FC2ブログ

【22回目】春のルベロ。魚介と手打ちパスタ

2020.03.11.22:14

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン

2020年、3月度のルベロ。目黒に佇む一軒家レストラン。
0311 (1)


ゾロ目となる22回目の訪問です。
22回目なので細かい情報は割愛します。
0311 (2)


コロナの影響がボチボチ出始めているようで珍しく少し空いていました。
接待系の食事は延期になるケースが多いでしょうし、ルベロは接待利用も多そうな気がします。
0311 (3)


いつもどおりルベ泡で乾杯。ルベロ来たなーと思う瞬間です。
ルベロの日はお昼を食べないので、スパークリングワインが体に染みます。
0311 (4)


■ポロネギとメークイーンのスープ
0311 (5)

3月なので温かいスープ。
ネギの甘さからスパイシーなカルダモンが飛び出してきます。
エクストラバージンオイルも香ります。素材と脇役たちの共演。


続いてアミューズでハムたちが出てきたのですが、久方ぶりに写真を撮るのを忘れてしまいました。
コッパ、スペックというハム兄弟に黒胡椒のグリッシーニという構成でした。


■マグロ/アオリイカ//つぶ貝/バーニャカウダソース/ジェノベーゼソース
0311 (7)

マグロはトロと赤みの混ざる部位だそうです。脂のり最高ですが脂っこくない。塩はクリスタル塩。
マグロの下にはバーニャカウダソースが鎮座しています。

アオリイカは1.6kgの大型のもので、アオリイカは大きいと美味しくなるなるそうです。
ねっとり美味しく熟成2日目。本当は4日目くらいが最高とのこと。
0311 (6)

つぶ貝も食感がすごい。
ジェノアソースも濃厚だけどさっぱり、バーニャカウダソースはクセが控えめで素材を引き立てます。

ルベロらしい美しい一皿。

シャンパン風のボトル形状の白ワインで。
0311 (8)


■平貝のソテー トラパネーゼ
0311 (9)

羊のチーズ、アーモンド、トマトで作ったトラパネーゼが上に乗っています。トラパネーゼはシチリア地方の伝統料理です。
貝の弾力すごい。噛み続けてもずっと味がします。
トラパネーゼはチーズが炸裂。羊のチーズなのでクセもすごいぞ。

白ワインで。
0311 (10)


■ホタルイカ/カラスミ/菜の花のキッタラ
0311 (12)

極太のキタッラ。キタッラは英語でギターです。超極太の手打ちパスタ。
0311 (13)

キタッラのすごい歯ごたえ。ホタルイカの旨味。カラスミもいい仕事してます。
吉村シェフの手打ちキタッラと富山県産ホタルイカのコラボ。

キリッと冷えたルベロゼで。
0311 (11)



■ホワイトアスパラガスと生ハムのタリアテッレ
0311 (15)

塩気は生ハムが担当。クリームソースに見えますがチーズベースのソースです。
吉村シェフはチーズをよく使われます。
0311 (16)

タリアテッレはさすがの出来栄え。パスタ単体でめちゃくちゃ美味しい。
アスパラの食感もこの上なくよい。

カラブリアのロゼで。色は赤ワインっぽいですが香りはロゼという不思議なワインでした。
0311 (14)


■仔牛のフィレ肉と春野菜 プリマヴェーラ
0311 (18)

仔牛のフィレ肉は極上の柔らかさです。トマト中心の爽やかな付け合せで仔牛をさっぱり頂けます。
3切れもありますが重たくありません。
爽やかで軽やかなメインです。

トマトソースのメインに合わせて、爽やかな赤ワインで。
0311 (17)


アミューズに続いてドルチェも写真を撮り忘れるという失態。
iPhoneがボケてて保存されてないだけのような気がする。

ドルチェはミルキーで大変美味しい柚子を使ったセミフレッドでした。

〆はグラッパではなくマスカットの白ワインで。シチリアのワインです。
0311 (19)

