FC2ブログ

雰囲気は本場感あり、味は日式タイ料理

2019.10.27.15:43

THAILAND@錦糸町
タイ料理


酸辣湯麺と担々麺が食べたいなあと思ってはるばる錦糸町の大三元を訪問したのですが、、、
1027-1 (18)


満席で撃沈。前にも1度同じことがあったのですが、大三元はもはや予約なしで訪問するのは危険なお店になってしまいました。
(昼でも2人でも予約できます)
1027-1 (19)


若干予想していたためバックアッププランに切り替えます。
大三元に行く途中に前を通ったタイランドというタイ料理のお店です。
1027-1 (7)


どう見てもフランス国旗なのが気になりますが、確実にタイ料理のお店です。
1027-1 (8)


店内はかなり広くかなりの席数があります。
日曜日13時20分の到着で6割くらいの客入りです。
1027-1 (1)

店員さんは全員タイの方のように見えました。皆さんタイ語とおぼしき言葉を話しておられましたので。


卓上にはタイ料理調味料でお馴染みの4種の、、、いや3種ですね。3つしかありません。
見てみたら砂糖がありませんでした。
1027-1 (9)


一般的ないろいろなタイ料理があります。値段は1,000円前後とノーマル。
人気があるのか材料がないのか、終了しているメニューも結構ありました。
1027-1 (2)

まだ他にもメニューがあり、一番下に掲載しました。


■タイ風ラーメン 汁なし(850円)
1027-1 (10)

タイのラーメン。味は非常にシンプルで安定した科学的な味わいです。
すごく普通でタイらしい点がないので、特段オススメにはならないかも。
1027-1 (11)


中太の麺はすごくのびのびでした。
1027-1 (12)


■ゲンチュータゥフゥ(950円)
1027-1 (13)

日本語的には豚挽き肉と豆腐のスープとなります。

豚団子、豆腐、春雨、木耳、葉物、葱と具だくさん。
出汁の風合いはラーメン同様安定的なタイプ。
1027-1 (14)


■バッガパオラートカオ(1,050円)
1027-1 (15)

ガパオライス。とてもいい感じ。3つの中では一番よかったです。
目玉焼きも半熟でいい塩梅。
1027-1 (17)

美味しいのですがちょっと味が濃すぎるかなと思いました。タイ現地でタイ料理を食べた際には1度も味が濃いなあと思ったことはありませんでした。
辛さはかなり控えめでありますし、味は全体的に日本ナイズしているようです。
1027-1 (16)

錦糸町なので何となく本場炸裂のタイ料理が頂けるのかなと思ったのですが、そういう感じではありませんでした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,500円くらい


■メニュー
1027-1 (3)

■土日限定
1027-1 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

タイランドタイ料理 / 錦糸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[タイ料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : タイ料理

メディア多数登場の錦糸町の大行列店で鯛ラーメンが食べ鯛

2017.05.13.11:33

真鯛らーめん 麺魚@錦糸町
ラーメン


「聖地巡麺乃旅」という東京都×食べログで検索して上から順番に廻っていくどうしようもない企画。。。
食べログの点数基準が変わったり、レビュー具合で点数が上下するため、完全に終わりのない企画となっています。

今回の会場は錦糸町。私も相棒の貝州さんも田都線なので一本で行けるのですが、とにかく遠いです。
1 (2)

あと、路上喫煙している人多すぎ。。。


錦糸町のだいぶディープな場所を通り抜け、お店到着。
最近絶賛テレビや雑誌に登場しまくりの超絶話題のお店「麺魚」というお店です。
1 (12)

東京都×ラーメンで検索して第4位のお店です(2017.04.16時点で3.98)。


3~4人まではお店の目の前で並ぶことが許され。。。
1 (4)


その先は公園側に並ぶこととなります。
1 (5)

11時オープンにして10時20分到着。12人待ちでした。
先頭の御三方はいったい何時にいらっしゃったというのでしょう。

とにかく行列がすごいと聞いていたので、開店前から並ぶことは当然のこと、開店時1ターン目は捨てて、2ターン目に入り込めれば、、、という作戦が見事に的中しました。

だってこの後結局、お店がオープンする頃には40人待ちになっていましたので。
1 (11)

