FC2ブログ

神楽坂の名トラットリア「TRATTORIA La Tartarughina」

2018.12.20.22:25

TRATTORIA La Tartarughina@神楽坂
イタリアン


2018年、仕事関連の最初の忘年会を神楽坂にある一軒家レストランで行いました。
(結果的にこの忘年会が2018年最後の忘年会となりました)
1220 (27)


トラットリア、、、、タルタルギーナというお店です。
タルタルギーナとはイタリア語で小さな亀という意味らしい。
1220 (26)


お店の外にも1席屋外席がありました。時期的にはかなり相応しい席ではありませんが埋まっていました。
人気炸裂のお店なのでしょう。予約は3週間前に行いました。

入ってすぐのエリアはカウンター席です。19時では誰もいませんでしたが、すぐに満席になりました。
1220 (2)


カウンター席を抜けるとL字に曲がった場所があり、そこがテーブル席になっています。
7名で貸し切りとして利用しました。8名まで半個室として利用できるようです。
1220 (1)


とても雰囲気がちょうどいいお店で、料理がとても楽しみです。
華美過ぎず、清潔感があり、美味しいものを食べさせてくれる空間にしか見えません。
神楽坂は玉石混交の印象が強いですが、今日はとても期待できます。
1220 (8)


この時のおすすめメニューがこちら。
おすすめメニューはやはり美味しい率が高いので、オススメを中心に組み立てるのがよさそうです。
1220 (7)

その他グランドメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(800円)
1220 (9)

ビールはサントリーのモルツです。
プレモルが苦手だったのですが、それが高じて最近モルツも苦手になってきました。
なおビールは「カクテル」の欄に記載があるので見落とし注意です。


■前菜の盛り合わせ(1人前1,400円)
1220 (10)

帆立には黒キャビア、チーズは有機ミルク、ポレンタなどなど。
どれも「なんかわからないが旨い」です。全部美味しい。今日のお店は100%当たりだと確信した瞬間です。

時折「前菜ピーク」のお店がありますが、その懸念すら湧きませんでした。


■岩手産生牡蠣 有機オリーブオイルをかけて(800円)
1220 (11)

牡蠣も言うことありませんが、有機オリーブオイルがけがまた最高です。
ラウデミオみたいな高いオリーブオイルなのでしょうけど(もっと高いかもですが)、オリーブオイルが生牡蠣をこんなに美味しくしてくるとは知りませんでした。


牡蠣用に白ワインを選んでいただきました。
ワインは掲載されているもの以外にもいろいろ用意されており、料理に合わせて好みを伝えるといろいろ持ってきてくださいます。
1220 (12)


■有機ブッラータチーズをのせたマルゲリータエクストラ フレッシュ黒トリュフをかけて(2,500円)
1220 (13)

ブラータチーズは10戦10勝で美味しいわけですが、その中でも殊更美味しいブラータチーズでした。
ブラータチーズは高いので全体の値段を押し上げますが、それをしても食べたい前菜です。さすがオススメメニュー。
新鮮な黒トリュフがまたいい仕事をしてくれるからすごい。


■牛肉のタリアータ(3,300円)/プーリア名物オリヴィアポークとモッツァレラチーズのポンベッテ(3,000円)
1220 (14)


タリアータには15年ものの超高級バルサミコ酢をかけて頂くのですが、牛肉はもとより、このバルサミコ酢が本当に美味しい。
深い深い味わいを引き出してくれます。
1220 (15)


牛もよかったですが、それ以上に圧倒的に感動したのはポークとモッツァレラチーズのボンベッテです。
ボンベッテは直訳するとミニ爆弾になりますが、プーリア地方の名物料理になります。
モッツァレラチーズに豚肉を巻いているのですが、筆舌に尽くしがたい美味しさです。これは食べてみるしかありません。すみません。
1220 (16)


肉に合わせて後半は赤ワインを。
1220 (17)


■本日のスペシャルピザ
1220 (18)

先程のブラータチーズと黒トリュフを使った何とも贅沢なピザです。
ブラータチーズをピザに使ってしまうなんて。法律違反にはならないのか心配になります。
1220 (19)

素材が旨すぎる上にピザ生地も大変美味しく、究極、あるいは至高のピザでした。
なんとも贅沢なピザでありましょうか。


■モアーク農園 有機野菜のミックスサラダ(950円)
1220 (20)

サラダでちょっと休憩。


■ニュージーランド産 牧草牛のグリル(3,700円)
1220 (21)

