感がたまらなく不安で不安で。

それでも海外旅行が大好きであるため、仕方なく嫌々乗っています。
1 (3)


そんな私が飛行機を乗る際に行っていることを簡単に列挙します。
・ナショナルフラッグ系の航空会社しか乗らない
・できればボーイング777に乗る
・搭乗前にパイロットの顔を確認する(目が充血していたり顔色が悪くないか確認します)
  →目が充血していて顔色が真っ青だったらどうするというのか
・同じ便に乗る人から運が良さそうな人を見つけて安心する
・搭乗時、機体の側面に手を当てて祈り願う

挙げればキリがないですが、とにかく嫌いすぎていろいろやっております。


さて、そんな飛行機嫌いの私に奇跡が起こりました。
理由はわかりませんが、ビジネスクラスに格上げされました。ダブルブッキングでもなかったようで、なんでこんなことになったのか。
1 (2)


人生初ビジネスクラス。エコノミークラスの席に行くために通るエリアだったので見たことはありますが、まじまじと見るとなんと豪華なことか。
1 (4)


テレビが、でかい。
リクライニングも最高であるため、ある意味映画館以上の快適な映画ライフが楽しめてしまう。
1 (5)


イヤホンではなく、ヘッドセットだし。
1 (7)


足だってめいいっぱい伸ばせるし。
1 (9)


座った途端、シャンパン提供されるし。。。なにこれ。。。
1 (6)


シャンパンを飲み終えるとドリンクメニューが手渡され、、、内容の充実ぶりに腰を抜かします。
1 (12)

シャンパンはもちろんのこと、赤白ワインはそれぞれ3種類ありテーブルワイン感ゼロ。
日本酒、焼酎、ウィスキー、カクテル。いったいどうなっているのか。


せっかくなのでビールでは、、、と思い、調子に乗って赤ワインにしてみました。
ちゃんとガラスのグラスで提供されるのですな。。。
1 (13)


映画を、見る。深夜食堂です。
1 (14)

快適すぎて集中し過ぎてしまいます。
もはや飛行機に乗っていることを忘れます。


映画を見ていたらご飯の時間になりました。
メニューが手渡され、日本料理とハワイ料理から選べました。ハワイ帰りですがハワイ料理にしました。
1 (10)


なんと豪華なことであろうか。なんなのですか、この飛行機は。
1 (15)


エコノミークラスでもJALはさすがに美味しい!と思っていましたが、ビジネスクラスは尋常ではなかった。
映画館になったと思ったら、今度はレストランになった。
1 (16)


牛フィレ肉なんて、ハワイで食べたどの肉よりも美味しかった。
1 (17)


餡子隊長は炊きたてであるという和食部門に付いている白ご飯までもらっていた。
1 (21)


食後にはデザートとコーヒー提供されるし。レストランでしょ、これ。
1 (22)


こんな状況で有頂天にならずにおれる人はいるのか。
終始テンションが上がった状態で、おかしくなりそうであった。
図2


有頂天状態を続けていたところ、キャビンアテンダントの方がお願いしたわけでもないのに記念撮影を申し出てくれました。
1 (20)

記念撮影をしてもらっていたのは確実に我々だけでありました。
むしろ皆さん、慣れた様子でまるで自宅で過ごしているようであった。


映画を見て、赤ワインをたぶん2本ほど飲んで、眠くなったので寝ることにした。
完全フルフラット。
1 (24)

映画館だった場所がレストランになり、今度はホテルになってしまった。
なんということだ。


あれだけの料理を食べて空腹感を覚える人がいるとは思えないが、常時フルーツやチーズ、うどんなどの軽食が提供してもらえるそうだ。
1 (11)


到着直前、軽食が提供されました。あとアイスクリーム。
図1


7時間のフライトでしたが、「投機は間もなく着陸態勢に入ります」というアナウンスが流れた際には、不覚にも「まだ着かなくていい」とすら思ってしまいました。飛行機嫌いなはずなのに。
1 (25)

