FC2ブログ

【4回目】1年の計は「ふくもり」にあり

2018.01.02.20:04

ふくもり@駒沢大学
ラーメン


2018年、1月2日にナムさん夫婦と初詣に行こうとしました。
新橋から歩いて10分くらいの愛宕橋神社。初めて存在を知りました。
1 (1)


ながーい階段をひーこらひーこら登らないといけません。
お年寄りにはかなり厳しい戦いになりそう。
階段が急すぎるからか、あまり人がいませんでした。
1 (2)


しかし上に登ったら尋常ならざる大行列が出来ていました。
年末に行った飯田商店真っ青の大行列。
ラーメン屋さんよりも進みはさすがに早いですが、それでも2時間とかで順番が回ってくる気配ではなかったので、1秒で踵を返すことを決断。多数決をとるまでもありませんでした。
1 (3)

下りの方が遥かに恐ろしいです。

丸ビルあたりの初売りに参加し、夜、2018年初ラーメンを食べに行きました。
(もともとこれが主目的です)
駒沢大学にある「ふくもり」です。
1 (4)

せたが屋グループにあって、もっとも大衆的な雰囲気のお店になります。


ふくもりの何がすごいかと言うと、1月2日からオープンしていることです。
1月2日から開いているラーメン屋さんでは都内で一番美味しいのではないかと思っています。
(他に元旦、あるいは2日から開いている美味しいラーメン屋さんがあったら教えていただけると大変有難いです)
1 (6)


開店時間に行ったので、一番乗りでした。
こんなに空いている「ふくもり」を見たのは初めてですが、行列を見たこともないのも「ふくもり」の特徴です。
(わたしは、ですが。平日の昼間とかは行列している可能性あります)
1 (9)


年始めだから中華そばにしようと思っていたら、なんと冬季限定の「いなか味噌中華」なる新メニューがあるではありませんか。
去年も年始に来ましたが、去年こんなメニューはありませんでした。
1 (5)

年始めなのでビールと、初メニューの味噌と、餃子と、あとは調子にのってカレーまでオーダーしてみました。
カレーも1回食べてみたかったのです。


4回目の訪問で初めて奥の座敷席に陣取りました。なるほどこうなっていたのですか。
1 (8)


550円のプレモルの中瓶で乾杯。
ふくもりでビールを飲むのも4回目で初めてです。
1 (12)


ビールを頼むとほろ・・・
1 (10)


ほろ酔いセットということで、平日の時間帯によって水餃子が3個サービスされます。
1 (11)

時間帯はバッチリですが、1月2日が「平日」というふくもりの感覚が凄すぎる。さすがふくもり。会社から30分圏内のラーメン屋さんでは一番好きなお店です。


水餃子はラーメンスープに浸かっており、それはそれは美味しいです。
焼餃子よりもむしろ水餃子の方が美味しいかもしれない。
1 (13)


■いなか味噌中華(850円)
1 (16)

110円の漬け玉子をトッピングした味噌。
さすがはふくもり、ビジュアル面でのパンチが半端ありません。冬季限定とは思えぬ横綱感。


味噌ゆえ、結構もったりとした印象のスープで、これはふくもりのラーメンとしては珍しいです。
ウズラの玉子も入っているのも新しい。
1 (18)


具は葱ともやしと辛味噌肉餡。辛味噌肉餡が味噌にパンチを与えます。
「味噌」といってもふくもりらしい独自性があります。
1 (27)


漬けの玉子も完璧なクオリティ。ふくもりがここで外すはずがありませんが。
1 (29)


味噌×煮干しはそもそも珍しく、新宿エリアだと鈴蘭@新宿三丁目や、独歩@新宿御苑(閉店)百日紅@新宿三丁目で期間限定で食べることができます。
って、珍しいというわりには新宿エリアだけでも結構あるではないか。


煮干し×味噌のスープは、ふくもりらしい煮干し感は炸裂しつつ、味噌の濃厚な旨味も完全にマッチしており、ふくもり流の味噌ラーメンに昇華していました。
煮干しは味噌を、味噌は煮干しを引き立てる抜群の味わいです。
1 (26)

旨い旨いと感動していると「煮干し×味噌って味噌汁じゃん。合うに決まってるじゃん」と女性陣から厳しい声が飛びました。


極太より少し太いくらいの、太めの中太麺(どっちなんだという表現ですが)がまたパンチのある味噌ラーメンに華を添えます。
1 (28)


