ラーメン 濱壱(麻布十番)

2011.03.04.11:45

麻布十番で打ち合わせがあったため、
先日の「麻布ラーメン」に引き続いて麻布でラーメンを頂くことにしました。

食べログでの麻布界隈のラーメン屋さんの特徴は、
恐ろしく点数の低いお店が多いということです。
2.5とか2.6のお店が結構あります。

麻布に住む方々には、ラーメンは口に合わないのか。
あるいは単に、美味しくないラーメン屋山がたまたま密集しているだけなのか。

謎です。


麻布十番をちょっとだけ南下し、東京タワーなんて見ながら歩きます。

DSC06751.jpg

東京タワー。
田舎者にはたまらないです。
見るだけでテンション上がります。


おっと、ありました。お店発見。
本日は「濱壱」というお店にお邪魔して参りました。

DSC06767.jpg


お店はL字型のカウンターとテーブル席が1つだけという構成です。

DSC06755.jpg


お世辞にも綺麗とは言えない感じですね。
女性客はだいぶ入りにくいと思います。

DSC06757.jpg

11時半の開店と同時に入店したので、最初はお客さんがおりませんでしたが、
すぐに満席になりました。

皆さん、外で働く系の方々のようでした。
慣れた感じで注文していたので、皆さん常連さんなのかもしれません。
ちなみに案の定、女性客は1人もおりません。


メニューは壁に貼ってあるだけです。
結構メニュー数あるのに、壁にあるだけってちょっと不便。

DSC06756.jpg


お。ライスは無料だそうですよ。
だけどお店の人には何も言われません。
気付かなければ、はいそれまでよってスタンスのようですね。

DSC06759.jpg


麺は「ファミリーラーメン」というところのものみたいですね。。。

DSC06761.jpg


調味料類は家系を髣髴とさせる取り揃えです。

DSC06758.jpg



今日は18時半から蒲田で餃子屋さんをハシゴする餃子部の総会があるので、
デフォルトラーメンだけにして、ライスも頂きませんでした。

DSC06762.jpg

ビジュアル的には完全に家系ですね。
店名からも家系っぽさは醸し出されておりますが。


チャーシュー、、、固い。
ちょっとスジっぽい。脂感はほぼないです。
これはちょっとあまり好きではないっていうか嫌いな部類のチャーシューです。

DSC06763.jpg


スープは、、、家系って感じの味じゃないですね。
目をぶつって食べたら家系だとは思わないでしょう。

DSC06764.jpg

コクなんかはなく、しょっぱいだけかな。
マイルドさも全然ないです。


麺は細めの中太でやや縮れています。

DSC06765.jpg

うーん、麺もちょっと残念な感じかなあ。
つるつるしてて、ぷちぷち切れる感じの麺で、
小麦の雰囲気は一切ないタイプの麺です。

スープ、具、麺ともにちょっと口に合いませんでした。
ご飯をつければ並盛りでもお腹いっぱいにはなると思います。


===
【オーダー】
ラーメン 650円


【総合コメント】
麻布から赤羽台方面に歩いた場所にあるお店です。
家系、、、ラーメンなのかな。
もしかしたら違うのかもしれませんが、構成は似ています。

ただ、いわゆる家系っぽい味ではないので、
そういう固定概念を持たずに食べたほうがいいかもしれません。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆




濱壱 ラーメン / 赤羽橋駅麻布十番駅芝公園駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

中華 歓迎(蒲田)

2011.03.04.18:30

Facebook上に餃子部があります。
気が付いたら入部していました。

その餃子部の第1回総会が蒲田にて執り行われました。

Facebook餃子部の総会、それも記念すべき第1回ということで、
名店ひしめく蒲田の餃子屋さんを3軒ハシゴするという企画となりました。

この企画は食べログ仲間が以前やった会を参考にさせて頂きました。
っていうか同じお店を廻りました。
廻る順番すら同じ。


1軒目はJR蒲田駅から一番近いという理由で、
こちらの「歓迎」となりました。

DSC06769.jpg

食べログで2011年3月15日現在で3.54という高得点を叩き出しています。
「蒲田 餃子」で検索すると、堂々の第1位のお店です。


それだけあって。。。

DSC06770.jpg

混んでる。。。混んでますよ。。。
18時半でこの混み様。

新宿、渋谷ならいざ知らず、ここ、蒲田ですよ!


有名人も数多く訪れているようです。
まあ、10年前ならいざ知らず、いまどき芸能人が来てるってのは、
それほどアドバンテージにはならないかもしれません。

DSC06771.jpg


それにしても、、、これはいつの写真なんだろうか。
関根勤氏、だいぶ若い。まさかラビット関根時代じゃあるまいね(それはないと思う)。

DSC06783.jpg


チューボーですよの堺正章氏も若いっす。
出口さん、渋いっす。

DSC06784.jpg

僕の名前が「マサアキ」ってだけで、
「頂きました、星3つですって言って」と合コンで言われたから、
渋々言ってみたところ、「似てないね」と言われたことを思い出しました。


名前の読みが同じだけで似るわけねえだろ!
(∴`┏ω┓´)/


ふぅ。


では、Facebook餃子部第1回総会、乾杯!

■ビール(550円)

DSC06773.jpg

誰がどう考えたって、餃子にはビールですよねえ。
ビール以上に餃子に合う飲み物があったら教えて欲しいです。



■ザーサイ

DSC06775.jpg

ザーサイ食べて、餃子の到着を待ちます。
浅漬け気味の食感のよいザーサイでした。
結構好きです。このシャキシャキしたタイプのザーサイ。



では、いよいよ餃子のご紹介に入りたいと思います。


別にこちらは餃子専門店ではないので、いろんな中華料理のメニューが揃っています。
その中でも餃子のメニューはこんな感じです。

DSC06774.jpg

300円~700円といったところ。
安いです。

やはりここは名物羽付餃子をオーダーするしかありませんね。
6人で行って、1人1皿オーダーしました。



■歓迎特製羽付焼き餃子(300円)

aaaa.jpg

これが1人前で300円です。
味にもよりますが、、、安い!!


うーん、見事な羽がついておりますなあ。

DSC06777.jpg


それにしても見事な焼き上がり。
見るからに「外はパリっと、中はジューシー」といった感じです。

DSC06776.jpg


うん。想像通り。
パリッとした皮の中には肉汁たっぷりの餡が詰まってます。

DSC06782.jpg

わりとしっかりした味がついています。
餡は柔らかめ。旨味が非常によく引き出されています。

これで300円はすごい。
さすが蒲田NO1の点数を誇るお店だけあります。


記念すべき最初のお店で、みんなで記念撮影。

DSC06780.jpg

6人中3人が初対面。
立派なオフ会です。
食べログ以外のオフ会は初めてです。


思わず他の料理も試してみたくなりましたが、
3軒ハシゴする都合上、こちらのお店には18時半~19時半までしかいることが出来ません。

後ろ髪引かれる思いで歓迎を後にしました。。。

さあ、2軒目「ニーハオ」に向けて出発!


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,500円


【総合コメント】
「蒲田 餃子」で食べログ上NO1のお店「歓迎」です。

すごく人気があるお店ですので、予約は絶対した方がいいです。
なお、お店の方がオール中国の方なので、予約の際はゆっくり喋って、
復唱してもらったほうがよいです。

お店の方は皆さん親切でとても良かったです。
いまどき味はいいけどスタッフ最悪って店はNO1にはなりませんよね。

噂に違わぬジューシーで美味しい餃子を頂けました。
他のメニューも気になります。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




中国料理 歓迎 本店餃子 / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

中華 你好 別館(蒲田)

2011.03.04.19:40

Facebook餃子部総会、1軒目の歓迎で18時半~19時半の1時間を過ごし、
2軒目の你好に移動します!

歓迎はJRに近く、你好は京急に近いため、
你好は19時40分に予約しました。

ハシゴには綿密な準備と計画が必要です。

途中、道に迷いそうになったのですが、
親切な関西人の方に教えていただき無事到着。

関西の方は道を尋ねた際の反応が優しいですよね。
昔、大阪に行って道を聞いたら、わざわざ連れてってくれましたよ。
自分は逆方向なのに。

東京では起こりえないことです。


こちら、你好本館です。
着きました。

DSC06785.jpg

お店に入ったら満席で、「君達は別館だ」と言われました。
僕、本館に電話したはずなんだけどな。。。
自動的に別館に移動するシステムなんだろうか。

ちなみに本館はとても狭いです。


歩いて1分もかからない場所にある別館に移動しました。

DSC06786.jpg


別館の方が看板立派だな。

DSC06787.jpg


階段を降りていざ入店!

DSC06788.jpg


ぐはっ!すげー混んでる!
箱もかなりでかいです。そこがいっぱいになるんですから、すごいですね。

DSC06789.jpg


おお。やはりこちらのお店にもありました。
芸能人の写真。

DSC06790.jpg

蒲田では芸能人が来たっていうことがステータスに大きく影響する風習があるのでしょうか。


あまりに混んでて予約したとはいえ席があるか心配だったのですが、
ちゃんと丸テーブルが用意されていました。

DSC06791.jpg



さて、こちらのお店も数々のメニューがあるのですが、
そこはFacebook餃子部。
メニューは餃子しかチェックしません。

DSC06792.jpg

それにしても、やっぱりここも300円。。。
芸能人の写真といい、餃子1皿300円といい、歓迎と共通点が多いですね。

ちなみに本当か否かはわかりませんが、
こちらの你好が羽根付きガード、じゃなかった、羽根付き餃子の元祖だそうですよ。


ラー油を使わずに食べて欲しい旨が書いてあります。
ほう。。。ラー油抜きですか。。。

DSC06794.jpg


でもそのわりに美味しそうな自家製ラー油が置いてあるんですよね。
もちろん、他のメニューもあるから故だとは思いますが。

DSC06795.jpg


先ほどと同様、ザーサイで時間を潰します。
こちらのザーサイは深漬けタイプで、色も濃い目です。

DSC06796.jpg



■生ビール(500円)

DSC06797.jpg

値段は歓迎より50円安い500円です。
銘柄は歓迎と同じく一番絞りです。




■焼き餃子(300円)

DSC06800.jpg

来ました、焼き餃子!


うーむ。歓迎とそっくりじゃないですか。
あ、いや、こっちが元祖なんだったら、歓迎が你好にそっくりって言わないといけないのか。
「お母さんは娘さんそっくりですね」とは言いませんから。

DSC06801.jpg


いやー、それにしても見た目はよく似てますねー。

DSC06802.jpg


あー、いや、、、1点気になるのは、、、ちょっとお兄さん、日焼けしすぎでは?

DSC06803.jpg

こりゃどう見ても焼きすぎでしょうね。多分仕様通りじゃないはず。
でもまあ、僕はいいんじゃないかなって思ったのですが、
餃子部大阪出身メンバーの方が、巧みな関西弁を駆使して、新しいのを持ってもらうことに成功しました。

すげえな。関西弁。
なんて便利なんだろうか。


焼きすぎてない餃子が到着。
おお。そうそう。この焼き加減でしょ!

DSC06810.jpg


見た目はほぼというか、完全に歓迎と一緒ですが、大きさはこぶりです。
一回りとまでは言いませんが、5~7%こぶりじゃないでしょうか。

DSC06811.jpg


では頂きます。

DSC06806.jpg


お。味は違うぞ。

DSC06807.jpg

你好さんの焼き餃子は、野菜がシャキシャキします。

味もあっさりめ。
肉汁はじゅわっと出ますが、歓迎さんの方がやや肉汁は多いか。
これは大きさによる影響だと思います。

こぶりで、シャキシャキ野菜で、あっさり味付け。
こっちはこっちで美味しいな。
甲乙つけ難い。

というか、油断すると甲乙の区別は付かないんじゃないですかね。そんなことないのかな。


Facebook餃子部総会2軒目で記念撮影!

DSC06799.jpg

1軒目よりもいい感じの写真になりました。
高校に進級して1年の2学期目くらいの親密度だと思います。


ここでも、1人1皿餃子を頼んでお店を後にしました。
19時40分~20時半の滞在でした。


さあ、次は最後の金春に向け出発!

