田中ブランドを展開するGMSグループの肉そば「田中そば店」@新橋

2018.02.09.14:13

田中そば店@新橋
ラーメン


新橋にある「田中そば店」を訪問しました。
1 (4)


都内最強の豚骨ラーメンと噂される田中商店を運営するGMSグループのお店です。
1 (5)

GMSグループのお店に行った過去記事はこちらになります。
どのお店も一味違った尖った美味しいラーメンが頂けるのが特徴です。
・2012年6月29日 田中商店@ダイバーシティ
・2015年5月18日 田中屋(中華そば)@神楽坂
・2015年6月20日 田中屋(山形赤味噌ラーメン)@神楽坂
・2016年4月12日 つし馬(青森煮干しラーメン)@浅草


平日12時20分というランチピークタイムでしたので、外並び5名、中並び7名の計12名の待ち行列ができていました。
1 (1)


メニューは味的には中華そば、山形辛味噌、冷やしの3種類になろうかと思います。
(中華そばと冷やしは同じ味かもしれませんが)
1 (3)

しかし看板にあった通り、肉そばが一押しと思われますので1,000円ですが肉そばを食べてみることにします。

それにしてもなぜGMSグループでは龍上海のような辛味噌ラーメンを置いているのか。


券売機で食券を買います。
左上が一番安価な中華そばであるあたりに、グループとしての姿勢が見えます。
左上を高いボタンにし、安いボタンはボタンの大きさまで小さくして、さらには中に紛れて探しにくくする某グループとは随分な差です。
1 (2)


20分待ちでカウンター席に着くことができました。
12人待ちで20分待ちは、かなり回転よしと言えそうです。
1 (7)

店内には豚骨の匂いではなく香りが広がっています。食べる前から既に美味しそう。

店員さんは厨房男性2名、ホールはお姉さん1名でした。
厨房の男性たちは料理人にしか見えないというと語弊がありますが、いわゆるラーメン屋さんというよりは和食屋の板前さんという雰囲気です。

銀座・新橋一帯にお店を構える、篝(かがり)纏(まとい)など「読めない漢字シリーズ」を展開するグループも板前さんっぽいため、似た雰囲気を感じます。


卓上には特製唐辛子が。これはかなり終盤に入れないと劇的に味が変わってしまって取り返しのつかないことになりそうです。
1 (6)


券売機には特段ありませんでしたが、ラーメンを「こってり」させることが出来ます。
これは並んでいる間にお姉さんが教えてくれます。
また、「こってり」の背脂は、別皿で提供することも可能と教えてくれます。味の違いを楽しめるので、とのことです。
1 (9)


肉そばが背脂をお供にやってまいりました。
なんともオーラのある一杯でしょうか。
1 (10)


肉が綺麗に配置された様は、喜多方ラーメンを彷彿とさせるような気がします。
写真だと分かりにくいですが、キラキラとした表面が眩しい一杯です。
1 (12)


スープは意外にも透明感があります。
そして飲んでみると、クリアなくっきりとしたスープで豚骨の上品な部分だけが抽出されているかのようです。
「こってり」の背脂を投入しなくても、オイル層がそれなりの厚さがあります。
1 (14)


なるほど、デフォルトの味はこういう感じかと分かったところで真打ちに登場いただきます。
デフォルトのままですと優等生過ぎて少し物足りなさがあったため、早々に背脂選手を投入します。
1 (11)


背脂を投入すると一気に景色が変わります。
見た目もさることながら、味も劇的に変わります。
1 (16)


クリアさは消滅し、こってりもったりした顔に豹変します。あのクリアさはどこへ来てしまったのか。
クリアさを脱ぎ捨てて、病み付き度が100倍くらいアップしています。
1 (17)

ただ、もともとオイリーではあるところに、背脂どーんと投入するため、まずまずくどいです。ゆえに後半少々バテます。
肉そばが1000円だったので大盛りは自重しましたが、結果的には功を奏する形となりました。
大盛りだったらかなり厳しい戦いになったと思われます。