いなか味噌中華、完全に美味しかった。また来年の冬にお目にかかりたい。
1 (17)

ヒデキカンゲキな一杯でした。


黒豚餃子(420円)はラーメンとは違ってスナック感覚の小さめなスタイル。
「ふくもりの餃子」というと、皮もっちりで重量級の餃子を想像しがちですが(私だけでしょうか)、とても可愛い餃子です。
1 (25)


また、カレーですが、これが驚くほど普通なのであります。
ふくもりのカレーというと、何かが炸裂するとか、何か突拍子もない部分があると想像していたのですが、とても普通のカレーでした。
ベースの出汁とかを入れているのかもしれませんが、カレーそのもののが圧勝していました。
よほどの空腹時出ない限りはオーダーしなくても大丈夫と思います。
1 (24)


こちらは安定の中華そば。720円。
漬け玉子入です。
1 (14)


初訪問の際にオーダーしたいふくもりのベースの一杯です。
煮干しの香りが絶妙に香る、流行りのニボニボとも違った煮干しラーメン。
1 (15)


塩中華。830円です。漬け玉子入り。
1 (19)


「醤油と塩なら断然醤油が好き」という人でも虜になります。「塩」というワードに騙されてはいけない一杯です。
しかも一般的には塩ラーメンよりは醤油ラーメンの部類に入る味わいです。
全部オススメですが、これもかなりオススメ。
1 (20)


つけ麺800円。これも漬け玉子入り。
1 (21)


ツヤツヤと綺麗なつけ麺専用の太い麺。
券売機的には左上ポールポジションに位置しているのでお店の一押しはつけ麺かもしれません。
1 (23)


中華そばのスープを一段強めにした感じの、流行りのドロッと系ではない、サラサラ気味のつけ麺。
麺も旨いしつけ汁もまた旨い。
つけ派には断然これでしょうね。
1 (22)

もうすぐ5月ですが、こちらではやっと2018年になりました。
早く実際の暦に追いつきたいと思います。


===
【オーダー】
いなか味噌中華 850円
漬け玉子 110円
黒豚餃子 420円
少カレーライス 350円
瓶ビール 550円

ふくもりの過去記事はこちらにになります。
・2009年12月29日 中華そば
・2015年12月30日 背油中華
・2017年1月3日 塩中華

■券売機
1 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば ふくもりラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★★ 4.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

溝の口エリアを牛耳る「たまい」の焼鳥部門に潜入

2018.01.03.21:46

炭火塩焼鶏たまい@溝の口
居酒屋


溝の口にいくつも点在する「たまい」という居酒屋。
やきとんだったり、ホルモンだったり、若干形態はお店によって異なりますが、共通点はひたすら大衆的なお店であることです。
溝の口だけでなく二子新地にも系列店があります。

溝の口エリアを牛耳る最強の居酒屋と言っても過言ではなさそうです。

その「たまい」の焼鳥部門のお店に行ってきました。
たまい系列初訪問です。
1 (1)


お店は2階。勢いのある外観が特徴です。
1 (2)

そして「たまい」はどのお店も大変混んでいます。お店によっては昼間からブン混み状態です。
一番混んでいるように見えるのは溝の口のホルモン焼肉みたいなお店です。


店内の雰囲気は大衆居酒屋そのものです。
それ以上でも以下でもありません。
しかし素晴らしいのは居酒屋でありながら分煙が成立しており、禁煙エリアも設けられている点です。すごいぞたまい。
(全てのお店がそうなっているのかどうかは分かりません)
1 (4)


全メニューは一番下に掲載しましたが、とにかく激安です。
財布の味方というか、本当に安いです。
どんなに頑張って飲んでも4,000円を超えるのは至難の業じゃないかと思います。3,000円ですら酩酊状態になれそう。
1 (3)

頂いたものを紹介します。

■瓶ビール(440円)
1 (11)

