2017年もいちばん美味しく楽しかったレストラン。

2017.02.03.22:20

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン


ワインが好きな仕事関連の方との食事会で、目黒の一軒家レストラン「ルベロ」を訪れました。
私の知っているお店で、ワインが好きな方に喜んで頂けそうなお店No1がルベルであります。
1 (1)


前回の初訪問時は1階の席でしたが、今回は2階でした。
1階も2階も、広々としていて席の独立性が高く、どんなシチュエーションでも安心して使えるお店であります。
1 (2)

メニューは一番下に掲載しました。
前回は9月の訪問でしたが、今回は1月末ということで、メニューは全く違っていました。


今回頂いたものを紹介します。

■ビール(750円)/自家製パン
図1

乾杯はビールで。
自家製パンがあまりにも美味しすぎるため、ついつい食べすぎてパンでお腹いっぱいにならないように注意する必要があります。


■はじめに
1 (8)

ナツメヤシにベーコンを巻いて、中にはアーモンドが入っています。
見た目の派手さはないですが、「お、なんだこれは」という楽しさがあります。
味覚の準備体操ができます。


■オレンジ色のワイン
1 (12)

1つ前にも白ワインを頂いたのですが、次に渋谷さん(お店の方であります)が持ってきてくださったのはオレンジ色のワインでした。
こんな色のワイン、初めてみました。

赤でもなく、白でもない。味も、赤でもなく白でもない。しかしすごく美味しい。
ワインはからきしであるため表現のしようがありませんので、是非足を運んで飲んでみてください。。。


■牡丹海老とマスカルポーネチーズのタルタル 水晶文旦とディルの爽やかなソース(2,600円)
1 (9)

全員が「これは美味しい。。。」と唸った一品。
まず、海老が旨すぎるのと、タルタルと文旦を使った爽やかソースが最高でした。ただでさえ美味しい海老の戦闘力を高めるだけ高めてあります。ほぼ反則というレベルの美味しさでした。
1 (10)

頭から尻尾まで、美味しかった。


■ポルチーニ茸と冬トリュフのリゾット(2,600円)
1 (13)

前回も頂いて、大変な美味しさであったため皆さんにも食べていただきたくてもう再びオーダーしました。


チーズの器の上で料理が完成するあれであります。
1 (14)


トリュフをたっぷりと、、、って、私のが特に多かったかもしれませんが、これで出来上がりです。
これが美味しくないわけもなく、実際あり得ないほど美味しいです。
味わい深すぎるリゾットに、この方向性だとこれ以上はないのではと思ってしまいます。
1 (15)


合わせた赤ワインも、前回登場した器具と共に登場。
1 (16)


渋谷さんがこうして注いでくれます。
異次元の雰囲気になるので、こういうのがまた楽しいところの1つです。
1 (17)


■飛騨牛ウチモモの炭火焼き 冬トリュフが薫る赤ワインのソースで(4,800円)
1 (19)

全部美味しそうなのですが、メインは一番豪華そうなこちらにしてみました。
火入れっぷりが完璧ゆえ、さらには素材だって申し分ないわけで、肉の柔らかさ加減が半端ないのは言うまでもなく、ソースの香りがまた絶妙によいです。


いちいち全部美味しいので、運ばれてくる前のワクワク感が止まりません。
そこに追い打ちをかけるのが渋谷さんのワインセレクトでありまして、ピノ・ノワールの白ワインですって。。。そんなものがあるのですね。
1 (20)


こちらの赤ワインも飲みました。今回は5人で6本飲んだかな。。。
1 (25)


■シェフ特製 究極のスパゲティ・アラビアータ!!(2,000円)
1 (24)

〆役として、再度パスタに戻ってきました。泥谷シェフ特製の「究極の」アラビアータです。
自ら「究極」と宣言し、期待値を上げに上げまくったところで、それでもなお驚く、たしかに究極のアラビアータでした。

まず、辛い。かなり辛いです。が、旨味コーティングによって黙々と食べ続けられます。
いわゆる「旨辛」とは全然違っており、「上品爽やか旨辛」という感じでしょうか。

また外せないお皿が増えてしまったよ。


デザートメニューです。デザートも非常に充実しています。
泥谷シェフオススメのものを持ってきて頂きました。
1 (21)


■ミルクジェラート オリーブオイルのアフォガート(700円)
1 (23)

