【7回目】7年ぶり7回目の訪問「黒門@西新宿」

2017.04.05.12:15

黒門@西新宿
ラーメン


かつて西新宿7丁目に職場があった際に、足繁く通っていた黒門。
11時半ちょうどに降り立ったため、久々に界隈でラーメンを食べてみることにしました。1 (2)

最後の訪問は7年前の2010年でした。
つまりは「7年ぶり7回目」となります。ちょっと落ち目のかつての強豪校が久々にいいメンバー集まって甲子園行けた、みたいな雰囲気に、ならないか。


黒門の過去記事はこちらになります。
・2008年10月27日 つけ麺黒味
・2010年3月8日 煮干黒醤油ラーメン
・2010年4月16日 和風創作ラーメン
・2010年4月28日 麻辛丸
・2010年6月10日 和風創作ラーメン


11時半ちょうどの入店のため一番乗り。
カウンター席とテーブル席とが並ぶ店内も当時のままです。
1 (5)

唯一違うのは店員さんが2人いらっしゃって、どちらも女性という点です。
女流ラーメン店となったようです。

メニューはほとんど変わっていないように見えます。
麻辛丸や酸っぱい系のつけ麺など往年のメニューは健在です。
1 (6)


初めて見るメニューのような気がする、まるとくラーメンにしてみました。
880円で具がいろいろ入っている文字通りお得なメニューのようです。
1 (4)


まるとくラーメン到着。
なんと大盛りも無料ということで、これは昔はなかったサービスです。
1 (7)

かつては三河屋製麺の木箱が置いてありましたが、この日は見当たりませんでした。
大盛り無料ですし、三河屋製麺ではなくなった可能性もあるかもしれません。

具は巨大で柔らかい叉焼がどかんと2枚。厚さもかなりのものです。まるとくラーメンすごいではありませんか。
1 (9)


さらに味玉も入っていますが、味がかなり強めに入っています。
醤油ベースの味なのですが、これは白ご飯と一緒に食べたいレベル。
1 (10)


また、スープも出汁の味わいもありつつ、如何せんだいぶ醤油ダレの味が際立っています。
1 (11)


黒門ってこんなに味の濃いラーメンであっただろうか。
わたしの加齢のせいであろうか。何しろ7年ぶりになので。
1 (12)


大盛りゆえボリュームたっぷりの中細ストレート麺もぼそぼそめの食感であまり美味しい麺ではないように思えました。
1 (1)


この日調子が悪かっただけかもしれませんし、超激戦区西新宿7丁目エリアで健在なわけですし、今度は往年の味、麻辛丸か、名物の酸っぱいつけ麺を食べてみたいと思います。
1 (8)

これが初見だと再訪しないかも…と思うと、つくづくラーメン屋さんは大変だなと思いつつ、ラーメンや飲食に限った話でもないか…と思いました。


===
【オーダー】
まるとくラーメン 880円
大盛り無料


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

つけそば 黒門つけ麺 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【4回目】辛さ指数12の北極の火山にヒデキ撃沈

2017.01.25.13:00

中本@新宿
ラーメン


会社の有志で、中本を食べに行くツアーを敢行。
片道30分の道のりであります。往復だけで1時間かかりますな。
1 (1)


11時30分に到着したというのに、恐ろしいことに並びが出来ておりまする。
が、はるばるやってきて諦めるわけにもいかず、じっと並びます。
1 (2)


待っている間に、恐ろしいメニューがあることに気づきます。「北極の火山」
辛さ指数9の北極をはるかに上回る12であります。
1 (3)

北極はギリギリ食べられますが、それよりも3ポイントも辛さ指数が高い北極の火山に、私が登れるわけがありません。
しかし、会社の仲間より「菊池さんはこれですよね」と言われてしまい、「ぉ、ぉぅ」を答えざるを得ません。

ヒデキ、挑戦します。


幸い10分も待たずに着席することができました。
1 (9)


北極の火山、見参!凄まじいオーラを放っています。
「火山」というのは、もやし盛り盛りになっている点を指すのかな。二郎っぽいです。
1 (4)


どこから手を付けてよいかわからぬほど、難攻不落の様相を呈しています。
赤さが、怖い。「さあ、いつでもかかってこい」と言っているようであります。
1 (5)


もやしによって白い面積が増えているため、もしかするとそこまで辛くないか?という気になってくるのでありますが、
1 (6)


若干覗くスープ表面の赤さは尋常でないことこの上ありません。
マグマに見える。マグマ食べられるのであろうか。
1 (7)