40人待ちとなると、席が11しかないため、恐らく2時間待ちになると予想されます。
マスコミによるフィーバーが収まるまでは、10時過ぎに並ぶのがもっとも効率が良さそうです。

プーさんのハニーハントに並ぶよりはマシであります。個人的には。


さて、こちらのお店は何のラーメンかと申しますと、お店の壁面を見れば一発解決です。
1 (6)

鯛であります。

いろいろなラーメンが流行っていますが、鯛のラーメンは、、、いつ樹@青梅で出会ったくらいです。
あとは私は鯛ラーメンに出会ったことがありません。


開店7分前になると、お店の方が出てこられて、1人ずつ順場に食券を買うよう促されます。
前の人が行って戻ってきたら食券を買えます。

たくさんのボタンの種類に圧倒されそうですが、大丈夫です。予習する時間は十二分過ぎるほどありますので。
味は「鯛」「濃厚鯛」「つけ麺」の3種類で、あとは雑炊をつけたりトッピングをしたり、となります。
1 (8)


ノーマルタイプにするか、10%ほど鶏白湯が入っている濃厚にするかギリギリまで悩みましたが、貝州さんのお友達の推薦ということで、濃厚の、そして雑炊セットが付いているボタンをポチり。
1 (9)


それから、鯛出汁、、、をどう使うのかわかりませんが、燻製にしてある味玉のボタンをポチり。
1 (10)

ラーメンなのに1,150円になってしまいました。


10時20分から並び、ちょうど1時間後の11時20分に席につけました。
店内はL字型カウンター11席。当たり前ですが満席です。
1 (14)


BGMには太鼓かな?威勢のよいリズミカルな和の音楽がかけてあります。
曲調的に回転率アップ効果がありそう。

そしていろんなところに鯛があしらわれています。
1 (1)


器をあげてもらえるとありが鯛。有り難いのであります。どこまでも鯛愛を感じます。
原監督時代の「ジャンアンツ愛」みたいなものか。
1 (19)


豚星。と一燈からお祝いが来ています。どちらも押しも押されぬ大大大行列店であります。
1 (13)


卓上には調味料配備はないかな、、、と思いましたら、
1 (17)


柚子胡椒と生姜の準備はあるので、お伝えすれば持ってきてくれるようです。
が、お願いしている人は私のターンでは1人もいなかったようであります。
1 (18)


待っている間、様々なこだわりに関する記載を読みます。
どこを切っても完全にこだわり抜いているお店である点は、この文字を読まなくても店内に香っている匂いを嗅げばわかりますが、それにしても楽しみであります。
1 (16)


SNSでも何でもアップしてくれと。自信の現れと思われます。
心が広いお店で非常に助かります。
1 (15)


濃厚真鯛ラーメン、雑炊セット、味玉付きの到着であります。
並び始めてから実に70分目のご対面に、ヒデキは感激したのであります。
1 (20)


もうもうと香ってくる鯛の香り。店中をいい匂いで包んでいた、まさに張本人はこれであったのであります。
1 (23)


ぱっと見の印象は、オーラ感のあるタイプのラーメンには見えませんが、並び始めて70分という時間が、期待という期待を膨らませまくるため、一体どんな味なんだろうという期待以外持てなくなります。
1 (22)


具の中心は、低温調理された、薄くスライスされた叉焼のほぐし身。結構な量が入っています。
柔らかく優しい味なのですが、冷たいのが少々残念ではあります。でも冷たくないとこの色はキープできないか。
1 (24)

ノーマルのオーダーでもなかなかのボリュームであるため、よほどの肉好きでなければ、特製にはむしろしないほうがいいかもしれません。


鯛だしを使い、かつ燻製してある味玉は、これは是非とも食べるべきと思われます。
鯛の風味と燻製の風味がどちらも押し寄せる、変わり種のほかでは食べることが決して出来ない唯一無二の味玉で大変美味しかった。
1 (28)


濃厚にしたので、文字通り濃厚そうな、どろっと系のスープ。表面にはシュワシュワの泡が見て取れます。
濃厚さを引き出しているのは鶏白湯でありますので、そこまでの強烈さはありません。
1 (25)