生ビールはアサヒですが、瓶ビールはサッポロでした。しかも赤星。中瓶です。
中瓶は500円のお店が多いですが、440円で提供されています。安い。


■豆腐サラダ(390円)/鶏皮ポン酢(290円)
図1

豆腐サラダは豆腐一丁の豪快なサラダ。一人暮らしの男が食べそうな感じ。
鶏皮ポン酢はさっぱりしていて、とてもオススメ。


■レバー(1本130円)/正肉(1本130円)
図2

レバーはレバー嫌いを誘発する、苦手な人にはとことん苦手なタイプのものでした。
正肉もぱさついていて、焼鳥はどちらもあまりオススメではないかなと思いました。

こちらのお店は焼鳥メインのお店なので、頼んだものがよくなかった可能性はあります。


■鶏のから揚げ(490円)/ハムカツ(190円)
図3

唐揚げは味がとても濃いのでビールが進みます。
それから鶏肉ではなく衣が非常にオイリーなので、脂がとにかくすごい。
弱火でじとっと揚げてしまったか?一時的に油の温度が下がってしまったか?

ハムカツは超分厚く、こちらも大変オイリーで若者向けのメニューかなと思いました。


■金運つくね(2本で250円)
1 (14)

お一人様1本までしかオーダーできない名物のつくねです。
これが一番美味しかった。
ボリュームもさることながら、フワフワで炭火の香りもとてもいいです。

ただ、でかすぎるので2人で1本で十分です。


ビールを2本飲んで脂にやられつつも満腹になるまで食べて1人2,000円とは。
たまい、恐るべしです。
1 (20)

人気の秘密はよくわかりました。
今度はホルモンを焼いて食べるお店に行ってみたいです。夏の夕方に外の席だととても気持ちがよさそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,000円ちょっと


■ドリンク①
drink0.jpg

■ドリンク②
drink_20180502181223e59.jpg

■ドリンク③
drink2_20180502181222cbf.jpg

■串
焼き

■均一メニュー
均一

■魚系
魚



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

炭火塩焼鶏 たまい居酒屋 / 溝の口駅武蔵溝ノ口駅高津駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

【移転済】【3回目】磯の香り漂うラーメン「萬馬軒」@新宿三丁目

2018.01.05.13:13

萬馬軒@新宿三丁目
ラーメン


新宿三丁目の最も北側エリアにあるラーメン店「萬馬軒」。
新宿の超絶人気居酒屋、西尾さんなどが近くにある場所です。
1 (12)


当記事は1月5日時点のものですが、当時はこの場所に萬馬軒はありましたが、今は移転して新宿二丁目にお店があります。
2ヶ月くらい、三丁目と二丁目の2つのお店が共存していました。
1 (11)

物件の更新ができなかったことが移転理由のようです。
ビルが取り壊しになるのでしょうか。


味は3択で、味噌、醤油、岩海苔。
味噌がお店の看板メニューです。
1 (1)


ちょっと高いけど仕事始めのラーメンということで、900円の岩海苔ラーメンにしてみます。
1 (2)


なお、麺は三河屋製麺所。
業界一二を争う名製麺所ゆえ、この木箱があった時点で麺が美味しいことはほぼ確定します。あとはスープとの相性だけとなります。
1 (10)


14時過ぎの訪問でしたので先客はいませんでした。
萬馬軒はマイナーな場所にあるためか、高品質の味のわりに並んでいたりすることをあまり見たことがありません。
通好みの味ということもあるかもしれません。あとお店がちょっと入りにくい雰囲気かも。
1 (3)


岩海苔ラーメン到着。到着と同時に磯の香りがふわっとやっていきます。
1 (4)


900円ということで、岩海苔が惜しげもなく乗せてあります。
買ったことがないのでわかりませんが、岩海苔というのはなかなか高い代物なのかもしれない。
1 (7)


萬馬軒の叉焼は少々獣の香りというか匂いが強いです。
なので叉焼はちょっと苦手です。しかしラーメンに含まれる栄養素的には数少ない炭水化物ではないものなので残さず食べます。
1 (6)


少し醤油がたったスープ。
1 (8)

岩海苔と合わさると塩気が増してしまうかなと思いましたが大丈夫でした。
味噌同様奇をてらっていないスープは何とも言えない安心感があります。

萬馬軒のよさは、この安心感、安定感にある気がします。


味噌ラーメンのゴツっとした麺とは違い、少しもちっとした平打ちの細めの中太麺が特によいです。
さすがは三河屋、そして味噌と醤油で絶妙に麺を使い分けるお店もまたさすがであります。
1 (9)


萬馬軒。新宿を代表する味噌ラーメンのお店ですが、他の味も旨いよ。
1 (5)

