FC2ブログ

【3回目】ANA814便 ヤンゴン→成田6時間の旅

2020.02.07.23:57

ヤンゴン国際空港から成田に帰ります。空港の紹介は過去記事のほうがいろいろ書いてあります。
・2019年3月3日
・2019年8月3日
3_20200605190721043.jpg


21時45分発の便で6時間のフライト。リクライニング機能なしの機体で、帰りの飛行機で寝たことはありません。
そして今日も安定の満席です。ミャンマー便は行きも帰りもいつも混んでいます。
0207-5 (1)


離陸して1時間ほど経過しますと飲み物が配られます。
0207-5 (2)

どうせ寝れないので、めちゃくちゃ小さく、めちゃくちゃ至近距離にある画面で映画を見て過ごします。
画面が小さすぎて没入感が全くありません。
0207-5 (3)


離陸後4時間、ミャンマー時間的には午前2時、日本時間的には午前4時30分に朝食メニューが配られます。
内容は8月と全く一緒!少しは変えて欲しい。。。
0207-5 (4)


和食。
0207-5 (6)

鶏肉と野菜煮。味はコンビニより下くらい。スーパーの惣菜くらいかなと思います。
0207-5 (7)


洋食。
0207-5 (9)

オムレツ、グリルベーコン添え。味は和食と同じくらいです。
0207-5 (8)

ミャンマー時間的にはとんでもない時間に起こされるイメージになりますし、成田到着は朝6時ですし無理に食べることはないのですが、いつも暇つぶしで食べてしまいます。

以上で3度目のミャンマー遠征の紹介を終わります。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

【2回目】炭水化物系は麺よりも炒飯がオススメ

2020.02.07.19:56

楽天皇朝@Junction Square
中華

ミャンマー滞在最終日の夕飯はJunction Squareのレストラン街に並ぶ楽天皇朝。
英語名の名前はPARADISE DYNASTYです。2日目の夕飯でお世話になりました。
0207-3 (3)

ちなみに隣には一風堂が入っています。
0207-3 (2)

あとペッパーランチ。
0207-3 (1)

金曜の18時前だったので店内は空いていました。
0207-3 (5)

飛行機は21時45分の1便しかありません。これまでのミャンマー滞在は土曜日に帰っていましたが、仕事終わりの金曜日に今回は帰ってみました。
0207-3 (4)


■プレミアムミャンマービール(2,500MMK≒203円)
0207-3 (6)

最後なのでビールはミャンマービールにしました。
「プレミアム」じゃないほうがスッキリしていて好きなのですが、プレミアムしか置いてません。


■小籠包(4,000MMK≒324円)
0207-3 (13)

前回の記事でも紹介しましたが、小籠包は抜群に美味しいです。
日本の、、、というか台湾の鼎泰豊と変わらない旨さ。
0207-3 (14)


■担々麺(5,500MMK≒446円)
0207-3 (7)

ラーメンを食べた。立派な器で豪華な感じがするのがまずいいです。
0207-3 (8)

胡麻が結構効いておりコクがあります。普通に美味しいです。
小籠包のような「おお!」という感動はありませんが、ほんと普通に美味しい。
0207-3 (9)

スープは結構辛いです。ヒリヒリとした辛さ。
油断すると「辛っ」となります。
0207-3 (10)


■豚雲呑豚骨ラーメン(7,000MMK≒567円)
0207-3 (11)

雲呑入の豚骨ラーメン。値段も600円弱とちょっとお高め。
0207-3 (12)

雲呑が超絶でかいです。こんなでかい雲呑は日本ではなかなか出会えません。一口で食べると口中雲呑で埋まります。
0207-3 (16)

スープは優しい白湯系。豚骨スープですが非常にマイルドでソフトな仕上がり。
塩気がとても控えめで、出汁中心になってます。
科学的な安定感と思われますが、これも普通に美味しいです。
0207-3 (17)

麺は細ストレートで、特徴は超絶長いという点です。長すぎて啜(すす)らずに食べるのが大変です。ミャンマーでは麺を啜ってはいけませんので。
とても柔らか仕上げで好みの麺です。
0207-3 (18)

麺料理は安定して美味しいです。ただ炭水化物系でいくと炒飯のほうが驚きはあります。
小籠包は絶対頼むとして、なのであとはその時の気分で好きな方を食べるのがよさそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で24,150MMK≒1,956円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

