FC2ブログ

都内に展開する大ぶり餃子の雄「天鴻餃子房」@日比谷

2018.04.25.22:24

天鴻餃子房@日比谷店
中華


餃子が好きな大人たちと、内幸町のとある大きなビルの地下の餃子屋さん(中華屋さん)に行きました。
1 (1)


チェーン店を中心に。。。というか全部チェーン店に見えます。
こういう大きなビルに入る場合は、何店舗以上運営していることが条件になる場合もあるとかで。すると自然とチェーン店になってしまいそうです。
1 (2)


東京を代表する餃子のチェーン店「天鴻餃子房」の日比谷店です。
餃子のチェーンというよりは、中華料理屋さんだけど餃子が非常に美味しく、また看板メニューになっているチェーン店です。
1 (3)

これまで他のお店は2つ行ったことがあります。
・2008年12月24日 神田本店
・2012年6月12日 神保町店

結構好きな餃子のお店なのですが、好きといいながら6年ぶりの訪問でした。
天鴻餃子房は東京都ばかりに14店舗展開中です。


店内はあまり広くなく、あっという間に満席になりました。
お店の作りは結構簡素であります。他のお店もそうですが。内装をバキバキに凝らないところも天鴻餃子房の特徴の1つかもしれません。
一定の清潔感があればよいと。
1 (6)



餃子は全部で8種類もあります。値段も黒豚餃子で6個520円。
こちらの餃子はかなり大ぶりなので6個520円は相当リーズナブルといえそうです。
1 (8)


雑誌掲載も多数。普通のチェーン店とは一線を画した美味しい餃子が頂けるのが天鴻餃子房の特徴です。
餃子だけでなく中華料理もとても美味しい。
1 (13)

博多のひとくち餃子のようなタイプの餃子が好きな人は合わない可能性がありますが、大ぶりな餃子が好きな人には3つくらいの候補には入ります。

頂いたものを紹介します。


■瓶ビール(600円)
1 (15)

瓶ビールが大瓶である点がまず素晴らしいです。
なぜかわかりませんが、大瓶が置いてあるお店は無条件に大好きになってしまいます。
気が合いそうと思うからか。

633mlの大瓶が大好きです。


■キュウリ/トマト
  もやし/ザーサイ
図1

オープニングにかるーくお野菜系を。
特にもやしがナムルっぽくて美味しかったし、量が凄まじかった。
餃子の箸休めに、もやしはずっと置いておくと良さそうです。


■豆苗炒め/若鶏唐辛子炒め(980円)
図2

あとは炒めものと鶏を食べてみましたが、あくまで天鴻餃子房ではこれらは脇役に回ります。
主役はとにかく餃子です。
餃子を引き立てるための、あるいは餃子にアクセントを付けるための副菜となります。


主役はやっぱり餃子です。大きくて皮がもっちり厚くて餡がたっぷり詰まった天鴻餃子房の餃子。
最高です。
1 (16)


■黒豚餃子(6個520円)
1 (17)

外してはいけないですし、そもそも外す人自体がいないと思いますが、黒豚餃子は一撃必食の餃子です。
オーソドックスですが、これがやっぱり一番美味しい。抜群に美味しい。
餡の感じ、ほどよくシャキシャキしているが、結構練られている餡が好みにとても合います。


■しそ餃子(4個520円)
1 (18)

しそ餃子はメニューの中では少しお値段お高めです。相対的な話ですが。絶対的には高くありません。
しその風味が結構ありますので、ちょっとした変化球餃子としてはこれも必要です。女性に人気の一品です。


■ねぎ味噌餃子(8個520円)
1 (19)

少し小ぶりになるので8個で520円になります。
大きさは黒豚スタイルのほうが好きなので、黒豚に飽きたらちょいちょい寄り道するつもりでオーダーするといいかもしれません。


■海老ニラ餃子(4個520円)
1 (20)

プリプリの海老と、ニラ。
見た目の通り、いわゆる餃子っぽくありませんし味も餃子っぽくありません。
ボリュームもすごいので結構満腹になってしまうので、わたしは1つでいいかなと思いました。


■ぱりぱり餃子(8個420円)
1 (22)

