町の中華の域を超えてる担々麺「品芳斎」@世田谷駅

2018.01.14.15:58

品芳斎@世田谷駅
中華


東急世田谷線の世田谷駅。あまり意識したことがないのですが「世田谷駅」なんていう名前の駅があったのですね。
しかし世間一般で「世田谷に住んでいる」と言っても、世田谷駅の近くに住んでいるという意味にはなりますまい。
1 (1)


大衆的な中華料理を食べに行こうということで、上海料理の大吉というお店に行ったら、まさかの大行列に阻まれるという。
1 (2)

界隈ではちょっと歩いただけでも鹿港にも大行列が出来ているし、他にもカフェみたいなお店に行列が出来ていました。
世田谷駅界隈の方は並ぶのが好きなのか、あるいはアド街にでも登場したのか。
(なんと後者でした。たまたまアド街に紹介された翌日に行ってしまいました)


こんな中、大衆中華のジャンルですらリカバリーショットが打ててしまうのが世田谷駅周辺のすごいところでしょうか。
品芳斎というお店に行きました。
1 (3)


先ほどの大行列とはうってかわって貸切状態ゆえ、少々不安がありました。
店員さんはオール中国の方で、そしてすごい勢いで会話をされています。中国にワープしてしまった気持ちになります。
1 (4)


メニューはたくさんありまして、一番下に掲載しました。
例えば麺やご飯のメニューがこちら。
点心、麺、米

ラーメンが780円、酸辣湯麺が880円、五目焼きそばが880円など、大衆中華に属する価格設定です。
(めちゃくちゃ安いわけではありませんが、高いことも決してありません)

いろいろ食べてみたかったので、いろいろオーダーしました。


■瓶ビール(500円)
1 (12)

アサヒスーパードライの中瓶でした。中瓶が500円というのは非常に一般的な価格かと思います。
別途「ポット烏龍茶」をオーダーしたところ、ペットボトルから烏龍茶を注ぎレンジで温めていました。

ホット烏龍茶の間違いなのかもしれません。


■自家製焼餃子(480円)
1 (14)

「是非ご賞味ください」とありましたので迷わず注文しました。

結構大ぶりな餃子で、4つですがこれで480円はお得かと思います。
皮はもっちり、餡は味は控えめでとても優しい餃子になっています。
1 (18)

美味しい手作り餃子は誠実な味がしました。
オススメです。


■麻婆豆腐・小(600円)
1 (13)

「当店自慢の味」とありましたので、こちらも迷わずオーダー。
小サイズがあるのが非常に有難いです。

胡椒が効いている珍しいタイプで、辛さ自体はとても控えめです。
山椒ではなく胡椒が効いている面白い麻婆豆腐でした。


■胡麻スープ担担面(880円)
1 (15)

「当店名物」ということで、これも迷わず注文。
一言添えてあるメニューの赤い文章が、短いのですがかえって心をわしづかみにします。
それににしても何と美味しそうな担々麺でありましょうか。担々と書いてあるのは誤植ではなくメニューに従っています。

胡麻が効きつつ、辛さもわりと強め。胡麻がある程度押し寄せつつ、辛さも絶妙に効かせてくる非常に秀逸な担々麺に目が丸くなりました。
かなり美味しい、極上の担々麺。
1 (16)

街の中華では、担々麺は美味しいことが少ないのですが、見事に覆してくれました。すごく美味しい担々麺です。
ほどよく濃厚で旨味もたっぷり。スープは全くシャバシャバしていません。

町の中華の域を超えた担々麺にヒデキカンゲキです。
1 (17)


■かにチャーハン(780円)
1 (19)

780円なのでもしや、、、と思っていたのですが杞憂に終わりました。きちんとカニが入っていました。
(たまにカニカマのお店があります。そしてカニカマはカニみたいな蒲鉾であり、カニは入っていません)

薄味でパラパラ仕上げ。ボリュームは群を抜いています。

ビールも2本飲んで2人で4,363円。
行列からのリカバリでしたが、直接カップインしてしまいました。
ゴルフをやったことがないので正しい表現なのかわかりませんが。

