ダッチオーブン料理のお店「ミニヨン 坂ノ上@渋谷」

2017.03.18.21:57

ミニヨン 坂ノ上@渋谷
ダイニングバー


合羽橋から上野のうさぎや経由で歩き続け、渋谷界隈で夕飯を食べることにしました。
食べログというグルメサイトで「当日夜予約できるお店」で検索してヒットしましたこちら。

「ミニヨン 坂ノ上」であります。
渋谷から246を北上したあたりにあります。
1 (1)


焼売、和食器、玉子焼き、酒、ワイン。。。といったお店のようであります。
「ダッチオーブン」の文字もあります。
1 (2)

ダッチオーブンとはWikipediaによりますと、

「分厚い金属製の蓋つき鍋のうち、蓋に炭火を載せられるようにしたものの名称である。 アメリカ合衆国の西部開拓時代などで使用されていたものが有名であるが、近年ではキャンプなどレジャーでの用途に使われることが多い。」

というものだそうです。


店内はあまり広くなく、よい意味でいうと隠れ家的であり、そうでない意味で言うとちょっと狭苦しい感じでありました。
が、席と席の間隔はある程度は確保されているため、周りが気になるほどではギリギリありませんでした。
学生っぽい客がいないのも要因の1つかもしれません。
1 (3)


メニューは1品おおよし900円前後。若干高めの設定でありますが、場所柄仕方ないかもしれません。
コース料理などのメニューもあり、一番下に掲載しました。
1 (4)

頂いたものを簡単に紹介します。
大人2名での利用であります。


■生ビール mug size(890円)
1 (11)

ビールはカールスバーグなのは大変有り難いのですが、「mug size」なる大きめの器でもさほど大きくなく、これで890円となると足が竦(すく)みます。
すっかり萎縮してしまい、1杯しか飲めませんでした。

料理もさることながら、ドリンクの値段がまずまず高めであるため、わりと飲む人で集まるとそれなりの金額にあっという間に達してしまいそう。


■特製焼売 6個(960円)
1 (12)

オススメっぽいのでオーダーしてみました。岩中豚100%の焼売。
肉がぎっしり詰まった肉肉しい焼売で美味しいですが、1人2つでよかった。
(1人3つがオススメと書いてあったのですが・・・)


■地黄卵ダッチオーブン玉子焼(780円)
1 (13)

焼売に続いてオススメっぽいメニューだったのでオーダー。
フワフワ食感はスフレのようで面白いですが、味自体は大変一般的でした。
味よりも見た目と食感を楽しみたい一品です。


■和牛すじ煮込み(950円)
1 (14)

甘めの味付けで、牛すじの味もしっかりしており良かったです。
ただ、超絶量が少ないため、4人とかでいくとかなり寂しい思いをしそうです。
全体的に値段のわりに、お値段は高めの印象でした。


■牡蠣と寒ちぢみ雪菜のバター焼き(1,080円)
1 (15)

この日一番よかったメニューはこちら。
牡蠣がなんともぷっくり大きく、全然縮んでおらず、味わいも濃厚。
バターもほどよく染みて、牡蠣好きにはたまらない一品でした。

常時あるのかわかりませんが、おすすめです。
4人だと2皿頼まないと満足できないかもですが。


■和風だしのダッチオーブン焼カレー(740円)
1 (16)

見た目の印象は強いですが、味はとてもノーマルでありました。
スパイスが効いたキーマカレーのような味です。
〆は牡蠣続きになってしまうが牡蠣ご飯にしたほうがよかったかもしれない。

ダッチオーブンを使った利点がどのあたりに出ているのかは分かりませんでしたが、全体的に器もこっており、2人でちょいと飲み食いするにはちょうどよいかもしれないなと思いました。

1杯しか飲まずに1人3,500円を超えましたので、えいやえいやと飲んだら1万円オーバーはそれほど難しくなさそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で7,090円

■フード
food_20170708150853ec4.jpg

■コース(2,750円)
corse2750.jpg

■コース(3,500円)
corse3500.jpg

■酒①
sake_201707081508550cf.jpg

■酒②
sake2.jpg

■酒③
sake3.jpg


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ミニヨン 坂ノ上居酒屋 / 渋谷駅表参道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

渋谷も10分くらい歩けば本物に出会える

2017.01.20.14:00

アートマサシヤ@渋谷
ラーメン


かねてからテレビ番組などによく登場しており、1度行ってみたいと思っていたのですが、渋谷駅からかなり歩く必要があるのと、夜営業をやっていないということで、未訪だった「アートマサシヤ」に行くチャンスが訪れました。
渋谷と池尻大橋の間で打ち合わせが開催されたのであります。