ビジネスクラスに乗っていると、ありとあらゆることが完璧すぎて、この完璧な乗り物に何かあるはずがないという意味不明な安心感に包まれ、まったくもって不安はよぎりませんでした。
あと、有頂天脳波がすべてをかき消していたとも思われます。

今度から、6時間を超えるフライトの場合は、必ずやビジネスクラスにしようと心に決めました。

以上でハワイ旅行シリーズの完了となります。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ハイアットリージェンシーの紹介(おススメできない唯一にして最大の難点とは)。

2016.11.09.07:38

2016年の海外旅行は人生初アメリカ、人生初ハワイだったのですが、7泊したハイアットリージェンシーを簡単に紹介します。
わざわざ私が紹介するまでもない有名なホテルなのですが紹介します。

ワイキキビーチ沿いにそびえるツインタワーなので、とてもわかりやすいです。
2015年に全面改装をして、綺麗になったらしいです。
(改装したから綺麗だね!とは特段思いませんでした)
1 (1)


ロビー。
1 (2)

1泊3万円くらいはするホテルのようですが、応対などは日本の高級ホテルのような感じではなく、一歩間違えるとビジネスホテルにも劣るかもしれません。
フレンドリーということでまとめるとよいかもしれません。

むろん腹が立ったりすることはありませんでしたが、日本のホテルとはだいぶ事情が違うのだなと思いました。



「デラックス キングサイズベッド1台またはクイーンサイズベッド2台付 オーシャンフロント」
という題名のお部屋です。
1 (19)

なんとなく殺風景な気がしないでもありませんが、とにかく広いのがよかったです。

なお、餡子隊長の今回のホテル選びのポイントは「バスタブが付いているホテルで最安値のホテル」ということです。
ハワイにはなかなかバスタブが付いているホテルが見つからないようです。
(すごく予算を上げれば別のようですが)


設備を紹介します。

服をかけるところ。広さ的にも問題ありません。
常夏ですのでそんなにかけるものありませんし。
1 (24)


パソコンを見たり隊長がお化粧をするスペースも十分。
1 (25)


水回りを紹介します。

バスタブは付いておりますが、トイレと同じエリアとなります。
1 (23)


ごろーんと横になれば肩まで浸かれるくらいのバスタブです。
日本のバスタブほど快適ではありませんが、問題ない範囲です。
1 (14)


シャワー設備はこういった感じです。
隊長より「みんなこういう部分を知りたいのだから、しっかり写真を撮っておくように」と厳しく指導が入った場所です。
1 (13)


なお、隅にこういう置き場所スペースもあります。
1 (15)


トイレはウォッシュレットが付いています。人によってはポイント高そうですね。
1 (12)


設備的に最もよかったのは、ベッドです。
図5

アメリカはみんなそうなのかもしれませんが、とにかくベッドマットの高さがすごくて、寝心地が抜群です。
エアウィーヴを超えてないか?と思うほどの寝心地でした。


それと、オーシャンビュー側の部屋にしましたので、ベランダからの眺めは最高です。言うことありません。
気持ちがよすぎて、これを見るたびに「ハワイに来たぞ」という思いが増します。
1 (9)


お部屋以外を紹介します。

24時間使えるジムがあります。
餡子隊長は「ハワイは食べ物の量が多いから太る」と仰って、ほぼ毎日通っておられました。
だいぶ最新気味のマシンがたくさんありますので、よいトレーニングができます。
図1

日本人の方は1人も見ませんでしたが、朝6時くらいに行っても欧米の方は大勢トレーニングされていました。
(でも皆さん太っているのはなぜ?)

