FC2ブログ

1,125kcal「喜多方ラーメン 坂内 小法師」@京橋

2019.02.06.17:46

喜多方ラーメン 坂内 小法師@京橋
ラーメン


京橋にある坂内に行ってみました。
16時過ぎという大変半端な時間だったのですが、通し営業なので非常に助かります。
0206 (1)


坂内は喜多方ラーメンの雄で、都内にもたくさん出店しています。
坂内系列の原点坂内食堂は昭和33年、西暦でいうと1958年創業です。
0206 (4)

訪問したことがある坂内系のお店はこちらになります。
・2013年10月22日 渋谷店
・2014年5月14日 新宿店
・2014年6月17日 恵比寿店


16時15分過ぎということで先客は1名のみ。それでも1名いるんだ!と驚きました。
テーブル席とカウンター席があります。
0206 (13)


メニューは醤油、味噌、冷やしの味としては3種類。
骨折明け記念ということで(いつまでこの記念をやるのか)、焼豚ラーメン大盛り、お値段1,090円也を登頂してみることにしました。
0206 (3)

値段はさておき、ラーメン1杯で1,125kcalという恐ろしい数字を叩き出しています。なんてこったい。


餃子があるので卓上には餃子の三種の神器があり、また名物の名前入りブラックペッパーが配備されています。
普段は胡椒を入れませんが、名前入りなので入れよう。
0206 (2)


1,125kcalの御方が登場されました。すげえ大きさだ。
むしろ1,125kcalで許してもらえるのか?という風格です。
0206 (5)


焼豚が大量に乗っているせいはもちろんあると思うのですが、器から獣の香りがジャンジャンしています。
しかし大丈夫です。1分以内に慣れます。
0206 (7)


焼豚は味がかなりしっかりついています。スープが薄味気味なので叉焼は攻めているのかもしれない。
柔らかいですし脂身もほどよくあって実に塩梅のよい叉焼です。
0206 (9)


脂身と赤身のバランスの良さが本当に突出しています。叉焼麺は全然好きではないですが、坂内だとつい注文してしまう。
叉焼は店舗で作っているので店舗によって多少味は違うことでしょう。
0206 (8)

ただ、いくら美味しいといっても叉焼が10枚以上軽く入っているため、後半は食事というよりは戦いになります。
いくらなんでも多すぎる。さすがはラーメン一杯で1,125kcalのツワモノです。

葱とメンマも具としては存在しているのですが叉焼の下に隠れており、引っ張り出さねば発見は叶いません。


スープは鶏かと思いきや豚骨ベース。豚骨ですが非常にあっさりした仕上がりです。
重さは全く無く、完全なるスッキリ系スープです。
0206 (10)

スッキリしていながら深みもあり、老若男女全方位に愛される万人から支持される醤油スープ。
常に人気があり続ける秘訣はスープにありそうです。毎日食べるならこんなスープがよかろう。毎日はさすがに嫌ですが。


麺はおなじみの平打中太縮れ麺。喜多方ラーメンといえばこの麺です。
表面が非常にツルツルテカテカしているのも特徴の1つです。
0206 (11)


叉焼があまりに多いのと、大盛りなので麺もすごく多くて、ブラックペッパーによる味変を試みます。
0206 (12)


大変美味しかったですが、わたしには1,125kcalのラーメンは多すぎました。
焼豚をセレクトしても大盛りにする必要はありませんでした。大盛りにしなければ905kcalに抑えられますし。
0206 (6)

昼時はとても混んでいるので、通し営業なので変な時間に立ち寄るのがオススメです。


===
【オーダー】
焼豚ラーメン大盛り 1,090円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

喜多方ラーメン 坂内 小法師 京橋店ラーメン / 宝町駅京橋駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

八重洲の名小料理屋さん「まえ田」

2018.10.05.23:08

まえ田@八重洲
和食


2018年最初の忘年会は10月でした。
会場は八重洲と日本橋の中間、、、どちらからも徒歩3分くらいという立地にある小料理屋さんです。大人な街で大人な店。
1005 (1)


「まえ田」というお店です。お店の佇まいが素晴らしく絶対に美味しいものを食べられそうなオーラに満ち満ちております。
1005 (2)


