FC2ブログ

どのガイドブックにも載っている弘前城公園脇の格式高めのレトロカフェ。

2015.09.02.11:51

可否屋葡瑠満@弘前
カフェ


弘前3日目の朝、弘前公園北側にある武家屋敷を巡りました。
4軒ほど開放されていまして、無料で見学できます。
図1


武家屋敷見学後、弘前公園の東側にあります昭和モダンレトロカフェに行きました。
IMG_0381_2015091216535827b.jpg


「可否屋葡瑠満」というお店。カタカナ表記ですと「コーヒーブルマン」となりますかね。
IMG_0383_20150912165400b74.jpg


弘前初日に行った万茶ンよりも凝りに凝った感じで、オーナーの拘りが詰まっているように思われます。
IMG_0415.jpg


席と席の独立性も高い。アンティーク家具とクラシックの音楽がとても雰囲気に合っています。
少々格式高い感じがあり、大声でお喋りとかはしにく感じ。
IMG_0399.jpg


メニューが全て平仮名で書かれており、ぱっと見ただけでは頭に入ってきません。
しかしコーヒーが750円ということで、まずまず高めの設定です。
IMG_0391_2015091216541539d.jpg


ケーキメニューはこちらの5種類。アップルパイもあります。
IMG_0388.jpg


アメリカンコーヒー、アイスティーが到着しました。お値段高めですが、その分全体的に装備がきちんとしています。
IMG_0402.jpg


■あめりかん(750円)
IMG_0403.jpg

「紅茶感覚のまろやかな味」と説明がありましたが、まさにそんな感じです。とてもとても薄く、ほんのりコーヒーの味がする感じです。
何も知らずに飲んだら「何か失敗したのかしら・・・」と思ってしまうと思います。

この後、つゆそば→ホテルのビュッフェディナーと続く予定のため、胃をカフェインでやられないようにとアメリカンにしたのですが、そういった意味でも成功の一杯でした。


■あいすてい(750円)
IMG_0409_20150912165413910.jpg

琥珀色の綺麗なアイスティー。グラスも綺麗で一瞬バカラかな?と思いましたが違いました。
香り高い美味しいアイスティーだったそうな。750円を納得させる力がありました。


■アップルパイ(400円)
IMG_0410.jpg

サクサクの生地が特徴のアップルパイで、焦げ目のほんのりとした苦味と林檎の甘さが絶妙な、独創的なアップルパイ。
青森で頂くアップルパイは、どれも個性的で東京で食べるものとはちょいと違っておりとても楽しいです。

この後、レンタカーを借りまして、今回の旅行最後の地、奥入瀬を目指します。

===
【オーダー】
あめりかん 750円
あいすてい 750円
アップルパイ 400円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

可否屋葡瑠満喫茶店 / 中央弘前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

元祖は今は無き「美満寿」。今に伝わる『つゆやきそば』と『黒石やきそば』

2015.09.02.13:25

すずのや@青森県黒石市
ご当地グルメ


弘前を後にし、奥入瀬を目指す途中に「つゆやきそば」なるご当地焼きそばを食べられる「黒石」というエリアに寄りました。
弘前からは車で30分くらいの場所になります。

こんな風に昔情緒ある小さな町で、ちょっとした散歩が楽しめます。
図1


いくつか「つゆやきそば」を提供しているお店がある中、元祖の「美満寿」というお店はもう無くなってしまったということで、
・元祖を語っていないお店
・他にもいろんなメニューを提供していないお店
という条件で探してみたところ、1軒の専門店があることを知り、車を駐車場に停めました。
IMG_0419_2015092417290071a.jpg


「すずのや」というお店です。
確かに「元祖」なる文字は戻っておりません。そして「専門店」の文字も確認できます。
IMG_0426_2015092417290196e.jpg


店内はテーブル席で、まさしく食堂といった雰囲気。
店員さんお一人で切り盛りされておられました。
IMG_0434.jpg


専門店というkとでメニューは大変シンプルです。黒石の「やきそば」「つゆやきそば」の2種類が基本です。
それにしても安い。
IMG_0429.jpg


黒石やきそばの秘話が3章に渡って記載されています。
・焼きそば作りたかったがうどん用のカッターしかないため太くなった
・ウスターソース味で具はほとんどない
・元祖は美満寿
要約するとこういった内容になっております。
IMG_0445.jpg

