FC2ブログ

魂宿る和食「久」@新橋

2019.03.27.21:24

久@新橋
和食


新橋の烏森神社の先。
0327 (15)


スナック魔の巣でもありそうな裏路地にある和食屋さんを予約したのですが、まったくお店が見つかりません。
何度か違うお店に入ってしまいました。
0327 (16)


「久」というお店で、正解はこちら。お店の名前が出ていないので初見では必ず迷うと思います。
0327 (17)


L字のカウンターのみの小さなお店で、大将とお弟子さん、外国人女性の3名体制でした。
(お弟子さんは息子さんかな?と思いましたが違うそうです)
0327 (1)

2部制の前半に入ることができました。18時と21時の2部制なのかな。
たまたま当日予約で席が取れましたが、なかなか予約が難しいお店のようで運がよかっただけのようです。


「ちょっと狭い席になる」と伺っていたのですが、こういうことですね。
0327 (2)

ここの席に限らず、全体的に隣同士の間隔は狭めです。接待では使いにくいかもしれない。


「おきまり」は必ず出てくる料理たちで、「おきまり」でおおよそ腹六部目だそうです。
0327 (4)


おきまり以外にこれらの中から数品選ぶことになります。
毛蟹とオムレツ、それとフライ部門からアジフライを選びました。
図1


ビールの注ぎ方が非常に丁寧ですごかった。最後にグラスごと冷水に入れていました。
泡もクリーミーでうすはりグラスっぽくて最高に美味しいビールでした。
0327 (3)


しかし料理構成的にどう考えても日本酒が合うだろうと思い、すぐに日本酒に切り替えます。
好きな徳利を選ぶことができます。
0327 (9)


好みを伝えると、日本酒を選んでもらえます。
日高見、神亀、大七。
図2

料理もビールも日本酒も値段がまったくわからないところが不安ではありました。


最初の料理が運ばれてきました。
0327 (7)


■吹き寄せ
0327 (8)

すごく優しい味付けなのに、舌に少し当たっただけで美味しいとわかる味。


■ホタルイカの酢漬け
0327 (18)

酢味噌は辛子入り。これは美味しい。酢味噌の味わいが初体験ゾーン。辛子入りですが全体的にまろやかで酸を感じません。
ホタルイカは柔らかくも弾力があり、茹で方や蒸し方に何か秘密がありそう。
炙った帆立も入っていました。帆立を助攻に使ってくるとは。。。


■毛蟹
0327 (19)

最初のコースには含まれていない一品。

こんな風に甲羅に毛蟹を詰め直しているので非常に食べやすいです。
毛蟹が一番蟹の中で好きですが、特に濃厚な味に感じます。
底の部分には蟹味噌が詰まっていました。
0327 (20)


■お造り
0327 (22)

本鮪、平目、子持ち槍烏賊を煮たもの、の3品。
平目は昆布〆か。旨味がぎゅっと詰まっています。刺身は切るだけの料理ではないと改めて思います。

本鮪は赤身の味の濃さに驚きます。トロはさらに尋常に非ず。
なんだこの美味しい刺身は。どんな魔法を使ったのか。
0327 (23)


■蛤の真薯(しんじょ)
0327 (24)

出汁が。。。すごい。どんなにお金をかけても家庭で作れる出汁ではありません。
魚介の出汁と蕗の薹の苦さの対比がいい。季節感満載です。
これぞ和の出汁という逸品でした。


■本鱒の幽庵焼き
0327 (25)

脂のノリがちょうどいい本鱒。旬なのでしょう。柑橘の香りが広がります。
焼き上がりのふっくら加減は流石の一言。
0327 (26)


■オムレツ
0327 (27)

コース外の一品。
プレーン、トマト、トリュフから選べます。トマトにしました。

フルーツトマトと思われますが並みのフルーツトマトではなさそう。全てのトマトがこれであればトマトを嫌いになる人はいないのではないか。抜群の酸味と甘味です。

玉子のフワフワした仕上がりは言うにあらず。出汁の風味も豊かで少し散らされたバジルも秀逸です。トマト合う。
0327 (28)


■すき焼き
0327 (29)

お弟子さんがフライパンを振るって作っておられました。
大きな肉が1枚。すき焼きはこのくらいの量が一番美味しく感じると思う。タレの味が見事に決まっています。
黒トリュフとすき焼きが合うとは知りませんでした。


お水を注文したら「氷はいりますか?」と聞かれます。寒い日だったので。よく気がつくなあと改めて感心しました。
0327 (14)


■白菜の漬物
0327 (13)

箸休め。酸が効いていてさっぱりします。


■アジフライ
0327 (30)