次は4月に予約しましたがコロナ大丈夫かな。。。

===
【オーダー】
上記の通り 1人13,000円


ルベロの過去記事を頂いた代表的なパスタ料理のタイトルと共に。
【泥谷シェフ編】
・2016年9月23日 大粒アサリのスパゲッティーニ ボンゴレ・ベラーチ
・2017年2月3日 シェフ特製 究極のスパゲティ・アラビアータ
・2017年9月30日 函館産新秋刀魚と松茸のアーリオ・オーリオ 自家製のキッタラで
・2017年11月9日 蟹と雲丹のパスタ
・2018年1月10日 白子のパスタ
・2018年3月7日 ジェノベーゼパスタ
・2018年4月17日 とり貝と雲丹のアーリオオーリオ
・2018年5月24日 伝助穴子のアーリオオーリオ
・2018年7月18日 雲丹の冷製ジェノベーゼ
・2018年9月4日 カルボナーラ/秋刀魚のパスタ
・2018年10月9日 ペペロンチーノ
・2018年11月23日 松茸のアーリオオーリオ
・2019年2月13日 からすみパスタ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年4月9日 雲丹のアーリオオーリオ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年5月14日 伊勢海老の雲丹のフレッシュトマトソースパスタ
・2019年6月25日 鮎のアーリオ・オーリオ/瀬戸内有機レモンのタリアテッレ
・2019年8月29日 甘鯛と松茸のアーリオ・オーリオ
・2019年9月15日 伊勢海老 ポモドーロ・フレスカ/ポルチーニ茸 タリアテッレ 栗
【吉村シェフ編】
・2019年10月30日 サルデーニャ産カラスミと九条ネギのアーリオ・オーリオ
・2019年12月4日 ウサギのラグーソース キタッラ
・2020年1月29日 サルシッチャとレンズ豆のトロフィエ



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(10) :★★★★★★★★★★

味(10)     :★★★★★★★★★★
サービス(10)  :★★★★★★★★★★
CP(10)     :★★★★★★★★★★

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★★ 5.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【2回目】続・この家系は旨い

2020.03.01.03:14

麺家 黒@目黒
ラーメン

雅叙園で打ち合わせをして、タクシーで帰ろうと通りに出たのが2時半。
0229-2 (1)


吸い寄せられるように家系ラーメンの黒の前におりました。
1年前に食べて美味しかったのを覚えていたのでしょう。
0229-2 (11)


ラーメン並は650円という非常に安価。
味はノーマルと辛い味の2択になります。馬鹿だからラーメン中盛りのボタンを押してしまいました。午前2時半なのに。
0229-2 (2)


さすがに店内にお客さんは誰もいませんでした。
0229-2 (3)


美味しいと知っているので誰なのか分からないものが多いですが、芸能人のサインが貼ってあっても気になりません。
0229-2 (4)


卓上には家系御用達の大蒜や生姜が見当たりません。
生姜はさておき大蒜はどこかにありそうです。
0229-2 (10)


■ラーメン中(750円)
0229-2 (5)

午前2時半に食べる家系ラーメン。背徳感がものすごいですが、ワクワクも止まりません。


店名の通り少し黒めのスープが特徴です。
コクがあり深みがあり旨みたっぷりの家系スープ中でもかなり美味しい部類に入るスープ。極上かつ別格です。
0229-2 (7)


酒井製麺の麺もまた大変素晴らしく、普通コールでも少し柔らかめで非常にモチモチしているタイプの麺で好みととても合います。
スープも麺も本当に美味しい。
0229-2 (8)


中ボタンを押した時には、こんな時間に馬鹿だよなあと思ったのですが、食べている最中「中にしてよかった。初めて自分で自分を褒めたい」と思うようになりました。
0229-2 (9)


家系ラーメンはラーメンの好みとしては大好き!という感じではないのですが、ここ黒の家系ラーメンは大好きです。
0229-2 (6)



===
【オーダー】
ラーメン中 750円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

麺家 黒ラーメン / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

目黒の駅チカ地下中華

2020.02.29.13:13

龍門@目黒
中華

目黒の雅叙園で打ち合わせをして、しかしお昼ごはんは雅叙園で食べると大変なので駅の方に浮上して、西口真ん前にある龍門という中華料理のお店に行きました。
田舎という立ち食い蕎麦のお店と同じ並びです。
0229-1 (1)