スープひとくちで、ヒデキ撃沈でありました。こんなの食べられるわけがないです。
目の前がチカチカしてきて、手足の先が痺れてきて、おかしな汗が全身から吹き出しました。
1 (10)

「辛いというか痛い」と思う辛さとも、ちょっと違います。中本なので旨味もあるのですが、とにかく凶暴な極悪の辛さで、脳が危険を感じて「これ以上進むのは止めなさい」と強烈な司令を出してきます。

辛さでいうと、頂天石焼麻婆豆腐@味覚に匹敵するものと思われます。
あれも1口しか食べられなかった。


北極ではホバリング技術により、麺リフトの状態で1分位放置し、なるべくスープを落とす作戦を使う場合がありましたが、北極の火山ではその方法すら無力です。
スープが濃厚過ぎて、ホバリングしようが、上下運動しようが、1ミリもスープが落ちてくれません。
1 (8)

見るに見かねた同僚が、北極の火山を食べてくれました。
って、食べられるんかい。まじかよ。

軽いPTSDになった気がします。辛いものが苦手になりそうであります。
そして、わりと自分は辛いものは得意かもしれないと思っていましたが、確実にそうではないことが分かりました。

北極の火山、恐るべし。
替わって食べてくれた同僚、さらに恐るべし。


===
【オーダー】
北極の火山 950円


過去の中本の記事はこちらになります。
・2009年2月2日 北極@新宿店
・2010年9月10日 北極@新宿店
・2011年4月30日 味噌卵麺@高円寺店(閉店)
・2012年8月26日 五目蒙古タンメン@渋谷店
・2016年1月19日 味噌タンメン@新宿店


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

蒙古タンメン中本 新宿店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【3回目】醬油、塩、味噌ぜんぶ制覇しました。

2016.12.10.13:44

一幻@西新宿
ラーメン


土曜日ラーメン遠征で、ひさびさに西新宿7丁目エリアに行きました。
かつての古巣で、毎日お世話になっていた場所です。

札幌発の海老ラーメンのお店、一幻に行きました。
1 (1)


札幌の新名物ということにしたいようですが、なかなか名物とまで認識されるには時間がかかりそうです。
1 (2)


「醬油 or 塩 or 味噌」×「そのまま or ほどほど or あじわい」×「太麺 or 細麺」の組み合わせの18種類のボタンがあります。
今日は初めて塩を食べます。
1 (3)


11時40分の到着で、店内には並び列が出来ていました。
ピーク時には並びが店内に収まらず、店外にも飛び出していました。
1 (4)

とうとう行列店になってしまったようです。


たくさんのサインが飾られています。
正直、サインは無いほうが美味しそうなお店に見えると思うのですが、一般的にはまだまだそうでもないのかもしれません。
1 (5)


塩、そのまま、の到着です。塩なのでそのままにしてみました。
そして見た目は塩だろうが味噌だろうが醬油だろうが全く代わり映えしません。ブロガー泣かせです。
1 (7)


デフォルトで玉子が半分入っているのが嬉しい。誤って?玉子トッピングをすると、玉子が1.5個になってしまいます。
1 (10)


海老の玉子であろうか。あるいはそれに扮したものか。
ピンク色が特徴的です。
1 (8)


よーく見ると、塩なのでいささか醬油や味噌と比べると白っぽいでしょうか。
しかし一般的な塩ラーメンの、透明感があるスープとは違っています。
1 (9)


スープの味わいは海老炸裂だが、かなりしょっぱいため、美味しいと思うよりも先にしょっぱいという反応が出てしまいます。
しょっぱさが前面にでてくるため、早い段階で飽きてきて後半かなり厳しい戦いになります。
1 (11)


細麺は固くてもちっとした感じが一切ないです。
そして太麺よりもはるかにたくさんのスープが引っ付いてきますので、塩分量を抑えるという意味でも太麺の方がオススメかもしれません。
(3回とも細麺だったので、本当にオススメかは分かりませんが)
1 (12)

太麺未経験なのでそこだけははっきりしませんが、
・味噌
・あじわい
が一番オススメです。


===
【オーダー】
そのまましお太麺 780円


一幻の過去記事はこちらになります。
・2014.02.10 味噌あじわい(細)
・2014.02.28 醬油あじわい(細


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

えびそば 一幻 新宿店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

煮干しの求道者が繰り出す渾身の一杯。

2016.11.17.13:58

すごい煮干しラーメン@西新宿
ラーメン


2009年頃には特級煮干しそばであり(マニア的には蓋があった時代と言います)、2010年に特級中華そばになっていたテナントがあります。その後は煮干王だったか。
(2度火事があったりして、いろいろ大変だったように見えました)