鯛のエキスというエキスを限界まで抽出したかのようなスープは、独特であり他に似たラーメンは一切思いつきません。
旨いというより、凄いスープであるというのが第一印象でした。
1 (26)

鯛のほぐし身もわりと入っており、もう何処までも鯛でありつつ、鶏白湯の出汁が全体を包んでいる鯛×鶏白湯の新境地スープであります。
生臭いということはありませんが、どこか魚の香りというか匂いはありますので、生魚の風合いが苦手な方には気になるかもしれません。

逆に、そこがたまらないという人もいそうです。


全粒粉入りの中細麺。麺がこれまた旨い。
ぼそっとした食感と食べごたえあるプツプツとした感じの麺は、140g以上のボリュームを感じます。
濃厚なスープを大量にまとって来るからかもしれません。
1 (27)

大盛りにしていたら(220g)確実に沈没していました。


スープに麺が絡みまくるので、あまり絡んでスープが無くなって雑炊が食べられないとならないように注意して食べながら、ラストは雑炊にして楽しみます。
ご飯の量が、結構すごいのだが。
1 (21)


通常はラーメン鉢にスープを投入するのでしょうけど、見映え的に私は逆にしました。
ご飯にスープを回しかけ、薬味のわさびを投入。
1 (29)

極上の鯛雑炊が完成するのですが、ご飯の量が多いのと、スープが雑炊にするには濃厚すぎるため、わたしには量は半分でよかったかもしれない。

さらに言えば、雑炊が美味しいのは確実に濃厚ではない方のラーメンであると思われます。
ラーメン的には濃厚が最高に思えますが、雑炊的には圧倒的に澄んだ鯛のスープのほうが合いそうです。

次は必ず濃厚ではない方の、真鯛ラーメンにして、最後の鯛雑炊を心ゆくまで楽しみ鯛。


なお、近日、斜め向かいのこちらのテナントに引っ越すそうです。
広くなるということで、行列問題が多少は改善されそうです。
写真 2017-04-15 11 39 44 (1)

お店を出たら相変わらず40人以上並んでおりましたので、抜本的な解決にはならないと思いますが。


===
【オーダー】
濃厚真鯛ラーメン雑炊セット 1,050円
鯛だしSmoke味玉 100円


聖地巡麺の旅の過去記事はこちらになります。
・2013年3月16日 麺屋 吉左右@木場
  →20人待ち40分後着席
・2013年4月20日 つけ麺 道@亀有
  →20人待ち80分後着席
・2013年6月1日 一燈@新小岩
  →30人待ち45分後着席
・2013年6月15日 【番外編】大勝軒@永福町
  →並びなし
・2013年8月3日 【例外編(代打店のため)】千代作@高田馬場
  →並びなし
・2013年11月2日 こうかいぼう@門前仲町
  →30人待ち30分後着席
・2013年12月14日 煮干鰮らーめん 圓@八王子
  →6人待ち15分後着席
・2014年1月18日 Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨
  →10人待ち15分後着席
・2014年2月22日 こころ@大岡山
  →5人待ち15分後着席
・2014年8月9日 北大塚ラーメン@大塚
  →20人待ち30分後着席
・2014年12月11日 流。@十条
  →並びなし
・2015年1月31日 伊吹@志村坂上
  →20人待ち60分後着席
・2015年2月28日 らぁめん小池@上北沢
  →開店5分前到着並びなし
・2015年9月26日 としおか@早稲田
  →20人待ち100分後着席
・2015年12月12日 宮元@蒲田
  →11人待ち32分後着席
・2016年3月5日 多賀野@荏原中延
  →35人待ち90分後着席
・2016年4月23日 蘭鋳@方南町
  →7人待ち30分後着席
・2016年6月18日 麦苗@大森
  →30人待ち100分後着席
・2016年7月9日 ほん田@東十条
  →11人待ち30分後着席
・2016年8月20日 にそう@蓮沼
  →オープン前3人待ち30分後着席
・2016年10月1日 愚直@中板橋
  →10人待ち40分後着席
・2016年12月3日 麺処 晴@入谷
  →10人待ち30分後着席
・2016年12月17日 しば田@仙川
  →12人待ち30分後着席


