FC2ブログ

【2回目】2,000円でも食べたい

2019.06.14.15:13

風見@銀座
ラーメン


銀座ラーメンの名店「風見」。
15時に銀座に降り立ち、これはチャンスと行ってきました。ランチ営業は15時20分までなので。
0614 (2)


2017年10月以来の再訪ですが値上がりしていました。100円前後ですが。
0614 (1)


15時だったので列はなく作戦通り待ち無しで入店することができました。
が、その後15時10分くらいにカウンターが埋まりました。恐るべし、風見。
0614 (6)

風見は漢字難読シリーズのお店のようですが、「風見」は全然難読ではないので漢字難読シリーズと呼べないです。

・銀笹@銀座8丁目
・月と鼈@新橋
・むぎとオリーブ@銀座6丁目
・篝(かがり)@銀座4丁目(移転前)
・纏(まとい)@新橋

あたりが同系列ではないかという噂です。噂を信じちゃいけないよという歌が昔ありました。
むぎとオリーブは銀座界隈以外にもあるので「銀座界隈謎の名店シリーズ」とも括れず困りました。


ラーメン屋さんとは思えない席からの風景。
0614 (3)


水も凛々しい。
0614 (5)


卓上配備もどこか凛としたところがあります。
0614 (4)


前回酒粕濃厚を頂いたので、今回は醤油そば黒を頂きました。
もう目で見て美味しい。このラーメンが美味しくないはずがない。
0614 (9)


分厚いチャーシューが2枚。流行りの低温調理系ではないと思われますが、超絶柔らかく、そして美味しい。低温調理以外の次なる調理法でも編み出してしまったか。
分厚いので食べごたえも十分。
0614 (10)

最高のスープを吸った揚げも、自動的に最高の揚げになります。


和の装いに拍車をかけるのが三つ葉。とても綺麗です。
1,000円ということで半分ですが味玉も入っています。
0614 (12)


まずスープの芳醇さが飛び抜けています。なんなのでしょう、このスープは。
醤油ラーメンの終着点の1つに思えます。
0614 (11)


酒粕は変化球系でしたが(変化球を変化球と思わせない凄さがありますが)、黒は王道の直球。豪速球です。
味わい深い出汁と醤油のコラボでこの上ないスープに仕上がっています。いつでもいつまでも飲んでいたいスープ。
0614 (13)


黒には恐ろしいことにポルチーニのピューレと生姜の甘漬けが付いてきます。
味変としては恐ろしいほど効果があり、そしてまた違う境地に連れて行ってくれますが、最初の味からは変わってしまうので投入時が非常に難しいです。
わたしは最後の最後の方で試しました。
0614 (7)


歯ごたえと食感のよい細ストレート麺もスープに負けない仕上がりです。
大盛りはありませんが、具がたっぷりでボリューム面では問題にならないと思われます。
しかしこの美味しいラーメンは大盛りで食べたいという気持ちも正直少しあります。
0614 (14)


酒粕濃厚そばがこちら。
0614 (8)

酒粕か黒かどちらか1つ選ぶというのは至難の業に思えます。どちらの味も知ってしまうと。
次に来店したら、花びらが取りやすい花を持参したほうがいいかもしれない。


最高に幸せな気分になってお店を左に出ると、なんと篝があるではありませんか。
0614 (15)


篝、風見の隣に移転してましたか!!次は篝ですね。
0614 (16)


===
【オーダー】
醤油そば黒 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

銀座 風見ラーメン / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食材は全てデパ地下調達

2019.06.12.21:04

美しくなるビアガーデン@銀座
ビアガーデン


銀座松屋の屋上にビアガーデンがあります。
※牛丼の松屋ではありません
0612 (1)


その名も「美しくなるビアガーデン」です。本当に真に受けて訪れる人はいないと思います。
美しくなりに行くならば少なくともビアガーデンではないでしょう。
0612 (2)


エレベーターで屋上へ。小さなカフェベンチみたいな席がありますが、ここはビアガーデンエリアではありません。
トイレはこちらの方にあります。
0612 (3)


屋上ですが周りの建物がなかなか高く、抜け感がないため屋上にいる感じが全くしません。
0612 (6)