全て美味しかったですが、特に担々麺がオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,180円くらい



■スープ/飲み物
スープ、飲み物

■紹興酒
紹興酒

■おつまみメニュー
おつまみ

■前菜/海鮮
前菜、海鮮

■肉/豆腐/野菜
肉、豆腐、野菜


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

品芳斎中華料理 / 世田谷駅上町駅松陰神社前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

中毒性有無は分からないが旨かった「びぎ屋」@学芸大学

2017.11.25.12:37

びぎ屋@学芸大学
ラーメン


貝州さんと行く聖地巡礼ならぬ聖地巡麺乃旅。
食べログで東京×ラーメンで上の方に出てくるラーメン屋さんに行くどうしようもない旅です。

学芸大学駅の商店街を突き進むと、、、
1 (1)


びぎ屋というラーメン屋さんがあります。
1 (2)

11時30分オープンで11時22分到着。8分前到着でポールポジションとなりました。
ぎび屋は食べログでは東京都×ラーメンで75位(点数3.62:2018.03.17時点)と、そこまで上の方ではないためオープンしてから足を運んでも行列に阻まれることはないかもしれません。

参考にならない、使えないといろいろ評判はあるかもしれませんが、食べログがお店の行列に与える影響は計り知れないものがあるかもしれません。
(確かに昔と違って大抵のお店が高得点になってしまうのですが)
1 (7)


11時半よりも5分早い25分にお店が開いて中に入れました。
その時点では4人待ちでした。
1 (6)


ラーメンの味の種類は醤油と、ゆず香る白醤油の2つです。
あとはつけ麺があるようでした。
初見ですので、ノーマルな醤油にすることにします。
1 (4)


券売機で食券を買いますが、あれ。ゆずのボタンが映ってなかった。
醤油が750円に対して、ゆずの白醤油は850円です。
1 (7)

味玉入りの850円のボタン、それから馬鹿だから麺大盛りで100円増しです。
券売機に税別の金額も書いてある券売機ってラーメン屋さんでは結構珍しい気がします。


ラーメンの説明。スープは鶏系、水は逆浸透膜を通した水、、、などなど数々のこだわりが記載されています。
こんなにもこだわりが詰まったラーメンは美味しいに決まっているはず。
1 (16)


席は繋がってないL字型カウンターと4人掛けテーブル席が1つです。
テーブル席は相席になるようでした。
1 (3)

店員さんは3名体制で、座席の数のわりには人数多めだなと思いました。
なお、オープンしてから10分後の11時35分には満席になりました。
開店前から並ばなくても大丈夫ですが、並びたくない場合は開店時には間に合うとよいかもしれません。
(あくまでこの日は、ですが)


卓上にはシンプルに黒胡椒と、一味か七味が配備されています(使っていないので一味か七味ですらない可能性もありますが)。
1 (5)



味玉入りの醤油ラーメンが到着しました。
とても美味しそう。すごく丁寧に作られた感のあるラーメンです。
1 (9)


いろいろ入っておりますが、わりかし具の主張がとても少ないです。
チャーシューは小さめで味は特徴がある感じではありませんでした。
メンマは穂先。そしてネギ少々と海苔という構成。
1 (11)


半熟の味玉は玉子自体が小ぶりです。スーパーでいうところのSサイズでしょうか。
半熟っぷりは完璧ですが、味があまり染みていない薄味の味玉でした。
1 (15)


スープの色はやや薄めで、無化調系特有の優しい風が吹いています。
器から香り立つ匂いというか香りがとてもいい。カラダによさそうな印象を与えます。
1 (12)


スープの味は魚介が結構効いてはいるものの、出汁が大きく主張する感じではないバランスタイプです。
鶏と魚介の力が均衡しています。
美味しいですが、引っ掛かりがないので病み付き度は低いかもしれない。
ただ近所にあったら時々通ってしまいそうではあります。
1 (13)


