ナムさんと行くアド街ツアー秩父編 珍達そばに出会ったぁ。

2015.11.14.13:03

だんござか珍達@秩父
ラーメン


毎年恒例化しております、食べログ仲間、、、食べログOBの74歳ナムさんと行くアド街ツアーも今回で6回目を迎えました。
過去のツアー記事はこちらになります。
・2012年7月14日 横浜編
・2013年10月12日 木更津編
・2013年12月28日 川越編
・2014年12月30日 東急沿線編

2015年の部は秩父を目指すことになりました。

三軒茶屋まで迎えに来て頂き、レンタカーで秩父を目指します。
IMG_4652_201512111449274d5.jpg


2時間ほどで秩父駅付近に到着しました。
IMG_4654.jpg

このツアーは①朝待ち合わせ②昼ラーメン③途中カフェで休憩④夜飲み、という鉄板の構成があるため、一路ラーメン屋さんを目指します。


今回のお目当てのラーメン屋さんはこちら。その名も「だんござか珍達」という絶対にチェーン店ではないだろうなというお店です。
IMG_4657_20151211144924baa.jpg


食べるべきは何と言ってもこちらの「珍達そば」です。
たくさんの葱と挽肉が特徴なんだとか。
IMG_4655.jpg


12時ちょっと前の到着で8割くらいの客入りでした。
運よく4人掛けのテーブル席が空いておりまして、1秒も待たずに着席できました。
IMG_4661_20151211144926429.jpg


カウンター席、テーブル席以外にも、こあがりの席が2か所3テーブルありました。
我々以外は確実に地元のお客さんばかりに見えました。
IMG_4663.jpg


珍達そばを食べることは決まっていますが一応メニューを確認します。
珍達そばは醤油と味噌の2種類があるようです。
それと普通のラーメンもあり、さらには餃子もおススメのようです。
IMG_4665.jpg

分類欄に「自慢の麺類」「自慢の一品」というように「自慢の」がついているのですが、ライスと半ライスの部門にも「自慢の飯類」となっているのがポイントでしょうか。


オーダーして間もなく、珍達そばが到着しました。
並々入ったスープがこぼれても大丈夫なように、女将さんがでっかいお盆で運んできてくれます。
IMG_4671_20151211144938d89.jpg

なお、醤油と味噌どちらも食べるために隊長に醤油をお願いし、私は味噌にしました。
(つまりこれは味噌です)


たっぷりの葱。見たことがありそうで無い、見ための時点でかなりの変わり種ラーメンと言えそうです。
葱たっぷりの鍋料理のようにも見えます。
IMG_4674_20151211144939101.jpg


葱はくたくた一歩手前まで茹でられており、スープを吸っていい感じに仕上がっています。
葱辛い感じは微塵もありません。そしてその量たるや、1杯で葱1本使っているのではないかと思うほどです。
IMG_4678_20151211144941cdb.jpg


スープは科学ベースのような気がしますが、味噌とさらには葱の甘みが移って深いコクが生まれています。
そして胡麻油もかなり使われているようで、魅惑の味を形成しています。
何か近い味があるような気がするのですが、残念ながら近似値ラーメンは思い浮かびませんでした。
IMG_4685.jpg

すっきりしながらもコクがあり、そして超激熱のスープは癖になる味で、地元の方が押し寄せる理由はよくわかりました。


麺がまた特徴的で、博多ラーメンクラスの細ストレート麺なのです。
しかし量はかなりのもので、大盛りにすると2玉になるらしいのですが、大盛りなど決して完食することはできないでしょう。
IMG_4697.jpg


途中、卓上にあった辣油をかけてみたのですが、衝撃的なほど辛くなります。
ここまで辛くできる辣油があるのだろうかと思うほどです。
(熱々であることも辛さを増長したのかもしれません)
IMG_4712.jpg

辣油の投入量は計画性が求められます。


こちらが餡子隊長に頼んで頂いた醤油の方の珍達そばです。
IMG_4701_201512111452250e1.jpg

見た目にはほとんど味噌と変わらないですね。


スープが結構違っておりまして(そりゃそうだ)、味噌と比べるとだいぶすっきりシンプルな味わいです。
どちらがおススメかというと、圧倒的に味噌かなという気がします。
(醤油もとても美味しいです)
IMG_4709_20151211145226f0e.jpg

味噌だといろいろに制圧されており気が付きにくかったですが、胡麻油の風味は醤油の方がぐわーっときます。
本来は醤油を食べて驚き、味噌でさらにKOされる、という順序が正しいのかもしれません。

リアルアド街ツアー秩父編。幸先よいスタートが切れました。
とにかく中毒性が高いラーメンで、これを書きながらも食べたくなっている自分がおります。


ラーメンを食べたばかりなのに大福を買い求める一向。
IMG_4724_2015121114541852a.jpg


私は食べませんでしたが、3人はその場で大福をほうばっていました。
しょっぱいものの後に甘いもの、という気持ちはわからなくはありません。
IMG_4730_2015121114541755d.jpg