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

真鯛らーめん 麺魚ラーメン / 錦糸町駅住吉駅菊川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[ラーメン]

4/15

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

間違いなくタイ料理も美味しいはず「THREE SEASONS@押上」

2017.04.29.15:16

THREE SEASONS@押上
カフェ

iPhoneがリンゴループに陥り、修理屋さん@錦糸町に持ち込んで3時間くらい時間を潰す必要があったので、フラフラと歩いて新東京タワーまで行ってみました。
1 (2)


しかし一瞬でやることがなくなり、また来た道を引き返すことに。

すると押上から錦糸町に戻る途中、なぜか目に止まったお店がこちら。
1階は雑貨屋さん(たぶんタイの)、2階はカフェとタイ料理をやっているというお店です。なぜかとても気になりました。
1 (3)


THREE SEASONSという、タイ料理兼カフェという変わったお店です。
1 (4)


何が変わっているかというと、タイ料理兼カフェといいつつも、カフェの内容はタイ料理とは全く無関係であるという点です。
日本の普通のカフェと同じようなメニューが並ぶが、ランチや夜はタイ料理を提供しているようです。
1 (5)


ランチのタイ料理はこの日はこんな感じ。
炒飯、カレー、カレーラーメン。
1 (6)


2階がカフェでして、清潔感と統一感に溢れる素敵な空間が広がっていました。
1階の雑貨屋さんが、相当雑多な感じで、そういった方向性の2階を想像していましたが、全く違いました。
1 (7)


勝手な想像ですが、1階の雑貨屋さんはご主人が切り盛りされ、2階のタイ料理兼カフェは奥様が切り盛りされているのではなかろうか。
接客、調理はすべて奥様が対応されていました。ご主人は2階に上がってこられることはありませんでした。
2 (2)

空いていたこともありますが、非常に居心地がよいです。

詳細なカフェメニューは一番下に掲載しました。
スイーツもドリンクも400円前後で、1人1,000円以内で優雅なカフェタイムを楽しむことが出来ます。


スイーツと飲み物が運ばれてきました。
2 (5)


■アフォガード(480円)
2 (3)

なんと美味しいアフォガードでありましょうか。
コーヒーがいいのか、アイスがいいのか、あるいは両方か。

アイスクリームの甘さとコーヒーの苦さのハーモニーがたまらない、、、ってどんなアフォガードでもだいたいそうなのかもしれませんが、コーヒーがひたすら美味しいことが、尋常ならざる旨いアフォガードに仕上げているのではなかろうか。
2 (4)

スイーツでは滅多に思わない「無くなっていくのが残念」という気持ちになりました。


■タマリンドソーダ(400円)
2 (1)

トロピカルフルーツタマリンドのソーダ割。
メニューの中に、ちょこちょこタイが顔を覗かせます。

甘酸っぱく、スッキリとした味わいで、暑い日には最高です。


■マンゴープリン(480円)
2 (6)

味の濃い、マンゴープリン。
マンゴープリンというと、糖朝が美味しいかなーと思っていましたが、糖朝を遥かに凌ぐマンゴープリンで、しかも値段は糖朝以下というすごい代物でした。


■619 セイロンティー(350円)
2 (7)

紅茶の器はモロッコの器で、家にも同じ柄の食器があります。
丁寧に淹れられた紅茶も、美味しかったとのことです。

雰囲気もよく、味もよく、これは昼および夜のタイ料理もすごく美味しいことが予想されます。
場所がなかなか分かりにくいですが、錦糸町からも歩いて20分くらいですし、是非とも今度はタイ料理をいただきに再訪したいと思いました。


===
【オーダー】
アフォガード 480円
マンゴープリン 480円
タマリンドソーダ 400円
619 セイロンティー 350円


■スイーツメニュー
sweets_20170807172921284.jpg

■コーヒーメニュー
coffee_20170807172923981.jpg

■ティーメニュー
tea_20170807172924fed.jpg

■ソーダメニュー
soda.jpg


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

スリーシーズンズカフェ / 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

【2回目】大三元に死角なし。

2016.06.26.14:32

大三元@錦糸町
中華


酸辣湯麺好きの餡子隊長がイチ推しのお店、錦糸町にある大三元を目指す。
錦糸町から東京スカイツリーの方に向かって歩く。
1 (1)