混みあうほどではなく適度な客入り具合でしたが、閑散期でこれですので、繁忙期にはなかなか大変なことになるのかもしれません。


当然プールだってあります。
ただ、太陽がツインタワーの陰に隠れて日陰になっている時間帯が多いように思えました。
図2


最大のポイントとしては、プールにてタオルとチェアを貸してもらって、ビーチに遊びに行けるということです。
私たちはそれを最初知らず、2回目からはプールでレンタルしてビーチに遊びに行きました。
(無料ですので)
1 (10)


最後に、、、ハイアットリージェンシーの唯一にして最大の難点を紹介します。
(きわめて個人的なお話ゆえ、気にならない方は気にならないと思います)

最初、部屋に入る時にも「なんじゃこれ?」と思ったのですが、部屋のドアがいっぱい並んでいるのです。
(ちなみに左から2番目が私たちの部屋でした)
1 (11)


そして、、、恐ろしいことに部屋の中に入っても、ドアで2つの部屋が繋がっているのであります。
図3

当然、鍵がかかっていて隣の部屋には行けないのですが、たかだか薄いドア1枚の仕切りということで、隣の部屋の音が丸聞こえなのであります。

どのくらい丸聞こえかと申しますと、紙袋の荷物をスーツケースにしまう音が聞こえるくらいであります。

幸い、最初の6泊はお行儀のよい方たちばかりで特段問題はありませんでしたが、最後の7日目に世界最大級の人口を誇る国と思われる客がバカ騒ぎしてまして、隊長は一睡もできなかったそうです。

人にはなかなか勧めるのは難しく、また、また自分が泊まるかというと間違いなく泊まらない気がします。


ちなみに理由はわかりませんが、宿泊したらシャンパンが1本サービスされました。
「コングラチュレーション」とロビーで言われ、引換券をバーに持っていっても「コングラチュレーション」と言われました。
1 (16)

新婚旅行客と間違えたのかな。

薄いドア1枚で隣の部屋と繋がっていること以外は、立地も広さも窓からの眺めも最高のホテルでありました。
全ての部屋がこういう仕様なのかわかりませんので、気になる場合は「隣の部屋とドアで繋がっていない部屋プリーズ」とお願いしてみるとよいかもしれません。


Hyatt Regency Waikiki Beach Resort and Spaその他 / クヒオ通り)

夜総合点☆☆☆☆ 1.5


theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ワイキキで手に入る最高の携帯食。

2016.11.08.21:16

MUSUBI CAFE@ワイキキ
おむすび


最終日前日、ハワイっぽい食べ物もだいたい食べましたし、宿泊先のハイアットリージェンシーの裏からちょっとの場所にある、「むすびカフェ」という名前のお店が気になっていたので行ってきた。
1 (1)


おむすび屋さんかな?と思ったら、スパムのお店でした。
14種類のスパムが1.88$~と、ハワイ的にはだいぶリーズナブルなお値段で提供されています。
1 (2)

きっとチップはなかろうかと思いますが、どうであろうか。


スパム以外にもうどんが8種類。
これまた5.5$~という驚異的なお値段で提供されています。
1 (3)


他にもまだある。豚汁がありますよ。
「むすびカフェ」なので和的な物であろうなとは思っておりましたが、ハワイで時々見かける嘘っぽい和食の香りがしません。
1 (4)


店内にはお弁当も売っていました。まさかの4$です。一体どうなっているのか。
1 (7)


日本のお菓子なんかも扱ってまして、在住日本人には涙がでるほど有り難いお店ではなかろうか。
1 (6)

実際私がお店にいた際には、お客さんは100%日本人でした。
ハワイであれば日本人客率100%でも十分余裕でやっていけることでしょう。


うどんや豚汁が食べたい場合は、奥のイートインスペースがあります。
(うどんも持ち帰れるのかどうかはわかりません)
1 (5)

店員さんは見えた範囲では皆さん日本の方のように見えました。
奥でオニギリというかスパムにぎり作ってました。


人気があるという2種類を、隊長と2個ずつ買いました。
1 (8)


■玉子巻きスパム(2.28$)
1 (9)

甘い玉子焼きに日本を感じます。塩味のスパムとの味のコントラストが最高であります。
そして日本の方が作っただけあって、お米のふっくら感が抜群です。これぞおむすびであります。

250円くらいでこんなオニギリっぽいものが食べられるとは、なんとも有り難いことであります。


■青しそスパム(2.28$)
1 (10)