棒餃子っぽい感じのスタイルで、ペターンとしています。
餡がぎっしり、どっしりな感じが天鴻餃子房の好きなところなので、個人的には2回目はいいかなと思いました。
おやつ感覚、おつまみ感覚としてはとても秀逸な餃子だと思います。

スープ餃子と海老揚げ餃子を食べることができませんでしたので、14も都内にお店があるので、また次のお店に行った時の楽しみにしたいと思います。

===
【オーダー】
上記の通り 1人5,000円くらい


■ドリンクメニュー
ドリンク

■麺/飯メニュー
麺飯

■おすすめ料理
おすすめ



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

天鴻餃子房 日比谷店餃子 / 内幸町駅虎ノ門駅霞ケ関駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

お値段くらい「俺の焼肉」@新橋

2018.03.27.22:08

俺の焼肉@新橋
焼肉


男4人で新橋にある「俺の焼肉」に行きました。
お店の方は「銀座9丁目」と言っておりますが、二子玉川の隣、二子新地にあるマンションに「二子多摩川マンション」という題名を付けてしまう発想に近いでしょうか。
1 (2)


前日の食べログの予約フォームで簡単に予約できましたが、予約なしのお客さんが列をなしていました。しかも結構な長さで。
ラーメンと違って焼肉の列は進みが読みにくく、なかなかハードな戦いになりそう。
1 (3)


行列が出来ているだけあって店内は大変な混みようです。
店員さんは多くがアルバイトの方のように見え、急造チームの様相を呈していました。出店が多すぎて人の供給が間に合っていないのかもしれません。
1 (4)

そういう意味でも「銀座」ではなく「新橋」と言っていたほうが許してもらえそうな気がします。


なお、焼き方はバーナースタイルです。
1 (1)

予約していたので全く待たずに座れました。食べログ予約は席が確実に空いているお店しか検索されないので直前の飲み会では重宝しています。「探す→電話→満席」のループにはまる可能性がゼロなので。


牛肉メニュー。右に基本メニューがあり、タンもモモもカルビも1,000円を切っています。
しかし左のスペシャリテメニューは結構なお値段。そして店員さんが激しく勧めてきます。
牛肉

俺のシリーズでは店員さんが勧めてくるメニューよりも自分が食べたいと思ったものを選んだほうがよいような気がしています。
勧められるものは確かに良さそうなメニューでもお値段も良いです。お店にとって。

とはいっても俺のシリーズは「俺の焼鳥」しか行ったことないのですが・・・。
俺の空@新宿」も行ったことがありますが、俺の空は所謂「俺の系列」のお店ではありません。

ドリンクや牛肉以外のメニューは一番下に掲載しました。

食べたものを簡単に紹介します。価格はすべて税別です。

1時間50分縛りという、120分よりちょっと短い縛りがあるのですが(片付け含めて2時間にしたいのでしょう)、焼肉を延々120分食べ続けるのは不可能なので、110分縛りは全く気になりませんでした。


■生ビール(580円)
ビール580

ビールはサッポロ黒ラベルでした。俺の焼鳥は一番搾りでした。グループで統一されていないのか、あるいは今はサッポロに変わっているのか。


■キムチ盛り合わせ(880円)
キムチ盛り880

キムチ盛り合わせは880円という意味ではボリュームに欠けます。
が、置いておく系のメニューとしては抜群の威力がありますので頼まないわけにはいかない一品です。


■タン(980円)
牛タン980

ちょっと冷凍感が残った牛タン。
レモンは自分で直搾りせず汁の状態で提供されますがフレッシュ感がないため、牛タンを食べるには少々物足りないかなと思いました。
が、980円ということを考えると問題はありません。


■カルビ(880円)
カルビ880

今回一番オススメしないのがカルビでした。
カルビとしては少々固すぎるかなと思います。固いのに脂はわりとあるという不思議なカルビ。


■ランプ(880円)
ランプ880

モモ肉の一部の「ランプ」。カルビよりはよかったです。
それにしてもどの肉もなぜか見た目がソックリなのはなぜでしょうか。焼肉は部位によって結構見映えが違うお店が多いのですが、どのお肉もとてもよく似ています。


