FC2ブログ

並ぶ際の注意点「トマト」@荻窪

2018.10.20.14:19

トマト@荻窪
カレー


食べログで地域名を入れずに「カレー」とだけ入力して日本全国1位の座に君臨するトマト@荻窪。
(2018年10月時点ではそうだったのですが、2019年1月現在だとカッチャルバッチャル@大塚が1位になっています)

そのトマトに行くべく、会社の仲間3名と立ち上がりました。
土曜日10時5分、荻窪駅到着。
1020 (1)


住宅街を歩いてトマトを目指します。
こんな住宅街に大行列のできるカレー屋さんがあるんかいな、と思うような通りを進みます。
1020 (2)


10時10分、トマトに到着しました。
開店から1時間20分前に到着したのですがポールポジションは余裕で取れませんでした。
心の中では「恥ずかしいくらいの勢いでポールポジションとっちゃって、暫く誰も追随しない状態になったりして」と思っていたのですが、その思いは打ち砕かれました。
1020 (4)


カレー専門店かと思っていたのですが、カレーとシチューの専門店でした。
1020 (7)


開店1時間20分前の10時10分の到着で5人待ち。
1ターン目で入れることは確実ですが、1時間20分待ちで5人待ちですか。ラーメンの超有名店クラスの行列ぶりです。
5分後の10時15分で5人の列は11人まで増えました。
1020 (3)

このあと、、、

10時30分で12人
10時35分に16人
10時55分で21人
11時で25人

まで行列は伸びました。

とどまるところを知らない大行列。どんどん成長していきます。
1020 (5)

住宅街ですし、ここまで行列が出来てしまうと近隣住人とも揉めていそうだなあと思っていたら、隣のマンションの清掃員の人が何かとちょっかいを出してきます。
まずまず揉めてそう・・・。

超人気ラーメン店が近隣住民とのトラブルで閉店や移転を余儀なくされることがありますが、これは十分心配になるレベルの行列です。


11時5分にお店から上品そうなマダムが出てこられて、何人で来ているか行列1人1人に聞いて回っておられました。
そして。。。

入口の札を「準備中」から「昼の営業は終了いたしました」に変えておられました。おっとこれはどういうことか。
(あとでわかります。最後にオチを書いておりますので一番下をご覧ください)
1020 (6)

その後、11時15分には更に10人増えて35人、25分で39人まで行列は成長しました。
遮るものが一切ないので、真夏だとマジで熱中症でどうにかなる人が出てきそうです。


11時27分、お店がオープン。店内に入れてもらえました。我々の時点で8人待ちでしたので悠々と1ターン目に入ることができました。
店内はカウンター席とテーブル席があるのですが、テーブル席は相席にならないことと、カウンターも3席しかありませんので1ターン目には11人しか入店できませんでした。
先ほど「悠々と」と書きましたが、そこそこギリギリでした。
1020 (28)


お店のこだわり。
入店後は不公平がないように、並んだ順番に従ってオーダーを聞かれます。
1020 (8)


カレーは1,950円~3,400円というラインナップ。
一般的なカレー屋さんとは2ランクくらい高いですが、何しろ1時間20分も並んでいますので今更お金の話はしますまい。
値段を気にせず一番気になったカレーを食べるべし。
一番上のポールポジションが「和風ビーフジャワカレー」でしたが辛口だということで、旨味を存分に感じたいと思い上から2番目の「和風ビーフカレー」を食べてみることにします。
1020 (9)


シチューはカレー以上にお値段が高いです。3,800円~4,300円というラインナップです。
カレーとシチューは具が同じで、あとはどちらのルゥを投入するかというだけ、というレベルの低いものではないことがわかりました。
なお1ターン目のお客さんでシチューを頼む人はいませんでした。
1020 (10)


和風ビーフカレーですと装備はスプーン1本となりますが、
1020 (12)


3,400円のシーフードカレーにすると装備が増えます。
3,400円の高みを目指した人だけが与えられる装備です。
1020 (11)


入店してから20分経過したときに、スープンと同時に福神漬と辣韮(らっきょう)が提供されます。
10時10分から1時間20分並び、そこから店内で20分待って、ようやく口にすることができるものとご対面。
1020 (13)