===
【オーダー】
岩海苔ラーメン 900円


萬馬軒の過去記事はこちらです。
・2016年5月9日 味噌ラーメン
・2017年11月7日 辛味噌ラーメン


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

萬馬軒ラーメン / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

二子新地に本格イタリアン誕生「Cucina Italiana nico luce」

2018.01.06.14:28

Cucina Italiana nico luce@二子新地
イタリアン


お昼はイタ飯、つまりはイタリアンがいいなあと思って二子新地のクアーレに行ってみたところ、初の満席お断りとなりました。
2号店も出来たというのに、むしろ混んだか!
1 (1)


全くの誤算で、あてもなく溝の口方面に歩いていると、、、大山街道沿いに新しくイタリアンのお店が誕生しているではありませんか。
1 (2)

片仮名読みだと「クッチーナ イタリアーナ ニコ ルーチェ」というお店です。
名前の印象が全くもって二子新地らしくない感じです。外観の雰囲気も。ニコタマみたいではないか。


ランチは1,000円、1,500円、2,500円の3択。2,500円のコースではメイン料理も付きます。
詳細のメニューは一番下に掲載しました。
1 (3)


パスタはこの3種から選べます。
1 (4)

14時ラストオーダーで、時計を見ると、いや正確に言うとiPhoneを見ると13時50分。
ギリギリ滑り込むことが出来ました。


外観同様、店内もとても綺麗です。二子新地にいるとは思えぬ雰囲気。
手前にカウンター席があり、奥にテーブル席があります。
ご夫婦か否かわかりませんが、お二人体制で切り盛りされていましたが、席数的には2人で回せるギリギリくらいの大きさかなと思いました。
1 (15)

店内は調度品含めいろいろこだわりが詰まっているようでした。窓枠もよかった。
水にも氷が入っていないところがよかったです。


思いがけずよさそうなお店に出会えてしまったので、グラスワインまで頼んでしまいました。
このお店の雰囲気にして、料理がダメとはどうしても思えず。
1 (8)


前菜6種。
1 (7)

ひとつひとつとても丁寧に作られた感があります。
美味しくなーれと呪文をかけているように思えました。チェーンでは出せない味。
中央のカリフラワーのムースが特に美味しかったです。


フォカッチャも自家製だということです。紛れもなく美味しい。
1 (6)


■真ダコのトマトソース
1 (10)

酸味の効いたさっぱりしたトマトソース。熱々の一品です。
サラサラのトマトソースがとても美味しい。フレッシュな味がします。またソースの量も惜しげもなくたっぷり。

真ダコゆえ磯の香りもします。


■自家製スモークチキンときゃべつのペペロンチーニ
1 (11)

ニンニクが効きすぎてないペペロンチーノ。
自家製だという鶏のスモークが普通のペペロンチーノとは一線を画してくれます。


料理が美味しかったのでドルチェも食べてみました。ワインも2杯飲んでしまった。

■ティラミス(350円)
1 (12)

ティラミスはシミシミ系。軽くふわっとしています。
洋酒が効いておらず優しい仕上がりなのもよいです。


■ヘーゼルナッツとリコッタチーズのケーキ(450円)
1 (13)

チーズ感は少なめなのでチーズケーキが苦手な人でも食べられそう。チーズケーキ苦手な人は頼まないとは思いますが。
ティラミス同様、とても優しい仕上がり。


全てにおいて丁寧な印象のお店でした。夜の料理がとても気になります。
今度は夜に伺ってみたいです。
1 (14)


===
【オーダー】
Bランチ 1,500円
グラスワイン 380円
ドルチェ 350円~

■ランチメニュー
1 (5)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

Cucina Italiana nico luceイタリアン / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

丼とのセットメニューが真骨頂の可能性あり「尾張屋」@清澄白河

2018.01.06.15:05

尾張屋@清澄白河
蕎麦


おでんの種を買いに清澄白河に行った際に、お蕎麦屋さんに立ち寄りました。
尾張屋というお蕎麦屋さん。
1 (1)


店内には蕎麦出汁のよいい香りが充満しています。とてもよいお蕎麦屋さんの部類に入る香りに思えます。
1 (2)