DSC06812.jpg

気になるのは既に満腹気味なところくらいです。
トータル的には餃子2皿頼んだだけなのになあ。

「2軒目で終わりにしませんか?」
Facebook餃子部の部員としては、そんなこと口が裂けてもいえません。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,100円


【総合コメント】
蒲田の老舗中華料理店、你好です。
蒲田の羽根付き餃子はこちらが元祖のようです。

蒲田といえば餃子、餃子といえば蒲田(ほんとか?)。
こちらのお店がその足がかりを作ったのですね。

今度は違うメニューもゆっくり頂いてみたいです。
ご馳走様でした。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆






ニイハオ 別館餃子 / 京急蒲田駅蒲田駅糀谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

中華 金春(蒲田)

2011.03.04.20:30

Facebook餃子部総会、いよいよ最終章。
3軒目の金春にやってきました。
ちなみに「コンパル」と読むようです。

DSC06815.jpg

なお、1軒目、2軒目の記事はこちらになります。
■1軒目:歓迎
■2軒目:你好


それにしても金春さん、、、煌びやか過ぎではございませんか。。。
一同、お店を前に呆然と立ち尽くします。

DSC06814.jpg

竜宮城?竜宮城でしょうか?
誰か亀助けた人ぉーー?


ここにもありました。。。芸能人の写真。
もはや蒲田では定番なのかもしれません。

DSC06816.jpg


3軒目、金春もすっかり混んでいます。
3軒ハシゴしましたが、どちらのお店も大盛況です。

DSC06817.jpg

Facebook餃子部としてはるばる蒲田まで来た甲斐がありました。
誰も家、近くないんで。


■生ビール(480円)

DSC06824.jpg

3軒の中で一番ビールが安かったです。

それにしても、3軒とも一番絞りでした。
ビールには一番絞りがよく合うということでしょうか。
あるいはキリンさんの蒲田エリア担当営業が強いということでしょうか。



■焼き餃子(300円)

DSC06835.jpg

出ました、今日3回目の焼き餃子。

300円の羽根付き餃子といい、
満員の店内といい、
芸能人の写真といい、
一番絞りの生ビールといい、
各店とも共通点が多すぎます。


ややっ!よく見ると。。。

DSC06831.jpg

Facebookの「いいねシール」が付いてますよ!

さすがFacebook餃子部。
いつでもどこでも「いいねシール」を欠かしません!

DSC06832.jpg

Facebook餃子部としては、これは必需品ですね。
いつでもポケットに忍ばせてないと。
そうじゃないと、「あ、いいな!」って思ったときに困りますからね。


話を焼き餃子に戻します。

DSC06829.jpg

実食!

ほう。。。意外とあっさり気味ではありますが、
「あっさり」という意味では先ほどの你好の方があっさりしていますかね。

逃げの表現をさせて頂きますと、ジューシー感、味の濃さ、あっさり感など、
ちょうど歓迎と你好の中間のような感じではないかと思いました。

ただ、一度に似たような餃子を食べ過ぎて正直、、、あわわ。
餃子部として言ってはならない台詞を言いそうになりました。


とにかく美味しかったです。
「いいねシール」が全てを物語ってくれています。


こちらが最後のお店ということで、
全然お腹が空いていなかったのですが、約1名「まだまだ食べたい」という部員がいたため、
通常のメニューも頼んでみることにしました。



■三鮮餃子(10個800円)

DSC06826.jpg

よりによってまた餃子です。
以前全く同じツアーをした食べログ仲間がみんな美味しいって言ったので頼んじゃいました。


おっと、出口部員の「リアルいいね」が早くも出ました!
シールがなくても、こうして「いいね」が出来るので便利ですね。

DSC06827.jpg


こちらの三鮮餃子、具は海老、卵、ニラ、豚肉と、
よくよく聞くと四鮮教えてくれました。

DSC06839.jpg

これ、、、皮が厚めでもちもち感と外側のかりかり感がたまりません。
味も今までの餃子より変化があってかなり美味しいです。

かなり美味しいですっていうか、
今まで似たような餃子ばかり食べてきたため、新鮮味があります。
あ、いや、美味しいは美味しいんですよ。

是非三鮮餃子はお試し下さい。


餃子が揃ったところで本日3回目の記念撮影です。

DSC06838.jpg

もはや入試も無事終わり、高校卒業寸前のクラスのような一体感が出ています。
そしてもちろん全員で「リアルいいね」です。
Facebook餃子部ですから。



■天津丼(800円)

DSC06844.jpg

誰がこんなボリュームのあるものを頼んだのかはわかりませんが(候補は1人しかいません)、
天津丼です。

もちろん味は「いいね!」です。

DSC06845.jpg

いいねシールが油で汚れてきました。
「よくないね!」に見えちゃいます。

味が濃い目の、男らしい天津丼でした。
街の中華屋さんで食べる感じの天津丼より、やや荒々しい感じでしょうか。
今流行の草食感はありません。



■麻婆豆腐(680円)

DSC06847.jpg

もちろん「いいね!」です。

DSC06848.jpg

こちら、山椒ではなく大蒜が効いたタイプの麻婆豆腐です。
ここまでニンニクが効いた麻婆豆腐は初めてかもしれません。

キッスをする予定のある方は避けておいたほうが良さそうです。



■酢豚(900円)

DSC06849.jpg

もちろん「いいね!」です。

DSC06851.jpg

家庭的な味わいの酢豚です。
酸味は抑え目、甘さはほどよい感じ。
凝った感じはありませんが、町の中華屋さんとしては、使える味だと思います。

そもそも、どれもとても手頃なお値段ですし。



■小籠包(600円)

DSC06853.jpg

もちろん「いいね!」です。

隣の人が頼んでいるのを見て、お腹いっぱいなのに食べたくなって頼んでしまった一品です。
Facebook餃子部は、そんな小学生みたいな一面もございます。

見ため、なんと美味しそうなことでしょうか。

DSC06854.jpg

見ためだけではありません。
ジューシーな肉汁たっぷりの、とても美味しい小籠包でした。
鼎泰豊より皮が厚めで、全体的に男らしい感じがしますが、そこがまたよいです。

DSC06856.jpg

いやー、食べた。食べましたよ。
全員30以上ということを考慮すると完全に食べ過ぎです。

この後、みんなで仲良く帰りました。

「しばらく餃子はいい」
「餃子どころかミンチ系も無理」
という禁句を連発しながら帰りました。

野球部員が練習後「しばらく野球はいい」「野球ボールどころか丸いものすら見たくない」
と言っているようなものですから。

いつでもどこでも思ったことを言う。
そんなところもFacebook餃子部のいいところなのかもしれません。


Facebook餃子部、次回は4月開催予定です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,500円


【総合コメント】
Facebook餃子部総会、締めくくりは金春でした。

美味しかったのは間違いなく美味しかったのですが、
何よりこんだけ食べて飲んで1人1500円っていうのはどういうことでしょうか。

蒲田に住みたくなった1日でした。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




金春 餃子 / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

【閉店】カフェ Cafe Marcolini(二子玉川)

2011.03.06.14:17

昨年12月、二子玉川高島屋本館1階に、
ピエールマルコリーニが運営する新形態「カフェ マルコリーニ」が出店しました。

二子玉川の「意外とみんなお金使わない」という実態があるのかないのかわかりませんが、
一昨年のキルフェボンのようにならないことを願わずにはおれません。

集客力がありそうでない二子玉川ゆえ、
すぐの撤退も予想されたので、早めに行ってみることにしました。


こちら、都心さえも憧れる街のシンボル、玉川高島屋でございます。

DSC06894.jpg


本館入ってすぐくらいの場所にあります。

DSC06914.jpg


入り口すぐの場所に宝石でも売ってんのか?というスペースに
おチョコ様が陳列されています。

DSC06911.jpg



店内はこのような感じで、テーブル席とカウンター席があります。
落ち着いた雰囲気となっています。
年配者を意識した感じですかね。

DSC06895.jpg


14時過ぎの到着で6割ほどの客入りです。
銀座のお店はいつも結構な賑わいとなっておりますが、二子玉川だとやっぱりこれくらいが限界かもしれません。

DSC06896.jpg


本館の建物の真ん中に無理矢理お店にしているため、
ガラス張りの外は、即お店です。
外から結構じろじろ見られます。

DSC06897.jpg

それと、完全に囲われておらず、一部百貨店内と区切りがないため、
ガラス付近の席は、百貨店内の室温にだいぶ左右される作りになってしまっております。

そのため、カフェスペースが百貨店の出入り口付近にあるため、
ガラス付近の席はカフェとしては欠陥ありですね。

無理した影響が各所に出ている感が否めません。


メニューはこちらです。

DSC06899.jpg

なんと。
パフェのドリンクセットは2000円を楽に越えてきます。
二子玉川以西の駅から二子玉川にやってきた人は、だいぶ面食らうと思います。

パフェとドリンクを頼んでいる人は、池尻大橋~二子玉川の間の住人、
もしくは経堂など小田急線の世田谷ゾーンや、上野毛、等々力など大井町線世田谷ゾーンからいらしている人でしょうね。



では、2種類のパフェを紹介します。


■チョコレートパフェ(1,680円)

DSC06901.jpg

ほう。これがピエールマルコリーニのチョコレートパフェですか。
銀座で大行列を作っているお店で提供されるものと同じなのでしょうか?


意外とこぶりですね。
最初、「ちっちぇ」って思ってしまいました。

DSC06902.jpg


チョコレートアイス。。。濃厚です。
もう「どこまでもカカオ」という感じです。

DSC06903.jpg

てっぺんのチョコレートはカカオ75%でした。
なかなかないですね。75%のチョコなんて。


チョコのチョコ度が凄すぎて、素人の私にはだいぶ辛い食べ物になってしまいました。
素人が粋がって火傷しちゃったパターンです。

DSC06904.jpg

ここまでチョコチョコした感じだと、こうまでも食べにくい食べ物になるんですね。
重いです。

さっきは「ちっちぇ」なんて思ったくせに、今はこの量がうらめしいです。

「チョコは明治の板チョコが世界一でしょ」と思っている人には向いていないようです。
半分の大きさで980円とかが、素人にはちょうど良さそうです。

ちなみに餡子隊長の感想は、
「千疋屋のパフェほどの価値は感じないけど、地方から出てきた人は連れて来てあげたい」
と仰っておりました。

なるほど、そういうもんでしたか。



■キャラメルパフェ(1,680円)

DSC06905.jpg

2人ともチョコレートパフェにしようと思ったのですが、
せっかくなので私は違うものにしようと思い、こちらのキャラメルパフェにしてみました。


こちらの岩塩をお好みでかけて頂きます。
(写真だとわかりにくいですが、岩塩が入ってます)

DSC06910.jpg


結論からいうと、餡子隊長が「塩かけると塩キャラメルの味になって、チョコレートパフェより美味しい」
と仰られ、キャラメルパフェは私の前から姿を消し、代わりに上述のチョコレートパフェが私の前に置かれました。

DSC06906.jpg


キャラメルの方が色が優しいので、なんか食べやすそうです。

DSC06906.jpg


チョコレートパフェ同様、カカオ75%のチョコレートが乗っています。
これ1つで500円とかするんですかね。

DSC06907.jpg

チョコレートパフェのフルーツはバナナでしたが、
こちらは桃です。


濃厚なキャラメル。
チョコレートと違って食べにくさがありません。これは美味しい。

DSC06909.jpg


飴細工のようなキャラメルも美味しい。

DSC06908.jpg

美味しいとしか言えなくてすみません。

餡子隊長は塩キャラメル、塩キャラメルと喜んで食べていました。
隊長に喜んで頂ければ本望であります。


きっとみんな、話のタネに1度は食べに来るんじゃないかなー。
でもリピートするかなあ。。。

今後、客入りを見守りたいと思います。
あくまで客入りだけで、多分僕は2度は来ないと思います。
真のチョコ好きの方にはいいかもしれませんね。


===
【オーダー】
チョコレートパフェ 1,680円
キャラメルパフェ 1,680円


【総合コメント】
ピエールマルコリーニが運営するカフェです。
タマタカに昨年12月にやってきました。

パフェについては上述の通りです。
無類のチョコ好きではありませんので、感想は差し引いて頂いた方がいいと思います。

店員さんは皆さん一様に親切です。
さすがですね。

ただ、カフェの造りがいささか問題があるため、
2000円近い金額のものを提供する感じになっていない気もします。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆





カフェ マルコリーニ 二子玉川 カフェ / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン つけ麺や 穣(駒沢大学)

2011.03.06.16:28

タマタカのピエールマルコリーニで、こってりと甘いパフェを食べたところ、
甘いもの効果が効き過ぎて、餡子隊長が「ラーメン食べたい」と1年に2度あるかないかの珍しい発言をなさいました。

チョコレートメソッド、今後も使えそうです。

これは気が変わらないうちに!と思って、すたこらさっさと鮎ラーメンにお連れしたところ、
食べログでは日曜日もやってるって書いてあるのに、余裕で閉まっていました。

まあね。食べログには客観的な事実は一切書いてないらしいので、
よくあることです。

よほど糖分を取りすぎたのか、「違う駅に移動してもいい」と奇跡のようなセリフを頂きましたので、
急いで検索し、「駒沢大学 ラーメン」で一番上に出てきた「つけ麺や 穣」というお店に行くことにしました。

DSC06916.jpg

駅から500メートルの条件だと、こちらになるようですね。
1キロにすると、強豪店がゴロゴロ出てきますけどね。


看板に「鯛、マグロだし」って書いてあります。
なかなか珍しいタイプのスープですね。


並(220g)、中(330g)、大(440g)が同一料金のようです。
きざみ方がやすべえと一緒ですね。

DSC06918.jpg

680円という金額は削られていますが、
やけに目立っています。
さて。今はいくらに値上がりしているのか。


写真で紹介されているのは全部つけ麺です。
醤油、ゆず醤油、海鮮辛味などがあります。

DSC06917.jpg


お店に入ってまずは食券を買います。

DSC06921.jpg

やっぱり全部つけ麺ですね。
そして680円だったつけ麺は750円に値上がりしています。


店内はL字型のカウンターと、4人がけのテーブル席が2つという構成です。

DSC06920.jpg


こちらがテーブル席です。

DSC06922.jpg


16時という変な時間の入店だったにも関わらず、
6割ほどの客入りです。
人気あるんですね。

DSC06923.jpg

あまり綺麗という感じのお店ではないです。
女性1人で気軽に入れる雰囲気はありません。


ほどなくして醤油つけ麺が到着しました。

DSC06928.jpg


つけ汁です。

DSC06926.jpg

見た目と香りからは、マグロとか鯛とかそういったものを感じることは出来ません。
非常にノーマルな香りが漂ってきます。

具がやや少なめですね。
メンマと、チャーシューの切れ端がちょろっと入っているくらいです。


麺は中盛りにしてみました。
綺麗な黄金色の麺です。自家製麺って看板に書いてありましたね。

DSC06929.jpg


ちなみに並盛りと比較するとこんな感じです。
結構違いますね。

DSC06927.jpg


やや太めで、縮れはありません。
平べったいタイプの麺です。

DSC06933.jpg

もちもち感はあまりありません。
コシはだいぶ強いほうだと思います。


スープと絡めて頂きます。
なお、寒かったのであつもりでお願いしました。

DSC06934.jpg

麺は食べ応えあってまあまあよい感じかなと思いましたが、
スープがとても凡庸な感じがします。

これといった特徴がないような。しょっぱめの醤油スープ。

DSC06936.jpg

最後のほう、ちょっと飽きちゃいました。
特徴があまりない気がして、何書けばいいのか。。。すみません。


隊長は柚子入りにしていました。

DSC06925.jpg

全体的に結構しょっぱいので、喉が乾きますね。
塩気のあるものが食べたいという目標は達成できました。


===
【オーダー】
醤油つけ麺 750円


【総合コメント】
駒沢大学、上馬交差点のところにあるつけ麺屋さんです。

鯛、マグロでダシをとっているらしいですが、
これといって特徴が感じられませんでした。

混んでいましたので人気はあるようです。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




つけ麺や 穣 つけ麺 / 駒沢大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

ぎゃあ!画像がアップできなくなっちゃった!

2011.03.06.23:12

いつも通りブログを書こうと思って写真をアップしようとしたら、、、

もうアップできない

ってエラーが出たよ!



/(´ω`;)\


画像データが上限の2GBに達してしまったそうな。。。


10GBまで拡張できるように「申請」したのですが、
いつ許可されるのか。

そして、そもそも許可されるのか。



というわけで、すみません。
ちょっといっとき更新できないみたいです。

許可してもらえなかったら他のサービスに引越ししないといけないなあ。






theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン 二代目つじ田 味噌の章(淡路町)

2011.03.09.14:49

FC2さんがアップできるファイル量を10GBに引き上げてくれたので、
無事ブログをアップすることが出来るようになりました。

FC2さん、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

------

三越前で打ち合わせがあり、終わったのが14時。
平日に人気ラーメン店に行くには絶好の時間帯。

てくてくと、いや、スタスタと、いや、トコトコと神田方面まで歩き、
1度行ってみたかった「二代目つじ田 味噌の章」を訪問しました。

DSC06959.jpg

つじ田は2年半前に訪問していました。
・2008年10月10日 つじ田

いやー、昔の記事ってあっさりしてるなー。
写真も小さいし。

今じゃ写真は倍以上。
文章は3倍以上とかになってるな。

10年後とかどうなってんだろ。


それにしても「味噌の章」とはなかなか面白いネーミングですね。

DSC06938.jpg


今後も何とかの章でどんどんお店出すのでしょうか。
つじ田さんなら出せば出しただけ売上上がりそうですね。


さすがつじ田さん。行列用の椅子がちゃんと用意されています。
人気無いのにこんなことすると、アホっぽく見えるだけですが、つじ田さんあたりがやると、
「さすが、用意周到だな」と思われますね。

DSC06958.jpg


なんでもそうですが、何言うのも何やるのも「どんな誰が」って大事ですね。

お茶まで置いてます。
ノーマルつじ田にもありましたね。

DSC06957.jpg


券売機は表にあります。
これもつじ田のこだわりでしょうかね。
この小型の券売機、場所とらなくていいですね。

DSC06939.jpg


メニューはこのような感じです。

DSC06940.jpg

味噌ラーメン800円、辛味噌ラーメン900円。
大盛りは120円です。

価格もしっかりつじ田価格です。

これが1200円とかだと、ぎょぎょぎょ!(さかなクン風)となりますが、
これくらいなら「まあつじ田さんですしね」と思える価格です。


満を持していざ入店です。


店内はL字型のカウンターのみとなっております。

DSC06954.jpg

14時15分の到着で5割程度の客入りでした。
普段どれくらい混むのかわかりませんが、多分ラッキーな部類に入るんじゃないでしょうか。

その証拠に5分後には5名の待ち行列が出来ていました。
14時20分で5名待ちですか。。。


店内にはアップテンポな曲が流れています。
さっさと食べてくれということでしょう。
待っている人がたくさんいますからね。


こちら、味噌ラーメンと辛味噌ラーメンの薀蓄が書いてあります。

DSC06944.jpg

辛味噌ラーメンは足立区の有名店を食べて感激して作ったそうですよ。
つまりぱくった??いやいや、きっとお知り合いでしょうね。
まあそうじゃなくても、商圏もかぶらないですしね。


七味、一味にも並々ならぬこだわりがあるようで、
そちらの薀蓄はこちらになります。

DSC06953.jpg

とにかくこだわり抜いている模様。
これが強さの秘密でしょうね。
誰よりも努力してるってことですから。


この電話番号は、、、三河屋製麺じゃないですか!
(もちろん検索しましたよ。そんなマニアじゃありませんので)

DSC06942.jpg

そうかあ。つじ田さんの麺は(少なくとも味噌の章は)三河屋製麺だったのかあ。
話しついでに私の知っている三河屋製麺を使っているお店はこちらたちになります。

・2010年4月25日 我竜冥心(新宿)
・2010年4月28日 黒門(西新宿)
・2010年7月17日 らーめんと甘味処 九月堂(渋谷)
・2010年10月16日 AFURI(原宿)


左から調味料三兄弟、一味、七味、大蒜になります。
(一味と七味は逆かもしれません)

DSC06956.jpg


わりと待たされての到着です。
麺の茹で時間が長いのかもしれません。

辛味噌ラーメンも気になりましたが、初訪問ですのでノーマル味噌ラーメンにしました。

DSC06945.jpg


油膜バリア系の熱々スープ。
大好きです。
ラーメンはふーふーしながら食べたいですから。

DSC06946.jpg


なんとまあ青海苔が入ってますよ。
青海苔が入っている味噌ラーメンって初めて見ました。

DSC06947.jpg

これがなんとも味噌ラーメンに良く合います。
味噌と青海苔の風味が喧嘩せず仲良くしてます。


チャーシューは2種類。
ノーマルチャーシューは薄くてトロトロのが2枚。
言うことなしの美味しさ。

もう1種類は小さな角切りスタイルになったものが入っています。
食感の違いが楽しめて、飽きさせませんね。

DSC06948.jpg

全体的に色々入っていますが、具の量としては少な目かもしれません。
ただ、ラーメンは基本麺とスープを楽しみたいので、
具の主張はこれくらいの方が個人的には好みです。


スープはさすがの完成度です。。。

DSC06949.jpg

奇をてらっていない、優しい味噌の味。
さっぱりめな感じもしますが、油膜があるのでこってりした印象にもなります。

奇をてらってないのに、普通の味噌ラーメンと一味も二味も違う感じに仕上がっているのは
こりゃもうさすがとしか言えない気がします。


平打ちのコシと弾力性のある麺。
これもかなり美味しい。というか好みに合います。

DSC06950.jpg

もちもちとした食感と食べ応えがなんとも言えません。

ただ、大盛りにしたのですが量はそれほどでもないですね。
美味しいので超大盛りとかにしたかったです。


途中で大蒜と一味を投入しました。
あまり味が変わっても勿体無いので、大蒜は少量にしました。
帰宅後の話もありますし。

DSC06951.jpg


コクと辛さが増して一段と良くなってしまいました。

DSC06952.jpg

もしかすると辛味噌ラーメンの方が好き化も知れないな、と思いつつも、
このように自分で辛味噌風に出来ることはできますので、
2度楽しむという意味では、このようなスタイルでもいいかもしれません。

かなり辛くて、汗をかきました。


普段ラーメンを食べてもほとんどスープは飲まないのですが、
こちらのスープはついつい飲んでしまいました。
全飲みとまではいきませんでしたが。

途中、スープの中を泳ぎたい衝動にかられました。


味噌ラーメンってなかなか際立って美味しいお店がない中で、
とても美味しい味噌ラーメンを頂けました。

引き続き何とかの章をバカスカオープンしてって欲しいです。



===
【オーダー】
味噌ラーメン 800円
大盛り 120円


【総合コメント】
有名店つじ田の味噌ラーメン専門店です。

正統的なんだけど、普通とは一味違う味噌ラーメンが楽しめます。
こだわりの違いが味の違いに出ている感じ。

店員さんは皆さんちょっと怖そうな男性店員さんたちですが、
さすがに接客時は怖くないです。
怖さを感じるのは、多分真剣すぎるだけだと思います。

今度は辛味噌ラーメンを食べてみたいです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆




二代目つじ田 味噌の章 ラーメン / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

カレーうどん 中川屋(駒沢大学)

2011.03.11.22:24

14時46分の最初の地震の際は、
間違いなく今まで感じた揺れで一番大きなものでした。

2歳のときに宮城県沖地震も経験しているはずなのですが、
全く記憶にありません。


仙台にいる家族全員と連絡が取れたのが20時くらいでしたでしょうか。

全員の無事を確認し、餡子隊長とも連絡をとり、
家まで歩いて帰ることになりました。


途中どっかで夕飯を食べようと思っていたのですが、
246号線沿いのお店はどこもいっぱい。

あれだけの人が246号線を歩いてれば無理もありません。


途中、三軒茶屋でちょっと中に入ったお店にトライしたのですが、
1軒はやっておらず、1軒は満席。

なんとなく食べる物はラーメンだろうと勝手に決めており、
次のラーメン屋さんはどこにあるかなあ、などと言っていたら、
餡子隊長がプッツンされまして、どこでもいいから次に空いているお店に入ることになりました。