打ち合わせ場所を知った時に真っ先に浮かんだのが、アートマサシヤでした。
13時半、お店到着。
1 (2)


カウンター席は、およそラーメン屋さんのそれとはだいぶ趣が異なります。
喫茶店、それも若干昭和風情漂う喫茶店のような雰囲気であります。
1 (3)


テーブル席も同様で、全くラーメン屋さんらしさがありません。席の作りも広い空間に対してゆったり設計されています。
必要以上のレトロ感はありませんが、そこはかとなく昭和風情が漂う喫茶店仕様となっております。
1 (1)


13時半の到着で、ギリギリテーブル席が空いていたのですが、後から来る方は待ち行列となっていました。
この椅子はラーメンを食べる席ではないようですが、待つ人が座るということもありませんでした。
2 (2)

大変不思議なお店であります。


券売機にはたくさんのボタンが配置してあります。
後ろに立たれたら、かなり焦ってしまうところでしたが、幸い後ろにお客さんがいなかったので、じっくりと選ぶことができました。
1 (4)


メニュー内容はこちらが分かりやすいです。
メニュー

メニューはたくさんありますが、次のようになっているようです。
味の種類は、
・ラーメン
・酸辣湯麺
この2種類で、この2種類に対して、
・旨口
・旨口α
・濃口
の2×6種類から選ぶことになります。実に悩ましい選択となります。

さらにサイドメニューやトッピングが充実しているため、券売機のボタンが非常に多くなっているわけであります。
サイドメニュー

玉子かけご飯も気になりますし、無化調系のお店にして「油増し」というのも非常に気になります。
ここまで気になることがオンパレードのお店もj実に久しぶりです。


ラーメンに対するこだわり記述が多いお店もたまに見けますが、その中でも群を抜いて記載が多いのも特徴です。
待っている間、喜々として読みます。

ミネラル、にこだわりがあるようです。ミネラル。
ミネラルが何たるかは正確には理解しておりませんが、体にとって必要そうなものと理解しています。
ミネラル


出汁、醤油ダレ、油、麺、海苔、、、とにかく、恐らく全ての領域にこだわりをぶつけたラーメンになっているようです。
ここまでいろいろこだわっているラーメンとは。。。
こだわりに関する気迫は、蔦@巣鴨級であります。
こだわり


旨口、旨口α、濃口に関する味の説明はこちらをご覧ください。
今回は「旨口ラーメン」にしました。700円ってすごいな。この内容のラーメンが700円とは。
味


旨口ラーメン2つ、到着しました。
2 (3)


ラーメンと、海苔。海苔はトッピングで追加したわけではありませんが、別皿で提供されます。
かねてから海苔はふにゃっとなってしまって時に撮影の邪魔になることがあるので別皿提供は有り難いです。無論、別皿の理由はそういったことではないと思いますが。
2 (4)


無化調ラーメンゆえ、見た目は比較的大人しめのラーメンであります。
しかし、あれだけのこだわりに関する記載を読んでから目にすると、勝手にただならぬオーラを感じてしまいます。
2 (5)

具は700円という価格にも関わらず、味玉が1つ分入っています。玉子もこだわり中のこだわりだというのに。
そして一際異彩を放つ三角形の物体。これは玉子焼きであります。
2 (6)

ラーメンのトッピングに玉子焼き。これは多分人生初であります。
当然、旨いです。


別皿の海苔は、色が濃く、厚く、味が濃いです。
ラーメンに入れるとスープの味が変わるかもと思うほどの存在感があります。軽くスープに浸して頂きました。
2 (1)


完全無化調のこだわりスープは、出汁が力強くではなく、さりげなく、しかししっかりと主張した優しい優しいスープです。
時折醤油ラーメンで感じられる酸味を含んだスープでして、飲んでも飲んでも「ラーメンのスープ飲みまくってしまっている・・・」という罪悪感に包まれることはありません。
2 (7)

じんわりと滋味深い、塩味も控えめの完全無欠の無化調スープでありました。
大人は好きそう。若者は人によっては物足りないと思うかもしれません。普段の化調摂取量に依存しそうです。


細ストレート麺はぷつっとした食感の「リン酸を含まないかんすい」を使った麺です。
「リン酸を含まないかんすい」となると、どうもリン酸は体に良いものではないのかしら。そして通常はリン酸を含んだかんすいを使った麺が多いのかしら。
2 (8)

