蕎麦 福寿庵(北参道) 12回目

2011.08.02.14:06

打合せの時間の関係で久々に1人寂しく外ランチ。
(普段はお弁当なもので。。。)

新規開拓もよかったのですが、
お蕎麦が食べたかったので、行きつけの福寿庵へ。

DSC09726_20110915220928.jpg


過去11回の記事はこちらになります。

・2010年09月03日 卵とじ蕎麦
・2010年09月22日 大もり
・2010円10月8日 かき玉蕎麦
・2010年10月20日 カレー南蛮蕎麦
・2010年11月22日 あんかけ蕎麦
・2010年12月03日 肉南蛮蕎麦
・2010年12月27日 山かけ蕎麦
・2011年3月31日 たぬき蕎麦
・2011年6月2日 なめこ蕎麦
・2011年6月17日 月見そば
・2011年7月11日 天麩羅蕎麦



1人だったので、スーパードクターKを読みながらお蕎麦の到着を待ちます。
スーパードクターKって、随分とベタなストーリー展開なんだなあ。
まあ、少年漫画だからそんなもんか。

DSC09728_20110915220927.jpg

ブラックジャック的な深さがあるのかと思ってました。


今日はきつね蕎麦にしました。

DSC09727.jpg


薄い揚げがわりと多めに入ってます。
薄い揚げだと、必要以上にスープを吸うこともなく、個人的には好きなタイプの揚げです。

DSC09729_20110915220925.jpg


福寿庵はとにかく量が多いので、きつねだと具の全体的な量が少ないので助かります。
福寿庵の蕎麦を楽しむメニューとしては、きつね蕎麦はなかなかいいですよ。

DSC09730_20110915220923.jpg

ネギの甘さもいい感じ。
きつね蕎麦、お勧めです!


===
【オーダー】
きつね蕎麦 600円




↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[蕎麦]

8/2

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

中華 神楽坂飯店(飯田橋)

2011.08.04.21:17

月例行事となっておりますFacebook餃子部総会。
5回目の総会が飯田橋で執り行われました。

過去4回の総会記事はこちらになります。

・2011年3月4日第1回餃子部総会@蒲田
 歓迎
 你好
 金春
・2011年4月14日第2回餃子部総会@(青山一丁目)
・2011年5月26日第3回餃子部総会@華興(巣鴨)
・2011年7月5日第4回餃子部総会@中国茶房8(六本木)



今回の会場は飯田橋にあるのに「神楽坂飯店」という名前のお店です。

DSC09733_20110918202818.jpg

お店の入口にわらわらと人が集まっておりますが、
行列が出来ているわけではありません。


みんな、このディスプレイを見てるんです。

DSC09735_20110918202818.jpg

ジャンボ餃子9,600円。
総重量2.5キロ。


この模型はインパクトあります。
模型と知りながらたじろぐレベルです。
(あとでこの模型にまつわる信じられないエピソードを聞かされることになります)


今回Facebook餃子部では、果敢にもこのジャンボ餃子を食べようということで、
飯田橋で総会を開いたわけであります。

ちなみにこちらのジャンボ餃子、
2日前までに予約して、しかも前金を支払っておかないと注文できない一品です。
(召し上がりたい方はご注意ください)
また、1人で30分以内に完食しますと、料金がタダになるだけでなく、
お酒も1本プレゼントされます。


なお、こちらのお店、ジャンボ系メニューはこちらだけではありません。

100個餃子、一升炒飯。

DSC09736_20110918202817.jpg


ジャンボラーメンというのもあります。

DSC09737_20110918202817.jpg

ジャンボ餃子は予約は不要ですので、
思い立ってチャレンジする場合は、この3つに挑戦することが出来ます。


では、勇気を出して突撃です。

DSC09734_20110918212037.jpg


店内は1階と2階がありまして、2階はこのような雰囲気です。
まあ、町の中華屋さんという感じですね。

DSC09739_20110918202816.jpg


元祖ジャンボ系のお店として昔から結構有名ですので、
壁には有名人のサインが貼り出されています。

DSC09738_20110918202816.jpg


さあ!第5回Facebook餃子部総会、始まり始まり!

DSC09819_20110918203215.jpg

第1回は6人でしたが、回を重ねるごとに人数増えてますね。。。


今回はジャンボ餃子との戦いに備えて、
緊急でFacebookダイエット部のエース2人も駆けつけてくれました。

DSC09811.jpg

いつも「お残し」をしてしまう、へなちょこ餃子部にあって、
この2人の加入は心強いです。
堂々と大口をたたけます。


まあ、ビールなんぞで乾杯はするわけですが、
今回は主役はあくまでもジャンボ餃子や一升炒飯ですので、
脇役たちの紹介は最後にさせて頂きます。

DSC09740_20110918203214.jpg

メニューと合わせて、気になる方は一番下をご覧ください。


席に着くなり「ジャンボ餃子と一升炒飯お持ちしましょうか?」とお店の方が言われたので、
早速ではありますがお願いすることにしました。

「いやー、あのディスプレイの餃子、すごいですよね。食べ切れるかなあ」
と店員さんに話しかけると、恐ろしい一言が返ってきました。


「あのディスプレイは大袈裟に作ってあるだけで、
実際はあんなに大きくないので大丈夫ですよ」


orz


ここでいう「大丈夫」は、ラーメン屋さんなどである、

店:ラーメンお待ちぃ!
私:あの、、、指入ってるんですけど・・・
店:あ、熱くないので大丈夫です
私:・・・。

この「大丈夫」に通じるものがある気がします。


一同苦笑いをしていると、ジャンボ餃子と一升炒飯が運ばれてきました。

デーン。

DSC09758.jpg

枕にしか見えません。



デーン。

DSC09760.jpg

単品だと大きさがわかりません。


ジャンボ餃子、普通の餃子やタバコの箱と比べるとこんな感じです。

DSC09756.jpg

確かにディスプレイよりは2周りくらい小さいですが、
それでも実物オーラはやはりすごく、驚嘆の声をあげるには余りある大きさです。


もうみんなこぞってカメラを向けます。

DSC09749_20110918203332.jpg


MASAO氏もこの表情。

DSC09816_20110918204124.jpg



なんだなんだ。
こりゃあまるで食べログのオフ会みたいな光景じゃないか。

DSC09750_20110918203332.jpg


参考:一昨年の食べログ大忘年会にて

PC130111_20110918220028.jpg


おっと、ここでキングKENとクイーンREIによる記念撮影が始まりました。

DSC09762.jpg


「こちらに向かってもう1度お願いします」と各紙競ってシャッターを切りまくります。
記者たちも必死です。

DSC09768.jpg


キングKEN、クイーンREI、笑顔で餃子乳頭です!
間違えた。入刀です!

DSC09771_20110918203330.jpg

これは各紙、一面は決まりでしょうね。


最後はキングKENの持つエクスカリバーによってジャンボ餃子は真っ二つにされます。

DSC09774_20110918203330.jpg


割れました。

DSC09775_20110918203430.jpg


つまんで食べることなど不可能なのに、
それぞれに楊枝が刺さっています。

DSC09776.jpg

それにしても、冷静に考えて何の食べ物なのかよくわかりません。


ぎっしり詰まった餃子の餡。
それを包むホウトウのような皮。。。皮っていうのか、この厚さ。

DSC09778_20110918203428.jpg


これを餃子部きっての男前、SUMIYOSHI氏によって食べやすい大きさにカッティングぅされます。
(エドはるみ調であり、タイプミスではございません)

DSC09783.jpg


カッティングぅされるジャンボ餃子。
もはや新種の食べ物にしか見えません。

DSC09784_20110918203427.jpg

ちなみに味ですが、餡の味は結構濃いめです。
醤油なんてつけなくても食べれるレベルです。

ホウトウのような皮は、意外にも焼き目がついた部分はカリッとしており、
なんだか美味しい気がします。

トータル的に美味しいのか美味しくないのかと聞かれると非常に困るところですが、
とにかく「楽しい」ということだけは間違いありません。

気分上々、意気揚々といったところです。



さて、次に一升炒飯。
文字通り一升のお米で作られた炒飯です。

DSC09751.jpg


タバコの箱と比べるとこんな感じ。

DSC09754.jpg

ちょっと大きさが伝わりにくいかな。


じゃあ、Facebook炒飯部主将のYAMAMOTO氏の前に置くとこんな感じ。
(当時はそんな部はなく、今回のイベント後に炒飯部が創設されました)

DSC09763.jpg


嬉しそうなYAMAMOTO氏。
被写体力があり過ぎます。

DSC09764.jpg


炒飯を一口。

DSC09765.jpg


喜び過ぎです。

DSC09767.jpg

この後みんなで取り分けて食べました。

味は普通に美味しいですが、
美味しいというより、こちらも楽しいといった感じ。

楽しいは美味しいより大事な要素な気がします。
美味しいけど楽しくないじゃ食事としてはよくないです。



ジャンボ餃子、一升炒飯、全員で退治成功です。
(そりゃあ20人もいればね。。。当然ですよ。。。本当は1人で挑戦するんですから)


一時の熱気は忘れ、しばしご歓談です。

DSC09787_20110918203716.jpg


おおっと。餃子部きってのプレイボーイKONDO氏。
古い言い方ではありますが、今回も「両手に花」となっております。

DSC09794_20110918203715.jpg

やはり通販で買ったフェロモンが効いているんですかねえ。
今度僕も買ってみようかな。


クイーンREIと仲むつまじげかと思いきや、

DSC09788.jpg


プリンセスMAKIにもちょっかいを出す。

DSC09809_20110918203714.jpg


おおっと!!プリンセスMAKI、KONDO氏の左手の攻撃に顔を上げることすらできない!!

DSC09813.jpg

KONDO氏がプリンスの座につく日も近そうです。
いっぱい媚うっとかないと。


さて、ジャンボ餃子、一升炒飯との戦いを終え、
部員から「100個餃子、ジャンボラーメンにもチャレンジするべきではないか」と声が上がります。
ダイエット部のエースが控えているゆえ、いつになく威勢がいいです。


するとキングKENからOKサインが出ました。
後ろでKONDO氏がプリンス気取りです。

DSC09785_20110918203713.jpg


おばちゃん、100個餃子とジャンボラーメンね!


というわけで、100個餃子の登場です。

DSC09795_20110918203826.jpg


うへーーーー。これ、ある意味ジャンボ餃子よりもインパクトあるどーー。

DSC09796_20110918203825.jpg



続いてジャンボラーメン。

DSC09800.jpg


うん。でかいね。でも3杯分だから、他のジャンボ系よりはインパクトないです。
冷静に考えても、腹ペコ状態なら食べられると思います。

DSC09801_20110918203912.jpg


何がすごいかって、値段が630円ってことですかね。
ノーマルラーメンが480円なので、ついジャンボに走っちゃう人は多いんじゃないですかね。

DSC09802_20110918203912.jpg


100個餃子、ジャンボラーメンの登場に一同騒然。

和やかだったムードが一変。
みんな必死にシャッターを切ります。

DSC09797_20110918203825.jpg



20人で100個餃子完食。
(1人5個だもん、そりゃそうだよね)

DSC09806_20110918203911.jpg



ジャンボラーメンもスープまで完食。

DSC09807_20110918203911.jpg


いやー、とにかく楽しかった。
なんか一種のアトラクションみたいな感じ。

「大きいこと」「多いこと」のすごさを改めて実感する1日となりました。

10名以上のグループであれば、
どんな間柄でも確実に盛り上がれると思います。

エンターテイメントですね、これは。


===
【オーダー】
上記+下記の品々 1人3500円程度


【総合コメント】
元祖なのかわかりませんが、ジャンボ系メニューを古くからやっている神楽坂飯店です。
わりと年配の方でも「あー、あそこのジャンボ餃子ねー」とその存在を古くから知られているお店です。

毎回方向性の違う面白いお店で開催されるFacebook餃子部。
今回も総会史に残る催しとなりました。

来月は餃子の王将で食べ放題を予定しております。

あまりにも楽しく、味、サービス、CPなんかは普通なのですが、
全体の評価は思わず上がっちゃうそんなお店でした。



では、脇役の品々と、メニュー表を最後に紹介させて頂きます。
(1人1品は注文しなければならない、というお店のルールがあったので頼んだ品々です)


■鶏カシューナッツ炒め(800円)

DSC09779_20110918204012.jpg


■コリコリ海月の前菜(600円)

DSC09781.jpg


■胡瓜のたたきピリ辛和え(450円)

DSC09782_20110918204010.jpg



■なんだかわからない

DSC09780_20110918204011.jpg



■メニュー①

DSC09741.jpg


■メニュー②

DSC09742.jpg


■メニュー③

DSC09743_20110918204050.jpg


■メニュー④

DSC09744.jpg



■メニュー⑤

DSC09745_20110918204048.jpg


■メニュー⑥

DSC09746_20110918204048.jpg


■メニュー⑦

DSC09747_20110918204125.jpg



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆





神楽坂飯店 中華料理 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

8/4

theme : 中華料理
genre : グルメ

蕎麦 福寿庵(北参道) 13回目

2011.08.05.12:55

ブログを書くようになってから、初めて全メニュー制覇を目指しているお店。
福寿庵、また行ってまいりました。

DSC09820_20110919005707.jpg

本ブログ13回目の登場です。


過去12回の記事はこちらになります。


・2010年09月03日 卵とじ蕎麦
・2010年09月22日 大もり
・2010円10月8日 かき玉蕎麦
・2010年10月20日 カレー南蛮蕎麦
・2010年11月22日 あんかけ蕎麦
・2010年12月03日 肉南蛮蕎麦
・2010年12月27日 山かけ蕎麦
・2011年3月31日 たぬき蕎麦
・2011年6月2日 なめこ蕎麦
・2011年6月17日 月見そば
・2011年7月11日 天麩羅蕎麦
・2011年8月23日 きつね蕎麦


暑いうちにということで、今回は冷やしたぬき蕎麦を頂きました。

DSC09821_20110919005706.jpg


相変わらずのボリューム。
通常のお店の大盛り以上です。

DSC09822_20110919005706.jpg

くどいですが、大盛りだとこの倍の量が出てきますのでご注意ください。


惜しげもなくたっぷり盛られたキュウリ。
(時々キュウリは苦手な方がいますのでご注意ください)

DSC09823_20110919005705.jpg


たっぷり盛られたワカメ。

DSC09825_20110919005705.jpg


たっぷり盛られた揚げ。

DSC09824.jpg


たっぷり添えられたワサビ。

DSC09826.jpg

もうとにかく福寿庵では何でもたっぷりです。


ちなみにこちらの冷やしたぬき蕎麦。
見ている限り、夏の冷やしメニューで圧倒的NO1メニューとなっております。

DSC09827.jpg

もり、大もりはもちろん不動の人気を博しているわけですが、
夏季限定メニューの中では、冷やしたぬき蕎麦が一番人気があるようです。

たっぷりの具と、たっぷりの麺を混ぜて頂くのですが、
キュウリとワカメと冷たい蕎麦がさっぱりしているのに対し、
揚げがオイリーさ補填して、なんとも美味しいのです。

夏季限定メニューではイチオシです!