大三元到着。キングダムの三大天を思い起こさせる店名です。
1 (2)


そして当然のように「昼の営業は満席」の貼り紙が。
初訪問の前回もこの貼り紙に阻まれかけましたが、ダメもとで突撃して待った挙句カウンター席を勝ち取りました。

ランチタイムでも予約ができますので、訪問時は予約したほうが得策と思われます。


2人の場合、テーブル席だと相席の嵐になりますので、カウンター席にすると落ち着いて食事ができます。
ただ、目の前で洗い物等が始まりますので、そういう意味での落ち着かなさはあります。
1 (4)


前回はダブル麺でしたので、今回は餡子隊長用酸辣湯麺と、炒飯と餃子も頼んでみました。
一瞬で竜宮城状態に。中華は運ばれてくるのが早い。
1 (13)

メニューの一部を一番下に掲載しました。


酸辣湯麺、大盛りがあるのかわかりませんが、全くそんな必要ない大きな器で堂々の入場。
別皿でパクチーも提供されます。
1 (14)


餡子隊長が唯一酢を自分で足さずに召し上がる酸辣湯麺。
びしっと酢が効いており、目の覚める旨さです。しかし酸っぱいばかりではなく、奥行きのある出汁も見え隠れする最高の酸辣湯になってます。
1 (15)


このスープの上に麺が顔を覗かせている姿もそそられます。
なお、これは永福町系大勝軒のように麺が多すぎて顔を出しているのではなく、とろみのあるスープの上に麺をぽんと乗せたから起こっている事象です。
1 (16)

従いまして、運ばれて来たらよーく麺を混ぜる必要があります。


綺麗な細麺が酸辣湯スープによく絡みます。
いくら食べても飽きの来ない癖になる味。
1 (17)


炒飯にはスープが付くのですが、このスープが美味しいのなんの。
全てのスープ料理のベースがこのスープなのでしょう。そりゃ美味しいわけです。
1 (9)


海老味噌炒飯は、海老味噌の味はそこまで付いてはおりませんが、炒飯単体での完成度が高いです。
パラパラ&ふっくら仕上げで、塩加減の絶妙なこと。
1 (10)


特筆すべきはグリンピースの量の多さなのですが、どれだけグリンピースを大量摂取しても、まったく青臭い感じや、もそっとしたグリンピース特有の嫌われる要素がどこにも見当たりません。
さては何かしましたね。。。
1 (11)


野菜餃子は焼き餃子ではありません(オーダー時に教えてくれます)。
蒸し餃子なのですが、全く荒々しさがないお上品な餃子でした。餃子は個人的にはおススメではないかな。
1 (12)

錦糸町という二子玉川から普通に乗車時間60分級の場所ではありますが、定期的に通ってしまうお店になりそうです。
乗ってる時間長いですが、一本で行けますし。

次は蟹のあんかけ炒飯を食べてみたい。


餡子隊長が上野にある「うさぎや」のカフェに行ってみたいということで、歩いて上野を目指しました。
1 (18)


===
【オーダー】
酸辣湯麺 1,150円
海老味噌炒飯 1,050円
野菜餃子 680円

■飲茶
飲茶

■麺
麺

■焼麺、炒飯
焼麺、炒飯

■ご飯、オリジナル麺
ご飯、オリジナル麺


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

酸辣湯麺を巡る冒険:迸る(ほとばしる)酸味。土日は昼でも要予約。

2015.10.03.14:31

中国酒家 大三元@錦糸町
中華


大三元@錦糸町
中華


酸辣湯麺を巡る冒険。前回の桂花@成城学園前に続いて、目指したのは錦糸町。
IMG_2646.jpg


駅北側、公園のある方面にある中華屋さんを目指します。
あちらこちらに飲食店がありまして、特にアジア系のお店が多いようです。
それにしてもスカイツリーが見えることには、いい年してテンション上昇を抑えられん。
IMG_2650.jpg


