インド料理 Jaypee Palaceの「Pavilion Cafe」(Agra)

2012.10.25.14:38

アグラ2日目のランチの紹介なのですが、
簡単にタージマハルとアグラ城の紹介もしたいと思います。


12時にオベロイをチェックアウト。
この瞬間、「ルームNoは?」と聞かれてももじもじする他なくなります。

R0021441.jpg

ありがとう、オベロイ!
多分もう泊ることはないと思うけど(あまりに高すぎるので)、
最高の思い出になりました!

後で荷物取りに来る時にはルームNoないけど冷たくしないでね!


歩いてもタージマハルの門まで行けるのですが、
間違えてリキシャーで門の近くまで移動。

R0021442.jpg

1日ぶりの客引き。
うーむ、やはりここはインドだった。


こちらが入口です。
入場料(750RS≒1,215円)を支払い入ります。

R0021443.jpg

タージマハルは土足では入れないです。
裸足になるのが嫌な人は、ここで靴カバーをゲットしないといけないのですが、
我々はそんなことは知らずに入ってしまいました。
(17年前も素足で入ったからいいんですけどね。その方が気持ちいいし)


セキュリティチェックがあります。
ここで荷物の中からアメを没収されます。

R0021444.jpg


そうそう。。。この奥にタージマハルがあります。
うほー、懐かしい!

R0021445.jpg


ご対面!!

R0021447.jpg


超かっこいい。。。

R0021449.jpg


その美しさに感動・・・

R0021448.jpg

2度目ですが感動は色褪せないですね。
ほんとすごい。

これまで見た建造物の中で一番感動しました。

R0021451.jpg


さあ、裸足になって入場です!

R0021454.jpg


餡子隊長も初めてのタージマハルに興奮気味です。

R0021453.jpg


大理石がひんやりして気持ちいいのです。
(真夏は暑くて死にそうになるので注意が必要です)

R0021455.jpg


タージマハルの対岸を流れる川。

R0021459.jpg


こちがら内部に入る入口。
中に棺桶が2つありますが、
それはイミテーションなのであまり興奮しないようにしないといけません。

R0021456.jpg


7~8割方の観光客がインド人でした。
日本人は1人も確認できませんでした。

R0021457.jpg

ちなみにインドへの旅行客は、フランス、スペインの方が多いようです。
アジア系ですと、中国>韓国>日本の順序のようです。
なので歩いていると「ニーハオ」と声をかけられることもしばしば。


タージマハルから門を見た風景。

R0021466.jpg


牛とタージマハル。
(牛はどこにでもいますね)

R0021477.jpg


またしてもリス。
観光地には必ずといっていいほどシマリスがいます。

R0021473.jpg


タージマハルラストショット。
どこからの写真もさまになります。

R0021480.jpg

すごいもの作ったなあ。ほんと。


14時過ぎにタージマハルを出ると、
入口に長蛇の列が出来ていました。

R0021485.jpg

あぶねーー!!
これに巻き込まれていたら入場が危ぶまれました。

表にものすごい数の観光バスが止まっていました。
タージマハルは午後1時までには入場した方が良さそうです。


そしてこの日のランチ。
アグラはどのガイドブックもタージマハルにページを割いており、
レストラン情報はほとんどありません。

無論、観光地なので至る所にレストランはあるのですが、
安全性がよくわからず、数少ない情報の中から、
「ジェイピーパレス」というホテルの中に手頃なカフェがあることがわかったので、
ジェイピーパレスに行くことに。
(帰国後すぐに仕事があったので、お腹を壊すわけにはいかなかったのです)

タージマハルからちょっと遠いのに、
間違えてリキシャーを捕まえてしまい、
途中でオートリキシャーに乗り換えてようやくジェイピーパレスに到着。

R0021487.jpg

「Very farだ」というインド人もいたのですが、
「またまたでました。高い値段とりたいだけでしょ」と思ってしまい、
信じなかったのが悪かったです。
(進んで話しかけてくるインド人は大概詐欺師っぽいので、
信じるタイミングが難しい)