カレーだからといってオーダー受けたら鍋からよそって終了というレベルのカレーではなく、オーダー後受注生産となるため店内でも非常に待ち時間が長いです。

しかし店内での待ち時間はまったく気になりません。
どんなカレーに出会えるのか。その思いが暴走し続けておりますので。

店内に流れるジャズを聞きなら、厨房から香ってくる香りを楽しみながらカレーとの対面を待ちます。


入店して30分、行列に並んでから1時間50分後の12時ちょうどにカレーと対面することができました。
アドレナリンが出すぎて皿をひっくり返しそうになります。
1020 (18)


ご飯にはレーズンとチーズが散らしてあります。
1020 (19)


カレーは銀の皿の上に銀の器で別皿で提供されます。欧風カレーではよくあるスタイルです。
神保町のカイバルなども同じスタイルで、しかもライスにチーズが散らしてあるところも一緒です。
1020 (21)


さて、味はと申しますと、、、旨味と辛味と苦味が優しく、しかし刺激的に押し寄せてきます。なんだこのカレーは。
辛さはほどよく、「あまり辛くない」というよりは辛いです。後半は汗がじんわりと吹き出してきます。辛口でなくて正解だったかも。
旨味の中に隠れた苦味のアクセントがたまりません。
1020 (20)


和牛は噛むと牛肉の極上の味わいが広がります。出汁としてエキスが全く出切っておりません。
和牛の旨味はカレーではなく牛肉に残ってままであり、和牛を噛みしめる楽しさが存分に味わえます。
1020 (22)


突き抜けて美味しい。これまで食べたカレーの中で間違いなく一番美味しいです。これがカレーだとすると、これまでのカレーはカレーじゃないかもと思うほどでありました。
複雑だけどまとまりがある唯一無二のカレーです。当然似た味のカレー屋さんは1つも思い浮かびません。
1020 (26)


1時間20分並んで、そのあと登場まで30分待ちましたが、何度でも何分でも並んで食べたいと思うカレーでした。
想像の5倍ほども美味しかった。
1020 (27)


派手は方のカレーは野菜トッピングです。550円増しです。
オーダー時に「野菜はゴロゴロたくさん入っていますが大丈夫ですか?」と聞かれます。
1020 (23)


なんと彩りのよいトッピングでしょうか。野菜は素材1つ1つが尋常ではないほど美味しいそうです。
何かされた野菜でしょう。単に蒸しただけではないでしょう。
こちらのお店ではトッピングはあったらあっただけ美味しくなりそう。
1020 (24)


ノーマルメニューにこだわってわたしは何もトッピングしませんでしたが、次回は必ずやいろいろ盛ろうと思った次第です。
1020 (25)


横綱のシーフードカレー。3,400円です。1杯のカレーとしては最高峰の価格。そして最高峰の見栄え。
1020 (14)


シーフード1つ1つが、これまた尋常ではなく美味しいと。何なのでしょうね。いったいシーフードに何をしたのでしょうか。
食べた本人によると、3,400円でも全然高いと思わないそうです。
なんともすごいカレー屋さんであります。
1020 (15)

大満足で3人ともお店を後にしましたのですが、途中シェフのご主人から「和牛カレーおしまいです」のコールがありました。
あれれ。まだ最初の1ターン目の11人と、その後入れ替わった数名しかカレー食べてませんが。。。


お店を出ると、、、あれあれ。行列が極端に短くなっています。
最初に11人が入店して、その後入れ替わりでお店に入ったのは3人。しかし外には9人しか並んでいません。
1020 (29)

どうやらマダムが「終了いたしました」の札を変えた時点で売り切れは決まっており、結局並んだ中で23人しか入店できなかったようです。
オープン時には39名並んでいましたが、16人は並びながらも入店は叶わなかったようです。

並ぶ際にはドアの札がどうなっているのか、よく確認するのがオススメです。
とにかくすごいカレー屋さんであることだけは間違いありませんでした。


帰り道もずっと食べたカレーの話をしていました。いいお店に行くと帰り道はだいたい食べたお店の話で持ちきりとなります。
荻窪のもう1つのカレーの名店「吉田カレー」の前を通ってみると、こちらも凄まじい行列が出来ていました。
1020 (30)



===
【オーダー】
和風ビーフカレー 2,300円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

トマト欧風カレー / 荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【3回目】都内最強のイチゴショートケーキ「グレイス」@西荻窪