13時過ぎ、お店到着。大三元というお店です。
IMG_2654.jpg

なんかキングダムにでも出てきそうな名前。


そして入り口にはショッキングな貼り紙が。
昼の営業は満席とのこと…
IMG_2658_2015110219545999d.jpg

しかしはるばる電車で1時間くらいかけてやってきたので、簡単に引き下がることはできません。
ダメ元で突撃してみると、名前と電話番号を告げると空いたら電話してくれるとのことです。
3組待ちでしたので、付近を散策して待つことにしました。


すると錦糸町公園でお祭りみたいなことをしていたので、過空腹防止用にモツ煮を食べました。
IMG_2664_201511021955017aa.jpg

公園内をフラフラしていたらお店から電話がかかってきまして、お店に戻りました。


店内は入って左はカウンター席、右がテーブル席になっています。
図1

雰囲気は大衆系以上高級系未満で、ほどよい空気感です。


ランチタイムメニューというものはなく、単品メニューから選ぶことになります。かなりのメニュー数ですが、今回はこちらの麺メニュー以外目に入りません。
IMG_2673.jpg

お目当の酸辣湯麺は1,150円、担々麺は900円です。


卓上には胡椒、酢、ラー油などが配備されており戦闘準備は万端です。
IMG_2675.jpg


まずは餡子隊長の酸辣湯麺がパクチーをお供に登場。
パクチー別皿方式は苦手な方への配慮でしょうか。
IMG_2684_20151102201216397.jpg


見るからにトロッとしたスープに綺麗な黄色い麺が整列状態で浮かんでいます。
ビジュアルも抜群に良い酸辣湯麺。美味しくないはずがありません。
IMG_2679.jpg

そして並盛ですが、通常のお店の大盛り級の迫力があります。器の大きさもかなりのものです。


パクチーを添えて完全体に昇格です。美味しそう過ぎます。はるばる来た甲斐がありそう。
IMG_2693.jpg


具は玉子、豆腐、筍などオーソドックススタイル。トロミも過ぎず良い塩梅です。
IMG_2690.jpg


何よりも特徴的なのは酸味の効いたスープでしょうか。酸味と言ってもひじょうにまろやかであるため、うぐっとなることもありません。
胡椒もほどよく爽やかに効いています。
IMG_2694.jpg

酸の加減が丁度良過ぎて、餡子隊長は酢を足しませんでした。
酸辣湯麺で酢を足さない隊長を見たのは初めてかもしれません。


黄色い玉子麺っぽい細麺もベストマッチで何から何までパーフェクト。ミスターパーフェクトが巨人軍槙原選手以外にこんなところにいたとは。
IMG_2698.jpg


続いては担々麺です。
酸辣湯麺を巡る冒険ではありますが、2つ以上の品を食べたい思いから、酸辣湯麺&担々麺のコンボになってしまう。
IMG_2714.jpg


こちらは1,150円の酸辣湯麺よりお安い900円。
そのためか器の大きさもノーマルですし、実際の麺の量もかなり普通です。
IMG_2722.jpg

しかし美味しそうである点については譲らぬものがあります。


赤く広がる担々スープ。なかなかの赤さで、辛さはまずまずといったところ。
具の餡と緑の野菜はボリューム控えめで、麺の量以外にも酸辣湯麺のような迫力はありません。
IMG_2725.jpg


ただ、酸味がビシビシと効いているスープは、酸辣湯同様かなり個性的です。
胡麻の旨みもある程度あるものの、酢の酸味が世界を支配しています。
IMG_2732_20151102201637c06.jpg


担々麺単品であるならば、その美味しさと量のノーマルさから、男性であれば大盛りにしたいところではあります。
酸辣湯麺での大盛りはまずまず危険だと思います。
(双方、大盛りにできるのか否かは不明です)
IMG_2740.jpg

担々麺も最高によかったですが、企画的には酸辣湯麺を巡る冒険。
絶妙に酸の効いた酸辣湯麺で、今のところ過去最高に好きな味ということになりそう。

土日であればランチ営業も予約は可能だそうですので、特にはるばる訪れる場合には面倒臭がらずに予約することをお勧めします。

酸辣湯麺を巡る冒険はまだまだ続きます。たぶん。


===
【オーダー】
酸辣湯麺 1,150円
担々麺 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中国酒家 大三元広東料理 / 錦糸町駅

昼総合点★★★★ 4.0



[中華]

10/3

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る