ジェイピーパレスは1泊1万~1万5千円くらいの、
準高級ホテルです。
なのでとても綺麗です。

R0021488_20121104203214.jpg


あった。ありました。

R0021489.jpg

こちらのパビリオンカフェで昼食をいただきました。


こちらがパビリオンカフェ。
とても綺麗です。

R0021490.jpg


14時過ぎのホテル内ということで、
とても空いています。
皆さんきっとタージマハルを見に行かれたんでしょうね。

R0021494.jpg


窓の外には南国のような光景。

R0021493.jpg


気持ちよく話しかけてくれるスタッフの方と会話をしながら、
料理の到着を待ちます。
(一番話が盛り上がったのは、餡子隊長が身に付けていたベープマットの話です)


■PAO BHAJI(450RS≒730円)

R0021496.jpg

ベジタリアンメニューです。
インドに来てから、ベジタリアンメニューに魅かれることが多いです。

中谷美紀さんも著書で述べておりますが、
確かにインドでならベジタリアンになれそう。


こちらがパオというパンです。
焼き立てでふっくらしており、とても美味しいです。

R0021497.jpg

ナンが多いので、
こういう普通のパンにはつい手が伸びてしまいます。


バターで調理した野菜、トマトをカレー状にしたものです。
辛さはほとんどありません。

R0021498.jpg

これ、とても美味しいです。
野菜ベースなので優しい味わいですし、
バターを使っていますが全然もったり感はありません。


■ZEERA ALOO(450RS≒730円)

R0021499.jpg

クミンの効いたジャガイモ料理です。
薄いナンが添えられています。

R0021500.jpg

絶妙のスパイス加減はさすがです。
ビールを飲みたくなる一品でした。


お店の方は皆さん親切ですし、
清潔で美味しい料理をゆっくり頂けました。
トイレもとても綺麗なので、
ちょっとタージマハルからは離れていますが、
アグラの休憩場所の1つとして、とてもおススメです。

雰囲気、清潔さ、味を考えると、
コストパフォーマンスは著しくよいと思います。

タージマハルからはオートリキシャで100RSくらいで行けます。
(頑張れば60RSくらいまでは下がるかも)



この後、オートリキシャでアグラ城に行きました。
(100RS≒162円)

R0021503.jpg


タージマハルに比べるとだいぶ空いております。

R0021504.jpg


アグラ城は夕方行くと綺麗なので、
タージマハル→アグラ城の順番で回ると良さそうです。

R0021506.jpg


お約束のシマリスもおりました。

R0021511.jpg


あっ!!

R0021516.jpg


遠くにタージマハルが見えます!
(やはりタージマハルはテンションが上がります)

R0021518.jpg


アグラ城に幽閉されたシャー・ジャハーンは、
ここからタージマハルを眺めていたのでしょう・・・。

R0021519.jpg


シャー・ジャハーンさんの当時の思いは分かりませんが、
アグラにとって、いや、インドにとってものすごく意味のあるものを作ったということだけは、
恐らく間違いないと思います。


さて、デリーに帰るぞ!!


===
【オーダー】
上記の通り 2人で980RS≒1588円


■ベジタリアンメニュー
R0021492.jpg



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆


[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

朝食ルームサービス The Oberoi Amarvilasのバルコニー (Agra)

2012.10.25.08:52

アグラ2日目の朝。
朝食はルームサービスにしました。

900RS≒1,458円で、

・ジュース
・パン(8種類くらいから3種類を選ぶ)
・紅茶

の朝食ルームサービスがあります。
(安くはないね・・・)

1,500RS≒2,430円でレストランの朝食ビュッフェもあるのですが、
せっかく部屋にタージビューのバルコニーがあるので、
バルコニーで食べることにしました。

バルコニーからこんなに眺めがいいので、
みんなそうしてるんだろうなと思って顔を出してみたのですが、
誰もやってませんでした(汗)

R0021423.jpg


せっせとセッティングです。

R0021418.jpg


できた!
(本当は奥にタージが見えています)

R0021420.jpg


こちらが朝食。

R0021422.jpg

ジュースはパイナップルジュースとトマトジュースにしました。
どちらも果汁100%で本当に美味しい。

パンは2人で別々に好きなものを3種類選んだら、
何やら9個もサーブしてくれました。
(サービスかな。。。それとも何か頼み方間違えたかな。。。)


美味しいパンと、美味しいジュース、
そしてインドの紅茶を頂き、
ゆっくりタージマハルを見ながら朝食を食べます。

R0021424.jpg

こんな贅沢な朝食、なかなかないね。。。


タージマハルは本当に綺麗です。
教科書で見たまんまの姿なのですが、不思議と感動します。

R0021432.jpg


右に見える茶色のは門です。

R0021426.jpg


ホテルをチェックアウトしたら、
タージマハル→アグラ城を観光です。
(今回の旅唯一の観光らしい観光です)