1階はカウンター席、2階はテーブル席になっています。
値段がすごく高いというわけではありませんが決して安くもなく、さらには日本橋という場所柄若者客はおりません。
大人が集うお店であります。
1005 (9)

純和風なお店ではありますが、ホールの女性は全員中国の方でした。
対応自体は全く問題ありませんというか、最近は国籍の差はないどころか日本人の方が、、、と思うことも少なくありません。


ホワイトボードのメニュー。様々な和食が並んでいます。
どれも美味しそうで、眉を8時20分の形にしながら大いに悩みます。
1005 (3)

グランドメニューは一番下に全て掲載しました。


■瓶ビール(650円)
1005 (7)

瓶ビールは中瓶で、キリンラガーとアサヒスーパードライの2つから選ぶことができます。瓶ビールの選択権があるお店は無条件に素晴らしいお店と思ってしまいます。
しかもビールの趣味が大変合います。これに赤星があったら誰かを抱きしめたことでしょう。


■日本酒(680円~)
1005 (14)

日本酒は680円~900円でいろいろ揃っています。
料理が純和食で圧倒的に日本酒に合うため、早々にビールを切り上げずっと日本酒を飲み続けていました。


■お通し:瓢亭玉子
1005 (8)

「ひょうていたまご」と発音します。初めて聞く単語だったので「どういう料理ですか?」と伺ったのですが、「そう言うように言われているだけでよくわからない」という正直な回答を頂きました。

昔、椿山荘でアルバイトをしていた友人が、お客さんに「これ何?」と聞かれた際に「食ったことないのでわかんないっす」と言って解雇されていたのを思い出しました。

「食ったこと、、、わかんないっす」の言葉遣いが決定打だったのか、あるいは文脈のみでアウトだったのか。
「食べたことがございませんので分かりかねます」だったらセーフだったのか。

なお瓢亭玉子とは、京都の老舗「瓢亭」で供される玉子のことで、、、、よく分からなかったのですが「とにかくやけに旨いゆで玉子」のことのようです。
しかし私が店員さんで、瓢亭玉子って何?と聞かれた際の回答が「とにかくやけに旨いゆで玉子」であると、それはそれでなかなか問題な気がします。

ただ食べると分かるのですが、本当にやけに美味しい味玉という感じなのです。
どんなラーメンの名店で食べる味玉より、なんだか知らないが旨いのであります。


■刺身5点盛り(2人前2,000円~)
1005 (10)

刺身1つ1つが甘くて味が濃い。ただ新鮮なだけではない美味しさであります。
これは目利きなのか、切り方なのか、あるいは他の何かか。
雲丹は海苔を巻いて食べるのですが、悶絶級の旨さでした。


■佐島たこぶつ(870円)
1005 (11)

タコの弾力がすごい。そして先ほどの刺身同様味が濃い。
たこぶつですら、こうなりますか。。。


■ウツボ唐揚げ(780円)
1005 (13)

とても柔らかく、クリーミーな唐揚げです。よゐこの0円無人島生活で食べているのを見るが、かくも旨いのか。ウツボというやつは。
河豚を脂たっぷりにしたような不思議な唐揚げでした。


■穴子白焼き(1,200円)
1005 (15)

ふわふわのふっくら仕上げ。脂も全然ありません。
贅沢な焼き物です。1,000円超えますが是非オーダーしたい一品です。


■馬刺し(2人前2,000円~)
1005 (19)

馬刺しはあまり好きではないのですが、この馬刺しは違いました。見当違いの旨さ。馬刺しとはこんな食べ物であったか。
レバーのサクサク感は初めての心地、鬣(たてがみ)と赤身を一緒に食べると最高でした。

醤油が甘く、九州の醤油かなと思います。馬刺しにぴったりでした。
初めて馬刺しを美味しいと思った。


■鶏の唐揚げ自家製ラー油(780円)
1005 (21)

唐揚げはこちらの自家製ラー油で頂きます。
骨付き唐揚げはとても美味しいのですが、感動は魚料理のほうが大きいです。
2


■銀杏(680円)/鰯の丸干し(680円)
  鰹の酒盗クリームチーズ(680円)/エイヒレ炙り(680円)
図1

一通りお腹いっぱいになったら、置いておけるシリーズのおつまみをオーダーし、日本酒をチビチビというか、ゴクゴク飲みました。
「鰯の丸干し」は、日本酒の「幻(まぼろし)ください」と伝えたら、「まぼろし」が「まるぼし」に聞こえてしまい提供されました。

