下町の二郎、パタン「第一亭」@日ノ出町

2017.12.24.20:41

第一亭@日ノ出町
中華


飯田商店でラーメンを食べた後に秘宝館に行きました。
1 (1)


会社全員で来たら組織ぐるみのセクハラに100%なり得るくらいの秘宝っぷりで、こんなところ誰が来るんだろうと思いつつもパラパラとお客さんはおりました。
図1


景色が良い場所もあったりするのですが、1,700円払って見るようなものではないことだけは断言できます。
そのお金があったらもう1回飯田商店に並んで一番高い雲呑入り塩チャーシュー麺(1,450円)を食べたほうがいいです。
1 (4)


秘宝館のあと、小田原に寄ってみて散策してみましたが、特段何があるという訳ではないことが分かりました。
人生初小田原を短い時間でしたが満喫しました。商店街がとても歩きやすい。
1 (5)


小田原から横浜に移動しレンタカーを返して日ノ出町方面へ。
本日2つ目のメーンイベント会場を目指します。
1 (6)


第一亭です。
すごい外観。すごいオーラ。
1 (7)

孤独のグルメのSeason3第2話に登場した台湾料理のお店になります。

ちなみに私が行ったことがある孤独のグルメのお店はこちらの7軒。
・Season1 第3話 楊@池袋(中華)
・Season1 第7話 サトウ@吉祥寺(メンチカツ)
・Season1 第8話 つるや@八丁畷(焼肉)
・Season4 第6話 カマルプール@木場(インド料理)
・Season4 第9話 シャンウェイ@外苑前(中華)
・Season4 第11話 THI THI@蒲田(ベトナム料理)
・Season5 第8話 ガテモタブン@代々木上原(ブータン料理)

全てではありませんが、やはり孤独のグルメに登場するお店はパンチが効いたお店が多いです。

ここ第一亭は外観からして只者ではない雰囲気をバンバン発しています。
1 (8)


店内はカウンター席とテーブル席、小上がり席の3種類があります。
クリスマスイブの日曜日、19時10分の到着で半分くらいの客入りでした。
1 (9)

クリスマスイブがどちらに作用したかはわかりません。しかし中華なのでもしかするとお客さんの出足を鈍らせた可能性はあります。
なので普段はもっと混んでいる可能性があります。


なお、土日の予約は受け付けていないということで飛び込み訪問となりましたが、無事席があったので小上がりの座敷の席に着くことができました。
(孤独のグルメの中で予約電話を受け付けるシーンがあったので予約できると思っていたのですが、土日はダメとのこと)
1 (10)


いろいろすごいところがあるお店なのですが、その1つとしてこのお店の雰囲気にして禁煙であるということです。
2000%煙草が吸えそうなお店なのに。
1 (24)

禁煙に感動して「突然歌いだします」の文字は全く気になりませんでした。
(確かにお店の方が突然ギター片手に常連さんの前で歌を歌ってました。しかし全く気になりませんでした。うるさいわけではないので)


700円前後でたくさんの料理が用意されています。
チートなど、五郎さんが食べていたメニューもちゃんとあります。
1 (11)

しかし残念なことに「米類」「タン」「ホルモン炒め」は完売でオーダーすることができませんでした。
特にホルモン炒めは残念で仕方がありません。五郎さん食べていたので。

五郎さんが食べていたものを中心に頂いたものを簡単に紹介します。


■ビール(550円)
1 (12)

井之頭五郎さんはお酒を飲まないので、五郎さんは召し上がっていないです。松重さんもお酒を召し上がらないそうですね。
世界観が一致しているのが素敵です。別のロケで松重さんが酒をガンガン飲んでいるのを見たらガッカリしてしまいそうですので。

ビールはラガーとクラシックラガーが不定期に提供されます。中瓶です。


■豚頭肉(600円)
1 (13)

五郎さんは「タン」を召し上がっていたのですが、売り切れということで「カシラ」にしました。しかもこれも最後の1皿とのことで。
至極の柔らかさで、すんごく美味しい。そしてタレの大蒜量は相当なものと思われます。

タンが食べられなくて残念でしたが、カシラはその気分を一掃するほど美味しかった。


■チートのしょうが炒め(600円)
1 (14)

五郎さん食べてます。メインメニューのようなものです。
チートとは豚の胃袋のことのようです。

ホルモン系なのである程度の脂を有していますが、酢と生姜でとてもさっぱり頂けます。
一撃必食の食べるべきメニューの1つです。

見るだけでわかりますが、ビールに合いすぎることこの上ありません。


■餃子(500円)
1 (15)

