「全てこだわったらこうなりました」というような渾身の一杯。

2014.01.18.12:43

Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨
ラーメン


2014年、貝洲さんとの明けましておめでとうでした。
そして2014年最初の聖地巡麺の旅です。

聖地巡麺の旅とは食べログで「東京都 ラーメン」で検索して上から順番に訪問していく旅のことです。
(どちらかが過去に訪問しているお店は除きます)

まあなんていうかどうしようもない企画です。
過去ログは下にあります。

今回の会場は巣鴨。

1 (14)


あらためて見ると巣鴨の駅って大きいんですね。
アトレまである。

1 (15)


駅から徒歩2〜3分のところにある、
蔦というお店です。

1 (9)


食べログでの点数は4.01です。
(2014.03.02時点)

1 (17)

ラーメン屋さんにしては珍しくマンションの1階にお店があります。
住人の方は…一部のラーメン好きを除いて正直嫌でしょうね…

そんなわけなので並ぶ際にも徹底的にルールを守る必要があります。
まずはマンションの入り口つたいにこのように並びます。

1 (16)

それ以上長くなったら入り口を塞がないように列を作る指示が予めお店からあります。

ちょくちょくお店の方が列を見に来るのは、
待ち行列の数を確認するというよりは、
ラーメン客が住民の邪魔になってないかチェックする意味合いの方が大きいのかも。

ちなみに土曜11時35分到着で10人待ちでした。
外に並んでいるのは6人ですが、
店内に4人座って待つようになってます。

15分程で店内に入れました。
当企画ではかなり平和な方です。

券売機で食券を買います。

1 (18)

醤油、塩、味噌、それとつけそばがあります。
今はないですが煮干しそばというのもあるみたい。

初めての人は醤油か塩がオススメのようです。

では、味玉入りの醤油と、
普段はダブル炭水化物はやりませんがせっかくなので潤目節卵かけ御飯なるものをポチり。


席はL字型カウンターです。

1 (19)


水はクリクラみたいなやつでセルフサービスになってます。

1 (21)


おお。2012、2013年と2年連続で食べログのベストラーメンを受賞している模様。

1 (20)

これってどうなるともらえるものなのか。


卓上の説明書に数々のこだわりが書かれています。

図1


醤油だれは3県3種類のものをブレンドしてるとか、
煮玉子を作るのに焼酎使っているとか。
並のこだわりようではありません。

何処かのキャリアの何処かのドラマをパクったCMではありませんが、
当たり前の努力では当たり前の結果しか得られないということでしょうか。


そして…ラーメンと卵かけ御飯の到着です。

1 (2)


雰囲気が只者ではない感じ出てます。
店主の気合いが乗り移っているといいますか。
綺麗で上品な佇まい。

1 (3)


いやはやなんとも。
丹精込めて作っている感がビシビシと伝わってきます。
仕事ってこうやらないとダメだな。

1 (10)


具はチャーシュー、ネギ、九条ネギ、メンマ。
九条ネギはこういうお店で出されると間違いなく九条ネギだろうなと安心できます。

1 (4)


味玉は最高の完璧な仕上がり。
なんだかコクのようなものがあり本当に美味しいです。

1 (13)

ここ数年で食べた味玉で一番美味しいんじゃなかろうか。
これも焼酎の威力か・・・。
今度家でもやってみようかな。


このスープの表面の滑らかさというか、
脂の弾き方というか、なんとも上品なスープでしょうか。
普段ならナイススープを前にすると「泳ぎたい」と思うところですが、
泳ぐことすらはばかれる佇まい。

1 (5)


じんわり優しくほのかに甘い極上スープ。
塩気は弱く、むしろ甘さが少し前に出てくる感じです。

1 (11)

しつこさがないので、ついつい飲んでしまいます。
セーブしないと全飲み発動してしまいそう。

柔らかく綺麗な醤油スープ。
残すの勿体ないなあ。


麺は細ストレート麺。もちろん自家製。
とても細いですが綺麗な細長い四角い形をしてます。

1 (12)

ぷつっと食感がよく、スープにベストマッチの麺ではなかろうか。
大盛りにはしませんでしたが、すればよかったか。


大盛りにしなかった理由はこの潤目節卵かけ御飯があるからです。

1 (6)

卵かけご飯なので当然美味しい。
潤目節だと普通の鰹節で同じように食べるより美味しいのかな。
家でやってみないと違いはわかりませんが、きっと美味しいのだと思います。

1 (7)