全く問題なし。滑舌が悪いわたしのせいです。


■おにぎり(300円)
1005 (25)

釜飯や玉子かけご飯など大変気になる〆メニューもあったのですが、お腹いっぱい過ぎたためおにぎりにしました。
食べて食べて飲んで飲んで。1人8,000円は十二分にコストパフォーマンスよいお店と言えそうです。

八重洲エリアでは軍を抜いてオススメの和食屋さんです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい


■飲み物メニュー
飲み物

■飲み放題メニュー
飲み放題

■日本酒
日本酒

■魚/肉
魚、肉

■肴/ごはん
肴、ごはん

■野菜/玉子かけご飯
野菜、卵かけご飯


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

まえ田魚介・海鮮料理 / 日本橋駅東京駅京橋駅

夜総合点★★★★ 4.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

13時から喫煙可「みや美」@京橋

2018.09.26.14:46

みや美@京橋
蕎麦


京橋にて打ち合わせまで40分。
喜多方ラーメン坂内は、、、混んでてちょっと心配。坂内はオジサンに大変人気があります。
1 (2)


なので坂内はすぐに諦めたのですが、隣に「みや美」というお蕎麦屋さんがありました。
すぐに入れるならばここにしよう!
1 (1)


かけそば500円。たぬきが600円。最高値は天ぷらそばで900円です。
丼系のご飯物メニューもあります。
京橋という場所を考えるとリーズナブルといえそうです。
1 (3)


蕎麦とミニ丼のセット物もあります。セット物が800円というのはお得な気がします。
1 (4)


店内は13時20分の入店で先客はゼロでした。
ただ、13時過ぎから喫煙可となり、あとから来た人が煙草を吸い始めました。
お蕎麦屋さんで煙草が吸えるというのは残念ですし、蕎麦にこだわりは無さそうとも思ってしまいます。
1 (5)


玉子とじ蕎麦がなかったので、「月見そば」ならあるということで、月見そばの大盛りにしました。
かけそばが500円で、月見そばが700円とうのにも少々驚きました。生玉子落としてあるだけのような。
1 (6)


非常にノーマルな、月見そば。
700円ですが座って食べられるということと京橋という場所を考えると妥当でしょうか。
1 (7)


汁はさっぱり系で、味が濃すぎないところがよかった。
1 (9)


蕎麦は1本1本がとても短く、これは外国の方対策でしょうか。すすらなくても大丈夫的な。
ねちっとした食感が特徴の蕎麦でした。立って食べる系の蕎麦と雰囲気は変わらないかなと思います。
(小諸そばだと、むしろ小諸そばの方が美味しいかも→近くにあります・・・)
1 (10)


もり蕎麦ミニ丼セット、800円也。
蕎麦単体よりも丼とセットにするほうがお得さを感じることができるかもしれません。
1 (8)


===
【オーダー】
月見そば 700円
大盛り 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★☆☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

みや美居酒屋 / 宝町駅京橋駅銀座一丁目駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

【閉店】激辛ならぬ辛激のすごい辛さ

2018.06.13.14:36

トナリ@東京駅
ラーメン


平日16時過ぎ、東京駅八重洲の東京ラーメンストリート。
ラーメンストリート系の場所は都内にいくつかありますが、意外と流行らなかったりお店がコロコロ入れ替わったりする印象がありますが、半端ない立地と豊富な外国人観光客によって東京ラーメンストリートは盤石に見えます。
1 (2)


六厘舎にいたっては16時過ぎですらこの行列。
確かに美味しいとは思いますが、そこまで並ぶほどか、、、という気がしないでもありません。
外国人観光客に絶大な人気があるのか、あるいは外国人観光客はリピーターはほとんどいないでしょうから、初参戦の場合は高確率で六厘舎に行ってしまうのか。
1 (1)


時間も時間だったので並ばずに入れそうなお店を探し、トナリに行ってみることにしました。
トナリは丸の内店に行ったことがあります。
1 (3)