この奥がビアガーデン会場です。
0612 (4)


雨はギリギリ降っていませんでしたが、いつ降ってもおかしくない空模様であったため屋根が張ってありました。
通常は屋根はないものと思われます。ビアガーデンは星空の下の方が楽しいし美味しいですが、この日は仕方ありませんでした。
逆に雨天順延になることもありません。
0612 (7)


箱はかなり大きめで、最終的には7割位の席が埋まっていました。
50人くらいの規模の会社のパーティーでも使われていました。
0612 (15)


メニューはBBQ飲み放題で5,500円か12,000円の2択となります。
2つの差が倍以上の差があるという銀座らしい設定です。
0612 (5)


ビールはこの場所にもらいにいくスタイルです。
森のビアガーデンですと自らサーバーエリアで注がないといけないのですが、皆さんこぼしまくるのでサーバーエリアが養老乃瀧(昔の養老乃瀧。20年以上行ってないので今はわかりません)みたいな匂いになります。
0612 (11)


お店の方が綺麗にビールを注いでくれるのがよい。
ジョッキに銘柄の記載はありませんが、アサヒスーパードライだそうです。
松屋自体でいろんなビールを扱っているので、銘柄がわからないように他社に配慮したのかもしれません。
0612 (12)


5,500円のご飯たち。
0612 (8)


サラダは何のカリスマかわかりませんが、ドレッシングがカリスマ氏による慣習だそうです。
思いっきり女性を意識しているのか、チーズフォンデュっぽいメニューもあります。
0612 (10)


肉はさほど多くはありません。
お店の方によると、全食材が松屋に入っているお店から調達しているそうです。
0612 (9)


味はまずまず。問題ありません。
デパ地下調達ということで、普通の百貨店の屋上ビアガーデンのような「海の家くらい」というクオリティとは段違いです。十分問題ありません。
0612 (13)


肉不足は米で補います。パエリアを自作します。
0612 (14)

銀座のど真ん中で、広々した空間で飲み放題付きで5,500円というのは十分ありではないかと思いました。


===
【オーダー】
スタンダードBBQ 5,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

美しくなるビアガーデンビアガーデン / 銀座一丁目駅銀座駅東銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

もう1つの土曜日ならぬ、もう1つのひょっとこ

2019.05.22.16:31

ひょっとこ@銀座
ラーメン


京橋で打ち合わせが終わって16時過ぎ。銀座方面まで歩いてラーメンを食べて帰ることにしました。
早い夕飯ではなく遅い昼食です。

有楽町会館にあるひょっとこの2号店ができたと知り、行ってみることにしました。
新橋方面に歩きます。
0522 (1)


有楽町のひょっとこは、昭和風情あふれる感じなのに対し、最近オープンしたということもありますが、ひょっとことは思えないほど洗練された外観。
0522 (2)


古い建物である有楽町会館の地下で、おじいちゃんとおばあちゃんが切り盛りしていたひょっとのこ面影はありません。
資本系がやってきたのかな?
0522 (16)


券売機も最新鋭。外国からの観光客も困らないビジュアル入りです。
何かお金が動いた香りがします。
ただ、和風柳麺は670円とおよそ銀座とは思えぬ価格で、その点からはお金が動いた香りがしないです。
0522 (3)


店内はゆるくカーブしたカウンター6席。
店員さんは女性2名、男性1名の3名体制でした。カウンター6席ということを考えると店員さんは多めです。
そして店員さんは皆様お若く、おおよそ有楽町会館のひょっとことは外観も運営体制もまるで異なります。
0522 (15)

店内にはアップテンポな英語の歌が流れていますし。


内観も厨房もとても綺麗で、昭和風情は一切ありません。
ハイエンドなひょっとこ。でもお値段はお安いままという感じ。ナイスハイブリットが成立しています。
0522 (4)


卓上配備は一味や胡椒、酢など。
券売機に「おつまみ」のタブもあったので餃子とかもあるのかもしれない。進化版ひょっとこ。
0522 (5)


水が入ったジャグもなんだかいい感じ。元祖ひょっとこ感はメニュー以外からは感じられません。
0522 (6)