その跡地が、いまはすごい煮干しラーメンになっております。
いずれも凪グループのお店です。
1 (1)

凪グループのお店は、すごい煮干しラーメン誕生後、結構そのブランドに変えたお店が多いように見えます。
もしかすると1つの味に辿り着いたのかもしれません。


メニューは当然煮干し。味は一択でつけ麺もあります。
ノーマルで790円、大盛り無料ですので大変良心的と言えそうです。
1 (2)


券売機。左上ポールポジションが1,100円の一番高いラーメンであるところにムジャキ臭を感じますが、凪グループは美味しいので気になりません。
1 (3)


家系のように、麺の固さ、味の濃さ、油の量を選べるのですが、家系以上に味付け→塩か醤油か、辛さを選ぶことができます。
味付け、こうきましたか。
1 (4)

初見ですので、「オススメ」の欄に書いてある内容でお願いしました。


昔同様、店内は大変狭く、通称「スミマセンカウンター※」は健在でした。
※食べ終わって帰る際に、後ろを通る際に「スミマセン」を連呼しなければならないため
1 (5)

なお、私が知っているスミマセンカウンター保有店は、奇しくも同じ西新宿7丁目にありまして、いまは春日亭です。

そのテナントもものすごくお店がコロコロ変わるテナントでして、やはりスミマセンカウンターはお客さんの心理によくない印象を与えるのかもしれません。

「美味しいけどあそこ狭いしな」と。


卓上には煮干し酢。煮干し酢は凪でなくてもちょくちょく目にするようになりました。
1 (6)


煮干しラーメン、到着しました。凄まじいオーラを放っています。
弱いはずがない。
1 (7)


ところどころ泡がありますし、色がすでにおかしいです。
しかし器全体からそよぐ風の、いい香りであることと言ったらない。
1 (8)


煮干しラーメン特有のキラキラが眩しい。そして表面からただよう脂の感じがたまりません。
オススメバージョンですと脂の量は「普通」ですが、「多い」にするとより凶暴になりそう。
1 (11)


ノーマルラーメンとしては異例の叉焼の立派さ。
しかしこのラーメンにおいては、立派な叉焼ですら脇役になります。主役はスープ、そして麺であります。
1 (10)


煮干しと赤いタレ。辛さは半辛でこのくらいの赤さです。
辛さを増せば、より赤くなると思うのですが、恐ろしいのは100辛まであるという点です。
1 (13)

このお店の2階に、かつて炎のつけめんというお店があった時代がありまして、そこの「地獄」というメニューは文字通り地獄のような赤く辛いラーメンで、中本の北極をゆうに超える辛さでありました。


具以上に目を引くのは、この太い麺。「いったん麺」であります。
ゲゲゲの鬼太郎の「一反もめん」からとった名前と思われます。
1 (12)


持ち上げるとこの通り。なお、このいったん麺は3本というか3枚入っているのですが、味などを伝える際に「3枚増し」にすることができます。
1 (16)


煮干しの強烈なフックが飛んでくる凄まじいスープ。
それでいてエグミは一切なく、煮干しの凶暴で強烈な部分だけを抽出しつつ、嫌われる部分だけは綺麗に削り取っている見事なスープです。
病みつき感が半端ありません。
1 (14)

味はそこそこ強めであるにも関わらず、しょっぱいと思う前に煮干しが口の中を支配します。
「すごい煮干しラーメン」、全く名前負けしておりません。


縮れた太麺は、チュルチュル系であり、あまりもちっとはしておりませんが、麺柔らかめにすると私にはちょうどよさそうと思いました。
無料で大盛りにできまして、量も十分です。幸せすぎます。
1 (15)

凪グループが続々と出店するお店だけあり、ものすごい完成度です。
煮干しの求道者がたどり着いた、煮干しラーメンの1つの完成形なのかもしれません。


===
【オーダー】
煮干しラーメン 780円
大盛り 無料

凪グループのお店の過去記事はこちらになります。
・2009年10月17日 凪 新宿 煮干@新宿
・2009年10月21日 【閉店】特級煮干そば 凪@西新宿
・2010年7月10日 【閉店】特級中華そば 凪@西新宿
・2010年8月7日 【閉店】nagi2kai@西新宿
・2011年8月13日 凪 豚王@渋谷
・2011年9月13日 【閉店】炎のつけめん@西新宿
・2012年2月22日 煮干王@渋谷
・2014年7月9日 【閉店】豚王
・2016年10月16日 魚露温麺 凪@西新宿