ミャンマー料理 オンノカウスェ

2020.02.07.12:11

オンノカウスェが食べられるお店@レーダンセンター付近
ミャンマー料理

ミャンマー滞在最終日。ゾウさんとお昼を食べに行きました。
0207-2 (1)


レーダンセンターから徒歩5分くらいの場所にあるこちらのお店。お店の名前はわかりません。
現地の方と一緒にお昼に来ると、こういうお店に来ることができます。
0207-2 (2)

店内に潜入。外国人は1人もいないように見えました。
0207-2 (3)

とても綺麗な現地の食堂という感じです。
しかし外国人がフラッと入るには少々勇気がいるかもしれません。
0207-2 (5)

何しろメニューがこの通りですので。。。
お店などではなかなか英語も通じないため、指差しで注文できるならともかく、メニューオンリーの場合は厳しいものがあります。
0207-2 (12)

ジュースのようなものも販売しているようでした。
0207-2 (6)


■オンノカウスェ(1,500MMK≒122円)
0207-2 (7)

「オンノカウスェ」という食べ物で、メニューでいうと上から2番目のものになるそうです。
「オンノ」はココナッツ、「カウスェ」は麺という意味だそうです。ココナッツスープ麺的なところでしょう。

ちなみに日本人的な発音だと「オノカウセ」と言ったほうが通じます。
本来は朝ごはんに食べるもので、昼に食べることはあまりないそうです。


この料理最大の特徴はこの食べ物です。
本来はアヒルの血を固めて作ったものになるのですが、多くのお店はアヒルの血だけではなく豆を混ぜているそうです。
アヒルの血だけで作ると高くなってしまうため。
0207-2 (10)

味は、、、どことなくレバーっぽいのは血で作られているからでしょう。ブチッとした食感が怖いです。独特です。なんか怖いです。
そして確かに血の味がします。

「うまい!」というよりは「栄養ありそう・・・」という感じです。


玉子が入っていますが、アヒルの玉子だそうです。確かに味、匂いともにニワトリの玉子と違います。
非常に野性味がありクセも強いです。茹玉子に驚くとは思わなかった。知らずに食べたら、なにこれ、、、と思ったと思います。
0207-2 (11)


スープは見た目以上にとても濃厚です。ココナッツミルクと豆とナンプラーがベースだそうです。その3つでこんな濃厚な味になるとは。
全然ココナッツミルクの風味はしません。入っていると思うのですが海老の風味があります。あと大蒜が強烈に効いています。
知っている味で一番近いのは豚骨スープかな。
0207-2 (8)


玉子麺みたいな麺も、麺単体で美味しい。ちなみにこの量で大盛りになります。朝食麺だからだと思う。
こんなに美味しい麺料理が1,500MMK、122円で食べられるなんて。
0207-2 (9)

なかなか食べられるお店を探すことが難しいかもしれませんが、オンノカウスェはとても美味しいです。オススメです。


===
【オーダー】
オンノカウスェ 1,500MMK≒122円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ミャンマー料理

全部見せますNOVOTEL YANGON MAXの朝食

2020.02.07.07:19

1週間お世話になりましたNOVOTELホテルの朝食バイキングを余すことなく紹介します。

過去2回の全部見せますシリーズはこちら。
・2019年 ロッテホテルヤンゴン
・2019年 パンパシフィックヤンゴン

2階、、、3階だったか。朝食レストランはこちら。
外観 (2)


夜にはビュッフェ形式のレストランになり、入口外にも席が配置されます。
外観 (1)


朝食レストラン会場はとても広いです。
毎朝6時半~7時の間に食べに行っていましたが、多くても3割位の客入りでした。時期の問題も大いにありそうです。
1 (4)


ファミレス席のようなボックス席もあるのですが、テーブルの位置が高く少々落ち着かないです。
席が広い点はとてもいいのですが。
1 (1)


さすがに店員さんは皆さんとてもフレンドリーでとても優しく対応も申し分ありません。
1 (3)


次にバイキングエリア、料理が並ぶエリアを可能な限り紹介してまいります。
種類の豊富さはミャンマー随一というくらい色々な料理が揃っています。


まずはコンチネンタルブレックファースト系の料理たち。

ベーコンやソーセージ。
2 (14)

ハッシュドポテト。
2 (15)