メニューは麺が5種類、あとは週替りで定食が1種類。
値段はオール950円でした。「大人気」と書いてあるのは麻婆麺です。
0229-1 (2)


お店は地下。降りたところにコロナ対策の消毒液があります。
0229-1 (3)


店内は雰囲気的には「町の中華」という感じよりはもうちょっときちんとした装い。
店員さんは皆さん中国の方のようでした。
0229-1 (5)


土曜の12時30分に行ったのですが、コロナの影響か他にお客さんはいませんでした。
地下なのでコロナ的には不利かもしれない。
0229-1 (4)


卓上にはもやしナムルと細切りザーサイが置いてあり食べ放題。
若干元気なく見えましたが、ビールがあったらつい食べたかもしれない。
0229-1 (6)


■担々麺(950円)
0229-1 (7)

麻婆麺と迷ったのですが、麻婆麺と同じく「大人気」のラベルがあった担々麺にしました。
ライスと小さな杏仁豆腐を従えています。

ややオレンジがかった色が特徴でしょうか。
0229-1 (8)


肉餡は少なめ。上に少々鎮座しているくらいです。
具は緑の葉が中心です。全体的に具は少ないです。
0229-1 (10)


まずまず赤いですが辛さはほとんどありません。ちょっとだけヒリヒリするくらいです。
0229-1 (9)

胡麻がある程度効いていてコクのアシストをしています。
旨味、辛味のバランスは悪くありませんが味は非常に普通です。美味しいとも美味しくないともいえない塩梅。
0229-1 (11)


麺も普通の細ストレートの中華麺。ボリュームはまずまずですしご飯もあるので満腹にはなりそう。
0229-1 (13)


■麻婆麺(950円)
0229-1 (12)

担々麺は辛くありませんでしたが、麻婆麺はかなり辛いようです。辛いというか痺れるというか。
結構な刺激なので、麺よりも丼の方がいいかもしれないです。丼もありました。


■酢豚定食(950円)
0229-1 (14)

毎週土曜日がそうなのかわかりませんが、週替りは酢豚でした。

とにかく駅から近いので重宝するシチュエーションはありそうです。


===
【オーダー】
担々麺 950円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

龍門 目黒店四川料理 / 目黒駅不動前駅白金台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

【21回目】ルベロらしい魚介料理と見事な手打ちパスタの饗宴

2020.01.29.23:42

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン

2020年ルベロ詣で。1月下旬と遅めになりました。
0129 (1)

この日も満席。写真は閉店間際の様子。
客席は1階、2階からなります。2階の奥の席は6名だか8名だけで貸し切れるはず。1階も人数は忘れましたが貸し切れるはずです。
0129 (22)

2020年ルベロ開幕。
0129 (2)


オープニングは通称ルベ泡です。ルベロでたぶんビールは1年以上飲んでないと思います。
スッキリとしたシャープな味わいが最高。
0129 (3)


■聖護院蕪と赤蕪のスープ
0129 (4)

滋味深いスープで胃の調子を整えます。
優しいタッチのスープに赤蕪のシャキシャキ食感を添えて。


■クロイソのマリネ
0129 (5)

クロイソの下にはフルーツトマト。檸檬を使った爽やかなソース。クロイソをルベロで頂くのは多分初めて。
ねっとりとしたカルパッチョ仕立てで旨味が凝縮されています。トマトも果物級の甘さとソースに負けない爽やかな酸味。
0129 (6)

フルーティーなソーヴィニヨンで。
0129 (7)


■鮑と椎茸のソテー
0129 (9)

ソテーした鮑と椎茸を冷やしてあります。肝とアサツキを添えて。

鮑と椎茸はひっくり返すとそっくりでした。影武者料理。柔らかくてプリプリとしている食感もそっくり。影武者料理。
肝のソースもオリーブオイルと合わさり和伊折衷。アサツキも和に一役買っています。
0129 (10)

シャルドネで。
0129 (8)


■鮟鱇(アンコウ)とカサゴのブイヤベース
0129 (12)