もうこのラーメンにおいては麺は脇役になってしまいますが、一応紹介しますと柔らかくちゅるちゅるした感じの中太麺です。
モチモチ感が少しだけあるソフトタイプの麺。
1 (15)


背脂まみれの中、なかなか脂身の多い焼豚を食べることに当然なるのですが、最初の一切れはよかったものの、2枚目以降は食事というよりは戦いになってしまいました。
結論から申し上げますと「こってり」にするならば、肉そばではなく中華そばにしたほうがよかったです。
1 (13)


背脂アタックと最後の戦いをするべく、味変をしてみました。
味変するとリセット効果により食が進みました。ただしやはり味は劇的に変わるので最後の最後にするのがオススメです。
1 (18)

系列店は味は違えどどのお店も美味しく、すごいグループだなと思います。
じゃんじゃん、いろんなところにお店を展開して欲しいです。


===
【オーダー】
肉そば 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

田中そば店 新橋店ラーメン / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

一切れが豪快な大きさの上ロース定食「とんかつ河」@新橋

2017.08.27.15:28

とんかつ河@新橋
とんかつ


秋葉原で家電を見に行く途中、とんかつが食べたいなと思って渋谷の「かつ吉」に行ってみたらまさかの大行列に阻まれました。
とんかつって以前より人気増してますかね。
かつ吉は以前の職場のすぐ近くでよく通っていましたが、行列なんて見たことありません。

あまりにひどく並んでいたので新橋に移動。
「とんかつ河」というお店を訪問しました。
1 (10)

飲食店目線ですと場所はうどんの「おにやんま」とかが近いです。


「こだわり続けて47年」だそうな。1969年創業ということになります。とんでもない老舗であります。
しかし毎年アップデートしているかな。。。でも紙は新しくみえます。
ご夫婦で切り盛りされて47年ということでしょうか。半世紀近く続いてるお店ということになります。あっぱれ。
1 (11)


日曜日12時40分の入店でカウンター席3つだけが空いている状態でした。
お昼ピーク気味の時間であったため満席を心配しましたが、たまたま大丈夫でした。
1 (1)

ご夫婦と思われる年配の2名体制で切り盛りされていました。
3つのカウンター席と、4人掛けのテーブル席が3つの小さなお店です。


ランチタイムのとんかつは、ロースが1,750円、ヒレが1,850円です。
その他エビフライやカキフライの定食もあります。
1 (2)

ランチタイムが16時までとかなり遅いのも、遅い時間帯には非常に活躍しそうです。
覚えておこう。「とんかつ 河 16時までランチタイム」。
ランチタイムの開始が11時というのも早い気がします。


ソースは甘口と、、、もう1つは辛口かな。2種類ありました。
1 (3)


上ロースかつ定食、到着。
1 (7)

汁物はなめこの味噌汁です。大変美味しい。
漬物は野沢菜みたいなもので浅漬けタイプ。これまた酸味もあって美味しい。

脇役すら旨い。


こんがりときつね色に上がったロースかつ。
衣はやや粗めタイプに見えます。
1 (6)


とにかく一切れが大きい。こんなにも一切れが大きなロースかつは初めてかもしれません。
一口で食べるのは絶対に無理であります。4つにしか切れてませんから。
1 (8)


端っこは脂が非常に多く大変なオイリーさです。
オイルタンクが小さめの人はヒレを選ぶことをオススメします。
(その脂がロースかつの醍醐味ではありますが)
1 (9)

脂で無い部分はサックリと柔らかく見事に揚げられており、豚肉の甘さが広がる秀逸なロースかつ。
いい豚肉だけが持つことを許された、独特のよい味がします。

大きな衣が脂身のオイリーさを助長します。
揚げ物食べてるなーという実感に包まれます。


ヒレは棒ヒレタイプ。
1 (4)


登場時は真ん中はうっすらピンク色を
豚肉のいい香りがします。どちらかといえば究極ヒレ>ロースかなと思いました。値段も100円高いだけですし。
1 (5)