2018.02.10.15:17

Tea&Cake Grace@西荻窪
カフェ


RAGEでラーメンを食べて時間は12時。
RAGEのラーメンは都内屈指のものがありましたが、西荻窪には都内屈指どころか都内最強を誇るケーキ屋さんがあります。

Graceです。12時にラーメン屋さんを出て、そのままの足でやってきました。
Graceはカフェというかケーキ喫茶のようなお店であるため、12時ならばさすがに空いているのではないかと思い、そのままの足で入店です。
1 (1)


予想は当たりました。ここまで空いているGraceは初めてみました。
落ち着いた大人の喫茶店という雰囲気です。
1 (6)

1人の場合、大きなシェアテーブルに通される可能性が高いですが、1人でグレイスのケーキを食べに来る方が結構いらっしゃいます。男女問わず。

真のショートケーキ好きと思われます。


なおイチゴのショートケーキは680円→800円に値上げされたようであります。
外税なので税込みですとイチゴのショートケーキ1つ864円ということになります。
1 (2)

しかし864円だったとしても全く気にならないクオリティのショートケーキです。
1,200円くらいまでは値上げしてもお客さん減らな。。。減るかもしれませんが一定のファンは押し寄せるため売上は変わらないのではないかと勝手に思ってしまいます。

むしろプレミア感が出てしまい、お客さん増えちゃったりして。

メニューは一番下に掲載しました。


まずは紅茶が運ばれてきます。
ケーキだけでなく、紅茶も本格派です。超本格派のショートケーキには、本格派の紅茶をということでしょう。
アイスコーヒーなんて、氷すらコーヒー製でしたから。
1 (5)


■イチゴショートケーキ(864円)
1 (11)

間違いなく都内最高と目されるイチゴショートケーキ。
ケーキばかり食べているわけではありませんが、未だこのイチゴショートケーキの右に出るショートケーキに出会ったことがありません。


スポンジは極めてしっとり、そしてふわっと。
優しく、しかしシフォンケーキのように軽すぎるわけではなく、ほどよくしっとりとしています。
1 (12)

生クリームの軽やかな仕上がりも、生クリーム単体ですら都内で右に出るケーキはあるだろうか。
生クリームだけで構成された飲み物だったとしても、ごくごくと飲めそう。


スポンジ、生クリームのクオリティに負けぬバランスを誇るイチゴもまた流石の一言。
もしかするとイチゴが値上がりして、その分価格が上がったのだろうか。
値上げがどんな理由であれ、「900円以内にこのケーキが食べられるのは奇跡」と思わせてくれるイチゴショートケーキだと思います。
1 (10)


■いちごのパイ(972円)
1 (8)

パイがあったので、こちらも食べてみました。
パイに至ってはもう一声で1,000円超えが見えてくる位置まで来ております。


ジャム状に煮詰められた豪快なイチゴを味わうパイ。
イチゴを存分に味わえるのは、もしかするとパイのほうかもしれません。
サクサクのパイも見事な出来栄えです。
1 (9)


しかし食べた時の「衝撃」という意味ではイチゴショートケーキの方が上かなと思います。
いつもイチゴショートケーキと別なものを1つ頼むのですが、「やっぱりイチゴショートケーキ最高」という結論になります。
1 (7)

これを超えるイチゴショートケーキがあるのであれば、いつか食べてみたい。
RAGEでラーメン→Graceでイチゴショートケーキというリレーは、今後西荻窪で大流行するのではなかろうか。

===
【オーダー】
イチゴショートケーキ 864円
ダージリン 540円


Graceの過去記事はこちらになります。
・2015年2月11日 サブ:イチゴのババロア
・2015年5月2日 サブ:カスタード

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

Tea&Cake Graceケーキ / 西荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

都内屈指の清湯系ラーメン「麺尊 RAGE」@西荻窪

2018.02.10.14:30

麺尊 RAGE@西荻窪
ラーメン


年末の飯田商店以来、清湯系ラーメンにはまっており、西荻窪に美味しいお店があるとナムさんに教えて頂き西荻窪到着。
二子玉川から西荻窪はとても行きにくい。
1 (1)

飯田商店以来、やまぐち@西早稲田はやし田@新宿三丁目に行きました。
清湯系ラーメンはどこも美味しいのはなぜか。ある程度極めたお店しか登れない高みなのか。


駅から南側エリア歩いてわりとすぐの場所にお店があります。
通りからは引っ込んでいるため、うっかり通り越してしまうこともありそう。
1 (20)


「RAGE(レイジ)」というお店です。
2015年オープンの比較的新しいお店です。
1 (19)