===
【オーダー】
冷やしたぬき蕎麦 850円



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆


[蕎麦]

8/5

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン ジョニー飯店(二子新地)

2011.08.05.21:09

「二子新地駅最寄ラーメン店」という称号を持っていた「蓬莱」というお店がありました。

まあ、どこにでもあるようないわゆる町のラーメン屋さんっぽいお店だったのですが、
すぐ近くに「大陸麺本舗」という、ちょっと小じゃれた坦々麺のお店が出来てからは、
「二子新地最寄駅ラーメン店」の地位を失ってしまいました。


大陸麺本舗の記事はこちらになります。
・2011年3月13日 大陸麺本舗


二子新地周りは全然栄えておらず、
お店もまばら。
そんなところにラーメン屋さんがほぼ並んで存在していたら、
当然お客さんを取り合うことになっちゃいますよね。

と、そんな訳があってか、なくてか、蓬莱が急に生まれ変わりました。

ほら、この通り。

DSC00554_20110919011556.jpg

その名も「ジョニー飯店」。。。
ううっ、、、痛々しい名前にしたものですね。。。


名前は痛々しいですが、いっぱい花が届いています。

DSC00556_20110919011556.jpg


最初は居抜きで新しいお店が入ったのかな?と心ときめかせたりしていたのですが、
こんなものを見つけてしまいました。

DSC00555_20110919011555.jpg

蓬莱さんへって、、、生まれ変わったのに。。。
転校して生まれ変わろうとしたら、同じ学校から同じ学校に転校した友達がいた、的な話か。


何を隠そう、私の食べログ投稿1軒目は、蓬莱だったんです。
インセクター問題を取り上げたために、速攻で削除されましたが。

隠れとはいえ、記念すべき1軒目のお店が改装したのだから行ってみようかなと思い立ち、
夕飯で利用してきました。

DSC09829_20110919011554.jpg


もう新装オープンから日数が経っているので花は置いてありません。

DSC09830.jpg

では、突撃です。


クランク型のカウンターは以前のままです。
2階もありちょっとした宴会ならできる模様ですが、それも以前と同じ。

DSC09834_20110919011615.jpg

改装というか、外観とブランド名をいじっただけで、
お店の中も従業員の方も、蓬莱時代のままのような気がします。


店内は冷房が効いており、よく冷えています。
ラーメン食べる環境としてはとてもいいですね。
汗だくになりながら麺をすするのは結構きついので。

21時で3割ほどの客入りです。
ラジオで野球中継が流れています。


メニューはこちらです。
蓬莱時代と同じなのか違うのか、4年前に1度来ただけなのでそこまではわかりません。

DSC09832.jpg

デフォルトラーメンが580円ですから、
良心的といえば良心的ですが、まあここ神奈川だからなー。


オープン記念ということで、いくつか割引になっているメニューがありました。

DSC09833_20110919011614.jpg


今回はその割引されている中から坦々麺を頂いてみることにしました。

小ぶりの器でタンタン麺到着です。

DSC09835_20110919011756.jpg


具は挽肉餡、水菜、白ネギというシンプルな構成。

DSC09836.jpg


スープは軽く白ごまが利いています。
ニンニクも入っていて、まあまあコクもあります。
ニンニクは結構強めかな。男性受けしそうな感じ。

DSC09837_20110919011755.jpg


麺は細いストレートです。
博多ラーメンくらいの感じゆえ、茹で加減は固めを指定してもいいかもしれません。

DSC09839_20110919011755.jpg

街の中華風のお店のタンタン麺としては合格だと思います。
わざわざ電車を乗り継いで、このために食べにくるという味ではありませんが、
近所使いの味としては、いいんじゃないかなー。

変にアレンジしてなくて、日本人に合う味という意味では、
大陸麺本舗より坦々麺はこっちの方が好きかな。

地元民としては、切磋琢磨してどんどん味が美味しくなるといいなと思いました。

===
【オーダー】
坦々麺 730円(普段は780円)


【総合コメント】
二子新地駅、改札を出て左に30メートル行ったところにあるラーメン屋さんです。

よく、野球チームの団体さんや、
高校生が大勢お店に吸い込まれていくのを見ます。

初めて訪問した際にはびっくりした事件がありましたが、
改装もして心機一転頑張ってほしいです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆





蓬莱 ラーメン / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

8/5

theme : ラーメン
genre : グルメ

ラーメン 旭川ラーメンすがわら(原宿)

2011.08.06.12:39

7月の終わり頃、原宿に出来た新店です。
最近よく原宿にラーメン屋さんできるなあ。


竹下通りを抜けて明治通りを渡ってそのまま直進し、
最初の曲がり角を右に曲がって数十メートル行った場所にあります。
前は豚骨ラーメンのお店でしたね。
行ったことはありませんが。

DSC09841_20110915222214.jpg


旭川ラーメンということで醤油がウリなのかな?と思ったら、
ネットで調べたら旭川のお店は塩ラーメンが有名とのこと。

お店も旭川ではなかなか有名のようです。



確かに券売機の左上ポールポジションは塩ラーメンが陣取っています。
塩ラーメンは他のラーメンに比べると好み順位としては低めですが、
ここは塩ラーメンでいってみるしかありませんね。

DSC09843_20110915222213.jpg

塩、醤油、味噌それぞれ600円。安っ。
大盛りは無料のようです。

若者をターゲットにした価格設定でしょうか。


店内は手前にこのような直線型カウンター席があります。

DSC09844_20110915222212.jpg


奥にはこのようなテーブル席という構成。

DSC09846_20110915222211.jpg

使われているのかわかりませんが、2階席もあるようです。
入口から想像するよりも箱は大きめですね。

奥のテーブル席エリアは空調が弱く少し暑いとのことだったが、
3人だったし落ち着いて食べたいので、テーブル席にしました。

ちなみに来週エアコンが追加されるようです。
暑い日に暑い部屋で熱いラーメン食べるのはきついですからね。


おしぼりが出ます。しかも冷たいやつ。
ラーメン屋さんでは珍しいですね。


店員さんは1人を除いて中国の方です。
オープン間もないこともあるのでしょう。しきりに店長っぽい日本人店員が怒っています。
人が怒られている様を見ながら食事をするのは気分よくないですね。
そういうのって気付かないものでしょうか。


醤油も魅かれましたが、初志貫徹で塩ラーメンにしてみました。

DSC09848.jpg


具は薄いチャーシュー、小口ネギ、白髪ねぎ、メンマ、ナルトというシンプルな構成。
具にはあまり主張するものはありませんでした。

DSC09849.jpg


スープは塩ラーメンによくある味。
よく言えばシンプルな味というやつ。皆さんが何となく想像できるアノ味です。
思い切って言えばインスタントっぽい味。

DSC09852.jpg

スープ自体にはそれほど特徴はないかな。
化調っぽい舌に残る甘さが特徴と言えば特徴なのか。
あっさりはしてます。


麺は細めの少しだけウェーブがかかった感じ。
ストレートと言ってもいいのかな。

DSC09853_20110915222428.jpg

だいぶ柔らかいな。。。ゆで過ぎですね。
あるいはこういう仕様の麺なのか。
スーパーで売ってる麺を少し茹で過ぎるとこんな感じになるんだけど。

それと、麺の量に対してスープが少な過ぎて、麺がスープを泳いでくれません。
大盛り無料は嬉しいけど、これはちょっと悲しいですね。


基本ゆで過ぎなのに、一部麺は固まったままドカっと入っていたり。
なんじゃこりゃ。店でこのクオリティは珍しいですね。

DSC09856_20110915222428.jpg


麺の湯切りが甘いのか、
麺のぬめりがスープに移ってしまい、透明だったスープがみるみる白濁してしまいます。
スープ自体もちょっとぬめぬめするし。

DSC09859_20110915222427.jpg


旭川では有名なお店らしいですが、
旭川でもこのラーメン出していて、それでいて人気なのか。


600円で大盛り無料なので、中高生の支持を集めることで生き残ることは出来るかもしれません。
原宿はある種特別な街なので、必ずしもおじさんから支持される必要ないですからね。

まあ逆にいうと中高生には「旭川の名店!」というフレーズはきかないでしょうけど。


===
【オーダー】
塩ラーメン 600円
大盛り無料


【総合コメント】
旭川にある名店が原宿にきたことになってはいるのですが、、、
本当に同じ味を提供して旭川では名店と呼ばれているのか。

麺はやわやわのびのび、
スープは特徴なく、
麺は全然ほぐれていない。

強いて言えば「開店して間もないから」という理由があるかもしれません。
また行かないとその辺りは確認できないのですが。。。行くことがあるか。。。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(3)     :★★★☆☆☆☆☆☆☆
サービス(4)  :★★★★☆☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆





旭川ラーメン すがわら 原宿店ラーメン / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[ラーメン]

8/6

theme : ラーメン
genre : グルメ

中華 京鼎樓(恵比寿)

2011.08.07.13:56

10月に休暇をとり、台湾にいきます。
連日台湾本を読み漁り、さてさてどこのお店に食べに行こうかと思案しております。

すると不思議なものでというか、
当然のことでというか、
小籠包が食べたくて食べたくて仕方なくなってしまいます。

10月までなんて待ってられません。
行くしかありません。

というわけで行ってきました。
恵比寿にある小籠包の有名店「京鼎樓」。

DSC09897.jpg

もちろん台湾に本店があります。


外から小籠包を作っているのが見えます。
鼎泰豐なども外から見えるようにしてますね。
演出の1つでしょう。

DSC09898_20110924215821.jpg

いざ突撃です。


店内は12時半の入店で半分程度の客入りでしたが、
13時にはほぼ満席になっておりました。
人気は健在のようです。

DSC09861.jpg


入口すぐにはわりと席がうっそうと並んだエリアなのですが、
右奥に少しゆったりめの席があります。

DSC09862_20110924215820.jpg

予約をしていったことと、
禁煙席はないのか??と聞いたことで、こちらの席に通して頂けたようです。

ちなみに恐ろしいことに全席喫煙可なのです。
いまどきなぜ。。。

しかし偶然なのか何なのかわかりませんが、
誰ひとりとしてタバコを吸っているお客さんはいませんでした。

タバコ吸えるって気付かなかった可能性もありますね。

是非全席禁煙にして頂いて、
安心して通えるようにして欲しいですが、、、まあこれは嫌煙家だけの意見になりますが。


ランチメニューはこちらです。
気になる方はクリックして拡大してご覧ください。

DSC09863_20110924215819.jpg

1,500円~という構成です。
恵比寿ですからまあこんなもんでしょう。


お茶はジャスミン茶。
中級以上の中華料理屋さんではよくあるスタイルですね。

DSC09867_20110924215900.jpg


席には黒酢、白酢、醤油が完備してあります。
酢をいちいち頼まなくていいので楽でいいです。

DSC09865_20110924215900.jpg



まず、ランチセットについている前菜が運ばれてきます。

DSC09869_20110924220029.jpg


豆腐の上にゴマ油で和えてあるネギと海老がのってます。

DSC09870_20110924220029.jpg

さっぱりとした冷製前菜。
小籠包が早く来ないかな、という気持ちを一時的にそらすことができます。



前菜を食べ終える頃、メインと小籠包が到着しました。
テーブルは一気に賑わいます。

DSC09880.jpg


まずはメインですが気持ち的には脇役の坦々麺を紹介します。

DSC09872_20110924220028.jpg


スープには白ごまが効いています。
塩気がわりと強めで、多少しょっぱさを感じます。
思ったより量が多く、塩分多めゆえ後半結構飽きがきますね。

DSC09873_20110924220028.jpg


辛さがほぼないのも、飽きを助長しているかもしれません。。
ただ、女性客が多いので、あまり辛くし過ぎると支持を得ないでしょうね。

DSC09875.jpg


多少味は濃いですが、トータル的には本格派の坦々麺です。
序盤は結構美味しく頂けます。
さすがに外してはこないですね。

DSC09877_20110924220027.jpg



真打登場。小籠包です。

DSC09881_20110924220115.jpg


こちらがノーマル小籠包。

DSC09882_20110924220114.jpg



こちらの中央に白印があるほうが、
+850円で追加した蟹肉小籠包です。

DSC09883_20110924220114.jpg


見るからに美味しそう。
こんな写真ばかり見て、本当に食べたかった一品。

DSC09884_20110924220113.jpg


黒酢と生姜と一緒に頂きます。

DSC09888_20110924220113.jpg


箸で持つとポヨンとなる小籠包。
美味しい小籠包のビジュアルです。

DSC09892.jpg


挽き肉粗め小籠包。
肉汁はさすがにたっぷりですね。

鼎泰豐と比べると皮が厚いです。
個人的には薄皮の方が好きですかね。


蟹肉の方は、カニ味噌の味がしっかりして芳醇な味わい。
小さいからって舐めちゃいけませんね。しっかり蟹。しっかり肉汁。
4つでプラス850円と、普通のランチ1回分のプラス料金ですが納得の味でした。

文句なしに美味しいです。


美味しい小籠包が食べられて満足です。
台湾で本店に行ってみようと思いました。


デザートの杏仁豆腐はとても量が多いです。

DSC09895_20110924220127.jpg


お店も綺麗で、偶然ですが周りに喫煙者もなく、
ボリューム、味ともに納得、満足のランチとなりました。


===
【オーダー】
坦々麺+小籠包のランチセット 1,500円
蟹肉小籠包 850円


【総合コメント】
恵比寿きっての小籠包が食べられるお店です。

店員さんは皆さん丁寧です。
バイトで出来るレベルではない感じ。
サービスレベルは一様に高いです。
夜はサービス料10パーセントとるだけのことはありますね。

恵比寿で小籠包を食べるなら、今のところこちらが一番いいかな、と思います。
好みで言うと鼎泰豐の方が皮薄め、挽肉細かめで好きかなとも思いましたが、
最近行ってないので近々行ってみようと思います。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




京鼎樓 恵比寿本店台湾料理 / 恵比寿駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

8/7

theme : 中華料理
genre : グルメ

甘いもの C3(渋谷)

2011.08.07.17:25

渋谷の東急フードショー入口。

DSC09899_20110925012603.jpg

ライズの地下にも東急フードショーがありますが、
二子玉川ライズには「C3(シーキューブ)」が入っていません。

C3のシュークリームが好きなのですが、
二子玉川では買えません。

タマタカには同じ会社が運営しているアンリシャルパンティエが入っており、
シュークリームはあるのですが、一見似ているのですが、
アンリシャルパンティエのシュークリームは、生クリームが入っており、
C3のそれとは違います。


というわけで、恵比寿で小籠包を食べた後、
渋谷の東急フードショー内のC3へ。


いろいろありますが、やっぱC3はシュークリームが一番好きだなあ。

DSC09903.jpg


というわけで買ってきました。

DSC09904_20110925012601.jpg


箱オープン!