落ち着いた雰囲気で、とても綺麗。完全禁煙なのも有り難い。
町のお蕎麦屋さんは煙草を吸えるお店が多いのはなぜか。


「かけ」が570円。庶民的な設定です。
ただ問題はベンチマークメニューの、そして好物メニューの玉子とじ蕎麦が載っていない点です。
町のお蕎麦屋さんで玉子とじ蕎麦がメニューにないのはかなり珍しいというか初めてかもしれない。超本格派のお店だとない場合もありますが。
1 (3)

しかし店員さんに聞いたところ「書いてないけどある」とのこと。
そんなことあるんかいな。


■大玉子とじ蕎麦(830円)
1 (7)

というわけで、大盛りの玉子とじ蕎麦です。
大盛りが160円増しとちょっと高いです。そしてつまりは玉子とじ蕎麦は並盛りだと670円ということになります。かけの100円増しです。


玉子の量がとても少ない。玉子2つ使うお店が多いですが、まさか1つしか使わないとか?あるいは極小2つとか。
玉子とじ蕎麦の玉子としては少々物足りないものがあります。
量が少なすぎるためか、完熟状態であるのも少し寂しいです。少しばかりでもとろっとした部分がある方が好きです。
1 (8)


玉子とじ蕎麦に水菜というのも珍しい。
水菜は価格変動に強く常に安いため、お店にとっては有り難い存在といえそうです。
1 (9)

汁はカツオ強めの優しい感じで醤油も控えめです。濃い味ではないため飽きがこない。
パンチは弱めですが、毎日食べるならこういう汁がよさそう。


大盛りで量はまずまずでした。
細めでしっかりとした蕎麦で時間が経過しても劣化しにくいのも良かったです。
1 (10)


会社の近くにあったら時々通ってしまいそうです。
1 (6)


■月見そば玉子トッピング(770円)
1 (11)

こちらは隊長の月見そばに玉子の栄養を追加したもの。


隣の人が蕎麦と丼のセットをオーダーしていましたが、物凄いボリュームでした。
セットは普通に1,000円以上してしまうのですが、「そりゃ1,000円はするよね」という圧巻のボリュームでした。

セットメニューが名物なのかもしれない。セットメニューを含むご飯物のメニューはこちら。
1 (4)

1,240円もしてしまいますが、カツ丼セットを豪快に食べるのが、このお店の醍醐味なのかもしれません。


===
【オーダー】
大玉子とじ蕎麦 830円
月見わかめトッピング 770円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

尾張屋そば(蕎麦) / 清澄白河駅森下駅浜町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

Tea Conciergeは本物でした「nagomi-NATULURE」@人形町

2018.01.06.15:17

nagomi-NATULURE@人形町
カフェ


水天宮前で蕎麦を食べ、おでんの種を購入し、そのまま歩いて人形町に流れ着きました。

ちょっと疲れたのでカフェで休憩。
人形町っぽくない外観の「なごみナチュルア」なるカフェに行ってみました。
1 (1)


一番気になりましたのは「ティーコンシェルジュのいるお店」の文字。
ティーコンシェルジュ。聞いたことはありませんが意味はわかります。そして多分あっています。
1 (2)


パンケーキを中心にご飯メニューもあります。1,000円~とあまり安くはありませんが、カフェ飯とはそういうものです。
パンケーキも甘い系も食事系もあり、いろいろな場面で使えそうです。
1 (3)


ティーコンシェルジュがいるお店ですから、紅茶も尖った10種類から選べます(カフェオレとかもありますが)。
500円前後でそこまで高くはありませんが、食事ORパンケーキと組み合わせると消費税を入れると1,500円は超えてしまいます。
1 (5)

ラーメンは安いが、カフェは高いです。ラーメンはどんなに長くても20分以内に食べ終わりますが、カフェは人によっては2時間とか滞在する人もいるので、そのあたりの事情が値段に反映されているでしょうか。

オーダーはカウンターで行い、あとで運んできてくれるスタイルです。
なので結構カジュアルな感じではあるのですが、お値段はなかなかというコントラスト。


食べるスペースはこちら。
エクセルシオールカフェくらいの雰囲気でしょうか。
ちょっと狭いので満席だと結構窮屈かもしれません。
1 (7)

お店は大きくありませんが、トイレは男女別になっておりポイントが高そう。さすがカフェ。

ヴィーナスパンケーキと、紅茶が到着。
1 (8)


絶賛世間で流行っているパンケーキ。雨後の筍のようにパンケーキ屋さんが誕生しているように思えます。
第一人者とも言うべきエッグスンシングスのパンケーキをハワイで食べましたが、正直なぜ並んでいるのかさっぱり意味がわかりませんでした。