R0021436.jpg

17年ぶりのタージマハル、楽しみだなあ。
本当はずっとこのホテルにいたいけど、
数日で自己破産しちゃうのでそれは無理。

12時のチェックアウトまでゆっくりと過ごしました。

バルコニー付きの部屋にした場合には、
ルームサービスの朝食にするのがよいと思います。
オススメです~。


===
【オーダー】
1人900RS≒1,458円、、、だけど、
最終的には税やら何やらで2,000円近くになっちゃいます



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7)  :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆





[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ディナー The Oberoi Amarvilasのレストラン「Bellevue」 (Agra)

2012.10.24.21:52

チェックインし、ウダウダしたり、ウジウジしたり、
ゆっくり時間を過ごしていたら夜になりました。
(餡子隊長はアーユルヴェーダなんてしてました)

ホテル内を夜散歩。

R0021378.jpg


月とオベロイ。綺麗。

R0021376.jpg


プールサイドのソファに座ったり。
座っているとスタッフの方がミネラルウォーターを持って来てくれます。

R0021381.jpg

スタッフの方とすれ違うと必ず部屋番号を聞かれます。
部外者じゃないかのチェックでしょうかね。
インドではテロ対策のため、ホテルのセキュリティチェックが非常に厳しいです。
(高級ホテルでは必ず持ち物のX線検査があります。あ、オベロイはないか)

ちなみにタージマハルは、昔は夜ライトアップされていましたが、
テロの標的とならないよう、今は夜のライトアップがなくなりました。

まあ、、、なんの産業もないアグラで、
タージマハルが破壊されたら、それこそ都市が機能しなくなるでしょうね。
(観光以外の産業がないとタクシードライバーの人が言っていました)


オベロイでは「チェックアウトするまでホテルから一歩も出ない」
と決めていたので、夕飯はホテルのレストランでいただきました。

R0021385.jpg


ランチビュッフェを食べたレストラン「Bellevue」です。

R0021386.jpg

もう1つ別のレストランもあるのですが、
非常に、ひじょーーーに高いので避けました。
(どこもかしこも高いのですが、更に一段高いようです)


夜のBellevue。席は4割くらい埋まっていました。

R0021387.jpg


ランチビュッフェの際は4人席に座っちゃダメと言われましたが、
夜は大丈夫でした。

R0021388.jpg


■キングフィッシャービールとノンアルコールカクテル(275RS≒446円)

R0021396.jpg

インドの高級店ではワインを勧められることが多いです。
ですがビールとノンアルコールカクテルにしました。
インドに来てから毎日ビールが飲めています。


■パン

R0021395.jpg

こちらは自動的に提供されます。
ホテルのパンだけあって美味しいです。


■アミューズ

R0021398.jpg

こちらも自動的に提供されます。
雰囲気的にも味的にも、
日本のよい目のレストランで食事をするのと変わらないです。


■ノルウェー産スモークサーモン(1,275RS≒2,066円)

R0021400.jpg

1つオーダーし、2人でシェアしました。
シェフが最初から2つのお皿に分けて提供してくれました。
ありがとう!

普通に超美味しいスモークサーモン。
シャングリラホテルで食べたスモークサーモンは、
ちょっと生臭い感じでしたが、
こちらのスモークサーモンは完璧でした。
(まあ、、、2,000円超えてますからね・・・)

R0021401.jpg


レモンの種が落ちないように、
ガーゼでレモンをくるんであるあたり、完全に高級店仕様です。

R0021402.jpg


スモークサーモン用のパンも別途サーブされます。

R0021399.jpg

ナイス前菜!
美味しかったです。
ホテルなので安心して添えてある生野菜も食べました。

生野菜久しぶりだなあ。



■レモンとバジルクリームのスパゲティ(1,350RS≒2,228円)

R0021405.jpg

このパスタは、、、

かなり美味しくないです。
orz

値段を考えると衝撃の不味さといってもよいかも。
焼きそばを無理矢理洋風にアレンジしたのか、、、
いやいや、こりゃなんだ??