DSC09905_20110925012601.jpg


セッティングぅ!
(エド、、、もうそろそろいいか)

DSC09907_20110925012600.jpg


シュークリームと関係ありませんが、
こちら餡子隊長が最近気に入っているカップです。

DSC09909_20110925012631.jpg


さて、こちらがC3のシュークリーム。
210円です。

DSC09910.jpg


皮のしっとりさ加減、固さ加減、
カスタードクリームのバニラビーンズ加減、甘さ加減、量、どれをとっても絶妙です。

DSC09911.jpg

コストパフォーマンスを勘案すると、
今のところこちらのシュークリームが一番好きです。

先日食べたパティスリーAOKIのシュークリームも美味しいことは美味しいですが、
いくらなんでも高すぎるので、トータル的にはこちらが一番かなあ、と。

トトロのシュークリームも、美味しいですが法外な高さだもんなあ。


===
【オーダー】
シュークリーム 210円


【総合コメント】
神戸の芦屋発祥の会社アッシュ・セー・クレアシオンが運営する1業態です。
アンリシャルパンティエの方が有名ですかね。

こちらのシュークリームは、CPまで考えると個人的にはNO1です。
ただ、そもそも数々のシュークリームを食べてきているわけではないので、
母体数は少ないのでご容赦ください。

今度は違うものを食べてみたい。

と思いつつも、やっぱりシュークリームを選んでしまう今日この頃です。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆



シーキューブ 東急東横店ケーキ / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[甘いもの]

8/7

theme : スイーツ
genre : グルメ

中華 香港ロジ(北参道) 2回目

2011.08.08.13:53

2度目の香港ロジ。
意外と中華のお店が少ない神宮前エリアにあって貴重なお店です。

DSC09913_20110925175248.jpg


1回目の記事はこちらになります。
・2010年9月10日 酸辣湯麺


ちなみに香港ロジは渋谷にもあります。
渋谷店の記事はこちらになります。
・2008年11月24日 渋谷店 香港焼きそばとお粥のセット



この日のランチメニューはこちらでした。
行くたびにわりとメニューが違うので、再訪したくなりますね。
(1年ぶりのくせに。。。)

DSC09914_20110925175248.jpg



麻婆炒飯にしてみました。
麻婆炒飯って意外とありそうで、あまり置いているお店が少ないです。

DSC09915_20110925175247.jpg


美味しそう。。。

DSC09916_20110925175247.jpg


そして美味しい。。。

DSC09917_20110925175246.jpg


いわゆる山椒ビリビリの本格タイプでもなく、
かといってクックドゥのようなチープな味わいでもない、
家庭的ですが真似はなかなか難しい完成度の麻婆豆腐。

DSC09918.jpg

炒飯はもちろんパラパラ。

大盛りも無料だし、ちょくちょく来たくなってしまうお店です。
界隈の中華なら一番いいんじゃないかなあ。


===
【オーダー】
麻婆炒飯のランチセット 850円


総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆


[中華]

8/8

theme : 中華料理
genre : グルメ

チャンポン ハカタノチカラ(銀座)

2011.08.09.15:45

先日銀座にオープンした「ハカタノチカラ」。
つじ田系列の「いし井」の隣にあります。

銀座でもラーメン屋さんが隣り合っている所があるんですねー。

DSC09920.jpg


「ハカタノチカラ」だけ見ると豚骨ラーメンのお店かと思ってしまいそうですが、
チャンポンのお店です。
(豚骨ラーメンもありますけどね)

DSC09921.jpg


主力メニューが貼り出されています。

DSC09923.jpg

チャンポンは勿論気になりますが、その下のチャントンが気になります。。。

と思ってふとディスプレイに目をやると、、、

DSC09922_20110925181549.jpg

なるほど、これがチャントンですか!
パーコー麺みたいなわけですね!

このディスプレイにまんまとやられました。
今日はチャントンにします。


お店に入って券売機で食券を買います。

DSC09925_20110925181549.jpg

基本のチャンポンもいくつか種類があります。
辛ミソチャンポンなんて気になるじゃないですか。

でも今日はチャントンでいくって決めちゃってます。
ちなみに「辛ミソチャントン」というメニューはないのですが、
言えば作ってくれるのでしょうか。

ちなみに大盛り制ではなく、替え玉制です。


店内は綺麗です。出来たばかりですからね。

DSC09924_20110925181548.jpg

テーブル席とカウンター席があります。
15時過ぎての訪問だったので、お客さんは誰もいませんでした。


野菜、麺、スープそれぞれのこだわりに関する内容が壁に書いてあります。
気になる方はクリックして拡大してご覧ください。

DSC09941.jpg


チャンポンを豚骨ベースで作るのが博多流のようですね。。。
じゃあ長崎流は何をベースにしているのかな。

DSC09940_20110925181734.jpg


おっと。一風堂の団扇が。
こちらは一風堂系列のお店なんですね。

DSC09928_20110925181633.jpg


一風堂系列の他のお店の記事はこちらになります。
・2008年9月25日 五行(西麻布)
・2009年5月20日 五行(銀座)
・2009年12月27日 一風堂(恵比寿)
・2011年1月25日 一風堂 COLLECTION. MISO(代々木)
・2011年7月26日 一風堂 COLLECTION(銀座) からか麺


一風堂らしさはこんなところにも。

DSC09929_20110925181633.jpg

このお茶は、一風堂のお茶ですね。


卓上には調味料がズラリ。
自分なりの味を創造するチャンスを与えてくれているのでしょうか。

DSC09930.jpg



オーダー後、ほどなくしてチャントンが到着しました。
どうも、はじめまして。

DSC09931_20110925181710.jpg



パーコーは、下味がしっかりついていて、
これだけで食べても大変美味しいです。
サクッとした食感も最高です。

DSC09932_20110925181710.jpg

かなりレベルの高いパーコーです。
病み付きになりそうです。


チャンポンですから、野菜がたっぷり入っています。
野菜はほどよくシャキシャキ感が残る程度に茹で上げられており、
味も食感も楽しむことができます。

DSC09933.jpg

イカゲソなどの魚介類も入っており、
旨味と風味をスープにプラスしています。

全体的な具の量としては、
チャンポンとしてはやや少なめかなとも思いましたが、
ラーメンにはあまり具材が入ってない方が好きなので、
私にはちょうどよかったです。

スープは豚骨がガツンと効いており、チャンポンとしてはだいぶいいパンチを持っています。

DSC09937.jpg

こんなチャンポンは初めて食べました。
しっかりした豚骨に下支されたえスープが何とも癖になりそう。



麺はてっきり博多ラーメンみたいな細麺なのかなと思っていたのですが、
中細ストレート麺でした。

DSC09936.jpg

チャンポン用にアレンジされているのですね。
プツプツした食感が楽しめる、チャンポンに非常によく合う麺だと思いました。


ふと卓上に生姜があるのが目につき、

DSC09938.jpg


生姜を投入!

DSC09939.jpg

生姜を入れたら「トナリ」みたいな味になりました。
最後の方に試してみるのをお勧めします。

チャントンでしたら、ボリュームも十分で替え玉は不要でした。
また食べに来たいです。かなり。


===
【オーダー】
チャントン 880円


【総合コメント】
豚骨ベースのチャンポンが頂ける一風堂グループのお店です。

さすが一風堂。
いろんなジャンルでお店を出しても、
どこも美味しいです。
(MISOは私は甘すぎて苦手でしたが)

真新しさもあると思うのですが、
一風堂シリーズの中ではかなり好きな部類に入ります。

ハカタノチカラ、今度は辛ミソを食べてみたいです。

長崎流ではないようですが、チャンポンの中ではこれまで食べた中で一番好きかもしれません。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆




チャンポンハカタノチカラ ラーメン / 銀座一丁目駅東銀座駅銀座駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

8/9

theme : ラーメン
genre : グルメ

韓国料理 とん豚テジ(新宿)

2011.08.10.21:11

久々に歌舞伎町で遊んで来ました。
去年までは西新宿にオフィスがあったので週に1度は来ていましたが、
2駅違った場所に拠点を移すだけで、なかなか疎遠になるものです。

お邪魔したのは「とん豚テジ」というお店です。

DSC09942.jpg


「テジ」は韓国語で「豚」という意味なので、
店名は「豚豚豚」と書いてあるのと同義ですかね。

DSC09943.jpg


では店内に突撃です。
手前はこのようなテーブル席。

DSC09944.jpg


奥はこのような座敷の席になっています。
座敷は掘り炬燵式ではありません。

DSC09970.jpg


メニュー表は一番最後に紹介しますので、
気になる方は最下部をご覧ください。



■生ビール(480円)

DSC09953.jpg

いくつになっても乾杯はビールでありたいものです。
そのうち我が社に入ってくる若者も「乾杯はカシスグレープ」などという人種になったりするのだろうか。
そこで説教したら、やはり嫌われるのだろうか。
(そうでしょうね)



■カンナ三段バラ(1人前1,470円)

DSC09955.jpg

到着するなり、いきなりパワー全開のオーダーです。
お店の名物カンナ三段バラです。
カンナで削ったように薄いことから、こういった名前になっているようです。


これに、まずは「オモガリキムチ(600円)」を切りまして(全部お店の人がやってくれます)、、、

DSC09954_20110925211602.jpg


並べまして、、、

DSC09956.jpg


さらに肉を並べまして、、、

DSC09957_20110925211601.jpg


肉の上にレタスを散らしまして、、、

DSC09958_20110925211600.jpg


レタスをどかすと肉が焼き上がっています!
これにて完成!
肉が薄いのですぐ焼けます。

豚肉の脂が流れ出し、その脂をオモガリキムチが受け止めてくれています。
脂の再利用。


豚肉を葉っぱで包んでそのまま頂くのもよし。

DSC09967.jpg


包んだ後、オモガリキムチを乗せて頂くのもよし。

DSC09963.jpg


豚肉を行者ニンニク(600円)で包んで頂くのもよし。

DSC09966_20110925211700.jpg


特製マヨネーズソースにつけて頂くのもよし。

DSC09964_20110925211659.jpg


これだけで何通りもの食べ方があり、
飽きずに楽しむことができます。

薄くスライスされているので、どれだけ食べてもお腹にたまりません。
少食の女性にとってもよいメニューだと思います。

牛の脂はうんざりする年頃ですが、
豚の脂は大丈夫。

豚万歳!



■チャミスル(1,300円)

ダイエット中の社長陣と飲みに行ったので、
ビールは早々に切り上げチャミスルです。

チャミスルはいわゆる甲類のお酒なので、
飲み過ぎには注意した方がいいです。
翌日とんでもないことになります。



■大根と水菜のサラダ(400円)

DSC09959_20110925211800.jpg

おとこだらけの韓国料理ですが、ちゃんと野菜も食べましたよ。

それにしても400円っすか。随分と安いですね。
まあ確かに原価は低めかもしれませんが。



■王様餃子(750円)

DSC09965_20110925211759.jpg

多分大きさが王様級という意味なのでしょうが、
全然餃子に見えません。

味も「やけに柔らかいお好み焼」といった感じで、
基本マヨネーズの味しかしませんでした。

これはオススメしないかなー。
やけに満腹にはなりますが。

ダイエット中の人がなんでこれを頼んだかは不明です。



■コムタンスープ(1,200円)

DSC09972_20110925211758.jpg

食事系メニューからコムタンをチョイスしました。

牛骨の旨みが浸み出て美味しいですね。
日本のダシにも通じる味で、ほっとします。


■マッコリ(1,600円)

DSC09975.jpg

円高ウォン安で猛威を奮いまくっているマッコリです。
今、すごいウォン安で韓国旅行ではだいぶいい思いをするみたいですね。

マッコリ、飲むヨーグルトみたいな味がします。
アルコール度数も高くないので、スコスコ飲んでしまいます。
酸味抑えめの飲みやすいマッコリでした。

ちなみに韓国語で発音すると「マッコルリ」となるようです。
なんで「ル」を省いちゃったんだろう。



お腹いっぱい食べて、それなりに飲んで1人3000円ちょっと。
(お店にもよりますが)韓国料理って安くて美味しいよなあ。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,000円ちょっと


【総合コメント】
カンナ三段バラが名物となっているお店です。
豚肉を美味しくヘルシーに頂けます。

値段も良心的で、お店のキャパシティも結構あります。
お店の雰囲気もかしこまった感じではないので、
みんなでワイワイやりたいときには、とても良いお店だと思いました。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆




とん豚テジ 新宿店韓国料理 / 西武新宿駅東新宿駅新宿西口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




[韓国料理]

8/10

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

カレー 紅屋(北参道)

2011.08.12.13:08

今日はお弁当を作り忘れていたこと自体を忘れており、
1人スクランブルランチとなりました。

1人ですし、「いつかは行こう、でも今日じゃなくていいやシリーズ」の中から、
紅屋というカレー屋さんに行って来ました。

DSC09987.jpg


べにや。名前の由来って何なのかな。

DSC00008_20110915231052.jpg


値段は600円~という構成です。
比較的リーズナブルめではあります。

DSC09988_20110915231051.jpg


南インド的カレー。。。「的」が気になりますね。。。

DSC00006_20110915231051.jpg


ではいざ突撃です!

1時過ぎの入店で、意外にも席は半分くらい埋まっていました。
というかちょうど半分埋まっていました。

DSC09990_20110915231050.jpg

カウンターが2本並んでて、
その片側がいっぱいでした。


ちなみに1席だけ2人がけのテーブル席があります。

DSC09993_20110915231139.jpg


店内にカチャカチャという、食器とスプーンの音だけが響いています。
と思ったら、全員一気にいなくなりました。
同じグレープだったようです。
一言も喋ってなかったからわからなかった。

DSC00005_20110915231049.jpg

そして誰もいなくなりました。


ポークカレーのオーダーを告げると、
甘口・普通・辛口を聞かれます。

辛口と伝えました。


ふと後ろを振り返ると、漫画本がたくさんあります。
1人なので助かります。

DSC09992_20110915231138.jpg


ゴルゴ13を読みながらカレーの到着を待ちます。

DSC09996.jpg


ポークカレーの到着です。
サラダも添えられています。

DSC09998_20110915231137.jpg


スープカレーまでではありませんが、水分多めのカレーです。
そのあたりはインドっぽいですね。
インドではカレーはかなりシャバシャバな感じなので。

ちなみに店主は日本人の方です。
(多分。99%以上の確率で)

DSC09999_20110915231136.jpg

美味しくないわけではないのですが、
なーんとなく、何かが足りない印象です。

旨味が足りないのかなあ。
スパイスだけで作った感じというか。

辛さは「こくまろ」の辛口よりはだいぶ辛いです。
私にはちょうどいいですが、一般的にはわりと辛めだと思います。

DSC00004_20110915231136.jpg

なんとも表現が難しいカレー。

食後スパイスのざらつきが口に残りました。
非常にスパイシーなカレーということには、なるのかもしれません。

すごく不思議なカレーでした。


===
【オーダー】
ポークカレー 650円


【総合コメント】
南インド的カレーが食べられるお店です。
すごく変わった味で、なんとも表現が難しいのですが、
これはもしかすると、南インドのカレーをノーアレンジで提供しているのかな。

うーん、南インドは行ったことないからわからないです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5):★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆





紅屋 カレー / 北参道駅原宿駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5




[カレー]

8/12

theme : カレー
genre : グルメ

ラーメン 風雲児(新宿) 3回目

2011.08.13.11:53

新宿から神宮前に越してきてそろそろ1年。
すっかり新宿エリアのラーメン屋さんから遠ざかってしまいました。

そんな中、「風雲児なら意外と昔と距離変わんないんじゃねえ?」ということに気付き、
久々に行ってみることにしました。

風雲児はこれまで2回訪れています。

・2008年10月25日 つけ麺
・2009年5月30日 中華そば

実に2年ぶり以上の訪問です。
久しぶりだなあ。


オフィスを10時半に出発して、10時50分に到着しました。
(念のため申し上げておきますが、土曜日です)