麺は全粒粉入り。歯ごたえの良い細麺です。
ただ、大盛りでも量はあまり多くなく、体感で茹で前180gくらいでしょうか。
1 (14)

量がちょっと少なめかなと思いつつ、最後の方は少し飽きてきたのはなぜだろう。
無化調系では珍しいことですが、最初に思ったよりも醤油が結構強いのかもしれない。

ラーメンとしては健康的な部類に入りそうですので、家の近所や会社の近くにあると便利なラーメン屋さんだと思いました。
1 (10)


===
【オーダー】
醤油らーめん半熟味付玉子入り 850円
めん大盛り 100円


聖地巡麺の旅の過去記事はこちらになります。
・2013年3月16日 麺屋 吉左右@木場
  →20人待ち40分後着席
・2013年4月20日 つけ麺 道@亀有
  →20人待ち80分後着席
・2013年6月1日 一燈@新小岩
  →30人待ち45分後着席
・2013年6月15日 【番外編】大勝軒@永福町
  →並びなし
・2013年8月3日 【例外編(代打店のため)】千代作@高田馬場
  →並びなし
・2013年11月2日 こうかいぼう@門前仲町
  →30人待ち30分後着席
・2013年12月14日 煮干鰮らーめん 圓@八王子
  →6人待ち15分後着席
・2014年1月18日 Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨
  →10人待ち15分後着席
・2014年2月22日 こころ@大岡山
  →5人待ち15分後着席
・2014年8月9日 北大塚ラーメン@大塚
  →20人待ち30分後着席
・2014年12月11日 流。@十条
  →並びなし
・2015年1月31日 伊吹@志村坂上
  →20人待ち60分後着席
・2015年2月28日 らぁめん小池@上北沢
  →開店5分前到着並びなし
・2015年9月26日 としおか@早稲田
  →20人待ち100分後着席
・2015年12月12日 宮元@蒲田
  →11人待ち32分後着席
・2016年3月5日 多賀野@荏原中延
  →35人待ち90分後着席
・2016年4月23日 蘭鋳@方南町
  →7人待ち30分後着席
・2016年6月18日 麦苗@大森
  →30人待ち100分後着席
・2016年7月9日 ほん田@東十条
  →11人待ち30分後着席
・2016年8月20日 にそう@蓮沼
  →オープン前3人待ち30分後着席
・2016年10月1日 愚直@中板橋
  →10人待ち40分後着席
・2016年12月3日 麺処 晴@入谷
  →10人待ち30分後着席
・2016年12月17日 しば田@仙川
  →12人待ち30分後着席
・2017年4月15日 麺魚@錦糸町
  →12人待ち60分後着席
・2017年5月13日 すぎ本@鷺ノ宮
  →開店5分前到着並びなし
・2017年6月24日 ふくみみ@分倍河原
  →開店60分前到着並びなし(開店時間間違えるの巻)
・2017年8月19日 篠はら@池袋
  →開店15分前4人待ち


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

麺処 びぎ屋ラーメン / 学芸大学駅祐天寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ロース以上にヒレが旨かった池上とんかつの名店「燕楽」

2017.04.30.18:39

燕楽@池上
とんかつ


東急池上線、池上駅にあります、とんかつの名店「燕楽(えんらく)」を目指して二子玉川方面からウォーキングスタート。
おおよそ2時間歩けば池上付近に着きます。
1 (1)


ぴったり2時間でお店に到着。
1 (2)


燕楽は食べログで「東京✕とんかつ」で検索すると第6位にランクインしているお店です。
(2017.08.12時点で3.91)
1 (5)


開店5分前の16時55分到着で6人待ち。
昼の時間帯だと並ぶかなーと思っていて、夜の開店前を狙ったのですがさすがは人気店です。
でも6人待ちであれば最初のターンで入ることができるはずなので、作戦としては成功しました。
1 (3)


ランチだと950円でとんかつが食べられる模様。
豚は山形の平田牧場、三元豚。お米は長野とのこと。
1 (4)