人生2度目のアイスクリームにオリーブオイルをかけたデザート。
全く甘党ではありませんが、このデザートはかなり好きです。この美味しさは究極家でも試すことができますので、レディボーデンくらいのアイスに、ラウデミオとかのオリーブオイルをかければ、、、再現できるのだろうか。

しかし6000円くらいするラウデミオを買ってくるくらいなら、ルベロに食べに行けばいいではないか。


最後はこの会恒例のグラッパ祭りです。3杯くらい飲んで酔いを深めます。
図2


ワインの個性派を披露頂きましたが、グラッパも尖ったものばかりでした。
1 (22)

ワイン好きの方も大変満足されていたようで、もともと思っていた以上に楽しく美味しい会となりました。
この記事を読んで私は餡子隊長に怒られることでしょう。ずるいと詰(なじ)られることでしょう。

ルベロ、相変わらず大変オススメのお店であります。


===
【オーダー】
上記の通り 1人13,000円くらい


■前菜
1 (4)

■パスタ、メイン
1 (5)

■本日のスペシャリテ
1 (6)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(9) :★★★★★★★★★☆

味(9)     :★★★★★★★★★☆
サービス(9)  :★★★★★★★★★☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★ 4.5



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

いっそう「鳥しき」に行ってみたくなる。

2016.10.25.21:43

阿部@目黒
焼鳥


鳥しき@目黒に行ってみたいねと、毎月1日の予約開始日に2人で400回くらい電話したものの1度も通じることはなく、こんなの予約できるわけないねということで、諦めて鳥しきで修業なさった方がやっておられる、同じく目黒にある「阿部」というお店に行ってきました。
1 (2)


ほんの何分と離れていない場所にお弟子さんのお店があるとは、鳥しきの懐の深さと自信を大いに感じます。
1 (3)


店内は基本カウンター席ですが、テーブル席もあります。
落ち着いた、大変よい雰囲気です。店員さんが皆さんキビキビされており見ていて気持ちが良いです。
1 (4)


お任せ式であるため、あれください、これくださいと伝える必要がありません。
お腹いっぱいになったら、あるいはなりそうになったら、STOPを伝える仕組みです。
〆系や、ちょっとしたお新香のようなものはオーダーできます。
1 (5)

飲み物は日本酒はもちろんのこと、ワインもかなり充実しています。
メニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(600円)/はじめに
図4

生ビールが600円であることに驚く。日本酒も高くありません。
水物で大きく儲けるというスタンスでは一切ない模様。

「松茸と栗の茶碗蒸し、鴨ローストバルサミコソースわさび添え」が先制攻撃であります。
季節感があって、楽しい。和食の真髄を味わえます。


日本酒は4種類頂きました。
「こういう感じのものを」とお店の方にお伝えすれば、まさにその通りのものを提供して頂けますので、メニュー見なくてもいいかも。
図5


■ささみ/かしわ/うずら/ぼんじり
図1

ささみ、柔らかすぎます。歯がなくても噛めそう。
うずらの黄身が味玉状で、とろりとしていて驚きます。

どれも串が小さめで、女性でもたくさんの種類を楽しめそうです。


■椎茸/砂肝/銀杏/つくね
図2

つくねが、ワイルドに肉肉ホネホネした感じで、食感があってよかったです。
塩のフリ加減が絶妙で、味が強すぎず、これもまた飽きずに食べられる秘訣でしょうか。


■レバー/まるはつ/ヤゲン軟骨/首の皮
図3

まるはつや、ヤゲン軟骨、首の皮など後半に珍しい品々が登場。
なお、鶏の仕入れは鳥しきと同じところからだそうです。福島の伊達鶏と仰っていたような。


■伊達鶏
1 (9)

最後にどーんと、骨付きのやつが。
これまで12本食べていたので、私はこれはパスしました。


ストップをお伝えすると、鶏がらスープが提供されます。
春雨でも入れてラーメン風にして食べても最高と思われます。
1 (10)


■チキンカツサンド(850円)
1 (1)

私は微塵も余裕がなかったのですが、貝州さんがチキンカツサンドをオーダーしてしまったので、1切れ頂きました。
人生史上最高のチキンカツサンドであることだけは、間違いありませんでした。

大いに飲みましたので、1人7,000円くらいになりましたが、飲みを控えれば1人6,000円、串も10本くらいに抑えれば1人5,000円少しくらいで十分満足できるのではないかと思います。