DSC00010_20111002225639.jpg

オープンしていませんでしたが、
既に20人待ちでした。

相変わらず並ぶなあ。
並びという意味では間違いなく新宿エリアNO1ですね。


風雲児。

DSC00012_20111002225638.jpg


風雲児。

DSC00013_20111002225638.jpg

昔、手塚治虫氏の漫画で「風雲児たち」ってあったなあ。


風雲児。

DSC00014_20111002225637.jpg


風雲児。

DSC00011_20111002225637.jpg

ってあれ?看板壊れてる。

地震の影響か。。。でもなんか見ため的には酔っ払いの仕業っぽい気もする。


1ターン目では着席できませんでしたが、
2ターン目に悠々座れそうなポジションだったため、
開店と同時に店内で待つことになりました。

DSC00015_20111002225635.jpg

イケメン店主を筆頭に男性店員さんはイケメン、
女性店員さんは綺麗な方が揃っています。

男も女も顔だぜ!グスン。。。


券売機で食券を。
今回は特製つけ麺にしてみました。

DSC00016_20111002225758.jpg


やっと席に着いて、ほどなくして特製つけ麺が運ばれてきました。

DSC00024_20111002225757.jpg


濃厚なつけ汁。
つけ麺の一つの完成系と言える味わい。

DSC00025_20111002225757.jpg



今流行の魚粉たっぷり系です。
最初に考えたのは埼玉のどっかのお店と言われているそうな。

DSC00026_20111002225756.jpg



特製にしたので切れ端チャーシューがゴロゴロ入っています。
ラーメンの具は出来るだけ少ないほうが嬉しい私には、
特製ラーメンは具が多過ぎました。
(本来いいことです。今まで食べてないメニューにしようと思って私が勝手に選んじゃったのです)

DSC00030_20111002225756.jpg


半熟煮卵も実に美味しそう。

DSC00031_20111002225755.jpg


麺なんて黄金に輝いちゃってますよ。
どこの麺使ってるんだろ。自家製かしら。

DSC00020_20111002230302.jpg


いわゆる「極太」よりは気持ち細めの太麺。
小麦らしさを損なってない、弾力のある美味しい麺。

DSC00021_20111002230301.jpg

王者の風格だなあ。


黄金の麺にたっぷりとつけ汁をつけて頂きます。

DSC00034_20111002230300.jpg

どろっと濃厚。味は濃い目。
印象に残る味です。

この手の濃厚魚介系つけ麺は最近ボコボコ出来ていますが、
どこもここまでの行列は出来ていません。

お店の方の仕事1つ1つの丁寧なこと。
魂のこもった仕事をしていること。

そこが味の最後の決め手になっているんじゃないかなあ。

美味しかったです。
ご馳走様でした。


===
【オーダー】
特製つけ麺 900円


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆


[ラーメン]

8/13

theme : ラーメン
genre : グルメ

ラーメン凪 豚王(渋谷)

2011.08.13.20:28

保谷の美容院帰りにリニュアルオープンした大勝軒でラーメンを食べようと思ったら、、、
理由は分かりませんが17時で営業終了。

仕方なく保谷から渋谷行きの電車に乗り、
渋谷駅で降りて豚王というお店に行ってきました。

DSC00035_20110925234035.jpg

久々の夜ラーメンだぜ!


こちら豚王は凪グループのお店です。

DSC00037_20110925234029.jpg


凪グループの他のお店の記事はこちらになります。
・2009年10月17日 凪@新宿ゴールデン街
・2009年10月21日 特級煮干そば 凪@西新宿(閉店して「特級中華そば 凪」に変わりました)
・2010年7月10日 特級中華そば 凪@西新宿
・2010年8月7日 naginicai@西新宿(閉店して「炎のつけ麺」に変わりました)


おや、麺は浅草開化楼のもののようです。
箱がありました。
浅草開化楼ってすごいなー。
僕もラーメン屋さん出す時は浅草開化楼にお願いしようっと。
(絶対出さないですけど。。。)

DSC00048_20110925234029.jpg


まずは外にある券売機で食券を購入します。

DSC00038_20110925234028.jpg

豚王、黒王、赤王、翠王とあります。
その上坦々つけ麺まであります。

ものすごーーーく悩みましたが、
券売機左上の法則に従って豚王の食券を買いました。


いざ突撃です。


ドアを開けて中に入ると、カウンター席っぽいエリアがあるのですが、
どうやらそこは使っていないようです。

空調が効かないのが理由なのかなー。
涼しくなったら使うのだろうか。

さらにもう1つドアを開けて主戦場に到着です。

DSC00040_20110925234028.jpg

凪らしい、このような昭和っぽい雰囲気。
全てテーブル席です。

なかなか雰囲気いいです。


一蘭スタイルと同様に、脂の量、味の濃さ、麺の固さ、ニンニク量などを記入するスタイルです。
初めてでしたので、麺を固め以外は全部普通でお願いしました。


卓上には辛みのついたもやしが置いてあります。
このあたりは一風堂スタイルでしょうか。

DSC00047_20110925234027.jpg

もやしはいいのですが、乾燥しちゃっていて、
なんとなく衛生的にもよくなさそうな雰囲気がしたので食べませんでした。
蓋があるといいと思うんだけどな。。。スープとか跳ねて入っちゃったりしそうだし。


ほどなくして豚王の到着です。

DSC00041_20110925234109.jpg



スープの表面にはラード層が見てとれます。

DSC00046_20110925234108.jpg


雑味のない豚骨スープです。
表面のラード層が少しこってり度を演出しています。
さすが凪グループだけあって、とても完成度の高い豚骨スープです。

DSC00044_20110925234108.jpg

誤解を恐れず言うと、なんとなく一蘭の味に似ているような気がします。
赤トウガラシを使ったりしているからそう思うのかな。


具はチャーシュー、小口ネギ、キクラゲという感じ。
博多ラーメン調ですね。

DSC00042_20110925234109.jpg

チャーシューは大ぶりで薄めです。
脂が多めでほろほろと崩れます。

豚骨スープ自体は、わりと優等生的な感じなので、
そこの脂の旨みが加わってよいです。
このラーメンにとてもよく合ったチャーシューだと思います。


豚骨ラーメンに相応し極細ストレート麺。
すごく細いのに、麺としての主張をすごく感じる美味しい麺です。

DSC00045_20110925234107.jpg

凪グループだけあって美味しかったです。
豚骨ラーメンでも対応できるんですね。

一風堂グループもすごいですが、凪グループも渋くて好きです。


===
【オーダー】
豚王 700円


【総合コメント】
凪グループの豚骨ラーメンのお店です。

常連さんっぽい人たちは、チーズをトッピングしたり、
豚足を食べたりしていました。

いろんな楽しみ方があるようです。
お店の雰囲気的には飲み会ですら使えそう。

次は黒とか赤とか、違うメニューに挑戦してみたいです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆






ラーメン凪 豚王 渋谷本店ラーメン / 渋谷駅表参道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




[ラーメン]

8/13

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン 多賀野(荏原中延)

2011.08.14.12:32

日曜日1人でお留守番という珍しい事態になりまして、
こんなときは1人でラーメン遠征にでも行くしかないな、と思い行ってきました。

前日からネットで調べまくり、行きたいお店を探します。
田園都市線沿いにも山ほど行きたいお店はありますが、
何しろ日曜日丸々時間があるわけですから、もうちょっと遠出してみることにしました。

着きました駅はこちら。DSC00081_20111002174725.jpg

初めて降りました。
というか、漢字だけでは正しく読めませんでした。
恥ずかしい限りです。


荏原中延駅の外観。
TOKYU STOREと合体しています。

DSC00080_20111002174724.jpg

小さな駅ですが、二子新地と比べるとずっと立派です。
二子新地駅の侘しさはとても「あと1駅で二子玉川」とは信じられないものがありますので。


目的のラーメン屋さんは駅から徒歩30秒ほどの場所にあります。
あまり詳しく地図を確認せず行きましたが、すぐわかりました。

DSC00079_20111002174724.jpg

だって炎天下の中行列が出来ているんですもの。


今回はるばる訪れたお店はこちら、「多賀野」というお店です。

DSC00050_20111002174723.jpg


11時40分で店内5名、店外20名待ち。
見ての通り完全に行列店です。

DSC00049_20111002174723.jpg

食べログでも点数3.88、クチコミ件数255件(2011.10.02時点)という人気店です。

しばらくは影のない場所でじっと我慢です。
ある程度は覚悟していたとはいえ、「こんなマイナーな駅ならあるいは。。。」
という思いも多少あっただけに、かなり萎えそうになります。


気を紛らわそうと看板なんかを眺めたりします。
丼に豚がつかっています。

DSC00053_20111002174722.jpg


2階は「髪業(かみわざ)」という床屋さんです。
思い切ってその名前で表参道に開業して欲しい。

DSC00051_20111002174926.jpg


お店の扉には宅麺と食べログのシールが貼ってあります。
食べログで点数の高いお店では、このオレンジのシールが貼っていることが多いですね。

DSC00056_20111002174925.jpg

宅麺は1度も利用したことがありません。
100歩譲って店と同じ味だとしても、お店で食べないと意味ないなあと思ってしまいます。


待つこと20分でようやく食券を買うことを許されます。
まだまだ席に着くのは先の話ですが。

DSC00061.jpg

デフォルトの中華そばは680円。
安いですね。

右ゾーンには「豚鴨つけそば」というだいぶ気になるメニューもあります。

熱くて死にそうだったので、つけそばに靡き(なびき)そうになりましたが、
ぐっとこらえ、初志貫徹で中華そばゾーンから選ぶことにしました。

いつもならノーマル中華そばにするところですが、
券売機左上の法則にしたがって「特製中華そばA」というものにしてみました。

ムジャキグループ以外のお店では、基本的に左上の法則にしています。
左を制する者は世界を制するといいますし。


ちなみに特製にはA~Cがありまして、
それぞれこのような違いがあります。

DSC00057_20111002174924.jpg

どれもだいぶ魅かれますが、最初ですのでAにしてみました。


店内で待つことを許されると、
水を自分で注いで飲むことができます。
炎天下の中待っていたため、3杯くらい立て続けに水を飲みました。

DSC00062.jpg


店内に入ると、直射日光を避けられ、水を飲めるだけでなく、
新聞を読むこともできます。
立って待つとはいえ、先ほどの待遇と比べると夢のような世界です。

DSC00060_20111002174923.jpg


ただし、喜んでばかりもいられません。
店内の温度計は31度を示しています。

DSC00067_20111002174952.jpg

31度、、、つけそばにすれば良かったとちょっと後悔しました。
熱々のラーメン食べる温度ではありません。
店内なので風もありませんし。


ちなみに店内はこのような感じです。
L字型のカウンターと、1つだけあるテーブル席という構成です。

DSC00069_20111002174952.jpg

ぱっと見、つけそば7割、中華そば3割という比率でしょうか。
そもそもそういう割合なのか、31度という気温が影響しているのか、
そのあたりは初訪問なのでわかりません。


並んでから50分。ようやく席に着くことができました。
なんだよ、二郎本店級じゃん。
待っている人数から考えると、かなり回転率悪いんですが。


すぐに理由がわかりました。
カップル率が微妙に高いんです。

女性は食べるのが遅いですし、
おまけにカップルは「交換こ」などするので余計に時間がかかります。

カップルで二郎に来るのはあまり見かけませんが、
理由はわかりませんが、こちらはカップルで訪れる人が多いために回転率が悪くなっているようです。
土日に限った話なのかもしれませんが。


並び始めてから1時間弱。
ようやく特製中華そばAの大盛りと対面することができました。
(次いつ来れるかわからないので大盛りにしちゃいましたよ)

DSC00071_20111002175033.jpg


海苔が邪魔なのでよけました。
DSC00072.jpg


チャーシューは4枚入っています。「特製」だからでしょうね。
柔らかい部分、硬い部分が混在しているタイプ。
味付けはちょうどよいですね。

DSC00073_20111002175032.jpg

本来、あまりチャーシューが好きではありませんが、
変に脂っぽくなく個人的に好みに合うチャーシューだったので、
4枚あっても美味しく食べられました。



煮卵は、味付け具合、半熟具合、どちらもいうことありません。
他に燻製卵、温泉卵もあるようですが、どれかはつけるべきだと思います。
燻製も温泉も気になるなあ。

DSC00078_20111002175031.jpg



他に。特筆すべき具としては、メンマがありますね。
自家製の味付けとのことで、確かに美味しいです。
チャーシューに加えてメンマもあまり好きではないが、美味しく食べられました。



スープは、方向性は「昔ながらの東京中華ソバ」というのがきっとわかりやすいのでしょうね。
くっきりとした醤油ベースのスープです。

DSC00074_20111002175032.jpg

ちょっと驚いたのですが、あまりこれといった特徴はないように感じました。
待ち過ぎたか?待っている間に期待が膨らみ過ぎたか?