トナリといえばタンメン。タンメンに餃子を付けた「タンギョウ」。タンメンに鶏の唐揚を付けた「タンカラ」がお馴染みであります。
「ラーメン+餃子」と言わずに「タンギョウ」と呼んで1,000円近いボタンを押させる。見事なマーケティング力が生かされております。参考になります。
1 (4)


味はタンメン一択かなと思いきや、辛い系もありました。
その名も激辛ではなく辛激。ネーミングに一工夫する社風なのかもしれません。
1 (8)

「この辛さにあなたは耐えられるか」

すごい挑戦フレーズです。正直耐えられる気がしません。


その辛激にチーズが入ったものもあるようで。
なるほどチーズが入れば少し味がマイルドになって食べやすくなるかもしれない。今日はこれだな。
1 (5)


券売機で辛激タンカラ1,000円のボタンを押します。
せっかく来たので唐揚げも食べたくなってしまったので。ランチでラーメンで1,000円はちょっと勇気がいりますが勢いでボタンを押します。
1 (6)

店員さんに食券を渡すと辛さ1~4どれにするかと聞かれます。「1でも相当辛いです」と言われて。
しかし2にしました。男がすたると思ってしまいました。

なお、これは終わりの始まりでした。


店内はカウンター席とテーブル席。16時過ぎなのでさすがに空いていました。
(六厘舎以外は行列はありませんでした)
1 (7)

BGMがプリプリ、ハマショー、小田和正、あゆ、、、と続きます。
トナリのターゲット層は完全に40以上なのか。あるいは店主がそのくらいの年齢で自分の趣味で流しているのか。
L←→Rの順番は回ってきませんでした。


卓上には餃子用三種の神器と胡椒が。大蒜はありませんね。
ビジュアル的には大蒜大量投下しても合いそうなラーメンですが、大蒜配備はなしでした。
1 (9)


辛激タンカラ、2辛到着であります。すごいオーラだ。
1,000円が券売機に吸い込まれてお釣りが出てこなかった時は少し寂しかったですが、これを見たら「よく1,000円で足りたな」という思いに変わります。
1 (10)


脇役のはずが主役級の存在感を放つ唐揚げ。
1 (11)

揚げたて熱々で登場。味はやや濃いめですが普通に美味しいです。
まずまずの大きさの唐揚げがしっかり5つ付いてきます。
かなり安い居酒屋でも最低500円はしそうな唐揚げがラーメンとセットで1,000円というのは冷静に考えると些かどうかしているような。

ラーメンが少し小ぶりなのですが、ボリュームを補って余りある満足度の高い唐揚げです。
頼んで損はありませんが、残さないように気をつけてください。


続いて辛激タンメン。唐揚げのことを忘れそうになるくらいすごいビジュアルをしている。
美味しそうなのかそうでないのか判断する気すらなくなります。
1 (13)


野菜はほとんどもやしですが、時々ニラ、ところにより一時ニラという構成です。
1 (16)


唐辛子なのか何なのか。凄まじく辛そうな赤い粉が大量に振りかけてあります。
この赤い粉の量が辛さの度合いによって変わるのでしょう。
2辛でこの量。4辛なんてどうなってしまうのか。
1 (15)

辛さはとにかく脳天直撃系の猛烈な辛さです。
辛さというか痛さのほうが近いかもしれない。なんだこの辛さは。これは唐辛子ではなくないか?

スープも最初はこういった穏やかな色なのですが、
1 (17)


ひとたび全体を混ぜると凶暴な色に急変します。
「付き合ってみたが、こんなはずはなかった」という感覚が一番近いかもしれません。
1 (20)

昔野球選手が、夢をあきらめないで的な歌の歌手と結婚して離婚した際に「人魚だと思ったらホオジロザメだった」と発言していたことを思い出しました。

辛さの強さだけで言うと中本の北極の方が上のような気がするのですが、北極は旨味にも守られているのに対し、このタンメンは旨さをすっ飛ばして辛さだけが襲いかかってくるイメージです。
辛さだけなら中本のゴモミくらいではなかろうかと思います。しかし食べ進められないという点では北極すら凌駕しています。

そして恐ろしいことにまだ2段階上があるという。


マイルドになるかなと思ってトッピングしたチーズは、もはや何の役にも立ちませんでした。
辛さに破壊された舌ではもはやチーズの味を感じることすら無理でした。
1 (14)