惣菜系タルトだってある。
2 (16)

野菜に、、、
2 (11)

サラダの軽い付け合せ。
2 (19)

カルパッチョもあります。生魚があるとは。
2 (29)

チーズやハムもこの通り。
2 (49)

エッグステーションもちゃんとあります。好きな玉子料理をお願いすると作ってくれます
2 (20)

茹玉子もありますし、パンと一緒にポーチドエッグも作ってくれます。
2 (21)

オムレツや目玉焼きのソースたち。
2 (22)


続いて麺料理コーナーを紹介します。ミャンマーの高級ホテルでは立派な麺エリアがある場合が多いです。

まず具材を選びます。全部入れると溢れます。
2 (43)

選んだ具はザルに取り置きます。
2 (45)

豊富な麺から好きなものを選びます。
2 (44)

種類が多くて麺を選ぶだけでも一苦労。
2 (5)

麺と具を調理の方にお渡しします。
お渡ししても呼んではもらえないため、頃合いを見計らって取りに行きます。
モヒンガ(ミャンマー伝統の朝食麺。ナマズ出汁が特徴)がよい場合はお伝えする必要があります。
2 (47)

思い思いの調味料や付け合せをトッピングします。
2 (2)

これまた種類が多すぎて何を入れるとどんな味になるのかさっぱりわかりません。
2 (4)

勘を頼りに適当に入れます。どんだけのバリエーションがあるというのだ。
2 (7)

ココナッツスープは茹で置きの麺で頂くことになります。
2 (3)




所々に国旗が飾ってあり、その国にちなんだ料理が並んでいます。

地元ミャンマーは以外にも種類が少ないです。モヒンガがありました。
2 (60)


最も料理数が多く見えたのがお隣タイ。
ミャンマーではタイ料理のお店を結構みかけます。
2 (56)

タイなのでレッドカレー。ミャンマーの方もカレー好きですので。
2 (57)

レッドがあればグリーンもあります。奥はタイのオムレツだそうです。オムレツにみえない。
2 (9)

パイナップル炒飯。タイとミャンマーは気候も似ているので料理の相性も抜群。
2 (58)

黄色いおこわみたいなものと、シーフードサラダ。
2 (8)

ビーフン系もいろんな種類があります。
2 (6)


インド。
2 (64)

ベジタブルカレー。インド料理はこのときは1つしか見当たりませんでした。
2 (65)


中国。
2 (66)

春巻き。
2 (27)

隣にあった揚げ物は中華なのかは微妙。
2 (46)

中華料理コーナーで一番世話になったのはお粥です。
味の付いてないサラサラのお粥。
2 (54)


最後に日本です。
2 (67)

おにぎりに、玉子焼き。これはすごい。
2 (1)

照り焼きに、
2 (61)

ちょっと違うけど焼き魚。
2 (62)

味噌汁。
2 (63)

NOVOTELホテルの朝食で最も特筆すべきは納豆があることです。これはすごい。
日本の朝食がこれだけ揃っていることに驚きますが、さらには納豆まであるなんて。
2 (48)

あとで知りましたが、オーナーが親日家の方でいらっしゃるそうです。

国境シリーズは以上です。


炭水化物シリーズ。

まずはパン。
2 (50)

結構いろんな種類のパンがあります。
2 (41)

パンの種類には事欠きません。この他、甘い物系のパンをデザートエリアに掲載しました。
2 (37)

フーレク。パンも種類が多くフレークもありアメリカ人にも喜ばれそうです。イメージですが。
2 (39)



デザート系いきます。

スイーツステーション。
2 (30)

ワッフルやフレンチトースト、ホットケーキなどを焼いてもらえます。
2 (32)

思い思いの甘いトッピングが可能。
2 (31)

デニッシュ系のパン。
2 (33)

デニッシュまだあります。
2 (24)

チョコレートケーキ。
2 (36)

クリームパンみたいなやつ。
2 (35)

これはミャンマースイーツ。白いのはココナッツの皮の内側をガリガリ削ったものです。
2 (34)


スイーツではありませんが果物も。
2 (51)

さすが南国、やっぱりフルーツはすごく美味しい。
2 (51)

イチゴ。
2 (25)

フルーツポンチ。本当にいろんな種類の食べ物があります。
2 (23)

あとフルーツではありませんがヨーグルト。毎日ジャムや蜂蜜を入れて食べてました。
2 (40)