それにしても美味しそう。色がいい。
1 (10)

3枚も重ねてあってボリュームも満点。
ラーメンの大盛りは平気ですが、パンケーキ3枚はわたしには強敵です。


バターは間に挟んで溶かす作戦で挑みました。
1 (11)


もちっとした食感と、少々の酸味があるパンケーキ。酸味あり
甘さは控えめゆえ、生クリームとアイスクリームで甘さを調整しながら食べるとよいです。
1 (9)

もちっとした食感と酸味が特徴の美味しいパンケーキでした。そしてボリューム半端ないです。


パンケーキもよかったのですが、それ以上によかったのが紅茶です。
とにかく本格派で、大変美味しい。侮れない旨さです。
砂時計で時間を測っただけあって仕上がりも完璧です。
1 (6)

ティーコンシェルジュは本物でありました。最近飲んだ紅茶で一番美味しかった。
ただ、紅茶自体が本格的だけに、紙コップで飲むと紙コップ自体の匂いがしてしまうのが残念でした。

こんないい紅茶はいいカップで飲みたい。

パンケーキもよかったですが、紅茶がさらに良かったです。
紅茶を飲むと、なんとパンケーキが脇役になるという貴重な体験ができました。


===
【オーダー】
ヴィーナスパンケーキ 1,080円→ドリンクセットで50円引かれます
ダージリン 432円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ナゴミナチュルア紅茶専門店 / 人形町駅小伝馬町駅馬喰横山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

上ロースカツ定食1,650円「丸八 本店」@大井町

2018.01.08.14:14

丸八 本店@大井町
とんかつ


東急線の大井町駅を出て少し左に歩きますと、老舗感が炸裂したとんかつ屋さんがあります。
その名も丸八
同じ大井町に支店もある人気店です。
1 (1)


祝日の13時40分の到着で1階のカウンター席は超満席。
(満席に超も何もないのですが)
すごい活気であります。店員さんもたくさんいらっしゃいます。
1 (16)


カウンター席のその奥には、さらにミニカウンター席があります。
1 (15)


2階は座敷席になっています。お年寄りの方は、お店の方にお伝えすれば座敷席用の低い椅子を持ってきてもらえるようです(お年寄りでなくても多分)。
2階の店員さんは海外の方が多い。
1 (14)

昼から夜まで通し営業なので、何時に行ってもとんかつを食べることができます。
通し営業のお店には言いしれぬ安心感を感じてしまう。


この雰囲気にして完全禁煙というのもいい。
1 (8)


ロースカツ定食が1,150円、上だと1,650円、ヒレカツだと1,950円。上ロースが1,650円というのはかなり良心的な設定かなと思います。
とんかつ以外にはハンバーグと海老フライがあります。
1 (2)


壁のメニューを見ますと、自家製マヨネーズやカツサンドといった気になるものがチラホラ。
カツサンド、お土産に良さそう。覚えておこう。
1 (7)


ご飯とキャベツは1人1回に限り無料だと書いてあります。味噌汁の記載はないので味噌汁は有料と思われます。
1 (4)


お茶と、お新香が自動で提供されます。
漬物で腸内環境改善しましょう。
1 (5)


■瓶ビール(600円)
1 (6)

年明け最初の3連休という言い訳を自分にしまして、ビールを飲みました。
瓶ビールが大瓶というあたりにも老舗感を感じます。そして無性にビールの大瓶が大好きです。633mlの魅惑。


■上ロースカツ定食(1,650円)
1 (11)

脇役を紹介します。

キャベツはなかなか荒々しい感じ。手切りでしょうか。
ライスは茶碗ではなく白い平べったいお皿で提供されるのは珍しい。
汁は豚汁の味ですが、肉はほとんど入っていません。余った切れ端で作った豚汁でしょうか。



まず、色が特徴的です。衣が非常に黒めに揚がっています。
端は非常に脂が多めで、中央は少なめ。食べる場所によって味わいが変わって楽しいロースライフを過ごせます。
1 (12)


衣がかなり分厚くしっかりしているのも特徴の1つです。目黒のとんき級の頑丈な衣。
しかしとんきの衣は剥がれ落ちますが、こちらはしっとりと優しくロースを包んでいるので剥がれることはありませんでした。
1 (13)

