【2回目】究極の牛タン「静龍苑」

2017.01.28.19:18

静龍苑@森下
焼肉


しば田@仙川でラーメンを食べ、別件で夜は静龍苑@森下で焼肉を食べるという。
このコンボはなんと2度目であります。

前回12月に訪問した際に予約しました。17時にお店到着。
静龍苑の詳細の攻略法は、1つ目の記事をご覧頂ければと思います
1 (1)


17時、あっという間に満席になります。
年配のお客さんが多いです。ある程度のお値段してしまいますので、そういうことになると思います。
1 (2)


メニュー。2ヶ月前と何1つ変わっていないと思います。
1 (3)

前回は男2人の訪問ですが、今回は夫婦2組の訪問です。
オーダーの量の参考にして頂ければと思います。


■瓶ビール(550円)/キムチ(550円)
1 (4)

肉が出てくるまでに時間がかかりますので、キムチ類は1つオーダーするとよいと思います。
一般的なキムチよりだいぶ辛いですが、旨味もたっぷりゆえ、ビールのお供に最適です。


■タン塩3人前(8,700円)
1 (5)

4人だから4人前にするかとも思ったのですが、それだと牛タンだけで1万円超えとなってしまうので、3人前にしました。
実際、3人前でちょうどよかったです。

よくある牛タンとの違いは、
・脂が多い(しかしまったくしつこくない)
・歯ごたえがすごい(けど柔らかい)
という点でしょうか。
1 (6)

網は1回しか換えられないのでご注意ください。
1 (7)


味付けもパーフェクトで、唯一無二の絶品牛タンであります。
これ以上の牛タンはこれまで食べたことがありません。これを超える牛タンに出会えることなどあるのであろうか。

脂が多いので、ご飯に乗せても最高であります。
カルビ級に働きをしてくれます。
1 (10)

とにかく美味しいので、食べて欲しいです。
予約難易度高いですが。。。


■カルビ2人前(3,000円)/ロース2人前(3,000円)
1 (11)

前回「上」を頼んだのですが、なんとなく上でなくても十二分に美味しいのではないか。というか、脂の割合が減ってむしろ望ましいお肉になるのではないかと思ったのですが、珍しく予想が大当たりしました。
1 (12)

脂も十二分に乗っている、美味しいカルビとロースです。
上との違いは厚さくらいしかないような。

もしかすると厚くなって量が増えるから上は高いのかもしれない。


■ミノ1人前(800円)
1 (9)

1つくらいホルモンを、、、と思って、前回は「ホルモン」というやつを食べたので、今回はミノにしました。
前回も思いましたが、あえてホルモンは攻めなくてもいいかもしれません。


■あぶりユッケ(1,800円)
1 (8)

牛タンに並ぶ伝家の宝刀あぶりユッケ。よく炙って食べてください。
そして写真を撮るときには、必ずどこかに炙る用の銀の皿が映り込むようにしてください。
いろいろ問題になると、食べられなくなってしまいますので。

ご飯にかけて食べると、すごく美味しいです。
昔はどこの焼肉屋さんでも食べることができた、懐かし味に出会えます。
炙って、ですが。


なぜかオーダーしていないのに、小さい玉子スープが提供されました。
2回目だからだろうか。あるいは、何かを頼むと付いてくるのであろうか。しかし前回はそんなこと無かったような。
1 (13)

どういうカラクリか分かりませんが、玉子がトロトロふわふわなのであります。
牛タン、あぶりユッケに次いで、是非オーダーしたい逸品です。
オーダーしなくても出てきたけど。。。


■テグタンスープ(900円)
1 (14)

〆はテグタンスープにしました。
辛さと旨味が共存した、ド安定の旨さであります。
キムチと違って辛さはマイルドですので、辛いものが苦手な方でも美味しく食べられますので、ピリリと辛い〆にオススメです。


■手作りプリン(280円)
1 (15)

甘党コンビのナムさんと餡子隊長がおりますので、唯一のデザートメニュー「プリン」をオーダーしました。
カラメル、後がけ方式です。
餡子隊長が7割くらいのカラメルを自分のプリンにかけるという、大人としては考えられない行為をしておりました。