スープ内には背脂も少し確認できます。

全体として、ベースよりも醤油がやや勝っているスープです。
気持ちしょっぱめでしょうか。
後半少し飽きがくるしょっぱさです。ベースが弱いからかな。

魚介などの風味は取り立てて際立ってはいないようです。
強いて言えば昆布の甘みみたいなのを感じますが、昆布が入っているのかは定かではありません。


DSC00075.jpg

麺は細ストレートで四角いタイプです。

DSC00077_20111002175042.jpg

小麦の感じの出た、細いが食べ応えのある麺。
コシもあり、伸びにも強いです。。

麺は結構好みの麺です。。
ただ、大盛りにするとスープの量がすご少ないため、、
麺がスープで泳いでくれないのが残念です。

大盛り120円だし、器をでーんと大きくして欲しいなあ。
なんなら150円だっていい。
いや、200円までなら躊躇しないぞ。


待っている間に期待が膨らみ過ぎたこともあるのかもしれませんが、
正直、待ってまで食べる感じの味ではないかなあと思いました。

近所にあって並ばず入れるなら毎週行きたいかな。


豚鴨つけ麺というのがすごく気になったので、
再訪時には、そちらを食べてみたいと思います。


===
【オーダー】
特製中華そばA 900円
大盛り 120円


【総合コメント】
荏原中延の超人気店、多賀野です。

年輩気味の男性、女性、中堅の男性、若い男性の4人くらいで回している様子でした。
中堅男性がホールを仕切っているのですが、とてもよい仕切りに感心します。
いつも混んでるんでしょうね、とても慣れた様子です。

結構しきりに電話がかかってきて、
今日はやっているか、何時までやってるか、という問合わせに対応していた。

だいたい14時半にはスープが無くなり、
最後の方はつけ麺だけになる場合が多いと回答していました。

数分に1回、お持ち帰りの冷凍ラーメンを勧める掛け声を出す。
商売っけのある感じはもちろん出ますが、不思議と嫌な感じはしない。

声のトーン?言い方?なんでしょうね。
段々「買っちゃおうかな」という気にすらなってくる。
いい匂いをかぎながら、長時間待っているからかもしれませんね。

美味しかったですが、1時間並ぶほどではないかなあと思いました。
二子新地に出店してくれたら月に1回行きたいです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆





中華そば専門 多賀野 ラーメン / 荏原中延駅中延駅戸越公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




[ラーメン]

8/14

theme : ラーメン
genre : グルメ

甘いもの GRAMERCY NEWYORK CAFE(二子玉川)

2011.08.14.17:52

最近ライズばっかり行っちゃって、すっかりタマタカに足が遠のいていたので、
こいつはいかんと思い、甘いものを求めタマタカに1人で行ってきました。


界隈に住んで5年になりますが、
意外とタマタカでも行ってないお店がありまして。
その中の1つ「GRAMERCY NEWYORK CAFE」で買うことに決めました。

DSC00091_20110925215238.jpg


ニューヨークを感じさせる看板。
というか「NEW YORK」って書いてあるな。

DSC00088_20110925215237.jpg


スイーツ店舗としては、タマタカ内No1の売り場面積を誇ります。
いつもチーズケーキの呼び込みをしているので存在は知っていましたが、
足を踏み入れるのは初めてです。

DSC00090_20110925215237.jpg



ズラリと並んだケーキたち。
その種類数はかなりのものです。

DSC00087_20110925215235.jpg


我が家は和系デザートが大好きなので、
和っぽいものを2つ選んで買って帰りました。

DSC00114_20110925215300.jpg


でかい!でかいよ!やはりアメリカンサイズでしたか。。。
味もアメリカンな感じで大雑把じゃないといいんですが。。。
(アメリカに失礼ですかね)

DSC00115_20110925215300.jpg


ベタっと大きなフォークが貼りつけてあります。
ここら辺もアメリカンな感じです。

DSC00116_20110925215259.jpg


では、2つ一気に紹介します。


■茶人(662円)

DSC00119_20110925215327.jpg


「茶人」だとよくわかりませんが、ようするに和パフェです。

DSC00120_20110925215326.jpg



抹茶のババロア層はなかなか美味しいです。
栗と小豆もなかなかGOOD。

DSC00122_20110925215326.jpg


底の生クリームはイマイチですかね。アメリカンな大雑把な生クリームです。
栗がいっぱいな点はいいと思います。

DSC00121_20110925215325.jpg


底の生クリームがボディーブローのように効いてきます。
この壁を突き破るのが大変です。

生クリームじゃなくてアイスならいいのに。。。
こんだけくどい生クリームをこの量食べるのは日本人では無理ではないでしょうか。


全体的にとにかく量が多いですね。
でかくて大きいことが良いとされるという噂は本当でしょうか。

途中からは苦行のようでした。



■おくゆたかの緑茶あんみつ(599円)

DSC00123_20110925215351.jpg

店員さんに「おくゆたか」って何ですか?
って聞いたら、店員さんが慌てはじめました。
どうやら知らないようです。
アルバイトでしょうね。

昔、フォーシーズンホテルのレストランで働く友人が、お客さんから、
「この料理は何ですか?」と聞かれた際に、
「食ったことないのでわかりません」と答えてクビになった話を思い出しました・


やはり、というか当然なのですが、
生クリームはかなりイマイチです。
単に甘いだけといういかにもアメリカンな生クリーム。

DSC00124_20110925215350.jpg

でも、小豆は美味しいです。
生クリームも小豆くらいにしてくれるといいのに。


先ほどと同様に味がくどいので、後半バテます。
バテるというより、飽きます。

DSC00125_20110925215350.jpg

くどいのに、ボリュームがすごいので、やっぱりこちらも苦行となります。



どちらも、雰囲気的には和洋がうまく折衷しているのですが、
繊細さがまるでありません。
アメリカ人が作った和スイーツという感じ。
そして量はアメリカンサイズ。

見ため的には豪華だが、味はうーんという感じ。

和系メニューは止めておいた方がいいと思います。
素直に勧めまくっているチーズケーキにしておくべきだったかなあ。


===
【オーダー】
茶人 662円
おくゆたかの緑茶あんみつ 599円


【総合コメント】
チーズケーキをわりと全面的に売り出しているように見えるお店です。

ただ、我が家ではあまりチーズケーキを食べないので、
いつも通り和系で攻めてみたところ撃沈しました。

次があるとしたら、やはりチーズケーキを攻めるべきなんだろうなあと思いました。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆





グラマシーニューヨークカフェ 玉川高島屋店カフェ / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0




[スイーツ]

8/14

theme : スイーツ
genre : グルメ

居酒屋ランチ 上総屋 眞(明治神宮前)

2011.08.15.12:04

お盆真っ只中。どこもお店が開いていません。
神宮前バミューダトライアングルには、お盆だけど仕事をしているビジネスマンが、
皆うようよと彷徨い歩き、開いているお店を探す姿が目立ちました。

そんな中、1軒のお店にビジネスマンたちが吸い込まれていくではありませんか。

DSC00092_20111007231124.jpg

「上総屋 眞」というお店です。

ここ、前までランチ営業してなかったんですけどね。
どうやらランチ営業を始めたようです。


ランチメニューはA~Cの定食が800円で用意されています。
海系のランチです。

DSC00093_20111007231123.jpg

海系ランチは界隈では珍しいので、
お盆特需でなくても美味しければ人気が出そうです。


店内はとても混んでいましたが、
運良く席が空いていました。

DSC00094_20111007231122.jpg


カウンター席、座敷、テーブル席とバリエーションは豊富です。

DSC00096_20111007231121.jpg

奥が喫煙、手前が禁煙エリアというように分かれています。
なかなか箱は大きいです。


ふむ。なるほど。
刺身を食べねば損だと。びっくりドンキーでハンバーグを食べないようなものだと。

DSC00098_20111007231120.jpg

どうでもいいですが、「びっくりドンキー」の「びっくり」は平仮名が正しいと思うのですが。


ハワイ旅行にいく相談の為お店を閉めると。
そんな貼り紙もあります。

DSC00101_20111007231300.jpg



ふと上を見上げると、ダクトにまたもや貼り紙が。

DSC00100.jpg


このパイプで魚を吸い上げるんですか。

DSC00099_20111007231259.jpg

こういう冗談めいた貼り紙をしてあるお店は美味しいことが多いです。
自信の表れの1つだと勝手に思ってます。

これで不味い料理出すと、何から何までふざけてるお店になっちゃうので。
「やることやるから、抜くとこ抜くよ」というメッセージになっていることが多い気がします。

さてさて、今回はどうでしょうね。


びっくりドンキーでハンバーグを食べないわけにはいきませんので、
鮭いくら丼にしてみました。
ご飯は大盛りです。

DSC00103_20111007231258.jpg


お新香が凝っています。
こういう部分に手を抜かない感じ、いいです。

DSC00106_20111007231258.jpg


ひじきの炒り煮。
栄養たっぷりですし、こういう小皿は大歓迎です。
子供のころは嫌いでしたが。
年とった証拠ですね。というか年は数字が証拠として残ってますが。

DSC00107_20111007231257.jpg


海藻入りの味噌汁。
海の味がして、普通の味噌汁よりも一段と美味しく仕上がっています。

DSC00104_20111007231352.jpg


メインの鮭いくら丼です。

DSC00108_20111007231351.jpg


いくらは模倣品ではありません。
多分水に投げ込んだら浮かぶことでしょう。

DSC00109_20111007231351.jpg

よい塩加減で漬けられたいくら。
ご飯がすすみます。


脂の乗った鮭。
これ、だいぶ美味しいぞ。

DSC00110_20111007231350.jpg

鮭といくらの美味しいに決まっているコンビ。
お刺身の質、とてもよいです。

ご飯がこの倍あっても楽しめると思います。

お刺身の美味しい貴重なお店を見つけることができました。
こういう系のランチは界隈では食べられないので、また再訪したいです。

「また再訪する」って「頭痛が痛い」系だなあ。


===
【オーダー】
鮭いくら丼 800円
大盛り 100円


【総合コメント】
神宮前バミューダトライアングルにある、お刺身の美味しいお店です。
(ランチでしか食べていませんが)

お盆特需で混んでいるのかと思いましたが、
多分普通の日も混んでいるのではないでしょうか。

美味しい鮭いくら丼でした。
今度は違うメニューも食べてみたいです。

↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆





上総屋 眞吉 居酒屋 / 北参道駅外苑前駅国立競技場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋(ランチ)]

8/15

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

立呑み 龍馬(新宿)

2011.08.16.21:26

Facebookで冨田さんの立ち飲み投稿に「いいなあ」と書いたら、
飲みに誘って頂いてしまい、行って参りました。

新宿歌舞伎町の入口に最近できました「龍馬」という立ち飲みのお店です。

DSC00126_20110929134559.jpg


番組終了により、ちょっとブームは去った感はありますが、
それでも龍馬は龍馬。
意味は分かりませんが、迫力がある名前です。

DSC00127_20110929134559.jpg


火曜日19時半で既にほぼ満席。
運よく空いていた1席を確保することができました。

DSC00128_20110929134558.jpg


冨田さん、高木さん、公右平さんと4人で記念撮影!

DSC00139_20110929134558.jpg

みんなFacebookを見てホイホイされたメンバーです。


では、ざっと頂いたものを紹介していきます。
まあ立ち飲みで、そんなに凝った料理があるお店ではないので、簡単な紹介になります。

メニューは最後に掲載しておりますので、
気になる方は下の方をご覧ください。



■生ビール(370円)

DSC00133_20110929134557.jpg

アサヒスーパードライです。
370円は立ち飲みとしてはまあギリギリOKの値段設定でしょうか。



お通しのキャベツと、2度づけ禁止のソース。

DSC00134.jpg

青虫のようにバリバリキャベツを食べて料理の到着を待ちます。



■ソーセージ(130円)

DSC00142_20110929134732.jpg

ソーセージのフライってなんでこんなに美味しいのでしょう。
男性なら誰でも好きですよね。
自分でも持ってるのに好きってどういうことでしょうね。
あるいは自分でも持ってるから好きなのか。



■鶏肉(150円)とレンコン肉詰め(130円)

DSC00144_20110929134731.jpg

鶏肉は醤油と生姜ベースと思われるタレにしっかり漬け込んであって、
しっかりとした味付けで美味しかったです。
ジューシーだし。
かなりオススメです。

レンコンの肉詰めも食感が楽しめていいです。



■胡麻ダレ冷やし冷しゃぶ(300円)

DSC00136_20110929134710.jpg

15食限定の貴重なメニュー。
300円っていうのが立ち飲みならではの価格設定ですね。



■茄子(110円)

DSC00137_20110929134710.jpg

オススメマークがあったので頼んでみました。
カラッと揚がっていて、中は柔らかい茄子。
外側と内側のコントラストが絶妙です。

オススメだけあって美味しかったです。



■チーズ(150円)と鶉の卵(130円)とジャガイモ(90円)

DSC00138_20110929134709.jpg

お腹を膨らますために立ち飲みでジャガイモは外せませんね。


ソースをくぐらせたジャガイモ。
2度づけは禁止です。
信義則に反します。

DSC00141_20110929134709.jpg


4人で楽しく飲んでます。
会話はあっち行ったりこっち行ったりですが、楽しいですねえ。

DSC00153_20110929134708.jpg



■ピリッとこんにゃく(200円)

DSC00140_20110929134708.jpg

揚げ物ばかりじゃ飽きちゃいますからね。
200円っていいですね。



■レモンサワー(290円)

DSC00143_20110929134732.jpg

途中からはずっとレモンサワーを飲んでいました。
昔みたいに終始ビールっていう技は出来なくなったなあ。

最近ようやく「ビールはお腹いっぱいになるから飲めない」という人の気持ちがわかるようになりました。


楽しかったです。
また飲みましょう!







===
【オーダー】
上記の通り 1人2,300円


【総合コメント】
歌舞伎町の人気立ち飲み屋さんです。

2時間半くらいワイワイ飲んで1人2,300円。
この安さは立ち飲みならではですね。

2時間半立ちっぱなしでも不思議と全然疲れません。
なんでだろうなー。

立ち飲みだとダラダラ居続けるということもないので、
そういったところも良いところですかね。


最後にメニューを紹介します。

■飲み物

DSC00129_20110929134758.jpg


■一品

DSC00130_20110929134758.jpg


■揚げ物

DSC00131_20110929134757.jpg


■限定品

DSC00132.jpg



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆








立呑み 龍馬 立ち飲み居酒屋・バー / 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・ダイニングバー]

8/16

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

立ち飲みバール BISTRO Ushibenkei(恵比寿)

2011.08.18.21:59

Facebookバール部の第2回総会で利用しました。
恵比寿にある「BISTRO Ushibenkei」というお店です。

DSC00171_20111008142955.jpg


今回は番外編がありますので、
番外編をご覧になりたい方はこちらからお願いします・
・【番外編】第2回Facebookバール部総会


なお、Facebookバール部の1回目の総会記事はこちらになります。
・2011年6月1日 第1回Facebookバール部総会


兎にも角にも記念撮影です!

DSC00207_20111008143059.jpg



このような立ち飲みスタイルとなっており、椅子はありません。
ビストロ風立ち飲みっていうんですかね。

DSC00172_20111008142955.jpg


後日、界隈に勤務しているバール部の方から「この間行ったら椅子があった」と仰っていました。
もしかすると今では立ち飲みじゃないのかもしれません。

DSC00173_20111008142954.jpg


メニューは最後に紹介いたしますので、
気になる方は一番下をご覧ください。

頂いたものの紹介の前に、ざっくりとした感想を書かせて頂きます。
(飲み屋の記事は品目数が多くなり、長くなりがちなので)


お店はまあまあ綺麗です。
立ち飲みとはいえ、女性でも入りやすいと思います。

実際、女性グループのお客さんもおりました。
(後々バール部メンバーの襲撃を受けておりました)

お酒は比較的安めです。
ワインもわりと種類が揃っており、安いものだとボトルで1,900円~で用意されています。
市販だと数百円で出回っているものにはなるのでしょうけど。

料理は、いちいち格好つけてはいますが、
どこかぎこちない感じ。
どれも洗練されていない印象です。

でも美味しくないわけではありません。
味は普通です。

気張ってるわりには、味は普通なんですねとう感じ。

2軒目の利用には悪くないんじゃないかなと思いました。
駅からも近いですし。



では、頂いたものを簡単に紹介して参ります。



■サントリーモルツ(490円)

DSC00175_20111008142954.jpg

立ち飲みでビール490円は少々お高いですが、
ビールはある程度原価が高いので、ハイボールのようにはいかなんでしょうね。



■焼きたてパン(250円)

DSC00181_20111008142953.jpg

「焼きたて」ではなく、「温めなおしたて」の誤りのような気がしないでもないです。

無理矢理いただいたオリーブオイルをつけて頂きました。

DSC00185_20111008142952.jpg



■季節野菜のラタトゥユ(380円)

DSC00186.jpg



■メニュー名失念

DSC00187.jpg

なんかちょっと見栄えがよくないなあ。
男性的センスの悪さを感じます。
僕も自分でやるとこうなる気がするのでよくわかります。



■KUROタンシチュー(880円)

DSC00189.jpg

A4、A5ランクの国産和牛を使っているらしいのですが、
味からはそれは読み取れませんでした。

が、このボリュームで880円は良心的かなと思いました。



■赤ワイン、白ワイン(1,900円)

DSC00194.jpg

DSC00196.jpg

「バール部」といっても、おじさんたちが酔い集うだけですので、
お安いワインをかぽかぽ飲みました。



■オイルサーディン(420円)

DSC00208_20111008143059.jpg



■アンチョビポテト(480円)

DSC00209.jpg



■特選牛のソーセージ(1,280円)

DSC00214.jpg

普通のソーセージにしか感じなかった。。。



■牛バラとスネ肉の赤ワイン煮込み(880円)

DSC00224_20111008143057.jpg

で、出口さん、、あ、、、ありがとうございます。



■彩り蒸し野菜のダッチオーブン(690円)

DSC00236_20111008143057.jpg



■霜降りA5の岩塩ステーキ(1,380円)

DSC00237_20111008143213.jpg


サシが入っており、なんとなく高そうなお肉。

DSC00239.jpg


A5はよくわからないですが、脂たっぷりで柔らかいお肉でした。
この年になるとこの手の肉は2切れくらいがちょうどいいです。

DSC00242_20111008143212.jpg


以上です。
4時間くらい散々飲んで1人5,000円でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,000円


【総合コメント】
恵比寿駅西口からすぐの場所にあるビストロ風立ち飲み屋さんです。
(今は立ち飲みじゃない説あり)

女性を意識したようなメニュー構成でした。
やたらサラダの種類が多かったり。

安く飲みたいときはワインがいいような気がします。
2軒目の利用がオススメかなと思いました。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




ビストロ ウシベンケイ 恵比寿店 (西洋各国料理(その他) / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0




[居酒屋・バー]

8/18

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

Facebookバール部第2回総会(番外編)

2011.08.18.23:54

Facebookバール部の番外編をお届けします。

つまらない食事の記事はこちらになります。
2011年8月19日 立ち飲みバール BISTRO Ushibenkei@恵比寿


さて、久しぶりに開催されたFacebookバール部第2回総会。

風邪ひきで遅れる藤澤さんいないけど記念撮影!