2章、3章は一番下に掲載しました。
内容を読みますと、なんとなくお店の「黒石やきそば」に対する誠実な思いが伝わってきて、「やはりこのお店を選んでよかった」という思いが湧いてきます。


確かに卓上にはどーんとウスターソースが配備されています。味が薄いと感じた人向けでしょうか。
IMG_0451_2015092417291314f.jpg


両方同時に到着。
IMG_0457_201509241932546cf.jpg


■つゆやきそば(550円)
IMG_0472_201509241932502ca.jpg


初めまして、つゆやきそばさん。なるほど、こんなお顔をされているのですね。
何も知らずに提供されたら「蕎麦かな?うどんかな?」とかなり判断に迷いそうです。
IMG_0474.jpg


具は玉葱と天かす、それと葱です。
味は、「大変薄めの蕎麦つゆにウスターソースを投入した感じ」という表現以外浮かびませんでした。
IMG_0477.jpg


麺は特徴的な太平麺で、コシは弱くある意味老若男女誰でも食べやすいような気はしました。
IMG_0488_201509241932535dd.jpg

蕎麦つゆの味も知っていますし、ウスターソースの味も知っています。
混ぜるとこうなるのかー、という新鮮な思いはありつつも、斬新な味ではないため、「なるほど」というのが一番に思った感想です。


■黒石やきそば(450円)
IMG_0461_20150924193304ece.jpg

こちらはもう、完全なる「ウスターソースで作った焼きそば」でありまして、驚きも「なるほど」も特にありませんでした。

初めて食べる料理ということでの高揚感はありますので、ぜひ2種類とも食べてみたいところです。
量も少なめで、おやつなどの軽食利用の際にも非常に威力を発揮しそうです。
IMG_0465_20150924193303b98.jpg

食べたことのない物を食べることができましてとても良かった。

===
【オーダー】
つゆやきそば 550円
黒石やきそば 450円


黒石やきそばの秘話 2章
IMG_0447_201509241829225d8.jpg

黒石やきそばの秘話 3章
IMG_0449.jpg

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

すずのや焼きそば / 黒石駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルを紹介します。

2015.09.02.15:09

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル@奥入瀬
ホテル


弘前から車を走らせ、途中黒石でつゆそばを食べ、星野リゾートグループの奥入瀬渓流ホテルに到着しました。
人生初、星野リゾートです。
IMG_0525_20150926155606681.jpg


ロビーで甘い日本茶を頂きながらチェックイン。
旅行閑散期ということで、今回の旅行ではどこもかしこも空きまくっておりましたが、星野リゾートだけは人がいっぱいいました。
図2


まずはお部屋を紹介します。

今回泊まったのがこちらの部屋。床が畳仕様になっている和洋折衷の「なごみ和室」です。
奥入瀬渓流ホテルの中では最も安い部屋で、それゆえ外の眺めも駐車場。広さは44平米です。
IMG_0503.jpg

それでも宿泊料は1泊2人で33,000円。
食事はこれまた一番安いプランのビュッフェスタイルとなっています。
(あとで紹介します)


特徴その1:広く長いソファ
IMG_0504.jpg

大の大人が2人でごろーーーんとなれる広いソファ。こんなものが家にあったら毎日ソファ落ちそう。
帰ってきてゴロゴロするのに最適です。家にあったら豚になりそう。


特徴その2:エアウィーヴのベッド
IMG_0507_201509261556058a1.jpg

人生初エアウィーヴ。確かに寝やすいと思いました。
しかしダブルサイズですと軽く10万くらいはするようですから、家への導入は10年は先になりそうです。
餡子隊長は昨年の引っ越し時に密かにエアウィーヴ構想を練っていたようですが、私が水際のところで防ぎました。


特徴その3:
図7

いちいちスリッパを履いたりすることなく、自由に動き回れるのがいいです。あと香りがいい。
餡子隊長は「家のリビングにも畳を導入する」と決意を固めておられました。


その他、メインの部屋以外の紹介です。


洗面と玄関。どちらも広いです。ただ、雰囲気が古いです。
星野リゾートというのは何もかもデラックスなのかと思っていましたが、メリハリ付けて捨てるところは捨てているようです。
図4


お風呂とトイレも同じような印象です。
トイレに至っては、あるいは林檎の匂いなのかもしれませんが、非常に甘い匂いで、トイレに行くのがちょっと嫌になりました。
便秘気味の人は便秘が加速してしまうのではなかろうか。
図3


