FC2ブログ

煮込みは確かにすごい。料理は洋よりも和がオススメ

2020.02.15.20:49

山利喜@森下
居酒屋

東京三大煮込みの1つということになっている、森下の山利喜というお店にナムさん夫婦と行ってきました。
煮込みに熱いものを抱えていないため、あと2つがどこの何なのかはよくわかっていません。
0215-2 (1)

予約はできないためオープン20分前の16時40分に行ったところ2名待ち。


20分も並ぶのだるいなーと思ったので付近を散策することにしました。
0215-2 (2)


のらくろになったりしながら20分を過ごしました。
小学校の頃、のらくろの筆箱持ってたの思い出しました。「筆箱(ふでばこ)」の響きが既に古すぎる。
0215-2 (3)


開店5分前の16時55分、お店に戻ってみると何と20人の行列ができているではありませんか!
0215-2 (4)


いそいで最後尾につけました。危ない危ない。
0215-2 (5)


16時58分、若い衆が大きな暖簾をセットしに出てきました。
0215-2 (6)


オープン時間より2分早く入場が始まりました。
0215-2 (8)


最終的には30人くらいの並びになりましたが、並んでいた人は1ターン目で全員収納されました。居酒屋なので、1ターン目に入れないとかなり悲惨です。
0215-2 (9)


リニュアルしたようで店内はなかなか綺麗です。煮込みのお店ならば、なんとなくすごく雑多な空間で食べたいなと思わないでもありませんでしたが。
0215-2 (12)


ただ、席同士の間隔はとても狭く、長時間寛ぐにはちょっと厳しいかもしれません。
0215-2 (10)


狭いことはお店側も認識されているようで、こういった戸棚に荷物を入れることができます。
0215-2 (11)


狭いながら救われた点としましては、1月から禁煙になったことです。
健康増進法を先どったのかもしれません。
これだけ狭いところで喫煙可だと、タバコを吸わない人にはなかなかの空間になります。その点は大変助かりました。
0215-2 (36)


代表メニューはこちら。600円前後がボリュームゾーンとなります。
古き良き居酒屋スタイルのメニューが中心ですが、洋風のメニューもいくつかあります。
0215-2 (15)

ドリンクやその他のメニューは一番下に掲載しました。
洋風メニューもあるため、こういったお店であるもののワインもあります。


お通しは大根。
0215-2 (13)

■瓶ビール(620円)
0215-2 (19)

瓶ビールはキリンとサッポロの2種があり、どちらもラガー、どちらも大瓶。大瓶とはさすがです。
キリンとサッポロのラガーが並んだ場合、多くの人はサッポロの赤星を選択するのではないか。

ちなみに生ビールはキリン、白穂香、ギネスがあります。


早速煮込みが到着しました。
0215-2 (20)

そもそも煮込みなので鍋から出すだけでしょうし、頼まないテーブルはないでしょうから大量に仕込んであるのでしょう。電光石火で登場しました。

■煮込み玉子入り(650円)
0215-2 (21)

これは確かに旨い。第一声は「なにこれ」でした。
モツの脂が結構残っておりパンチがある。そしてこの見た目にして味は濃すぎないどころか薄味です。
モツ煮ですが汁っぽさがまったくなく、味から何から煮込みの概念が変わる一品でした。

玉子は究極あってもなくてもいいかなとは思います。
0215-2 (23)


■煮込み(600円)
0215-2 (22)

玉子なしバージョン。4人で来ているテーブルが、1人1つずつ頼んでいる意味はわかりました。
味わい深いのにさっぱりしていて、1人1皿食べるなんて造作もありません。美味しすぎて。


■ガーリックトースト(300円)
0215-2 (27)

煮込みのお供にはガーリックトーストというのが定番らしい。ふわふわで美味しい。
単価アップ作戦としても功を奏しています。長く続くお店はやっぱり上手です。


さて続いてやってきたこちらはというと、、、
0215-2 (24)

■自家製親子厚焼玉子(600円)
0215-2 (25)

とても甘いです。また出汁の味もあります。
なぜ「親子」というタイトルが付いているのか。鶏の出汁を使っているのかな?