隊長は大手町から歩いているので、
ここは隊長に従うしかありません。


で、三軒茶屋からテクテク歩いて、最初に登場したのがこちらのお店です。

DSC06966.jpg


中川屋というカレーうどん専門店です。

DSC06967.jpg


カレーうどん専門店というと「古奈屋」と「千吉」しか浮かびません。
古奈屋は高く、千吉は安いという印象です。

古奈屋、千吉の記事は以下になります。
・2009年8月31日 千吉(渋谷)
・2010年5月29日 古奈屋(二子玉川)


そそくさと入店します。

店内はカウンターだけに見えましたが、、、
ちょっと歩き疲れと、震災のドキドキであまりよく観察できていません。

DSC06963.jpg

かなり混んでいたのですが、ちょうどお客さんが出たところで2人で並んで座れました。
そのあとすぐ待ち行列が出来ていたので、待たずに座れたのはたまたまだと思います。

いつもこんなに混んでいるのかどうかはわかりません。


メニューの写真は最後に掲載します。
気になる方は一番下をご覧下さい。

メニューは全部うどんです。
ただ、全部がカレーうどんというわけではなく、
讃岐うどんなんていうメニューもあります。


卓上にはてんぷらを頼んだ人用に、
ゆかり、カレー、抹茶の粉末調味料が置いてあります。

DSC06968.jpg


初めての入店でしたので、ノーマルなカレーうどんにしました。
麺大盛り、辛さは辛口にしてもらいました。

DSC06969.jpg

美味しそう!
歩き疲れてお腹ペコペコだったので、余計に美味しそうに見えました。
あと、有り難い気持ちになりました。


カレー汁をたっぷり吸った油揚げが入っています。
これはよいアイデアな気がします。

DSC06970.jpg

ラーメンですと新宿の「わさび」に油揚げが入っていますが、
ラーメンスープは油っぽいので、油っぽい油揚げが油を吸ってだいぶくどい感じになりますが、
カレーうどんに油揚げはよい気がします。

わさびの記事はこちらになります。
・2009年11月4日 わさび(新宿)


デフォルトで半熟卵が入っているのも嬉しいです。
良い感じのトロトロ加減。美味しそうですし、美味しかったです。

DSC06971.jpg

スープは良い感じのトロトロ感。
ダシとカレーの味のバランスがとてもよいです。

古奈屋みたいな上品さはありませんが、大衆的な親しみやすいカレーうどんです。
カレーの持つ勢いみたいなのを感じます。

辛さはだいぶ辛いです。
ラーメン目線で申し訳ありませんが、中本の北極ほどの辛さではありませんが、
だいぶ辛いです。

いわゆる「辛党」という人でなければ、辛さは普通にした方がいいと思います。
私は辛党ですが、それでも「普通にした方がより味わえたかも。。。」と思いました。


麺はカレー汁に負けないコシの強いタイプ。
食べ応え満点です。

DSC06972.jpg

大盛りにすると量はすごいです。
パンチのあるカレースープにパンチのある麺。そしてパンチのある量。

スープはとろとろで最後まで熱々。

偶然入ったお店ですが、とても美味しいカレーうどんを頂けました。

温かいものを食べて元気も回復しました。
ここから2時間歩いて家に帰りました。


===
【オーダー】
カレーうどん 670円
大盛り 100円


【総合コメント】
246沿いにあるカレーうどん屋さんです。

スープの味、熱々加減、麺のこし、どれも抜群でした。
古奈屋の上品カレーうどんもいいですが、僕はこちらの方が好きかな。

偶然お邪魔する形にはなりましたが、また行きたいお店です。


■メニュー①
DSC06964.jpg


■メニュー②
DSC06965.jpg


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆



中川屋カレーうどん 駒沢大学店うどん / 駒沢大学駅

昼総合点★★★★ 4.0



[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン 大陸麺本舗(二子新地)

2011.03.13.12:10

ライズ完成でしきりと盛り上がっている二子玉川を尻目に、全く盛り上がっていない二子新地。
表現を変えると、都心さえも憧れる街二子玉川。その1つ隣というだけで誰も憧れない街二子新地。

スーパーはコンビニサイズ。
書店はゼロ。
ファーストフード店もゼロ。
レンタルDVD、パン屋さんはこぞって潰れました。
薬屋さんはセイジョー1店のみで競争原理働かず。


あ、すみません。
ディスり過ぎました。

そんな二子新地に昨年ラーメン店がオープンしました。

地元ということで少し丁寧に紹介したいと思います。


二子新地駅ホーム。
渋谷から二子玉川まではホームのどの場所も雨に濡れない設計になっていますが、
二子新地からは両端30%ほどの場所は雨に濡れる設計となっています。
お隣高津駅も同様です。
明らかな差別です。

DSC07010.jpg


もう1つ高津の方と分かりえるエピソードとしまして、
「二子新地、高津は大井町線の各駅停車がほとんど止まらない」
というものがあります。

「ほとんど止まらない」というところがミソです。

全く止まらないなら話は違います。
考えようによっては、ルート上不自然ではありますが、
「大井町線の路線に入ってない」と思えばいいわけですから。

しかし、時々は止まるんです。
1時間に1本くらいかなあ。

ただ、ほとんどの電車は止まりませんので、こんなアナウンスが日常よく聞かれます。
「この電車は大井町線溝口行き各駅停車です。次の二子新地、高津には止まりません」

・・・。

「各駅停車」の意味知ってるか?
止まらないならせめて「準急」とかにしてくれないか?

多分東急でもそんな話になったと思うんですよね。
でも「ほとんどが急行か準急って変じゃね?」ってなって、
「まあ二子新地と高津なんていうオマケの駅はいいだろう」という結論になったんじゃないかと推察しております。

まあね。。。住民ながら思いますが、二子玉川出てから30秒くらいで着きますからね。
川越えるだけなんで。
ホームの先っぽから二子玉川余裕で見えますし。

そんなことを思うたびに「田園都市線利用している皆さんは、二子新地止まるなよ」って思ってんだろうなあという気がしてなりません。


話がそれまくりました。

DSC07008.jpg

二子新地という駅名ですが、昔は二子新地前という駅名でした。
しかし「ふたこしんちまえ」というアナウンスが「双子死んじまえ」に聞こえるということから、
改名する運びとなりました。

二子新地住民では常識のトリビアです。
ただ、言ったところで誰も「へぇ」とは言ってくれないトリビアです。


改札は2年ほど前に大幅に改修され立派になりました。
ただ、立派になってしまったせいで、
暖かくなると、バーベキューをしに来る無礼者たちでごった返します。
二子新地住民はその輩をBQN(バキュン)と呼んでいます。

商店街のコンビニや肉屋などは恩恵受けまくりですけどね。
むしろBQNがいなくなると潰れる店もあるでしょう。

DSC07007.jpg


改札を出て右に進んですぐの場所にお店はあります。

DSC07005.jpg


こちらです。「大陸麺本舗」というお店です。
昨年12月オープンだったでしょうか。

DSC07002.jpg

前は「55カフェ」というお店でした。
すごく人気があり食べログでも評価が高かったのですが、
「事情によりちょっと休みます」的な紙が貼られ、しばらく休んだと思ったら、
気付いたら「テナント募集」に切り替わっていました。

奥さんが出てっちゃって、戻ってくるように説得したけどダメだった。
俺一人じゃやる気力ない。。。という展開で閉店になった、そんな推測をしてしまいました。
なお、ご夫婦が営んでいたのかどうかすら知らないので完全な推察です。
推察というか妄想ですね。


カフェの前は寺田軒というパン屋さんでした。


わりと入れ替わりの激しいこちらの物件に大陸麺本舗さんが挑戦です。


1階はこのようなテーブル席です。
前の人との距離が近いので、混んでいるときはちょっときつそうです。
相席制度がないなら話は別ですが。

DSC07000.jpg


2階にも席があります。
2階は席のバリエーションがあります。

窓際にはカウンター席が。
時間帯によってはだいぶ眩しいと思います。

DSC06978.jpg


テーブル席が3つあります。
テーブル席はゆっくりできそうでいいですね。

DSC06998.jpg


奥には座敷も用意されています。
意外と席数があって驚きました。

DSC06997.jpg

パン屋さんだった時代は2階は何に使っていたのか。。。
パンを作るところかなあ。


あり?3階に上がる階段があります。
3階に席があるかどうかはわかりませんでした。

DSC06983.jpg

できたばかりということもあり、全体的に綺麗ですね。
ただ、水のグラスが汚れていたり、やや行き届いてない感じもありました。


無料でコーヒーが提供されています。
ただ、この手のコーヒーは酸化しまくりの場合が多いので、
無料だからってたくさん飲むと、体調が悪くなることがあるので注意が必要です。

DSC06999.jpg


メニューはこちらになります。

DSC06981.jpg

数種類の坦々麺を中心に構成されています。
値段は800円~です。

一風変わったメニューですね。
普通のラーメン屋さんっぽくはありません。


ナンプラー、七味、甘酢といったこれまた一風変わった調味料が置いてあります。
いわゆる坦々麺専門店とも違った感じのお店です。

DSC06982.jpg

数軒隣に一応ラーメン屋さんがあるのですが、
ここまでメニューが尖っていると、ある種の住み分けはできそうですね。
ただ、絶対的な人口が少ないのでお客さんの取り合いにはなっちゃうと思いますが。


「左上のおススメの法則」に従って芝麻坦々麺にしようかと思ったのですが、
ビジュアル的に辣香坦々麺に魅かれたので、そちらをオーダーしました。

DSC06990.jpg

太麺と細麺が選べるらしいのですが、辣香坦々麺は細麺がおススメということで従ってみました。


なんとなく辛そうに見えるスープは、実際だいぶ辛いです。
いわゆる辛党でなければ避けたほうがいいくらいの辛さは出ています。

DSC06991.jpg

鷹の爪が浮きまくってますからね。


スープは鶏がらが効いています。
なかなかよい感じです。

DSC06992.jpg

ただ、辛さに対して旨味が若干足りておらず、
そのせいで病みつき度はやや低めといったところでしょうか。

中本の北極ははこの倍は辛いですが、
でも旨味もしっかりあって、ついまた行きたくなっちゃうんですよね。

ちなみに辛さの度合いは中本の蒙古タン麺くらいかなあ。


麺は縮れた細麺です。
ごわっとした感じで伸びにくい麺です。

DSC06994.jpg

もう少し弾力のある麺の方が好きですが、
こちらのラーメンには合っていると思います。

全体的に800円としては具がだいぶ少ないですね。
少ないっていうか、素ラーメンに青梗菜がなんとなく入っていて、
なんとなく挽き肉が入っているようないないような。

全体的に寂しい感じが否めません。



餡子隊長は芝麻坦々麺にしていました。
麺は細麺です。

DSC06987.jpg

隊長は細麺好きってことで勝手に細麺でオーダーしたのですが、
お店のおススメは太麺でした。

その旨を隊長に伝えると「おススメが太麺なのに、それでも細麺にするほど細麺が好きというわけではない」とのことです。

そうだったのかあ。


この白濁感は胡麻でしょうね。

DSC06988.jpg


マイルドな胡麻入りスープ。
でもなんかコクが足りない気がします。ほんのちょっと。

DSC06989.jpg

でも基本美味しいです。
女性にはうけそうな味だと思います。

DSC06993.jpg

ワンタン麺が気になりましたので、
次はワンタン麺を食べてみたいです。


===
【オーダー】
辣香坦々麺 800円
大盛り 100円


【総合コメント】
二子新地駅からすぐの場所にある坦々麺屋さんです。
(坦々麺以外もありますが)

もともと飲食店が少ないエリアでしたので、
こういったお店が出来てくれるのは嬉しいです。

二子新地という場所を考えると100円くらい高い気もしますが、
3階建てのテナントで二子新地とはいえテナント料が意外と高いのかもしれませんね。
駅近いし。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆





大陸麺本舗 ラーメン / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

カフェ Plaisir(三軒茶屋)

2011.03.20.14:05

我が街二子玉川がライズの完成ですごいことになっているので、
三軒茶屋に逃げてきました。

ライズ。どえらい集客力です。
高島屋が心配だ。

でもまあ、きっとすぐみんな飽きるのかな。


三軒茶屋でお茶しようということになり、
ちょっと駅からは歩くのですが行ってきました。
「Plaisir」というお店です。
日本語でいうと「喜び」ですね。

DSC07029.jpg

三軒茶屋から北に歩くこと10分くらいの場所にあります。
食べログで3.95という高得点をつけているお店です(2011年4月5日時点)。

3.95はすごい。
ラーメンなら大行列ができる点数です。


おおっと、お店に入るとまず最初に食べログのタテがお出迎えです。

DSC07031.jpg

ぐるなびのタテ飾ってるお店は「ああ、広告費いっぱい使ったのね。ご苦労さん」って思いますが、
食べログのタテ置いてあると、いいお店なのかなって思っちゃうのは、、、
食べログに寄稿しているからでしょうね。はい。


ケーキ屋さんなので当たり前ですが、ずらりとケーキが並んでいます。
これは悩みますよ。

DSC07032.jpg


後ろには焼き菓子なんかも置いてあります。
だいぶ空間を贅沢に使っております。
広々空間、いいですね。

DSC07033.jpg


イートインスペースもございます。
カフェというより、イートインスペースという感じの方がしっくりくるかもしれません。

DSC07034.jpg

落ち着いていて綺麗ですが、
「ケーキとお茶で3時間粘っちゃった」
とかが許される雰囲気もありません。

基本、綺麗ですし、半地下なのですが日差しが明るく開放的な空間で居心地はいいです。


14時過ぎの入店で、先客は1名のみ。
3.95でもこんなに空いちゃうんですね。
ラーメンだったらあり得ない・・・はい、しつこいですね。すみません。

「しつこい男は嫌われる」という格言と「押してダメならもっと押せ」という格言。
これはどっちが正しいんでしょうね。

まあ、どっちも格言じゃないのですが。


席で待っているとほどなくしてケーキたちが運ばれてきました。

DSC07041.jpg

2人なのにケーキを3つも頼んじゃいましたよ。
だって種類が多すぎて悩んでしまったものですから。


飲み物は隊長が紅茶で私がコーヒーです。
紅茶はポットで提供されます。

DSC07040.jpg


ではこちらのケーキ様たちを紹介します。

DSC07052.jpg


■モンブラン(480円)

DSC07042.jpg

どうやらお店の一番人気がこちらのモンブランのようです。
座席はガラガラでしたが、ひっきりなしにお客さんが訪れて、
全員が少なくとも1つはモンブランを注文していました。

こちらのモンブランはオーダー後に作ってくれるそうです。

オーダー後に作るといっても何も卵を割って、、という工程から始めるわけでは、、、

あ、すみません。
わかりますよね。


和栗クリーム、見事です。綺麗です。
作りたてなので乾燥した感じが一切ありません。

DSC07044.jpg

キメが細かいですね。
肌でいったら完全にティーンの肌です。
ティーンの肌はやはり違います。

あまりここでティーンの肌について言及してしまうといろいろあれですので割愛いたします。


おっと。土台がメレンゲですよ。
これは珍しい。というか初めてだ。

DSC07053.jpg

このメレンゲがほんとサクサクなんです。
歯なんて必要ありません。

中のクリームは軽くありません。ある程度濃厚気味のしっかりとしたクリーム。
甘さの決め手は和三盆だそうです。
和三盆が砂糖の種類の名前だということを、つい先日餡子隊長に教えて頂きました。


サクサクのメレンゲと濃厚なクリーム。
このコントラストがたまりません。

なんとも完成度の高いというか、完成されたモンブランでしょうか。

おっと、ここで餡子隊長から次の一言が。
「今まで食べた中で一番美味しいモンブランです」

おーーーっと、出ましたよ!

岩崎恭子は「今まで生きてきたなかで一番幸せです」でしたが、
餡子隊長はモンブランで見事表現されました。

岩崎恭子は当時14歳ですからね。
餡子隊長は2倍は生きてますから、発言の重さも2倍です。



■フロマージュ クリュ

DSC07048.jpg

いやいや、これまた美味しそうなケーキですこと。


表面はヨーグルトっぽくなっており、とても食べやすい一品です。
子供ならみんな大好きなんじゃないかな。

DSC07049.jpg


中のフランボワーズがやけにたっぷりです。
惜しげもなく入っています。

DSC07054.jpg

これだけたくさんフランボワーズが入っているわけですから、
食べた瞬間甘酸っぱい味と香りが口いっぱいに広がります。

ファーストキスの味がこんなんだったかどうかは別として、
ヨーグルトクリームとの相性もよく、とても食べやすい一品でした。



■コンパレゾン(480円)

DSC07046.jpg

1つちょっと変わったのを頼んでみちゃいました。


見た目の完成度はすごいですね。
なんとなく凛とした印象を受けます。

DSC07047.jpg


ミルクチョコムースがすごく濃厚です。
すごく濃厚すぎて苦手な人は苦手かもしれません(私のことです)

DSC07056.jpg

レモンクリームとレモンコンフィが入っており、爽やかさの演出も忘れていません。
これは大人のケーキです。
30代の僕にはちょっと早すぎました。


最後の1つは苦手な部類でしたが、
大変美味しいケーキを頂けました。

モンブランはお土産にしたいところですが、
多分時間が経っちゃうと、ここまでの良さが出ないんじゃないでしょうか。
(じゃなきゃオーダー後に作る意味無いですもんね)

モンブラン、イートインコーナーで是非お試し下さい。


===
【オーダー】
モンブラン 480円
フロマージュ クリュ 440円
コンパレゾン 480円
コーヒー 450円
紅茶 550円
※コーヒーと紅茶はケーキと一緒に頼むとここからそれぞれ50円引きとなります。


【総合コメント】
三軒茶屋にあるケーキ屋さんです。
ケーキ屋さんというか、パティスリーっていうんでしょうね。
まあ意味は同じなんですが。

とても美味しいケーキが頂けます。
とくにモンブランは餡子隊長の人生No1モンブランの称号を得ました。
(他にすごい賞はいくらでも受賞されていると思いますが)

東急沿線としては、

駒沢大学の「パティスリー ナオキ」
学芸大学の「ケーキ RUE DE PASSY」

と余裕で肩を並べる名店ではないでしょうか。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆





Plaisir ケーキ / 西太子堂駅若林駅三軒茶屋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : スイーツ
genre : グルメ

ラーメン 麺や 百日紅(新宿)

2011.03.21.14:56

3連休最終日、ラーメン許可申請が通りました。
連休中、せっせと餡子、クリームを奉納してようやく許可にいたりました。

日に日に、ラーメン一杯あたりの餡子、クリームの奉納量が増えている気がします。


美容院の帰りに餡子隊長と新宿で待ち合わせをして、
ラーメンを食べて買い物をして帰ることになりました。

新宿から引っ越して半年しか経っていないのですが、
新宿は新店が続々と誕生しております。

そのうちの1つ、新宿伊勢丹からほど近い場所にある(信号は渡りますが)、
「麺や 百日紅」に行ってきました。

百日紅はこちらのビルの中に入っています。
飲食店がたくさん入っていますが、唯一のラーメン屋さんとなっております。

DSC07080.jpg


お店は地下にあります。
あ、ありました、ありました。

DSC07077.jpg

なんとなく佇まいが既に美味しそうな予感を醸し出しています。


暖簾も同様に美味しそうな雰囲気を醸し出しています。

DSC07079.jpg


でかでかと書かれた「煮干つけ麺」と「煮干中華蕎麦」の文字。
威風堂々とした看板です。
自信がないとできない看板ではないでしょうか。

DSC07078.jpg


食券を購入していざ入店です。

コートをかける場所が完備されています。
この時期はとても助かります。
コートを膝の上に置いていたりすると、スープが跳ねちゃったりしますので。

DSC07060.jpg



14時過ぎの入店で3割ほどの客入りでした。
震災の影響もあるんだと思います。


お店はコの字型のカウンターのみです。
建物自体も新しいですので、全体的に清潔感があります。


カウンターの前が高いです。。。そびえ立っています。
なかなか珍しいカウンターだなあ。

DSC07064.jpg

食べ終わったら器を上にあげるのですが、
誤ってスープをこぼさないように注意しないといけないですね。
特に背が低い人は。


ではメニューを確認します。

左のポールポジションはつけ麺ですね。
ということはお店のおススメはつけ麺ということになるのでしょうか。

DSC07063.jpg

ただ、その右の中華蕎麦の主張もなかなかです。
これは迷うところです。

しかもよく見ると、つけ麺も中華蕎麦も味噌味もあるじゃないですか。
しかも「二段味変」なんていう超気になる接頭語までついちゃって。

「味変」って言っても「変な味」という意味ではないと思います。

はい、そんなことわかってますよね。
失礼しました。


悩みに悩んで、デフォルトのつけ麺を頂くことにしました。
麺の茹で時間が長いようで、ほんの少し待っての到着です。

DSC07066.jpg


おお。なるほど、こっち系のつけ麺でしたか。
見た感じ、どろっと濃厚な雰囲気が出ています。

DSC07067.jpg

具はチャーシュー角切り少々とめんまです。
つけ麺に限らずラーメンはあまり具が入ってないほうが好きなので私にはちょうどよい量でした。


つけ汁は甘みのある、どろっとしたタイプです。
甘いしどろっとなんですが、甘みもちょうどいいですし、どろっと感もやり過ぎてない感じで、
全体のバランスがとてもいいです。

DSC07068.jpg

魚介の風味もたっぷりですがやり過ぎてない感じ。
ちょうどいいって大事だなあ。

店頭には「煮干」って書いてあったけど、
煮干自体はそれほど主張してこないかと思います。


方向性でいうと池袋の「馳走麺 狸穴」が似てるかなあ。
狸穴の方がより甘くてより濃厚かなあ。

狸穴の記事はこちらになります。
・2010年11月11日 馳走麺 狸穴(池袋)


流行の極太麺。とても美味しそう。

DSC07069.jpg

モチモチとした、しっかりタイプの麺です。
文句なしの食感です。
麺だけ食べても小麦の味がしてとても美味しい。

DSC07070.jpg


つけ汁が濃厚過ぎないので、この太麺で食べていても、
「みるみるつけ汁が減っていく」なんていう事態にはなりません。

DSC07072.jpg

大盛りの300グラムが一瞬で食べきってしまいました。
あ、いや、一瞬なわけないか。

これだけ美味しくても私のポテンシャルだと400グラムのW盛りは無理ですね。
ちなみにつけ麺なら全部同一金額です。



餡子隊長は中華蕎麦にしていました。

DSC07073.jpg

つけ麺とはまた全く異なった表情をしております。


スープは油膜バリアを張っています。
敵の侵入を防いでくれます。

DSC07074.jpg


つけ麺とは違って煮干を感じます。
ですが、えぐみは一切ありません。
煮干のよさをえぐみが出ないギリギリまで追求した感じ。

DSC07075.jpg

優しそうなスープなのですが、威力もあります。
淡白そうなのに、パンチがある程度あります。
草食に見えて、実は肉食、、、もういいか。

塩気は結構強めです。
尖った塩気を感じます。ちょーっと僕にはしょっぱいかなという気もしました。


麺はつけ麺よりは細いですが、一般的には太めに入ると思います。
「太ってるわけじゃないけど、ぽっちゃりしてる」
こんな表現でしょうか。

DSC07076.jpg

なお一般的に女友達が

「今度合コンに来る子、太ってるわけじゃないけど、少しぽっちゃりめなの」

というような意味の台詞を言った場合、
男性から見るとその女性はデブの部類に入るケースが多いです。

ご注意下さい。


話はそれましたが、ラーメンVSつけ麺なら基本的に私はラーメンの方が好きですが、
こちらのお店はつけ麺の方がおススメかなって思いました。

===
【オーダー】
つけ麺(大) 780円
中華蕎麦 680円


【総合コメント】
百日紅さんです。
海外読者の方のためにいうと、読みは「さるすべり」となります。

与謝蕪村の、
「百日紅 ややちりがての 小野寺」
という句が有名ですね。

つけ麺は濃厚だけどくどくない、絶妙なバランスでした。
中華蕎麦はややしょっぱめですが、煮干好きの方にはいいですね。
でもちょっとしょっぱいかな。
塩耐性があれば大丈夫だと思います。