お部屋以外の紹介です。

岡本太郎氏の何かが飾ってあったり、大きな囲炉裏があったり。
ただ、全体的に建物が古く、修学旅行で行った旅館のような印象から脱却できない感はあります。
図5


館と館を結ぶ通路。やっぱり古いですが、外の眺めはいいですね。
図6


外に出ると庭を散歩できます。川沿いの緑を堪能できます。
図1


なお、お酒ですが、冷蔵庫にはビールなどは一切入っていません。
(入っていても1本すごいお値段になってしまうので飲めませんが)
1階の売店に売っていますが、500mlで500円ですので、お祭り価格となっております。

そんな時は車で3分くらいの場所にある「サークルマート クズマキ」という酒屋さんが近くにありますので、こちらでアルコール類を購入するのがおススメです。
IMG_0521_2015092616290709b.jpg

ホテル全体の印象としては、
・何かにつけて古さが気になる
・サービスは思っていたほどではなく、都内の一流ホテルの方が格段にいい
・部屋は大変過ごしやすい
という感じですが、恐ろしいことに奥入瀬渓流ホテルは星野リゾートの中では相当安い部類に入るホテルのようですので、真髄を味わおうと思うならば、別のところに再チャレンジしなければいけないのかもしれません。

この後、食事の紹介をしたいと思います。


===
2人1泊 33,000円(税サ込)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(-)     :-------------------
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

奥入瀬渓流ホテル旅館 / 八甲田山)

夜総合点★★☆☆☆ 2.0




[ホテル]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ホテル

星野リゾート奥入瀬ビュッフェ。品数は豊富ですが、また食べたいと思うものは少なめでした。

2015.09.02.20:42

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル@奥入瀬
和食


星野リゾート奥入瀬の晩御飯。今回はビュッフェ形式です。
ビュッフェ形式のプランが一番安価となっております。

言われた通り19時、レストランへ。
ちなみに2泊目の翌日は「17時半に」と言われました。混雑を避けるためいくつか時間をずらした伝えられるようです。
IMG_0532_20150927104355a8c.jpg


広いビュッフェレストランスペース。
オーダー式バイキングではありませんので、常に誰かしらウロウロしているので、落ち着いた感じにはなりません。
IMG_0535.jpg


窓際の席に。会社だとアレですが、レストランですとむしろ歓迎です。
IMG_0536.jpg


入口手前から前菜~副菜~主菜~デザートと並んでいるようです。
もちろんビュッフェですので何度どこに行っても大丈夫です。
IMG_0624.jpg


前菜スペース。結構な種類があります。ドレッシングも迷うほどの種類あります。
図2


副菜スペース。和洋がちょうど半分くらいの割合で用意されています。
図1


主菜、デザートスペース。やはり和洋どちらもございます。
写真に写っていない場所もありまして、全体的に種類はかなりあります。
図5


ホテルのビュッフェのように、人が作ってくれるエリアもあります。
ステーキ、天麩羅、帆立貝焼きのエリアとデザートが特に人気のようでした。
図7


今日の晩餐です。
IMG_0592.jpg


伺ったところ今日も明日もほとんど同じ内容ということでしたので、今日はオール和食にしてみました。
IMG_0583.jpg

9等分され、たくさんの種類を取り分けられるようになっているお皿が特徴です。
1つ1つをたくさんの量を取れないため、お店側にとっても食べ残し防止にもなっていそう。
欲張り防止機能が搭載されています。

全体的に味はデパ地下の惣菜くらいのクオリティでした。美味しいものがあったらまた食べたいと思いましたが、お替りはしませんでした。
大量生産、お皿に放置となりますので、なかなか


作って頂いた前菜とステーキ、帆立。
作って頂く系の方が種類は少ないですがおススメです。特に赤身のステーキが美味しかったです。
それと写真には写っておりませんが、天麩羅がよかったです。大蒜の天麩羅。
図8


〆のご飯は栗ご飯。汁はせんべい汁です。季節感と郷土感が味わえます。
IMG_0607_20150927105441b3f.jpg


左は作って頂いたデザート。右は私のおやつです。
料理だけでなくスイーツ系もかなりの充実ぶりでした。料理よりもクオリティが高い気がしました。
図9


なお、ドリンクですがお酒などはオーダー制で、まずまずのお値段となりますが、お茶やコーヒーは無料です。
図6

ビュッフェですのでお腹はかなり満腹になりました。
明日はオール洋食にしてみようと思います。


===
【オーダー】
上記の通り


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(-)     :--------------------

[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る