通りから引っ込んでいる建物の1階部分の影になっているところに並ぶスペースがあります。
日曜日11時50分の到着でわたしたちは偶然並ばずに入ることができましたが、すぐにこのように待ち列ができました。
1 (18)


しかしやまぐちのように尋常ならざる列になることもなく(しかもやまぐちは、女性客が多いため回転が遅いです)、ましてや飯田商店のような100名を超える列になったりすることもありません。
ブレイクは時間の問題との声もありますが。
1 (17)


ただ、やはり行列自体はいつもできるようで、待っている人のための飲み物が配備されています。
ただ、絶対に日陰で待つことになるので、暑くてダウンとかはなさそう。冬も日は当たりませんが風が来ないので大丈夫。
1 (16)

麦苗@大森に行ったときには真夏に120分くらい並んで、文字通り死ぬかと思いました。
あちらのお店は貸出日傘があったっけな。


店内はラーメン屋さんというよりは、カフェのような雰囲気もあります。
テーブル席はほとんどカフェみたいな感じ。とてもゆったりしていて、狭苦しくありません。
あとはカウンター席があります。
1 (5)


卓上の調味料は胡椒一択。
清湯系のお店では配備調味料はとても限られています。
完成度が高すぎて、特に何も足す必要はないということでしょう。大蒜とか入れたらぶち壊しそうですし。
1 (3)


メニューは「軍鶏」「煮干し」「まぜ」「つけ」の4種類。
軍鶏と煮干しで大いに悩みましたが、初回ゆえメインっぽい軍鶏にすることにしました。
1 (2)

なお、軍鶏と煮干しは大盛りがありません。替え玉はあります。


軍鶏そば(800円)に味玉トッピング(100円)の到着です。並々ならぬオーラを放っての入場です。
1 (6)


非の打ち所のない見映えのラーメンです。完成度の高い清湯系ラーメンは、なぜにもこうまで美味しそうか。
(完成度の低い清湯系ラーメンというのは、不思議と1度も出会ったことがないような気がしますが)
1 (9)


スープの色は飯田商店やまぐちと比べると少々黒めの印象です。
しかし佇まいと表面から発する素晴らしい香りは、まさに清湯系ラーメンのそれであります。
色黒王子といったところでしょうか。
1 (10)


トッピングした味玉以外の具は、鶏叉焼、穂先メンマ、貝割。それに少々の葱。
中でも叉焼の旨さは尋常ではなく、すげなーと思った飯田商店に匹敵するものがありました。
1 (11)


さらにいうと味玉は、人生No1の美味しさでした。
驚くほど黄身の味が濃い。色も濃いのですが味の濃さが、これまた尋常ではありません。
ラーメンの具は普段あまり気にならないのですが、「特製にすればよかった」と思ってしまいました。
1 (14)


スープは鶏の芳醇さに溢れ、しかしやまぐちのような獣感はありません。
そしてふんわり酸味も感じられます。
1 (12)

醤油ダレと鶏出汁のバランスがこの上なく、超究極のバランスタイプの清湯スープに思えます。
まろやかだったり、鶏出汁が素晴らしかったり、甘かったり、酸味があったり。

飯田商店も含めて、最近食べた清湯系ラーメンでは一番好きかもしれません。
1 (7)


具もスープも最高なのですが、同じくらいか更に輪をかけてか、麺も最高でした。
小麦も感じつつ、プツプツとした食感の麺は清湯系ラーメンにぴったりに思えます。
1 (13)

なぜ飯田商店とやまぐちは平べったいにゅるにゅるした麺なのであろうか。


当初は替え玉をする気満々だったのですが、スープが美味しすぎてスープを飲む手を止めることが出来ませんでした。
従って序盤早々で替え玉は諦めざるを得ず、最終的には今年3回目くらいでしょうか。全飲みをすることになってしまいました。
1 (15)


具もスープも麺も最高に美味しいラーメンでした。
1 (8)

このラーメンが少しの並びで食べられる時代はそう長くは続かない気がしますが、大大大行列になる前に煮干しそばを食べてみたい。


===
【オーダー】
軍鶏そば 800円
味玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

麺尊 RAGEラーメン / 西荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】自分史上最高の最強のイチゴショートケーキ。