フワフワにも程があるアジフライ。なんだこのアジフライは。魔法だな。。。魔法を使いましたね。。。。

タルタルソースにも独創的。マヨネーズではないように思いました。
0327 (32)

なお、揚げ物は最後に「食べたいですか」と聞かれますので最初にオーダーしません。
その時のお腹の状態で数を決めることができます。


■酒粕の牛乳プリン
0327 (33)

確かに酒粕味。パンナコッタと同じ作り方なのだそうです。
酒粕が完全にデザートになっています。これは美味しい。
最後の最後まで終始大満足でした。

季節が変わったらまた訪れたい和食の名店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人13,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

新ばし 久割烹・小料理 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★★ 4.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

魚金は洋でもすごい「びすとろ UOKIN」@新橋

2019.02.12.23:09

びすとろ UOKIN@新橋
居酒屋


1軒目で生ビールを堪能しながら2軒目のお店を探しました。何しろ1軒目が17時スタートだったので、2軒目すら19時スタートという幸せな状態。
やっと罪悪感がない時間帯になりました。

ダメ元で近くの魚金に電話してみたら「テラス席なら空いている」ということで急行しました。
びすとろUOKIN。初の洋風魚金に潜入となります。
0212-2 (15)


魚金系列は通算6店舗目の訪問となります。
・2010年12月26日 新魚金@新橋
・2012年1月12日 路地裏魚金@新橋
・2013年5月24日 鱈腹魚金@新橋
・2014年8月28日 渋三魚金@渋谷
・2018年10月17日 魚金3号店@新橋


テラス席とは、こういった席でした。ビニールシートで覆われているので一応風は直接はきません。そして石油ストーブが1台置いてあります。
この石油ストーブがすごい。何かの拍子に止まると、焦るほど寒くなります。そして点灯するとまた暖かくなるという。
風が来ないとはいえ石油ストーブがなければ、冬はなかなか地獄の環境です。
0212-2 (1)

なお、ところどころビニールに隙間があるのですが、もしかすると一酸化炭素中毒防止策かもしれないと思うと、うかつに閉じるわけにもいかずそのままにしておきました。


オススメメニューが黒板に書いてあります。その他のメニューは一番下に掲載しました。
洋風の魚金初めてで、なかなか興味深くメニューを熟読しました。
0212-2 (2)


■生ビール(580円)
0212-2 (6)

ビールはプレモルでした。プレモルってとても味が濃いです。
魚金は高いお店ではないですが、高いお店はプレモルが多いような印象があります。営業力とブランド力の力か。


自動的にパンがサーブされます。それもかなりの量が。
1軒目でまあまあ食べていたのですが、不思議とパンは一瞬でなくなりました。
0212-2 (7)


■海の幸カルパッチョ6点(980円)
0212-2 (8)

魚金といえば「6種なのに11種入っている」という刺し身が有名ですが、カルパッチョ6点は本当に6点で逆に驚きました。
つい何度も数えてしまった。
でもこのカルパッチョが980円というのは、さすが魚金と思わざるを得ません。


■生牡蠣(1ヶ120円→8ヶ960円)
0212-2 (9)

日曜日には90円になるという生牡蠣。
オリーブオイルが挿してあります。生牡蠣にオリーブオイルが合う上に一層旨くなるというのは骨折したタルタルギーナ@神楽坂で学びました。
※骨折とお店の因果関係はまったくありません


■アンガス牛Lボーンステーキ(3,280円)
0212-2 (10)

魚金でステーキか!それも3,000円以上もするぞ!と思って注文。
魚金ならばステーキでも旨いに違いない。そして魚金で3,000円を超えるメニューなのだから、とんでもない結末になるに違いないと信じて。

食べてみると、やはり餅は餅屋かなというところでした。
肉が固いです。固いことに尽きます。
魚金で3,000円以上とはいえ、この大きさの牛肉を3,000円で提供できるだけでもすごい可能性があるので、さらにクオリティまで追求させてしまいそうになる魚金ブランドがやはりすごいとも言えそうです。
0212-2 (11)


■金目鯛のブイヤベース(3,080円)
0212-2 (13)

ステーキが拍子抜けだったので、それならば同じ3,000円超えシリーズで金目鯛のブイヤベースを注文してみました。
すると、、、やはり美味しい。とんでもなく美味しい。非常に大きな金目鯛を使ったブイヤベースですが、全く大味ではありません。
今度は違った意味での餅は餅屋ということになりました。
0212-2 (12)