これは行列は、、、できちゃうよなあ。
一桁ですんだことを有難く思った方が良さそうです。

巣鴨。なかなか用事がありませんが、
用事があったら再訪して違うのを食べてみたいです。


===
【オーダー】
味玉醤油そば 850円
潤節卵かけご飯 250円


聖地巡麺の旅の過去記事はこちらになります。
・2013年3月16日 麺屋 吉左右@木場
  →20人待ち40分後着席
・2013年4月20日 つけ麺 道@亀有
  →20人待ち80分後着席
・2013年6月1日 一燈@新小岩
  →30人待ち45分後着席
・2013年6月15日 【番外編】大勝軒@永福町
  →並び無し
・2013年8月3日 【例外編(代打店のため)】千代作@高田馬場
  →並び無し
・2013年11月2日 こうかいぼう@門前仲町
  →30人待ち30分後着席
・2013年12月14日 煮干鰮らーめん 圓@八王子
  →6人待ち15分後着席


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

Japanese Soba Noodles 蔦ラーメン / 巣鴨駅千石駅駒込駅

昼総合点★★★★ 4.0







[ラーメン]

1/18

theme : ラーメン
genre : グルメ

アジア料理 くま☆さん(巣鴨)

2011.11.02.22:30

クラウン好きの集い、いつかファン倶楽部の第1回総会を「なかよし」で開催した後、
コンビニでトイレに寄ったりしながら巣鴨駅方面に歩きました。

地蔵通りは全然お店が空いておらず、
駅間際でお店発見。

DSC02715_20111104142753.jpg

くま☆さん、、、ですか。

全然関係ありませんが、昔勤めていた会社に「草苅さん」という人がいて、
その方のメールの署名が「くさ☆かり」だったことを思い出しました。


お店の前にはくまのぬいぐるみが。。。

DSC02716_20111104142752.jpg


店内はこんな感じです。
よい意味で雑多な感じで、居心地よい感じです。

DSC02717_20111104142752.jpg

アジア料理全般を扱っているお店のようです。
でも店員さんは皆さんネパールの方のようです。


■生ビール(190円)

DSC02714_20111104142751.jpg

随分安いな!とおもったら、随分小さなジョッキで登場です。
お店の方がネパールの方だと、不思議と許せちゃいます。



■あげせん(180円)

DSC02725.jpg

福永さんリクエストです。
あげせん。置いておくには最高のメニューですね。
2次会だし。


■チキン唐揚げ(580円)

DSC02726.jpg

肉自体に勢いがなく、元ブロイラーかなーと思われる鶏肉。
でもまあ美味しいことは美味しいです。



■モモ(400円)

DSC02732.jpg

ネパールの餃子、通称「モモ」ですね。
形状は華興のツボ餃子に似てますね。

DSC02733_20111104142856.jpg

というか、華興がモモを参考にしたのかな?

モモ、美味しかった。
皆さんネパールの方なので、ネパール系料理がオススメかもしれません。


近藤さんと福永さん。
付き合って2週間。今が一番楽しいときでしょうね。

DSC02721_20111104142858.jpg



■海老餃子(1つ160円)

DSC02734_20111104142856.jpg

全員がFacebook餃子部に所属しているということで、
2次会も餃子で押してしまいました。

DSC02735_20111104142855.jpg

海老が丸ごと1匹入っているこちらの料理は、
どこの国の食べ物にあたるのかな。


僕と出口さん。

DSC02722_20111104142918.jpg



■ウーロンハイ(290円)

DSC02728_20111104151408.jpg

途中からは全員ウーロンハイを飲んでいました。


出口さん、楽しそうですね!

DSC02722_20111104142918.jpg



■ココナッツミルク入りアイス(サービス)

DSC02736_20111104142917.jpg

頂いちゃいました。
でもココナッツミルク入りだから僕は食べられませんでした。


いつもなら、くだらないこと、どうでもいいこと、何の役にも立たないことばかり話しますが、
この日は結構真面目な話ばかりでした。

僕たち、真面目な話もできるんだなー。


途中、このお店だけ停電するハプニングがありましたが、
とても楽しい1日でした。

ちなみに帰り、渋谷駅も一部停電してました。
1日に2度部分停電に遭遇するなんて、、、と思って、
帰り道はなんだかとても慎重に帰りました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人1,700円くらい


【総合コメント】
巣鴨駅から数分の場所にあります。

なんで「くま☆さん」という名前なのかはわかりません。
店主が好きなのかな。

1次会でも2次会でも便利に使えそうです。
いろんな国の料理があるので、ある意味楽しいです。

モモはお勧めです!