■ハラミ(1,380円)
ハラミ1380

今回一番美味しかったのがハラミです。脂のノリがちょうどよく、とても美味しかった。
やはり美味しいお肉は値段がある程度いかないと難しいのかもしれないです。

店内では豪華な舟盛りが届けられる度に、店員さんが皆に舟盛りを見せて回るパフォーマンスがあります。
あれはきっとお店がすごく儲かるんだろうなという気がして、むしろ決して頼むまいと思ってしまった。


■芯々(980円)
しんしん980

見た目もそうですが、味もどのお肉も結構似ているように思うのは全部タレの味が同じだからであろうか。
(タレか塩かは特に聞かれませんでした)
タレの味が濃くないため、飽きが来ない点がよかったです。


■ザブトン(1,580円)
ざぶとん1560

肩の位置のザブトン。お値段高めということだけあって見映えも違うし脂も結構ありました。
オイルタンクが一気に満タンになります。これを序盤に食べていたらコールド負けしていたかもしれない。


■上ミノ(680円)
上ミノ680

ミノは「上ミノ」一択で、上があるからといって並みがあるわけではありませんでした。上と付いている方が気分がよいからつけてあるのでしょうか。
よく焼いて食べました。ミノの味は普通かなと思います。ホルモンが大好き!という場合でなければなくても大丈夫です。


上記で1人6,500円。

全体的にクオリティは「中の中の上」くらいで価格も「中の中の上」くらいかなと思いました。
俺のシリーズは「え?立って食べるにせよ、これがこんな値段でいいの?」みたいなことのオンパレードという印象だったのですが、最近は座って食べるお店が多く、そもそもの印象をアップデートした方がよいのかもしれません。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,500円くらい


■ドリンクメニュー
ドリンク

■牛肉以外のメニュー
牛肉以外


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

俺の焼肉 銀座9丁目焼肉 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

田中ブランドを展開するGMSグループの肉そば「田中そば店」@新橋

2018.02.09.14:13

田中そば店@新橋
ラーメン


新橋にある「田中そば店」を訪問しました。
1 (4)


都内最強の豚骨ラーメンと噂される田中商店を運営するGMSグループのお店です。
1 (5)

GMSグループのお店に行った過去記事はこちらになります。
どのお店も一味違った尖った美味しいラーメンが頂けるのが特徴です。
・2012年6月29日 田中商店@ダイバーシティ
・2015年5月18日 田中屋(中華そば)@神楽坂
・2015年6月20日 田中屋(山形赤味噌ラーメン)@神楽坂
・2016年4月12日 つし馬(青森煮干しラーメン)@浅草


平日12時20分というランチピークタイムでしたので、外並び5名、中並び7名の計12名の待ち行列ができていました。
1 (1)


メニューは味的には中華そば、山形辛味噌、冷やしの3種類になろうかと思います。
(中華そばと冷やしは同じ味かもしれませんが)
1 (3)

しかし看板にあった通り、肉そばが一押しと思われますので1,000円ですが肉そばを食べてみることにします。

それにしてもなぜGMSグループでは龍上海のような辛味噌ラーメンを置いているのか。


券売機で食券を買います。
左上が一番安価な中華そばであるあたりに、グループとしての姿勢が見えます。
左上を高いボタンにし、安いボタンはボタンの大きさまで小さくして、さらには中に紛れて探しにくくする某グループとは随分な差です。
1 (2)


20分待ちでカウンター席に着くことができました。
12人待ちで20分待ちは、かなり回転よしと言えそうです。
1 (7)

店内には豚骨の匂いではなく香りが広がっています。食べる前から既に美味しそう。

店員さんは厨房男性2名、ホールはお姉さん1名でした。
厨房の男性たちは料理人にしか見えないというと語弊がありますが、いわゆるラーメン屋さんというよりは和食屋の板前さんという雰囲気です。

銀座・新橋一帯にお店を構える、篝(かがり)纏(まとい)など「読めない漢字シリーズ」を展開するグループも板前さんっぽいため、似た雰囲気を感じます。


卓上には特製唐辛子が。これはかなり終盤に入れないと劇的に味が変わってしまって取り返しのつかないことになりそうです。
1 (6)