和風柚子柳麺にしました。730円です。
柚子の有り無しで60円も価格が変わるのですが、柚子の皮の有無で随分と値段が変わるなーと思ったのですが、有楽町会館のお店もそんな感じでした。そういえば。
0522 (9)


これを書いていて気づいたのですが、これ柚子柳麺じゃないですね。実山椒柳麺になってしまっています。
店員さんどうやら間違えたようです。あるいはほぼないと思いますが私が券売機のボタンを押し間違えたか。もしくは券売機がバグっていたか。
0522 (11)

叉焼は基本柔らかいですが、少々キシキシします。


叉焼以外だと具はメンマ、三つ葉、葱、玉子。
730円のラーメンとしては異例なほどいろいろ入っています。銀座でこれで730円はすごい。ノーマルならば670円ですし。
0522 (12)


見た目は有楽町会館とそっくりでしたが、香りが違うような、、、とは言え前に有楽町会館で食べたのは9年前なので、実際は全然覚えていません。すごく美味しかったという印象しかありません。
ただこのラーメンの香りは、なんかちょっと科学っぽい香りがするというか、美味しいラーメンっぽくない気がします。
0522 (10)


科学かどうかわかりませんが、あまりスープに深みがなく、優しいスープと言うよりは、若干表面的なスープのような印象です。
大量生産の味がどことなくします。
0522 (13)


スープよりも麺が気になりました。麺があまり美味しくありませんでした。
ゴムっぽい食感で、歯ごたえはあるものの麺自体の味が好みとは違いました。
0522 (14)

9年前の有楽町会館のひょっとこと違うのか同じなのか、もう確かめる術はありませんが、せめて有楽町会館のひょっとこにまた行ってみようかなと思いました。


===
【オーダー】
和風柚子柳麺 730円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

麺屋ひょっとこ 銀座店ラーメン / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

銀座の超高級焼肉コバウの8階特別室に潜入

2019.04.23.22:39

コバウ@銀座
焼肉


銀座6丁目のラペビルというビルに入っているコバウという焼肉屋さんに行きました。
看板によるとコバウは5階ですが、今回は8階の席を予約しました。8階は看板がなくお店のロゴが小さく入っているのみ。
ぱっと見は何も入っていないように見えます。
0423 (1)


エレベーター前の看板もやはり同様。
しかし事前にお店の方から「8階の特別室に直接上がってきてください」と言われていました。
0423 (2)


8階特別室、掘りごたつの和個室。
テーブル席の個室は喫煙可、和個室のこちらは禁煙ということでした。
0423 (3)

和服の女性の方が2名で配膳担当してくださり、またトイレから戻るたびに男性の方が襖を開けてくれるという。


コバウでは8,500円~でコース料理が用意されていますが、8階特別室を利用するには1.8万円 OR 2.5万円のこちらの2つのコースを予約する必要があります。
0423 (5)

接待(仕向)ということもあり、2.5万円のコースにしてみました。

なお、2.5万円のコースということにも少々驚きますが、生ビールもやはり1,500円だったり。
0423 (8)

他にも例えば単品メニューならば、タン塩は8,800円ですし、ロースにいたっては12,000円だったり。
ハイパーインフレでも起こったのかな?と思わざるを得ない景色でした。

その他のメニューは一番下に掲載しました。


生ビールはアサヒスーパードライでしたが、それはそれは最高の泡加減、温度加減、グラスの綺麗さ。
何をとっても一流のスーパードライでした。
0423 (11)


この日の献立。全て簡単ですが紹介します。
0423 (4)


■テールスープの茶碗蒸し
0423 (13)

8時間煮込んで煮出したテールスープだそうです。何たる旨さか。1品目としてのインパクトがすごい。
テールスープ×茶碗蒸しなんて想像もしたことがなかったが、混ざるとこんな味になるのか。

ありそうでなかった衝撃の茶碗蒸しでした。


■前菜
0423 (14)

牛蒡、スナップエンドウ、菜の花。
辛いものもあれば辛くないものも。口休め用。


■サラダ
0423 (15)

簡単に言うと胡麻油味です。準備運動はここまで。


■ユッケ
0423 (16)

