FC2ブログ

【3回目】さすがに旨い「やまぐち」@西早稲田

2019.01.20.14:03

やまぐち@西早稲田
ラーメン


骨折した足のギプスがとれた翌日、西早稲田にある穴八幡宮にお参り&御札ゲットをしに行きました。

西早稲田のラーメンといえば「やまぐち」であり、初詣&御札ゲットに加えて初ラーメンまで決めてしまおうと思い「やまぐち」に行ったのですが、、、ありゃりゃ。カレー屋さんになっているではありませんか。
(あとでわかったのですが、このカレー屋さんのベースのスープは「やまぐち」のスープを使っているそうです。系列店なのかスープだけ提供しているのか分かりませんが)
0120 (23)


ガックリと肩を落として歩いていたら道の反対側に「やまぐち」があるではありませんか!なんと!!移転しただけでしたか!!!
まだ完治していない足を引きずって4車線横断を決めてやまぐちに滑り込みました。外並びはなさそうですぞ。
0120 (1)


紛れもない「やまぐちメンバー」、いや「やまぐち」であり、行列の並び方も記載があります。
当然ですが、この距離の移転だと当然行列は続きます。
0120 (2)


店内に入るとミシュランと食べログの表彰状のようなものが飾ってあります。
ミシュランに選ばれるのと食べログの100名店に選ばれるのでは、お店はどちらが嬉しいであろう。そしてどちらの方が売上貢献が大きいであろう。
図1

どちらも取得している「やまぐち」には無縁の話ですが。


券売機で食券を。味は鶏そば一択でした。つけそばのボタンは消えていました。
昔は追い鰹中華そばなるメニューがありましたが、食べることなくメニューからなくなってしまいました。
0120 (3)


麺固めは推奨していないそうです。しかしこう書いてあるということは頼めばやってくれるとも受け取れます。
ここまで書いてあって頼む人がいるか否かはわかりませんが。
0120 (5)


日曜日14時過ぎの到着で中並びは5名。5人の待ちであれば座って待つことができます。
それ以上は外並びとなりますし、すぐに外並びまで列は成長していました。危なかった。
0120 (4)

店内はカウンター11席、2名がけのテーブル席が1つの計13席です。
料理の達人風に言えば、わたしの記憶が確かならば、席数は前と同じではなかろうか。

そして中並びがある上に、非常に店内が狭いことも前と同じであります。
移転は客席を広くしたいからではなかったということだけは間違いなさそうです。

待っている人と食べている人の隙間がほとんどなく、食べ終えて帰る人がひたすら「すみませんコール」をし続けなければなりません。


カウンター席は椅子の足が長いタイプ。これは前のお店と同じかもしれない。
0120 (8)


1席だけあるテーブル席はこちら。docomoの電波が入りませんでした。
0120 (9)

理由はわかりませんが異様に回転が悪いです。
13席で5人並びであれば10分くらいで席に着けそうな気がしますが、席に着くまで20分待ちました。


卓上には調味料は一切ありません。飯田商店スタイルです。飯田商店だけではありませんが。
0120 (11)


卓上のトレーはもう少し綺麗に拭いて頂けると結構嬉しいかも。
0120 (10)


味玉鶏そばが到着しました。わかってはいましたが、すごく美味しそう。
移転前は930円だった味玉鶏そばは1,000円になりました。
0120 (14)


鶏出汁と醤油ダレの最高にいい香りをまとってラーメン到着。
美味しそうと思うのは美味しいことを知っているから思うのか、初見でもそう思うのかはもう判断がつきません。
0120 (15)


見事に低温調理された大きな叉焼が2枚。柔らかいですしジューシーな仕上がりです。
デフォルトでこんなに大きな叉焼が2枚入っているとなると、叉焼トッピングをするとどんなことになってしまうのか。
0120 (17)