表情の違うラーメンをそれぞれ高いクオリティで提供できるってすごいですね。
味噌もとても気になります。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆





麺や 百日紅 つけ麺 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

ブログのデザインを変えました

2011.03.21.15:56

数少ない読者の皆様へ


今年から調子に乗って写真がすごく大きく表示されるテンプレートを使っていたのですが、

「でか過ぎて見にくい」

という声を多数頂きまして、
テンプレートを変更いたしました。

これでも去年のテンプレートよりは写真が大きいです。

今後はお店メインではない、エリアごとの「勝手にランキング」的な記事も掲載して行こうと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

グラッチェ菊池


theme : 料理日記
genre : グルメ

甘いもの 日本茶菓 SANOAH(新宿)

2011.03.21.17:17

百日紅でラーメンを頂いた後、餡子隊長が「家に帰ったら餡子補給したい」と仰られたので、
伊勢丹の地下で和菓子を買うことになりました。


すると餡子隊長の目に抹茶などを扱う和菓子屋さんが目に止まりました。

DSC07081.jpg


おろ?SANOH?こんなお店あったかしら。

DSC07083.jpg


全体的にやや高めであったのですが、
震災の影響でホワイトデーのお返しが出来てなかったので、
購入させて頂きました。


家に帰って早速セッティングぅです。
(エドはるみ調であり、タイプミスではございません)

DSC07086.jpg


■もちもちモンブラン-ほうじ茶(378円)

DSC07087.jpg

むちむちではありません。
もちもちです。

女性であればむちむちは嫌いではありません。
いやむしろ、年齢によっては好きです。


ほうじ茶のモンブランってのは珍しいですね。
最近、和菓子に寄せた洋菓子ってよく見かける気がします。

DSC07088.jpg


エクスカリバーで真っ二つにしてみました。
(エクスカリバーでオリハルコンの盾を切るとどうなるか、については割愛させて頂きます)

DSC07091.jpg

おお。中にお餅が。
牛脂かな。
これが「むちむち」じゃなかった「もちもち」たるゆえんですか。

さて、味ですが、、、誤解を恐れず言うと、だいぶ雪見大福っぽいです。
ほうじ茶の風味はさほど感じないかな。。。言われればわかるっていうくらいで。

かなり甘いんです。クリームが。
重くて甘いクリーム。
マロンクリームだとは思うのですが、
ちょっと威力がありすぎるような。

例えば重いクリームじゃなくて、これをさっぱりとしたアイスなんかにしたらどうだろうか。


そ、そうか。。。そうすると完全に雪見大福になっちゃうのか。。。



2つ目、セッティングぅです。

DSC07092.jpg


■濃厚抹茶と黒豆のクラシックショコラ(699円)

DSC07093.jpg


こちらも和菓子に寄せた洋菓子シリーズです。
こちらのお店のコンセプトなのかな。

DSC07094.jpg


てっぺんの黒豆がカナブンに見えてしかたないのは私だけでしょうか。

DSC07098.jpg

柔らかいのかと思いきや、意外と固くて驚きました。

香りは確かにその名の通り「濃厚」ですね。
抹茶の渋みを感じることが出来、抹茶お菓子としては良いと思います。

柔らかく煮てある黒豆もよいアクセントとなっており、
存在感を出しています。

餡子隊長的には、こちらのショコラは味は合格だそうです。
ただ、699円は高すぎるとのことでした。


700円ってラーメン1杯食べれる金額だもんねって言ったら、
なんでもラーメンに換算するな!とチョップされました。


===
【オーダー】
もちもちモンブラン-ほうじ茶 378円
濃厚抹茶と黒豆のクラシックショコラ 699円


【総合コメント】
伊勢丹地下に入っております和菓子的洋菓子のお店です。

ほうじ茶、抹茶などを使った和な洋菓子を扱っていますが、
反対側のショーケースもあったので、そっちには普通の和菓子があるのかもしれません。

奇をてらった感じが新しさと珍しさを醸し出しているので、
時々ならいいかもしれません。

ただ、ちょっと気持ち高いかもしれませんね。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆





日本茶菓 SANOAH 和菓子 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[スイーツ]

theme : スイーツ
genre : グルメ

中華 中華市場 十番亭(麻布十番)

2011.03.24.13:02

麻布でランチ、、、なんですが、食べログで調べてみると、
麻布十番付近の1,000円以下ランチって、ことごとく3点を切っています。

上限を2,000円にすればそこそこ良いお店も検索されるのですが、
毎日のランチですからねえ。

こうなったら立地で選ぶしかなく、
駅に向かって歩いている最中にたまたまた目にとまった中華料理屋さんに入ることにしました。


中華 市場十番亭というお店です。

DSC07100.jpg


震災の影響でしょうか。
建物のガラスが割れまくっております。。。

DSC07115.jpg


メニューはこちらになります。
ラーメン、中華系丼、定食などが取り揃えられております。

DSC07101.jpg


店内は麻布とはいえ標準的な中華料理のお店の雰囲気です。
12時ちょっと過ぎの入店で6割ほどの客入りでした。

DSC07102.jpg


メニューがそこそこ多く、だいぶ迷いましたが、
久々にパーコー麺を食べてみることにしました。


ほどなくしてパーコー麺の到着です。
ランチタイムはライスが付きます。

DSC07108.jpg



同系列で焼肉店も経営しているとのことで、その影響でキムチも付いてきます。
味はまあまあかな。少量なので美味しいかどうか考えているうちになくなっちゃいました。
美味しいかどうかって考えることじゃないんですけどね。

DSC07103.jpg


パーコー麺は見た目の豪華さが好きです。
カツカレーの豪華さと同じですね。

DSC07109.jpg


スープは、、、薄い。。。薄いぞ。。。
鶏がらスープと醤油で構成されているのだと思いますが、だいぶ薄いです。
よくいうと健康的となるのかな。

DSC07112.jpg


一方、パーコーの味はしっかりついています。
からっと揚がってもいます。

DSC07111.jpg

パーコーだけなら合格なのですが、
スープの味が薄すぎて全体的にぼやっとした印象になります。


味玉も「これでもか」というくらい味が染みています。
一口目は「うまい」って思って、二口目は「しょっぱっ」って思うくらいの醤油加減です。

DSC07114.jpg

味の濃いパーコー、味付け卵と薄いスープ。
コントラストを楽しんで欲しいという思いが入っているのか。。。

スープを飲んだときと、パーコー、卵を食べたときの印象の違いに驚きます。

・その顔でその体
・GACKTは台湾語喋れる
この手のギャップはプラスに作用しますが、今回はどうか。。。


麺は柔らかいです。スーパーで売っているコシの少ない麺を、
茹で時間いっぱいに茹で上げたくらいの、ぐにゃぐにゃ的やわらかさ。
ラーメン専門店ではない中華料理屋さんで時折見かける柔らか細麺です。

DSC07113.jpg



連れAの坦々麺です。

DSC07105.jpg


連れBのノーマルラーメンです。

DSC07107.jpg


連れCの生姜焼きです。

DSC07104.jpg

パーコー麺は980円のクオリティではないかなあ。

パーコー自体は美味しかったので、
ラーメン系じゃなくて、定食系の方がもしかするといいのかなあ。


===
【オーダー】
排骨麺 980円


【総合コメント】
麻布十番にあります中華料理屋さんです。

全体的に高めなのは土地柄、場所代がのってしまうので仕方ないですね。
ラーメン系はベースのスープが全部同じだとすると、ちょっと厳しいかもしれません。

パーコーは美味しかったです。
単体でおつまみで食べるとすごくいいかも。
(単体メニューがあるのかどうかはわかりません)


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆




十番亭 ラーメン / 麻布十番駅赤羽橋駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[中華]

theme : ラーメン
genre : グルメ

油そば ジャンク堂(原宿)

2011.03.26.12:25

土曜日はラーメンDAYです。

ウソつけ!ブログラーメンばっかりじゃないか!とお思いになるかもしれませんが、
違うんです。

最近平日はあまり書いてないので、
たまに書く土曜日がラーメンなので、ブログ単体で見るとラーメンが多く見えるだけなんです。
(先日このブログを見て心配していたお父さんへのメッセージ)


今日は最近できたばかりの原宿にある油そばのお店です。
油そば、人生初です。これまで食べたことがありません。

どんなものなのかと、いささかドキドキしながら行ってきました。

油そばの存在自体は知っていたのですが、
基本的に麺物はスープが入っている方が好きなので、

ざるそば<かけそば
つけ麺<ラーメン
冷やし中華<ラーメン

となってしまいます。

あ、、、でも焼きそばは好きだな。
こりゃ困ったな。
説明がつかなくなっちゃいました。


そんなことはどうでもいいとして、こちらがジャンク堂さんです。

DSC07116.jpg


こちらがお店のロゴでしょうか。
一見すると普通のラーメンに見えますね。

DSC07117.jpg


暖簾はオレンジを貴重としています。

DSC07118.jpg


やや!

DSC07120.jpg

麺は浅草開化楼じゃないですか!
麺は確実に美味しいことがこの時点で決定しました。

油そばってスープがないですから、
ラーメンよりも麺に課せられる期待が大きくなりますよね。


メニューはこんな感じで取り揃えられています。

DSC07119.jpg

ノーマルの油そば、辛いやつ、イタリアっぽいやつなど、
種類が結構ありますね。

一般的な油そば屋さんがどのようなラインナップなのか知らないので、
こういうのが一般的なのかどうか全く判断できません。


入ってすぐ右に券売機があります。
券売機が思いのほか高い場所にあるので気が付きにくいです。

DSC07121.jpg

普通盛りが200グラムで、大盛りが300グラム、更に上にW盛りみたいなもがあるようです。
大盛りまでは料金据え置きです。


店内はL字型のカウンター席のみです。

DSC07122.jpg

結構狭いですね。
小さなお店です。


小さいですが、お店自体は新しいので室内は綺麗です。

DSC07123.jpg

11時40分の来店で一番乗りでした。


お。何やら食べ方が書いてありますよ。
油そばって食べ方があるっていうのは聞いていました。

DSC07124.jpg

こってり派とあっさり派で食べ方というか、味付けを変えるようです。

酢を入れるっていうのは聞いたことありましたが、
こってりの方の食べ方は知りませんでした。

一般的にはどうなのかは、何度もしつこいですが私にはわかりません。

しつこい男は嫌われるというのは一般的に言われていると知っています。
でもそうだとすると、恋愛秘術「押してダメならもっと押せ」は一体どうなっちゃうんでしょうね。



というわけで、ズラリと調味料が揃っています。
自分で味を作る楽しさがあるわけですね、なるほど。

DSC07125.jpg



茹で時間は6分だそうです。
三田製麺所だと「8分」ってなってるので、それよりは短いですね。

DSC07127.jpg


チャーシューはガスで炙るタイプのようです。
あの焦げ感ってなんで美味しいんでしょうね。

DSC07128.jpg


さて、6分少々経過して、油そば大盛りが到着しました。
初めまして、こんにちは。

DSC07129.jpg

ほう、これが油そばというものですか。
なるほど。

具の感じからすると、全体的にはちょっと寂しい見た目ですね。
まあ、650円なので豪華にしたい人はトッピングを付ければいいってことですね。


ガスで炙ったチャーシューは薄めですが、
焦げ目でよい風味が出ています。

DSC07130.jpg


ネギと小口ネギの2種類のネギがトッピングされています。
(もしかすると1種類のネギを切り方変えてるだけって可能性もあります)

DSC07131.jpg


海苔がてっぺんに乗っています。

DSC07132.jpg


浅草開化楼の太めの麺ですね。
ちょっとだけゆるく縮れています。

DSC07133.jpg



これを指示通り、熱々のうちにかき混ぜます!

かき混ぜ完了!