■やきとん(1人前2本で各300円)
0215-2 (26)

2人前からの注文ですが、やきとんは単価でいうと1本150円。
ハラミ、レバー、たん、かしらを食べました。全部塩にしました。
0215-2 (29)

全て塩が弱めでよかった。
豚タンは歯ごたえがすごく、レバーは思いっきりレバー。苦手な方は大変かも。
かしらは脂がすごく、ハラミはぎっしりとお肉という感じ。


■ボトルワイン(5,200円)
0215-2 (31)

5,200円のボトルワインを頼みましたが、ワインとしては非常に普通で値段を考えるとコストパフォーマンスに難があるかもしれません。
一番安価な3,200円のボトルにすべきだった可能性が高いです。


■豚肉と鶏レバーのテリーヌ(900円)
0215-2 (32)

ワインを頼んだのでテリーヌを頼んでみましたが、美味しくないわけではありませんがデパ地下くらいの雰囲気でした。
出来合いっぽい味に感じました。


■コンテ(600円)
0215-2 (33)

ワインに合わせてコンテチーズも頂きましたが、これもやっぱりハマりませんでした。
昔はなかったメニューでしょうから、やっぱり古き良きメニューの方がよさそうです。

そもそも煮込みが少し赤味噌みたいな方向性で赤ワインに合います。
なのでさらにもう1回煮込みをオーダーしました。
0215-2 (34)

煮込みは本当に美味しかった。唯一無二の煮込みだなと思いました。
ワインが少々高かったので、1人4,000円を超えましたが、大瓶ビールと煮込みとやきとん数本をさっと楽しむのが一番よい使い方かもしれない。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,100円

■ドリンクメニュー
0215-2 (14)

■ワインメニュー
0215-2 (18)

■やきとん①
0215-2 (16)

■やきとん②
0215-2 (17)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

山利喜 本館居酒屋 / 森下駅清澄白河駅菊川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

ワンオペ&フィックスコーススタイルの小さなイタリアン

2020.02.12.22:00

il tram@清澄白河
イタリアン

清澄白河のイタリアン「il tram」に行きました。tramはトリム。イタリアの路面電車トリムと思われます。
0212 (1)


席は4人がけテーブルが2つ、カウンター席が4つ。席数全部で12ととても小さなお店です。
店主がワンオペで運営しているため、そういう意味では小さいとは言えないかもしれません。
0212 (2)


こじんまりとして薄暗い店内。雰囲気はとてもいい感じです。
この日はカウンター2名、テーブル席2名、我々が4名というお客さん構成でした。
0212 (6)


メニューはコース一択で、内容も全て決まっています。
金額は5,000円。スープ、アミューズ、前菜2つ、パスタ2つ、メインで5,000円はすごい
0212 (4)

コース5,000円以外にはパンが自動的に提供されコペルト500円が必要です。
0212 (9)

ドリンクメニュー。ビールが7種類もある。
0212 (3)

ワインリストはなく、ボトルを何本か持ってきてくださり、1つ1つ説明してもらい好きなものを頂くスタイルになります。
「グラスワイン」とメニューにあるより、ずっと楽しいスタイルです。
0212 (5)

例えば乾杯からワインの人がいた場合には、こちらの白ワインを提案頂きました。
0212 (7)


■モレッティ(850円)
0212 (8)

乾杯はイタリアビールの代表格、モレッティで。


■お米と蕪のスープ
0212 (10)

オープニングはスープ。器的に冷製かと思ったら温かいスープでした。
上に乗っているお煎餅みたいなものはパルミジャーノ・レッジャーノチーズ。散らしてある緑は蕪の葉っぱの感想パウダーだそうです。

口に含むと蕪の味わいが広がり、またお米も入っているのでねっとりした食感もあり面白い。
チーズでコクがプラスされ、また全体的に塩気がすごく控えめでよかったです。
0212 (11)


■軽めの前菜 ブラータチーズ
0212 (12)

軽めの前菜として登場したのはブラータチーズ。軽くシチリアの塩が振ってあります。また上に散らしてあるのはピスタチオでこちらもシチリア産。
チーズは常温で、旨味が広がるなんてものではない。これはただならぬブラータチーズです。
0212 (13)

サイズも結構大きく、軽めの前菜としては衝撃のボリュームです。

ここでワインに切り替えました。
0212 (14)

新潟県産の白ワインにしました。
0212 (15)


■蒸した真鯛 6種のハーブを添えて
0212 (16)