叉焼もすごいですが、さらにすごいのは味玉です。味玉が異様に美味しい。超最高クラスの味玉。
味の染み加減と味付け自体が最高で、嫌いでなければ味玉は絶対に外さないほうがいいです。
こんなに美味しい味玉は久方ぶりです。
0120 (20)


清湯系の綺麗なラーメンの中では、動物の香りが結構強いのがやまぐちの特徴です。荒々しさがあります。キングダムでいうと龐煖のような。。。あそこまでではないか。
そして荒々しさの中に仄かな酸味も感じます。
0120 (16)


荒々しさゆえ、清湯系ですが言い知れぬパンチ力があります。龐煖のような。。。
芳醇なスープはさすがに美味しく、そりゃミシュランでも100名店でもとるでしょう。。。という味わいです。
大盛りはないので替え玉をしたくても、スープが美味しすぎて無理です。蓮華が止まりません。
0120 (18)


麺は少しニュルニュルした感じのある、飯田商店に方向性がそっくりな麺。確かにこれは固めは向いてなさそうですし、これの固めは相当イメージしにくいです。
ボリュームは体感で150gと少々少なめかなと思います。
0120 (19)


替え玉したくても、1杯目を食べ終えるとこの有様ですので替え玉は無理です。
この状態で替え玉お願いしますというと、どうなるのか。
0120 (21)


狭いですが美味しい。美味しいですが狭い。
また来年の初詣のときに寄りたいなと思います。まさか2019年初ラーメンが1月20日になってしまうとは思いませんでした。
0120 (13)


帰りに穴八幡宮で御札を頂いて帰りました。
0120 (22)


===
【オーダー】
味玉鶏そば 1,000円


移転前のやまぐちの記事はこちらになります。
・2013年5月25日
・2018年1月28日


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

らぁ麺やまぐちラーメン / 面影橋駅早稲田駅(都電)西早稲田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】ダブルスープの1つの答え「渡なべ」@西早稲田

2018.02.01.13:28

渡なべ@西早稲田
ラーメン


先日、穴八幡宮に行く目的で西早稲田を訪れて、ついでに「やまぐち」に行ったのですが、やまぐちは行列のすえに勝利、しかし穴八幡宮はウルトラミラクル大行列の前にあえなく敗退しました。

なので平日のお昼休みにリベンジしてきました。
リベンジついでに前回は「やまぐち」、今回は「渡なべ」です。7年半ぶりの訪問です。前回の穴八幡宮ついででした。
1 (1)


山口からの渡辺。次は田中か鈴木か山本か。
1 (2)


味はラーメンとつけ麺があるのみ。あとはトッピングで値段が変わるのみです。
とてもシンプルな、直球なメニュー構成。930円の味玉らーめんのボタンを押します。7年半前と同じボタンを押してしまいました。
1 (3)


席はL字型のカウンター席。7年半前と変わっていません。
小料理屋さんもできそうな佇まいです。店員さんお一人で切り盛りされていました。
1 (12)

平日14時の訪問で奇跡的に先客なしでした。
普段行列になっていることも珍しくないので、ちょうど凪のタイミングに入店できたようです。


卓上には、、、左は七味でしょうか。一味でしょうか。使っていないのでわかりませ。
右は胡椒と思われますが、こちらもはやり使っていないので本当のところはわかりません。
つまりは何ら情報を提供できないということであります。「2つ何かがある」ということ以外は。
1 (4)


味玉らーめん到着です。ラーメンに大盛りはありません。替え玉となります。
つけ麺は大盛りがあります。
1 (5)

なんとも完成度の高い一杯。王者の風格があります。


具で一際異彩を放つのが、この極太メンマです。
ここまで太いメンマが入ったラーメンはなかなかお目にかかれません。
1 (9)


味玉は言わずもがなの完璧な仕上がり。
技術が知れ渡ったのか、最近味玉で「あれれ?」と思うことは滅多になくなったように思えます。
1 (11)