岩手産ザブトンを使ったユッケです。
恐ろしいほど旨味と甘味が広がるユッケでした。ユッケを食べにくくなって久しい中で、こんなユッケがまだ食べられるお店があるとは。


■牛タンの角煮
0423 (17)

牛タンの角煮なんて初めて出会いました。
フワフワの仕上がりです。牛タンがフワフワになるなんて。


■ミノしゃぶ
0423 (21)

河豚の刺身のように、皿の絵柄が透けて見えます。手切りしたミノだそうです。
なんともまあ。。。

水と昆布と柚子の皮を入れ、
0423 (18)


白濁スープを投入。ここでしゃぶしゃぶして食べます。
0423 (20)


味付けは紅葉おろしポン酢で。
0423 (23)


シャキシャキの歯ごたえがすごい。ミノとはかくなるものでしたか。
初めて出会う料理ばかりで新鮮な気持ちになります。
0423 (22)


■牛タン4種
0423 (24)

ここから焼肉タイムとなります。待ってました。
やはりオープニングを飾るのは牛タンでした。

しかも違う部位を4種類。
0423 (25)


1つずつお店の方が焼いて取り分けてくれます。
こちらでは箸を動かす手と、モグモグする口の動作以外不要になっています。
0423 (26)


タン先はしっかりした味で歯ごたえよし。タンゲタは脂が多く、タン元は最もバランスがよかったり。
一口で牛タンといっても、いろいろな世界があるのだなと改めて思った夜でした。
図1

いまはもうありませんが(正確には移転して値段が数倍になり食べられなくなってしまいましたが、です)、七輪@三ノ輪の幻の牛タンを思い出しました。


■ハラミ
0423 (31)

1分休んでから食べてくださいと言われます。予熱で火を通すのでしょう。
噛みごたえがあり、味が濃いです。そして何より驚くのはカルビ級の脂があることです。しかし脂は全くしつこくなく、10枚は食べたいハラミでした。


■赤身
2_20190720174213a38.jpg

クリという肉だそうです。場所の名前なのか、あるいは違う話なのか。
噛めば噛むほど味がする、スルメのようではありませんが素晴らしい肉でした。肉では一番美味しかったかも。


続いて温泉玉子と白トリュフが出てまいりまして、、、
0423 (33)


■ザブトン
0423 (34)

ザブトンをすき焼き風にして頂くわけです。
ザブトンが美味しいお肉であることは言うまでもなく、そこへ温泉玉子と白トリュフで旨味の相乗効果が生まれます。
これは戦闘力が高すぎる。


ここでちょっと休憩。嵐の前の静けさに過ぎません。
0423 (36)


■シャトーブリアン
0423 (38)

ワイン塩で頂きます。分厚く、味が濃く、そして脂が非常に優しいです。
ヒレの中のヒレ、さすがシャトーブリアン。
0423 (39)


生玉子が人数分配備されます。
これはもう、、、あの御方の登場でしょう。
0423 (42)


■すき焼き
0423 (40)

このただ事ではないすき焼きは何でしょうか。
肉はすき焼きらしく肩ロースになります。
0423 (41)


もちろん全自動。何もすることはありません。
自宅級に何もしなくても全て事が進んでいきます。
0423 (43)


すき焼き定食・極みの完成です。
なお、この時点で相当お腹いっぱいではあります。
0423 (44)


しかしすき焼きのあまりの美味しさに、なぜか食べることができるから不思議です。おいしい食事には別腹効果があるようです。
0423 (45)


すき焼き時にご飯を食べつつ、まだ〆が別途あるから驚きます。

冷やし担々麺と、
0423 (46)


冷麺が選べました。
0423 (47)


抹茶とデザートでフィニッシュ。
0423 (48)

焼肉なのに17時10分から20時10分、5時間を要してコース終了となりました。
すごく飲むメンバー4人で行ったこともあり1人4.2万円ほどになり、会計時危うく目玉を地面に落とすところでした(メガネはもちろん割れました)。

玉手箱がない竜宮城のようなお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人42,000円



■食事メニュー
0423 (6)

■食事メニュー②/ドリンク
0423 (7)

■カクテル他
0423 (9)