2.000円を切ってこのクオリティはすごいなと思うとんかつでした。美味しかった。


===
【オーダー】
上ロースカツ定食 1,750円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

とんかつ河 本店とんかつ / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

焼鳥10本3,300円コース一択。

2016.11.14.18:35

鳥助@新橋
焼鳥


新橋で打ち合わせをしたまま、そのまま焼き鳥屋さんへ。
言い知れぬ老舗感を漂わせるこちらのお店。
1 (23)


鳥助さんであります。
1 (24)

すぐ隣に、伝説の超爆裂激辛麻婆豆腐の味覚がありました。
あの麻婆豆腐より辛いものには今後出会うことはなかろう。


手前にテーブル席、中間に座敷席、奥にカンター席があります。
たまたま先客はなく、この日はそのままゴールインしました。結果的には貸し切りになってしまった。
1 (27)


メニューは3,300円のコースで、コース以外はこの4つの料理以外ありません。
コースはあとで数えたら串10本のコースでした。
1 (29)

ドリンクメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(600円)
1 (28)

サッポロ黒ラベルでした。
瓶ビールはラガーになるようです。

■ささみ/レバー/砂肝/うずら
図2

コースで頂く焼鳥の場合、1本目は高確率でささみから始まる気がするのは気のせいであろうか。
レバー嫌いが1名いたのですが、レバーが嫌いな人でも食べられるレバーでした。
うずらは半熟仕上げ。


■お新香の盛り合わせ(650円)/モモ肉のたたき(720円)
図6

焼鳥ばかりでは飽きるかなと思って、2品頼んでみました。
この日たまたま調子が悪かっただけかもしれませんが、お新香はそうでもなかったです。


■ねぎま/つくね/銀杏/せせり
図4

ねぎま、炭火の風味がしてすごくよかった。ねぎも甘いし。
つくねは粗いひきっぷりで、食べごたえがあります。


■もも/合鴨
図5

最後に大ぶりなももと、合鴨で豪快に〆ます。
最後が豪華であるため、よい満足感に浸りつつ、食事が終了します。


左は途中で口直しとして登場する大根おろし玉子と、右は最後のスープです。
図7

2品料理も頼みましたが、本数的には10本で十分お腹いっぱいになりました。
ここでさらに焼鳥丼をいける人は、相当な大食漢ではなかろうか。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円くらい

■ドリンクメニュー①
1 (25)

■ドリンクメニュー②
1 (26)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

鳥助焼き鳥 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

【2回目】餃子はなんと17種類。調理法を勘案すると51種類。

2016.06.27.22:53

一味玲玲 新橋2号店@新橋
中華


4年ぶりに玲玲の2号店を訪問しました。
「餃子を食べよう」となり、場所が新橋となると鉄板のお店です。
2 (2)


お店は2階までだと思っていたら、3階までありました。
10人で予約して3階に通されたのですが、普通に楽しめる人数はどう考えても8人までです。
10人クラスで予約される方は、3階になってしまっていないか念のため確認したいところです。
2 (3)

8名くらいであれば完全個室のような感じになりますのでとてもよい席です。


ビールはサントリーの「薫るプレミアム」です。最近のビールで私が一番美味しんじゃないかと思っているビールです。
毎日飲むならクセの少ないスーパードライの方が好きですが、たまにお店で飲むなら薫るプレミアム、おススメです。
2 (4)


玲玲というと、イコール餃子でありますが、なんと種類は17種類もあります。
ここまで餃子の種類が豊富なお店はなかなか珍しいと思います。

それぞれ焼、水、蒸の調理法が選択できるので、3倍の51種類のバリエーションが楽しめるわけであります。
ただ、結論的には赤丸でおススメの調理法が書いてありまして、この通りに頼むのが断然おススメです。
図1


焼、水、蒸、いろいろ食べました。蒸しのレモンがなかなか刺激的でよかった。
焼きのキャベツも王道系として外したくないところです。
図2

餃子だけでなく、一般的な中華料理がズラリと揃っています。
4年前とメニュー内容が変わっていたので、一番下に掲載しました。

麻婆豆腐は山椒と辣油がしっかり効いた右の本格派でおススメ。
2 (8)