券売機には特段ありませんでしたが、ラーメンを「こってり」させることが出来ます。
これは並んでいる間にお姉さんが教えてくれます。
また、「こってり」の背脂は、別皿で提供することも可能と教えてくれます。味の違いを楽しめるので、とのことです。
1 (9)


肉そばが背脂をお供にやってまいりました。
なんともオーラのある一杯でしょうか。
1 (10)


肉が綺麗に配置された様は、喜多方ラーメンを彷彿とさせるような気がします。
写真だと分かりにくいですが、キラキラとした表面が眩しい一杯です。
1 (12)


スープは意外にも透明感があります。
そして飲んでみると、クリアなくっきりとしたスープで豚骨の上品な部分だけが抽出されているかのようです。
「こってり」の背脂を投入しなくても、オイル層がそれなりの厚さがあります。
1 (14)


なるほど、デフォルトの味はこういう感じかと分かったところで真打ちに登場いただきます。
デフォルトのままですと優等生過ぎて少し物足りなさがあったため、早々に背脂選手を投入します。
1 (11)


背脂を投入すると一気に景色が変わります。
見た目もさることながら、味も劇的に変わります。
1 (16)


クリアさは消滅し、こってりもったりした顔に豹変します。あのクリアさはどこへ来てしまったのか。
クリアさを脱ぎ捨てて、病み付き度が100倍くらいアップしています。
1 (17)

ただ、もともとオイリーではあるところに、背脂どーんと投入するため、まずまずくどいです。ゆえに後半少々バテます。
肉そばが1000円だったので大盛りは自重しましたが、結果的には功を奏する形となりました。
大盛りだったらかなり厳しい戦いになったと思われます。


もうこのラーメンにおいては麺は脇役になってしまいますが、一応紹介しますと柔らかくちゅるちゅるした感じの中太麺です。
モチモチ感が少しだけあるソフトタイプの麺。
1 (15)


背脂まみれの中、なかなか脂身の多い焼豚を食べることに当然なるのですが、最初の一切れはよかったものの、2枚目以降は食事というよりは戦いになってしまいました。
結論から申し上げますと「こってり」にするならば、肉そばではなく中華そばにしたほうがよかったです。
1 (13)


背脂アタックと最後の戦いをするべく、味変をしてみました。
味変するとリセット効果により食が進みました。ただしやはり味は劇的に変わるので最後の最後にするのがオススメです。
1 (18)

系列店は味は違えどどのお店も美味しく、すごいグループだなと思います。
じゃんじゃん、いろんなところにお店を展開して欲しいです。


===
【オーダー】
肉そば 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

田中そば店 新橋店ラーメン / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

一切れが豪快な大きさの上ロース定食「とんかつ河」@新橋

2017.08.27.15:28

とんかつ河@新橋
とんかつ


秋葉原で家電を見に行く途中、とんかつが食べたいなと思って渋谷の「かつ吉」に行ってみたらまさかの大行列に阻まれました。
とんかつって以前より人気増してますかね。
かつ吉は以前の職場のすぐ近くでよく通っていましたが、行列なんて見たことありません。

あまりにひどく並んでいたので新橋に移動。
「とんかつ河」というお店を訪問しました。
1 (10)

飲食店目線ですと場所はうどんの「おにやんま」とかが近いです。


「こだわり続けて47年」だそうな。1969年創業ということになります。とんでもない老舗であります。
しかし毎年アップデートしているかな。。。でも紙は新しくみえます。
ご夫婦で切り盛りされて47年ということでしょうか。半世紀近く続いてるお店ということになります。あっぱれ。
1 (11)


日曜日12時40分の入店でカウンター席3つだけが空いている状態でした。
お昼ピーク気味の時間であったため満席を心配しましたが、たまたま大丈夫でした。
1 (1)

ご夫婦と思われる年配の2名体制で切り盛りされていました。
3つのカウンター席と、4人掛けのテーブル席が3つの小さなお店です。


ランチタイムのとんかつは、ロースが1,750円、ヒレが1,850円です。
その他エビフライやカキフライの定食もあります。
1 (2)