上記で1人7,500円でした。内容を考えると大満足ですし、記憶に残る牛タンは、また食べたくなってしまうことでしょう。


お店を出ると、やはり大行列ができていました。夜なので日が出ておらず寒いし、焼肉なので回転超悪いし、でもそこまでしても食べたくなる牛タンがここにはあります。
1 (16)


お腹いっぱいになりすぎたので、歩いて銀座に行くことにしました。
1 (17)


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,500円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

静龍苑焼肉 / 森下駅菊川駅清澄白河駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : 焼肉
genre : グルメ

tag : 焼肉

タン塩の名店「静龍苑」攻略5つのポイント

2016.12.17.19:02

静龍苑@森下
焼肉


しば田@仙川でラーメンを食べ、散歩したりなんだりして時間を潰し、夜というか夕方焼肉屋さんに向かいました。

森下駅、人生初降車。
1 (1)


森下が誇る焼肉の名店「静龍苑」。ダチョウ倶楽部の何とかという方がテレビで紹介したことで予約困難店となったとか、そうでないとか、そういう話みたいなのですが、そもそも地元では絶大な人気があったものと思われます。
1 (2)


若干独自ルールがありますので、そのあたりを中心に、静龍苑攻略の5つのポイントをお伝えできればと思います。

第1条:予約
1 (7)

予約は17時のオープン直後、最初のターンしか受け付けておりません。
2ターン目以降は並んで順番を待つ以外ありません。

予約する方法は2つ。

・電話で予約
17時以降オープンしてからはほとんど電話に出てもらえません。なぜならば店内が満席で常に忙しいからです。
店内にいる間、ずっと電話が鳴りっぱなしでした。
女将に伺ったところ「15時から16時くらいが比較的つながる」とのことでした。

もう1つは、訪問時に次の予約をする方法があります。ある意味これが一番確実です。

どこまで厳密なルールがあるのかわかりませんでしたが、
この時訪問は12月でしたが、2月の予約は取らせてもらえましたが、3月の予約はダメだと仰っていました。

17時から焼肉を食べ始めることにはなってしまいますが、とにかく予約しての訪問がオススメです。
なぜならば、18時過ぎにお店を出たら、こんなことになっていたからであります。
1 (23)

ラーメンならばいざ知らず、焼肉で行列はやばいです。
1時間で済めば御の字、最悪の場合2時間待ちとかになるのではなかろうか。


店内はこういった雰囲気。もくもく系ゆえ、大きなビニール袋が支給され、匂いが付きたくないコートなどはそこにしまうことができます。
いわゆる大木屋方式です。
1 (4)

席と席の間隔が広いゆえ、意外とゆったりできます。
この点は非常によいです。なのでなおのこと予約して訪問したいところです。


第1条:注文の際の注意点
1 (5)

塩系は、ただ1回、最初の1回しかオーダーできませんので注意が必要です。
事前にその日の打順を綿密に打ち合わせ、最初の一撃で塩系を仕留める必要があります。

最初に教えてくれますが、知らずに行くと「あれあれ」と慌ててしまうと思いますので、とにかく予習が大事になってまいります。
なお、以下、男2人でのオーダーとなります。
2人とも大食漢ではありませんが、二郎の大盛りをギリギリ食べられるくらいのポテンシャル、、、というのがわかりやすい表現かどうかは別として、だいたいそんな感じです。


■瓶ビール(550円)
1 (6)

全体的に待つことが多いお店ではありますが、ドリンクはさっと出てきます。


■キムチ(550円)
1 (8)

中でもキムチはわりとすぐに出てくるメニューですので、ビールを飲みながら肉の到着を待つのに最適です。
(ただ、キムチですら速攻で提供されるという感じではありません)

結構辛い、パンチの効いたキムチで、オススメではあります。


第3条:タン塩のオーダー量
1 (9)

とにかく、タン塩が美味しいです。素晴らしいです。唯一無二です。
タン塩は迷わず高い方(1人前2,900円)をオーダーするべきです。
「え、高い、、、」と思っても、ここは行くべきです。

2人なら2人前、4人なら3人前がオススメです(後日4人で行った結果思いました)。


タン塩は、人生で食べたことのない歯ごたえ。薄いのにすごい歯ごたえ。
それからすごい脂。脂の量がこんなにも多く感じるタン塩は初めてです。
1 (10)

