FC2ブログ

鬼門物件に髑髏(どくろ)降臨。阿修羅を撃破し次は「血の池」に挑戦か。

2015.09.15.13:19

護摩龍 百人町総本山@大久保 ラーメン


大久保駅南口からわりとすぐの場所に、印象としては「見るたびにお店が変わっている」という、いわゆる飲食鬼門物件があります。
2010年7月にタンネという居酒屋だった時代にランチでお邪魔したことがあります。 その物件にまたしても新たなお店が入りました。 こちらです。 IMG_1360.jpg

これまたすごいお店ができました。


その名も護摩龍。暖簾にドクロが描かれていてちょっと怖い。
鬼門ゆえ、ドクロで対抗か。。。おどろおどろしい雰囲気を漂わせております。 IMG_1312_2015091512464557f.jpg メニューは担々麺一択で、ラーメンスタイルとつけ麺スタイルがあります。 IMG_1299.jpg


辛さの倍率で値段と名前が変わるようになっておりまして、「餓鬼」「阿修羅」などすごい名前になってます。
何が恐ろしいかというと「阿修羅」でちょうど真ん中であるという所です。 IMG_1314_201509151246445df.jpg

急遽お店の方に「どのくらい辛いんでしょうか?」と確認したところ「阿修羅でも相当辛いですよ」との回答でした。


かなり迷いましたが、ブログ書くのに辛さレベル真ん中未満というのはまずいだろうと考え、しかし「血の池」はいくらなんでも怖すぎるだろうということで、阿修羅のボタンをポチリ。 IMG_1295_20150915124641246.jpg


店内はL字型カウンター席となっています。 男性店員さん2名の運営でした。 IMG_1319.jpg


神棚の前にはドクロが置かれていたり、、、そんなことして大丈夫なのかと心配にもなったり。 IMG_1356.jpg


しかし足元には荷物かけがあったりと、いろいろ気の付く側面も。 IMG_1320.jpg


卓上には花椒と酢。それから配備はされていませんが大蒜は無料で頂けるようです。 図1


阿修羅殿の到着です。基本黒、下の方に白い装飾のあるやや珍しい器での入場です。 IMG_1328.jpg


オーソドックス、、、まではいきませんが、一目で担々麺と分かるビジュアルではあります。
「地獄の担担麺」ですが、原型を止めないほどに進化したりはしておりませんでした。ちょっとほっとします。 IMG_1325.jpg

それから、器と対峙してもゴホゴホむせたりしませんし、涙が止まらなくなったりもしませんでした。

ちょっと前に店内が阿鼻叫喚と化したあの中華のお店が頭をよぎっていただけに、少し安心しました。


具は緑担当の法蓮草、それから担々麺だけに肉餡。 そして辛さを担当している赤唐辛子という構成です。 IMG_1333.jpg

1段階辛さが弱い「餓鬼」にはこの赤唐辛子がありませんでしたので、辛さをアップすると、この赤唐辛子の量が増えていくのだろうか。


赤唐辛子はてっぺんに乗っているだけでなく、スープに溶け込んでいるものたちもおります。
一般的な担々麺よりは赤い粒が俄然多いように思います。 IMG_1337.jpg


さてさて、どんな辛さなのか。。。 IMG_1339.jpg

ほぅ!

まず辛さですが、中本の北極よりは辛くないです。蒙古タンメンと同じか、、、ほんのちょぴっと辛いかどうか、とそれくらいの辛さです。 十分旨みを感じられるレベルで、阿修羅は一般レベルの辛いもの好きの方は問題なくチャレンジできるくらいの辛さです。 ただ、蓮華すくいを連発させたい衝動には駆られないくらいではあります。

甘みと旨みと辛さが同居する、味面でも美味しい担々スープだと思います。


あと、麺が美味しい。小麦感もあって固めのしっかりタイプ。 外に木箱があったのですが、名前がどこにも記載されておらず製麺所までは分かりませんでした。 IMG_1347.jpg


こちらが餓鬼。阿修羅より黄色いですね。
美味しくモリモリ食べたい場合は下から2番目の餓鬼がおススメかもしれません。 IMG_1323.jpg

鬼門物件ですが、ドクロパワーで鬼を退治できるといいな。 今度は「地の池」に挑戦してみます。


===
【オーダー】
阿修羅 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆


護摩龍 百人町総本山担々麺 / 大久保)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

2015年初完飲。神楽坂下路地裏で極旨ラーメンと出会う。

2015.09.15.19:34

きみの@ラーメン
飯田橋


ナムさんと待ち合わせをして、都内でラーメンを食べることにしました。
10くらいの候補の中から飯田橋の「きみの」というお店に決めました。

神楽坂下。
IMG_1361.jpg



神楽坂をほとんど登らずに、最初の右に曲がる細い路地に入りますと、「みちくさ横丁」という横丁があります。
界隈には何度も足を運んでいましたが、初めてみました。
IMG_1366.jpg