五郎さん食べてません。

第一亭は全体的にそうなのですが、大蒜の量が半端ではありません。全体的に二郎。とにかく大蒜がすごい。
豚臭さを消すのが目的と言うよりは、大蒜パワーで味とパンチを追求しているようにも思えます。

すごい大蒜の餃子でした。


■玉子入りニラ炒め(650円)
1 (16)

これも五郎さん食べてません。

ベースとしてはとてもあっさりした炒め物なのですが、、、やはりこれも大蒜が大炸裂しておりました。
あっさりした顔と凶暴な顔を併せ持つ侮れないやつでした。


■もつ炒め(600円)
1 (23)

五郎さん食べてません。。。五郎さんは「ホルモン炒め」を食べています。ホルモン炒めも売り切れでした。これも実に残念。
なお、ホルモンとモツの違いは、ホルモン炒めは生の状態から作るが、モツ炒めは茹でてある状態から作るという違いがあるそうです。
第一亭の定義なのか、世の中的な定義なのかはわかりません。

なお、当然のようにこちらも大蒜がすごいのですが、もはやだんだん気にならなくなってきます。大蒜耐性がどんどんアップしていきます。
モチモチ柔らかいモツ、とても美味しい。こてっちゃんの10倍は美味しいと思います。


■五目焼きそば(750円)
1 (22)

柔らかい/固いから選べて、固い方を選択しました。固いと言っても所々柔らかくとてもバランスに優れたかた焼きそばでした。
フライパンの炒め香がよかった。


■パタン(多分600円前後)
1 (17)

五郎さんが召し上がっていた、メニューに載っていないけど名物料理の「パタン」。
もともとは賄いだったとか。大蒜を包丁で潰す音が「パタン」という音なので命名されたと放送されていました。
1 (19)


あまりにシンプルすぎるところが、逆に恐い。
しかしこのあと何が起こるかは放送を見ているのでわかります。
1 (18)


大蒜が、、、すごい。二郎で見る風景です。生の大蒜が襲いかかってくるパタン。
他の味付けがほとんどされていないため、余計にダイレクトに大蒜が襲ってきます。
1 (20)


よく混ぜて食べます。
1 (21)

柔らかい中華麺がとても美味しい。そして大蒜の半端ない攻撃はありつつも、何とも言えない病みつき感があります。
なお放送では「明後日まで大蒜が残る」と言っていましたが、1皿を4人で食べて翌日各自大惨事になっておりましたので、1皿を1人で食べると本当に明後日まで残りそうだなとは思いました。

全然誇張じゃなかった(´・ω・`)

食後ブレスケアを5粒飲みましたが文字通り何の役にも立ちませんでした。


なお、家に帰って復習をしたところ、パタンを一緒に提供されるスープでつけ麺にして食べることを忘れてしまいました。
1 (25)

次回は「タン」「ホルモン炒め」「パタンでつけ麺」を必ず食べよう。
そして夜だと終わってしまっているかもしれないから昼に来よう。

町の中華屋さんとは一線を画した名店でした。
これだけ食べて4人で6,700円というのは、どうかしているというレベルです。


===
【オーダー】
上記の通り 4人で6,700円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

第一亭台湾料理 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

夜総合点★★★★ 4.0



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

常連でないと気分よくないかも「徳記」@横浜中華街

2017.08.06.13:42

徳記@横浜中華街
中華


久々になんとなく中華街に行ってみました。
いつ行っても本当にすごい人である。
1 (1)


お昼ごはんを食べるために、路地裏に佇むわりと有名なお店に行ってみました。
裏路地ゆえ、急に人がいなくなります。
1 (13)


徳記(とっき)というお店です。広東料理のお店のようです。
1 (14)


店内は簡単な食堂という雰囲気。どこかにワープしてしまったかのような雰囲気です。
そしてなぜか年配の女性店員さんはたいそう不機嫌でありまして。いつもなのかたまたまなのかは不明です。
ブツブツというつぶやき(ツイートではありません)から、わりと閉店時間が近かったので閉めたかった説が有力かなと思いました。
1 (3)


いろんな方のサインが飾ってありましたが、ぱっと見、知っている人のものはありませんでした。
1 (2)


メニューは壁に貼ってあるこちらだけが頼りです。テーブルにはメニューがないため、メニューが非常に見えにくい席もあります。
1 (4)