ランチタイムが16時までとかなり遅いのも、遅い時間帯には非常に活躍しそうです。
覚えておこう。「とんかつ 河 16時までランチタイム」。
ランチタイムの開始が11時というのも早い気がします。


ソースは甘口と、、、もう1つは辛口かな。2種類ありました。
1 (3)


上ロースかつ定食、到着。
1 (7)

汁物はなめこの味噌汁です。大変美味しい。
漬物は野沢菜みたいなもので浅漬けタイプ。これまた酸味もあって美味しい。

脇役すら旨い。


こんがりときつね色に上がったロースかつ。
衣はやや粗めタイプに見えます。
1 (6)


とにかく一切れが大きい。こんなにも一切れが大きなロースかつは初めてかもしれません。
一口で食べるのは絶対に無理であります。4つにしか切れてませんから。
1 (8)


端っこは脂が非常に多く大変なオイリーさです。
オイルタンクが小さめの人はヒレを選ぶことをオススメします。
(その脂がロースかつの醍醐味ではありますが)
1 (9)

脂で無い部分はサックリと柔らかく見事に揚げられており、豚肉の甘さが広がる秀逸なロースかつ。
いい豚肉だけが持つことを許された、独特のよい味がします。

大きな衣が脂身のオイリーさを助長します。
揚げ物食べてるなーという実感に包まれます。


ヒレは棒ヒレタイプ。
1 (4)


登場時は真ん中はうっすらピンク色を
豚肉のいい香りがします。どちらかといえば究極ヒレ>ロースかなと思いました。値段も100円高いだけですし。
1 (5)

2.000円を切ってこのクオリティはすごいなと思うとんかつでした。美味しかった。


===
【オーダー】
上ロースカツ定食 1,750円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

とんかつ河 本店とんかつ / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

焼鳥10本3,300円コース一択。

2016.11.14.18:35

鳥助@新橋
焼鳥


新橋で打ち合わせをしたまま、そのまま焼き鳥屋さんへ。
言い知れぬ老舗感を漂わせるこちらのお店。
1 (23)


鳥助さんであります。
1 (24)

すぐ隣に、伝説の超爆裂激辛麻婆豆腐の味覚がありました。
あの麻婆豆腐より辛いものには今後出会うことはなかろう。


手前にテーブル席、中間に座敷席、奥にカンター席があります。
たまたま先客はなく、この日はそのままゴールインしました。結果的には貸し切りになってしまった。
1 (27)


メニューは3,300円のコースで、コース以外はこの4つの料理以外ありません。
コースはあとで数えたら串10本のコースでした。
1 (29)

ドリンクメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(600円)
1 (28)

サッポロ黒ラベルでした。
瓶ビールはラガーになるようです。

■ささみ/レバー/砂肝/うずら
図2

コースで頂く焼鳥の場合、1本目は高確率でささみから始まる気がするのは気のせいであろうか。
レバー嫌いが1名いたのですが、レバーが嫌いな人でも食べられるレバーでした。
うずらは半熟仕上げ。


■お新香の盛り合わせ(650円)/モモ肉のたたき(720円)
図6

焼鳥ばかりでは飽きるかなと思って、2品頼んでみました。
この日たまたま調子が悪かっただけかもしれませんが、お新香はそうでもなかったです。


■ねぎま/つくね/銀杏/せせり
図4

ねぎま、炭火の風味がしてすごくよかった。ねぎも甘いし。
つくねは粗いひきっぷりで、食べごたえがあります。


■もも/合鴨
図5

最後に大ぶりなももと、合鴨で豪快に〆ます。
最後が豪華であるため、よい満足感に浸りつつ、食事が終了します。


左は途中で口直しとして登場する大根おろし玉子と、右は最後のスープです。
図7

2品料理も頼みましたが、本数的には10本で十分お腹いっぱいになりました。
ここでさらに焼鳥丼をいける人は、相当な大食漢ではなかろうか。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円くらい

■ドリンクメニュー①
1 (25)

■ドリンクメニュー②
1 (26)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

鳥助焼き鳥 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る