FC2ブログ

永福属の美味しい中華そば

2019.06.18.20:10

中華そば はな田@上北沢
ラーメン


平日の夜、ナムさんと新宿で待ち合わせをして上北沢までやってきました。
0618 (17)


目的は「めときの味に憧れて、東池袋大勝軒で修行した」という方がオープンした「はな田」というお店のラーメンを食べるためです。
カッコ内は伝聞です。めときは永福大勝軒系なので、「永福系を目指して東池袋系で修行して永福系のお店をオープンした」というお店は唯一無二ではないでしょうか。
お寿司屋さん出身で永福系ラーメンを出した「むらもと@大岡山」もなかなかですが。
0618 (6)


券売機で食券を買います。
種類は3種類で、中華そば、つけ麺、鴨つけ。永福町系ゆえ味はいろいろありません。鴨があるだけ多い方かも。
0618 (3)


サブメニューはメニュー表があります。叉焼おにぎりというのが珍しい。初めて見るかも。
0618 (5)


永福町系なので麺量は当然ボリューム大。
ラーメンにして茹で前300gという。「他店の大盛り相当」と記載がありますが、大盛りでも普通のお店は300gまでいかないお店がほとんどです。
0618 (4)

券売機に大盛りボタンがあったが、大盛りにすると何gになるのか。


麺は横浜亭製麺所と初めて聞く名前。
0618 (2)


店内は手前がカウンター席、奥にテーブル席が2つありました。
行列も覚悟していましたが、すんなり入ることができ奥のテーブル席に着くことが出来ました。
0618 (1)

男性の大将と奥様と思われる女性の2名体制です。


永福系なので卓上は酢と胡椒しかありません。
0618 (7)


■瓶ビール(550円)
0618 (8)

夜だったのでビールを飲んでみた。赤星がキンキンに冷えています。
銘柄のチョイスが最高。


中華そば到着。
0618 (9)

めときは1回だけ訪問したことがありますが、11年前なのでほとんど何も覚えていないです。


まず思ったのが独歩@新宿御苑にそっくり(独歩は残念ながら今は新宿御苑にはありません)。
独歩も永福系なので似るのは必然ではあるのですが。
0618 (10)


叉焼が大ぶりでトロトロ仕上げ。これも独歩とそっくりです。
めときは覚えていませんが、永福町系の叉焼は固くてパサパサした感じが特徴なので(それって・・・)。
0618 (13)


めときもそうだったかな。油膜スープに浮かぶ散らした葱が美しい。
独歩もまさにこんな感じでしたし。
0618 (12)


油膜バリアでスープが熱々なのも永福系の特徴の1つです。
ただ永福大勝軒ほどの激烈な熱々さではありません。
0618 (11)

表面の煮干しキラキラも完璧再現。


魚介のガツーーーーンという感じが来ないのが永福とは異なります。このあたりはめとき系なのかも。
ただ、ガツンと来すぎず食べやすさに繋がっています。独歩もこういう感じでした。
0618 (15)

ある程度の魚介、少しの酸味。煮干しも時々こんにちはします。苦味も少し感じます。
とてもバランスの取れた老若男女全方位型の永福系に仕上がっています。


麺が結構柔らか仕上げな点は永福系のそれです。
違いはもっとモチモチしていて、のびのびな感じで、こちらは少しボソッとした印象です。
0618 (16)


永福系、めとき系、どちらがどうとは関係なく「はな田の中華そば」として最高に美味しいです。
近所にあったら足繁く通うこと間違いありません。
0618 (14)


===
【オーダー】
中華そば 830円

永福系インスパイアのお店の記事はこちら。
・2014年5月3日 むらもと@大岡山
・2014年7月12日 独歩@新宿御苑
・2016年11月19日 【閉店】醤@桜新町
・2011年10月14日 大勝軒@稲田堤


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば はな田ラーメン / 上北沢駅桜上水駅八幡山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]


theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

大盛りは体感300g級

2019.06.09.14:43

麺や食堂@本厚木
ラーメン

会社の開発合宿で本厚木からバスで40分くらいの場所に行きました。
本厚木からバスで40分くらい行くと、やはり大自然になるわけで。
あ


本厚木に来るなんて、なかなかどころかまずないことなので、帰りに記念にラーメンを食べて帰ることにしました。
お店探しアプリで「本厚木×ラーメン」で検索して一番上に出てくるお店を目指します。
0609 (1)


麺や食堂というお店です。右下の「ブラジル」の赤字が気になります。
アルバイトの時給が1,000円。本厚木としては高いのでしょうか。
0609 (3)


お店探しアプリで本厚木×ラーメンで1位というだけあり、日曜12時50分の到着で14名待ちでした。
並んで待っていると、食べ終わったお客さんを1人1人丁寧に頭を下げて店員さんが見送っていました。美容院とか高い洋服屋さんみたいである。
0609 (2)