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆





アジア料理 くま☆さん ベトナム料理 / 巣鴨駅大塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[無国籍料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

中華 ファイト餃子(庚申塚)

2011.11.02.20:15

第1回いつかファン倶楽部と称しまして、
庚申塚にあるファイト餃子に行ってきました。

「いつかはクラウン」をキャッチフレーズに集結した、
自他共に認めるクラウン好きの集まりです。


庚申塚は都電荒川線の駅の名前で、
大塚から2駅目になります。

数年ぶりに都電荒川線に乗ってみる。

DSC02676_20111103221754.jpg


プシューっ。

DSC02675_20111103221754.jpg


庚申塚駅に着きました。

DSC02677.jpg

何と読むかというと「こしんづか」と読みます。
10で神童、15で才子でしたが余裕で読めませんでした。
ちなみに30過ぎたらただの変態になっていました。


庚申塚駅から徒歩3分ほどの場所にファイト餃子はあります。

DSC02678_20111103221745.jpg

ファイト餃子は、ホワイト餃子の暖簾分けとのことです。
(by 某氏情報)


19時半にお店で待ち合わせしたのですが、
店内は非常に混み合っています。

DSC02682.jpg

お客さんはほぼ地元民だと思われます。
我々以外からはおのぼり風情は感じられませんでした。


なお、予約が出来ませんので、遠方からはるばる行く時には、
強い決意が必要です。

しかもお店は20時閉店なのです(行ってから気付きました)。
十分ご注意ください。


メニューはご覧の通り。
食べ物はお新香などを除いて「餃子、ラーメン、炒飯」しかありません。
かなり稀有なお店です。

DSC02683_20111103221743.jpg


いつかはクラウン!
第1回いつかファン倶楽部総会、はじまりはじまり!

DSC02697_20111103221853.jpg

初回に集まったメンバーは、福永、出口、近藤、私の4人です。


では、頂いたものを紹介して参ります。


■瓶ビール(680円)

DSC02686_20111103221853.jpg

瓶ビールってなんで美味しく感じるんですかね。
実際に缶ビールより味がいいのでしょうか。
飲み比べたら違うのかなあ。

場合によっては生ビールより好きだったりします。
こういうお店だと、瓶ビール飲みたくなりますね。
ちなみに生ビールもあります。


■餃子(10個420円)

DSC02691_20111103221852.jpg

10個420円!!安っ!!
これまで何度も餃子を紹介してきた当ブログでも、最安値の部類に入る気がします。
(六本木の不味い餃子3つ100円などは除く)


こんがり焼けているというより、やや揚げてある調でございます。

DSC02692_20111103221852.jpg


こうして箸でつまんでみると、単体だけでは餃子と判断するのは難しいです。
ずんぐりした何かにしか見えません。

DSC02695.jpg


酢醤油+ラー油で頂きます。

DSC02696_20111103221846.jpg


美味しい。

皮は揚げに耐えられるよう、モチっと厚め。
かなり厚めの部類に入ると思います。

餡はぎゅっと詰まっており、肉汁系ではなく、餡をどしっと頂くタイプ。
つい先日食べた南阿佐ヶ谷の「なかよし」と方向は似ている気がしないでもないです。
あれも揚げてある風情の餃子でした。


野菜はキャベツ中心かな。。。ニラっぽい風味はないか、入っていても少量でしょう。
ニンニク度は抑えめです。

DSC02700_20111103221947.jpg

10個420円ですもんね。
これは近所にあったら週に1度は行きたくなります。

美味しかった!


当ブログ、ややお馴染みになりつつあるこのツーショット。。。ってあれ?

DSC02688_20111103221947.jpg

右に見切れた何かが。。。


気を取り直してもう1枚。

DSC02689_20111103221946.jpg

申し上げるまでもありませんが、お二人は最近お付き合いをされています。


■ラーメン(650円)

DSC02705.jpg


・・・。
何か写ってますね。。。
関西の人って必ずこういうことするんでしょうか。
仙台ではまず見かけないシーンです。


改めてラーメン。

DSC02708_20111103222056.jpg


わかりやすくいうと完全に「昔ながら系」です。
鶏がらと野菜の優しいスープ。
テクニックに走ったり、時代を追いかけたりしてない、ある意味完成系のラーメン。

DSC02710_20111103222050.jpg


このお店にとても似合うラーメンです。
逆にここで「濃厚つけ麺」とか出てきたらガッカリしそうですもん。

DSC02709.jpg


■炒飯(720円)