イタリアンではあまり出会わない蒸し物。このスタイルでアクアパッツァは食べたことがあります。

ソースの役割としてひよこ豆とニョッキが鎮座しています。ハーブはお好みでということでした。

まずニョッキが美味しい。カリカリとした部分とウニョっとした部分があります。
真鯛はふっくら炊き上げられ、ひよこ豆のソースが大変美味しいです。
和食のような表情ですが、ハーブを入れるとエスニックな料理に様変わりします。
0212 (17)

次なるワインを。
0212 (18)


■チコリのグリル ゴルゴンゾーラチーズと黒トリュフのオイル添え
0212 (19)

チコリを1時間グリルしたそうです。チコリはキク科の植物で欧州ではよく食べられています。

これがまた美味しくて。。。野菜とは思えぬ美味しさです。甘く濃厚な味わい。
黒トリュフのオイルが大変秀逸な仕事をしています。ブルーチーズがものすごいコクを放ってますし。
0212 (20)


■鱈入りラビオリ グリンピースと檸檬のソース
0212 (21)

タラが中に詰めてあるラビオリです。バラカという馬蹄型を意味するチーズも使われているそうです。
グリンピースと檸檬のソースは青々しい味わい。なんて綺麗なグリーンでしょうか。
0212 (22)


軽やかな赤ワイン、シラーを。
0212 (23)


■マッシュルームソースのリングイネ
0212 (24)

2品目のパスタ料理。リングイネをマッシュルームのソースで和えたものですが、それはそれはマッシュルームが炸裂しております。
ただマッシュルームを食べる以上にマッシュルーム。もうマッシュルームまみれのパスタ。
そして抜群に美味しい。
0212 (25)


■仔羊のロースト
0212 (26)

低温調理されたと分かる赤々しい仕上がり。
敷いてある赤いものはトマトピューレです。

香草が混ぜてあるピューレと柔らか仕上げの仔羊がマリアージュしていた。
0212 (27)

赤ワインで頂きました。
0212 (28)

どの料理もとても丁寧に作られており、魂を感じました。
このコースが5,000円というのは破格を通り越して申し訳ない気分になるレベルです。

季節が変わったら是非また再訪したい素敵なお店でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人9,800円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

il tramイタリアン / 清澄白河駅菊川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

丼とのセットメニューが真骨頂の可能性あり「尾張屋」@清澄白河

2018.01.06.15:05

尾張屋@清澄白河
蕎麦


おでんの種を買いに清澄白河に行った際に、お蕎麦屋さんに立ち寄りました。
尾張屋というお蕎麦屋さん。
1 (1)


店内には蕎麦出汁のよいい香りが充満しています。とてもよいお蕎麦屋さんの部類に入る香りに思えます。
1 (2)

落ち着いた雰囲気で、とても綺麗。完全禁煙なのも有り難い。
町のお蕎麦屋さんは煙草を吸えるお店が多いのはなぜか。


「かけ」が570円。庶民的な設定です。
ただ問題はベンチマークメニューの、そして好物メニューの玉子とじ蕎麦が載っていない点です。
町のお蕎麦屋さんで玉子とじ蕎麦がメニューにないのはかなり珍しいというか初めてかもしれない。超本格派のお店だとない場合もありますが。
1 (3)

しかし店員さんに聞いたところ「書いてないけどある」とのこと。
そんなことあるんかいな。


■大玉子とじ蕎麦(830円)
1 (7)

というわけで、大盛りの玉子とじ蕎麦です。
大盛りが160円増しとちょっと高いです。そしてつまりは玉子とじ蕎麦は並盛りだと670円ということになります。かけの100円増しです。


玉子の量がとても少ない。玉子2つ使うお店が多いですが、まさか1つしか使わないとか?あるいは極小2つとか。
玉子とじ蕎麦の玉子としては少々物足りないものがあります。
量が少なすぎるためか、完熟状態であるのも少し寂しいです。少しばかりでもとろっとした部分がある方が好きです。
1 (8)


玉子とじ蕎麦に水菜というのも珍しい。
水菜は価格変動に強く常に安いため、お店にとっては有り難い存在といえそうです。
1 (9)

汁はカツオ強めの優しい感じで醤油も控えめです。濃い味ではないため飽きがこない。
パンチは弱めですが、毎日食べるならこういう汁がよさそう。


大盛りで量はまずまずでした。
細めでしっかりとした蕎麦で時間が経過しても劣化しにくいのも良かったです。
1 (10)


会社の近くにあったら時々通ってしまいそうです。
1 (6)


