FC2ブログ

自由が丘デパートで本格トルコ料理が頂けます。

2013.05.12.12:51

Sabalan@自由が丘
トルコ料理


自由が丘駅南口を出て右を向きますと、
自由が丘デパートなる建物があります。

R0027475.jpg


ただ「デパート」と申しましても、
渋谷や新宿にあるデパートとは少し、というかかなり趣が異なります。

1階は鮮魚、アクセサリー、化粧品、よく分からないもの、
いろいろ取り揃えたお店が入っています。

R0027522.jpg


2階は外廊下になっておりまして、
飲食店がいくつか入っています。

R0027476.jpg


3階は内廊下になっておりまして、
飲食店、スナックなどが入っています。

R0027521.jpg

なかなかタイムスリップ感満載のデパートになっておりますので、
1度じっくり見る価値はあると思います。


その自由が丘デパートの2階にトルコ料理のお店があることを発見。

R0027484.jpg

この日の男子ごはんが「シシケバブ」だったため、
なんとなくトルコ料理が食べたいと思っていたので、
まさに渡りに哲也、じゃなかった、渡りに船でした。


店内はまさにトルコそのものといった感じ。
店員さんもトルコ方面の方のようです。
(実際にはイランの方でした)

R0027520.jpg


トルコのこういった色使い、非常に綺麗です。
トルコデザインが好きな餡子隊長は非常に気に入っていました。

R0027481.jpg


店主が芸能人の知り合いが多いようで、
竹野内豊さんをはじめ、いろいろな有名人の写真が貼ってあります。

R0027492.jpg


コップも非常にトルコらしい。

R0027480.jpg

しかしあろうことかこの水にはミントが入っておりまして、
飲んだ瞬間悶絶致しました。
(ミント、大の苦手なんです)


水が飲めないとなったので、
ビールを注文。

R0027490.jpg

まさかビールを飲む展開になるとは全く予想しておりませんでした。


ランチメニューはこちらです。
500円~1,500円と幅広いラインナップ。

R0027482.jpg


850円の日替わりランチがちょうどシシケバブということで、
そちらにしてみました。

薄いパンのようなものと一緒に登場。

R0027489.jpg


サラダとインディカ米みたいなパラパラ米と、
シシケバブが1本。

R0027486.jpg


「スマック」という中東特有のスパイスを使っているそうで、
日本で見るレシピ通りに作って食べるケバブとは一線を画した味わい。
ものすごくスパイシーで、ものすごく独特です。

R0027488.jpg

挽き肉のミンチ度が低く、
肉固体の味も感じます。

羊肉を知ってますなあ。これは美味しいです。
ただ、量が少ないかな。もう1本は食べたい。


餡子隊長は美容に非常に良さそうなところが気に入って、
フェセンジュンなる料理をオーダー。

R0027493.jpg

ペヨンジュンなら知っていますが、
フェセンジュンとなるといよいよ何のことやら。


こちらがペヨンジュン。
じゃなかった、フェセンジュン。

R0027500.jpg

ザクロ、チキン、クルミを使って煮込みまくった、
水を一切使わない料理だそうです。


光って見える脂はクルミの脂です。

R0027513.jpg


これをご飯にかけて頂くわけです。
全く味の想像が出来ません。

R0027516.jpg


いただきます。

R0027514.jpg

うぬぬ。甘い。
杏子の甘さに似ているか?
いや、杏子なんてそもそも食べたことあるか?

甘く、酸味はあるようなないような。どこかに隠れているような。
ジャム、、、いや違うな。なんだこれ。
間違えて甘くしちゃったシチュー?
いや、それだと美味しくなさそうに聞こえちゃうな。


えー、個人的な話をすると甘い食べ物ということで苦手気味ではありますが、
味のオーラが美容に良さそう過ぎて、これは女性には大人気かもしれません。

なんだかよく分からない気はするものの、
1,500円する理由は何となくわかった気になりました。


食後に謎の果物を煮たものと、チャイ。
チャイはインドのチャイとは全然違います。
トルコの紅茶もチャイって言うんですね。

R0027518.jpg

不思議なお店でとても楽しかったです。
なんともいえない異国感がたまらないお店です。


===
【オーダー】
シシケバブランチ 850円
フェセンジュン 1,500円


【総合コメント】
恐らく自由が丘で唯一のトルコ料理のお店です。

イラン出身の店主がお一人で運営されているので、
お客さんが集中すると結構待ち時間があります。

そんな時は楽しい店内を眺めながら、
のんびり待つのがトルコ流でしょうか。
日本はせっかちでいけないですね。

量が少ないのがランチとしては問題ですが、
水タバコも吸えちゃったりと、
とても楽しいお店でした。


フェセンジュンの説明はこちら。

R0027491.jpg



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆




サバラントルコ料理 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[トルコ料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

自由が丘の前まで行列が出来ていた焼小龍包屋さん。

2013.05.12.14:52

大山生煎店@自由が丘
点心


自由が丘に焼小龍包のお店がありまして、
これがいつ前を通っても大行列ができておりまして。

しかし、なぜかこの日は空いておりまして。。。
もうブームが去ったのかな?
(後日もう1度通ったらまた空いていました)

R0027526.jpg

ランチのトルコ料理が非常に少量だったので、
並んでないのであればということで突撃です。


お。焼いてる焼いてる。
焼いてますよ。

R0027525.jpg


まずは注文です。
焼小龍包は3個で300円、6個で600円と、
要するに1個100円のようです。

R0027524.jpg

また、小龍包以外にもお粥や羊肉なんかもあったりと。
平日であれば汁無担々麺もあるみたいです。


席はなく、スタンディングイート形式です。
ようするに立ち食いです。

R0027523.jpg


この段ボールが無造作に積まれた光景が、
なんとなく中国らしさを演出しているような気がします。
(演出じゃなくて素だと思いますけどね)

R0027531.jpg


食べ方ですが、「まずは何もつけずに!」とのこと。
はい、わかりました。了解です。

R0027527.jpg


詳細な食べ方はこれに書いてありました。

R0027529.jpg

なるほど、最初に汁をチューチューしちゃうわけなんですね。
なんかちょっとお行儀が悪い気がしないでもないですが、
ここは従っておかないと。

When in Roma, do as the Romans do.

あ、でもここ日本だ。


焼きあがったら呼ばれまして、
小龍包を受け取ります。
焼き立てを頂けるのは最高にいい仕組みですね。

R0027532.jpg


ひっくり返すといい感じの焦げ目が付いていました。
美味しそー。

R0027533.jpg


箸で割ると中から汁が。。。
これをチューチューするわけですが、これは美味しい。
いい感じで脂と肉汁が混ざって旨味が凝縮されています。

R0027537.jpg

チューチュー後の皮と餡も美味しい。


2個目からは黒酢でさっぱりと。

R0027539.jpg

立ち食いスタイルなので落ち着けるわけではありませんが、
1つ100円と安価ですし、少しお腹が減った時にはとても良さそうです。

想像以上に美味しくて、こりゃまた食べたい。

===
【オーダー】
焼小龍包(3つ) 300円


【総合コメント】
自由が丘で列をなしている焼小龍包のお店です。

焼小龍包という意味で言うと、
吉祥寺で1度食べた際には、さ
ほど美味しいものではないなと思ったのですが、
(普通に美味しいとは思いました)
こちらの焼小龍包は美味しかった。

汁の味が鼎泰豐の小龍包と方向性は近いでしょうか。

自由が丘で少しお腹が空いて、
でも今欲しいのは甘い物じゃないなという時にはおススメです。


↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆






大山生煎店肉まん・中華まん / 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る