DSC02703_20111103230821.jpg

炒飯でもやっぱりやるんですね。
止めてもやるんですね。


炒飯には味噌汁がついています。
なんでかわかりませんが。
中華スープがつくのはよく見かけますが。

DSC02701_20111103221946.jpg

炒飯は他のメニューを考えるとちょいと高めですね。
あくまで相対的な話ですが。


卵がどんと乗った炒飯、
味付けがちょうどよく、美味しく頂けます。
炒飯の色が、なんとなく「古き良き炒飯」という雰囲気を醸し出しています。

DSC02704_20111103231454.jpg


19時半集合で20時閉店なので、
都合45分ほどしかお店にいることは出来ませんでしたが、
メニュー数とお店の雰囲気を考えると、ちょうどよい滞在時間となりました。

1度は来てみたかった名店にお邪魔することが出来て嬉しかったです。
福永さん、誘ってくれてありがとうございました。


嗚呼!そこっ!いちゃつかない!

DSC02712_20111103232544.jpg

いつかはクラウン乗るぞ!


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,500円


【総合コメント】
ホワイト餃子の暖簾分け店、ファイト餃子です。
「ホワイト」と「ファイト」の響きが似ているのは、単なるオヤジギャグだろうか。

美味しい餃子を中心に、最後は炒飯、ラーメンで〆るのがいいでしょうね。
っていうか、それしかメニューないんですが。

地元の皆様に愛されている、とてもアットホームなお店です。
閉店が20時ですので、ちょっと遠くから行く方はお気をつけください。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆





ファイト餃子 餃子 / 庚申塚駅新庚申塚駅西巣鴨駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

中華 華興(西巣鴨)

2011.05.26.21:10

Facebook餃子部、第3回総会が西巣鴨にて執り行われました。

過去のFacebook餃子部の記事はこちらになります。

・2011年3月4日第1回餃子部総会@蒲田
・歓迎
・你好
・金春

・2011年4月14日第2回餃子部総会@(青山一丁目)

1回目が3軒ハシゴだったため、総会3回目にして5軒目のお店となります。


会場はこちら、西巣鴨の名店「華興」です。
ナンジャタウンの餃子スタジアムに出店しています。

DSC08710.jpg


店舗は1階と2階がございます。
1階はこういった町の中華屋さん風な感じ。

DSC08711.jpg


2階はなんと、こんな風な座敷でありんす。

DSC08717.jpg

旅館?旅館ですか?
なんか20年ぶりに集まる高校の同窓会みたいな雰囲気になります。
(おじさんばっかりだからだと思う)

餃子部も3回目で、もうみんな仲良しです。
Facebookで毎日絡んでるし。


餃子メニューはこちらです。

DSC08716.jpg

餃子だけでかなりのメニュー数です。
このメニューには載っていない餃子もいくつかあります。

餃子スタジアムでは、半年に1度新メニューを登場させないといけないルールがあるそうで、
どんどん新しい餃子が誕生するようです。


実に楽しみです。


では、第3回総会スタート!!

DSC08752.jpg


先にこの日に飲んだドリンク類をご紹介させて頂きます。


■大瓶のビンビール(680円)

DSC08731.jpg

大瓶とは珍しいですね。
633mlでしたかね。

DSC08720.jpg

お通しを頂きながら料理の到着を待ちます。



■紹興酒

DSC08761.jpg

青磁とっくりでの提供です。
ちょっと前まで紹興酒って「醤油の味がする」って感じがして、
あまり好きではありませんでしたが、
餃子部で飲むようになってからは、紹興酒好きになりました。



では、餃子部で今回頂いた餃子を余すことなく全て紹介致します。



■餃カツ(1つ150円)

DSC08721.jpg

いきなりすごいのが出てきました。
その名も「餃カツ」です。

餃子のカツってことですね。


34年生きてますが、見たことないビジュアルです。

DSC08723.jpg


何も知らずに見たら大ぶりの牡蠣フライに見えるんじゃないかなあ。

DSC08724.jpg


カツゆえ、ソースを付けていただきます。
何から何まで斬新です。

DSC08725.jpg


頂きますっ!