ブイヤベースの残りで作って頂けるリゾットは突き抜けた旨さで、お腹いっぱいなのにお腹に吸い込まれていくという不思議な魅力を持っていました。
ブイヤベースを食べる際には、自分の箸でガチャガチャやったりする人がいないか監視しておいたほうがいいです。気になる場合は、ですが。
0212-2 (14)

古い話でかつ個人的な話で恐縮ですが、友だち同士ならいいよね事件を思い出しました。

とにかくブイヤベースとリゾットはすごく美味しかったですし、カルパッチョ、生牡蠣のコストパフォーマンスはさすがでした。
やはり魚金の魚料理は美味しい。そして魚金は洋食になっても美味しい。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円


■おすすめメニュー
0212-2 (3)

■グランドメニュー
0212-2 (4)

■ドリンクメニュー
0212-2 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

びすとろ UOKINビストロ / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

究極のスーパードライを求めて「Brasserie Beer Blvd.」@新橋

2019.02.12.18:14

Brasserie Beer Blvd.@新橋
ダイニングバー


新橋駅から徒歩5分少々の場所に、スーパードライが異様に旨いお店(DRY-DOCK@新橋)から独立した方が運営しているというお店があり行ってきました。
開店と同時の17時に。
0212 (1)

それにしても17時を過ぎると帰宅する人で溢れかえるのだから驚きます。
17時に帰ることができる人って結構世の中いるのだなと。朝が早いのかもしれない。


片仮名読みで「ブラッセリー・ビアブルヴァード」というお店です。
0212 (2)

DRY-DOCKを訪問する前は「ビールは美味しいが、特段普通のお店と比べてそんなに美味しいことはあるまい」と思っていたのですが、行ってびっくり、本当に突き抜けて美味しかった。

今回も楽しみです。


店内はカウンター席、テーブル席があります。
17時なのでさすがに余裕で一番乗りでした。外とかすごく明るいし。
0212 (3)


奥には個室っぽいエリアもあり、まずまずの収容力がありそうでした。
満員になると少々狭めの印象になりそうですが、綺麗で女性でも十分入りやすいと思います。
0212 (4)


スーパードライの注ぎ方で3種類のメニューがあるのは、日本広しと言えどもこちらのお店だけではないでしょうか。
これまで注ぎ方で2種類のメニューがあるお店すら出会ったことがありません。
0212 (5)


ビールはこの他いろいろな種類が揃っています。クラフトビールというのでしょうか。定義がよくわかっていません。
食事メニューもあり、十分に1軒目から活躍できるお店です。
一番下に全てのメニューを掲載してみました。
0212 (9)


お通しのタルタル on the クラッカーは300円也。
1人1枚なので、このお通しは拒否する手もありそうです。お通しを拒否したことはこれまで1度もありませんが。
0212 (12)


■マツオ注ぎ/サトウ注ぎ/シャープ注ぎ(各680円)
0212 (10)

3種類のスーパードライを一気にオーダーし、回し飲みして味わいの違いを楽しみました。
確かに味が違いますが、「どう違う」みたいな細かい点は正直よくわかりません。しかし違うことだけはわかります。
泡がもわっとしたビールが、一番味が濃く感じました。
0212 (11)

そしてやはり普通のお店で飲むアサヒスーパードライとは比べ物にならないほど美味しいです。
ビールが苦手な人でも、このビールならば飲めるのではないか。
すっきりしていて雑味がなく、スーパードライのCM通りクリアな味です。


グラスがあまりにも綺麗であるため、エンジェルリングも見事に形成されます。
うすはり気味の口当たりの良いグラスでビールの旨さを引き出します。
0212 (13)

1軒目だったので食事メニューも頼んでみました。

■シーザーサラダ(750円)/パテ・ド・カンパーニュ(500円)
  炙り鰤のカルパッチョ(880円)/海老のアヒージョ(880円)
図1

シーザーサラダは胡椒が効いている。パテは少し臭みがありますが500円というのはすごい。
カルパッチョは味は普通ですがとても脂が乗っています。アヒージョは安定した味。オススメです。


■フィッシュ&チップス(880円)
0212 (19)

フィッシュアンドチップスはふわふわサクサク。お菓子感覚です。
ロンドンで食べたフィッシュアンドチップスとはだいぶ差がありました。ロンドンのはずっしりした感じでした。

スーパードライ以外に4杯ビールを飲みました。
いろいろなビールを楽しめるのも、こちらのお店の楽しいところの1つです。スーパードライ一辺倒ではないです。


■ピルスナー・ウルケル(880円)
0212 (17)

チョコのビール。
外国の味がしました。海外旅行に出掛けた気分が味わえます。


■シエラネバダ・ペールエール(850円)
0212 (20)

