FC2ブログ

【4回目】イチゴショートケーキは12月~5月のみ

2019.05.03.13:07

Grace@西荻窪
カフェ


RAGEでラーメンを食べて、そのままの足でGraceへ。
この必勝リレーは昨年に続いて2回目です。
0503-2 (1)

Graceは4回目の訪問となります。
まったく甘党ではないのに4回も通うだけあり、Graceのいちごショートケーキは世界最高じゃないかと思っています。

Graceの過去記事はこちらになります。
・2015年2月11日 サブ:イチゴのババロア
・2015年5月2日 サブ:カスタード
・2018年2月10日 サブ:イチゴのパイ


11時30分というカフェ訪問としては異例の早さの到着となり、まだいちごのショートケーキが焼き上がっていないという自体になっていました。
しかしいちごのショートケーキを食べにはるばる遠くから来ましたので何分だって待つことにします。
0503-2 (2)


11時30分の入店なのでさすがに店内は空いていました。
4人席でもOKと言われますが「あとで混んできたら相席 OR 移動となる」ということで、カフェで相席は厳しいなと思い大テーブルを選択(大きなテーブルをカウンター席のように使います)。
0503-2 (12)

先に飲み物がきます。
メニューの詳細をお知りになりたい場合は初回訪問時の記事をご覧ください。
ケーキ類は値上がりしていますが、ドリンクは据え置きになっているので過去記事で価格と内容把握できます。

■アールグレイ(594円)
0503-2 (4)

いちごのショートケーキの影に隠れがちですが、Graceは紅茶も美味しいです。本格派です。


■アイスコーヒー(486円)
0503-2 (3)

アイスコーヒーの特徴はなんといっても氷までアイスコーヒーで作られていることです。
他でもそういったことをしているお店があると聞いたことはありますが、わたしが経験したのはGraceだけです。
0503-2 (5)


今日は2人ともいちごのショートケーキにしてしまいました。
なお、いちごのショートケーキは12月~5月しか食べられませんので十二分にご注意ください。

■いちごのショートケーキ(896円)
0503-2 (10)


ホール状態からカットして、1つ1つセロハンでぎゅっと軽く抑えて、セロハンを外してから1つ1つ提供していました。
細部までこだわりが行き届いたショートケーキが美味しくないはずがありません。
だからこんなにも形が綺麗。
0503-2 (8)


背中から。イチゴとスポンジに注目が集まりそうですが、生クリームが飛び抜けて美味しいのです。
甘すぎず、フワフワで、軽やかなんていうものではありません。本当に1リットルくらいなら食べられそうに思えます。
0503-2 (9)


クリームを食べているのか、スポンジ部分を食べているのか。どちらか区別がつかないほどスポンジがフワフワでクリームと一体化しています。
焼き立てということもあり、過去最高の美味しさでした。11時30分の訪問にはさらなる付加価値があることがわかりました。
0503-2 (11)


イチゴの甘さは尋常ではありません。紀伊国屋くらいではこのくらいのイチゴには出会えないと思われます。千疋屋の最高級クラスのイチゴに感じます。
酸味もありつつすこぶる甘いという軌跡のイチゴ。
このいちごのショートケーキは1,200円くらいまでは躊躇なくお金を払えそう。
0503-2 (7)


スポンジ、生クリーム、いちご。そして奥様の魂のカット。
全てが共演し一体となり初めて完璧なショートケーキが誕生します。
0503-2 (6)

世界最高のいちごのショートケーキだと思う。
また12月まで待つとします。


===
【オーダー】
いちごのショートケーキ 896円(税込)
アイスコーヒー 486円(税込)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

Tea&Cake Graceケーキ / 西荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : カフェ
genre : グルメ

tag : カフェ

【2回目】清湯系では都内で一番好きです

2019.05.03.12:03

麺尊 RAGE@西荻窪
ラーメン


11時5分、西荻窪駅到着。
0503-1 (1)


11時9分、西荻窪の人気ラーメン店RAGEに到着。
RAGEは清湯系ラーメンで前に1度食べて「都内の清湯系では一番好きだぞ」と思ったラーメン屋さんです。
0503-1 (2)


よし!並びなし!
0503-1 (3)


と思ったら、我々2名でちょうど満席となり、その後続々と並びができました。
単に運が良かっただけでした。RAGEは開店の11時に訪問するのが安心かも。
0503-1 (4)