17時ちょうどにオープン。暖簾がかけられます。
1 (16)


無事カウンターの一番奥に座ることが出来ました。
ラーメンと違いとんかつは回転が著しく悪いので、並ぶとだいぶ厳しい戦いになりますので。
1 (6)

1階はカウンター席と、奥に4人がけくらいのテーブル席があります。
2階もありまして、団体さんが上に行っていたので座敷席とかがあるのかもしれません。

オープンと同時にすぐに満席になりましたが、この日は後続に列ができることはありませんでした。


卓上には塩、ソース、辛子などお馴染みの調味料が並びます。
1 (8)


改めてメニューを確認しますと、夜営業ではとんかつ定食が1,300円で食べることが出来ます。
しかし、ほとんどというか全員が2,200円のロース定食か、ヒレ定食をオーダーしていました。
1 (7)


入店して待つこと20分。ロース定食が到着しました。
1 (11)


綺麗なキツネ色に揚げられたロースのとんかつ。
だいぶ、大きい。なかなかの面積を誇るロースかつであります。
1 (12)


この堂々とした風格で2,200円というのはお手頃過ぎる金額に思えます。
1 (13)


面積もさることながら、厚さもご覧の通り。
到着時はうっすらピンクで、その後予熱で火が入りきるという完璧な出来映えです。
1 (14)

食感としては基本非常に柔らかいですが、ほどよい弾力感があるのが特徴です。
豚肉とはこんなにも甘くて美味しいものなのかと考え直させられるレベルの最高峰のロースとんかつ。

脂身は少なめですが、なぜにもこうまで柔らかく食感までよいのか。
たくさんあるのに、減っていくのが惜しまれる逸品でした。


ロースカツ以上に驚きがありましたが、ヒレ定食です。
1 (9)


普段、断然「ロース>ヒレ」なのですが、ヒレを1つ食べた途端「ヒレの方が旨い・・・」と唸らざるを得ませんでした。
豚肉そのものの味が、ロース以上に美味しいと思いました。
しかもロースよりもヒレの方が高いお店が多い中、燕楽さんでは値段が同じ2,200円なのであります。
1 (10)


なお、減っていくのが惜しまれていたとんかつですが、そのボリュームに最後は圧倒され、さらにはポテトサラダが行く手を阻みます。
しかし美味しさが上回っていたため完食に至ることが出来ました。
1 (15)

これはまた必ず訪れたいとんかつです。
とんかつとは、こうまでも美味しい食べ物なのだなと再認識した夜でありました。


===
【オーダー】
ロース定食 2,200円
ヒレ定食 2,200円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

とんかつ燕楽とんかつ / 池上駅

夜総合点★★★★ 4.0



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

本屋の中にあるカフェとしては使えると思う「Cafe nota nova@宮前平」

2017.03.20.16:22

Cafe nota nova@宮前平
カフェ


ラーメンからの川崎市立日本民家園
なんとか田園都市線沿いにたどり着こうと宮前平駅まで歩いている途中、カフェ、、、というか休憩できそうなお店がありそうで立ち寄りました。
1 (1)


かなりでかい本屋さんの中に、カフェスペース的なものがあるということで。
1 (9)


まず、本屋さんがでかいです。
仙台の地元の田舎でもこういう本屋さん、よく見かける気がします。
1 (3)


ありました。一角にカフェが。「ノタノヴァ」というお店のようです。
本屋さんが運営しているのか、はたまた別の会社が運営しているのか。
1 (2)


簡素で簡単ですが、休憩するには全く問題ありません。
そして何より大変空いております。
1 (5)


オーダーはセルフ式になっており前払い制。
軽食から甘いものまで揃っており、贅沢を言わず休憩目的であれば全く問題無さそう。
1 (4)


パフェを2種類食べました。
1 (6)


■3種のベリーパフェ(680円)
1 (8)

推して知るべしのスタンダードな味わい。
680円と思うと少々高いなと思わざるを得ませんが、単品で済ませればカフェ休憩の値段としてはギリギリ問題ないでしょうか。

■抹茶白玉あずきパフェ(680円)
1 (7)