■月見そば玉子トッピング(770円)
1 (11)

こちらは隊長の月見そばに玉子の栄養を追加したもの。


隣の人が蕎麦と丼のセットをオーダーしていましたが、物凄いボリュームでした。
セットは普通に1,000円以上してしまうのですが、「そりゃ1,000円はするよね」という圧巻のボリュームでした。

セットメニューが名物なのかもしれない。セットメニューを含むご飯物のメニューはこちら。
1 (4)

1,240円もしてしまいますが、カツ丼セットを豪快に食べるのが、このお店の醍醐味なのかもしれません。


===
【オーダー】
大玉子とじ蕎麦 830円
月見わかめトッピング 770円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

尾張屋そば(蕎麦) / 清澄白河駅森下駅浜町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

【2回目】究極の牛タン

2017.01.28.19:18

静龍苑@森下
焼肉


しば田@仙川でラーメンを食べ、別件で夜は静龍苑@森下で焼肉を食べるという。
このコンボはなんと2度目であります。

前回12月に訪問した際に予約しました。17時にお店到着。
静龍苑の詳細の攻略法は、1つ目の記事をご覧頂ければと思います
1 (1)


17時、あっという間に満席になります。
年配のお客さんが多いです。ある程度のお値段してしまいますので、そういうことになると思います。
1 (2)


メニュー。2ヶ月前と何1つ変わっていないと思います。
1 (3)

前回は男2人の訪問ですが、今回は夫婦2組の訪問です。
オーダーの量の参考にして頂ければと思います。


■瓶ビール(550円)/キムチ(550円)
1 (4)

肉が出てくるまでに時間がかかりますので、キムチ類は1つオーダーするとよいと思います。
一般的なキムチよりだいぶ辛いですが、旨味もたっぷりゆえ、ビールのお供に最適です。


■タン塩3人前(8,700円)
1 (5)

4人だから4人前にするかとも思ったのですが、それだと牛タンだけで1万円超えとなってしまうので、3人前にしました。
実際、3人前でちょうどよかったです。

よくある牛タンとの違いは、
・脂が多い(しかしまったくしつこくない)
・歯ごたえがすごい(けど柔らかい)
という点でしょうか。
1 (6)

網は1回しか換えられないのでご注意ください。
1 (7)


味付けもパーフェクトで、唯一無二の絶品牛タンであります。
これ以上の牛タンはこれまで食べたことがありません。これを超える牛タンに出会えることなどあるのであろうか。

脂が多いので、ご飯に乗せても最高であります。
カルビ級に働きをしてくれます。
1 (10)

とにかく美味しいので、食べて欲しいです。
予約難易度高いですが。。。


■カルビ2人前(3,000円)/ロース2人前(3,000円)
1 (11)

前回「上」を頼んだのですが、なんとなく上でなくても十二分に美味しいのではないか。というか、脂の割合が減ってむしろ望ましいお肉になるのではないかと思ったのですが、珍しく予想が大当たりしました。
1 (12)

脂も十二分に乗っている、美味しいカルビとロースです。
上との違いは厚さくらいしかないような。

もしかすると厚くなって量が増えるから上は高いのかもしれない。


■ミノ1人前(800円)
1 (9)

1つくらいホルモンを、、、と思って、前回は「ホルモン」というやつを食べたので、今回はミノにしました。
前回も思いましたが、あえてホルモンは攻めなくてもいいかもしれません。


■あぶりユッケ(1,800円)
1 (8)

牛タンに並ぶ伝家の宝刀あぶりユッケ。よく炙って食べてください。
そして写真を撮るときには、必ずどこかに炙る用の銀の皿が映り込むようにしてください。
いろいろ問題になると、食べられなくなってしまいますので。

ご飯にかけて食べると、すごく美味しいです。
昔はどこの焼肉屋さんでも食べることができた、懐かし味に出会えます。
炙って、ですが。


なぜかオーダーしていないのに、小さい玉子スープが提供されました。
2回目だからだろうか。あるいは、何かを頼むと付いてくるのであろうか。しかし前回はそんなこと無かったような。
1 (13)

どういうカラクリか分かりませんが、玉子がトロトロふわふわなのであります。
牛タン、あぶりユッケに次いで、是非オーダーしたい逸品です。
オーダーしなくても出てきたけど。。。


■テグタンスープ(900円)
1 (14)