それにしてもカウンター席のゆったりした作りのこと。壁際のカウンター席は長めなのに4人しか座りません。普通のお店の1.5倍以上のスペースがあります。

その他L字型カウンターに5名、4名がけテーブルが1つあります。
見たところテーブル席も相席にはならないようでした。なんとお客さん想いな(とにかく早く食べたい人には「想い」にならないのでしょうけど)。


卓上調味料は胡椒一択。名店でみかける仕様です。
調味料は置いてあればあるほど、自信ないのかな、、、と思うときもあります。
0503-1 (16)


ゴールデンウィーク特別メニューになっていました。具体的には叉焼トッピングの量に制限があるようです。
毎日定期的に仕入れられないからでしょうか。
0503-1 (5)


餡子隊長は前回同様軍鶏そば(左)を、わたしは煮干しそば(右)にしました。
0503-1 (6)


■煮干しそば(800円)+味玉(100円)
0503-1 (10)

軍鶏そばよりも色がくすんでいます。煮干しの影響でしょう。ニボニボラーメンなんて、黒に近いお店もありますし。
見栄え的に美味しそうなのは軍鶏そばかなと思います。


具の構成は軍鶏そばと同じ。鶏叉焼、玉葱、貝割。そして穂先メンマ。
叉焼は低音系ですが、低温調理の先を行っているかのような美味しさ。
単に柔らかいだけでなく、染み込ませてある味の美味しいことといったらありません。
0503-1 (12)


味玉は最高で最強です。RAGEより美味しい味玉をわたしは知りません。
黄身の色がとても濃く、弾力と柔らかさを併せ持っています。染み込ませてある味の塩梅も抜群です。味玉トッピングは必須といえます。
0503-1 (14)


清湯と煮干しの出汁が融合した究極のスープ。表面には油膜が薄く張ってあります。
0503-1 (11)


煮干しの程よいクセがたまりません。奥行あるスープがじんわりと旨いです。軍鶏よりもヤミツキ度は高いかも。
軍鶏との最大の違いは甘さのようなものを感じない点でしょうか。
0503-1 (13)


好きな部類の麺スタイル、細麺ストレート。小麦感溢れるこれまた最高の麺です。歯ごたえがいい。
具、スープ、麺すべてに死角がありません。三位一体とはこのことか。
0503-1 (15)


■軍鶏そば(800円)+味玉(100円)
0503-1 (7)


具は煮干しと一緒。
0503-1 (9)


軍鶏の方が綺麗な色をしています。王道の清湯系醤油ラーメンの色。
0503-1 (8)

どちらも食べてみて、でも軍鶏と煮干しどちらがオススメかというと、軍鶏を食べると軍鶏だと思うし、煮干しを食べると煮干しだと思います。
こういう場合、どちらをオススメと言ったらよいのか。

こんなすごい料理が900円で食べられるなんて、日本は、いやRAGEはどうかしています。


===
【オーダー】
煮干しそば 800円
軍鶏そば 800円
味玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

麺尊 RAGEラーメン / 西荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

都内屈指の行列カレー「吉田カレー」@荻窪

2019.03.30.13:14

吉田カレー@荻窪
カレー


荻窪には食べログで東京都×カレーで1位のトマトがあります。
(2019.06.27時点で4.07)
1時間40分待ってカレーを食べることに成功したお店です。

そのカレー屋さんに行くために9時55分に荻窪到着。
0330 (1)


目指したのは「吉田カレー」。荻窪の有名店です。
10時ちょうどにお店の反対側の道路から眺めたところ、既に並んでいる人がいるではありませんか。
0330 (2)
11時30分開店なので、10時ならもしかしたらポールポジションを取れるかもしれないと淡い期待をしておりましたがダメでした。


10時ちょうどで2人待ち。後ろにつけます。
10時でポールポジションとれないかー。すごいね。
0330 (4)


ここから1時間30分辛抱する必要がありますが、会社の仲間3人で行きましたので待ち時間は余裕でした。
しかも3~5番目を引くことができましたので1ターン目に入れることは確定しています。
0330 (5)


待っている間、どうしても目の前にあるお好み焼き屋さんが気になってしまいます。
ついつい食べログで評判を調べたり。人によっては時間帯によっては日和ってお好み焼きに切り替える人もいるかもしれませんね。
0330 (6)


並び方の指示が細かく記載があります。
店主がとても変わった方で、いろいろなルールがあることが特徴らしいですが、全部いちいちちゃんと目を通せば恐れることはありません。
見落とすと地雷を踏むこともあるでしょうから、そういう意味では恐れることはあるのですが。
0330 (7)