アメリカのビール。
先ほどがピルスナータイプのビールだったので、エールタイプにしてみました。
結構柑橘っぽいフルーツ感のあるビールでした。


■ハーヴェストムーン・レモネール(810円)
0212 (21)

国産の舞浜のビールと思われます。
味は完全にレモネードです。レモネード以外何物でもない味がします。
なのでレモネードでいいかも。


■ビアブルヴァード・ピルスナー(950円)
0212 (22)

お店の看板メニューみたいな名前のビール。ラガータイプです。
ふくよかな味ですがさっぱりとした飲み口で、とても美味しい。

こんなにいろいろな種類のビールを飲んだのは久しぶりです。新宿御苑のビアバー以来か。
どのビールも状態がよいためかとてもフレッシュで美味しかったです。

最高のスーパードライが半信半疑の方に特にオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,200円くらい


■ビールリスト
0212 (6)

■フードメニュー①
0212 (7)

■フードメニュー②
0212 (8)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ブラッセリー・ビアブルヴァードビアバー / 汐留駅新橋駅御成門駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

2/12

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

ちょっと贅沢に牛タンランチ「杜の都 太助」@新橋

2019.02.03.15:47

杜の都 太助@新橋
牛タン


新橋駅至近の汐留シティセンター。地下からも潜入できます。
富士通とANAが入っていたような。
0203 (1)


下の方のフロアにレストランが入っています。
さすがに個人店というよりは資本系のチェーンっぽいお店ばかりですが。
0203 (2)


杜の都 太助。仙台のお店は通常わざわざ「杜の都」と言わない気がするので、なんとか仙台感を出そうとしているように見えます。
「杜の都 太助」の店舗は東京にしかありません。
0203 (5)

新宿三丁目のお店に過去に1度行ったことがあります。


昔聞いた話だと、本家本元の国分町の太助とは関係はほとんどないとか何とか。
国分町の太助は高校時代に何度も食べましたが、当時はネットもなかったからか混んではいましたが大行列はありませんでした。
0203 (15)


店内は日曜日13時20分の到着で6割位の賑わいでした(写真は帰り際になります)。
ホール1人で大変そうでした。
0203 (14)


メニューは本家と同じく牛タンオンリー、、、ではありません。牛タンシチューもあります。
0203 (3)


値段は牛タン3枚で1,650円、5枚で2,500円、6枚で2,900円と結構高め。
3,000円が見えてくる6枚は高すぎですし、かといって3枚は寂しいし、、、ということで5枚の2,500円にすることにしました。
お店の術中にはまっている気はします。
0203 (4)

とろろの有無で値段が変わるのも元仙台市民としては少々納得のいかないものがあります。


ランチタイムは麦飯お替り自由だそうです。さすがに値段が値段なので麦飯くらいはたくさん食べたい。
0203 (12)


■とろろ付 1.5人前(2,500円)
0203 (6)

2,500円か、、、と思いながらも、牛タン5枚の魅力に勝てず清水の舞台から飛び降りました。


牛テーブルスープは葱たっぷり。
テールもドカンと入っているのがいい。
0203 (8)


本家の方ですが、佐野さんが「より栄養をとってほしい」という気持ちから栄養価が高い麦飯が採用されたと高校時代に聞いたような。
あれは佐野さんだったのか、息子さんの方だったのか。当時的には「おとな」ということしか認識していませんでした。
0203 (9)


有無のメニューから差し引きすると150円であることが分かるトロロ。
150円のオプションだと考えるととろろ、高すぎる気がします。
0203 (7)


とろろご飯にしたのも、栄養価アップを考えた末だったようです。戦時中ですもんね。。。
牛タン漬物添え、牛テールスープ、麦飯、とろろ。牛タンのスタイルを1つのお店が構築して広まっているというのは何とすごいことか。
0203 (13)


炭火のいい香りがします。2,500円だけど5枚にしてよかったと対面して思いました。
カット法が本家と同じかわかりませんが、とても柔らかい仕上がりです。
0203 (10)


少々塩が強くて食後の喉の渇きが心配ですが、サクサクとした歯ごたえと、一方で併せ持つ柔らかさのコントラストが最高です。
値段は高いですが、ねぎしより美味しいかなと思います。コストパフォーマンスまで含めるとどっちがよいかは悩むところです。
0203 (11)


少々お値段は高めですが家賃が高そうだから仕方ないかなとも思います。

銀ブラして帰りました。
ボリューム的には1.5人前は最高にちょうどよかったです。
0203 (16)