麺は恐ろしく茹で過ぎで、
給食のソフト麺のような有り様に。
(最近では給食もソフト麺じゃないのでしょうけど)

R0021406.jpg

中谷美紀さんは著書で「インドで中華は頼んではいけない」
と何度も書いていましたが、
インドでイタリアンを頼むのもなかなか勇気がいります。
(カーンマーケットでもパスタを食べましたが、美味しくはなかったです)


■グラスワイン カベルネメルロー(600RS≒972円)

R0021404.jpg

次の肉料理に備えて赤いワインにしました。
グラスワインでも1杯1,000円くらいですから。
インドだと思って油断すると大変なことになります。


■ニュージーランド産ラム肉のグリル(2,100RS≒3,402円)

R0021407.jpg

先ほどからお気づきの通り、
日本の(超ではないですが)高級店クラスのお値段でございます。


見た目も立派。
これで1人前ですから。
(さすがにこれもシェアしました。周りの大きな白人さんたちは1人1つ食べてましたが)

R0021408.jpg


添えてあるのはラタトゥユ。
こういう煮込み料理は美味しいです。
カレーも煮込みますもんね。
(カレーは煮込み料理に非ずという言葉もありますが)

R0021409.jpg


ジャガイモもうず高く積まれており、
それはそれはボリューム満点。

R0021410.jpg


なお、お肉の味ですが、
非常にラムの香りが強いので、ラムがちょっとでも苦手だと大変かもしれません。
私はラムが好きですし、
こういう塊肉はインドに来て初めてだったので、夢中で食べました。

R0021412.jpg

お腹いっぱい。
もう食べれません。


1皿食べるごとにスタッフの方が「どうでしたか?」
と笑顔で訪ねてくるので、
「マザー アヤ」(ヒンドゥー語で「美味しかった」の意)を繰り返しました。
パスタでも言っちゃった(汗)

ヒンドゥー語を使うと喜ばれるので、
覚えがヒンドゥー語は駆使するようにしていました。

たっぷり2時間半くらいかけて、
ゆっくり食事を楽しみました。
まるで日本の高級ホテルで食事をしているような雰囲気で、
非常にリラックスできました。
(置き引きの心配とかもしなくていいですし)

オベロイに宿泊したら、夜はやはりこちらで頂きたいところです。
お値段がなかなかなのと、量がなかなかなので、
たくさん食べるのに自信がない場合は、
1皿をシェアしながら頂くとちょうどよいと思います。
(本心はわかりませんが、気持ちよく応じて頂きました)


===
【オーダー】
上記の通り 2人で6,707RS≒10,865円
サービス料やぜいたく税が加算され、
どうやっても2人で1万円は超えちゃう感じです。


【総合コメント】
オベロイのメインレストランです。

インド料理もありますが、
欧風料理も一通り揃っています。

値段は日本の中高級系くらいです。
一流の高級料理屋さんよりは安いですが、
味もそこまですごいわけではないので、
バランスはよいかもしれません。

個人的にはパスタはだいぶオススメしないです。
素直にインド系でいくか、パスタを避けた欧風料理でいくのがよいと思います。


ただ、すごくよい時間を過ごすことができました。
よい思い出になりました。


簡単にメニューを紹介します。


■ノンアルコールカクテル
R0021390.jpg


■前菜・サラダ
R0021391.jpg


■スープ・パスタ
R0021392.jpg


■メイン①
R0021393.jpg


■メイン②
R0021394.jpg


■グラス赤ワイン
R0021403.jpg




↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6)  :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ランチビュッフェ The Oberoi Amarvilasのレストラン「Bellevue」 (Agra)

2012.10.24.13:10

わずか1日の滞在となったジャイプールから、
タージマハル要するアグラへの移動です。

朝6時15分の電車でアグラに向かいます。
臭い臭い駅で電車を待っていると定刻通りに電車が到着。
(チケットに座席が明記されておらず駅長と話をしたり、
ちょっとしたトラブルはありましたが)

電車は寝台列車でした。
シーツは前の人が使った状態でぐちゃぐちゃ。
(少ししてから交換してくれました)

R0021330.jpg

電車に揺られること5時間。
ほぼ定刻通りにアグラに着きました。


そしてプリペイドタクシーでホテルへ。
(17年前はアグラにプリペイドタクシーはありませんでした)


アグラでの1泊は餡子隊長たっての希望で、
「The Oberoi Amarvilas」
となりました。

全室タージビュー、
つまり全ての部屋からタージマハルが望める豪華なホテルです。

R0021361.jpg


非常に豪華です。
インドにいることを忘れます。

R0021336.jpg


バリのフォーシーズンズホテルの方が全体的な豪華さは勝っていますが・・・
遠くに見える・・・

R0021331.jpg


タージハマル!!
タージマハルがあるのでございます!!!