DSC00198_20111003125053.jpg

それにしても藤澤さん。
「風邪引いてるんで遅れます」ってなんか変ですね。
普通会社は風邪引いてると早く帰るんだけどなー。


あ、きたきた。
全員で記念撮影!

DSC00207_20111003125052.jpg

おじさん7人。
平均年齢40歳前後。


お。ソーセージが運ばれてきた!

DSC00214 - コピー


ちょ、ちょっと。。。出口さん何してるんすか。

DSC00212_20111003125051.jpg


わかりました、わかりましたよ。

DSC00211.jpg


ちょっとちょっと、合田さんまで真似しないで!
しかもちょっと照れながら!

DSC00213.jpg


お。出口さん。料理持ってきてくれたんですか。
格好いいです。さまになってます。

DSC00223_20111003125141.jpg


ちょっとちょっと、止めてください!
普通にできないんですか。。。

DSC00226.jpg


こらこら、そこの2人も喜ばない。
調子に乗るから。

DSC00227_20111003125140.jpg



ほら。。。調子に乗せるからまたこんなことして。。。

DSC00232_20111003125221.jpg



だから笑っちゃダメですって。
小学生じゃないんですから。

DSC00229.jpg


げ。近藤さんを羽交い絞め。

DSC00233_20111003125220.jpg


近藤さん、嬉しそうにしないで。。。

DSC00235_20111003125219.jpg


ニコニコしながら山本さんが立ってたら、

DSC00222.jpg


出口さんがいじりだす。

DSC00221.jpg


近藤さんは男軍団には飽きて隣のテーブルに狩りへ。

DSC00246_20111003125243.jpg


溶け込んで帰って来ない。

DSC00248_20111003125243.jpg


こんなFacebookバール部ですが、
どうぞよろしくお願いします。

DSC00251_20111003125243.jpg


帰りになんと逢引きしてるマサオ氏と偶然出会うおまけまでついてました。

DSC00252_20111003125242.jpg

みんなまた飲みましょうね!
もうちょっとマシなことしましょうね!

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

蕎麦 福寿庵(北参道) 14回目

2011.08.19.14:09

またまた行ってきました、福寿庵。

DSC00254_20110930141003.jpg


14回目の紹介となります。
蕎麦だけで言ったらもうとっくに折り返し!

過去13回の記事はこちらになります。

・2010年09月03日 卵とじ蕎麦
・2010年09月22日 大もり
・2010円10月8日 かき玉蕎麦
・2010年10月20日 カレー南蛮蕎麦
・2010年11月22日 あんかけ蕎麦
・2010年12月03日 肉南蛮蕎麦
・2010年12月27日 山かけ蕎麦
・2011年3月31日 たぬき蕎麦
・2011年6月2日 なめこ蕎麦
・2011年6月17日 月見そば
・2011年7月11日 天麩羅蕎麦
・2011年8月2日 きつね蕎麦
・2011年8月5日 冷やしたぬき蕎麦


新聞を読む公右平氏。
さまになってます。

DSC00255_20110930141003.jpg


今回はちから蕎麦を頂きました。

DSC00256_20110930141002.jpg


ちからうどんは一般的ですが、蕎麦でもまあ、、、いいっちゃいいのかな。

DSC00258_20110930141002.jpg


お餅は1つ。
お餅1つと、具がチラホラで250円アップはあまりCPよくないかな。

DSC00260_20110930141001.jpg


合わないことはないですが、
やっぱりうどんの方がしっくりくるし、
CPよくないから、ちから蕎麦はオススメしないかなー。

DSC00261_20110930141001.jpg


===
【オーダー】
ちから蕎麦 750円



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5):★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆



[蕎麦]

8/19

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン 天下一(代々木)

2011.08.20.12:24

土曜日の遠征ラーメン。
そろそろ神宮前に越してきて1年。遠征ネタもなくなって参りました。

数少ない遠征ラーメン在庫の中から、「天下一」というお店に行ってきました。

DSC00287_20110821175553.jpg

天下一品と間違える人もいるかもしれませんが、
天下一品を1度でも食べたことある人なら、メニューを見れば天下一品と違うことがわかります。

お店の外に大きくランチメニューが貼り出されています。

DSC00290_20110821175551.jpg


週替わりで3品のラーメンがそれぞれ390円で頂けるようです。
これは、この中から選ばない手はないですね。

DSC00291_20110821175550.jpg


ランチ定食というのもありまして、半炒飯、半餃子が付くセットがそれぞれ700円で提供されています。

DSC00292_20110821175550.jpg


そして特筆すべきは、月・水・土・日は、
通常6個570円で提供されているジャンボ餃子が、半額近い290円で食べることができます。

DSC00304_20110821175549.jpg

月・水・土・日は非常に狙い目といえそうです。


店内はこのような、いわゆる中華屋さん風な感じ。
ラーメン専門店臭はありません。

DSC00296_20110821175548.jpg


週替わりの麺の中から味噌バターコーンを、
それから290円で頂けるジャンボ餃子をチョイスしました。

DSC00297_20110821180341.jpg


ジャンボ餃子、なかなかの存在感です。
おとなりの曽さんのジャンボ餃子よりちょっと小さいくらいです。

DSC00298_20110821180341.jpg


餃子のタイプとしては、かなりよーーくミンチされており、
野菜と肉が一体化したタイプの餃子でした。
嫌いではありません。むしろ好きです。

DSC00299_20110821180340.jpg


例えがマイナーで申し訳ありませんが、
つけ麺大王の餃子に近いです。

DSC00303_20110821180339.jpg

ニンニクがかなりしっかり効いており、
細かくミンチされた餡。

とても好みに合う餃子でした。
専門店っぽい感じではありませんが、この餃子私大好きです。



味噌バターコーンラーメンはビジュアルも味もオーソドックスな感じ。

DSC00300_20110821180403.jpg


バターがわりとしっかり味を作っており、
味噌の甘さ以上にバターの甘さがスープをコーティングしてあります。

DSC00301_20110821180402.jpg

あまり「味噌バター」に馴染みがない私には、ちょっとくどいようにも感じましたが、
味噌バター好きな方にはいいのでしょうね。


麺はやや縮れたやや細め。
それほど凝った感じの麺ではありませんが、390円としては合格だと思います。

DSC00302_20110821180402.jpg

バターのくどさがちょっと気になって、
ラー油で中和させようとしましたが失敗しました。
油に油なので、効き目がありませんでした。


専門的な味ではありませんが、
サービス麺と餃子が半額になる時は非常に狙い目ではないでしょうか。

すごくお腹いっぱいになりました。


===
【オーダー】
味噌バターコーンラーメン 390円
ジャンボ餃子 290円


【総合コメント】
代々木にある中華屋さんっぽいお店です。
界隈に飲食店がひしめきあっています。
しかもどのお店も安かったり量が多かったりします。

代々木って学生の街なんでしょうかね。
代々木に大学なんてありましたかね。
予備校とか、そういうことかな。

味にどうこう言わず、お腹いっぱい食べたいときなんかに重宝しそうです。
餃子は結構好きな味でした。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆



天下一 代々木店中華料理 / 代々木駅南新宿駅北参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

8/20

theme : ラーメン
genre : グルメ

ラーメン れんげ(用賀)

2011.08.21.13:41

餡子隊長が「今日のお昼は酸辣湯麺でもよろしい」と、
かなり久々にラーメン気味メニューOKが出まして、
これは気が変わらぬうちに、と急いでインターネットで検索して、
家の近くで酸辣湯麺が食べられるお店を探しました。

すると、なんと用賀にあるらしいじゃないですか。
オーケーストア以外、特筆すべきものがない街用賀。
酸辣湯麺が食べられるお店なんてあったのか。

いそいそと行って参りました。
「れんげ」というお店です。

DSC00307_20110821202845.jpg

こじんまりとした入口に、


こじんまりとした店内。


二の字型カウンターで、それぞれ4席、3席の合計7席しかありません。


ティッシュの箱もほらこの通り。
狭いお店で時折見られる「壁直付けティッシュ」です。

DSC00310_20110821202844.jpg


メニューも壁に貼ってあります。

DSC00308_20110821202843.jpg

ラーメン520円。。。安。。。オーケーストアの街とはいえ、用賀は世田谷です。
520円とは驚きです。

酸辣湯麺は750円と普通ですが。


ちなみに13時半の訪問で先客は3名。
その後ちらほらとお客さんが来てすぐ満席気味になりました。
さすがに地元民っぽい人ばかりでした。


ラーメンか味噌ラーメンか迷ったのですが、
初めての訪問だったので、ノーマルラーメンにしてみました。
一応大盛りにもしてみました。

DSC00316_20110821203859.jpg


具はチャーシュー、卵、メンマ、ネギ、ほうれん草という構成。
いたってシンプルです。

DSC00317.jpg


チャーシューはボソボソ気味であまり美味しくないですね。
固いですし。

DSC00320.jpg

スープは
・昔ながらの
・懐かしい感じ
としか表現できない醤油スープ。
すごく普通ですが、520円なので普通で十分です。


麺は細めのやや縮れ。
少し固めでボソボソという食感の麺。

DSC00319.jpg

こういう醤油ラーメンには合うかもしれません。
急に麺だけ「流行りの浅草開化楼製極太麺」とかだと、すごくチグハグな感じになりそう。


餡子隊長の酸辣湯麺。

DSC00312_20110821203922.jpg

オーダーすると「とても酸っぱくてとても辛いですが大丈夫ですか?」
と聞かれました。

他の人も聞かれていましたので、常に確認しているようでした。
(それなら紙に書いておけば、、、とも思いましたが、忘れずに聞くならいいか)


細切り豆腐など、普通酸辣湯麺に入っている品がいくつか見当たりません。
それと匂いもなんかちょっとだいぶ変わった感じ。

DSC00313_20110821203922.jpg


酸っぱい。確かに酸っぱいです。
これほど酸っぱい酸辣湯麺は食べたことがありません。

DSC00314_20110821203921.jpg

普段、自分で酢を入れてだいぶ酸っぱくして食べますが、
この酸っぱい酸辣湯麺は旨味が足りておらず、単に酸っぱいだけに感じます。

DSC00315_20110821203921.jpg

病み付きになる人もいるんだとか、いないんだとか、わかりませんが、
全部食べられませんでした。

旨み不足と具があまり美味しくないので、
ちょっときつかったですかね。


個人的にはラーメンか味噌ラーメンにしておいた方がよいと思いますが、
ある意味新境地が見えるので、酸辣湯麺に挑戦するのもよいかもしれません。


===
【オーダー】
ラーメン 520円
大盛り 100円

酸辣湯麺 750円


【総合コメント】
用賀にあるラーメン屋さんです。
とても狭いお店です。

涼しい日だったのですが、閉め切った店内は空気がこもってとても暑かったです。
ラーメン食べるにはきつい環境でした。

ラーメンは520円と安いですが、
520円くらいの感じでした。

酸辣湯麺は好みが分かれそうですね。

↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5):★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆




らーめん れんげ ラーメン / 用賀駅桜新町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5




[ラーメン]

8/21

theme : ラーメン
genre : グルメ

中華 餃子屋 壱番(末広町)

2011.08.24.22:49

Facebook餃子部の良心、近藤さんが「餃子屋 壱番」というお店を見つけてきてくれました。
「餃子屋」ときて「壱番」と来られては、Facebook餃子部としては行かないわけにはいきませぬ。

というわけで、ミニオフを企画して行って参りました。

DSC00445.jpg


今回は番外編の記事もございます。
ひどい内容になっているので、見ない方がいいかもしれません。
・【番外編】2011年8月24日 Facebook餃子部ミニオフ

「見ないほうがいい」と言われると見たくなるのが人の心理というものですが。
(そうやって見てもらおうとしているわけではございません)


店内は手前はノーマルテーブル席、
奥に1つターンテーブルの席がある構成です。

DSC00328_20111010185121.jpg

なかなか混んでいますよ。


僕らは奥のターンテーブル席に座りました。
ターンテーブルは「それとってくれ」という話をしなくていいので、
実によく考えられた仕組みですね。

DSC00329_20111010185120.jpg


兎にも角にもビールで乾杯です!

■生ビール(450円)

DSC00351_20111010185120.jpg

生ビールはキリン一番搾りです。
瓶ビールにするとラガーになります。



では、みんな揃って記念撮影です!

DSC00409_20111010185119.jpg


今回は19時半スタートでしたが、
21時まではシンデレラタイムとして餃子縛りを強いられます。
Facebook餃子部の鉄の掟です。


まず最初に茹で餃子、スープ餃子の参上です。

■スープ餃子(640円)

DSC00333.jpg

スープはシンプルな鶏ガラベース。
変に余計ない味がしないタイプのスープ餃子です。

DSC00334.jpg

鶏白スープともちもち皮の餃子がマッチしています。



■水餃子(540円)

DSC00335_20111010185157.jpg

表面にゅるにゅるの水餃子。
こちらは無難なお味でした。

DSC00336_20111010185156.jpg



次は焼きカルテットがでてきましたよ!