その横丁に「きみの」はあります。18時55分到着で3人の並びが出来ていました。まだオープン前です。
IMG_1369_20150917123658fc9.jpg


「スナック魔の巣」でもありそうな場所。
雰囲気満点の神楽坂エリアでも屈指の場所ではなかろうか。
IMG_1371_20150917123700f17.jpg


19時ぴったり。本当にぴったりにお店が開きました。
お店の「きちんとしてる度」を入店前に感じてしまいました。
IMG_1402.jpg


味は塩と醤油の2種類。あとはトッピングによって値段が変わります。
それと「日替わりご飯」が、そんじょそこらのご飯とは違うオーラを放っています。オリーブ飯とか。
IMG_1386.jpg

夏季限定でしょうか。冷製メニューもありまして、そちらは一番下に掲載しました。


券売機を見ると、、、ポールポジションは塩ですね。
しかし醤油は「店主の故郷宮城の醤油」ということで、同郷的には醤油にせざるを得ません。
しかもナムさんが塩にしてくださるという心優しき申し出もありまして。
IMG_1382.jpg


なお、大盛りは無料です。でも大盛りで175gですので、女性でも躊躇なく大盛りにできそうです。
ただ「大盛り」という表現がどうしても女性で抵抗ある方もいるでしょうから、「並:ファイヤー」「大盛り:イーグル」など、直感的に意味を持たない名称にしてはどうかと常日頃思っています。


店内はL字型カウンター席で、ご夫婦2人で切り盛りされているようでした。
ちなみに「ご夫婦」というのは私の想像、予想であります。
IMG_1381_201509171246111ae.jpg

ご夫婦による名店となりますと、吉左右@木場和正@三軒茶屋神名備@千駄木こうかいぼう@門前仲町など数多いのは果たして偶然か。

私も将来ラーメン屋さんをやる際には餡子、、、と先日同じことを書いたばかりだ。


卓上には「一味」「七味」「黒胡椒」「伊達の旨塩」の引き出しが。
この時点で「このお店絶対美味しいに決まってるよなあ」と思ってしまいました。
IMG_1390.jpg


目の前に置いてくださる銀のこちらはハイボールではなくお水のお替りです。
持ち手のついた不細工なジャグにしないあたりに拘りとセンスを感じます。
IMG_1397.jpg


お店のオーラに、普段なら絶対にやらないダブル炭水化物「ラーメン&日替わりご飯」というわんぱくなコースにしてしまいました。
IMG_1418.jpg


まずは焼豚飯のご紹介。
IMG_1407.jpg

280円ということで、ボリュームは通常の「ご飯1膳」より若干多い印象。
焼豚は優しく上品な味付けで、五穀米、、、と思われる米が使われています。
出汁たっぷりで塩気が少なく、本当に美味しい。


こちらはナムさんがオーダーした炊き込みご飯。
ご主人様の祖母直伝の味だそうです。
IMG_1406.jpg


ナムさんがオーダーしてくれた塩ラーメン。
あっさり風味で餡子隊長が絶賛しそうな塩ラーメンで、出汁の押し出しも控えめで、おしとやかな塩ラーメンでした。
IMG_1415.jpg

なお、塩ラーメンは全粒粉入りの麺でした(醤油は違います)。
cique(チキュウ)@南阿佐ヶ谷も塩と醤油で麺が違って、塩は同じく全粒粉入りでした。何か理由がありそうです。


宮城の醤油を使った醤油ラーメン。美味しそうどころの話ではありません。
IMG_1422_20150917130218c46.jpg


具は叉焼、葱、メンマ、海苔。てっぺんには「あさつき」でしょうか。綺麗に添えられています。
あさつきをあしらう感じがラーメンというより和食を思わせます。
IMG_1425.jpg

叉焼はホロホロと崩れるほど柔らかく煮込まれ、味もびしっと決まっていて優しいラーメンに少しのパンチをもたらしてくれます。


大山地鶏、香味野菜、節系魚介、昆布、椎茸からとった出汁は芳醇そのもの。
超最高峰の和食の何かのようであります。
永福町系大勝軒で時々思う、「許されるなら泳ぎたい」衝動に駆られるスープでした。
IMG_1428_20150917130220858.jpg


出汁と醤油の風味が口いっぱいに広がる美味しすぎるスープ。
このスープのラーメンを1杯750円で提供してよいものなのであろうか。
IMG_1432.jpg

これくらいのスープの醤油ラーメンを食べてしまうと、他のお店で食べる気が失せてしまう副作用がありそう。


2015年、初めてのスープ完飲をやってしまいました。
IMG_1441_20150917130235c8c.jpg

衝動を抑えられなかったわけですが、食べてみて頂ければこの気持ちがちょっとだけ分かって頂ける気がします。
とんでもない原価がかかっていそう。。。少し心配にすらなるハイクオリティラーメンでした。

===
【オーダー】
醤油ラーメン 750円
大盛り無料
焼豚飯 280円


■ノーマルメニュー
IMG_1394_20150917124451f6f.jpg

■冷製メニュー
IMG_1388.jpg


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

きみのラーメン / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★★ 4.2



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る