並んでいる間に遊べるのか、あるいは単なるオブジェなのか、「パックマン」と「あみだくん」がありました。
誰も遊んでいませんでした。
0609 (4)


食べログなるサービスから多数の表彰を受けているようです。
食べログなるサービス的にはこんな風に権威っぽく飾ってもらうのは狙い通りと言えましょう。
0609 (8)


味の1つは「神奈川淡麗醤油」です。
神奈川淡麗という言葉は初めて聞きました。
0609 (5)


醤油以外に塩があります。
醤油の味は一択ですが、塩は辛くすることができます。
0609 (6)

その他、トッピングやセットメニューは一番下に掲載しました。
特筆すべきは替え玉が100円なのに対し、大盛りは200円であるという点です。

なんとなく替え玉はあまり好きではないので大盛りでお願いしました。
替え玉が100円なのに、大盛りが200円ということは大いに引っかかりましたが。


12時50分に並び1時5分で席につけました。14人待ちで15分並びはかなり回転がよいと言えそうです。
0609 (22)

店内は4名がけテーブルが3つ、2名がけが2つ。カウンター席が4つ×2です。
席の状況によってお店の方から移動してもらえないかという提案が入る場合があります。


卓上には餃子三種の神器や一味があるのはよいとして、何に使うのかソースまであります。
ソースを配備しているラーメン屋さんはなかなか珍しいです。
0609 (9)


お水はヤカンに入っています。ご主人がラガーマン出身とかでしょうか。
0609 (10)


味玉醤油そば、大盛りが到着しました。
到着と同時に「やってしまった」という思いに溢れます。
0609 (11)

量が。量が多すぎるのです。
永福町系大勝軒を彷彿とさせる凄まじい量です。


オーラ満タンの中華そば。洗面器のような器です。並盛だと普通の器で提供されます。
器からは魚介の香りがもうもうとやってきます。
0609 (14)


永福町大勝軒は並盛りで茹で前280gですが、このラーメンは大盛りだともっと量があるように感じました。体感茹で前300gでしょうか。
つけ麺で茹で前300は余裕ですが、ラーメンとなるとやばいです。300はやばい。
0609 (18)


具は美しい青葱と、極太メンマ。メンマには珍しいことに黒胡椒の味が付いています。
胡椒がまぶしてあるメンマは初めて出会いましたが、これはいいですね。
0609 (17)

叉焼は沈んでいて分かりにくいのですが、2種類入っています。
低温調理系などではなく昔ながらのスタイルです。


それと100円で付けられる味玉です。
麺が多すぎて、器が大きすぎて、具がスカスカに感じます。荒野にぽつんと具が存在している感じになります。
0609 (20)


煮干しが少しガツンと来る感じは大好きなラーメンのタイプです。
醤油ダレも相当な攻撃力を持っています。醤油ダレと煮干しの応酬。
「淡麗」とありましたが、なかなかパンチがあります。そしてこのボリューム。なかなかの強敵となります。
0609 (16)


出汁の味わいがよく深みもありつつ、ガツンという押しもある。
行列の意味はよくわかりました。
0609 (19)


麺はツルツルの細ストレートタイプ。小麦感あり。
この量を食べるならばもうちょっとモチモチした感じが個人的には欲しかったです。
最後3/4くらいで飽きが来てしまいラストは戦いになりました。味が単調なのでこの量は厳しかった。
0609 (21)


こちらは公右平氏がオーダーした塩ラーメンです。
なかなかいい表情をしています。醤油に負けず劣らぬ雰囲気です。
0609 (12)


並盛ですが、本店では塩は大盛りにできないそうです。
しかし246店は塩でも大盛りにできるそうです。ただ、むやみに大盛りにしないほうが安全です。
0609 (13)


食後に黒烏龍茶が提供されます。
黒烏龍茶といってもサントリーの黒烏龍茶ではありません。
0609 (23)


食後会計式なのですが、レジの前に黒烏龍茶が売っていました。
0609 (24)

本厚木を代表するラーメン屋さんに行くことができてよかったです。
パンチのある魚介と醤油ダレ、そして凄まじいボリュームと一戦交えることができて楽しかった。

「ブラジル」の謎は結局わかりませんでした。

===
【オーダー】
味玉そば 780円
大盛り 200円
→税込で1,058円


■トッピング/セットメニュー
0609 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば 麺や食堂 本店ラーメン / 本厚木駅厚木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

流行りの熟成肉のお店「OGINO」@代々木八幡

2017.10.06.22:49

Bistro OGINO@代々木八幡
ビストロ


千代田線、代々木八幡駅から徒歩30秒くらいの場所にある「OGINO」というビストロに行きました。
熟成肉を扱うビストロのようです。
1 (1)