この後また車に乗り込み、三峰神社なる神社を目指してドライブしました。


===
【オーダー】
珍達そば 700円
みそ珍達そば 700円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

だんござか珍達ラーメン / 御花畑駅西武秩父駅秩父駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ナムさんと行くアド街ツアー:カフェ編

2015.11.14.15:58

甘味食堂 松むら@秩父
カフェ


だんござか珍達でラーメンを食べ、車を走らせること1時間半、三峯神社に到着しました。
秩父駅付近から三峯神社ってこんなに遠いんですね。今回は過去にない長旅となりました。
図3


終始微妙に雨が降っているため、絶頂の紅葉シーズンですが人がほとんどいません。
雨はある意味幸運だったかもしれません。
なんとなく幻想的な雰囲気になっているし。
IMG_4746.jpg


三峯神社の特徴の1つに、狛犬が鎮座する場所に狼がいるという点があります。
理由はどこかに書いてあったと思いますが忘れてしまいました。
ググればいくらでも理由が出てきそう。
IMG_4741.jpg


三峯神社で必勝を祈願します。
IMG_4751.jpg

参拝後、再び1時間半かけて秩父中心街に戻り、アド街ツアー恒例のカフェ休憩となりました。
私とナムさんが好きなラーメン、餡子隊長が好きなカフェ、ナム奥様が好きな酒場、この3つがツアーのセットとなっておりまして、その道は太道につながっていると思われます。


都内と違ってカフェがボコボコある感じではないため、1軒の老舗感ある「甘味食堂 松むら」というお店で休憩することにしました。
IMG_4754_20151213154716307.jpg


暖簾に電話番号、しかも市外局番なしで印字されているあたりに歴史を感じます。
IMG_4756_201512131547291bd.jpg


お店に入るとテイクアウト用和菓子エリアがあります。
IMG_4763.jpg


その奥に扉がありまして、この向こうに甘味食堂スペースがあります。
IMG_4764_20151213154726458.jpg


昭和感炸裂の味のある食堂。北の国に出てきそうな雰囲気です。
昭和生まれとして安心感を感じます。
IMG_4761_201512131547305a2.jpg


が、お店の香りというか匂いが古いものがあり、これは奇しくも今年の青森旅行で弘前パークホテルの室内で体験した匂いと同じものでした。
これは何の匂いなのだろうか。
少々苦手ですが、ナムさんが煙草を吸ってくれたお蔭で匂いが中和されました。
IMG_4769.jpg


メニューは壁に貼ってあります。
「甘味食堂」ですが、メニューのほとんどは「甘味」ではなく「食堂」に寄っています。
図2

ラーメン530円、カレー550円と非常にお求めやすい価格となっています。


全員あんみつ(420円)にしました。
IMG_4779.jpg


とにかく特筆すべきはあんみつにグリンピースが入っている点でしょうか。
彩り優先、緑担当、ということでしょうか。
IMG_4780.jpg

味は非常にノーマルタイプですが420円で、サービスお茶付で休憩が出来ますのでトータル面で秀逸と言えそうです。


あんみつだけでは足りなかったようで、「さくらふぶき(110円)」というお饅頭をナムさんが食べていました。
さっきラーメン食べた後、大福食べてませんでしたっけ。
IMG_4775.jpg

ほのぼのしたよい休憩となりました。

この後界隈の渋い建物を見学し、夕飯を食べに都内に戻りました。
思ったより遠かったですが秩父楽しかった。


===
【オーダー】
あんみつ 420円
さくらふぶき 110円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

松村甘味食堂定食・食堂 / 御花畑駅西武秩父駅秩父駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

このぶっ壊れのコストパフォーマンスは何なのか。大丈夫なのか。

2015.11.14.21:25

四川雅園@赤坂
中華


だんござか珍達で珍達そばを食べ、三峯神社を参拝した後甘味処で休憩し、秩父を後にし都内で夕飯を食べて〆ます。
ラーメン→カフェ→飲みと恒例のコンボを決めます。

3時間以上かけて都内に戻ってきまして、虎ノ門で車を返して、歩いて赤坂にある四川雅園という中華料理屋さんに行きました。
IMG_4794_2015121316523189d.jpg


店内は大衆系以上高級店未満くらいのカジュアルな作りです。
町の中華という感じではありません。
IMG_4797.jpg

席数があまり多くありませんので、訪問の際には予約した方がいいと思います。

今回、お店選びで決め手となったのは、ノバンディ先生のレビューです。
ノバさんのレビューは的確すぎるため、ノバさんが3点といったらやっぱり3点くらいですし、ノバさんが4店だといったらやっぱり4点に相応しいお店だと勝手に思っています。