休憩後は豪快に牛肉のグリルです。
味が濃く赤身が美味しい最高の牛肉のグリル。この見栄えで美味しくないはずがありませんし、実際噛めば噛むほど旨味が溢れる最高の赤身でした。


■スパゲッティ 生雲丹のバーリ風(2,400円)
1220 (22)

メインを最後にすると満腹で食べられないことがありますが、炭水化物だと不思議と食べられるという危険な思想で、ラストをパスタにしました。〆のラーメンみたいな話でしょうか。

バーリ風とは南イタリアのプーリアの州都がバーリという名前なので、それ風ということでしょう。
イタリアだけに魚介の使い方がパーフェクトで、そんじょそこらの雲丹のパスタの遥か上を行っています。

このお店は、、、本当に美味しい。


デザートメニューも充実していますので、甘党の方は是非。
1220 (23)


わたしは甘いものは食べないので、食後は恒例のグラッパ祭りとなりました。
今思えばこれがよくなかったのです。
1220 (24)


この写真とか、覚えていませんし。いったいどのくらいの量のグラッパを飲んだのであろう。。。
1220 (25)


お店を出たところで、何もないのに転んでしまい、結果こうなりました。
全治1ヶ月。人生初の足骨折、人生初の松葉杖生活となりました。
1220 (28)

松葉杖生活となりましたが、お店とは何ら関係ありません(当たり前です)。
本当にオススメの素晴らしいイタリア料理のお店です。

美味しい料理にワインもすすみまくってしまうため、お店を出たあとに転んで骨折しないように気をつけたいところです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人11,000円


■食事メニュー
1220 (4)

■ドリンクメニュー
ワイン、カクテル



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆


[イタリアン]

トラットリア ラ タルタルギーナイタリアン / 神楽坂駅江戸川橋駅牛込神楽坂駅

夜総合点★★★★ 4.0


theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

都内屈指のお好み焼き「もみじ屋」@飯田橋

2018.10.28.15:23

もみじ屋@飯田橋
お好み焼き


テレビで広島のお好み焼きの話をやっており無性に食べたくなってしまい、気付いたらお店の前におりました。
飯田橋にある「もみじ屋」というお店です。
1028 (2)

広島に1年間住んでいた際に、毎日のようにお好み焼きを食べていました。
本当に毎日食べていたため、広島の方に「よく毎日食べて飽きないね」というような意味を広島弁でよく言われていました。

あまりに毎日食べていたため、見ただけで美味しいかどうか分かるようになりました。たぶん。
そしてわたしの中では「広島風」とは付けません。お好み焼きはソバの上にキャベツや玉子が乗ったあれを指します。基本的には。


やはりカープ愛があるお店で、カープガチャガチャが置いてあります。
1028 (3)


引退されました新井さんのポスターもあります。
新井さんは同級生なので勝手に親近感がわきます。観月ありささんも同級生です。
他にも数多くおりますが、なぜ観月ありささんを挙げたのかは自分でもよくわかりません。
1028 (4)


14時半の訪問で8割位の客入りでした。人気店のようです。鉄板前席とテーブル席があります。
1028 (1)

店主と2名のスタッフの方で切り盛りされておりまして、1人の方はまだ入ったばかりでいろいろ仕事を覚え中のようでした。
店主の指導は厳しく(お客さんにはとても優しい)、ここのお好み焼きは最高に美味しいに違いないという思いが、松坂投手風に言うと自信が確信に変わりました。

まどろこしくて申し訳ない。


非常にオーソドックスなお好み焼きメニューになっています。変に奇をてらっていないところに安心感を覚えます。
肉玉そばが850円ですので価格も都内ですとかなり平均的なレンジかと思います。
1028 (5)

ドリンクメニューは一番下に掲載しました。


鉄板では店主が非常に丁寧にお好み焼きを作ってられました。熟練の技と愛情が注ぎ込まれたお好み焼き。
自信が確信に変わり、次は「早く食べたい」という強い願いに変わりました。
1028 (8)


カープ時代、いや激しく間違えました。広島時代に毎日対面していたオタフクソース。
お好み焼きの完成を今か今かと待ち続けます。
1028 (7)


■瓶ビール(600円)
1028 (14)

昼間ですがあまりに美味しそうなお好み焼きが食べられそうだという高揚感からビールを注文してしまいました。
あと、周りのほとんどのテーブルが飲んでいたことの影響も大きいです。

瓶ビールはアサヒとキリンが選べます。これは嬉しい。有り難い。
迷わずスーパードライを選びました。


■肉玉ちゃんぽん(950円)
1028 (12)