スムージーも。もはや何でもあるという世界。
2 (26)


飲み物シリーズ。

コーヒーや紅茶。スタッフの方が持ってきてくださいますが、自分で用意することもできます。
2 (13)

フレッシュフルーツジュース。
2 (53)

以上です。。。ものすごく長くなってしまった。これでおおよそ全てを紹介できていると思います。


毎日の朝食を紹介します。

コンチネンタルブレックファスト風。
3 (4)

初日なので欲張って取りすぎました。そして問題なく美味しいです。
3 (1)

パンは普通、、、かな。。。味は美味しいですが種類が多いのがとてもいい。
3 (2)

コーヒーはかなり濃いです。お湯で割ってアメリカン風にした方が人によってはよさそう。
朝から焦燥感が止まらなくなりそう。
3 (3)


麺と玉子と野菜。
3 (5)


玉子と野菜は何かしらの形式で毎日食べていました。
昼と夜はここまで野菜を摂取できませんので。
3 (6)


麺。
3 (7)

パクチー(ナンナンペー)を大量に投下するのがわたし流。
3 (8)

スープは出汁がとても弱く味自体は何も付いていないので醤油やニョクマムを入れないといけません。
また、熱湯に野菜と麺を同時にぶっこむので、野菜は固く、麺はグニャグニャになるまで茹でられており大変バランスが悪いです。
3 (9)

麺はこの1回限りにしました。あまりオススメではありません。


麺はイマイチでしたがお粥はオススメです。
3 (11)

いろんなトッピングでいろんなバリエーションのお粥が楽しめます。
飲みすぎた次の日でも最高に美味しく頂けます。
3 (12)


毎朝いろんなバリエーションの朝食が頂けますので、朝レストランに向かうのが楽しいです。
3 (16)

最終日はガパオとフルーツでタイ風に。朝からガパオ食べるタイの朝食ってあるのかわかりませんが。
3 (17)

タイ料理は美味しい。先日のレストランも最高でしたが、ミャンマーで食べるタイ料理はかなりレベルが高いです。
3 (18)


最後に和朝食を紹介します。
3 (14)

納豆は日本でよく見るオレンジ色っぽいおかめ納豆です。
日本人がチラホラいるので、結構売れていました。
3 (13)

おにぎりも毎日置いてありまして、シシャモの玉子入りです。
味噌汁もぬるいですが問題なく味噌汁でした。
3 (15)

随分と長くなってしまいましたが、以上でNOVOTELホテルの朝食の紹介を終わります。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ミャンマーでフレンチ

2020.02.06.22:44

Le Cellier, Wine Bar & Restaurant@Junction Square付近
フレンチ

3度目のミャンマー訪問最後の夜。NOVOTELホテル内にあるレストランに行きました。
この先です。
0206-2 (1)


Le Cellier,というお店です。ジャンルとしてはおそらくフレンチになると思います。
ミャンマーでフレンチは初めてです。
0206-2 (2)


重厚なドアの向こうにお店があります。
NOVOTELホテルは全体的にそこまでバキバキの高級感はありませんが、中流感も全くありません。ほどよい高級ホテルというイメージ。
0206-2 (3)


ドアをくぐると、待つスペースがあります。待つために使うことがあるかどうかはわかりませんが、披露宴とかでも使われそうなので、そういったときは受付めいた場所になるのかもしれません。
0206-2 (4)


白い椅子が特徴の店内。
0206-2 (6)


さすがホテル内のレストラン、といった感じの広々していて豪華な空間になっています。
0206-2 (8)


いろんなタイプの席があり、とにかく広いです。そしてかなりのゆったり設計。
0206-2 (18)


床が絨毯になっているよりゴージャスエリアもあります。
18時のオープンと同時に入店したので先客はおりませんでした。
0206-2 (19)

最終的にもこの日は我々含めて2組しかお客さんは入りませんでした。
0206-2 (20)

ワインセラーも非常に充実しています。
全メニューを一番下に掲載しましたが、ボトルワインは$40前後(多分いくらでも上はありそうですが)、シャンパンボトルは$100以上でした。
0206-2 (41)


テラス席もあり、季節によっては最高かもしれない。
(この時2月なので十分最高でした)
0206-2 (21)


若いカップルの方々にはすごく人気があるかもしれません。
0206-2 (22)