他の料理も芯を外さぬ間違いないものでした。
図3

値段も全体的にある程度リーズナブルですし、1号店も2号店もありますので新橋付近で餃子だなとなった場合には真っ先に思い出したいお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,500円くらい


■ドリンク
ドリンク

■点心
点心

■野菜/豚
野菜/豚

■鶏/羊/牛
鶏/羊/牛

■冷菜/海鮮
冷菜/海鮮

■麺/ご飯
麺/ご飯

■コース/ドリンク
コース/ドリンク


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

チェーン店とは一線を画したファストうどん「おにやんま」

2016.04.13.13:53

おにやんま@新橋
うどん


新橋でラーメンを食べようと思ったのですが、凄まじいオーラを放つお店があったので思わず立ち止まってしまいました。
立ち食いうどんの「おにやんま」です。
1 (10)

何度も前を通っているのに、なぜ今まで気がつかなかったのか。
(一応新橋店は2013年オープンのようではありますが)

五反田や品川にお店を展開する立ち食いうどんの有名店だと思います。


かけが300円。やすい。その他も500円前後と大変リーズナブルです。
1 (12)


看板以上に券売機には豊富なメニューが揃っており、時が止まって感じるほど悩みに悩みます。
1 (1)

ラーメンでは「券売機左上ポールポジションの法則」に従いすぐさまポチリなのですが、左上は誠実な券売機らしく「かけ」の文字が。
麺料理は汁ありが好きなので、温かいうどんの「特上てんぷら」という贅沢なボタンを押してみました。680円です。馬鹿だから大盛りです。


向かって左の入口から入り食券を渡してうどんを受け取ります。
(向かって右の扉は出口専用なのでご注意ください)


席はオール立ち席で、箱はかなり大きめ。
よく見る立ち食い蕎麦のお店とはどこか雰囲気が違っており、なぜか気持ちの高揚を感じるのはなぜであろうか。
1 (2)

11時50分の入店でお客さんはまばらでしたが、12時を過ぎると一転、ほぼ満員状態になりました。
男性率、いや、おっさん率98%くらいでしたが、2名ほど女性も、いや、おば、、いや。


足元には籠がたくさん置いてあり、荷物を置くことが出来ます。
立ち食い蕎麦のお店だと荷物で少々困ったりしますがさすがの配慮です。
1 (3)


足元には大量の小麦粉が積まれています。自家製麺でしょうね。
1 (9)


卓上には大量の生姜と大量の天かすが配備されており、好きなだけ入れることが出来ます。
1 (5)


[温]大盛 特上てんぷら、680円です。美味しそう。たいそう美味しそう。
1 (4)


うどんが、綺麗すぎます。この並べ方は時折有名丁寧ラーメン店でみかけます。
うどんに対する愛情を感じる丁寧な仕事ぶりに箸をつけるのを躊躇われます。
1 (7)


天麩羅は大きな海老が2本と野菜と、それから真打は鶏天です。
鶏には生姜醤油か何かでしっかりと味が付いており、黒胡椒でお化粧されていました。
特上てんぷら、適当に選んだのですがかなり当たりでした。
1 (6)


固さは全然なく、優しいコシだけがある非常に美味しいうどん。
出汁も全くしょっぱくなく、油断するとグイグイと飲めてしまいます。うどんも出汁も美味しいです。
1 (8)

天麩羅もうどんも、丸亀や「はなまる」などのチェーン店に比べると遥かに美味しく感じました。
出汁がしょっぱくないのと、うどんに優しいコシがあるのと、天麩羅の仕上がりが段違いに感じたのは入店時の高揚感によるものではない気がします。

餡子隊長をお誘いして五反田のお店も行ってみよう。

===
【オーダー】
[温]大盛 特上てんぷら 680円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

おにやんま 新橋店うどん / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : うどん

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る