カープ、、、広島時代からずっと「ちゃんぽん」をこよなく愛しています。
広島の人がよくちゃんぽんにするわけではなく、広島時代に教えてもらったちゃんぽんの良さに味をしめ、だいたいお好み焼きはちゃんぽんにしてしまいます。

なお、ちゃんぽんとは「焼きそばとうどんどっちも入れたもの」です。アルバイトの方もご存知ありませんでした。あまりないケースなのかもしれません。
価格的には肉玉そばに、うどんをトッピングすることになるので、なんと850円+100円で物凄いボリュームのお好み焼きが完成します。


食べてみますと、これが旨いのなんの。塩気はほぼなく、ほどよい甘さに包まれた最高に美味しいお好み焼きです。
ヘラでぎゅっと押し当てて作りながらも、すごくふっくらした仕上がりになるのが名店の味かなと思っています。
1028 (13)


断面を見ると当然焼きそば麺とうどんの混合になっています。
そばは所々カリカリで、うどんは全体的にもっちりしていてコントラストが楽しいです。この食感の違いを楽しめるのがちゃんぽんの醍醐味です。
1028 (15)


■肉玉ソバ ネギかけ(1,000円)
1028 (10)

続いては王道の肉玉そばに最高に彩り良い葱をトッピングした1枚。
やはり殊更旨いです。

なんでしょう。まず野菜がとにかく美味しいのです。野菜の火入れが見事すぎて、野菜が最高潮に美味しい。
味付けも全然濃くなく「結局はソースの味じゃん」とは決してなりません。
1028 (9)


最後にちょっと気分を変えてマヨネーズで味変をしてみたのですが、そんな必要は一切ありませんでした。
提供されたそのままを頂くのが、もみじ屋では一番美味しいと思います。
1028 (11)

シンプルな料理であるために料理人の腕の違いが思いっきり出ます。
広島を彷彿とさせる最高に美味しいお好み焼きでした。

通し営業のため、15時近辺など半端な時間の訪問がオススメです。

===
【オーダー】
肉玉ちゃんぽん 950円
肉玉ソバ ネギかけ 1,000円
瓶ビール 600円


■ドリンクメニュー
1028 (6)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

もみじ屋お好み焼き / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[お好み焼き]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : お好み焼き

パフェはピエール・マルコリーニ弱のお値段だが味はだいぶ寂しい

2017.03.05.16:08

THEOBROMA@神楽坂
カフェ


春日で洋食を食べ、歩いて三軒茶屋を目指す途中、カフェ休憩を行いました。

休憩という意味ではあまりに手前すぎるのですが、餡子隊長がチョコレートを食べたいと仰られまして、チョコレートとなるとチョイスが極端に少なくなってしまうため、神楽坂のカフェに入ることにしました。

この路地の奥にあります。
1 (16)


デパ地下などで見かけます、テオブロマのカフェバージョンであります。
1 (15)


お店に入ると、物販エリアがあります。Tシャツなんかも売っているではありませんか。
1 (14)


ケーキのショーケース。チョコレート系を中心にケーキが並んでいます。
全部2~3個しかないのは、そういうルールにしているのか、あるいは綺麗に万遍なく売れたのか。
1 (5)


ジェラートも扱っています。神楽坂散策にジェラートは似合いそう。
1 (6)


テオブロマはもともとチョコレートのお店だと思われます。そしてチョコレートが非常に充実しています。
チョコレート自体のお値段は、欧州系の最高峰チョコレートの半額くらいとお安めです。
美味しかったらホワイトデーのお返し用にのチョコレートはこちらで買ってみようと思います。
1 (7)


カフェスペースもありまして、お店の中で食べることもできます。
全体的にどことなく古く、どことなく昭和というか、古めかしい雰囲気。
1 (3)


ケーキ屋さんですが簡単なランチセットもあり(値段は1200円超えと簡単ではありませんが)、ジェラート、ケーキ、パフェなどのセットがあります。
パフェは単体で税別で1,425円とピエール・マルコリーニなどにあと一歩まで迫る級の値段となっておりますが、ドリンクセットにすると少し安くなります。
ただ、ドリンク自体がまずまず高めであるため、結果どうしても結構高いお茶にならざるを得ません。ジェラートをテイクアウトすれば別ですが。
1 (1)


アルバイトの学生さんと思われる方が、運んできてくれます。
1 (11)


■ブレンドコーヒー(648円)
1 (8)

コーヒーが、でかい。
やや重め、酸味は少々。すっきり系ではなく、どっしりした方向性のコーヒーは、アメリカンにしてこの味ゆえ、普通のブラックだと飲めなかったかもしれません。


■アールグレイ(648円)
1 (9)