極太の平べったい麺はこのラーメンとの相性はとてもいいです。
が、もはやそれどころではありません。電話を持つと119番することしか頭に浮かびません。
1 (18)


なんとなく天地返しをすると、こういう感じになります。
もうなんていうか、心から1辛にすればよかったと思いました。店員さんの言うことを素直に聞いておけばよかったと。
1 (19)


タンカラの凄まじきコストパフォーマンスには脱帽しました。
それ以上に辛さにやられました。一応全部食べることはできましたが、食事と呼ぶにはダメージが大きすぎました。
1 (12)

北極をすいすい食べられる方でなければ1辛がオススメです。


===
【オーダー】
辛激タンカラ 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

トナリ 東京駅東京ラーメンストリート店ラーメン / 東京駅京橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ラーメンらしいラーメンゆえ海外からの旅行者におススメ「ちよがみ」@八重洲

2017.12.20.15:43

ちよがみ@八重洲
ラーメン


東京駅八重洲にありますラーメンストリート。
8店のまずまず有名なお店が集っています。
1 (6)

これまで牛タンラーメンの㐂蔵と、ダブルスープの老舗六厘舎に行ったことがあります。
どちらも一定以上に美味しかった。海外からの観光客の方に食べて頂いても恥じないどころか、ラーメンとはこういうものと思って頂きたいくらいには美味しいのが流石であります。


中でも尋常ではなく混雑しているのは六厘舎です。
時間に関係なく常に行列ができている印象。海外のクチコミサイトなどでも評価が高いのでしょう。
1 (1)

本店は行ったことがありませんが、ここラーメンストリートのお店ですらとても美味しかった。
これぞダブルスープのつけ麺という感じで。


この日は時間がなかったので、最も空いていたお店にお邪魔しました。
「ちよがみ」です。
1 (2)

これまた行ったことはありませんが、九段下にある名店がやっているお店だとか。


券売機で食券を買います。
ラーメンの味的には「中華そば」「鶏だし中華そば」「塩」「味噌」「濃い出汁中華そば」と5種類もあります。
1 (3)

海外からのお客さんが多いので、いろんな味を全方位的にカバーした感じでしょうか。
そして高いメニューのボタンが大きいという、無邪気グループを彷彿とさせる手法であります。。。

こういう券売機だと、意地でも一番安いボタンを探して押してしまいます。
しかしこの方が実際のお店の売上は上がるのでしょう。


店内はカウンター席とテーブル席。
店員さんはほとんど海外の方のように見えました。東京ラーメンストリートは店員さんの日本人ではない率がかなり高いです。
東京ラーメンストリートなのに。。。
1 (4)


卓上には胡椒とS&Bの柚子七味が配備されています。
後述しますが醤油にした場合は柚子七味、オススメです。
1 (5)


ノーマルの醤油中華そば、770円です。
東京ラーメンストリートは全体的にちょっとお値段高めのお店が多いかもしれません。
1 (7)


七色のトッピングは旅行者対策でしょうか。個人的にはちょっと美味しそう感がなくなる気がしました。
チャーシューはノーマルタイプが一枚。具は色合い以外には特段の主張はなく、とてもシンプルな中華そばです。
1 (10)


個人的にはラーメンにはいろいろ具が入っていない方が好きなので、スープと麺に集中できるよい中華そばに思えます。
(時折バカウマな叉焼が出現する時だけは例外になってしまうのですが)
1 (9)


スープはちょっと塩味が強いが王道の煮干しの風味漂う醤油スープです。
ほんの少しのオイリーさもあり、それでいて方向性は王道方面であるため、ラーメン初実食にはもってこいかもしれない。
1 (11)

ゆず入りの七味を入れると味が良くなります。


細ストレート麺は小麦の清涼感があってよかったです。
具、スープ、麺だと麺が一番いいかもしれないなと思いました。
1 (12)


最初は1店だけとても空いていたので少し心配していましたが、そこはさすがは東京ラーメンストリートに出店しているお店でした。
オーソドックスな中華そばゆえ、海外からの旅行者の方にも変化球のラーメンを食べるよりもオススメです。
1 (8)


===
【オーダー】
醤油中華そば 770円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ちよがみラーメン / 東京駅大手町駅二重橋前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る