とはいえ、すぐに暗くなってしまうので窓際の席にして頂きました。
0206-2 (12)


窓際の席からの眺め。18時時点ではこのくらい明るいですが、
0206-2 (5)


18時20分で、もうこんなに暗くなってしまった。
なお、右に見える建物は「CrystalTower」というオフィスビルで、1階に2日目に行った小籠包のお店があります。
0206-2 (24)

そのビルの16階のオフィスフロアを、さっき契約してきました。
5月からはあのビルに引っ越します。


フレンチっぽいコース料理などいろいろなメニューがあるのですが、グリル系のシェアメニューがよさそうだったので、こちらを中心に選びました。
0206-2 (15)

■スパークリングワイングラス($7)
0206-2 (23)

スパークリングは超微発泡でした。
そういう銘柄なのか、久方ぶりのオーダーのため前に栓を開けてから時間が経っていたからか。
後者な気がする、、、でもわかりません。


■グラスワイン($7~$10)
図1

ソーヴィニヨンやピノノワールなどグラスワインを飲みました。
1杯$8前後と雰囲気を考えると安価な設定です。

パンは4種類から選ぶことが出来ました。籠で持ってきてくれて好きなものを選べます。
0206-2 (25)


お通し。「クリスピー・・・」しか聞き取れませんでした。ソースはタルタルっぽく見えましたが違いました。
クリーム系タルタルという感じ。美味しいし確かにフレンチの風が吹いてます。
0206-2 (26)


■Selected cheese board($18)
0206-2 (27)

ブルーチーズ、カマンベールチーズ、それとハード系のチーズ。普通にすごく美味しい。
ブルーチーズがすごく食べやすいタイプでした。
日本のいいめのお店にいるのと何ら変わりません。

ジャムや干し葡萄、ナッツ類も盛り付けられています。
0206-2 (28)


■Beef carpaccio($14)
0206-2 (30)

薄切りビーフのカルパッチョ。本格派です。上に乗っているソースもすごく美味しい。
申し分ない味わいです。ミャンマーにいることを忘れます。


■Grilled seafood platter($40)
0206-2 (35)

外でなかなかシーフードを食べる機会がないので選んでみました。
ソースはバターソースと、、、もう1つは何だったか。ガーリックかな?。ソースもすごく美味しい。さすがフレンチ。
0206-2 (38)

味も香りもすごくよい。焼き加減も最高で柔らかさと弾力があります。
イカは柔らかく、海老はふわっと仕上がっています。
0206-2 (33)

付け合せにはグリル野菜を。
いろいろな野菜をたっぷり摂取できてよかった。
0206-2 (31)

あとマッシュルームも付け合わせに。
パスタソースのような濃厚さで、このソースのパスタが食べたくなりました。
フレンチということでバター使いが絶妙です。
0206-2 (34)


ふわふわの海老は海老味噌の風味がシーフード全体に移っており旨味たっぷり。
ソースも美味しいので白ワインが進んで仕方ない。
0206-2 (36)

サーモンもふわっと焼き上げられつつ皮はパリパリでした。
なんて丁寧に調理されていることか。
0206-2 (37)

2人シェアと3人シェアのメニューがありますが、女性であれば2人シェアを3人で食べても十分な可能性があります。
ただ数が合わないので喧嘩には注意です。

ちまちましたフレンチの料理を頂くよりも、グリル系の大皿の方がいいかもしれない。他のメニューを食べてないので何とも言えませんが。
少なくともシーフードグリルは最高でしした。


■Volcanic choco lava cale($9)
0206-2 (40)

上に乗ったジェラートが殊更美味しい。チョコレート感炸裂です。
下はフォンダンショコラ。温かいフォンダンショコラに冷たいチョコレートジェラートを合わせたスイーツです。
一番下にはフランボワーズソース。

デザートも申し分なく美味しかったです。

ミャンマーの特別な夜に是非オススメです。


===
【オーダー】
ラーメン 800円


■ワイン(グラス/ボトル)
0206-2 (9)

■スパークリング
0206-2 (10)

■ボトルワイン
0206-2 (11)

■前菜
0206-2 (13)

■前菜/メイン
0206-2 (14)

■デザート/セットメニュー
0206-2 (16)

■セットメニュー
0206-2 (17)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

[フレンチ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : フレンチ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る