FC2ブログ

彩未と比べてみた「大島」@船堀

2018.11.03.18:50

大島@船堀
ラーメン


船堀という駅に札幌発の「すみれ」系の味噌ラーメンが食べられるお店があると知り行ってみました。
船堀。間違いなく人生初降車です。
1103 (2)


ナムさん夫妻と一緒に行ったのですが、ナムさん夫妻は昔船堀に住んでいたということで大変街にお詳しいという。
しかし当時は今日目指しているお店はなかったそうです。
1103 (3)


10分少々歩いて到着です。
開店35分前の16時25分の到着で1組3人待ち。すみれ系ということで、さすがに人気があります。
1103 (4)


名前は「大島」といいます。
すみれ系というと先日札幌旅行で彩未に行きましたが、彩未以来の対面です。
そもそも東京ではすみれ系のラーメンはほとんど食べることができません。
1103 (5)

高田馬場にある「さっぽろ羅偉伝」というお店が、すみれの流れを汲んでいるラーメンのようですが彩未とはだいぶ違うようなので、さて大島はどうでありましょうか。


なお行列はどんどん長くなり、
・16時36分で11人待ち
・16時45分で15人
・16時50分で18人
となりました。
1103 (6)


17時にオープン。18人待ちでスタートです。
こんなに行列ができるのに、すみれ系のお店が都内にほぼないというのも不思議であります。
1103 (7)


暖簾は「すみれ」から送られたようです。
都内ではもしかすると「すみれ」寄贈の暖簾を持つ唯一のお店になるのでしょうか。
彩未にも「すみれ」から送られたすごい彫刻がありました。
1103 (8)


券売機で食券を買います。
味は味噌、塩、醤油、昔風、そして夜のみの「こく辛味噌」の5種類です。
「昔風」が気になります。これだけ味の表現ではありません。
1103 (10)


麺は森住製麺のようです。
森住製麺は札幌に本店がある一幻@西新宿と、同じく札幌ラーメンの品川甚作@水道橋がそうでした。
1103 (29)

札幌にある製麺所なのかもしれません。

カウンターは8席。店内はとても綺麗なのですが、綺麗な内観に反して床はヌルヌルしています。
背脂系のお店でたまに出会うヌルヌルした床。
1103 (9)


テーブル席は4名がけが2つありまして相席はないモデルのようです。
1103 (11)

なお中並びがあるスタイルなのですが、中並びは食べている時に落ち着かないのであまり好きではないのですが、彩未もそうだったので「すみれ」の流儀なのかもしれません。
札幌が寒いので、なるべく中並びにする風習があるというだけの可能性もありますが。


卓上には胡椒、一味か七味、酢の配備。
彩未が一味だったので、一味かもしれない。
1103 (13)


店主は元ラグビー部なのでしょうか。魔法の水スタイルです。
全然関係ありませんが、恵比寿の安兵衛という飲み屋ではビールが薬缶で提供されます。
1103 (14)


きました。「味噌ラーメン」と「こく辛味噌」。
こく辛味噌は大盛りなのでちょっと器が大きめです。どちらも最高に美味しそうです。
1103 (16)


見ためはとても彩未に似ています。ただこちらの方がどことなくいいパンチを持っていそうな雰囲気。
テカテカしているように見えるからか。
1103 (17)


具は基本的に彩未と一緒です。
葱、叉焼、もやし、生姜。彩未は玉葱が結構入っていましたが、大島はどうだろう。入ってないか。
1103 (20)

コロコロチャーシューが入っているのは彩未も同様でした。


彩未との決定的な違いは、スープが非常にオイリーでパンチがガンガンに効いている点です。
大蒜が物凄いのです。
生姜もある程度効いていますが、それ以上に大蒜の主張が物凄いです。「これは今日明日はとんでもないことになるぞ」と警鐘すべきレベルかも。
彩未は大蒜入っていただろうか。。。入っていたとしてもほとんど主張していませんでした。
1103 (19)


オイリーかつ大蒜が幅を効かせているためか、生姜がどわっと襲ってくる彩未のあの感じはありません。
オープニングは「やはり似ているな」と思いましたが、食べ進めると全然似ていないと分かります。
似て非なるものとはこのことか。
1103 (21)


似て非なるものですが、どちらも素晴らしいというところがよいです。
人によって好みは大変分かれそうです。彩未派と大島派。
1103 (18)


彩未では食べなかった辛味噌ラーメン。正確には「こく」が先頭につきますが彩未は付きません。
1103 (15)


具は当然ですが味噌と同じです。
具自体のボリュームも結構あります。
1103 (24)


叉焼が非常に分厚いのが大島の特徴です。
彩未ではここまで叉焼は主張してきませんでした。そして大島の叉焼はトロトロ柔らか仕上げで大変美味しいです。
1103 (30)


彩未は生姜はON THE 叉焼スタイルで提供されていましたが、大島はダイレクトにスープに投下されています。
最終的には混ぜ混ぜするので結果は同じかもしれませんが、提供スタイルという意味では違いとなります。
1103 (26)


辛さはさほどでもなく、むしろ辛味噌にするとより味が濃くなる感じです。辛くなるというよりは味が濃くなりパンチがいよいよ増強されると。
ここまでパンチがすごいと、いよいよ好みがハッキリ分かれそうです。大島の味噌と辛味噌で。
1103 (23)


わたしは、、、ここまで大蒜が攻めてくるなら、もうとことん強力なパンチを求めてしまうため、1人で来たら辛味噌を食べてしまいそうかなと思いました。
しかしどちらも美味しいです。近所にあったら交互に食べたい。しかし塩も醤油も昔風も気になる。
1103 (27)