2015.05.02.17:47

Tea&Cake Grace@西荻窪
カフェ


二子玉川から歩いて西荻窪までやってきまして、はつねでタンメンを食べました

そして間髪入れず、餡子隊長にグイグイ引っ張られる形で移動。2分ほどでグレイスに到着してしまいました。3か月ぶりの再訪です。
IMG_2310.jpg


気づいたら隊長はグレイスに突撃されておられました。
IMG_2309.jpg

二子玉川~高円寺でのウォーキングで消費したカロリーははつねで補填してしまいました。そして今からグレイスでカロリーを追加補填致します。

Graceは餡子隊長が心の底から気に入ったケーキ屋さんで、なんとしても再訪したかったそうで、今日は必ず来ようと心に決めていたそうです。


奇跡的に店内は空いています。ゴールデンウィーク効果でどちらに振れるかな、、、と思っていましたが、なんとガラ空きという結果でした。
IMG_2348.jpg


今日は暑いからアイスコーヒーと思ったら、、、なんと氷までコーヒーで出来ているそうな。
IMG_2318.jpg


ケーキのメニューはありませんので、こちらのショーケースから選びます。
IMG_2313_20150505134804df5.jpg


ケーキとドリンクが運ばれてきました。空いておりましたのでほとんど待ちませんでした。
IMG_2321.jpg


嗚呼!隊長、お待ちください!!
IMG_2345.jpg


グレイスのイチゴのショートケーキ。1人の場合100%以上の確率でオーダーをします。しかし実際は100%以上なわけはありません。
IMG_2332_20150505134813726.jpg


スポンジはふわっと、生クリームはほわっと。音だけだとこうなってしまうのですが、どういうわけか物凄く美味しいのです。
IMG_2329.jpg


イチゴのショートケーキというメニューはケーキ屋さんには95%以上の確率で置いている定番中の定番メニューですが、ここまで美味しいショートケーキは他に全く浮かびません。
ショートケーキだけでなく、全てのジャンルのケーキで考えても、これまで史上最高に美味しいケーキです。
IMG_2333.jpg


前回は2つはイチゴのババロアにしましたが、今回はカスタードにしました。
IMG_2342_20150507162701fd9.jpg


プリンケーキ。その方が伝わりそうな感じの、玉子っぽいカスタードクリームで、イチゴのショートケーキの方がおススメではあるものの、2種類食べたい場合はおススメです。
IMG_2338.jpg


さて、アイスコーヒーの氷。確かにコーヒーを飲みほしてみると、確かに氷がコーヒーで出来ています。
IMG_2350.jpg


貧乏性なのでガリガリボリボリと全部食べました。冷たいコーヒー味の氷、美味しい。
IMG_2356_201505071627053af.jpg

痩身の道を貫くために始めたウォーキングですが、いつの間にか「食べ歩きツアー」と化している気がしないでもありませんが、そういった難しい話はおいおい考えたいと思います。


この後、西荻で雑貨屋さん巡りをして、荻窪まで歩いて帰りました。
図1

15キロ以上は歩いたものの、1,500キロカロリー以上摂取してしまったので多分痩せることはないと思います。


===
【オーダー】
いちごのショートケーキ 734円
カスタードケーキ 486円
アイスコーヒー 486円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[スイーツ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

二子玉川~西荻窪12キロの旅。1961年創業の超人気店「はつね」のタンメンとは。

2015.05.02.16:20

はつね@西荻窪
ラーメン


二子新地のパン屋さんで朝食を食べ、二子玉川駅から西荻窪まで歩く旅の出発です。
それにしても二子玉川はテラスマーケットが完成してから物凄い人なのですが。完全に落ち着かない街と化しています。これで楽天にまで来られてしまったら、、、と思うとやや憂鬱です。
IMG_2227.jpg

嘆いていても仕方ないので、西荻窪までの12キロ歩行を開始します。


綺麗に舗装された川沿いの道を北上します。
IMG_2229_2015050310205311d_20150507222126b52.jpg


途中、砧方面にカットイン。
IMG_2230.jpg


大倉運動公園を突っ切ります。
IMG_2232.jpg


祖師ヶ谷大蔵より少し手前で古民具のお店を発見。気が付いたら餡子隊長がお店に入って行こうとしていました。
IMG_2234.jpg


土木土木というお店です。
IMG_2235.jpg

餡子隊長、しばし古民具と戯れます。


お店を後にし、すぐに祖師ヶ谷大蔵駅到着。
IMG_2240_20150507222129c24.jpg


さらに北上し、左に行くと千歳烏山、右に行くと芦花公園というV字路があります。
IMG_2241.jpg


歩きやすそうに見えた芦花公園方面を選択し、ズンズン進むと芦花公園駅到着。
IMG_2242.jpg


さらにさらに北上し、最終チェックポイントの井の頭線久我山駅を通過。
IMG_2244_20150503102609468.jpg


久我山駅から30分。西荻窪の商店街に到着しました。
ここまで2時間30分くらい。12キロを歩き切りました。12キロくらいだとまだまだ余裕があります。
IMG_2248_20150507222132b15.jpg