紅茶は鉄の急須で登場したのですが、あまりに渋い仕上がりでした。
どのくらい放置してしまったのだろうか。アルバイト初日とかだったのか。

渋すぎる紅茶は、ケーキ類の口休めにまったく力を発揮しません。ただただ強敵と化します。


■パフェ(1,425円→セットにすると1,209円)
1 (12)

インスタにはアップしませんが、もっともインスタジェニックなメニューと思われたパフェにしました。柄にもなく。
しかしたくさん乗っているアイスがあまり美味しいと思えず、それでいてボリュームは満点であるため、早々に餡子隊長にヘルプを要請することとなりました。
1 (10)

チョコレート専門店のパフェなのでちょっと期待していたのですが、好みに合わなかったようです。


■サンフォアキンドス(615円→ケーキセットにすると実質594円)
1 (13)

パフェよりは、このチョコレートケーキの方がよかったです。
しかし、餡子隊長は後半ペースがガタ落ちしておりました。私のパフェを手伝ったこともありますが、あまりに重くずっしりし過ぎていたようです。

ジャンポールエヴァンのチョコレートは食べても食べてもずっしり来ないらしく、どういった点でその違いが出るのか。


ずっしりと重いチョコレートを消化するため、一生懸命歩きました。
途中、原宿でエッグスンシングスの前を通りました。
1 (17)

エッグスンシングスの行列はいつまで続くのでありましょうか。。。ハワイで食べましたが、行列の意味は分からず、あるいは日本のエッグスンシングスはハワイよりも美味しいのだろうか。


===
【オーダー】
チョコレートパフェ(セット) 1,857円
ケーキセット 1,242円

■ジェラートメニュー
1 (2)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

ジェラテリア テオブロマアイスクリーム / 神楽坂駅牛込神楽坂駅飯田橋駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

伝統を感じるクラシカルな北イタリア料理たち。

2016.12.02.22:15

RISTORANTE STEFANO@神楽坂
イタリアン


忘年会で神楽坂へ。
神楽坂は特に玉石混交である意味お店選びが難しいエリアのように思います。
1 (6)

意外とハズレが少ないのは世田谷エリアのような気がします。
オフィスエリアでもショッピングエリアでもないため、そもそもお客さんの母数が少ない上に、それなりにお金を持っている人が集まっているので、ハイレベルな戦いが繰り広げられているような。


北イタリア料理が頂けますステファノというお店に行きました。
1 (7)


ある意味レトロ感のある通路を通ってお店へ。
1 (8)


店内はクラシカルな落ち着いた雰囲気。
席と席もある程度距離があり、とても落ち着けます。
1 (1)


コース料理は7,400円と10,800円の2拓。もちろんアラカルトメニューもあります。
今回は7,400円のコースを頂きましたが、10,800円の内容は下に掲載しました。
7400.jpg


飲み物はビール、赤白ワインを飲みました。
ビールはビッラナジョーレなる、イタリアのオーガニックビールで1,200円です。
苦味の強いパンチのあるビールでした。
図1

ワインはボトルで5,950円~です。さすがにカジュアル店の領域ではありません。
赤白ワインリストも一番下に掲載しました。


・生ハム&キノコ
・鰤の生姜とピンクペッパーマリネ スパイスを効かせた林檎のコンポート添え
・鶏胸肉のエストラゴン風味とラディッキオロッソタルディーボのプリン
・ふだん草とスペック、パンのニョッキ バターセージソース
図2

東北出身ゆえ、北の料理にはなんとなく親しみを持ちます。色合いが北の料理っぽい。
全体的に伝統を感じさせるクラシックスタイルの料理に思えまして、特にバターセージソースのニョッキが美味しかったです。


メインは以下の2つから選べます。

■豚スネ肉のロースト 甘酸っぱいソース カボチャのピューレとラディッキオ添え
1 (3)

■アンティーチョークとほうれん草を添えた鱈のパンチェッタ巻き 白ワインソース
1 (2)

北の料理だからか、色合い的な華やかさがあまりなく、「おお!」という歓声がなかなか上がりにくいかなと思いました。
無論、見た目を食べるわけではないので、たいそうな問題にはならないのですが。

少々足りなかったのと、寒かったのでまたウロウロしてお店を探すもの大変なので、最後にチーズの盛り合わせでワインを飲みました。
クセの表情が1つ1つ違っているかなり個性的なチーズである意味一番印象に残りました。
1 (4)


イタリア料理で最後にいつも思うのは、この指が通らないコーヒーカップは日本人には結構飲みにくいと思うのですが、そんなことを思うのは私だけなのだろうか。指の力が弱すぎるのだろうか。
1 (5)