R0021333.jpg

17年ぶりの対面・・・
なかなか感動します。

基本的に観光スポットというものは、
どこであってもあまり興味がないのですが、
タージマハルだけは非常に心に残っています。
(見たことありませんがピラミッドとかもそうなりそう)


チェックインは14時から。
まだ12時だったので、待合スペースにタージマハルを見ながら座っていました。

R0021339.jpg

すると、「チェックインまであと2時間ほどありますのでランチにしますか?」
と言われたので、朝から何も食べてなかったので助言に従うことにしました。
(寝台列車ではご飯が出ませんでした)


メインレストランの「Bellevue」というところでビュッフェランチです。

R0021342.jpg


日本の一流ホテルのレストランと変わらない雰囲気。

R0021343.jpg


リゾート地に来たかのような雰囲気。
光が差し込む明るい空間で気持ちがいいです。

R0021344_20121102142531.jpg


ランチビュッフェの内容ですが、、、


各種カレーあり、
(タイ風カレーまでありました)

R0021351.jpg


各種前菜あり、

R0021352.jpg


物珍しい料理あり、

R0021353.jpg


よくわからないものあり、

R0021346.jpg


色とりどりのフルーツあり。

R0021345.jpg


バリエーションはデリーのシャングリラホテルの朝食の方が多いですが、
1つ1つのクオリティの高さはこちらの方が上かなと思いました。
(まあ、、、高いしね。。。)


特筆すべきはデザートの種類の多さでしょうか。
インドではまず美味しいデザートが食べられませんので。
かなり貴重なデザートたちになります。

R0021347.jpg


普通に日本で売っているレベルです。
(餡子隊長談)

R0021349.jpg


デパ地下に置いてあるのと変わらない見ばえです。
(餡子隊長はほぼ全ての種類を平らげていました)

R0021350.jpg


見て回るだけでも楽しいビュッフェランチ。
私はこんな盛り付けにしてみました。

R0021354.jpg

インドの定食「ターリー」風です。
こちらに来てから1度もターリーを食べていなかったので、
自分でターリーを作ってみました。


カッテージチーズのカレーと、
酸味のあるスープカレー。

R0021355.jpg


カリフラワーのカレーと、
ズッキーニのカレー。

R0021358.jpg


トウモロコシとほうれん草のカレー、
それにタイカレーとキーマカレー。

R0021359.jpg

どのカレーも普通に全部美味しかったです。
銀座の美味しい高級インド料理屋さんで食べてるみたい。
タイカレーも普段はココナッツミルクが苦手で食べられないのに、
ここでは美味しく食べれてしまいました。

どのカレーも上品な味わいでほんと美味しい。


チャパティとライスと、
これも今回の旅行で初めて食べたサモサ。

R0021357.jpg

サモサは屋台料理なので、
レストランでは置いてないことが多いです。

かといって道端で食べる勇気がなく、
今回は食べれないかな、、、と諦めていました。
(17年前は道端で食べました)

サモサも美味しい。
ただ、イモなのでボリュームがすごい。


食後はもちろん紅茶です。
インドに来てから1度もコーヒーを飲んでいません。
(コーヒーももちろんあるんですけどね)

R0021360.jpg

ティーカップはNORITAKEでした。
カップを確認していたら、
スタッフの方が「日本のカップですね」と微笑みかけてくれました。


ふー。お腹いっぱい。
ターリー食べれて良かった。


この後、すぐにチェックインできました。
簡単に室内を紹介します。


こちらがお部屋。

R0021364.jpg

奥にバルコニーがあって、
そこからタージマハルが見えます。
(バルコニーがない部屋もあります)

それほど広くはありませんが、
狭いということもありません。


ウォークインクローゼットがあるので、
荷物を生活スペースに広げる必要がありません。

R0021365.jpg


水回りです。
とても綺麗です。

R0021366.jpg

バスタブとは別にシャワースペースがあります。
本当に快適な空間です。

この後、餡子隊長はアーユルヴェーダのスパを楽しんでいました。


===
【オーダー】
ランチビュッフェ 1人3,500円、、、高っ!!



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆





[カレー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る