カツオの風味と動物系の出汁の風味が絶妙なバランスでブレンドされている最高のスープ。
ダブルスープ系のラーメンは数あれど、「またおま系」とも違う、渡なべだけがたどり着いたダブルスープの1つの終着点のような見事なスープ。最高に美味しい。7年半前以上に美味しい気がします。
1 (7)


しっかりめの固さのある中太ストレート麺とスープの相性も抜群です。
スープの存在感に負けないしっかりした麺。
1 (10)


トータルで1,000円を超えてしまいますが替え玉をしてしまいました。
替え玉は150円。味玉らーめん930円なので、1,080円の豪勢ランチとなります。
1 (13)


1杯目は中太ストレートでしたが、替え玉は極細ストレート麺になります。
湯で時間短縮のためか、あるいは違う食感で飽きずに食べられるようにする配慮か、その両方か。
基本的には麺は細いほうが好きですが、このスープに合うのは最初の中太ストレートかなと思いました。
1 (14)


やっぱり渡なべは今も変わらず美味しかったです。
穴八幡宮も並ばずにお札をもらえてミッションコンプリートすることができました。
1 (8)


===
【オーダー】
味玉らーめん 930円
替玉 150円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

渡なべラーメン / 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】飯田商店より荒々しい感じ「やまぐち」@西早稲田

2018.01.28.13:31

やまぐち@西早稲田
ラーメン


年末に清湯系の最高峰「飯田商店@湯河原」を訪問し、そのあとたまたま新宿三丁目にオープンした「はやし田」も清湯系で、なんとなく清湯系ラーメンの熱が上がってしまいました。

そんな中、早稲田にある穴八幡宮にお札をもらうため早稲田方面に出かけることになったので、早稲田エリアの清湯系の雄「やまぐち」を訪問しました。
1 (3)


日曜日、開店10分前の11時20分到着で19人待ちでした。想像以上に並んでいました。
5年前は並ばず入れたので油断しました。
1 (1)

13席なので2ターン目確定です。
この日に限って言えば恐らく11時10分に到着するのが勝利であったと思われます。


どうやら昔と違って確実に並ぶお店になってしまったようで、並び方に関する指示書もあります。
1 (2)

13席で19番目なので、普通に考えるとオープン後20分の11時50分くらいに入れるかなと思ったのですが、見事に予想は外れました。

回転がゆっくりである理由は3つくらいありそうです。
・先頭集団に猛者がいない
・ラーメンにしては女性が多い
・提供リードタイムが長い

名店の先頭集団は猛者が集まることが多いですが、ビブグルマンなる書籍に掲載されたことで先頭にまったく猛者がおりません。
猛者=ラーメン大好き=食べるの異様に早い、であるため通常猛者は開店と同時にお店に入り、あろうことか10分後にはお店から出てくることも珍しくありませんが、そういった方は1人もいませんでした。

1ターン目に入店できた人でも提供が11時53分の方がいらっしゃったので、作るのも非常にゆっくりなようです。

並び始めて45分の12時5分にお店に入り券売機で食券を買う権利を得ました。


5年前に「追い鰹中華そば気になるけど、鶏そば食べよう」と思ったのを覚えていたので、今日は追い鰹中華そばにしようと決めていたのですが、そのボタンは5年の間になくなっていました。
かねてからの計画が一瞬で瓦解しましたが、すぐさま雲呑入りの鶏そばに切り替えました。
1 (4)

味は現在一択のようです。

こだわりに関する数々の記載。
以前は醬油の章もありましたが、醬油の章は割愛されたようです。
1 (9)


席は「2画で書く数字の7の字型」です。これは5年前から変わっていません。
前は5月だったので気になりませんでしたが、コート込みで考えると結構狭く窮屈で、席の後ろを人が通るたびに「すみませんロード」となります。
全体的に窮屈過ぎる印象でした。あと、すごく寒いです。早くラーメン食べたいなと思わせる最後の追い込みを狙ったものでしょうか。
1 (6)