1,650円というリーズナブルな価格ゆえ少しお肉は薄めですが、
衣の厚さと、やや薄めの脂多めのロースのコントラストが独創的でした。

衣の炸裂もありボリュームも満点。


■ヒレカツ定食(1,950円)
1 (9)

上ロースとヒレは300円の価格差があります。

棒タイプのヒレはとにかく柔らかい。ローストは対照的に脂がとことんまで少ないです。
ヒレとはそもそも脂が少なめの部位ですが、それでも特に脂が少ないヒレです。
1 (10)

そもそもそういうものかもしれませんが、脂が好きならロース、脂が苦手ならヒレにするのがよいです。
普通のお店よりもその違いが決定的なので、よく悩んでオーダーするのがよさそうです。

とてもよいお店でした。


===
【オーダー】
上ロースカツ定食 1,650円
ヒレカツ定食 1,950円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

丸八とんかつ 本店とんかつ / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

【5回目】2018年もルベロは美味しく楽しいリストランテ@目黒

2018.01.10.22:40

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン


2018年最初のルベロ訪問。今回で5回目となります。
いつ行っても驚きと、ヒデキカンゲキにさせてくれる数少ないお店です。
1 (1)


ワインも食事のメニューも一切見ることなく、ただテーブルに着きます。
そしてお店のオススメの料理とオススメのワインを楽しむのみです。
1 (2)

なるべく空いていそうな火曜日や水曜日に予約しても、だいたいいつも満席で。
人気が出すぎて予約が何ヶ月待ちとかになったら悲しいような嬉しいような。

頂いたものを紹介します。料理の名前は実際はもっと複雑ですが、メニューを見ていないので正式名称とはだいぶ違うはずです。


■パンチェッタとほうれん草のタルト
1 (4)

オープニングはタルトでした。パルミジャーノ・レッジャーノチーズがふんだんにかけてあります。
濃厚な味同士が喧嘩しておらず、タルトとして1つにまとまっています。オープニングから美味しい。

ルベロでは1皿1グラスが基本です。1杯目は泡ですっきりと。
1 (3)


■ウニとホタテのパンナコッタ&瞬間燻製した鰤
1 (7)

まず、、、どちらから紹介しましょう。。。では鰤(ブリ)から。

鰤は瞬間燻製されており、最初はこのような器にガラスの蓋をして登場します。
蓋をぱかっと開けると燻製のよい香りが広がります。
1 (6)


隠岐の島の鰤だそうで、脂の乗りと旨味が尋常ではありません。どんなマグロよりもずっと美味しいと思う。
ルベロで調理された鰤が出回ってしまったら、地球から鰤がいなくなってしまいそう。
燻製も瞬間とは思えぬほど風味がついています。
1 (9)


帆立のパンナコッタに雲丹が乗っているという、この世で最も贅沢な部類に入りそうなパンナコッタです。
グリーンはブロッコリーのソース。
帆立と雲丹双方の主張がまかり通っている至極の前菜です。
1 (8)


鰤には鰤に合う白ワインで、マスカットから作られた白ワインを。
標高1000メートルで作られたマスカットは日本のマスカットとは違って酸味があるのだそうで。
1 (5)

帆立と雲丹に合わせたワインは、白ワインだけど皮を漬け込んで作った変わり種。
とても濃厚な味わいの不思議な白ワインでした。


■飛騨牛のしゃぶしゃぶ
1 (11)

最高級黒トリュフでお化粧した飛騨牛のしゃぶしゃぶ。これが衝撃的に美味しかった。
ソースは2種類で卵黄と白いんげんを使ったもの。卵黄は濃厚、白いんげんは甘みがあって深い味わいです。

ソースも肉も驚くばかり。牛肉はこうして食べるのが最も美味しいかもしれないと思いました。
肉の食べ方の決定版の可能性があります。


ワインは赤で。。。
1 (10)


■白子のパスタ
1 (14)

「キタッラ」というパスタで、シェフの手作りです。イタリア語でギターという意味だそうな。
白子は鱈と仰っていた気がします。築地で今朝シェフが仕入れてきたとか。

とても濃厚なパスタで、七味がぴりりとよい仕事をします。
下仁田ネギの甘さと白子のネットリとした味わいがクセになる一品。


同じく濃厚な白ワインを合わせていただきました。
1 (12)