DSC00342_20111010185644.jpg



■元祖焼き餃子(440円)

DSC00347_20111010185641.jpg

こちらが最もオーソドックスな餃子です。
やや小ぶりではありますが、8個で440円は十分リーズナブルといえるのではないでしょうか。

非常にシンプルで出来の良い焼き餃子。
王道の味です。

餡の粒度の細かさは平均的。
ニンニクは控えめですね。



■黒豚餃子(540円)

DSC00346_20111010185642.jpg

餡に九州産の黒豚を使った、ちょっと贅沢な一品です。
元祖焼き餃子よりも、大きさも大きくなります。

食べ応えがあるから美味しく感じるのか、
黒豚だから美味しく感じるのかわかりませんが、
100円以上の味の差を黒豚餃子に感じました。

これはオススメです。


■シソ餃子(480円)

DSC00344_20111010185642.jpg

今回、部員から一番評判が良かったのが、
こちらのシソ餃子です。

シソの香りがふわっとして、確かにこれは美味しい。
シソ餃子は外せない一品です。


■海老ニラ餃子(540円)

DSC00343.jpg

海老がまるごと入っているため、海老のプリッとした食感を楽しめる餃子です。
形も普通の餃子とは違っており、餃子といえどアクセントになります。



■ねぎ味噌餃子(540円)

DSC00348_20111010185641.jpg

これまた変わった餃子です。

味は完全にねぎ味噌そのものになります。
コンニャクにつけても、餃子につけてもこの味になります。

気分転換に1皿食べるのにはよいかもしれませんね。



■パリパリ餃子(440円)

DSC00349_20111010185749.jpg

うすーく平べったい餃子です。
確かにパリパリとした食感が楽しめます。

個人的には餡の旨味を楽しむ餃子の方が好きなので、
これも1皿気分転換に頼むくらいでいいかなと思いました。


それにしても、いろんな餃子の種類があって楽しいお店ですね。
大勢で来たので今回は全ての餃子を楽しむことができました。
中華はみんなで来た方が楽しいですね。


シンデレラタイムが終わり、3品だけ餃子以外のものをオーダーしました。

■豆苗炒(700円)

DSC00365_20111010185748.jpg


あれ?なんとウーロンハイは200円ですってよ!
途中からはみんなグダグダになってきて、ウーロンハイ飲んでました。

DSC00352.jpg



■炒飯(380円)

DSC00380_20111010185747.jpg

380円って安すぎるでしょ!


■胡麻団子

DSC00426.jpg


以上です。
今回も楽しかったです。餃子部は楽しいなあ。
餃子の話なんて1分くらいしかしないんですけどね。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,000円程度


【総合コメント】
末広町にある餃子のお店です。
実際、餃子のお店という感じで、メニューの中心がちゃんと餃子になっています。

とても珍しい中華屋さんですね。

店員さんは皆さん中国の方で、とてもおおらかな感じ。
おおらかすぎて、お店の奥でご飯食べたり、爪切ったりしてます。

細かいことは気にせず、楽しく美味しく餃子を頂くにはとてもいいお店だと思いました。



■ドリンクメニュー

DSC00330_20111010193054.jpg


■餃子メニューA

DSC00331_20111010193053.jpg


■餃子メニューB

DSC00332_20111010193052.jpg


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆






餃子屋 壱番 餃子 / 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5




[中華]

8/24

theme : 中華料理
genre : グルメ

【番外編】Facebook餃子部ミニオフ@末広町

2011.08.24.23:54

さて、Facebook餃子部のミニオフですが、
結局餃子の話なんてほとんどせず、馬鹿なことばかりしていたので、
番外編としてご紹介いたします。

上品な内容ではありませんのでご注意ください。すみません。

なお、食事中心の記事はこちらになります。
・2011年8月24日 餃子屋 壱番


みんなで記念撮影。
お店の方に撮影してもらいました。

DSC00412_20111010195853s_20111119145328.jpg


あの、、、右下に指が入っちゃってます。。。

ここですかさず餃子部一優しい男、純さんが店員さんに優しくカメラの使い方をお伝えします。

DSC00414_20111010195853.jpg


純さんの優しい手ほどきが功を奏し、
今度はうまくいきました。

DSC00409_20111010195852s_20111119145328.jpg


写真を上手に撮ったことで、純さんと店員さんの間には恋心のようなものが芽生えたようです。
店員さん、無茶言ってすみませんでした!

DSC00406_20111010200848.jpg



総勢8人のミニオフ、始まり始まり!
第1回総会は全部で8人でしたが、随分増えましたねー。


しばし、というか終始くだらない話で盛り上がります。




今回初参加のいつかさんが「眼鏡の似合う男性が好き」ということで眼鏡合戦です。
当然のように、餃子部一眼鏡の似合う男、山本さんの圧勝です。

DSC00354_20111010200125.jpg

この被写体力にかなう男性はなかなかいないでしょう。


なんともチャーミングな頭のかきかた。
餃子部一、頭をかくのがチャーミングです。

DSC00361_20111010200125.jpg


そんなわけで、餃子部で最も眼鏡が似合うことが判明した山本さんは、
いつかさんと付き合うことが決定しました。

DSC00421.jpg

パチパチパチパチ!


嬉しそうな山本さん。
幸せそうな様子です。

DSC00423_20111010201213.jpg



そんな幸せそうな2人を、餃子部の本性こと近藤さんが黙って見過ごすわけありません。
すかさず自分の服に餃子の肉汁を飛ばし、いつかさんに拭くようにお願いを始めました。

DSC00358_20111010200610.jpg


初対面ゆえ、最初は戸惑っていたいつかさんですが、
近藤さんの絶妙な間合い詰めにより、最終的には拭き拭きしていました。

DSC00360_20111010200609.jpg

さすが近藤さん。
どんな場面でも攻めに転ずる応用力を持っています。


近藤さん、山本さんにイガグリ頭をナデナデしながら、
簡単にはいつかさんは渡さないよと宣戦布告です。
でも場はとても和やかです。

DSC00401_20111010201008.jpg



すると、どうしたころでしょう。
山本さんの中で何かが弾けたようです。
突然狂ったように笑い出しました。

DSC00374_20111010201554.jpg


どうしたんでしょう。
何がそんなにおかしいんでしょう。

DSC00375_20111010201554.jpg


のけぞって笑っています。

DSC00376_20111010201553.jpg


涙も出てきたようです。

DSC00377_20111010201552.jpg


もう両目すら開けられません。

DSC00370.jpg

笑い茸でも食べました?


笑いが止まらない山本さんが近藤さんにタッチすると。。。

DSC00381_20111010201810.jpg


近藤さんまでこの通り。

DSC00382_20111010201801.jpg


なぜかみんな、おかしな状態に。

DSC00439_20111010202143.jpg

※危ない薬をやっているわけではありません。


すると近藤さん。
今度はNさんの胸を触ろうとします。

DSC00388_20111010202317s_20111119145328.jpg

Nさんも「やれるものならやってみろ」と応戦の姿勢です。
(なぜ応戦の姿勢なのか。。。)


すると餃子部総帥の健さんが見るに見かねてメニューでガード。

DSC00387_20111010202316s_20111119145327.jpg


しかしNさん、そんなものいるかと弾き飛ばし、、、

DSC00391_20111010202316s_20111119145327.jpg

触られちゃいました。。。
ついでに健さんの理性も崩壊しています。


俺にも触らせてくれ!と山本さんが挙手をします。
この挙手は一流の挙手ですよ。

DSC00392_20111010202315.jpg


しかし近藤さん。「角度が足りん。僕はこれくらいですよ」と
2人で角度合戦が始まり、お触りは終了し今度は男と男の競い合いに。

DSC00396_20111010202314.jpg


するとそこに割り込んだのは飯塚さん。
「確かに細いですけど何か迷惑かけましたか?」と叫びます。

DSC00404_20111010202732.jpg

もう何がなんだかわけがわかりません。


すると近藤さん。今度は角度合戦にも飽きたのか、
おもむろに餃子を1つつかんで、セットポジションに入り、、、

DSC00429_20111010202929s_20111119145424.jpg


振りかぶって大きく餃子を投げ、、、

DSC00430_20111010202929s_20111119145423.jpg

DSC00432_20111010202928s_20111119145418.jpg

DSC00431_20111010202928s_20111119145418.jpg

DSC00435_20111010202927s_20111119145827.jpg

なんすか、これ。
食べ物で遊んじゃいけません。




するとまたまた近藤さん。
もうやんちゃぶりは止まりません。

ポッキーゲームの形式を胡麻団子でやりたいと言ってききません。

DSC00442_20111010203256s_20111119145418.jpg


狙いはもちろんNさん。
胡麻団子を口にくわえて勝手にスタンバイ。

DSC00441_20111010203255s_20111119145418.jpg


さすがにこれはNさんもドン引き。
さてさてどうなる?という雰囲気が辺りに流れたら。。。

DSC00444_20111010203255.jpg

!!!!

空気を察した山本さん。
一瞬でその場を鎮圧しました。

さすが山本さん。

さすがの近藤さんも少しおとなしく、、、なったのかな。

DSC00424.jpg


えー、以上でミニオフのリポートはおしまいです。
Facebook餃子部、入りたい人減るだろうな。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ラーメン IBUKI(半蔵門)

2011.08.25.12:29

半蔵門で打ち合わせがあり、終わるとランチタイム。
半蔵門でラーメン食べるぞい!

というわけでIBUKIというお店に行ってきました。

DSC00003.jpg


お店は2階です。
階段をあがって、、、お。

DSC00002.jpg

麺は三河屋製麺のようですね。
最近よく見るなあ。

有名店じゃなくても普通に使ってるところありますもんね。



では店内に突撃です。

DSC00001.jpg


ネットで「カフェっぽい」と書いてあるのを見たのですが、
全然カフェっぽくないですね。
どちらかというと大衆食堂という雰囲気。

DSC09990.jpg

12時ちょい前でおおよそ満席。
どうやら人気はあるようです。

それにしてもなんと店内が暑いことか。
冷房は設置してありますが、動いてません。

かわりに扇風機がフル稼働していますが、
暑いもわっとした空気が循環しているだけで気持ち悪いです。

ラーメン食べる環境としては最悪気味です。
節電ということなのでしょうかね。



最初に券売機で食券を買います。

DSC09989.jpg

商売っけ丸出しの並び順。。。
こういうお店で当たりって少ないんだよなあ。


麺の量はこのような感じ。

DSC09999.jpg

つけ麺の大盛りが720グラムって書いてありますが、
これは明らかに茹で上がり後の重さですね。
茹でる前の重さを表記するお店がほとんどなので、かなりわかりにくいです。

720グラムって書いたほうがインパクトがあるって理由なんだろうなあ。
券売機に続いて警報機が。。。

ちなみに茹で上がり720グラムは、茹でる前は400グラムだそうです。


警報機が何度か作動したので、ノーマルのつけ麺にしておきました。

DSC09991_20110826160112.jpg


麺は船型の器で登場です。
平打麺と太麺が選べるとのことで、オススメは?と聞くと「平打」とのことでしたので、
そちらにしてみました。

DSC09992.jpg


ツルツルと食感のよい麺。
歯ごたえ、舌触りともにいいですね。

DSC09993_20110826160110.jpg



こちらつけ汁。
動物、魚介よりも先に塩気がきます。
旨味よりも塩気が勝っちゃってる感じ。

DSC09994.jpg


つけ汁と平打麺の相性は、、、うーん、どうなんだろう。
あえて平打が合うのかどうかわかりませんが、、、とにかくツルツル滑って掴みにくいです。

DSC09995_20110826160108.jpg


環境面としてはよくないのですが、
なかなか掴めないので割り箸を頂きました。
お店の方に言うと手馴れた感じだったので、よく言われるのかもしれません。

DSC09998.jpg

とにかくうだるような暑さの中で食べるので、
つけ麺とはいえ汗だくです。

つけ汁がぬるかったのですが、それが有り難く感じました。


最後に卓上にある割りスープでつけ汁を薄めます。
かなりしょっぱいスープだったので多めに入れました。

スープ割りのスープは白濁し過ぎていて、
味がちょっとイマイチでした。。。

界隈はあまりラーメン屋さんがないので、
競争原理が働きにくいのかな。


===
【オーダー】
つけ麺 750円


【総合コメント】
半蔵門にあるつけ麺のお店です。
ラーメンもやっています。

つけ汁がしょっぱ過ぎるかなあ。

店内はなんだかとてもせわしない感じ。
ホールの人のせわしない動きが原因だと思います。

ラーメンなので別にゆっくり食べたいわけではありませんが、
ランチでせわしないのはちょっとなあ、と。
立ち食いそばならわかりますが。

ここら辺にラーメン屋さんが少ないのは、
土日まったく人が入らないからかなあ。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4):★★★★☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★☆☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆






IBUKI -つけめんDINING- つけ麺 / 半蔵門駅麹町駅永田町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0





[ラーメン]

8/25

theme : ラーメン
genre : グルメ

中華 元祖もっチャーハン まるも(原宿)

2011.08.26.12:17

原宿駅竹下口を出て、道路を渡って左に少し進むと「せい家」という家系、もしくは家系風のラーメン屋さんがあるのですが、

DSC00004_20110826122644.jpg


その2階にチャーハン屋さんが出来ました。
8月8日のことです。

DSC00005.jpg

チャーハン屋さんってありそうで、なかなかないです。


メニューを見るとほぼ完全にチャーハン専門店ですね。
一部小籠包などもありますが、あくまでサイドメニューですので。

DSC00006_20110826122642.jpg

ノーマルチャーハンが650円。
なかなかリーズナブルです。

下のせい家が500円というのもありますし、
原宿ゆえ若者が多いゆえ、700円にはしにくいですね。

お近くの「みのりんご」のように大人しか相手にしない戦法もありますが、
チャーハンだと若者も来そうですしね。


お店の名前は「元祖もっチャーハン まるも」といいます。

DSC00007_20110826122643.jpg

後でわかるのですが、モツが入ったチャーハンが出てくるわけではないんですよ。
9割以上の人が勘違いするでしょうね。

私も毎日お店の前を通るのですが、
「モツ入りのチャーハンかあ。。。なんかいい匂いじゃなさそう」だなあと敬遠しておりました。


階段を上がって突撃です。
以前は中東料理っぽいお店が入っていましたね。



お店に入って、まずは券売機で食券を買います。

DSC00008_20110826122642.jpg

あんかけにすればモツの匂いが気にならないかな?って思って、
あんかけのチャーハンにしてみました。
(この時点ではまだモツが入ってると思ってたので)


うーむ。
大盛り(400グラム)と特盛り(500グラム)がどちらも100円増しですよ。
なんて悩ましいことしてくれちゃうんでしょうか。

DSC00009_20110826122641.jpg

ラーメンとかつけ麺なら、麺の重さで量が想像できるのですが、
ご飯だと全くイメージが出来ないため、お店の方に量の雰囲気を教えて頂きました。

普通の300グラムでも普通のお店より多い。
なので大盛りはだいぶ多い。
特盛りはかなり多いので、まずは大盛りで様子を伺っては、、、というご提案でしたので、
大盛りにしてみました。


店内は恐らくしっかり改装したものと思われ、とても綺麗です。
2本のカウンターとテーブル席という構成です。

DSC00013_20110826122714.jpg

厨房の広さの問題なのか、1階のせい家よりは収容力がありそうです。

11時半開店と同時に入店したので、
一番乗りでした。


やや。壁にはTwitterとFacebookのロゴが。

DSC00011_20110826122714.jpg


おお。お店のFacebookページで「いいね」をすると杏仁豆腐をサービスして頂けるそうです。
普段Facebookを使いまくっているので、これは「いいね」を押さないと!