一通りの中華料理が揃っています。なお、点心系はありません。広東料理ってそういうものなのかな。ちょっとわかりません。
麺やご飯系の料理は1,000円以下が中心で安価ですが、一品料理は2000円前後とわりと高め。


空いていたこともあり、オーダーした品がすぐに運ばれてきました。
1 (5)


■とんそくそば(1,030円)
1 (8)

どうしても食べたかったわけではありませんが、変わり種メニューですし名物っぽいようなので食べてみました。
豚足の中華そばなんてこれまで見たことも聞いたこともありません。
ただ豚足は別皿で登場しますので、ラーメンとして衝撃のビジュアルにはなっておりません。


中華そばは、蕎麦でいうと「かけそば」スタイルで基本的に具は一切入っておりません。
色が黒めのスープと、大変平べったい麺が特徴でしょうか。
1 (9)


麺は自家製麺のようです。すごく平べったくツルツルとしてまったく引っかかりがない麺。
モチモチなどは一切しておらず、固い麺。柔らかいプラスチックの麺っぽい歯ごたえです。
1 (12)


スープは科学的な味わいで、大変安定はしています。王道の味とも言えそうで、中華そば自体は麺の性質以外はノーマルな感じ。
1 (11)


全くノーマルではないのが、やはり豚足です。もうなんていうか、そのものな感じで、見た目から厳しい人も結構いるように思います。
味はとにかく甘辛く煮込まれているので豚足かどうかはあまり気にならないのですが、見た目とぶにょっとした食感に好き好きが分かれそうだなと思いました。
1 (10)

珍しい食べ物ではありましたが、1度で十分かなと思いました。


■豚ばらごはん(820円)
1 (7)

豚ばらご飯は餡があまりというかだいぶ好みの味と違っていまして、すごく八角が効いているように思えました。
結構甘く、そして八角。もしかすると現地で食べるとこういう豚ばらご飯が多いのでしょうか。


■五目うま煮(1,450円)
1 (6)

一品料理から1つ選んでみました。
味は非常にノーマルで問題ありませんでしたが1,500円近いことで、あれっと思うところも出てくるかもしれません。

あとからきた常連さんには晴れやかな対応をされておりましたので、何度か通ってステージを上げる必要があるのかもしれません。


===
【オーダー】
とんそくそば 1,030円
豚ばらごはん 820円
五目うま煮 1,450円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(3) :★★★☆☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(2)  :★★☆☆☆☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

徳記中華料理 / 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

大分の豚✕鶏のダブルスープ豚骨ラーメン「たまがった」@横浜

2017.06.11.13:49

たまがった@横浜
ラーメン


会社の開発合宿を終え、伊東から横浜まで戻ってきたため、覚悟を決めて家系ラーメン総本山の吉村家に行こうと思いたち1人で行ってきました。

かなり強い気持ちで行ったのですが、30人を超える大行列の前に心は折れました。
荷物がすごく重かったことと、前日1時間くらいしか寝ていないことが心が折れた要因と思うことにしました。
1 (1)

いつかはクラウン、ならぬ、いつかは吉村家。行ってみたいです。


心は折れたもののラーメンの火は消えていなかったため、最寄りで、かつ家系ではないラーメンを探した結果、すぐ近くに「たまがった」という大分の豚骨ラーメンのお店があるので行きました。
1 (2)

こちらは並び2名。
さっき30名オーバーを見ているので気にもなりません。


豚骨ラーメンということで回転もよいようで、かつ、男性ばかりが入るようなラーメン店の雰囲気であるため、ジャカスカとお客さんが入れ替わり、あっという間に店内に入れました。
1 (5)

L字型カウンター席で、席1つ1つがとても狭いです。
ちょっと縮こまりながら食べる必要があるか否か、、、というスペースですので、これはもうさっと食べてさっと出るしかありません。

お店に入って女性客がいない理由はなんとなくわかりました。


事前に券売機で食券を買うのですが、豚骨ラーメンとしてはラーメン710円と少々高め。
横浜駅至近ということで、仕方ないかもしれません。
1 (3)

味変はトッピングで行なうしかなく、基本味は一択です。


卓上には大蒜、胡麻、胡椒、一味、秘伝のタレが配備されています。
1 (6)


あっという間にラーメンが到着。白いお皿に器が乗っています。
1 (7)


器からは王道系の豚骨スープが香り立ち、臭みは一切ないお店の雰囲気とは裏腹に綺麗な豚骨ラーメン。
1 (8)