魚の身がぷりぷり。こんなふうになるのか。出汁の芳醇さも尋常ではありません。ルベロ感全開の一皿です。
ほどよい温度感も絶妙。食べながら美味しいを何度言ったか。
前半のMVPでした。
0129 (13)

通称ルベロゼで。
0129 (11)


■サルシッチャとレンズ豆のトロフィエ
0129 (15)

ジェノアの料理です。トロフィエというパスタはジェノアではストロフィッサと言うようです。

トロフィエはがしっとしたしっかりとしたもっちりパスタ。吉村シェフの手打ちパスタは素晴らしい。
レンズ豆とサルシッチャという組み合わせが渋い。サルシッチャは塩気の穏やかで、レンズ豆はコクがある。
0129 (16)

香りが最高という2018年のオレンジワインで。
0129 (14)

続いての料理のヒントは「ミーシャ」とのこと。Everythingですか?と聞いたら違うとのこと。

■鰻とフォアグラのトルテリーニ
0129 (18)

初めて見るお皿でトルテリーニが登場。
※トルテリーニ:薄く伸ばした正方形の生地にラビオリのように詰物をして、それを三角形に折り、両端を合わせて指輪状にしたパスタである。 By Wiki

中には鰻とフォアグラが詰めてあります。ソースは牛蒡のピュレ。フォアグラはテリーヌになっています。

濃厚食材のマリアージュで新境地の料理です。
鰻、フォアグラ、牛蒡と癖の強い食材が喧嘩せず、しかし主張し合います。まとめ役は牛蒡かな。
パスタ生地も最高に美味しい。
0129 (19)

想像を軽く超えてきた一皿でした。

バルベーラで。しっかりとした味で料理に負けていません。
0129 (17)

続いての肉料理に備えてラギオールのナイフとフォークが登場。我が家もラギオールです。めったに使わないけど。
0129 (20)


■トピナンブールのサーロイン巻
0129 (23)

菊芋をA4ランクのサーロインで巻いた一皿。ソースはトリュフとフォンドボー。周囲には負けない旨味のドライトマトを。
菊芋はイタリア語でトピナンブールと言うらしい。わたしが菊池だから菊芋にしたと仰っていましたが果たしてどうか。
0129 (25)

口へ運ぶと菊芋の少しシャキシャキとした食感と、次にサーロインの旨味が広がります。
ソースもぼやけたところが全く無く最高に美味しい。

ライチの香りのする白ワインで。
0129 (21)

明後日ミャンマーに行くので胃を休めるため今回はドルチェはお休みにしました(事前に連絡してました)。

グラッパは最後のライチ風味の白ワインと同じ葡萄を使ったものでした。
0129 (26)

2020年は何回来れるかな。2020年もどうぞよろしくお願いします。


===
【オーダー】
上記の通り 1人13,000円


ルベロの過去記事を頂いた代表的なパスタ料理のタイトルと共に。
【泥谷シェフ編】
・2016年9月23日 大粒アサリのスパゲッティーニ ボンゴレ・ベラーチ
・2017年2月3日 シェフ特製 究極のスパゲティ・アラビアータ
・2017年9月30日 函館産新秋刀魚と松茸のアーリオ・オーリオ 自家製のキッタラで
・2017年11月9日 蟹と雲丹のパスタ
・2018年1月10日 白子のパスタ
・2018年3月7日 ジェノベーゼパスタ
・2018年4月17日 とり貝と雲丹のアーリオオーリオ
・2018年5月24日 伝助穴子のアーリオオーリオ
・2018年7月18日 雲丹の冷製ジェノベーゼ
・2018年9月4日 カルボナーラ/秋刀魚のパスタ
・2018年10月9日 ペペロンチーノ
・2018年11月23日 松茸のアーリオオーリオ
・2019年2月13日 からすみパスタ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年4月9日 雲丹のアーリオオーリオ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年5月14日 伊勢海老の雲丹のフレッシュトマトソースパスタ
・2019年6月25日 鮎のアーリオ・オーリオ/瀬戸内有機レモンのタリアテッレ
・2019年8月29日 甘鯛と松茸のアーリオ・オーリオ
・2019年9月15日 伊勢海老 ポモドーロ・フレスカ/ポルチーニ茸 タリアテッレ 栗
【吉村シェフ編】
・2019年10月30日 サルデーニャ産カラスミと九条ネギのアーリオ・オーリオ
・2019年12月4日 ウサギのラグーソース キタッラ