素材と仕込みのダブルコンボで成立するものすごい牛タン。
牛タン好きであれば食べない手はありません。オススメどころではありません。


第4条:網替えは1度まで
1 (11)

網を替えて頂けるのは1度までですので、見極めが必要です。
が、2時間も3時間も滞在する感じのお店ではありませんので、意外と迷うことなく網替えの季節はやってまいります。

とにかく1度だけなので、その点だけ覚えておくほうがよいと思います。


焼肉では必須となる白ご飯を頼まねばなりません。少し固めに炊き上げられた焼肉専用のようなご飯。
1 (13)


牛タンを乗せようではありませんか。
1 (14)


くるんと巻いて食べようではありませんか。最高のタン塩と白ご飯。
最後の晩餐候補級の味わいです。
1 (22)

今日だけは太るとか、デブるとか、そういうことを考えるのは止めましょう。


■サンチュ(400円)
1 (12)

サンチェではなく、サンチュです。サンチェでは往年の巨人の抑えピッチャーの名前になってしまいます。
もうこの話題も死語になりつつあるのでしょうけど。

サンチュは意外となくてもいいかもしれません。サンチュより白ご飯。圧倒的に白ご飯がオススメです。


■上カルビ(2,500円)/上ロース(2,700円)
1 (17)

第5条:カルビとロースは並でよい

こちらが上カルビ。
1 (19)


こちらが上ロース。
1 (18)

どちらも最高に美味しいわけでありますが、カルビとロースだけでいうと、他の名店の方が美味しい可能性が高いです。
そして、後日訪問した際には上ではない方を食べたのですが、十二分に美味しかったです。

巨大なオイルタンクを保有している方は上でもよいのかもしれませんが、私は1,500円の並の方をオススメします。
とにかくタン塩が凄すぎて、カルビやロースが霞むからという理由なのかもしれません。

ここでカルビとロースを並にすることで、1人当たりの負担は7,000円くらいに抑えることができそうです。
上をやってしまうと9,000円くらいまでいきます。たぶん。


■ホルモン(950円)
1 (21)

内臓系ですと、ホルモンではなく、カルビ/ロースと逆になってしまいますが、後日食べた上ミノがよかったです。
ホルモン系は上ミノが個人的にはオススメです。


■あぶりユッケ(1,800円)
1 (20)

写真を撮る際に、しっかり奥の銀紙を写すように指導が入りますし、しっかり銀皿にユッケを入れてよーーーーーーーーーく炙ってから食べましょう。よーーーーーーーーーくです。生のまま食べてはいけません。

なぜか昔の友人に会ったような懐かしさに包まれる一品です。

有朋自遠方來。不亦樂乎。この一文が頭をよぎりました。
白ご飯の上によーーーーーーーーーく炙ったユッケを乗せて食べる。至福の時であります。


■玉子スープ(500円)
1 (15)

この玉子スープがすごいのなんの。

何がすごいか。とにかく玉子のトロトロさ加減が半端ないのであります。これはどうやっているのであろう。何を投入するとこうなるのか。
最初から最後までトロトロで、これまで食べた玉子スープでダントツの出来映えでした。
1 (16)

第6条として「玉子スープを頼むべし」を入れたいところなのですが、後日訪問した際には、何の付け合せかわからなかったのですが、オーダーしていないのに少し小さめの玉子スープが提供されたのであります。

2度目の訪問だったからなのか、あるいは私が物欲しそうにしていたからなのか。
ご飯の付け合せなのか、あるいは他のものだったのか。

最後の最後まで玉子スープが提供されなかったら、〆はぜひ、玉子スープを食べてみてください。

兎にも角にも想像以上にすごいタン塩に、ヒデキは感激いたしました。
2月にまた予約してしまいました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人9,000円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

静龍苑焼肉 / 森下駅菊川駅清澄白河駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : 焼肉
genre : グルメ

tag : 焼肉

【2回目】さくっと飲んでさくっと餃子。そしてさくっと帰るの巻。

2014.03.22.19:12

亀戸餃子@亀戸
餃子専門店


自由が丘でパンを食べた後、はるばる船橋のIKEAへ行きました。

1 (19)


その帰りに亀戸上陸。

1 (1)