DSC08726.jpg

おお。なるほど、こうきましたか。

ただでさえ大き目の餃子に衣をつけて揚げたので、
ボリューミーな一品です。

餃子の餡にある程度しっかりした塩系の味がついており、
それとソースの甘さが相まって、とても良い感じです。

餃子を揚げると、なかなか面白い食感になりますね。
皮があるので、メンチカツともまた違います。

ナイスフュージョン餃子でした。



■水餃子(値段不明)

DSC08728.jpg

餃カツの次は水餃子でした。


スープは鶏がらのみの、味自体はほとんどないスープ。

DSC08729.jpg


プリプリの皮にしっかりと餃子餡が守られています。
見るからに美味しそうな水餃子。

DSC08730.jpg


ただでさえ美味しそうなのに、
これに自家製のこちらのラー油をかけて頂くのがおススメのようです。

DSC08727.jpg


では、いただきます。

DSC08732.jpg

肉にしっかり味がついています。
スープのシンプルさを餡が補っています。
これはラー油だけつけて食べるのがよいでしょうね(だからそれがおススメって言われたじゃん)

スープがさっぱりしているのがいいです。



■華興餃子(500円)

DSC08735.jpg

3品目の餃子はお店の看板メニュー「華興餃子」です。


上でキュッと結ばれているのが特徴です。
(次に出てくる円満餃子は端で結ばれています)

DSC08736.jpg


底がこんがり焼けていて、見るからに美味しそう。

DSC08738.jpg


ここで、餃子部で覚えた(というか「青山一丁目の」で覚えた、が正しいですね)、
お酢に大量の胡椒をふった、こちらを用意します。

DSC08746.jpg


さっぱり頂けるので、とてもおススメです。
餃子部のように餃子三昧の場合には特におススメです。

DSC08753.jpg

華興餃子は炒めたタマネギが入っていますね。
わりとたっぷり。
それとニンニクもわりとたっぷり入っています。

まあ、餃カツも水餃子もニンニクはたっぷり入っていたけど、
気付かなかっただけでしょうね。。。

タマネギの甘さが際立つ華興餃子。
これはクセになりそうです。

これ、気に入りました。

1つ1つが大きいので、500円でも納得の価格です。
(まあ一般的に500円っていうのは安いですが、蒲田は一律300円でしたもんで)



■円満餃子(500円)

DSC08733.jpg

4品目の餃子は円満餃子です。

円満餃子はエビが入っているのが特徴です。
なんで円満でエビなのかは分かりませんが、恐らく意味はあるんだと思います。

DSC08734.jpg


こちらも美味しそうな焼き上がり。

DSC08739.jpg

エビのプリプリ感は出てますね。
「プリプリ感」という単語はとても好きな部類に入るのですが、
如何せんエビにそれほど興味が無いので、個人的にはあまり魅かれませんでした。

エビは嫌いじゃないんですけどね。
取り立てて好きじゃないってことで。



■軟骨餃子(1つ150円)

DSC08740.jpg

5品目の餃子は軟骨餃子です。


ヒトデみたいな形をしております。
タイトルが「ヒトデ餃子」でもいいくらいです。

DSC08741.jpg


餃子としては個性的な形をしてますねえ。
いただきます!

DSC08742.jpg

おー、ほんとだ、軟骨だ。
コリコリするのが入ってる。餃子ではあまり起こらない「食感が楽しめる」という事態になります。

味はこれまでの中で一番しっかり付いていますね。
なので調味料は不要で、このまま食べることができます。

通常、奇をてらった餃子は味はイマイチであることが多いのですが、
さすがは餃子スタジアムに出店するだけのお店、完璧にまとめあげてきます。

驚きという意味では、今回NO1餃子です。



■ツボ餃子(1つ150円)

DSC08743.jpg

6品目、最後の餃子はツボ餃子になります。


口の開いた小籠包にも見えますし、
台湾系のスイーツのようにも見えます。

DSC08744.jpg


独創的な餃子だなあ。
もはや、どこがどうなってれば餃子で、どうなってたら小籠包なのかわからないです。

DSC08745.jpg

味の雰囲気はやはり小籠包に近いですが、
底がカリっとしているのが小籠包との違いでしょうか。


いやー、それにしても6品全部美味しかった。
それと、既にこの時点で満腹だった。

餃子6つ食べただけなのですが、
1つ1つが結構大きいので。。。


しかしFacebook餃子部恒例、「シンデレラタイム終了」というやつがやってきてしまいました。
Facebook餃子部では「ある時間までは餃子以外頼んではいけない」
という決まりがあります。

今回は20時だったのですが、餃子を一通り食べ終えた時点で、
シンデレラタイムが終了しました。


みんなそれなりに満腹になり、
いったんハーフタイムです。


前半の振り返りをします。

「あそこはもう少し引き気味にボールを受けたかった」というような話をしています。

DSC08749.jpg


「後半も飛ばして行くぜ」などと話してます。

DSC08750.jpg


突然、出口部員がPCを立ち上げ、あられもないサイトの説明を始めます。

DSC08754.jpg


出口さん、見せなくていいです!