食べログがお店に気を遣ってか、なんでもかんでもよい点数になる昨今では、誰が書いているかまで確認せねばならず、お店探しに時間がかかるようになりました。


頂いた料理を簡単に紹介します。
ほとんどが、ノバさんが★4.5とおススメしている料理をチョイスしました。

それと、メニューは一番下に全部掲載しました。


■ビール中瓶(500円)
IMG_4823.jpg

ビールはスーパードライ。
一番搾りが6~7年前に大きく味を変えてプレモルの味に近づいて以来スーパードライ派です。


■口水鶏(680円)
IMG_4836.jpg

口水。よだれ鶏ですね。680円ですがまずはそのボリュームに驚きます。
底の深い大きな白いお皿いっぱいに赤々とした辣油に鶏が使っています。

赤々としていますが辛さはちょうどよく、辛さに負けず旨みもたっぷりな辣油ダレ。よだれはナポレオンフィッシュ@麻布十番が一番美味しいだろうかと思っていましたが、この日を境に一番は四川雅園となりました。

この辣油ダレだけでご飯をほうばりたい衝動に駆られます。
これで680円というのはどうかしています。


■雅園皮蛋豆腐(800円)
IMG_4849.jpg

ノバセレクトです。ピータン豆腐の概念を覆すビジュアルをしています。見た目だけならフレンチのよう。
皮蛋独特のクセjは全くなく、ミョウガ、パクチーなどの薬味と、海老味噌?とノバさんが書いているソースを一緒に目をつぶって食べると、ピータン豆腐を食べているとは誰も思わないかもしれない。

初見の場合はおススメです。


■揚げ豚の青山山椒辛味スープ煮(1,180円)
IMG_4855_20151213165245001.jpg

ノバセレクト。自分では選べないなあ、これは。
そしてすっごく美味しいです。

青山山椒なるものは、ビリビリの攻撃力が弱めで、とても上品な山椒でした。
辛さも結構あるのですが、ベースの出汁と素材の溶け出しの旨みと甘さが相まって、旨辛で体が芯から温まる料理でした。

だいぶおススメです。


■豚バラおこげの甘辛炒め(1,080円)
IMG_4851.jpg

ノバさんは海鮮おこげを絶賛していたので、おこげ部門からこちらを選びました。
なんだろう。なんでこんなにおこげがサクサクしているのだろうか。少し粒が普通のものより大きいか?

味もびしっと決まっていた迷いがなく、おこげ部門も1品必ずオーダーしたいところです。
義務付けしてもいいくらいです。


■ラム肉のスパイシークミン炒め(1,180円)
IMG_4861.jpg

ラムの臭みをクミン先生がちょうどいいくらい取り除いてくれており、ビールに合う一皿でした。
おススメするまでではないですが、ラム好きでしたらぜひ。

ノバセレクトではありません・・・。


■干し肉入り炒飯(880円)
IMG_4863_20151213165242587.jpg

炭水化物コンボ、1つ目。

フワフワに、文字通りフワフワに仕上げられた炒飯。彩りはインゲンが担当しています。
見た目にも美味しさが滲み出ているのが四川雅園の特徴です。

炒飯部門もぜひオーダーしたいところです。


■鶏上湯スープの土鍋麺(880円)
IMG_4871.jpg

炭水化物コンボ、2つ目。

大きな土鍋で豪快に提供されます。
優しく味わい深い鶏上湯スープに、野菜中心にたくさんの具が入っています。
味は優しく、塩味も控えめで、〆にぴったりの最高に美味しいラーメンみたいな感じ。

〆に最適と考えますが、ノバセレクトではないため不安はあります。
が、大丈夫なはずです。


74歳ナムさんによる麺リフト。麺の隙間から箸がほとんど見えない完璧な麺リフトです。さすがです。
IMG_4877.jpg


■杏仁豆腐(400円)/二種味の白玉しるこ(600円)
図1

スイーツ担当のナムさんと餡子隊長によるスイーツコンボ。
これまでは「メニューに載っているデザートを全部オーダーする」という「スイーツ崩し」を決めていましたが、さすがにお腹いっぱいになり過ぎたため、自重して2品にしていました。

これだけ食べてお会計は驚愕の1人3,000円を切るという衝撃。

何か間違えているとしか思えませんでした。

しかしノバさんのレビューを思い出しました。

お酒なしの場合一人3000円でお腹がはち切れるぐらい食べられるし、
お酒ありでも一人5000円の予算で思いっきり飲んで食べて楽しめる。


ノバさん、お酒ありでお腹がはち切れるぐらい食べて3,000円切っちゃいました。


料理の量が多いので、4人以上、できれば6人以上での利用がおススメです。
そのうち予約が全くとれないお店になりそう。

===
【オーダー】
上記の通り 1人2,900円くらい



以下、メニューです。

■前菜①
前菜①

■前菜②
前菜②

■前菜③
前菜③

■野菜豆腐①
野菜豆腐①

■野菜豆腐②
野菜豆腐②

■魚類①
魚類①

■魚類②
魚類②

■肉類①
肉類①

■肉類②
肉類②

■土鍋
土鍋

■麺飯
麺飯

■スープ
スープ

■点心、デザート
点心、デザート

■ドリンク
ドリンク

■コース
コース



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(9)     :★★★★★★★★★☆

四川雅園四川料理 / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

夜総合点★★★★ 4.2



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る