亀戸ホルモンに行ってみたら17時半だというのに長蛇の列。
仕方なく、、、と言っては失礼ですが、
同じく「亀戸」を店名にまとう亀戸餃子に行きました。

1 (10)

亀戸餃子は以前食べログのオフ会で来て以来です。


前回はテーブル席でしたが今回はカウンター席へ。

1 (6)

お客さんは7割程度の入りでしたが、
じゃかすかとお客さんがきては、じゃかすかと帰っていきます。
回転超いい。


食べ物のメニューは本当に餃子しかありません。
(忘れててご飯ありますか?って聞いちゃいました)

1 (5)


■瓶ビール 大(550円)

1 (2)

大とありますが、大瓶ではないかな?
ほとんどの人がビールは頼んでました。


■ぎょうざ(250円)

1 (3)

こんがりと焼きあげられた餃子。
大きさは小ぶりで、小さな子でも食べやすい仕様に。

醤油、酢、ラー油、辛子で頂きます。

1 (4)

外がさくさくしていて、中は、、、肉汁じゅわっと系ではなく、
しっかりと味が付いた野菜シャキシャキの餃子。

美味しいねー。


1人2皿は頼まないといけません。
食べている途中でも自動的にお替りが投入されます。

1 (7)


3皿食べました。
もっと食べれますが、同じものをずっと食べ続ける結果、
やっぱり少し飽きが来ます。

1 (8)

ご飯があったらもっと食べれそう。

亀戸に住んでいたら月に1回は通ってしまいそう。
晩ごはん食べずに帰ったときなんか、ビールを飲んでぱくぱくっと餃子食べて、、、
なんていいですなあ。


この後餡子隊長を説得してラーメンを食べに行きました。
「ラーメン屋さんでラーメンと餃子を食べたのと一緒だよ」と。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,000円ちょっと


亀戸餃子の過去記事はこちらです。
・2011年12月10日


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆


[中華]

3/22

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

「東京都 ラーメン」で食べログで第1位のお店(2013.06.01時点)

2013.06.01.14:14

一燈@新小岩
ラーメン


東京都で食べログで一番点数の高いお店に行ってみっかと。
調べてみると新小岩にある「一燈」というお店が、
点数4.13で堂々の第1位のようでございます。
(2013.06.01現在)

一昨年とかは吉左右がずっと1位でしたが、
ロジックの変更で今はこうなってるみたいです。


というわけで一路新小岩へ。

R0028169.jpg

全体的に「東京の右の方」という雰囲気全開です。
錦糸町とか亀戸とか亀有とか。


10時40分、お店到着!
30人待ち!!

R0028170.jpg

最近の人気店でいくと、
吉左右が20人待ちで40分待ち(食べ始めまでに)、
が20人待ちで1時間20分待ち。

今日は30人すか。。。
11時開店だと思ってたら10時半でもうお客さん入ってるざんす。


いやー、それにしても10時半で30人待ちかあ。
自分も含めてみんな暇だなあ。

R0028171.jpg


あ。東池袋系大勝軒の方をモチーフにした映画のポスター、
ここにも貼ってありました。
道にも貼ってありました。

R0028173.jpg

「ラーメンよりも大切なもの」ですか。
ほとんどだいたいのものが、そうじゃないでしょうか。


皆さん、本を読んだりラーメン話をしたり、
ゲームをしたりして待っているのですが、
思いのほか進みが早い!