■赤ワイン
0423 (10)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

焼肉 銀座コバウ焼肉 / 銀座駅東銀座駅日比谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

【2回目】さようなら、カイバル@銀座

2019.03.16.20:52

Khyber@銀座
インド料理


きっかけは忘れましたが、銀座インド料理の名店カイバルが2019年3月末をもって閉店してしまうと知りました。
カイバルは8年前に1度訪問したことがあります。懐かしいを通り越すレベルですが。
カイバル


もうカイバルには行けなくなってしまうので、閉店前の3月某日行ってきました。
0316 (1)


系列店ではダバインディアグルガオンが健在です。
ダバ出身者のお店では、カマルプール@木場カッチャルバッチャル@新大塚があります。
新宿西口にもさらに出身者がお店をオープンしたのだとか。
0316 (2)


ラストカイバル、いざ入店。
0316 (3)


18時の到着でしたが、お客さんは2組ほどいました。
閉店前の大行列とかになっていなくてよかった。広々としており気持ち良い空間です。
0316 (4)


料理は1,000円前後、カレーは1,400円前後と安くはありませんが、高いと思う設定でもありません。
飲んでも1人4,000~5,000円くらいで済むくらいではないでしょうか。
0316 (5)

もう食べることはできませんが、その他のメニューは一番下に掲載しました。

インドビール飲み比べとメニューに書いてあったので、3種類全部飲んでみました。


■タージマハルビール(730円)
0316 (9)

タージマハルは一番味が濃かったです。


■マハラジャビール(730円)
0316 (11)

マハラジャはスッキリクリアな味わい。


■ゴッドファーザービール(760円)
0316 (21)

ゴッドファーザーはマハラジャよりも更にスッキリ飲みやすいビールでした。
インドに行った際には、ほとんどがキングフィッシャービールでしたが、キングフィッシャーは置いておりませんでした。


■マサラパパド(350円)
0316 (10)

まず茄子が美味しい。素晴らしき冷菜です。
トマト中心ですが酸味がなく、甘みと旨味に溢れた前菜です。玉ねぎのシャキシャキも素敵です。


■チーズクルチャ(780円)
0316 (12)

絶対に外せないのがチーズクルチャ。2人でも「フル」を頼むべきです。

外側がカリカリに仕上がっており、中にはすごくたくさんのチーズが詰まっています。
過去最高にチーズの量が多い気がするのは気のせいか。
0316 (13)

釜の香りもすごくよくて生地自体も美味しい。ふわふわでしっとりと甘い生地。
ラクレットより遥においしい気がします。世界最高のチーズ料理はチーズクルチャではないか。
0316 (14)

お替りの衝動を抑えるのが大変でした。


■伝統のタンドリーチキン(1,430円)
0316 (15)

焼き加減が完璧で柔らかジューシーが体現されています。味の定まりも完璧。インドで食べたどのタンドリーチキンよりも美味しい。
結構辛さもあり刺激的。


カレー2品とナンが運ばれてきました。
0316 (16)


■ナン(380円)
0316 (19)

日本で食べるナンはインドで食べるどんなナンよりも美味しい。
モチモチとした生地。バター感ある甘い味わい。
インドのナンはもうちょっとパサパサしています。


■伝統のバターチキン(1,490円)
0316 (17)

トマトとバターの芳醇な味わいで、生姜は爽やかさを運んできます。
安心安定のクオリティ。ヨーグルトがたくさん入っているような風味もあります。
「伝統の」はやはり間違いがありません。


■ラムコリアンダーマサラ(1,490円)
0316 (18)

iPhoneで画像加工したらちょっとやり過ぎ。実際の色と違います。
本当はこんな色。
0316 (20)

パクチーがスパイスの合間を縫って駆け抜けます。
そしてラムは見事に柔らかい。パンチもありつつパクチーの存在で非常にクセになるカレー。
結構大蒜も効いていました。

さようなら、カイバル。チーズクルチャが食べたくなったら系列店か元お弟子さんのお店に行ってみます。
空いた物件にはどんなお店が入るのか。


===
【オーダー】
上記の通り 4,000円くらい


■パーティーメニュー
0316 (6)

■ドリンクメニュー
0316 (7)

■ワインメニュー
0316 (8)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

カイバルインド料理 / 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る