翌日空港で食べました。10時間以上経過しておりましたが、さすがはおむすび。味は健在、さすがは日本が誇る携帯食です。
日本の方が手で握ってなければこのクオリティは出せますまい。

ハワイの食事の量に胃をやられた際などにも、ぜひ駆け込みたいお店です。


===
【オーダー】
玉子巻きスパム 2.28$
青しそスパム 2.28$


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

Musubi Cafe Iyasume Waikiki Monarchおにぎり / ワイキキ)

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

キングスビレッジのファーマーズマーケットの紹介。

2016.11.08.19:57

ハワイにはいくつかのファーマーズマーケット、、、誤解を恐れず簡単にいうとお祭りのテキ屋みたいなお店が集まった市場がありまして、今回ハイアットリージェンシーのファーマーズマーケットと、KCCファーマーズマーケットに行きましたが、3つ目のファーマーズマーケットに最終日前夜行ってまいりました。


キングスビレッジのファーマーズマーケットです。
場所はハイアットリージェンシーのすぐ裏で、ホテルから徒歩2分くらいの場所でした。
1 (3)


キングスビレッジのファーマーズマーケットは月水金土の週4日やっておりますので、遭遇率は結構高い。
1 (2)


ただ、KCCやハイアットリージェンシーと比べると若干、、、というかだいぶ規模は小さめ。
大きさという意味では、KCC>>>>>ハイアットリージェンシー>キングスビレッジ、という感じでしょうか。
1 (1)


それでも賑わいでは負けておりません。
1 (9)


食べ物中心というか、100%食べ物のお店です。
野菜、果物、中華越南系料理などが出店しています。
図1


中でも人気がありましたが、坂の中腹にお店を構えるこちらのパエリア屋さん。
とてつもなく大きな鉄板で作られるパエリアが飛ぶように売れていました。
(13$とか、結構高かった気がします。次の日に帰るので現金すっからかんで買えませんでした)
1 (8)


持っているお金で買える、串焼きを少し買いました。
図2


チップ疲れのため、昨日に続き部屋ご飯となりました。
手前に写っておりますスパムオニギリは、次の記事で紹介します。
1 (12)

寝て起きたらハワイとはサヨナラであります。
7泊9日の旅でしたが、あっという間でした。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

【2回目】ハワイ最強のスイーツ「マラサダ」。

2016.11.08.17:23

Leonard's Bakery@ホノルル
甘いもの


ハレベトナムで絶品フォーを食べ、再び歩いて2日前に偶然通りかかったレナーズを、もう1回行ってみることにしました。
ハレベトナムから歩いて30分くらいで着きますので。
1 (1)


レナーズ到着。こんな外観だったのですね。
夜だったので前回はよくわかりませんでした。
1 (2)


こんなにもアメリカンな感じの、ローカル感満載のお店であったとは。
昼間にまた来ることができて本当によかった。
1 (3)


前回の夜も超絶混んでいましたが、昼でもやっぱり超絶混んでいました。
常にちょうどお店がパンパンになるくらい人がおります。
1 (5)

ただ、それでも待ち時間は10分程度ですので、回転は非常に早いです。
うじゃうじゃと並んでいても、臆すること無く並んでしまうべきです。


前回の記事と同じですが、一応メニューをどうぞ。
1 (4)


マラサダは1つ1.1$であります。
1 (6)


前回は餡子隊長が1つ買ったのみですが、今回は私も買いました。
フワフワで軽い、揚げパン。表面にまぶされた砂糖が最高の一品です。
1 (7)


フワフワで中に何か入っていたりしませんので、大きさはある程度ありますが簡単に食べ終わってしまいます。
そして美味しい。かなり美味しい。昔懐かしい味がします。
とにかく揚げたてを頂けるのがすごい。
1 (8)

どう考えてもハワイで一番美味しい甘いものだと思う。


歩いてワイキキビーチに戻りました。ハワイの散歩は、楽しい。
1 (9)


===
【オーダー】
マラサダ 1つ1.1$


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(-)  :-------------------
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

[スイーツ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 甘いもの

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る