その後の行列の成長期です。
10時5分→8人
10時8分→10人
10時11分→11人
ここから20分動きなし
10時30分→15人
10時40分→19人
10時50分→19人
11時00分→21人
11時10分→25人
0330 (8)


11時11分、予定より19分早くお店がオープンしました。1時間11分しか待たずに入店できるという奇跡が起きました。
が、シャッターは相変わらず半開きのままでした。
0330 (3)


お店に上がる許可が出ます。シャッターが半開きなので階段が暗いです。
そして中に入り切らなかった行列は、階段から並ばなければならず、この薄暗い狭い階段で並んで待つという苦行となります。
1ターン目に入れないと必ずこの苦行に出会うことになりますので覚悟が必要です。
0330 (9)


店内撮影は禁止なので、文章で店内の状況を説明します。
・基本的にとても綺麗。カフェやダイニングバーのよう
・カウンター席は3席。1つ1つの席がやけに離れている。1.5mくらい離れている
・テーブル席は1つ。4人がけ。我々3人で座ったが追加の相席はなかった
・小さなカウンター席が別途2つ
・軽快なジャズが流れている

最初のターンでは8名の入店が叶いました。
席につくと、順番に呼ばれるので注文を伝えます。呼ばれるまで注文を言いに行ってはいけないです。

カレーのベースはキーマカレーで並で1,200円。増減で上下に100円。
ライス無しでルー1.5倍というユニークなメニューもあります。
全て無化調のカレーだそうです。
0330 (10)


トッピング。豚、キーマ、中華アチャール、チーズ、納豆。
豪華にするために豚を、そして何だかわからない興味から中華アチャールをトッピングしました。
0330 (11)

注文は一撃で仕留めねばならず、あとで追加/変更ができませんのでご注意ください。


食べ残してはいけないなど、基本的なルールが書いてあります。
わざわざ言われうと「あまりない経験」と思ってしまいますが、書いてある事自体はすごく普通の内容で全く変なことは書いてないです。
0330 (13)





なお、営業は月・火・金・土の週4で祝日はお休みです。訪問の際は曜日に注意が必要です。
0330 (14)


電話はかけても無駄。出ないからと。このあたりが吉田カレー流の表現です。
0330 (15)

また行ってみたいか?と聞かれるとわかりませんが、近所にあって行列ができていなかったら入ることはありそうな気がします。
言い知れぬ緊張感は常にありますので、そういう雰囲気が苦手な方は避けておいたほうがよいとも思います。


いろいろ変わったお店ですが、一番気になったのはスプーンです。
写真だとわかりにくいのですが、右利きの人が食べやすいような形で曲がっているのです。左利きの人はとても食べにくいような。
1_20190627200309b47.jpg


完成すると呼ばれますので、自分で取りに行きます。
もちろん食べ終わったら自分で下げなければなりません。何しろお一人で切り盛りされていますので。

それにしてもすごいビジュアルだ。カレーと言われればカレーですが、未来から来た食べ物のようでもあります。
キーマ&豚&中華アチャール。辛さはMIXの半々です(辛口と甘口のちょうど半分ずつを混ぜたタイプ)。
0330 (18)


大で中華アチャールトッピングだとこういう感じに。
この角度では少々わかりにくいですが、
0330 (16)


ご飯が二山になっています。400g。相当なボリュームです。
なお並盛りの300gでも、相当お腹いっぱいになりました。大盛りは相当な大食漢の方でないと厳しいですし、残したらお金がかかってしまうので大変です。
0330 (17)


350円でトッピングした豚肉はすごい大きさです。
分厚いバラ肉で、ほどよく柔らかいです。キャベツの下にも隠れており全長30センチくらいあります。
まさかのボリュームにヒデキはダウン寸前です。

0330 (23)


味的にも、あまりにすごいボリューム的にも豚のトッピングはなくてもわたしは大丈夫でした。
1時間以上並んでしまった「せっかくだから」の精神でトッピングしてしまったものの。
0330 (20)


中華アチャールなるものは、酢漬けのライトなピクルスのようなものでした。
薄味のカレーが引き締まります。
アクセント役も果たせますし、味の引き締め効果も出してくれます。中華アチャールは必須かなと思います。
0330 (19)


キーマカレーは刺すようなスパイスの刺激があります。辛いのとは違う刺激が襲いかかってきます。
スパイシーですが、うまく言えませんがMOKUBAZA@北参道とも違う個性的なキーマでした。
0330 (21)