〆はテグタンスープにしました。
辛さと旨味が共存した、ド安定の旨さであります。
キムチと違って辛さはマイルドですので、辛いものが苦手な方でも美味しく食べられますので、ピリリと辛い〆にオススメです。


■手作りプリン(280円)
1 (15)

甘党コンビのナムさんと餡子隊長がおりますので、唯一のデザートメニュー「プリン」をオーダーしました。
カラメル、後がけ方式です。
餡子隊長が7割くらいのカラメルを自分のプリンにかけるという、大人としては考えられない行為をしておりました。

上記で1人7,500円でした。内容を考えると大満足ですし、記憶に残る牛タンは、また食べたくなってしまうことでしょう。


お店を出ると、やはり大行列ができていました。夜なので日が出ておらず寒いし、焼肉なので回転超悪いし、でもそこまでしても食べたくなる牛タンがここにはあります。
1 (16)


お腹いっぱいになりすぎたので、歩いて銀座に行くことにしました。
1 (17)


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,500円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

静龍苑焼肉 / 森下駅菊川駅清澄白河駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : 焼肉
genre : グルメ

tag : 焼肉

タン塩の名店「静龍苑」攻略5つのポイント

2016.12.17.19:02

静龍苑@森下
焼肉


しば田@仙川でラーメンを食べ、散歩したりなんだりして時間を潰し、夜というか夕方焼肉屋さんに向かいました。

森下駅、人生初降車。
1 (1)


森下が誇る焼肉の名店「静龍苑」。ダチョウ倶楽部の何とかという方がテレビで紹介したことで予約困難店となったとか、そうでないとか、そういう話みたいなのですが、そもそも地元では絶大な人気があったものと思われます。
1 (2)


若干独自ルールがありますので、そのあたりを中心に、静龍苑攻略の5つのポイントをお伝えできればと思います。

第1条:予約
1 (7)

予約は17時のオープン直後、最初のターンしか受け付けておりません。
2ターン目以降は並んで順番を待つ以外ありません。

予約する方法は2つ。

・電話で予約
17時以降オープンしてからはほとんど電話に出てもらえません。なぜならば店内が満席で常に忙しいからです。
店内にいる間、ずっと電話が鳴りっぱなしでした。
女将に伺ったところ「15時から16時くらいが比較的つながる」とのことでした。

もう1つは、訪問時に次の予約をする方法があります。ある意味これが一番確実です。

どこまで厳密なルールがあるのかわかりませんでしたが、
この時訪問は12月でしたが、2月の予約は取らせてもらえましたが、3月の予約はダメだと仰っていました。

17時から焼肉を食べ始めることにはなってしまいますが、とにかく予約しての訪問がオススメです。
なぜならば、18時過ぎにお店を出たら、こんなことになっていたからであります。
1 (23)

ラーメンならばいざ知らず、焼肉で行列はやばいです。
1時間で済めば御の字、最悪の場合2時間待ちとかになるのではなかろうか。


店内はこういった雰囲気。もくもく系ゆえ、大きなビニール袋が支給され、匂いが付きたくないコートなどはそこにしまうことができます。
いわゆる大木屋方式です。
1 (4)

席と席の間隔が広いゆえ、意外とゆったりできます。
この点は非常によいです。なのでなおのこと予約して訪問したいところです。


第1条:注文の際の注意点
1 (5)

塩系は、ただ1回、最初の1回しかオーダーできませんので注意が必要です。
事前にその日の打順を綿密に打ち合わせ、最初の一撃で塩系を仕留める必要があります。

最初に教えてくれますが、知らずに行くと「あれあれ」と慌ててしまうと思いますので、とにかく予習が大事になってまいります。
なお、以下、男2人でのオーダーとなります。
2人とも大食漢ではありませんが、二郎の大盛りをギリギリ食べられるくらいのポテンシャル、、、というのがわかりやすい表現かどうかは別として、だいたいそんな感じです。


■瓶ビール(550円)
1 (6)

全体的に待つことが多いお店ではありますが、ドリンクはさっと出てきます。


■キムチ(550円)
1 (8)

中でもキムチはわりとすぐに出てくるメニューですので、ビールを飲みながら肉の到着を待つのに最適です。
(ただ、キムチですら速攻で提供されるという感じではありません)

結構辛い、パンチの効いたキムチで、オススメではあります。


第3条:タン塩のオーダー量
1 (9)

