【2回目】4ヶ月待ち→7ヶ月待ち→10ヶ月待ち

2017.09.22.22:45

敦煌@曙橋
中華

曙橋中華の雄、敦煌を再訪しました。

まあとにかく予約が取れないお店でして、初めて電話したときに4ヶ月後に訪問できました。
電話から4ヶ月に訪れた初訪問のお会計時に次の予約をしたのですが、最短で7ヶ月後の9月ということで、、、その9月がやってまいりました。
1 (2)

いやー、長かったーーー。なが。。。長かったか。
実はそうでもなく、ここまで待つと実際には「待っている」という感覚は一切なくなり、むしろ「おお、なんだ来週じゃないか!」という感じになります。
小さな小さなタイムカプセルみたいな楽しみとなります。


お任せコースが5,500円に値上げされたようです。
そもそも値段が書いてなかったので、「へー。値上げしたんだー。そもそもは幾らだったんだろう。最初からそのくらいの値段だと思った」というのが感想でした。
1 (5)

なお、たぶんお任せコース一択なので席に座ってすることは飲み物を何にするか考えることくらいです。
ただ飲み物のメニューもないので、内容は女将さんに口頭で伺う必要があります。

お店の細かい内容をお知りになりたい方は、前回の記事をご覧ください。

今回頂いたものを簡単に紹介します。
前回は2月で今回は9月なので季節的に異なるメニューもありますし、前回と同じメニューもありました。


■八角と山椒の枝豆
1 (4)

なんと爽やかな枝豆でありましょうか。普段食べる枝豆と全然違う。
敦煌では普通のものも全く普通のものとは違った味、風味で提供されるのが本当に面白い。


■茄子
1 (6)

料理名が「茄子」であるわけではないのですが、「茄子です」と言われて受け取ったので、そういうことになります。
胡麻とチーズ。。。チーズ?胡麻は間違いないけど、チーズはどうだろうと思って伺ってみたところ、粉乳でありました。

このあたりが敦煌ワールドです。


■タン・ハツ・セロリ
1 (7)

ピリ辛風味。セロリが生きる旨さ。これは前回も頂きました。
1皿1皿の丁寧な料理が敦煌の真骨頂です。


■海老の春巻き
1 (8)

春巻きも2回目の対面です。
海老の弾力がすごい春巻き。海老オンリーの春巻きです。
ふっくらプリプリの海老が印象的な、ぱっと見は普通だけど味は超越したものがある敦煌ならではの春巻き。


■トマトと玉子
1 (9)

エビチリではありません。トマトと玉子です。
トマトがとにかくフレッシュでたぶんホールトマトではありません。こちらは初見のお料理です。


■水餃子
1 (10)

前回もいただいた水餃子。この水餃子を食べているとなぜかお客様から仕事の電話が来るという不思議な餃子です。
たぶんわたしだけだと思いますが。


■牛すじと冬瓜
1 (11)

冬瓜から優しい出汁がじゅわっと染み出す至極の一品。これは初見。
牛すじも完璧に柔らかく煮込まれていて、完璧な仕上がり。これは中華料理なのだろうか。
薄味が癖になる優しい料理でした。



■ジャージャー麺
1 (12)

肉味噌の味も言うまでもなく最高なのですが、驚くべきは胡瓜の固いところを全部とってあるのであります。こういった丁寧な細かい仕事の積み重ねなのだなと大変勉強に、そして参考になります。

そして麺がうまい。麺もまさか自家製麺なのだろうか。。。まさかと思いつつも、敦煌ならばやりかねないという思いもいあります。
すべての麺料理で「麺が旨いと言ってみたい」と偉人が言っていたとか。
1 (13)


デザートの前のお茶。ジャスミン茶です。
入れ物がかわいいであります。
1 (14)

■ベトナム風プリン
1 (15)

黒いソースはカラメルではなくコーヒーなのです。そしてコーヒーの濃さがまさにベトナム。
それゆえに「ベトナム風プリン」ですか。。。アイデアがすごい。恐れ入ります。

プリンは固くて美味いです。この上ない手作りプリンに甘いものが好きではないのに「誰にもあげたくない」と思ってしまいます。

もう1つのデザートはこちらですが、内容は失念してしまいました。
敦煌は4つか5つくらいからデザートが選べますので、これもまた楽しからずや。最後の最後のお楽しみになります。メニューがない楽しみっていいですね。
1 (1)

会計後、次の予約をしたのですが、4ヶ月待ち、7ヶ月待ちの次は、、、10ヶ月待ちでした。
次は年を超えてしまうんだな、、、と思うと少々寂しくなりました。

来店した人のほとんどが次回の予約を入れるため、この「次回の訪問がどんどん遠くなる」という現象はしばらく止まりそうにありません。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

敦煌中華料理 / 曙橋駅四谷三丁目駅若松河田駅

夜総合点★★★★ 4.0



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

最高峰の繊細系担々麺「麺屋ちとせ」@若松河田

2017.09.02.13:39

麺屋ちとせ@若松河田
ラーメン


会社のある新宿三丁目から歩いて、新宿4~5丁目方面を目指します。
1 (3)


「たぶん」は付くものの、東京で一番美味しいカレーつけ麺を提供するというお店に行ったのですが、、、
1 (5)


まさかの休業。HPには日曜休業と書いてあるのですが、インフルエンザにでもなったのかしら。
「徳川膳武」というお店です。
1 (4)