OGINOと聞いて、池尻大橋のOGINOと何か関係があるのかな?と思ったのですが、恐らく全く関係ないと思われます。


店内はビストロ、、、というともうちょっと賑やかな雰囲気のイメージを勝手に持っているのですが、わりと全体的に落ち着いた感じの店内です。
結構薄暗い。肉料理はインスタ映えとかしそうなので、もうちょっと店内が明るい方がよい宣伝になるのではと少し思いました。
1 (2)


例えばハラミステーキは1,780円ですが、フォアグラが乗ったハンバーグは3,580円とお値段は結構ものによって幅があります。
雰囲気を考えるとお値段相応のように思えますが、場所を考えると少しお高いかなと思わないでもありませんでした。
1 (12)

その他のメニューは一部ですが一番下に掲載しました。


■生ビール(650円)/前菜5種盛り合わせ(1,480円)
  特製OGINOサラダ(980円)/ムール貝の白ワイン蒸し(980円)
1 (26)

前菜やサラダは一般的で問題ありませんでした。
特製サラダはつまりはシーザーサラダで、とても人気があるようです。


■自家製シャルキュトリ盛り合わせ(2,480円)
1 (21)

「シャルキュトリ」とは肉で作った前菜のことを指すようです。
この前菜は熟成肉のお店の真骨頂のような前菜でとてもよかったです。

こんなにもいろんな種類の肉前菜を見るのは久しいです。
6人だとあっという間になくなります。4人だとちょうどいいかも。


■60日熟成黒毛和牛鉄板焼300g(6,480円)
1 (24)

少し硬く、肉のスジスジした感じが残る牛肉でした。
噛めば噛むほど味が出てくるのは熟成肉ならではでしょうか。


■牛ハラミステーキ(1,780円)
1 (22)

ボリュームもあり赤いお肉も美味しくコストパフォーマンスに優れた一品でした。
鉄板焼をやめて、これを2皿にしてもよかったかもしれない。


■15日熟成国産愛豚のグリエ300g(4,980円)
1 (23)

豚肉の熟成肉なんていうのもあるんですね。
ただでさえ安くないお肉でしょうから、それをさらに熟成させる手間が発生しますので、お値段はどれもなかなかのものになります。

■チーズの盛り合わせ(1,880円)
1 (25)

お会計わからないので何とも言えませんが、なかなかの金額になったはずと思われます。
熟成肉、とても流行っておりますが、作るのが大変なのかどのお店も値段が結構いってしまいます。


===
主要メニューはこちら。

■ドリンク①
ドリンク

■ドリンク②
どりんく2

■フード
フード

■コース
コース


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

熟成肉×Bistro OGINOビストロ / 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0




[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ビストロ

ラーメンとは別物の小麦そば懐石「季織亭」@代々木八幡

2017.06.21.22:12

季織亭@代々木八幡
和食


代々木八幡に、ラーメン懐石っぽいお店があると聞き、友人と行ってきました。
恐らく人生初降車、代々木八幡。
1 (1)


徒歩5分少々、、、一応お店に到着したらしいのですが、本当にここなのかという感じ。
家っぽいというか、家です。
1 (2)


お店の入口、、、というか玄関です。普通に家の玄関。
ただ、お店の名前は出ているので、ここで間違いないという確信は持てるのですが、完全に家であるため、なんとなく抵抗感があります。
1 (3)


店内も、やっぱり家ですね。お店っぽくはありますが、だいぶ家です。
友達の家みたいな感じ。
1 (20)


テーブル席とカウンター席がありますが、誰かの家に招かれた感じは常にあります。
お店と違って家は、音が非常に反響する気がします。
1 (14)


メニューはコースが2択だった気がします。
こちらの3,800円のものと、もう1段高いコースの2種類。
1 (4)

前菜→蕎麦→ご飯→蕎麦→蕎麦→デザートという、グルテンフリーの真逆のようなコースになっています。
ちょっと炭水化物が過ぎる気もします。毎日だとだいぶ太りそう。

ドリンクメニューは一番下に掲載しました。


■ビール(600円)
1 (6)

ビールはキリンのハートランドでした。
大学生の時、一番好きだったビールです。

日本酒もいろいろ揃っているようでしたが、わたしはビールで押しました。
1 (10)


■前菜
1 (7)

前菜は野菜、肉等バランスよく盛り付けられています。
1つ1つ丁寧な仕上がりで、美味しい。ホンビノス貝のバジルソースが特によかったです。


このほか、キジの砂肝という珍しいものを提供頂きました。
100%、初めて食べます。
鶏と違って、、、なのか、すごく新鮮だからなのかわかりませんが、クセが全く無い砂肝でした。
1 (8)


■黒米玉子ごはん
1 (9)