卓上に調味料は一切ありません。
飯田商店も、はやし田もそうですが、清湯系ラーメンでは調味料が置いていないケースが多いように思います。「最高の状態で提供するのでそのままの味でどうぞ」ということでしょう。
1 (8)


味玉入りの鶏そば。930円です。
5年前は850円でしたが80円値上げされていました。しかし930円でも安すぎると思わせるほどオーラに満ちたラーメンです。
旨そうすぎです。
1 (10)


雲呑バージョンも言うに及ばぬ美味しそうなビジュアル。
行列にも納得の渾身のラーメン。
1 (12)


雲呑には柚子が忍ばされております。挽肉は粗めの仕上がりでボリューム感があります。大きなものが3つ入っていました。
皮のピロピロが非常に熱々ですので火傷しないよう注意が必要です。
1 (14)


叉焼は綺麗なピンク色の低温調理系。全体的に上品さが漂うラーメンですが、メンマだけはゴツいです。
具はどれも美味しいですが、具はどれも飯田商店に軍配が上がりそうですが、超美味しい領域の差なので、ほぼ好みの問題になりそう。
1 (15)


味付玉子は敢えて語ることがないほど完璧。ほどよく黄身に味が入っています。
1 (18)


スープの方向性はかなり飯田商店に似ています。
違いはこちらのスープの方が圧倒的に獣感があることです。パンチが違います。
優等生的でありながらも野武士感もあり存在感がすごい。
1 (16)

鶏の芳醇さが滲み出まくっており、さすがに美味しいしすごいスープだなと思います。
動物感の引っかかりが癖になります。

飯田商店は料亭の味。やまぐちは最高峰のラーメンの味という感じでしょうか。


麺はスープ以上に飯田商店と似ていると思いました。
平べったく、また柔麺のようにとても柔らか仕上げである点がとても似ています。
強いて言えば、こちらのお店のほうが太さと厚さがありそうです。
1 (17)

究極的に突き詰めたお店はこういう麺に辿り着くということか。


替え玉のほうが食感がよくて、替え玉のほうが美味しく頂けました。
わざと湯で時間を変えて食感を楽しめるようにしているのでしょうか。
1 (19)


スープが美味しすぎて、やはりやってしまいました。年に3回あるかないかの全飲みです。
1 (20)


都内を代表する清湯系スープのラーメンで、やっぱり美味しかったです。
都内有数のラーメン激戦区、馬場・早稲田エリアで行列を作るラーメンは、やはり只者ではありませんでした。
1 (13)


なお、ラーメンの後に穴八幡宮に行ったところ、やまぐちの比ではない大大大行列ができていたので、御札はこの日は諦めました。
ただラーメンを西早稲田に食べに来ただけになってしまいました。
1 (21)


===
【オーダー】
味玉鶏そば 930円
味玉鶏ワンタンそば 1,030円
替え玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

らぁ麺やまぐちラーメン / 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

馬場二大とんかつ「成蔵」と「とん太」の「とん太」@高田馬場

2017.09.29.20:26

とん太@高田馬場
とんかつ


高田馬場には「成蔵」と「とん太」という二大人気とんかつ店があります。
どちらも絶望的に並ぶお店で、とんかつの行列はラーメンの比に非ずと申しますか、同じ人数の並びでもラーメンととんかつでは列の進み具合が異なります。

成蔵は行ったことがあるので今回は「とん太」に行ってみました。

19時半お店到着。
1 (1)

行列がないので、まさかの臨休か??と心配したのですが、単にたまたま並んでいないだけでした。
3回くらい前を通ったことがありますが、行列が出来ていないのを見るのは初めてです。

こんなこともあるのか。
1 (2)


店内はL字型カウンター席が中心です。
店員さんは年配のご主人と、年配の女性が2名の3名体制でした。
1 (14)

カウンター席以外には4人くらいが座れそうなテーブル席が2つ。
ただ、実際に4人で座ったら結構窮屈だろうなあという雰囲気ではありました。
1 (15)