デートにも、2人なら会食にもオススメの、素晴らしい焼き鳥屋さんでした。
こうなってくると、予約が取りにくいなんてもんじゃない、親玉鳥しきがいっそう気になってくるところであります。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円くらい


以下、ドリンクメニューです。

■日本酒
日本酒

■ワイン
ワイン

■その他
その他

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

やきとり阿部焼き鳥 / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

10/25

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

2015・2016、2年連続ビブグルマン部門掲載のラーメン店。

2016.09.28.15:02

維新@目黒
ラーメン


2015年、2016年のミシュランガイド、ビブグルマン部門に掲載された維新@目黒。
目黒駅から白金に向かう途中で、立ち寄ってみました。
1 (1)

系列店の維新商店@横浜には2014年の年末に行きましたが、目黒の本店は初めてです。


入口に木箱が積んでありました。維新商店には製麺機がありましたが、本店もやはり自家製麺のようであります。
1 (12)


券売機で食券を買います。
味は3種類で、「醤油」と「煮干」と「柚子塩」。
1 (2)

左上ポールポジションが醤油ですので、ノーマルの醤油、750円のボタンを押しました。
大盛りや替え玉のボタンはなかったので、麺の量を増やすことはできないようです。

大盛りが出来ず、柚子味があるという点で、AFURIを思い出しました。


メニューはこちらのメニュー表が見やすいです。
1 (4)


有名店ゆえ、そして時間も13時過ぎということで、多少並ぶかなと覚悟しての訪問でしたが、並びはありませんでした。
それどころか先客が1名もおらず、貸切状態でした。
1 (3)

席はクランク型のカウンター席です。


卓上には黒胡椒がポツンとあるのみ。
淡麗系のラーメンのようですので、特に足すものはないということでしょう。
1 (5)


白いお皿に乗った、白い器の綺麗な醤油ラーメンが到着しました。
1 (6)


ビブグルマン掲載店ということで、さすがに綺麗なお顔立ちをされています。
男性であればイケメン、女性であれば美人さんでしょう。
1 (7)


ノーマルラーメンで750円ですが、赤みがかった低温調理系の叉焼が一枚、半分ですが味玉も入っています。
緑担当の青ネギが綺麗さを増幅しています。
1 (9)


黒みがかったスープに、麺が顔を覗かせます。
円錐形の器でスープを節約し、量もひたひたギリギリくらいに調節されています。
なお、メンマは立派な穂先メンマです。
1 (8)


正統派の無化調(たぶん)醤油スープは、癖がなく大変な優等生ぶりです。
横浜の維新商店はなかなか荒くれた一面があったため、ここまで出来杉君のような感じだと、ちょっと拍子抜けする部分もありました。
1 (10)

上質な鶏ガラと醤油ダレが美味しい優等生醤油ラーメンです。


真っ直ぐで白い綺麗な細麺も、ラーメンの綺麗さに一役買っています。
喉越しもよくラーメンの上品さに拍車をかけていました。
1 (11)

優等生過ぎて引っかかりがないため、中毒性面にもしかすると難があるかもしれません。
次に訪れる機会がありましたら、柚子塩を食べてみたいです。


===
【オーダー】
醤油らぁ麺 750円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

維新ラーメン / 目黒駅白金台駅五反田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

2016年でいちばん美味しく楽しかったレストラン。

2016.09.23.22:27

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン


毎年開催されます、餡子隊長27回目の誕生日会。
他の日はともかく、隊長の誕生日のお店を外すわけにはいかないため、1ヶ月前からお店を選んでおりました。

食べログの点数が数年前と比べるとハイパーインフレを起こし、もはや「だいたい3.5」みたいな時代になってしまったので、安心して予約できる点数は、私的には「3.9以上」というのが目安になっております。

・家からそう遠くない
・誕生日とはいえ1人1万円以内には確実におさまる
・食べログで3.90を超えている
・可能であればノバ(正確にはノバンディさん)がレビュー書いてて高評価

この4つの条件を満たすお店を探しておりましたら、ありました。目黒に。
(2016.10.15時点で3.92)

目黒駅から山手線の内側方面に進んで、路地を曲がったところに入口があります。
夜だと特に、レストランがあるとは思いにくい場所かもしれません。
1 (2)


iPhoneSEはカメラがしょぼいので、大変暗くてわかりにくいですが、一軒家レストランです。
カタカナ表記で「リストランティーノ ルベロ」。
1 (3)


店内は1階と2階がありまして、1階席に通されました。
2階はわりと人数多めでワイワイしていたので、1階でよかった。
1 (5)