具は薄いですが面積のある叉焼が2枚と、葱と海苔。
710円だともう一声青葱が多かったりすると気分が楽になります。
1 (9)


豚骨オンリーではなく、豚✕鶏のダブルスープで、豚だけよりもマイルドな仕上がりになっています。
旨味は深く、王道の豚骨スープの味でありながらも、鶏が入ることで凶暴な感じが一切ないまろやかなスープで口当たりがよいです。


大蒜を入れましたが、さほど味は変わらず。
通常豚骨ラーメンは大蒜を入れると戦闘力がアップする気がしますが、今回は意外と変わらないように思えました。
(寝不足と疲れのせいの可能性もあります)
1 (12)


自家製麺だという細麺。豚骨ラーメンにはぴったり。
博多ではなく大分ですが、ラーメンの量は博多同様少なめであるため、腹ペコの場合替え玉は必須となりそうです。
1 (11)


替え玉は「やわ」でお願いしました。
1 (14)

鶏入ではありますが、オーソドックスで美味しい豚骨ラーメンが食べられますし、駅からも近いし、提供が早いし、回転がよいので、飲んだ帰りにやってはいけない〆の1杯にも大変適したラーメンと言えそうです。


===
【オーダー】
ラーメン 710円
替え玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

たまがった 横浜駅西口店ラーメン / 横浜駅平沼橋駅高島町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

こちら食べログ神奈川非公式オフ会日体大通り駅前

2016.12.30.22:34

炭火焼鳥あずま@日体大通り駅
焼鳥


12月26日くらいに、何かのきっかけで数カ月ぶりに連絡をとり、「忘年会でもする?」となった食べログ非公式神奈川オフ会メンバー。
さすがに大人なので、12月26日にコンタクト開始、12月30日忘年会実施というスケジュールだと、当然来れない人もおりましたが、5人集まったので決行。

場所は日体大通り駅から5分くらいの、焼き鳥屋さん「あずま」です。
1 (30)

なかなかの人気店のようですが、逆に12月30日ということで予約できたのかもしれない。


と、思ったのですが予約できたのはたまたま運が良かったからのようで、超絶混んでおりました。
カウンター席と、奥にテーブル席があります。
1 (1)

すると偶然カウンターに美女と密会する食べログメンバーがおりました。
2年ぶりの再会でしたが、お互いよくわかったものだなと。

メニューはものすごく豊富でして、一番下に全部掲載しました。


■瓶ビール(600円)とお通し
1 (2)

ビールは中瓶。スーパードライです。
お通しはキャベツ&味付け昆布&ごま油。


■ねぎま(250円)/せせり(160円)
 かわ(160円)/ぼんじり(180円)/砂肝(160円)/手羽先(160円)/もも(220円)
図1

串は1本160円~ということで、激安ではありませんが、大きさとクオリティを考えるとかなりリーズナブルといえそうです。
「ねぎま」と「もも」だと、「ねぎま」の方が葱が挟んである分安いのかなと思ったら、値段を見ると「ねぎま」の方が高いではありませんか。
お店の方に理由を聞くと「ねぎまの方が使っているもも肉が大きいから」とのことでした。

昔から勝手にねぎまの方が安いと思っていたけど、もしかするとこれまで食べた焼鳥のお店も全部そうであったのだろうか。


■白レバ(220円)/ささみチーズ(250円)つくね(220円)
 ハロハロさんからの差し入れ/豚バラ(220円)/アスパラ巻き(250円)
図2

白レバー、大変秀逸です。
ねっとりした仕上がりで、パサツキはゼロ。220円とは思えぬ出来映えで、レバー嫌いの人でも食べられる人は食べられそう。

カウンターで美女と密会していたハロハロさんから口止め料の差し入れを頂いてしまいました。

とにかく白レバーはオススメです。


■フォアグラ(800円)/葉山牛(800円)
 しいたけ(180円)/うずら玉子(180円)
図3

鶏肉以外もいくつか。
私は食べていませんが、フォアグラ食べた人が「美味しい」って言ってました。


■とりわさ(650円)/牛たん牛すじ煮込(680円)
  長芋(180円)/あずま特製ミニラーメン(300円)
図4

一品料理もどれも美味しい。牛たん牛すじ煮込みが中でもオススメでした。
後半オーダーしてしまいましたが、前半からあってもよさそう。とにかくビールが進みそう。

〆のミニラーメンも300円なので1人1つずつオーダーできます。


■焼鳥丼(650円)
1 (27)