「片付けるので・・・」ということで少しだけ待ちましたが、すぐにテーブル席に通されました。


メニューは手元にはなく、壁にあります。
1 (13)

特ロースが2,160円、ヒレだと100円増しの2,260円。
上ロース(1,550円)もありますが、ここは特でしょう。気合い入れて来ましたし。

その他、白身魚や海老フライなど揚げ物の定食がございます。

また、とんかつが食べたいけど、1切れだけ違う揚げ物が食べたい・・・といったニーズにも対応しておりました。
1 (4)


とんかつ屋さんですが、ご飯の大盛りやお替わりは有料ですのでご注意ください。
「ご飯・味噌汁・キャベツ」がお替わり自由の印象があるのは、一体どのお店が始めたせいなのであろうか。
1 (12)


特ロースカツ定食をお願いして、じっと登場を待ちます。
そしてオーダー後10分で全員集合となります。とんかつとしては異例の早さかもしれない。
1 (11)

何も付けずに素で、塩で、胡麻で、胡椒で、ソースで、、、といろいろな食べ方の提案があります。

塩。ベトナムの塩のようです。
テレビで「塩の種類の違いを舌で感じるのはほぼ無理」と言っていたのですが、実際はどうなんだろう。
1 (6)


胡麻は自分で擦ります。胡麻をするのは得意中の得意です。
日々社長のため、いや自分のためか?とにかく社長に胡麻を擦っておりますので。
1 (5)


ソースの説明。自家製ウスターソースで辛口だそうです。
甘めがよければケチャップで調整すべしとのこと。
その他黒胡椒で食べるなど、いろいろな食べ方の提案がございます。
1 (3)


ロースカツはよくある名店のとんかつよりも薄く切られており、それゆえ切れ数は多め。
いろいろな食べ方を提案しているためか、小口に分けていろいろ楽しんでくださいという意味かもしれない。
1 (10)


衣が大変軽い仕上がりで、カラッと揚がっているのはもちろんのこと、それ以上に衣の軽さに驚きます。
1 (7)


1切れごとの体積も多めではないため、サクサクパクパク食べられるとんかつです。
それこそ誤解を恐れず言うとお菓子のように食べられる感じ。
1 (8)

とんかつ自体は当然ほどよい弾力とともに柔らかく、火入れもちょうど絶妙に全体に火が通ったところで提供されます。
全体的に豪快さはなく、しかし毎日食べても飽きないかのような、優しいとんかつでした。


もしかすると、ヒレカツの方がとん太は美味しいかもしれないと思いました。
1 (9)

常連さんたちは「牡蠣フライはいつからか」と聞いている人が多かったです。
どうやら牡蠣フライも美味しいみたい。

並びはできないものの、常に店内は満員状態をキープしていました。
そして、雰囲気的には初めてのお客さんは私たちだけではないかと思われました。

なお、素、塩、胡椒、胡麻、ソースといろいろ試しましたが、やっぱりとんかつはソースが一番美味しいと思いました。
勝手なイメージで「とんかつはソース」と思っているからかもしれませんが。

今度はヒレを食べてみたいです。


===
【オーダー】
特ロースかつ定食 3,160円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

とん太とんかつ / 高田馬場駅学習院下駅目白駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

【2回目】鶏白湯の雄

2017.01.22.13:41

蔭山@高田馬場
ラーメン


早稲田にある穴八幡神社でお札をもらいに行く途中、個人的に都内有数のラーメン店の1つと思っている「やまぐち」に行ったところ、「おお!なんと並びなし!!!」と思ったら、、、
1 (1)


改装中で閉まっておりましたorz
1 (2)

餡子隊長の刺すような視線に耐えつつ、西早稲田エリアはラーメン屋さんの宝庫でありますので、すぐさま軌道修正を試みます。
このエリアと西新宿7丁目エリアほどラーメン屋さんに困らないエリアはないでしょう。