DSC07134.jpg

うーむ、店名の通り、だいぶジャンクな印象です。
一歩間違えると料理には見えないです。


指示通り、まずはデフォルトの味で頂きます。


わりとしょっぱめのタレ?スープ?ですね。
醤油ベースの味わいです。

なんとなく想像していた味と同じ味です。
「僕が想像したいた味です」って言われても誰もどんな味かわからないと思いますが、
なんとも表現が難しいところです。

何が似てるかなあ。

とにかく、甘しょっぱいたれをからめた麺なんです。


直感的には「あっさり」の方で勧められている酢が会うんだろうなとは思ったのですが、
馬鹿だから「こってり」の路線を進んでしまいました。

「騙されてるのは薄々分かってはいたのですが、美人だったのでつい」
そんな心境に近いでしょうか。


こってりで指南されている「ニンニク、マヨネーズ、ラー油」を入れてみました。

DSC07136.jpg


ジャンクフードの完成です。
ジャンク堂とはうまいこと付けたものですね。

味は、「まあ、醤油とニンニクとマヨネーズとラー油入れたらこんな味になるでしょうね」
っていう味です。

美味しいっちゃ美味しいんですが、料理としてはどうですかね。
男の、しかも学生の、1人暮らしの味って感じかな。


麺が浅草開化楼のコシの強い食べ応えのある麺なので、
全体の食感自体は楽しめます。

あとはこのジャンクさを受け入れるかどうかですね。
おやつとしては、いいような気がします。
あと20代までなら、こういう食事もいいんじゃないかなって思います。

食べてないのでわかりませんが、
お酢を入れる「あっさり」の食べ方の方が美味しいんじゃないかなあと思います。


===
【オーダー】
油そば(大盛り) 650円


【総合コメント】
人生初の油そばでした。

とてもジャンキーな食べ物ですね。
でも、こちらのお店がジャンク堂という名前で、特別ジャンキーな料理に仕上がっているのか、
どのお店でもこんなものなのかは判断つきかねます。

小田急ハルクの地下にも油そばのお店が出来たようなので、
そちらで確認して来ようと思います。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




ジャンク堂 ラーメン / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

[3/26]

theme : ラーメン
genre : グルメ

甘いもの Wa・Bi・Sa(二子玉川)

2011.03.27.17:18

都心さえも憧れる街、二子玉川がパワーアップしました。
ライズが出来たんですよ。

これでもう「都心さえもひれふす街」あたりにキャッチコピーを変えた方がいいかもしれません。


ライズの影響で二子玉川駅は連日大変な賑わいようです。

DSC07149.jpg

以前はゴルフのスイングくらいなら余裕で出来ちゃう感じでしたが、
今はパターの素振りくらいしか出来なくなりました。


ライズ!すごいぞ!二子玉川じゃないみたいだぞ!

DSC07151.jpg

LEEとかに特集とか組まれちゃってたもんなあ。
玉川高島屋の行く末が心配です。

棲み分け、、、るのかなあ。
もはやタマタカの本屋さんは「空いてるから行く」という位置付けになってしまいそうです。
いつもレジに並んでましたが、今後は並ばなくなりそうです。


ライズの地下は地下で大変な騒ぎです。
東急フードショー、性情じゃなかった、成城石井、東急ストアが入ってますから。

盆と正月がいっぺんにやってきたような騒ぎです。


記念すべきライズサブウェイシリーズ第一弾は、
ヨックモックが手掛ける和菓子店「Wa・Bi・Sa」です。

DSC07161.jpg


ふーむ。この「・」と使った店名。

DSC07155.jpg

1996年発売の、田原俊彦「DA・DI・DA」で使われた手法ですね。
あるいは、同じ1996年発売の、郷ひろみ「く・せ・に・な・る」とも同じ手法です。

ちなみに「Wa・Bi・Sa」は2004年に誕生したブランドで、
1号店は銀座三越に出店しています。

名前を考えた人は、田原俊彦、郷ひろみを好きな世代の可能性が高いです。、
そうなると、現在50~60歳くらいの方であることが予想されます。


餡子隊長、すかさずショーウィンドウににじり寄ります。
厳しい視線で和菓子をチェックされています。

DSC07154.jpg


ほろんゾーンがあります。
「ほろん」はヨックモック用語で、和の要素を取り入れたクッキーのことです。

DSC07156.jpg


お隣はプリンゾーンです。
食べるプリンも、食べないプリンプリンも大好きです。

DSC07157.jpg

餡子隊長、たくさんあるメニューから、あっという間にオーダーを決定しお買い上げです。
和菓子と対峙したときの餡子隊長には一切の迷いがありません。


ほろんとプリンを買って帰りました。

DSC07162.jpg

「お持ち歩き時間はどれくらいでしょうか?」と聞かれた際に「10分くらいですかね」と答える優越感。
お店の方は二子玉川在住と思ったことでしょう。
あまりの軽装に「まさかライズタワーの方?!」とまで思ったかもしれません。


しかし実際は、多摩川を超え川崎に渡るという屈辱を味わっている私。

どう受け止められたかはわかりませんが、
真実しか言ってないので大丈夫です。

話を戻しましょう。


箱オープン!

DSC07163.jpg


箱から離脱!

DSC07164.jpg


カップオープン!

DSC07165.jpg


整列!

DSC07169.jpg


念のため申し上げておきますが、そう唱えると自動でそうなるわけではなく、
せっせと手でやっております。


■手だてぷりん 和三盆(315円)

DSC07167.jpg

最近、和三盆を使った和菓子を昔よりよく見る気がします。
流行ってるのかな。
ちなみに和三盆は砂糖の一種で、高級砂糖と位置付けられております。

塩は専門家に言わせると
「塩の種類による味の違いはほぼゼロ。見た目のイメージが違うだけ」
ということらしいですが、砂糖はどうなんでしょうね。
少なくとも黒砂糖なんて確実に味違いますね。


上部の泡に包まれて、その下にぷりんがあります。
泡の部分は幾分しゅわっと感がありますが、全体的にそれほどインパクトはありません。

DSC07175.jpg


底にはカラメルではなくキャラメルゼリーが入っています。
キャラメル度は低めゆえ、なんか甘いのが入っているというくらいの印象でした。

DSC07176.jpg

感想は「普通・・・」という感じでした。
見た目とかちょっと変わってるのに、味が凡庸な印象。



■手だてぷりん 抹茶(315円)

DSC07168.jpg


餡子隊長はいつものように当然抹茶をセレクト。
(私が食べた先ほどのやつも、セレクトは隊長なんですけどね)

DSC07173.jpg

うーん、抹茶の風味があまり感じられないようで隊長は一言、
「普通」
と仰られただけで、3口で食べ終えていました。


ちなみに底には粒餡が入っています。

DSC07174.jpg

ぷりんは、全体的にベタな感じの味わいで、あまり特徴がないような。
また買おう!と思うには記憶に残らないかもしれません。



■香ほろん 抹茶(263円)

DSC07170.jpg

隊長は2品連続で抹茶ものです。

DSC07171.jpg

こちらは抹茶の風味がたっぷりで、隊長としては満足されておられるようでした。
ま、抹茶系のお菓子で抹茶の風味がなかったら、抹茶を掲げる意味ないですからね。

DSC07177.jpg

なお、
「美味しかったけど3つで263円はいくらなんでも高すぎ。
150円くらいが妥当」
と仰られていました。

差額の100円強はブランド代ですかね。



===
【オーダー】
ぷりん 各315円
香ほろん 抹茶 268円


【総合コメント】
ヨックモックが運営する和菓子店です。
2004年にできたブランドで歴史は浅めです。

全体的に特徴が薄く、覚えられない感じです。
無難といえば無難ですが、手土産にするにも、買って帰って食べるにも、
もうちょっと特徴が欲しいかなあ、と思いました。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆




Wa・Bi・Sa 二子玉川 東急フードショー店和菓子 / 二子玉川駅二子新地駅上野毛駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[スイーツ]

theme : スイーツ
genre : グルメ

ラーメン居酒屋 竹虎(六本木)

2011.03.30.21:45

人生13回目の食べログオフ会。
ちなみにFacebookオフ会は人生1回だけですが、蒲田の餃子屋さんを3店舗回りました。


今回のオフ会はソーセージパーティとなりました。
いわゆる男子会というやつです。

なんか食べログの女の子たちが女子会とかやってるみたいなんで、
そりゃあ負けられないよねってことで男子会なんぞしてみました。

前にも1度やったことあるんですけどね。


一般的な話ですが、男子会はやればやるほど友情が深まりますが、
女子会はやればやるほど人間関係がこじれたりする場合もあるようですね。

中学とかの女子仲良し4人組とか、ぱっと見は仲良さそうに見えますが、
実態はなかなか複雑だったりすることありますからね。

本能的なものなんでしょうね。
女子寮にしても、女性専用車両にしても、あまりいい話聞かないです。

餡子隊長がよく言っています。
「女同士は会いすぎるとダメ。適度な距離感が必要」
なるほど、そうなんですね。


まあいずれにしても、やっぱあれですよ。
男あっての女。女あっての男ってことじゃないですかね。
なのでもっと仲良くしないといけませんね。


はて、何の話でしたかね。


あ、そうそう。
ソーセージパーティの話でしたね。


夜の遊び場といえば六本木でしょう。
「ぎろっぽん」なんて無理矢理業界用語っぽくいう人もいますが、私は言いません。

DSC07181.jpg

六本木、、、人通りが少ないです。
震災の影響でしょうね。

ネオンが落ちているお店も多く、街全体が暗いです。


こちら、ソーセージパーティの会場となりました竹虎です。

DSC07182.jpg

ラーメン屋さんと居酒屋が合体したようなお店です。
居酒屋的に飲んで、移動せずにそのまま〆のラーメンが頂けちゃう。

悪くないですよ。
いや、正直いいますと、すごくいいです。

三十も半ばですので、いくら毎日ジム通いをしているとはいえ、
飲んだ後にラーメンなんて食べてる場合じゃないのですが、
飲んでいるお店にラーメンメニューがあると分かっていれば、
お腹の空き具合をラーメン用に調節できるので、無用な食べすぎを防ぐことができます。


なお、竹虎さんは新宿店に昔行ってます。
その時の記事はこちらになります。
・2009年3月30日 竹虎新宿店

店内はカウンター席、テーブル席、個室があります。
そんなに広くはありませんが、席のバリエーションがあっていいですね。

DSC07235.jpg


個室はこんな感じです。
扉がついており、完全なる個室となりますので、どんな猥談だって出来ちゃいます。

DSC07234.jpg


僕、こともあろうか一番の若輩者なのに遅刻しちゃって、
先にあちおさんとナムさんが飲んでました。

DSC07183.jpg

ナムさん、いい感じで影に潜んでますね。
69歳にもなると陰に潜めちゃったりするんですね。


では、遅ればせながら乾杯!
遅れてしまってすみません!

■生ビール(450円)

DSC07185.jpg

アサヒスーパードライの中ジョッキ。
六本木で450円なら合格ですね。

昔、六本木でビール1杯180円の「小松」ってお店があったのですが、
まだあるのかなあ。


では、頂いた物を順次ご紹介して参ります。
あちおさん、ナムさん共にこちらの常連なので、
チョイスはお二人にお任せしました。



■お通し

DSC07184.jpg

麺を揚げたものです。
蕎麦屋、もしくはイタリアンのお店でたまに目にしますね。

これ、食感がよく美味しいです。
太麺の素揚げ、とてもいいです。

ここでラーメンへの伏線を張っているわけですね。


■コブサラダ(380円)

DSC07195.jpg

私は知りませんでしたが「コブサラダ」というのは一般名称らしいですね。
ナムさんが教えてくれました。

さすがナムさん。伊達に69年も生きてません。

あれ?そういえばナムさん、先日誕生日を迎えていたような。
ってことは70歳なのかな?