とはいえ、少し足も張っておりましたので、ドトールで休憩し、15時に昼食のため超老舗、超人気店の「はつね」に行ってみました。
タンメンが有名なお店です。
IMG_2254.jpg


15時だからガラガラだろうと思っていたら6人の並びが出来ていました。はつねはカウンター6席しかありませんので、1ターン以上の待ちが必要です。
IMG_2253.jpg

そこでいったん列を離れ、商店街をブラブラして15時半くらいに戻ってきたら・・・


奇跡の並び無し。それどころか2席空いているという超奇跡が起こりました。
IMG_2302.jpg

危なかった。これで「戻ってみたら8人行列」とかだったら、はつねはお預けになること間違いありませんでした。ラーメンの神様が微笑んでくれました。


店内は食べログに書いてあった通り6名座りのカウンター席です。とても狭いです。
ご主人がラーメンを作り、奥様、、でしょうか。奥様が接客を担当されています。
IMG_2262.jpg


メニューはこちらです。平成元年の消費税導入以来1度も値上げをしてなかったそうですが、さすがに消費税が8%となり、材料費も高騰しているということで、27年ぶりに50~100円値上げしたそうです。それでも十分安価な設定です。
IMG_2261.jpg


卓上には胡椒、辣油、酢が配備されています。タンメンへの辣油の投入は味が劇的に変わってしまう場合があるため注意が必要です。
IMG_2264.jpg


こちらが人気No1、お店の代名詞とも言うべきタンメンです。1961年創業、54年の歴史あるタンメン。
IMG_2267.jpg


野菜の盛りは上品で、二郎的ではありません。キャベツともやしが中心となっています。
IMG_2274.jpg


綺麗な透明なスープ。野菜の甘さと鶏ガラがブレンドされた文字通り易しい味で、ラーメンなのに塩分控えめな印象。
風邪引いたときにも飲みたくなりそうな優しい優しい塩スープです。食べ始めよりも後半に行くに従って美味しさが分かってきます。
IMG_2269.jpg

一口目がピークのラーメンが多い中、半世紀以上続くラーメン屋さんとはこういうものなのだなと思いました。


すこーーーしだけウェーブしているような、していないような、基本的にはストレート麺。この麺も美味しい。どこの製麺所の麺だろうか。
IMG_2283.jpg

トリッキーさなど全くない、正当派の正真正銘のタンメンでした。


知り合いの奥住さんという方から「はつめはタンメンもいいけどラーメンも美味しいよ」と伺っていたので、私はワンタンメンにしてみました。
IMG_2276.jpg


タンメンと同様にド直球なワンタンメンの姿。
IMG_2279_20150503102951869.jpg


鶏ガラスープと醤油の混ざった独特な澄んだ感じの醤油スープは飲まなくても美味しいとわかります。
というのは嘘で、美味しいと聞いていたので美味しいのだろうなと飲まなくても思ってしまいます。
IMG_2285.jpg


具の雲呑は、なんとオーダー後に包んで作っていました。叉焼もオーダー後に切り、食べやすいように隠し包丁をささっと入れていました。半端ではない手際です。
IMG_2281.jpg


昔ながら系というのでしょうか。いや、しかし昔のラーメンが全部が全部こんなにも美味しいとは思えません。
鶏ガラ×醤油のお手本のような醤油スープです。ダブルスープ系などは食傷気味であるため、結局はこういう味に戻ってきてしまう気がするのは年をとったからかもしれません。
IMG_2298.jpg


麺との相性も抜群。
IMG_2294.jpg

奥住さんのいうように、確かにラーメンも絶品でした。2人で行ってラーメンとタンメンを分け合うのが良さそうですが、男2人とかですと、ちょっと気持ち悪いので難しいかもしれません。

===
【オーダー】
タンメン 750円
ワンタンメン 750円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

はつねラーメン / 西荻窪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る