R0028172.jpg

1つにカップルが少ないというのがあるかも。
あと、道と違って入れ替え制じゃないのも大きいか。


途中、券売機で食券を買うように促されます。
ラーメンとつけ麺で悩むところですが、
初めてなのでつけ麺ですね。

R0028175.jpg

はるばる来たので50円の中盛り券もポチリ。


ちなみに麺の量はこうなってます。

R0028194.jpg


店内はL字型カウンターで12席あります。
12席はあまり多い方ではありませんが、
30人がどんどん吸い込まれていきます。

R0028174.jpg

結果、45分ほどで席に着くことができました。
30人で45分はかなり回転がいいですね。


卓上には餃子メニューがないにも関わらず、
餃子的三種の神器が揃っています。

R0028192.jpg


などと思った瞬間、つけ麺の到着。
席に座って1分後くらいでした。

R0028177.jpg


つけ汁は見た目はオーソドックスで、
汁の量はぱっと見少な目です。
これは大事に大事に食べ進めないと無くなっちゃいますね。

R0028178.jpg


鰹とか動物系のいい香りがします。
バランス良さそうな香りですなあ。

R0028180.jpg


具はドカドカと色々入っているわけではなく、
一番の目玉はこちらの鶏の団子。
しっかり下味が付いていて美味しいです。

R0028185.jpg

秀逸な鶏肉団子です。
チャーシューより好き。


麺は中太と極太の中間くらい、ってどのくらいよ。
がしっとどしっとした力強い麺です。

R0028181.jpg


非常に喉越しがよく、麺単体も美味しい。
長蛇の列を誇る人気店はどこも麺が美味しいなあ。

R0028182.jpg


味玉は麺側に乗っておりまして、
だいぶ濃いめの味付けです。少し甘みもあるかな。

R0028191.jpg

お休みの日のラーメンには味玉入れちゃいますね。


麺は麺で美味しいのですが、つけ汁がかなり美味しい。
東池袋の大勝軒的な方向性なんだと思うのですが、
鶏の味わいが強めで、少し優しい味になってて、
驚きありの美味しさ。

R0028184.jpg


そこまでどろっとしているわけではないのですが、
絶対量が少ないためみるみる汁が減っていきます。

R0028187.jpg

大事に大事に食べ進めます。
時々麺だけを食べたりしながら。


最近あまりやってませんでしたが、
スープがあまりに美味しいので割りスープを投入。

R0028193.jpg

食べログはヤラセがどうのこうのとか、
レビュー修正が頻繁にどうのこうのとか色々言われているようですが、
やっぱり1位は伊達じゃねえなあと。

こういう系では道が一番美味しいと思いましたが、
俄然、こちらのお店が一番美味しいと思いました。

こういう系ってそこまで好きじゃなかったのですが、
好きになっちゃったかも。

「ぽっちゃり系は好きじゃなかったけど、
付き合ってみたら悪くなかった」的なあれでしょうか。
いや、違うでしょうね。


お店を出ると、行列は更に増え、
一段階切り離された場所にまで発生していました。

R0028195.jpg

美味しかったので、こうなってしまう意味はよーくわかります。


===
【オーダー】
半熟味玉魚介濃厚つけ麺 880円
中盛り 50円


【総合コメント】
新小岩にある人気店です。
食べログで東京都のラーメン部門で堂々の第一だけあって、
30人待ちでございました。

魚介濃厚云々というラーメンは数あれど、
これはほんと美味しかったです。
可能ならばいつまででも食べていたい。

鶏白湯が勝っているような、
マイルドな濃厚つけ汁はクセになりそうです。

次はラーメン系を食べてみたいです。
新小岩に用事出来ないかなあ。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(9) :★★★★★★★★★☆

味(9)     :★★★★★★★★★☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆





一燈ラーメン / 新小岩駅

昼総合点★★★★ 4.5




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

プーさんのハニーハントに並んだと思えば待てます。

2013.04.20.12:44

つけ麺 道@亀有
ラーメン


都内の有名店を食べ歩こうシリーズというのを始めました。
実は今回2回目です。

前回は木場の吉左右に行きました。

今回は亀有の「道」でございます。
吉左右は20人待ち40分並びでしたが、果たして道はどうなりますか。

土曜日11時10分。亀有到着。
人生初下車でございます。

R0026730.jpg


両津さん、こんにちは。
はじめまして。

R0026732.jpg


駅徒歩数分の場所にお店があります。
11時15分、道到着!

R0026712.jpg

そして道の道の反対側には、
ズラリと列が!