DSC08755.jpg


出口さんの説明を聞き入る部員たち。

DSC08748.jpg



よし、後半も頑張るぜ!!


今回は、こちらの華興の大常連の方がいらっしゃったので、
後半戦は、その方のおススメをこの後いただくことになりました。

またそのメニューがすごくて。。。ひとまず、ご覧下さい。



■三種冷菜盛り合わせ 中盆(3,500円)

DSC08763.jpg

餃子をたらふく食べた後に、冷菜。
Facebook餃子部らしい展開です。


きゅうりとくらげ。
極太のくらげ、コリコリとした食感が何ともいえません。

DSC08764.jpg


チャーシュー。ここにきて厚切り肉攻撃は防戦一方になります。

DSC08765.jpg


棒々鶏。ヘルシーに見えますが、肉は肉。
いいパンチ持ってました。

DSC08766.jpg


■酸辣湯麺(850円)

DSC08767.jpg

かき玉たっぷりタイプの酸辣湯麺。
酸味は控えめ、味しっかりめ。


ツルツルした中太麺がとてもスープに合ってます。
まとまりがよい完成された一杯。

DSC08769.jpg

餃子だけでなく、麺類のキレも抜群です。



■上カツ丼(1,200円)

DSC08771.jpg

中華屋さんでカツ丼。。。まあたまにありますけどね。
町の中華っぽいお店では。

甘みのある味が特徴でしょうか。
甘いですが、甘過ぎず、「甘いカツ丼って美味しいなあ」と思うレベル。

あとタケノコが入っているのも特徴的。

普通のカツ丼じゃなく、中華屋さんならではのカツ丼に仕上げている辺りがさすがです。



■炒飯(700円)

DSC08768.jpg

色が濃いから味も濃いのかなって思ったのですが、
それがそんなことないんだなー。不思議。

当然ご飯はパラパラ。
ランチで食べたい一品です。



■カレー(700円)

DSC08773.jpg

中華屋さんでカレーとは。。。まあこれもカツ丼同様、ある場合もありますが。

カレーは粉っぽいカレーで、あまり食べたことのない感じ。
40代の部員たちは「懐かしい」を連発しながら食べていました。

どうやら昔のカレーってこういう粉っぽい感じだったみたいです。
ちなみに味ですが、とても美味しかったです。

あれだけ専門的な餃子を出しつつ、
カレーまで個性を発揮するって並大抵のことではない気がします。



後半戦は餃子部とはかけ離れました。
だってテーブルこんな感じですから。

DSC08774.jpg

こりゃ竜宮城ですよ。
帰りに玉手箱渡されたら絶対開けないようにしないと。
(出口さん多分開けるだろうな)


とにかく部員全員で一生懸命食べました。

DSC08775.jpg

あまりの量に防戦一方でした。
途中からは食べ物を押し付けあうという、餃子部恒例仲間割れも起こりました。


そして、、、善戦むなしく惜敗いたしました。。。
ちょっと残しちゃいました。。。

絶対的エースの白土'不在が響きました。
みんな口々に「白土'がいれば勝てた試合」と言っていました。


メンバー1人1人の底上げの必要性を強く感じる一戦でした。


最後に部長の健さんが、恐ろしく大きなスマートフォンで金額を計算してくれました。
(DELLのスマホ、デカすぎです)

DSC08776.jpg

恐ろしいことにこれだけ食べて、ビールと紹興酒飲みまくって1人3,500円。
凄まじいコストパフォーマンスです。

恐れ入りました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,500円



【総合コメント】
第3回Facebook餃子部総会で利用しました。

餃子スタジアムに出店しているだけあって、
餃子のクオリティの高さは折り紙つきです。

しかし餃子以外の、しかも中華以外のメニューもとても美味しいです。

新宿とか渋谷にあったら行列の絶えないお店になること間違いないです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆





華興 中華料理 / 西巣鴨駅新庚申塚駅庚申塚駅

夜総合点★★★★ 4.0



[中華]

5/26

theme : 中華料理
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る