ルーはかなり塩分控えめですが味がぼやついていません。出汁の支えが素晴らしいからだと思われます。
とてもフルーティーである点はわかりますが、比較対象となるカレーが全く思い浮かびません。何にも似ておりません。「吉田カレー」と言われているのでカレーと思っているだけで、カレーかどうかすら分からなくなります。
0330 (24)

MIXの半々にしたのですが、最初は大丈夫だと思っていた辛さも、後半からガシガシ効いてくるようになりました。刺激があとから押し寄せるタイプです。
辛口は超危険です。ボリュームも相まって。

アトラクションのようなお店&カレーでした。また食べたいかどうかは別としてよい経験となりました。

人がたくさん並んでいる狭い階段を降りてお店をあとにします。降りるのは大変ですが並んでいる人はもっと大変です。
外に出たら行列は開店時より成長しており、30人以上が並んでいました。


===
【オーダー】
キーマカレー MIX半々 並 1,200円
豚 350円
中華アチャール 150円

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

吉田カレー カレーライス / 荻窪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

並ぶ際の注意点「トマト」@荻窪

2018.10.20.14:19

トマト@荻窪
カレー


食べログで地域名を入れずに「カレー」とだけ入力して日本全国1位の座に君臨するトマト@荻窪。
(2018年10月時点ではそうだったのですが、2019年1月現在だとカッチャルバッチャル@大塚が1位になっています)

そのトマトに行くべく、会社の仲間3名と立ち上がりました。
土曜日10時5分、荻窪駅到着。
1020 (1)


住宅街を歩いてトマトを目指します。
こんな住宅街に大行列のできるカレー屋さんがあるんかいな、と思うような通りを進みます。
1020 (2)


10時10分、トマトに到着しました。
開店から1時間20分前に到着したのですがポールポジションは余裕で取れませんでした。
心の中では「恥ずかしいくらいの勢いでポールポジションとっちゃって、暫く誰も追随しない状態になったりして」と思っていたのですが、その思いは打ち砕かれました。
1020 (4)


カレー専門店かと思っていたのですが、カレーとシチューの専門店でした。
1020 (7)


開店1時間20分前の10時10分の到着で5人待ち。
1ターン目で入れることは確実ですが、1時間20分待ちで5人待ちですか。ラーメンの超有名店クラスの行列ぶりです。
5分後の10時15分で5人の列は11人まで増えました。
1020 (3)

このあと、、、

10時30分で12人
10時35分に16人
10時55分で21人
11時で25人

まで行列は伸びました。

とどまるところを知らない大行列。どんどん成長していきます。
1020 (5)

住宅街ですし、ここまで行列が出来てしまうと近隣住人とも揉めていそうだなあと思っていたら、隣のマンションの清掃員の人が何かとちょっかいを出してきます。
まずまず揉めてそう・・・。

超人気ラーメン店が近隣住民とのトラブルで閉店や移転を余儀なくされることがありますが、これは十分心配になるレベルの行列です。


11時5分にお店から上品そうなマダムが出てこられて、何人で来ているか行列1人1人に聞いて回っておられました。
そして。。。

入口の札を「準備中」から「昼の営業は終了いたしました」に変えておられました。おっとこれはどういうことか。
(あとでわかります。最後にオチを書いておりますので一番下をご覧ください)
1020 (6)

その後、11時15分には更に10人増えて35人、25分で39人まで行列は成長しました。
遮るものが一切ないので、真夏だとマジで熱中症でどうにかなる人が出てきそうです。


11時27分、お店がオープン。店内に入れてもらえました。我々の時点で8人待ちでしたので悠々と1ターン目に入ることができました。
店内はカウンター席とテーブル席があるのですが、テーブル席は相席にならないことと、カウンターも3席しかありませんので1ターン目には11人しか入店できませんでした。
先ほど「悠々と」と書きましたが、そこそこギリギリでした。
1020 (28)


お店のこだわり。
入店後は不公平がないように、並んだ順番に従ってオーダーを聞かれます。
1020 (8)


カレーは1,950円~3,400円というラインナップ。
一般的なカレー屋さんとは2ランクくらい高いですが、何しろ1時間20分も並んでいますので今更お金の話はしますまい。
値段を気にせず一番気になったカレーを食べるべし。
一番上のポールポジションが「和風ビーフジャワカレー」でしたが辛口だということで、旨味を存分に感じたいと思い上から2番目の「和風ビーフカレー」を食べてみることにします。
1020 (9)