===
【オーダー】
とろろ付 1.5人前 2,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

杜の都 太助 汐留店牛タン / 新橋駅汐留駅築地市場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 牛タン

新橋で吹き荒れる喜多方旋風「きたかた食堂」

2018.11.16.14:31

きたかた食堂@新橋
ラーメン


台場から新橋に移動し11時52分にラーメン屋さん到着。
12時前でしたが外に6名、中に4名、計10名の並びができていました。
1116 (1)


その名も「きたかた食堂」。
「ラーメンで町興し」に成功した第一人者とも言うべき喜多方ラーメンは、喜多方市の枠を超えて都内に増殖中であります。
坂内小法師、そしてこの「きたかた食堂」もその1つに割って入るでしょうか。
1116 (2)


きたかた食堂の衝撃は、無化調醤油ラーメンが650円であることです。
並んでいる人は一様にこの看板に釘付けとなります。
無化調ラーメンは化調ラーメンよりも原価が上がりそうなものですが、650円とは驚きます。
1116 (4)


そして「きたかた」でありながら、江戸前の4種類の丼があることも特徴です。
もはや喜多方とは何であろうか。都内でいろいろ進化しながら増殖しているようです。
1116 (3)


10分並んで4人進み入店が許されたので食券を買います。
味は醤油、味噌の2択。あとはトッピングで値段が変わってきます。
最安値は650円の醤油ラーメンですが、新橋が大人が集う町なので650円ポッキリのお客さんは少ないのかもしれません。それが前提の650円かもしれない。
1116 (5)


スープは値段は同じで「すっきり」と「まったり」から選べます。
背脂が入っているか否かの違いになるようです。
喜多方といえば淡麗のすっきりクリアな味が特徴ですが、つい「まったり」でお願いしてしまいました。
食券を渡す際に聞かれます。
1116 (6)


席はカウンター席のみ。店内はとても綺麗です。
店員さんは男性3名体制でした。
1116 (7)


並んでから12分で着席することができました。男性客がほとんどだったので回転が大変よいです。
卓上には醤油、胡椒、一味が配備されています。器も綺麗である。
1116 (9)


醤油ラーメン「まったり」の大盛り、煮玉子付きが到着しました。
煮玉子は別皿で登場です。なんでだろう。
1116 (12)


改めてラーメンと向き合います。煮玉子を除くと750円の品なのですが、発するオーラは750円のそれとは異なります。
昔のラーメンでいうところの「背脂入り」となると例えばホープ軒などがそうですが、ホープ軒の背脂とは似て非なる、、、いや似てすらないものになります。
1116 (13)


叉焼は恐らく種類が異なる部位のものが1つずつ入っています。脂の量が適度で良いです。
あとは貝割、メンマ、玉葱という構成です。
1116 (16)


煮玉子は弾力がすごく、真っ二つに割るのが大変なほどでした。時々こういった煮玉子に出会いますが、どうやればこんな弾力の煮玉子になるのか。
味の入りもしっかりしており完璧な仕上がりの煮玉子でした。付けてよかった。
1116 (19)


スープは淡麗系に背脂が投入されて少しこってりした印象になりますが、喜多方ラーメンは完全にすっきりした淡麗系のままの方が美味しいなと思いました。
背脂によって「すごくこってりした」という状態にはなっておらず、かといってすっきりからも少し遠くなっており、あってもなくてもよい気がしました。
1116 (15)

ただ、それでも十二分に美味しいです。行列の意味はわかりました。


塩味が控えめなので、ラーメンでありながら食後に喉が渇かないスープ。さすがは無化調&あっさり優しい味わいのスープです。
本当にスープがたいそう美味しい。背脂がなかったらもっと美味しいかもしれない。
1116 (17)


ガシっとしたタイプの麺で、形状は喜多方らしい縮れ麺です。
少しゴムっぽい印象で、麺単体だと好みとは違いますが、何しろスープがスープが旨いので何ら気になりません。
1116 (18)


わりと周りでは「濃いめ固め」コールが目立ちましたが、麺がかなり頑丈なので次回は柔らかめコールをしてみたいです。
背脂は入れないのは決まったとして、醤油にするか味噌にするかが悩ましいところです。
1116 (14)


こちらは相棒の「すっきり」。
1116 (10)


やはり喜多方ラーメンの見栄えはこうでないと。
1116 (11)

次は麺柔らかめ、すっきり、味噌にしよう。
このベースのスープと味噌が出会うとどうなるのか確かめてみたい。


===
【オーダー】
煮玉子醤油ラーメン 750円
大盛り 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

きたかた食堂ラーメン / 新橋駅汐留駅御成門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る