===
【オーダー】
上記の通り 1人12,000円くらい

■10,800円のコース
10800.jpg

■赤ワインメニュー
赤

■白ワインメニュー
白

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

ステファノイタリアン / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

飯田橋・神楽坂エリアとんかつの雄「あげづき」

2016.10.14.14:18

あげづき@神楽坂
とんかつ


土曜日ラーメン遠征改め、今週はとんかつ遠征にしてみました。
とんかつフリーク、公右平氏とともに。

目指したのは飯田橋。神楽坂下からお店を目指します。
1 (1)


開店10分前の11時20分の到着で6名待ち。
1 (2)

ラーメンと違い、とんかつで行列ができるお店はわりと珍しいです。
そしてラーメンと違い回転が悪いので、とんかつの行列店は1ターン目に入れないとかなり厳しい戦いが展開されます。


お店の名前は「あげづき」。ミシュラン2015のビブグルマンに掲載されたお店です。
1 (16)


営業時間情報はこちら。
1 (3)


11時半にはお店は開かず、11時35分に入店できました。
店内の写真撮影は禁止です。

文字で表現しますと、入って左にカウンター席、入って右にテーブル席が5つ。
テーブル席は3名~6名掛けと様々ですが、4人掛けの席に案内されまして、相席の心配はありません。
雰囲気は和の趣で、外国人旅行者にも喜ばれそう。


メニューです。とんかつ系は1,560円~2,150円。
とんかつ以外にもメンチカツや生姜焼き、海老フライなどの料理が揃っています。
1 (4)

はるばる来た上に、並んでしまったりしておりますので、2,150円の数量限定特ロースカツにします。
定食にするにはプラス360円。表示は税抜ですので、かれこれ2,710円となります。豪華なランチだ。
1 (4)


肉、油、揚げ方、食べ方に関する丁寧な説明書きがあります。
名店のとんかつは、肉が厚いことと、低温揚げである場合が多いので、待ち時間が非常に長く、こういったものを読んでいる時間はふんだんにあります。
1 (8)


時間がかかる旨が、非常に丁寧に説明されています。
席に座って待っているので全く苦になりません。むしろ並んでいる人にこの事実を伝えたい。
1 (5)

1ターン目を逃すと、1時間くらいの並びになってしまうのではないか。


沢庵、ポテトサラダ、胡瓜の前菜を食べながら、のんびりととんかつの到着を待ちます。
1 (9)


とんかつのソース、辛子、それとサラダのドレッシングがやってきます。
1 (6)


一口目はこちら、バハール岩塩で。
1 (7)


待っている間に期待に胸が膨らみすぎて、宙に浮いてしまいそうになったくらいのタイミングで、特ロースカツ定食が到着しました。
12時15分のことです。入店してから40分目の出来事です。
(やはり1ターン目を逃すと1時間以上は待つことになりそうですね)
1 (12)


キャベツ。意外にも手切りではないそうです。
しかしドレッシングが異様に美味しい。サッパリとしてあっさりとしているが、味の定まりのよいドレッシングが最高です。
キャベツはお代わりできます。
1 (15)


分厚く、存在感抜群な、どう見ても上級の上等のとんかつ。
衣が白眼なのは、低温でじっくり揚げるからと思われます。
名店と呼ばれるとんかつ店では、確かに白い衣のお店が時々あるように思います。
1 (13)


分厚い断面。うっすらピンク色の仕上がりです。
このあと予熱でじゃかすかと火が入るというより、結構じんわりと長い時間ピンク色でいてくれます。
1 (14)

名店っぽいお店でないところで、こんなにも豚肉がピンクだと震え上がるところですが、こういったお店ですと有頂天になってしまいます。

分厚いですが、さっくりと柔らかく甘みを帯びたとんかつ。並びができるのはよくわかります。
もはや一般的なとんかつ店とは一線を画しているというか、同じものとは思えぬ領域におります。
1 (10)

柔らかくしっとりとしていますが一定の歯ごたえもある。
塩とソースで交互に頂きましたが、究極塩のほうが美味しいかなと思いました。

前からずっと行ってみたいと思っていたお店ですが、評判に違わぬ名店でした。


大満足のすえ、飯田橋から会社のある北参道に歩いて帰る途中、先週鉄腕ダッシュでやっていた、曙橋付近の池の前を通った。
1 (17)


池の水を入れ替えたら発見された、大スッポンにも出会えました。
1 (18)

===
【オーダー】
特ロースカツ定食 2,710円(税込)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

あげづきとんかつ / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★★ 4.0



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る