DSC00012_20110826122713.jpg


ふと、テーブルに貼られているお店の紹介を読んでいると、、、
なんとモツ入りのチャーハンではない旨が書いてあるではありませんか。

DSC00018_20110826122713.jpg

公右平さんと2人で行ったのですが、
2人とも普通に驚きました。

個人的にはモツじゃない方が嬉しいので良かったのですが、
モツを期待していた人はガッカリするかもしれません。


ほどなくして、あんかけチャーハンの到着です。
お供にスープを携えております。

DSC00014_20110826122844.jpg


なにこれ、すごく美味しそうなんだけど。
漂う香りが本物の香りです。

DSC00015_20110826122844.jpg

干し貝柱や干し海老が入っており、
すごく豊かなダシが出ています。
豪快なビジュアルながらも、繊細な旨味をまとったあんかけ。

干し貝柱なんてスーパーで買うと10個700~1,000円くらいしますからね。
干し海老も高いです。
(業務用だとどれくらいに下がるのかわかりませんが)
家で同じ味が出せたとしても、採算的に作る気が起きないです。

大人であればあるほど、深い味に納得する気がします。
無論、子供は無条件に大好きでしょう。



あんが絡んだチャーハンはパラパラ仕上げ。
レンジを使っている、、、というような記述がありましたが、
絶妙に水分を飛ばし、ぱらっと仕上がっています。
あんの粘度に負けていません。

DSC00016_20110826122843.jpg

これは減っていくのが寂しくなるチャーハンです。
ラーメンでそのように思うことは多々ありますが、チャーハンでは初めてかもしれません。


お店の方より、黒酢をかけると更に美味しくなる旨、
また、辛いのが好きな場合は、こちらをどうぞと2つの調味料を提案頂きました。

DSC00017_20110826122712.jpg


半分を食べ終えたところで、残りの1/4を辛くしてみる。

DSC00019_20110826122843.jpg

美味しい。辛いの好きだし。
もうちょっと涼しくなってからなら、全部にかけたい気もしちゃう。

ただ、旨味が少し飛んでしまうので、やはり最後に少しだけ辛くして頂くのがいいかもしれません。


次に残りの1/4に黒酢をかけてみる。

DSC00020_20110826122842.jpg

酢で味がしまると共に、味わいがマイルドになりました。
これは女性は好きじゃないかなー。

上等な酸辣湯スープのような味になり、これは確かにぐっと美味しくなります。
辛くするより、こっちがオススメかもしれません。


ボリュームがありましたが、そもそもあんかけなので食べやすく、
さらに辛くしたり酢を入れたりして楽しめたので、飽きずに頂けました。

ただ、特盛りの500グラムは無理ですね。
つけ麺でいうと、つけ麺の400グラムが食べられれば、こちらのお店の特盛りはいけると思います。


最後にFacebookページのファンになったお礼の杏仁豆腐をいただきました。
(こんな立派な杏仁豆腐頂いちゃってすみません)

DSC00021_20110826122842.jpg

冷たくてさっぱりして美味しかったです。
中華のデザートはやっぱり杏仁豆腐ですね。


お店も綺麗ですし、美味しいですし、お店の方もとても親切です。

テイクアウトもやっているようですので、
界隈にお勤めの方は是非1度チャレンジして欲しいと思いました。



===
【オーダー】
あんかけチャーハン 760円
大盛り 100円
杏仁豆腐 Facebookページのファンになったので無料


【総合コメント】
原宿竹下口すぐの場所にあるチャーハン専門店です。

チャーハンにかけたお店だけあり、
抜群に美味しいチャーハンでした。

今回は旨味エキスたっぷりのあんかけチャーハンを頂きましたが、
次はもう少しシンプルなメニューも挑戦したいと思いました。

お店の方も皆さんとても親切で、
安心して食事が楽しめます。

竹下通りに遊びに来たら、是非寄りたい1軒です。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




元祖もっチャーハン まるも 中華料理 / 原宿駅明治神宮前駅北参道駅

昼総合点★★★★ 4.0



[中華]



8/26

theme : 中華料理
genre : グルメ

居酒屋 竹子(飯田橋)

2011.08.27.21:06

久々の飯田橋。
写真は神楽坂下です。

DSC00050_20111009000251.jpg

神楽坂・飯田橋エリアはフランスの方がたくさん住んでいるようです。
なんでも「フランスの街並みに似ている」という理由だとか。

その理由については「似てるかなあ。。。」という気もしますが、
何となく言いたいこともわかるような気もします。

今や、似てるかどうかは別として、
「みんないるから集まってくる状態」になってるのでしょうね。


ワインバーに行く計画があったのですが、その前に一杯ひっかけてから行きましょうということになり、
「竹子」にふらりと寄りました。

DSC00053_20111009000250.jpg


・飯田橋の竹子
・原宿のゆかり
・表参道の中西
・六本木の松ちゃん

このあたりは全部系列店です。
「入口料亭っぽいのに中は庶民的」というコンセプトの居酒屋シリーズです。

というわけで、入口はこんな風に立派な感じ。
高そうな感じ。

DSC00051_20111009000251.jpg


だけど中はこんなに庶民的な感じ。

DSC00055_20111009000250.jpg

原宿のゆかりは会社からすごく近いのでよく行きますが、
ゆかりは独特の匂いがあります。
養老の滝みたいな匂いというか。
ビールこぼしまくった匂いというか。

ゆかりから帰ると、必ず「臭い」と怒られます。

でも飯田橋の竹子は臭くありません。
よかった!


ゆかりにはない水槽なんてありますよ。
それぞれお店によって微妙に仕様が異なるのも、この系列店の面白いところです。
餃子の王将もそんな感じですよね。

DSC00066_20111009000249.jpg


この系列店ではお馴染みの、ビール一杯180円。
「延長決定」と書いてありますが、系列店でビールが180円じゃない瞬間は見たことがありません。
(私が気付いてないだけの可能性もあります)

DSC00067_20111009000248.jpg


メニューは最後にまとめて紹介しますが、
飲み物メニューはざっとこんな感じです。
(気になる方はクリックして拡大してください)

DSC00056_20111009000354.jpg

まあ安いですね。
まあ安いですが、大衆居酒屋とあまり変わらないくらいの安さですかね。

やはりこの系列店では「ビールとハイボールで押す」というのが一番です。


頂いたものを紹介する前に、
ざっくりとした感想を書いておきます。
(居酒屋記事は長くなっちゃうので)

料理は一様に安く、味はそこそこ美味しいです。
とびきり美味しい!というものはありませんが、
どれも無難にお酒のアテとして成立します。

ビール、ハイボールは180円ですので、
その2つを飲んでいる限り1人3000円の壁を突破するのは難しいと思います。

1つ特徴としては、ドリンクをオーダーすると1分以内に持ってくるということです。
(これは竹子だけでなく、ゆかり、中西も同じです)

店員さんも皆さん気持ちが良く、
気持ちよくお酒が飲めます。

大型チェーン店に行くなら、竹子で飲むのがいいと思います。
四の五の言わないシチュエーションであれば、飯田橋は竹子で決まりですね。


では、頂いたものを紹介させて頂きます。


■生ビール(180円)

図1

頼むとすぐ持って来てくれます。
偉い!すごい!

生粋のビールです。
水割り気味だったり、実は発泡酒だったりしません。
間違いなくビールです。



■煮物(お通し)

DSC00063_20111009000354.jpg


■下駄盛り(1,380円)

DSC00070_20111009000419.jpg

出た!すごい!
お刺身の盛り合わせです。
竹子では異例の1,000円越えメニューですが、高さを感じさせないボリュームです。


お刺身たちの顔色もいいです。
鮮度も大丈夫です。
これはゆかりにはありません。
結構お店によってメニューは異なりますね。

DSC00071_20111009000418.jpg



■ハモさつまあげ(490円)

DSC00068_20111009000353.jpg



■煮込み豆腐(480円)

DSC00069_20111009000353.jpg


■ハイボール(180円)

DSC00072_20111009000418.jpg

ビールを2杯ほど飲んでお腹が膨らんできたら、
あとはハイボール攻めです。

原宿ゆかりのハイボールはウィスキーが少なめで、
いくら飲んでも酔わないという感じですが、
竹子のハイボールはちゃんとした量のウィスキーが入っています。


2軒目があったので食べる量を抑えたとはいえ、
まあまあお腹も膨らんで1人2,000円。

驚異的な居酒屋です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,000円


【総合コメント】
飯田橋の雄、竹子です。

外観はぱっと見、すごく高そうなお店に見えます。
高そうに見えるから入らない人すらいそうです。

しかし、一歩お店に入ればそこは大衆居酒屋。
箱も大きく、価格も安く、庶民の味方です。

店員さんが皆さん親切でいいですね。
原宿ゆかりより、こっちのお店の方が何もかもよいです。

また来たいです。



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




居酒屋竹子 居酒屋 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

8/27

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

イタリアン&ワインバー 10'colors(飯田橋)

2011.08.27.22:24

竹子で格安で飲み、
当初の目的地「10'colors」というワインバーに移動しました。

偶然にも竹子から歩いて2分ほどの場所にありました。
ラッキーだぜ。

DSC00074_20111009112625.jpg


店名にちなんだ施しがされております。
十人十色を表現してるのかな。
あるいはワインは色々あるよねって意味なのかな。

DSC00075_20111009112625.jpg


お店は地下にありまして、店内はこのような雰囲気です。

DSC00077_20111009112624.jpg

バーですね。バー。
テーブル、椅子は黒で統一されています。


グラスワインは850円~、ご覧のようなラインナップです。
こちらに書いてないものもたくさん用意されているようです。

DSC00078_20111009112623.jpg


ひとまず全員白ワインで乾杯です!

図1

普段家で飲んでいるテーブルワインとはやっぱり違いますね。
まず味の濃さが違います。
香りの強さも違います。

家でしょうもないテーブルワインを飲んでいるおかげで、
こういう時は格別に楽しめます。

人間の舌は相対的にしか味を覚えられませんので、
外食を楽しみたい場合は、家では粗食にするのがオススメです。


白ワインの後は赤ワインを頂きました。
2つ紹介します。

DSC00084_20111009112659.jpg

DSC00088_20111009112659.jpg

腐葉土だの落ち葉だのと表現したいところですが、
全然詳しくないので、一言「美味しかった」と申し上げておきます。



ワインバーですが、イタリアンのシェフもおり、きちんとした食事メニューも用意されています。
竹子である程度食べて来たので、そんなにたくさん頂いてはおりませんが、
紹介させて頂きます。


生ハム
DSC00081_20111009112658.jpg


バーニャカウダ
DSC00082_20111009112658.jpg


和風パスタ
DSC00086_20111009112657.jpg


リゾット
DSC00089_20111009114100.jpg


女性限定サービスのアイスクリーム
DSC00092_20111009112709.jpg



===
【オーダー】
上記の通り ご馳走になってしまい金額はわかりません


【総合コメント】
竹子から徒歩2分ほどの場所にあるワインバーです。
ワインバーですが、本格的イタリアンメニューもあります。
シェフだってちゃんといます。

ちょっと奥まった場所にあり、隠れ家っぽい雰囲気です。
こんなお店を知っているとモテるかもしれません。

2軒目の利用がオススメかなと思いました。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(-)     :-------------------





ダイニング&ワインバー 10'colors イタリアン / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

8/27

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

中華 鼎泰豊(二子玉川) 2回目

2011.08.28.15:28

台湾旅行計画中にどうしても小籠包が食べたくなり3週間前に恵比寿の京鼎樓に行きました。
その時の記事はこちらになります。
・2011年8月7日 京鼎樓@恵比寿


ところで鼎泰豊はどんな味だっただろうということになり、
鼎泰豊も一応味を確かめておくことにしました。

というわけで行ってきました。
我らがタマタカ専門店街にある鼎泰豊@二子玉川です。


過去の鼎泰豊の記事はこちらになります。
・2009年7月4日 鼎泰豊 酸辣湯麺と小籠包のセット


おっと、今はこんなセットがあるのですね。
17時までやっているようです。
遅めのランチとして重宝しそうです。

DSC00094_20111009183341.jpg


窓の外は用賀方面です。
窓が高く見晴らしがよいです。

DSC00097_20111009183341.jpg


本当は前回と同じく酸辣湯麺が食べたかったのですが、
既に紹介しているため、新メニューの「台湾風タンタン和え麺セット」にしました。

DSC00100_20111009183413.jpg


餡子隊長は大好きな酸辣湯麺にしていました。

DSC00099_20111009183504.jpg



こちらが台湾風タンタン和え麺です。
台湾旅行ではこのような料理たちに出会えるということでしょうか。

DSC00103_20111009183412.jpg


水菜、挽肉、その他野菜など、かなり具だくさんです。
ヘルシーそうな顔をしています。

DSC00104_20111009183412.jpg



スープはすこーーーしですが、私の天敵シナモンのような風味があります。
鼎泰豊の普通の坦々麺でも同じ感想だったので、
何か私の天敵シナモンに近い香辛料が使われているものと思われます。
(もしくはシナモンそのものが使われているとか。。。)

DSC00105_20111009183411.jpg

でも大丈夫です。
すこーーーーし風味がするだけなので。
美味しく頂ける範疇です。


卵麺っぽい麺と具材を一緒にスープと絡めて食べます。
胡麻も効いていて、大変さっぱり頂けます。

DSC00106_20111009183411.jpg

酸辣湯麺の方が好きですが、たまにはこういうのもいいですね。


さて、いよいよエースの小籠包です。

DSC00101_20111009183436.jpg


うん、非常に美味しそう。
なんと愛くるしい形をしているのでしょうか。

DSC00102_20111009183436.jpg


箸でつまむと、ぽてっとしているのがわかります。

DSC00108_20111009183435.jpg


蓮華に乗せて、生姜を刷毛にして酢醤油をつけて、
刷毛の生姜はそのまま小籠包に乗せて口の中へGOです。

DSC00107_20111009183435.jpg


美味しい。。。
京鼎樓も美味しいですが、私はこっちの方がやはり好きです。

京鼎樓との違いは、鼎泰豊の方が皮が薄いです。
それと、挽肉のミンチ度が細かいです。
肉汁も鼎泰豊の方がじゅわっと出てくる気がします。

台湾の本店で食べるのがますます楽しみになりました。


食事中、こんな宣伝を見てしまいました。

DSC00096_20111009183503.jpg


すると無性に飲みたくなってしまいました。

なので、すぐさまオーダーしました。
大人って好きなことが出来て楽しいですね。
子供時代、クリームソーダの許可を取るのは大変でしたから。


久々のご対面。

DSC00111_20111009183503.jpg

懐かしい美味しさ。
久しぶりっていうか二十年ぶり以上のような気がします。

満足納得のランチタイムとなりました。


===
【オーダー】
台湾風タンタン和え麺セット 1,680円
クリームソーダ 105円


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7):★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆


[中華]

8/28

theme : 中華料理
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る