席と席がとても離れており、かなり落ち着いて食事ができます。
雰囲気もよく、まだ食べておりませんでしたが勝利を確信しました。


テーブルにはバスローブみたいになったナプキンが。
青とピンクの蝶ネクタイをしているが、予約時に男女だと言っただろうか。あるいは2人の場合はこういったお店では99%アベックなのだろうか。
なお、蝶ネクタイはパスタでできているように見えました。
1 (8)


コース料理もあるようですが、アラカルトにしてみました。
こちらのボードから料理を選び、2人だと4~5皿をオーダーするとちょうどよいそうです。
1 (9)

何を食べるかたっぷり10分は悩みました。


なお、パスタは茹で前の現物を見せてくださいます。
1 (7)


頂いたものを紹介します。


■ビール(750円)/ホワイトミモザ(1,000円)
1 (6)

生ビールはプレモル。
ホワイトミモザはスパークリングワインとグレープフルーツのカクテルで、オレンジジュースで作るミモザよりもすっきりしており料理の邪魔をしないです。


グラスワインのリストはスケッチブックになってます。
スケッチブック。味があってよい。
1 (19)


中にはワインごとに飲まなくても味が想像できるレベルの詳細な説明が書いてあります。
ワインはよくわからないのでいつも適当にオーダーするのですが、全部読んで好きなものを楽しく選べました。
1 (33)


■Greco di Tufo 2013(1,100円)/Fiano di Avellino 2008(1,300円)
図3

白ワインは2種類飲んだのですが、右の白ワインの美味しさが衝撃的過ぎました。
「自然派フィアーノの最高傑作」ということですが、「最高傑作」という意味を完全に背負えています。

表現力が乏しいので全くうまく言えないため、解説を載せておきますが、間違いなく人生No1の白ワインでした。
1 (20)


このラベル。覚えておこう。でも国内ではほとんど売ってないそうな。
都内の某下町の酒屋さんから仕入れていると仰っておられた気がします。
1 (27)


■Inferi 2012(1,300円)/Langhe Nebbiolo 2013(1,200円)
図4

赤ワインも解説通りの味で、むしろ解説催眠により味が誘導されているのではないかと思うほどでした。
ちなみに、赤ワインはもう1つ飲んだのですが、そちらはソムリエの方に選んで頂いたもので、先ほどの白ワイン同様、突き抜けたワインでした(後述します)。


オーダーしなくても自動的に提供されるのが、パン。
なくなるとすぐに手配してくださり、しかも種類の異なるパンが供されました(ジャガイモ入りのパンと、甘いパン)。
しかし、とにかく料理が美味しいので、パンでお腹いっぱいになってしまった、という事態にならぬよう気をつけねばなりません。
図2


パンのほかに、スープが自動的に提供されます。
トウモロコシのスープで、群馬産の何とかというトウモロコシを使ったスープなのですが、このトウモロコシは果物以上の糖度を誇っているということで、甘く、深い味わいの冷製スープです。
1 (10)

生でがりがり食べても甘く美味しく感じるような、そんなトウモロコシを使っているのだろうか。


■紅ズワイ蟹とイタリア産大麦のインサラータリーゾ(2,400円)
1 (13)

インサラータリーゾとは、お米のサラダみたいなものみたいです。米を大麦にしてあります。
サラダ自体は柑橘系のサッパリした感じと、カニミソのコントラストが楽しい一品です。

なお、大きめの1皿でオーダーしていますが、1人分ずつ分けて提供されますので、ボリューム的には写真の倍となります。


■戻り鰹の軽い藁スモーク 焼き茄子とそのピュレを添えて(2,600円)
1 (14)

「軽い藁スモーク」とありますが、鰹がまとったスモーク感がすごいのだが。
厚めに切られた鰹は食べごたえもすごい。


■和牛トリッパとフレッシュポルチーニ茸のフィレンツェ風トマト煮込み(2,400円)
1 (16)

前半の料理で腰を抜かしたのはこのトリッパ。
臭みだけ完全に完璧に除去し、旨味だけが押し寄せるモツの状態は、これはなんなのか。
角の取れたまろやかなトマトソースも美味しすぎる。

初めて食べるトリッパが、このトリッパであれば、間違いなくその人は「好物はトリッパです」と言うようになりそう。
反芻したくなる逸品でした。


■大粒アサリのスパゲッティーニ ボンゴレ・ベラーチ‼(2,400円)
1 (22)