2品目は、とても変わり種のごはん。
上に味付け玉子が配備されています。

玉子を割ると半熟の黄身がとろり。黄身の色が綺麗です。
黒いご飯と混ぜて食べると最高です。
それにしても2品目でもう炭水化物が登場するのですね。
1 (11)


■ニラのつけそば
1 (12)

そばの1品目。

全粒粉50%の自家製麺。
具がいらないほどに麺自体がひたすら旨いです。
これはもはやラーメンの麺とは思えません。小麦感がすごいです。
1 (13)


■胡桃のまぜそば
1 (15)

2つ目のそば。もともとはラーメン懐石っぽいと聞いていましたが、これはラーメンではないですね。
いや、ラーメンなのかもしれませんが、そもそもラーメンの定義って何なのだろうか。

胡桃の味が濃く、上品な和菓子のようなそばでした。
1 (16)


■冠地鶏のそば
1 (17)

3つ目のそばが最もラーメンっぽく、そしてやっぱり一番美味しいと思いました。
ラーメンが食べたくて来たからだと思います。ラーメンはこうでないとな、と。

冠地鶏のスープと冠地鶏のももとむねは上品そのもので、旨さが駆け抜けます。
また麺の弾力が半端ないです。
1 (18)

このラーメン1種類でよいので、4倍くらいの量を食べたかったと思ってしまう自分がおりました。


■麺とココナッツのお汁粉
1 (19)

デザートまで麺です。
しかし宿敵ココナッツミルクの出現に、わたしは食べることができませんでした。

ラーメンと思って食べに来るのではなく、変わり種の小麦料理を食べに行くと思って訪問するとよいかなと思いました。
ただ麺の旨さは尋常ではないものがありました。

なお、三軒茶屋にある臥龍はお弟子さんのお店なのだそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,500円くらい


■ドリンクメニュー
1 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

季織亭ラーメン / 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

五基本味を併せ持つどこか癖になるカレー。

2016.11.20.13:24

カレーの南海@祖師ヶ谷大蔵
カレー


特に用事があったわけではありませんが、なんとなく祖師ヶ谷大蔵方面を目指してお散歩開始。
用賀から北上して祖師ヶ谷大蔵駅を目指します。
1 (1)


1時間ほどで祖師ヶ谷大蔵到着。歩きやすい上に高低差もなく、世田谷エリアは非常にお散歩向きである。
それにしても祖師ヶ谷大蔵駅近辺は、駅の規模のわりにはいつも非常に賑わっております。
1 (2)


駅からすぐの「まかべ」という老舗っぽい洋食屋さんに行ってみると列ができていました。
お店の雰囲気と列の長さから、餡子隊長の「否」の判断が出まして、踵を返します。
1 (3)


商店街でどこかお店は無いかなと探しておりましたところ、、、
1 (4)


カレーの南海発見。
1 (14)

南海シリーズは微妙に名前は違いますが、都内各所でチラホラ見かけます。
馬場南海だけ行ったことがあります。


券売機で食券を買います。
カレー中心のメニュー構成は馬場南海と同様ですが、値段と、あと微妙に内容が異なります。
1 (6)

どんなセットなのかわかりませんが「南海セット」というものにしてみました。
餡子隊長はカツカレーです。


店内はカウンター席と、
1 (5)


足の長い2人がけのテーブル席が1つ。
1 (13)

店員さんはご夫婦と思われる年配の男性女性1名ずつ。
南海系列は年配のご夫婦でないと暖簾分けして頂けないとかそういったルールがあるだろうか。


南海セット。なるほど、こういうものでしたか。
カレーのルーは、使わない料理でした(南海のルー好きなので、ちょっと残念)。
1 (10)


ピラフ。カレーピラフです。
ほどよくカレー粉の味がついたピラフですが、ちょっと物足りない気分になります。
ただ、それは私がカレーを食べたかったからかもしれません。
1 (11)


南海セットをわかりやすく言うと、カツ乗せカレーピラフです。
でもカレーピラフとカツよりも、圧倒的にカツカレーの方が相性抜群のように思えました。
1 (12)

従いまして餡子隊長からルーを分けていただいて楽しみました。
なお、追加で350円支払えば、ルーを付けることも可能です。
(1,250円になっちゃいますが)


カツカレー、850円。
1 (8)


とにかくルーが黒いのが特徴です。
そして甘味・酸味・塩味・苦味・うま味が絶妙に混じり合った不思議な魅力のあるカレーです。
1 (7)

家では確実に再現不可能そうな、南海のカレーは美味しい。


このカツカレーが850円というのはだいぶリーズナブルだと思います。
ココイチとかでもそのくらいしてしまいますので。
1 (9)

二子玉川近辺にも、南海進出してくださらないだろうか。くださらないだろうな。。。


===
【オーダー】
南海セット 900円
カツカレー 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

カレーの南海カレーライス / 祖師ケ谷大蔵駅成城学園前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[カレー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カレー

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る