でも「生涯69歳」が口癖なので、69歳ってことにしておきます。


コブサラダはアメリカ人のレストランオーナーの「ロバート・H・コブ氏」が考案したため、
コブサラダという名前がついているようです(4へえ)。

DSC07196.jpg

盛り付け方は色々ですが、こんなような彩りよい感じのサラダになるみたいです。
なんか急いで食べれるものないかなって思って考案されたようです。

それにしては具材が多く、時間かかりそうですよね。
もしかすると本家のコブサラダは、もっと品数が少ないのかもしれません。


■鶏の唐揚げ(420円)

DSC07209.jpg

ナムさんがいるので鶏の唐揚げは絶対頼まないといけません。
戦中は鶏の唐揚げはすごいご馳走だった、という話を毎回します。
初めて聞いたようなリアクションをするのも疲れてきたので、
最近は「それ前も聞きました」って言えるようになってきました。

鶏の唐揚げは下味がしっかりついていて、
からっと揚がっていてとても美味しいです。
ラーメン屋さんのクオリティではないですね。


ちなみに火の鳥というタイトルが付いています。
なんでかっていうと、こんなのがトッピングされているからです。

DSC07211.jpg

ナムさんはこれを直にバリバリ食べます。


■ハイボール(430円)

DSC07213.jpg

尿酸値が気になるわけではないのですが、
途中からあちおさんの真似してハイボールにしました。
果汁はレモンです。

ハイボール、すっかり流行ってますね。
サントリーさんの頑張りですね。

他社もちゃっかり便乗している感じですが、
先行者利益はだいぶあると思います。


■ガーリックフライドポテト(380円)

DSC07214.jpg

「ガーリック」と「家庭」を天秤にかけた結果、
家庭側がカタンと落ちましたので、食べませんでした。

あちおさんとナムさんが食べてました。

感想は聞いてないのでわかりませんが、
フライドポテトが美味しくないわけはないと思います。


■自慢の手羽先揚げ3本(450円)

DSC07215.jpg

こういうの食べると、無言になりますよね。
この日唯一の無言が訪れました。
骨をちゅぱちゅぱする音が個室に響き渡りました。

ちょっと甘めの味付けでなかなか美味しかったです。
でも手が汚れます。

沈黙が欲しいときに頼むと良い一品です。



では、いよいよ〆のラーメンを紹介いたします。

竹虎さん、ラーメンのメニューが多すぎるんです。
ざっと挙げますと、

・虎ダレ醤油ラーメン
・虎ダレ味噌ラーメン
・魚介豚骨ラーメン
・魚介豚骨つけ麺
・塩豚ラーメン
・塩豚つけ麺
・裏竹虎ラーメン
・裏竹虎つけ麺辛口
・濃厚味噌豚骨ラーメン
・どろ味噌豚骨つけ麺辛口

ざっと10種類。
しかもどれもこだわってそうで、どれも同じだけ推してる感じ。

悩むよー、悩む!


しかし、あちおさんの鶴の一声が。
「意外とノーマルな虎ダレ醤油ラーメンが旨かった」
とのこと。

あちおさんはラーメン屋さんについては知らない事はないくらいの人なので、
リーブ21同様、悩み無用になりました。


■虎ダレ醤油ラーメン(800円)

DSC07219.jpg

大盛り無料ですが、さすがにそれなりに食べた後だったので、
大盛りにはしませんでした。


こ、、、これは。。。

DSC07220.jpg

ニンニク油だそうです。。。

「ニンニク油」と「家庭を」を天秤にかけたら、
ニンニク油側にカタンと落ちましたので、全部回しかけてしまいました。

だったらさっきのポテトも食べればよかった、なんて思いながら。

DSC07223.jpg


ちょっとスープがぬるめかな。
熱々!って感じじゃないっぽい。

DSC07225.jpg


デフォルトで煮卵が入っているのは嬉しいですね。
半分ってのがまた量としてちょうどいいです。

DSC07224.jpg


チャーシューじゃなくて角煮っていうのも特徴でしょうか。
さすがに有名店だけあって、柔らかくてジューシーな合格角煮でした。

DSC07229.jpg

スープが甘めなんですが、その甘さと角煮の相性がとてもよいです。


スープは甘めのしょうゆ味。
コクがあります。

DSC07226.jpg

深みのあるよい醤油スープではあるのですが、
如何せんしょっぱいです。

歌舞伎町でも「えらくしょっぱいなあ」と思ったのですが、
こちらのお店は塩気が強めみたいです。

最初の一口はいいですが、だんだんしょっぱさにげんなりしてきます。

そういえばあちおさんは塩気耐性が高いことを食べてから思い出しました。


麺はちぢれたやや太め。
表面がつるつるした感じの麺です。
もちもち系ではないですね。

DSC07233.jpg



ナムさんの裏竹虎。
ナムさんはこれが大好きなんだそうです。

DSC07221.jpg

69歳でもこってりいけちゃうんですね。

DSC07222.jpg


あちおさんは裏竹虎つけ麺辛口でした。

DSC07230.jpg

さすがのあちおさんも普通盛りでした。

DSC07231.jpg


一口頂きましたが、ピリ辛具合がいい感じの、
ナイスつけ麺でした。

DSC07232.jpg

ラーメンと違ってしょっぱさもあまり気にならなかったような。

DSC07233.jpg


全体的にはしょっぱすぎるのでラーメンはちょっとどうかなと思いつつも、
個室と安さが◎ですね。
1人3,000円ですから。

〆のラーメンも入れて3,000円は秀逸だと思います。
場所も六本木ですし。お店綺麗ですし。

次の男子会も多分こちらでやるんじゃないかなー。



===
【オーダー】
上記の通り 1人3,000円


【総合コメント】
ラーメン居酒屋です。
ラーメン居酒屋形式のお店は初めてではないですが、
飲んで、さらにラーメン食べたという意味では初めての利用形式になります。

おつまみもそこそこのレベルを維持しており、
それでいて本格的なラーメンが食べられて、
しかも安くて綺麗。

さすがに合コンに使えるかどうかはわかりませんが、
使い勝手はとてもいいかもしれません。

合コンなら「あえての30代合コン」ならいいかもしれません。
「あえて」とちゃんと言わないと、ただの貧乏人に思われてしまうので、
「あえて」を付けるのを忘れないようにして下さい。

それと、20代じゃだめです。
「あえて」にならないので。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆



麺匠 竹虎 六本木店ラーメン / 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]
[居酒屋・バー]

theme : ラーメン
genre : グルメ

蕎麦 福寿庵(北参道) 8回目

2011.03.31.12:55

久々に行って来ました福寿庵。

DSC07236.jpg


最近、お昼お弁当にしているので、神宮前近辺の記事がぐっと減ってしまっております。

まあ、新宿時代みたいに店が豊富にあるわけじゃないので、
時々書くくらいでちょうどいいんですけどね。

過去7回の福寿庵記事はこちらになります。
当ブログ登場回数堂々の第1位です。

・2010年09月03日 卵とじ蕎麦
・2010年09月22日 大もり
・2010円10月8日 かき玉蕎麦
・2010年10月20日 カレー南蛮蕎麦
>・2010年11月22日 あんかけ蕎麦
・2010年12月03日 肉南蛮蕎麦
・2010年12月27日 山かけ蕎麦

制覇できるかなあ。
したいなあ。


今回はたぬき蕎麦にしました。
もちろん大盛りです。


■たぬき蕎麦大盛り(700円)

DSC07237.jpg

写真で伝わるかなあ。
このボリューム感。

DSC07238.jpg

たぬき蕎麦もすごい迫力です。
器が普通のお店の1.5倍くらいあって、その器いっぱいに麺が詰まっています。


揚げもたくさん散らしてあるのですが、
麺とスープの量の存在感に負けている感があります。

DSC07239.jpg


いやー、今日も普通に美味しかった。
そして量が普通じゃなかった。
汁を吸って増え続ける麺との戦い。今回もなんとか勝つことができました。

DSC07240.jpg

福寿庵の大盛りを食べる場合は、
たぬき蕎麦みたいな具でダメージを受けないやつを選んだほうが良さそうですね。

たぬき蕎麦、福寿庵の大盛りを楽しむにはいいメニューでした。


===
【オーダー】
たぬき蕎麦 600円
大盛り 100円


総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン 御天(代々木)

2011.03.31.23:56

土曜日ラーメン遠征、在庫もだいぶ少なくなってきました。
やっぱ新宿エリアとは違うなー。

というわけで行って来ました。
代々木にある「御天」というお店です。

DSC07269.jpg

明治通り沿いにあります。


ランチタイムは+100~300円で何か付くセットがあるようです。
ふむふむなるほど。

DSC07270.jpg


では、いざ入店です!

お店は直線カウンターとテーブル席が1つという構成です。

DSC07273.jpg


11時半の開店と同時くらいに入店したので、一番乗りでした。
3人でしたのでテーブル席に陣取りました。

DSC07274.jpg


水はセルフサービス。
漫画が置いてあるので1人のときは読みたいところです。

DSC07281.jpg

ちなにみ水ですが、地方出身者は絶対飲めない水でした。
東京の水道水は美味しいってじゃんじゃんCMやってるのですが、
それは本当なのかもしれませんが、古いビルとかだと全然意味無いようですね。


メニューはこちらです。
かなり種類が豊富です。

DSC07278.jpg

一応、長浜ラーメンのお店のようですけどね。
外に書いてありましたから。

でもインド式ラーメンとかわけのわからないメニューもいくつかあります。

それにしてもデフォルトのラーメンが700円って、
長浜ラーメンとかのお店にしては高いですね。

それと「生ニンニクラーメン」というのが別途あります。
あれ?と思って卓上を見たら、ニンニクが置いてありませんでした。

DSC07283.jpg

なるほど・・・。

それにしても紅生姜が随分と安っぽい色なのが気になります。


ふと店内を見渡すと、ラーメンとは関係のないメニューが数多くあります。
どうやら居酒屋兼ラーメン屋さんという感じのようです。

DSC07276.jpg


ラーメンを麺普通でお願いしました。

DSC07284.jpg

これはだいぶ匂いがきついですね。
「オイニーきつい」というやつです。

こういうのが好きという人もいると思いますが、
私はあまり得意ではありません。
苦手とまではいきませんが、「うっ」って少しなります。
(それを苦手と言うのでしょうか)


具はペナペナのチャーシューとネギと海苔のみ。
いささか寂しい様相です。

DSC07285.jpg


スープはかなりしょっぱいです。
どろっと濃厚で、臭みが強く、塩気満載。

DSC07286.jpg

賛否が別れそうな気がします。


麺はかなりの細め、博多ラーメンなどのお店の中でもだいぶ細いほうではないでしょうか。
固さは普通です。
「普通」といったとおりなので、こちらはオーダー通りです。

DSC07287.jpg

麺は細いのですが、スープが濃厚でどろっとしているものですから、
麺にスープがしっかりとまとわりついてきてしまいます。

しまいますってこともないんですが。


味は、、、という感じだったのですが、
あまりに1杯目が少なかったので、替え玉しました。
今度はバリでお願いしました。

DSC07289.jpg

替え玉はなぜか1杯目より多く感じました。
150円もするから多めにしてくれているとか?
あるいは替え玉させる、、、いやいや。なんのなんの。

替え玉は気分を変えるためにやけに赤い紅生姜を入れてみました。


公右平氏はBセットにしてご飯と水餃子をつけていました。

DSC07288.jpg

だいぶラーメンがしょっぱいので、
ご飯は有り難かったと言っていました。

味は好き好きあるとしても、
この手のラーメンでデフォルトラーメン+替え玉で850円は高すぎかな。

===
【オーダー】
ラーメン 700円
替え玉 150円


【総合コメント】
長浜ラーメンのお店らしいです。

お店の外は「まあなんか豚骨系の匂いするな」という感じでした。
お店の中でも同じような印象でした。

ただ、カウンターに座った人のラーメンが到着してから事態が一変しました。
ん?なんだこの匂いは。。。あれ?あのカウンターの人の器から匂って来るのか?!

ラーメンが匂いの元でした。

豚骨が苦手な人だと卒倒するかもしれません。
ある意味、ホープ軒より強力でした。

オフィスに戻ってもずーっと匂いが残ってました。
ニンニク入れたわけじゃないのに。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆




御天 千駄ヶ谷店ラーメン / 代々木駅北参道駅南新宿駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0




[ラーメン]

4/2

theme : ラーメン
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る