結構食べたし〆も食べたのに、マーコさんはそれでも足りなかったらしく、焼鳥丼まで食べておられました。
しかもあとで聞いたら、帰ってからコンビニのオニギリまで食べたそうな。
神奈川オフ会は、大食漢が多い。

1人10串くらい食べて、他のものもそれなりに頼んで、まずまず飲んで1人4500円くらいでした。
全料理が一定以上のクオリティで、さすがは人気店でありました。

2015年の忘年会で会い、次が2016年の忘年会だったけど、2017年は前半くらいでまた遊べるといいなと思いますが、どうでしょうね。
2


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,500円くらい


食べログ神奈川非公式オフ会の過去記事はこちらになります。
・2014年6月28日 きしや@新子安
・2014年10月4日 村田家@桜木町
・2014年12月13日 こーちゃん@関内
・2015年11月28日 鳥ひろ@妙蓮寺

神奈川非公式オフ会、メンバー絶賛募集中です。


■ドリンクメニュー①
ドリンク

■ドリンクメニュー②
ドリンク2

■日本酒
日本酒

■焼酎
焼酎

■焼鳥
焼鳥

■一品料理
一品料理

■おすすめ
おすすめ

■鍋
鍋


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

炭火焼鳥あずま焼き鳥 / 日本大通り駅関内駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

大人が喜ぶお菓子。元町生まれのラムボール。

2016.12.11.15:15

喜久家洋菓子舗@元町
カフェ


中華街、山東で昼食を食べ、今回のお出かけの目的、元町に向かいました。
1 (14)


老舗洋菓子店、喜久家。こちらが目当てのお店です。

1924年創業という、恐ろしいまでの老舗洋菓子店であります。

1924年というと、第1回冬季オリンピックが開催された年であります(開催地はフランス東部のシャモニー)。
日本だと、甲子園球場が完成した年になります。

この2つの出来事で、こちらのお店の歴史を感じることができるかどうかは人によると思いますが、老舗中の老舗ということは間違いなさそうです。


人がごった返す店内。常にある程度の列ができています。
ぐったりするほどの大行列ではありませんが、ひっきりなしにお客さんが訪れてきます。
1 (2)


入って右サイドに非常に簡単なカフェスペースがありまして、こちらで買ったものを食べることができます。
地元の方と思しき方々が、皆さん休憩されていましたが、奇跡的に1席だけ空いておりました。
1 (1)


カフェスペースでは店内で売っている洋菓子に加え、お茶を注文することが出来ます。
コーヒーは443円ということで、価格は元町と言えども良心的であります。
1 (4)


また、店内に売っている洋菓子以外にも、アイスやシェイク、パフェなどを注文することができます。
関係ありませんし、本当かどうかわかりませんが、「パフェ」は「パーフェクト」から来ているのだとか、いないのだとか。
1 (3)


お店の名物、いや元町の誇る名物ラムボールと、はちみつ系の四角いケーキをオーダーしました。
1 (9)


レシートには「ハニー」と書かれていたケーキ。270円也。やすい。
蜂蜜の甘さとしっとりとしたスポンジが特徴の、外さぬ王道の四角いスポンジケーキでありました。
上部のザラメみたいなところが、さらに甘くてよいです。
1 (10)


こちらがお店の名物、いや元町が誇る名物ラムボールであります。お値段220円也。
餡子隊長が「ナムさんがきっと好きなはず」と目をつけていた洋菓子です。
1 (7)


中はこのようになっていて、とにかく染み染み系であります。
お酒の弱い人だと、香りだけで酔ってしまうのではないかと思うほどにラムの香りがします。
1 (11)


わたしの、、、わたしのナムボール、ではなくラムボールはあるのか!?と心配になりましたが、ちゃんとありました。
文字通り飛ぶように売れておりましたが、お店側も90年くらい営業しているのでそのあたりは当然把握しているようで、全く売り切れる気配がありません。
1 (13)

チョコレートの甘さと、ラムが染み込みまくったスポンジの甘さ、種類の違う2つの甘さが融合した大人のお菓子であります。
チョコレートの固さと、スポンジの柔らかさのコントラストも面白い。

このナムボールを友人のラムさんにあげたいと、しかし自分で食べないと不安であるという、もっともらしい言い訳で買いに来たのでありますが、隊長はたいそう満足されたようでした。

元町名物ラムボール、日持ちも4~5日しますし贈答品にオススメです。


===
【オーダー】
ラムボール8個入り 2,052円
カフェ(ケーキとお茶) 2人で1,414円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

喜久家洋菓子舗ケーキ / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る