シチューはカレー以上にお値段が高いです。3,800円~4,300円というラインナップです。
カレーとシチューは具が同じで、あとはどちらのルゥを投入するかというだけ、というレベルの低いものではないことがわかりました。
なお1ターン目のお客さんでシチューを頼む人はいませんでした。
1020 (10)


和風ビーフカレーですと装備はスプーン1本となりますが、
1020 (12)


3,400円のシーフードカレーにすると装備が増えます。
3,400円の高みを目指した人だけが与えられる装備です。
1020 (11)


入店してから20分経過したときに、スープンと同時に福神漬と辣韮(らっきょう)が提供されます。
10時10分から1時間20分並び、そこから店内で20分待って、ようやく口にすることができるものとご対面。
1020 (13)

カレーだからといってオーダー受けたら鍋からよそって終了というレベルのカレーではなく、オーダー後受注生産となるため店内でも非常に待ち時間が長いです。

しかし店内での待ち時間はまったく気になりません。
どんなカレーに出会えるのか。その思いが暴走し続けておりますので。

店内に流れるジャズを聞きなら、厨房から香ってくる香りを楽しみながらカレーとの対面を待ちます。


入店して30分、行列に並んでから1時間50分後の12時ちょうどにカレーと対面することができました。
アドレナリンが出すぎて皿をひっくり返しそうになります。
1020 (18)


ご飯にはレーズンとチーズが散らしてあります。
1020 (19)


カレーは銀の皿の上に銀の器で別皿で提供されます。欧風カレーではよくあるスタイルです。
神保町のカイバルなども同じスタイルで、しかもライスにチーズが散らしてあるところも一緒です。
1020 (21)


さて、味はと申しますと、、、旨味と辛味と苦味が優しく、しかし刺激的に押し寄せてきます。なんだこのカレーは。
辛さはほどよく、「あまり辛くない」というよりは辛いです。後半は汗がじんわりと吹き出してきます。辛口でなくて正解だったかも。
旨味の中に隠れた苦味のアクセントがたまりません。
1020 (20)


和牛は噛むと牛肉の極上の味わいが広がります。出汁としてエキスが全く出切っておりません。
和牛の旨味はカレーではなく牛肉に残ってままであり、和牛を噛みしめる楽しさが存分に味わえます。
1020 (22)


突き抜けて美味しい。これまで食べたカレーの中で間違いなく一番美味しいです。これがカレーだとすると、これまでのカレーはカレーじゃないかもと思うほどでありました。
複雑だけどまとまりがある唯一無二のカレーです。当然似た味のカレー屋さんは1つも思い浮かびません。
1020 (26)


1時間20分並んで、そのあと登場まで30分待ちましたが、何度でも何分でも並んで食べたいと思うカレーでした。
想像の5倍ほども美味しかった。
1020 (27)


派手は方のカレーは野菜トッピングです。550円増しです。
オーダー時に「野菜はゴロゴロたくさん入っていますが大丈夫ですか?」と聞かれます。
1020 (23)


なんと彩りのよいトッピングでしょうか。野菜は素材1つ1つが尋常ではないほど美味しいそうです。
何かされた野菜でしょう。単に蒸しただけではないでしょう。
こちらのお店ではトッピングはあったらあっただけ美味しくなりそう。
1020 (24)


ノーマルメニューにこだわってわたしは何もトッピングしませんでしたが、次回は必ずやいろいろ盛ろうと思った次第です。
1020 (25)


横綱のシーフードカレー。3,400円です。1杯のカレーとしては最高峰の価格。そして最高峰の見栄え。
1020 (14)


シーフード1つ1つが、これまた尋常ではなく美味しいと。何なのでしょうね。いったいシーフードに何をしたのでしょうか。
食べた本人によると、3,400円でも全然高いと思わないそうです。
なんともすごいカレー屋さんであります。
1020 (15)

大満足で3人ともお店を後にしましたのですが、途中シェフのご主人から「和牛カレーおしまいです」のコールがありました。
あれれ。まだ最初の1ターン目の11人と、その後入れ替わった数名しかカレー食べてませんが。。。


お店を出ると、、、あれあれ。行列が極端に短くなっています。
最初に11人が入店して、その後入れ替わりでお店に入ったのは3人。しかし外には9人しか並んでいません。
1020 (29)

どうやらマダムが「終了いたしました」の札を変えた時点で売り切れは決まっており、結局並んだ中で23人しか入店できなかったようです。
オープン時には39名並んでいましたが、16人は並びながらも入店は叶わなかったようです。