やっていないものは仕方ないので、ラーメンリカバリーショットを放ちます。
徒歩6分の場所に2年前に訪問してたいそう美味しかった「ちとせ」があるとわかり向かいました。

はい、大行列。なんと。
1 (6)

11時40分の到着で店内3名、外10名の行列が出来ていました。
2年前のオープン直後は並びは出来ておりませんでしたが、お店を後にする際「これだけ美味しければ行列店になってしまうな・・・」と思ったら珍しく的中してしまったようです。

ワンオペだったから、13名待ちだと相当待つだろうな・・・と思っていたら、女性店員さんがいらっしゃるではありませんか。
しかも最高にお美しくていらっしゃいます。
これはご夫婦・・・と思ったところで麦苗事件を思い出し、夫婦かどうかはわからないと思い直しました。
(しかも麦苗は店主は女性の方という衝撃的な事実もあとで誰かから聞きました)


メニュー的にはつけ麺がなくなったようです。
そして塩ラーメンが増えています。
1 (8)


冷房MAXでも店内は暑いらしい。
でも今日は28度くらいだから大丈夫。
1 (7)


20分であと一歩でお店に入れるところまでたどり着きました。
ラーメン猛者っぽい並び人が多かったためか、回転はかなりよいです。
1 (9)


券売機で食券購入。
なんと限定で「担々麺」まであるではありませんか。
1 (11)

もう1度醤油を食べたい。しかし塩も気になる。ところがどっこい担々麺まである。。。
悩みに悩み抜いて、会社から徒歩14分で来れることがわかったので担々麺を食べてみることにしました。


醤油、塩の説明書きはこちらです。
1 (12)


2016年、2017年ともに食べログの何かをとられたようです。
完全に有名店になってしまったようですが、歩いて来ることが出来るので、訪問頻度をあげよう。
1 (13)


店内はカウンター席と、前回はなかった4人まで座れそうなテーブル席が1つ。
それから前回はなかった巨大な冷蔵庫が後ろにあり、麺を打つ場所は仕切りで隠されていました。
1 (10)

奥、、、ホール担当のスタッフの方が増えたため、席数がちょっとパワーアップしました。
なお、カウンター席は1席1席のスペースが非常にゆったりしていて最高です。ラーメンに集中できるカウンターであります。


並び始めてから25分、席につくことが出来ました。13人待ちで25分は相当早いです。
なお、箸箱はカウンター1人1つ完備されています。手刀による「すみません」をすることなく箸を手にすることができます。
1 (14)


カウンターから厨房が見えるのですが、大変整理整頓が行き届いています。
仕事が丁寧な方は、まずその環境からして違います。
ご主人が手術用手袋みたいなものをして調理されているのも印象的です。
1 (15)


担々麺、味玉付、麺大盛り、1,050円也の登場。
もはや専門店級のビジュアルをしています。
1 (21)


とろっとした仕上がりのスープは、その下に芳醇な出汁スープが広がっており、全体を混ぜることでスープが完成する仕掛けとなっています。
1 (23)


具は緑担当の青葱と、肉餡、肉庵と同じくらいの直径のナッツが散らされて、山椒で化粧されています。
1 (24)


なんとも上品で完成度の高い、非の打ち所のない見た目の担々麺でありましょうか。
1 (26)


味玉はきちんと丁寧に温められており、「つめたっ」となることは当然ありません。
いちいち全てに仕事が行き届いており、そして魂を感じます。料理人ではありませんが勉強になります。
1 (28)


スープは少しだけ辛く、少しだけ山椒が効いていて、どことなくアジアの風が吹きつつも、芳醇な出汁でまとめられており、旨すぎであります。
言い知れぬ病みつき感は少なめかもしれませんが、繊細な味の担々麺の中では最高クラスと思われます。
1 (27)


全粒粉入の自家製麺がこれまた旨く、「大抵の店で麺が美味いと言ってみたい」という食べログ界の重鎮のセリフを思い出しました。
ツルツルとしていて、喉越しがよい清涼感のある美味しい麺です。
大盛りにするとかなりの量になりまして、普通盛りの倍くらいになるんじゃなかろうか。
1 (1)


醤油、塩と並んで、悩みに悩んでよいレベルの担々麺に秀樹は感激しました。
室伏選手が本職ではなくやり投げで出場して優勝してしまった話を思い出しました。
1 (22)


こちらは白土のチャーシュー麺。
チャーシューは八角の風味がするのだとか。2年前と違い、チャーシューは低音系に変わったようです。
1 (18)


澄んだ醤油スープは、思わず飛び込みたくなる仕上がりです。
1 (20)


醤油もやはり間違いのない最高峰のラーメンです。
2つ食べられる体力があったなら、、、と思わずにはおれません。
1 (19)


公右平氏は塩ラーメン。
あまりに繊細で、あまりに上品で、あまりに美味しい塩ラーメンだったそうな。
1 (16)


次は必ず塩ラーメンを食べようと思います。
ご主人、奥。。。女性スタッフの方の丁寧な接客ぶりにヒデキは感激しましたし、仮に奥さんでなかったとしてあの接客ができるのはもはや天才としか言えないように思います。
1 (17)

行列は、どこまでも伸びることでしょう。
夜営業しておりませんので、訪問の際はご注意ください。


===
【オーダー】
担々麺 850円
味玉 100円
麺大盛り 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(9)  :★★★★★★★★★☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

麺庵 ちとせラーメン / 若松河田駅曙橋駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る