説明書きを読みまくってしまったので、食べただけで健康度が上がった気になりました。

渋谷は化調炸裂のお店が多い中、西に10分ほど歩けばこんなラーメン屋さんに出会えるとは。
遠いですが、がんばって行く価値は大いにありです。

これだけの無化調ラーメンを700円で提供しているということは、お金持ちのオーナーがボランティア精神で運営しているとか、そういうことだろうか。営業時間も短いし。


===
【オーダー】
旨口ラーメン 700円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

アートマサシヤラーメン / 神泉駅渋谷駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.0




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

本家晴壱より美味しい、はるいち@渋谷

2017.01.07.13:19

煮干し中華そば はるいち@渋谷
ラーメン


渋谷と表参道の間、246沿いにラーメン屋さんがあります。
「はるいち」というお店で、「濃厚」「極上」「煮干」の文字が踊る、外観は目立っていませんが、わたし的には最高に目立っているお店。
1 (23)


お店は地下。階段を降ります。
1 (1)


入ってすぐの場所にあります券売機で食券を買います。
濃厚煮干鶏そば、煮干中華そば、濃厚煮干つけ麺、辛いつけ麺の味は4択となります。
1 (5)


それぞれのメニューに関する詳細な説明はこちらになります。
あまりに悩ましいではありませんか。
しかし今日は餡子隊長と一緒ですので、左上ポールポジションの濃厚煮干と、その横の煮干中華そばを食べてみます。
1 (6)


青学であったり、その他専門学校など多くの学校があるエリアゆえ、学割サービスがあります。
1 (22)


曙橋の晴壱出身の方がやっているそうな。晴壱は行ったことがあります。鶏白湯ラーメンのお店でした。
晴壱の印象がそれほどよくないため、大丈夫かな、、、と若干心配になりました。
1 (8)


席はカウンターとテーブル席があります。
12時半の入店で、先客2名ほどでしたが、すぐに満席になりました。場所柄、平日はもっと混むことでしょう。
1 (9)


卓上には煮干一味、辛味系、大蒜油やニンニクチップなどいろいろ取り揃えられています。
しかし、煮干し系ラーメンであれば、どれも必要ないような気もします。
1 (4)


卓上配備品についての詳しい解説もあります。
いろいろ、丁寧であります。きっとラーメン作りも丁寧なのだろうなと思われます。
1 (7)


あまり待たずに、ラーメン到着。
この器は、かなりの率でいろんなラーメン屋さんで見かけます。「美味しく見える器」と噂なのだろうか。
1 (11)


■煮干味玉中華そば(800円)
1 (17)

私は左上ポールポジションではない、煮干味玉中華そば。
鶏白湯系ラーメンではありません。

味玉をトッピングしただけですが、具だくさんで見た目にも非常に豪華な一杯となっています。
美味しいラーメンのオーラも出ております。
1 (16)


表面に浮いているのは背脂かなと思ったら、シャリシャリのみじん切り玉葱です。
キラキラの表面のラーメンは、美味しい確率が高いと勝手に思っています。
1 (18)


味玉の仕上がりも抜群です。
1 (19)


煮干しのエグミを一切排除し、ほのかによい意味での煮干しの苦味をまとう、味わい深いスープ。うまい。
ほんのちょーーーっと塩が強いため、後半少しだけ飽きてきますが、煮干しラーメンとしては一定以上の旨さであり、会社の近くにあったら月に1度は通うと思います。
1 (20)


歯ごたえのよい細ストレート麺もこのラーメンにぴったり。
大盛りにしなければ後半バテる問題も起こらなかったかも。
1 (21)

奇をてらっていない、正統派の煮干し醤油ラーメンとしては、とても美味しいと思いjました。


■濃厚煮干味玉鶏そば(880円)
1 (10)


隊長は左上ポールポジションの鶏白湯系のラーメンを。
晴壱出身となると、こちらが王道となるでしょう。
1 (12)


見ためは煮干し中華そばとあまり変わりませんが、若干の白濁が見られます。そして、こってり度は圧倒的にこちらが上です。
表情が違うため、見事に食べ分け、住み分けがされております。
1 (13)


奥深い鶏白湯スープに、醤油ダレの加減も抜群で、正直言って晴壱より遥かに美味しい鶏白湯ラーメンでした。
鶏白湯でたまにある変に甘ったるい感じもなく、適度にシャープなスープでとても美味しいです。
1 (15)

巷に溢れている流行りの鶏白湯ラーメンとは一線を画した、久しぶりに出会った美味しい鶏白湯ラーメンでした。
困ったことに煮干しとともに、どちらもオススメです。


===
【オーダー】
濃厚煮干味玉鶏そば 880円
煮干味玉中華そば 800円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