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(10) :★★★★★★★★★★

味(10)     :★★★★★★★★★★
サービス(10)  :★★★★★★★★★★
CP(10)     :★★★★★★★★★★

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★★ 5.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

かれーうどんはチーズ入り以外がオススメ

2019.12.21.14:08

こんぴら茶屋@目黒
うどん


目黒駅東側エリア、山手線の内側エリアでいつも列ができている「うどん」屋さんに行ってみました。
土曜日12時30分の到着で5名待ち。やはり列ができていました。いつも絶望的に並んでいるわけではありませんが、前を通ると数名並んでいるのをよく見かけます。目黒って何もない印象なのに。
1221 (1)


こんぴら茶屋というお店です。
1221 (7)


うどんへのこだわり、またカレーうどんが人気No1であることが記載でわかります。
2_20200322122643888.jpg


メニューを全部つなげてみた。カレーうどんは右下にあります。
もっとも安価なかけうどんは580円ですが、カレーうどんはオール1,000円超え。なかなかの値段です。この値段で行列ができるとはすごい。
図1


5分ほど待って入店できました。うどんなので回転は悪くなさそうです。
また、待つことで同じ席に座らせてもらうことができます。
1221 (22)

大きなスプーン、お茶、それとカレーの跳ね対策としての紙エプロンがデフォルトでセットされています。
1221 (8)


卓上にある七味は、、、
1221 (16)


大変こだわりのある品のようです。途中でかけてみよう。
1221 (10)


変わり種の卓上配備品としては、とろろ昆布です。
何料理であれ卓上にとろろ昆布が置いてあるお店は初めてかもしれない。
1221 (11)


ほとんどの人がオーダーしているかれーうどん。しかし食べ方が書いてあります。
よく見ると、ライス投入でリゾットにする旨の記載がありライス小で160円必要ですので、要するにアップセルの案内でした。
1221 (9)


■チーズ入り牛かれーうどん(1,220円)
1221 (18)

カレーにチーズは合うという人と、実は合わないという人がいますが、なんとなくチーズ入りにしました。辛さは辛口に。

コクのあり確かに美味しいカレースープ。確かに美味しいし高くても行列ができる意味はわかりました。何でもないカレーうどんよりも旨味がたっぷりで、変にスパイスが暴れまくっておらず、しかし家庭で食べるカレーともまた違って美味しい。

辛口はほどよくピリピリするくらいで、辛いものが好きな人にはオススメです。

しっかりとがっしりとした、カレーに負けない少し太めに感じるうどんも存在感あります。
ボリュームも十分で、値段的にリゾットにする気持ちはありませんでしたが、気持ちがあっても量的に無理でした。
1221 (21)


残念だったのはチーズ入りにすると、なぜかコーンが入ってきてしまう点です。コーンが入っていると知っていたら「チーズ入りコーン抜き」でお願いしていました。コーンの役割がさっぱりわからない(缶詰のコーンが嫌いなだけです)。
1221 (19)


もう1つ残念だったのは、チーズは勝手にパルミジャーノだと思っていたらスライスチーズであったこと。
これも最初からスライスチーズと知っていたら避けていました。
「スライスチーズ&コーン牛かれーうどん」というタイトルが詳細となります。
1221 (20)

以下、仲間が食べたメニューです。

■牛かれーうどん(1,120円)
1221 (13)

■牛かれーうどん(1,120円)+生玉子(50円)
1221 (12)

■牛かれーうどん(1,120円)+温泉玉子(80円)
1221 (17)

■じゃこ御飯(16時まで130円)
1221 (15)

■明太御飯(16時まで130円)
1221 (14)

今度はカレーではなく、天麩羅系のうどんも食べてみたい。


===
【オーダー】
チーズ入り牛かれーうどん 1,220円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

こんぴら茶屋うどん / 目黒駅白金台駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : うどん

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る