アサリのパスタはクックパッドにも投稿した究極のレシピで家でかなりの回数作っているので、果たしてその味とどのくらい差があるのかと思い注文してみました。

そして結果としましては、
・家のボンゴレも勝てはしないが方向性は間違ってなさそう
・頂いたボンゴレの、塩味の決まりっぷりが半端ない
・頂いたボンゴレの通り、スパゲッティーニで作った方が美味しそうだが、こんな仕上がりになるか心配
などいろいろ参考になりました。

前菜から思いましたが、塩加減がとにかく絶妙すぎます。

あと、アサリがでかすぎです。こんなアサリは小売りでは手に入らないと思う。
1 (23)

全然関係ありませんが、料理のレシピには著作権が設定されないそうですね。


■フレッシュポルチーニ茸と秋トリュフのリゾット(2,600円)

なんとリゾットが超でかいチーズのくぼみに入って登場。
1 (29)


そして、今回はシェフが直々に目の前で仕上げをしてくださいました。
(大変お若い方でしたので、その時はシェフとは思いませんでした)
1 (30)


完成。すごい。トリュフでパスタが見えない。
1 (32)

ポルチーニとチーズとトリュフの組み合わせは何となくよく目にする気がしますが、よくもまあこれだけお互いを引き出すことか。
味も香りも見た目も美味しいリゾットは、深みがありすぎて減っていくのが悲しい逸品です。


■Brunello di Montalcino 2009(1,800円)
1 (37)

最後の肉料理のために、赤ワインを選んだのですが、そのボトルがあいにく品切れで、事もあろうか上位ランクの赤ワインを、もともとオーダーしたワインの値段で提供してくれることになってしまいました。

しかもそのワインは、、、

こんな登場のされ方をしまして。
1 (35)


こんな風に注いでくださったのであります。何かの儀式みたい。かっこういい。
1 (36)


全く表現不能であるため、またしても解説を貼っておきますが、最近飲んだ赤ワインの中で一番美味しいワインでした。
1 (33)


■ローマ風仔羊ロースのカチャトーラ(3,000円)
1 (34)

メインは仔羊にしました。
餡子隊長がしきりに塩加減について「すごい」を連発していました。「重量の0.8%云々・・・」と。


私はなくても大丈夫だったのですが、隊長のお誕生日ということで最後にデザートを食べました。
デザートも7種類から選べてしまい、隊長は眉間に皺を寄せながら悩んでおりました。
1 (38)

1 (39)


■デザートワイン(値段不明)
1 (42)

ソムリエの方に勧められるがままに、気づいたら卓上に配備されていたデザートワイン。
今日6杯目。自分の誕生日でもないのに、便乗して飲みすぎました。


■季節フルーツの豪華なパフェ(900円)
1 (40)

大きくはありませんが、大変豪華なパフェが、なんと900円とは。
付近のカフェ、真っ青ではなかろうか。

イチゴのジェラート、ミルクプリンが入っており、餡子隊長により瞬殺されておりました。


■アプリコットのドルチェ
2_20161015173551170.jpg

メニューにはない、パティシエの方の新作だそうです。
同じ甘いにもいろいろな甘さが押し寄せてきます。
全く甘党ではない私ですが、「減らないでほしい」と思いながら頂きました。

名リストランテには、名パティシエあり。
料理で上がったテンションを、さらに跳ね上げる凄まじいドルチェでありました。
1 (1)

シェフの方もパティシエの方もソムリエの方も、とにかくサービス精神とホスピタリティに溢れた方々ばかりで、こんな職場で働けたらさぞ楽しかろうと思いました。

全ジャンルの中で、2016年で一番楽しく美味しい食事になりました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人12,000円くらい

■食前酒メニュー
1 (4)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(9) :★★★★★★★★★☆

味(9)     :★★★★★★★★★☆
サービス(9)  :★★★★★★★★★☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★ 4.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【2回目】続・目黒を抜けるとそこはローマの下町であった。

2016.02.29.22:48

TRATTORIA DAL BIRBANTE GIOCONDO@目黒
イタリアン


前回訪問して最高だったので、とある外せない会合で再訪しました。
片仮名読みで「トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンド」です。全く覚えられません。「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」級です。
1_20160327181302eaa.jpg