ベリーよりは、こちらの抹茶がオススメです。
オススメというか、二択の場合どちらかといえばでありますが。

自宅が近くにあったら利用することもあまりないかもしれませんが、自宅が遠くて休憩したい場合にはなしではないと思います。


===
【オーダー】
抹茶白玉あずきパフェ 680円
3種のベリーパフェ 680円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

Cafe nota nova 宮前平店カフェ / 宮前平駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

素晴らしき昭和レトロ喫茶。しかも完全禁煙。

2016.10.16.15:02

喫茶まりも@日吉
喫茶店


永福系大勝軒のラーメンが食べたくて20年ぶりに日吉にやって参りました。
せっかくなので学び舎に行ってみよう。そういえばこんな感じだったか。
1 (1)


何やらイベントをやっており、人がわんさかおりました。
それも学生というより、おっさん、おばさんが多かったのは何のイベントであったのか。
1 (3)


教授や先生を「君」で呼ぶのは、もちろん変わっていないのですが、学生当時からどうも教授を君付けで呼ぶことに抵抗があり、私自身は1回も君で呼んだことがありません。
ハンバーガーのハンバーグを「パティ」、ピザを「ピッツァ」を表現するのに似た気恥ずかしさがあり、最後の最後まで呼べませんでした。
1 (2)


校内を一周した後、再び「ひよ裏」に戻り、1軒の喫茶店に行ってみました。
昭和風情全開の、レンガ造りの喫茶店です。
1 (4)


その名も「まりも」。100%以上の確率で、在学中にもあった喫茶店なのでしょうけど、たぶん初めての訪問です。
1 (5)


このレプリカもまた、時代を強く感じさせるものがあります。
当時としては最高峰の出来栄えのレプリカであったのではなかろうか。
1 (6)


外観に負けず劣らず、内観の昭和感が炸裂しています。
ALLWAYS 三丁目の夕日であります。
1 (8)

席数は結構な数ありまして、混んでおりましたが席はありました。
何とも言えないレトロ感に、昭和生まれとしては落ち着きしか感じません。

そして何より驚くのが、この雰囲気にして完全禁煙であるというところです。
これ絶対喫煙可、、、すごくよくて実質意味ない分煙だよな、、、と思っていただけに度肝を抜かれました。


デザートメニューはこちら。食事メニューもあります。
ケーキセットでも790円と大変リーズナブルです。パフェ、フラッペ、アイスクリームなどもあります。
1 (7)


オーダーしましたプリン兄弟が到着しました。なんとも言えぬレトロ感と、なんとも言えぬ美味しそう感。
1 (9)


■プリンパフェ(680円)
1 (10)

「プリンパフェ」。なんともそそる名前ではありませんか。
ありそうな名前ですが、プリンパフェなんてなかなかお目にかかれないのではないか。


固めの昔ながらのプリン。柔らかめプリン全盛にあって、この固めのプリンに出会えることは非常に貴重であります。
しかも味もすげえ旨いです。甘すぎず、固すぎず、玉子をふだんに感じる最高のプリンです。
1 (11)

プリンの脇を固めるのは缶詰ミカン、缶詰パイナップル、生クリーム、りんご、オレンジ。
680円とは思えぬビジュアルにヒデキ感激です。


■プリンロイヤル(680円)
1 (12)

プリンパフェと何が違うのかわかりませんでしたが、「ロイヤル」の文字に惹かれて私がオーダーしました。

プリンのタイプは当然一緒で、パフェとの違いは、、、煮たサクランボの有無くらいしかわかりませんでした。
しかし「ロイヤル」という言葉から感じる気品は、十分にまとっておられました。
1 (13)

昭和浪漫喫茶でも指折りのお店ではなかろうか。

===
【オーダー】
プリンパフェ 680円
プリンロイヤル 680円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

喫茶まりも 日吉店喫茶店 / 日吉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る