煮干し中華そば はるいちラーメン / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

店によっては仙台の牛タンに勝っていると思う。

2016.12.04.14:53

ねぎし@渋谷
牛タン


池袋方面まで遊びに行こうと思ったのですが、田園都市線がバグっており、渋谷まで大層時間がかかってしまい、もう渋谷でいいやと、渋谷でご飯を食べることにしました。

電車遅延の罠にハマったゆえ、こういう日は何をしてもダメであろうと思い、安定を求めて「ねぎし」に行くことにしました。
渋谷3丁目店を目指したので、新南口を出ます。

2000年に新卒で入社した会社があったビル。
新南口ビルと言ったか。
1 (1)


新南口から3分ほどの場所にある、ねぎし渋谷3丁目店。
1 (21)


14時位でしたが店内は盛況。カウンター席しか空いておりませんでした。
さすがねぎし。
1 (13)


ねぎしでは、牛タン以外の安い定食のメニューも扱っていますが、ねぎしに来たら牛たんでしょう。
2000年くらいのときには、ねぎしの牛タンはペラペラで「なんじゃこりゃ」と思ったものですが、今ではすっかり本格派仕様です。

1,880円の、3種盛りセットなんていうものがあります。これいいじゃないですか。
1 (12)


■牛タン三種盛りセット(1,880円)
1 (14)

定食としてはちょっとお値段がはりますが、日曜ですのでOK牧場としましょう。


国分町にある太助のご主人が「栄養つくように」と白ご飯ではなく麦ごはんにしたのだとか、そうではないのだとか。
太助の影響で、いまや牛タンには麦飯でしょ、みたいなことが当たり前になってしまいました。
1 (16)


同様に、とろろ。出汁でのばしてあります。
1 (17)


同様に、テールスープ。
なお、都内にいくつか太助を名乗る牛たん屋さんがありますが、国分町の太助とは関係はないみたいですね。
1 (15)


3種盛りでは、白たんの厚切りが2枚、白たんの薄切りが2枚、、赤たんの薄切りが2枚という構成で、表情の異なる牛タンを食べることができる大変贅沢なセットです。
1 (18)


やはり厚切りが好きですが、薄切りがあると数が多くなりますので、これもこれでいいです。
この三種盛り定食はかなりオススメであります。
1 (19)


麦飯の1杯目を牛タンで頂いて、お替わりはとろろご飯として頂くのであります。
1 (20)

昔に比べると仙台系の牛タンのお店がだいぶ増えましたが、玉石混交ゆえに多くのお店はねぎしを超えられていないような気もします。


===
【オーダー】
牛タン三種盛りセット 1,880円


ねぎし@渋谷3丁目店の過去記事です。
・2014.08.21 白たん薄切り5枚 ねぎしセット

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ねぎし 渋谷三丁目店牛タン / 渋谷駅代官山駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[定食]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 牛タン

【2回目】飲んだ後に最適だが、飲んだ後にラーメンなんて食べていいのか。

2016.09.09.23:12

真武咲弥@渋谷
ラーメン


渋谷と池尻大橋の中間で飲んだ後、料理をあまり食べなかったというそれっぽい理由を付けて、事もあろうかラーメン屋さんに吸い込まれてしまいました。
真武咲弥という道玄坂を登った途中にあるお店です。
1 (1)


前回つけ麺を頂いていたので、今日はラーメンシリーズの中から辛味噌ラーメンを頂いてみることにします。
930円とはなかなか高いですね・・・。
1 (2)


なお、辛味噌ラーメンは辛さが4段階から選べるようです。
なんとなく激辛は大変な食後感に襲われそうな予感がしまして、上から2番目の大辛でお願いしました。
1 (3)


1階のカウンター席は満席だったので2階のテーブル席に通されました。
場所がよく、さらには外観が非常に目立つので集客力があるようです。
1 (4)


辛味噌ラーメン、大辛で到着です。
1 (5)


デフォルトのラーメンを辛くしただけの辛味噌ラーメンで930円は確かに高いのでありますが、高いゆえ具もなかなかたくさん入っています。
(中心はもやしですが・・・)
1 (6)


特筆すべきはその辛さです。普通にすげえ辛いです。
中本でいうと、既に大辛で蒙古タンメンよりは辛いような気がします。
しかも痛さが全面に出てくる辛さであるため、これは激辛にしたらとんでもないことになっていたかもしれません。
1 (7)


味は全体的にまとまりがあり、無難に美味しく間違いのない味です。
めっぽう場所がよいので、奇をてらわず王道の味で勝負すればお店は賑わいそう。
1 (8)

箱が大きく夜遅くどころか明け方までやっているようですので、飲んだ後の〆に使えそうです。そういえば前回も飲んだ後でした。
ただ、飲んだ後にラーメンを食べる行為自体が最適な行動とは言い難い点が悩ましいところではあります。

もうしばらくは飲み後のラーメンは封印しようと固く決意しました。


===
【オーダー】
辛味噌ラーメン 930円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る