とにかく、タン塩が美味しいです。素晴らしいです。唯一無二です。
タン塩は迷わず高い方(1人前2,900円)をオーダーするべきです。
「え、高い、、、」と思っても、ここは行くべきです。

2人なら2人前、4人なら3人前がオススメです(後日4人で行った結果思いました)。


タン塩は、人生で食べたことのない歯ごたえ。薄いのにすごい歯ごたえ。
それからすごい脂。脂の量がこんなにも多く感じるタン塩は初めてです。
1 (10)

素材と仕込みのダブルコンボで成立するものすごい牛タン。
牛タン好きであれば食べない手はありません。オススメどころではありません。


第4条:網替えは1度まで
1 (11)

網を替えて頂けるのは1度までですので、見極めが必要です。
が、2時間も3時間も滞在する感じのお店ではありませんので、意外と迷うことなく網替えの季節はやってまいります。

とにかく1度だけなので、その点だけ覚えておくほうがよいと思います。


焼肉では必須となる白ご飯を頼まねばなりません。少し固めに炊き上げられた焼肉専用のようなご飯。
1 (13)


牛タンを乗せようではありませんか。
1 (14)


くるんと巻いて食べようではありませんか。最高のタン塩と白ご飯。
最後の晩餐候補級の味わいです。
1 (22)

今日だけは太るとか、デブるとか、そういうことを考えるのは止めましょう。


■サンチュ(400円)
1 (12)

サンチェではなく、サンチュです。サンチェでは往年の巨人の抑えピッチャーの名前になってしまいます。
もうこの話題も死語になりつつあるのでしょうけど。

サンチュは意外となくてもいいかもしれません。サンチュより白ご飯。圧倒的に白ご飯がオススメです。


■上カルビ(2,500円)/上ロース(2,700円)
1 (17)

第5条:カルビとロースは並でよい

こちらが上カルビ。
1 (19)


こちらが上ロース。
1 (18)

どちらも最高に美味しいわけでありますが、カルビとロースだけでいうと、他の名店の方が美味しい可能性が高いです。
そして、後日訪問した際には上ではない方を食べたのですが、十二分に美味しかったです。

巨大なオイルタンクを保有している方は上でもよいのかもしれませんが、私は1,500円の並の方をオススメします。
とにかくタン塩が凄すぎて、カルビやロースが霞むからという理由なのかもしれません。

ここでカルビとロースを並にすることで、1人当たりの負担は7,000円くらいに抑えることができそうです。
上をやってしまうと9,000円くらいまでいきます。たぶん。


■ホルモン(950円)
1 (21)

内臓系ですと、ホルモンではなく、カルビ/ロースと逆になってしまいますが、後日食べた上ミノがよかったです。
ホルモン系は上ミノが個人的にはオススメです。


■あぶりユッケ(1,800円)
1 (20)

写真を撮る際に、しっかり奥の銀紙を写すように指導が入りますし、しっかり銀皿にユッケを入れてよーーーーーーーーーく炙ってから食べましょう。よーーーーーーーーーくです。生のまま食べてはいけません。

なぜか昔の友人に会ったような懐かしさに包まれる一品です。

有朋自遠方來。不亦樂乎。この一文が頭をよぎりました。
白ご飯の上によーーーーーーーーーく炙ったユッケを乗せて食べる。至福の時であります。


■玉子スープ(500円)
1 (15)

この玉子スープがすごいのなんの。

何がすごいか。とにかく玉子のトロトロさ加減が半端ないのであります。これはどうやっているのであろう。何を投入するとこうなるのか。
最初から最後までトロトロで、これまで食べた玉子スープでダントツの出来映えでした。
1 (16)

第6条として「玉子スープを頼むべし」を入れたいところなのですが、後日訪問した際には、何の付け合せかわからなかったのですが、オーダーしていないのに少し小さめの玉子スープが提供されたのであります。

2度目の訪問だったからなのか、あるいは私が物欲しそうにしていたからなのか。
ご飯の付け合せなのか、あるいは他のものだったのか。

最後の最後まで玉子スープが提供されなかったら、〆はぜひ、玉子スープを食べてみてください。

兎にも角にも想像以上にすごいタン塩に、ヒデキは感激いたしました。
2月にまた予約してしまいました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人9,000円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

静龍苑焼肉 / 森下駅菊川駅清澄白河駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : 焼肉
genre : グルメ

tag : 焼肉

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る