並ぶ際にはドアの札がどうなっているのか、よく確認するのがオススメです。
とにかくすごいカレー屋さんであることだけは間違いありませんでした。


帰り道もずっと食べたカレーの話をしていました。いいお店に行くと帰り道はだいたい食べたお店の話で持ちきりとなります。
荻窪のもう1つのカレーの名店「吉田カレー」の前を通ってみると、こちらも凄まじい行列が出来ていました。
1020 (30)



===
【オーダー】
和風ビーフカレー 2,300円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

トマト欧風カレー / 荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【3回目】都内最強のイチゴショートケーキ「グレイス」@西荻窪

2018.02.10.15:17

Tea&Cake Grace@西荻窪
カフェ


RAGEでラーメンを食べて時間は12時。
RAGEのラーメンは都内屈指のものがありましたが、西荻窪には都内屈指どころか都内最強を誇るケーキ屋さんがあります。

Graceです。12時にラーメン屋さんを出て、そのままの足でやってきました。
Graceはカフェというかケーキ喫茶のようなお店であるため、12時ならばさすがに空いているのではないかと思い、そのままの足で入店です。
1 (1)


予想は当たりました。ここまで空いているGraceは初めてみました。
落ち着いた大人の喫茶店という雰囲気です。
1 (6)

1人の場合、大きなシェアテーブルに通される可能性が高いですが、1人でグレイスのケーキを食べに来る方が結構いらっしゃいます。男女問わず。

真のショートケーキ好きと思われます。


なおイチゴのショートケーキは680円→800円に値上げされたようであります。
外税なので税込みですとイチゴのショートケーキ1つ864円ということになります。
1 (2)

しかし864円だったとしても全く気にならないクオリティのショートケーキです。
1,200円くらいまでは値上げしてもお客さん減らな。。。減るかもしれませんが一定のファンは押し寄せるため売上は変わらないのではないかと勝手に思ってしまいます。

むしろプレミア感が出てしまい、お客さん増えちゃったりして。

メニューは一番下に掲載しました。


まずは紅茶が運ばれてきます。
ケーキだけでなく、紅茶も本格派です。超本格派のショートケーキには、本格派の紅茶をということでしょう。
アイスコーヒーなんて、氷すらコーヒー製でしたから。
1 (5)


■イチゴショートケーキ(864円)
1 (11)

間違いなく都内最高と目されるイチゴショートケーキ。
ケーキばかり食べているわけではありませんが、未だこのイチゴショートケーキの右に出るショートケーキに出会ったことがありません。


スポンジは極めてしっとり、そしてふわっと。
優しく、しかしシフォンケーキのように軽すぎるわけではなく、ほどよくしっとりとしています。
1 (12)

生クリームの軽やかな仕上がりも、生クリーム単体ですら都内で右に出るケーキはあるだろうか。
生クリームだけで構成された飲み物だったとしても、ごくごくと飲めそう。


スポンジ、生クリームのクオリティに負けぬバランスを誇るイチゴもまた流石の一言。
もしかするとイチゴが値上がりして、その分価格が上がったのだろうか。
値上げがどんな理由であれ、「900円以内にこのケーキが食べられるのは奇跡」と思わせてくれるイチゴショートケーキだと思います。
1 (10)


■いちごのパイ(972円)
1 (8)

パイがあったので、こちらも食べてみました。
パイに至ってはもう一声で1,000円超えが見えてくる位置まで来ております。


ジャム状に煮詰められた豪快なイチゴを味わうパイ。
イチゴを存分に味わえるのは、もしかするとパイのほうかもしれません。
サクサクのパイも見事な出来栄えです。
1 (9)


しかし食べた時の「衝撃」という意味ではイチゴショートケーキの方が上かなと思います。
いつもイチゴショートケーキと別なものを1つ頼むのですが、「やっぱりイチゴショートケーキ最高」という結論になります。
1 (7)

これを超えるイチゴショートケーキがあるのであれば、いつか食べてみたい。
RAGEでラーメン→Graceでイチゴショートケーキというリレーは、今後西荻窪で大流行するのではなかろうか。

===
【オーダー】
イチゴショートケーキ 864円
ダージリン 540円


Graceの過去記事はこちらになります。
・2015年2月11日 サブ:イチゴのババロア
・2015年5月2日 サブ:カスタード

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

Tea&Cake Graceケーキ / 西荻窪駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る