R0026704.jpg

ざっと20人待ちでした。
11時半開店なのでオープンまで待ちます。


列の一番後ろにつくと、
前の人からメニューが回ってきます。

R0026703.jpg

つけ麺一択で、具が増えたり、麺の量を増やすと値段がアップします。
素つけ麺500円なんていうユニークなメニューもあります。


なお店内8席で、4席ごとの半入れ替わり制となっています。

R0026707.jpg

なので普通の20人待ちよりも待ち時間が長くなることが予想されます。
カップルコンボなどがあった場合には、
下手すると2倍の待ち時間になる可能性もありそうです。


4月とはいえだいぶ寒かったので、
お店の前に完備してある温かい麦茶はとても助かります。

R0026706.jpg


時間があり過ぎて暇過ぎるということもありますが、
道の隣の山口という惣菜屋さんが気になります。

R0026705.jpg

ひっきりなしにお客さんが来ます。
そしてなんとお弁当は200円です。

量を確認しましたが200円のクオリティではありませんでした。

全部買い占めて都内で500円で売っても成り立ちそうな。。。
などとぼんやり思っていると、
道のお店の中からすごい気合声が聞こえてきます。

なんと言っているのかわかりませんが、
浜口アニマル氏の「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」みたいな雰囲気です。

一通り気合を入れ終わると、
お店の方が外に出てきて、
・来てくれてありがとう
・待たせてごめん
的な挨拶がありました。

体育会系、、、じゃないか。
なんだろ。とにかく気合が入っています。


寒くて死にそうになりながら、
ただひたすら待ちます。

途中、お店の方に食券を買うように言われます。

R0026709.jpg


そして最終的に待つこと1時間20分。
ようやく席に着くことができました。
吉左右は20人待ちで40分、
道は20人待ちで80分かかりました。。。

店内はL字型カウンターです。
当たり前ですが満席です。

R0026714.jpg

お店の中には東池袋大勝軒の山岸氏のポスターが。
なるほど、東池袋大勝軒系のお店なんですね。


「ちょっとしたこだわり」なるものを読みながらつけ麺の到着を待ちます。
こだわりは「ちょっと」どころではない感じです。

R0026726.jpg


並んでから1時間30分、つけ麺とのご対面です。

R0026716.jpg


具は麺、つけ汁とは別で提供されます。
つけ汁をスープのみで味わって欲しいからだとか。

R0026721.jpg

チャーシューはどかんと1枚。
卵は何やら甘めの味付けが施されておりました。


薬味のネギと、
味の変化を楽しむ用の薬味も別皿です。

R0026722.jpg


麺はしっかりとした太麺。
麺の量は300グラムにしました。

R0026718.jpg


スクエア型の太麺で、
食べ応えは十分です。

R0026719.jpg


つけ汁はつけ麺では珍しい油膜バリア式で、
中は大変な熱々ぶりです。

R0026720.jpg


スープを飲んでみると、なるほど確かに東池袋系大勝軒と味の方向性が似ています。
東池袋系大勝軒の味を最高にまで美味しくすると、
こんな味になるんじゃないかなというような味です。

R0026724.jpg

程よくどろっとしていて、
やや甘めで、魚介の風味もしっかりと香ります。

濃厚過ぎず、魚介や動物が主張しすぎず、
とてもバランスのとれたスープだと思いました。


麺との相性も抜群で、
ほどよくつけ汁が絡んで美味しく頂けます。

R0026723.jpg

東池袋大勝軒は本店は食べたことがありませんが、
これはこれで1つの完成系のような気がしないでもありません。


途中フルーツ酢を入れて、
つけ汁の味を変化させてみました。

R0026729.jpg

まろやかになって一層美味しくなりました。

すげーなーと思って食べていると、
山岸氏から「参った」とのプレートを頂いています。

実際「参った」と思ったんだろうなあ。
店主はまだ若い方でしたが、それでいて参ったと言わせちゃったんですね。


お店を出たらまだ20人の並びには変わりありませんでした。

R0026713.jpg


でも、はるばる訪れた甲斐はありました。

ラーメンで1時間45分(食べ終わりまで)となると「どうなのよ?」という気になりますが、
プーさんのハニーハントに並んだと思えば、
そんなにも気にならないかも。

ただ1つ大事なことは、
並んだのはプーさんのハニーハントではないということです。


===
【オーダー】
つけ麺 750円
中盛り 100円


【総合コメント】
亀有にあります超有名店です。

20人程度の並びでも、
4人ずつの入れ替え制のため、なかなか前に進みません。

休みの日だとカップルなんかも来るので、
余計に進みを悪くするのかも。

東池袋大勝軒系大勝軒のつけ麺が好きな方にはおススメですが、
20人で1時間以上待ちの覚悟は必要になってしまいます。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




つけ麺 / 亀有駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る