そして渡なべに標準を定めるも、今度は行列に跳ね返されます。

3度目の正直。次は鶏白湯の雄、蔭山であります。
こんなにも名店が密集しているエリアがほかにあるだろうか。
1 (3)


行列はありませんでしたが、3名ほど待っており、中で待つことにします。
餡子隊長からは突き抜けるほどの視線が浴びせられますが、「あとでチョコレートケーキを付ける」ということで商談がまとまりました。
待ちながら、チョコレートケーキ検索をしまくります。
1 (6)


券売機で食券を買います。上から鶏白湯、鶏白湯の醬油。その下が担々麺。
1 (4)


前回鶏白湯でしたので、今回はわたしは担々麺、餡子隊長はトマト麺にしました。
トマト麺、女性好きですよね。太陽のトマト麺というお店が一定の支持を得ているのは、女性がいるからに他ならない気がします。
1 (7)


麺は浅草開化楼。
浅草開化楼、三河屋製麺、カネジン食品は、私が出会う三大製麺であります。どれもうまい。
1 (5)


メニューは、こちらが一番分かりやすいです。
なお蔭山は、自由が丘に本店を置く、フカヒレ料理が有名な中華料理屋さん「蔭山樓」の鶏白湯のラーメン専門店であります。
1 (16)


■担々麺大盛り(980円)
1 (11)

担々麺、威風堂々とした姿で、白ご飯を従え入場であります。
ラーメン屋さんの担々麺とは見た目ですでに結構いろいろ違います。


ラーメンでは珍しい葉物の具と、料理のようにあしらわれた黒いソースのようなもの。
そう。まるで料理のようであります※ラーメンも料理ですが
1 (12)


スープは大変濃厚で、奥深く広がりのある鶏白湯に加え、胡麻?みたいな深みとナッツ類の香ばしさが加えられた、重厚なスープソースに仕上がっています。
旨味が際立って、文字通り旨いです。そして担々麺としては異例の濃厚さであります。
1 (14)

塩味も過ぎずバランスがよく、濃厚だけど粗暴ではない、さすが蔭山樓が織りなすスープであります。
前より美味しくなったか?


三河屋製麺の太麺は、濃厚な蔭山樓のスープに全く負けておりません。
細麺好きですが、このスープは太麺がすごくあっています。
1 (15)

蔭山樓系ですので、比べてみるとオススメは断然鶏白湯ですが、たまには変化球を、と思う日などにはオススメです。


■トマト麺(880円)+味玉(100円)
1 (8)

餡子隊長のトマト麺。


栄養バランスを常に一番に考える隊長はラーメンには必ず味玉をトッピングするのですが、もともと半分の玉子がついているため、味玉をトッピングしたらこんなことになってしまいました。
味玉をオーダーする際には、こうなることを念頭に置いたほうが良いです。知っていれば味玉追加しませんでした。
1 (9)


トマト麺には、相性抜群と申しますか、ほぼ反則レベルのチーズが振りかけてあります。
これが不味いわけがない。スープのベースは蔭山樓の鶏白湯ですし。
1 (10)

なお、少し分けてもらったのですが、変化球の担々麺とトマト麺を比べると、オススメはトマト麺です。
トマト麺の方が、美味しい。担々麺はいろいろやりすぎているかもしれない。


トマト麺は、一緒に提供されるご飯で、最後にトマトリゾットで楽しむことが出来ます。
出汁がしっかりしているからか、塩分控えめでも味しっかり、くっきりであるため、リゾットでスープを大量摂取しても大丈夫です。むしろリゾット最高に美味しいです。
1 (17)

なお、担々麺もトマト麺も、鶏白湯も大変美味しいですが、本店の蔭山樓で頂く鶏白湯ラーメンの方が圧倒的に美味しいですので、本当に一番オススメなのは自由が丘の本店に行くことであります。


===
【オーダー】
担々麺大盛り 980円
トマト麺 880円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

蔭山 高田馬場店ラーメン / 高田馬場駅西早稲田駅面影橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る