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

すごい煮干ラーメン凪 西新宿七丁目店ラーメン / 新宿西口駅西新宿駅西武新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

コストパフォーマンスのよい焼肉屋さん。

2016.10.19.22:28

焼肉もとやま@西新宿
焼肉


幡ヶ谷で打ち合わせを終え、20歳の若者に「何食べたい?」と聞くと「脂っこいものが食べたいです」との回答が。

ほう。私の周りでは最近聞かなくなった斬新な回答だなと思い、焼肉を食べに行こうと幡ヶ谷のビルの麓でお店を探していたら、、、
1 (1)

食べログ仲間のナムさん(75歳)と偶然出会う。
こんなことってあるんですな。幡ヶ谷で。


幡ヶ谷近辺ではお店がよくわからなかったので、かつてのホームタウン西新宿7丁目にある「もとやま」という焼肉屋さんへ。
1 (2)

かつてのホームタウンですが、訪問したことはありません。
でも1階の黒門というラーメン屋さんには何度となく足を運んだことがあります。


A5ランクの黒毛和牛を高級店の6割程度の価格で。
なぜそんなことができるのか。
1 (3)


店内は大衆系と高級系のちょうど中間くらいの雰囲気で黒っぽい感じです。
水曜日ですがたいそう混んでおりました。
1 (8)

店員さんはアルバイトっぽい方が中心のようでありました。


メニューの一部を紹介しますと、カルビ、ロースが980円、ハラミが880円。上タンが1,580円。
お値段構成的には中の中の上くらいでありましょうか。
1 (5)

その他のメニューは一番下に掲載しました。
コース料理や飲み放題のオプションもありました。


■アサヒスーパードライ中瓶(590円)/キムチ盛り合わせ(750円)
1 (9)

瓶ビールは一番搾りとアサヒスーパードライが選べるのがよいです。
中瓶590円ですので、こちらも中の中の上くらいのお値段になってます。


■チョレギサラダ(550円)
1 (10)

若者に野菜も食べさせねばと思い、サラダも注文。
ボリュームもあってよい感じです。


■さんかくにぎり(1つ350円)
1 (12)

20歳と24歳の若者と一緒に行ったのですが、東京育ちの24歳はともかく、山口から上京したての20歳は和牛の握りは食べたことないかなと思って1人1つずつ食べました。

これが予想以上に美味しかった。
脂がほどよく、至極の柔らかさで、種類もいくつかありますので1つは食べたい逸品です。


■もとやま盛り(2,680円)
1 (11)

上タン、平田牧場三元豚、カルビ、ロース、ハラミで構成されています。
3人くらいだと、まずは一通り食べられるので、皆さんの好みをつかむという意味でも最初にオーダーするのによさそうです。


■ハラミ(1人前880円、写真は3人前)
1 (14)

ハラミは脂もほどよく、赤い色が中心で、柔らかくさらに厚みもあるため食べごたえがあってオススメです。
味付けも濃すぎずよい塩梅。


■ロース(1人前980円、写真は3人前)
1 (15)

ロースはちょっときしっとした感じで筋があり、他と比べると少々固い印象であったため、おすすめ度は低いです。
脂に疲れた際にはよいかもしれません。


■カルビ(1人前980円、写真は2人前)
1 (16)

若者から圧倒的に支持されたのは、やはり焼肉の王様カルビ。
脂が甘く、上質なカルビでした。ランクなどはよくわかりませんが、牛角などとは比べてはいけないレベルで間違いないお肉でした。


私は若者のためにせっせと焼肉を焼く職人に徹しました。
1 (13)

肉質がある程度よく、「もう許してください」というくらい食べて1人6,500円くらいでしたので、焼肉としてはコストパフォーマンスはだいぶよいかと思います。
新宿は玉石混交な街であり、焼肉屋さんもまた然りですので、そういった意味ではオススメの部類に入るお店になりそうです。

たしかに銀座とかで同じものを食べたら諭吉先生1人では足りないかもしれない。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,500円程


■メニュー①
1_20161119140210c4a.jpg

■メニュー②
2_20161119140211d8f.jpg

■ドリンク
drink_20161119140207e2b.jpg

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

焼肉もとやま 新宿店焼肉 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[焼肉]

10/19

theme : 焼肉
genre : グルメ

tag : 焼肉

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る