麺は、、、なんと短いタイプの外国人観光客を意識した、、、かは分かりませんが、短い麺でした。これが唯一残念であった点です。
黄色い縮れ麺で麺自体はとても美味しいものでしたが、ラーメンの麺は長いほうが好きです。
1103 (28)


ナムさんは全飲み発動です。とんでもない78歳もいたものです。
1103 (31)


何れにしましても都内有数の味噌ラーメンのお店ではないでしょうか。
すみれ系、ないしは近い味のお店が都内にボコボコと出現しても不思議ではない人気ぶりですが、一向にその気配はありません。
1103 (22)


食べ終わって外に出るとすっかり暗くなっており、そしてしっかり20人が並んでいました。
中並びもありつつ外に20人の並びとは、十分モンスター級のお店であります。
1103 (32)

彩未とは全然違うラーメンではありましたが、本当に美味しかった。


===
【オーダー】
こく辛味噌大盛り 970円
煮玉子 130円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

大島ラーメン / 船堀駅

夜総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ラーメン ちばき屋(葛西)

2010.04.11.13:24

葛西にあります名店「ちばき屋」に行ってきました。
1992年創業の老舗でもあります。
(20年弱だと老舗って言わないのかなあ)

P4110001.jpg


名店ゆえ、ついつい嬉しくて、反対側からもパシャリ。

P4110023.jpg


葛西にありながら有名って時点ですごいです。

P4110002.jpg

日曜日の11時45分到着でした。
行列だったらどうしよう、、、とドキドキしながら行ったのですが、
拍子抜けするほど空いていました。

昔は週末は行列が出来ていたようですが、
最近はそんなことないのでしょうか。
それともこの日がたまたまなのでしょうか。
わからないですね。。。


店内はL字型の長めのカウンターと、

P4110009.jpg


8人くらいが座れるテーブル席があります。
葛西はファミリーが多いですから、小さな子供がいる人は、こちらのテーブル席につくのでしょうね。

P4110022.jpg


メニューは基本、支那そばですね。
あとはそれに何トッピングするか、という構成のようです。

P4110003.jpg


ご飯ものでは、炙り焼豚ずしなるメニューがありました。
初めて聞くメニューです。

P4110007.jpg


アメリカンおむすびなる、スパムご飯もあるようです。
なんとも。。。なかなか老舗かつ名店とは思えぬメニューですね。
お子様対策か?

P4110008.jpg


お店の名刺があります。
それによると、今は珍しくない「煮卵」を開発したのはこちらの店主だそうです。
へー。そうだったんですか。

P4110006.jpg


というわけで、普段は玉子を追加することなど決してありませんが、
支那そば煮卵のせをオーダーしてみました。

P4110015.jpg

ほう。
シンプルな醤油ラーメンの出で立ちです!


これが元祖煮卵ですか。。。なるほど。

P4110018.jpg

食べてみると、普通に美味しい煮卵です。
最近はどこのお店でも出てくる煮卵です。
(美味しくないお店もありますけどね)

こちらのお店が発祥だったとは知りませんでした。
ってことは1992年より前は煮卵ってなかったことになりますね。


スープですが、ほんの少しですが背脂みたいなものが確認できるでしょうか。
ほんの少しですけど。

P4110016.jpg

透き通った綺麗な醤油スープです。
醤油ラーメンのスープから余計なものを全部取り払うと、こんな味になる気がします。

ある種、醤油スープの完成系のような気がしますね。

P4110019.jpg

インパクトは全くありませんが、昔懐かしの王道醤油ラーメンという気が致します。


麺は今はやりの太麺とは対照的な、かなり細い麺です。
細くて縮れています。
一瞬、インスタントラーメンか?と思うほど縮れています。

P4110017.jpg

細いですが、コシを感じることができます。
クチコミなどで「量が少ないかな」といった内容が多かったので、大盛りにしたのですが、
多分大盛りは普通盛りの2倍あるようで、かなりお腹いっぱいになりました。

時代を引っ張ってきた名店なのでしょうけど、
今では珍しくない味ゆえ、行列は今では出来ていないかもしれませんね。
インパクトがあったり、一風変わったものがワンサカありますので。

人の嗜好は移り変わりやすいものですね。

最後に名店をバックに1枚記念撮影をしました。
(こんなこと初めてするなあ)

P4110024.jpg

衝撃的な味!というわけではなかったのですが、
わざわざ葛西まで食べに行った甲斐があったなあ、と思わせてもらいました。
(このために葛西に行ったのではないですけどね)

新宿界隈で、こちらのお店みたいな醤油ラーメンを出すお店ってどこかなあ、
と思った時に、どのお店も浮かびませんでした。

他店のエッヂが立ち過ぎて、逆にちばき屋みたいな正統的なお店がない気がするので、
もう少ししたら、時代が回って、「ちばき屋新しい!」ってなる日が来るのかもしれません。


===================
【オーダー】
支那そば 650円
味玉 100円
大盛り 150円


【総合コメント】
葛西の名店「ちばき屋」です。

予備情報一切なしで入ったら、
「普通の醤油ラーメンだな」
って思ったかもしれません。

名店、老舗、功績、噂に負けた感はあります。

でも普通に美味しいです。
近所にあったら時々行きたくなります。

まあ、確かにラーメンなんて「近所にあったら時々行くかな」くらいでよい気もしますので、
そういう意味では健全なお店だと思います。

今後も末永く頑張って欲しいです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆




ちばき屋 (ラーメン / 葛西)
★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る