19時の時点ではガラガラでしたが、20時には超満席になっていました。月曜日なのにさすがです。
ワイガヤな雰囲気がこちらのお店ではぴったりです。大人ばかりなのでワイワイしながらも、うるさい感じにはなりにくそうです。
2 (1)


飲んだのはビール、白ワイン、赤ワイン。安価なハウスワインに走らず、4,800円~のボトルワインをオーダーするとすごく美味しいワインが飲めます。
図1


■自家製パン/ボイル牛タンの冷製 サルサ・ヴェルデ(1,000円)
 豚の脳味噌のフライ/仔牛胸腺とズッキーニのフライ(1,600円)
図5

フリットはどれも火を通し過ぎておらず、中がフワフワです。油使いの魔術師ですね。
豚の脳味噌は白子でした。脳だと思うと若干ドキドキするものがあります。

パンが美味しすぎるので食べ過ぎに注意が必要です。


■ふくどめ小牧場サラミやノルチア産生ハムなどの盛り合わせ(1,800円)
2 (4)

前回食べてあまりにも美味しかったため、皆さんにも食べて頂きたくオーダーしました。
「ふくどめ牧場」というところがすごいのか、誰がすごいのか分かりませんが、こちらの生ハムは本当に美味しいです。
どこまでも風味が強く、鼻から抜ける感じがたまりません。

外したくない逸品です。


■イタリア産アーティチョークとパルミジャーノのサラダ
2 (5)


「アーティチョーク」って何だろうと思ってオーダーしました。
そして実物を見せて頂きました。

これです。これがアーティチョークです。でっかい松ぼっくりみたいです。
キク科で和名は「チョウセンアザミ」となるようです。
2 (6)

花を食べるのですが、ほどよい青っぽい味に、パルミジャーノの濃厚な味が合います。
初めて食べる味にヒデキ感激です。


■燻製スカモッツァレラチーズの鉄板焼き アンチョビのせ(1,200円)
2 (7)

モッツアレラチーズを燻製にして、それを焼いてしまうなんて。
老若男女全方位対応の誰でも美味しいと思わないわけがない、赤ワインあるいはビールと相性最高の一品です。

チーズ好きの方は外したくない品です。


パスタは本日のおススメメニューから2品選びました。
メニューは一番下に掲載しています。

■パッケリ ヒシコイワシ塩漬け アンディープ ペコリーノチーズ
2 (11)

「パッケリ」はナポリ名物の直系の大きな円形パスタで昔風にいうとマカロニなのだそうです。
こちらのお店はローマ料理のお店なので。

モチモチと弾力のあるパスタと鰯の塩漬けがよい組み合わせです。
つまりはアンチョビなわけで、海の味が詰まった感じで白ワインとよく合います。が当時飲んでいたのは赤ワインでした。


■フラスカレッリ クッカーニャ風 自家製サルシッチャとクルミペーストのカルボナーラ
2 (12)

フラスカレッリはそぼろ状のパスタ。サルシッチャは腸詰です。
カルボナーラは太麺が合いますし、ローマ料理のお店なのでカルボナーラは外せません。
濃厚さを司っているのがクルミペーストというのが面白く、こちらのお店のカルボナーラは何を食べても美味しいです。


■自家製サルシッチャ モンテサンビアジョ風(1,800円)/野菜の盛り合わせ 焼きタレッジョチーズ添え(1,800円)
図4

これまで結構な量を頂いていたので、サルシッチャを1人1本ずつくらいオーダーして〆としました。
肉肉しいサルシッチャで、塩がよく効いています。炭火焼き野菜と一緒にオーダーしたのがよかったです。
(お店の方におススメして頂いたのですが)


前回頂いたアイスクリームにフレッシュなエクストラバージンオリーブオイルをかけて食べるデザートが最高で、お店を予約した時点から皆さんに「あれを食べない手はない」と散々ふれて回っていたのですが、そのオリーブオイルは今の季節にはないとのこと。
オリーブオイルが作られる一定の期間しか食べることができないのだそうです。

実に残念でしたが、そのアイスはないものの、抜群に美味しいドルチェに皆さん満足されているように私には見えました。
こちらのお店は料理だけでなく、ドルチェも最高峰です。
図3


私はグラッパで酔いを加速させました。効きます、グラッパ。
2 (17)

外したくない会合や、デートなど幅広く利用できるすごくよいお店です。
雰囲気、味、サービスとも三拍子そろったトリプルスリートラットリアでした。

とてもおススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人おおよそ10,000円


■本日のおススメメニュー
2 (3)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)   :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る