■ポルチーニ茸のリゾット
1 (16)

初めて行った時と、2回目に行った時に食べたポルチーニのリゾット。前の2回は黒トリュフまみれでしたが、今回はトリュフなしで頂きました。
トリュフがなくても凝縮した旨味が凄まじい威力を発揮しており、どうかしていると思うほど美味しいです。

初訪問の場合は外したくない逸品であります。


ワインは赤ワインの女王と呼ばれているというものを。
軽やかで広がりある味で、女王と言われればそうだなと思いますし、大王と言われればその通りと思ってしまいそう。
1 (15)


■牛肉のカツレツと炭火焼き
1 (18)

牛肉はイタリアのものだそうで。イタリアの牛肉はもしかすると生まれて初めて食べるかもしれません(日本では)。
量は少なめですが、既に旨味の応酬を繰り広げていますので、量はこのくらいがちょうどいいです。

炭火もいいが、カツレツにすると脂がとろりと優しくなるようでした。
イタリアの牛肉もすごいではありませんか。
ソースのバターはエシレバターだそうです。


牛に合わせていただいたのは、干しぶどうとワインを合わせて熟成させたという赤ワイン。
チョコレート、ベリーの風味があり、酸味もありとても珍しい赤ワインでした。
1 (17)


デザートを食べる余力がありませんでしたので、1人グラッパ祭りで〆ます。
王様が飲むかのような立派な入れ物に入ったグラッパ。
1 (20)


今日もルベロはすごかった。
こんなに毎回軽く期待値を楽々超えてくるところをみると、もしかするとブブカやイシンバエワの手法を取り入れている可能性すらあるなと改めて思いました。
(毎回世界記録出せるように手加減しながら調整してしまうやつです)
1 (19)


===
【オーダー】
上記の通り 1人12,000円くらい


ルベロの過去記事はこちらになります。
・2016年9月23日
・2017年2月3日
・2017年9月30日
・2017年11月9日

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(10) :★★★★★★★★★★

味(10)     :★★★★★★★★★★
サービス(10)  :★★★★★★★★★★
CP(10)     :★★★★★★★★★★

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★★ 5.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

【2回目】白味噌系なら新宿エリアで右に出るものなし「北の大地」

2018.01.12.14:31

北の大地@新宿三丁目
ラーメン


新宿東口にある古豪ラーメン店「北の大地」を再訪しました。
再訪と言っても2009年以来なので9年ぶりの訪問です。
1 (1)


昭和45年、西暦で申しますと1970年創業の超古豪のラーメン店となります。
外国人観光客の流入もあり、最近も昼時は劇的に混んでおります。ランチタイムはたいがい行列が出来ています。
1 (13)


麺の木箱には羽田製麺とあります。
これまで1度もお目にかかったことのない製麺所です。
1 (12)


店内はテーブル席とカウンター席。9年前の光景そのままです。
平日金曜日の12時半の到着で、奇跡の並び無し入店となりました。
→すぐに待ちが出来たので、タイミングがよかっただけでした
1 (2)


メニューも基本的には9年前と変わっていません。
味は味噌、塩、醬油の3種類で、他につけ麺があります。
「とんかつ」が乗ったラーメンやチーズが入ったラーメンもあります。北海道らしいメニュー構成。
1 (3)

メニューの並び順からしますと、味噌ラーメンが一押しのように感じられます。


卓上には黒胡椒、酢、生姜に大蒜。
1 (4)


9年前も味噌ラーメンでしたが、9年ぶりゆえ原点に帰って味噌ラーメンの大盛りにしました。
ランチタイムは小ライス無料なのでダブル炭水化物さえ気にしなければ大盛りにはせず、少ライスをオーダーするのがよさそうです。
1 (7)


大地ラーメンではないので具はシンプルそのもの。叉焼1枚にモヤシと少しの九条ネギ。
見栄えと栄養面で考えると大地ラーメンがやはりよさそう。
1 (8)


オイリーで熱々のスープが最大の特徴です。永福町大勝軒が大好きであるため「ラーメンのスープは熱々たれ」と思ってしまうため非常に共感してしまいます。
オイルバリアにより湯気は立ち込めませんが、相当熱いので注意されたし。
1 (9)


白味噌仕立てのコク深いスープ。旨い。かなり旨い。
白味噌の甘さ引き立つ王道の味噌スープは、塩の塩梅もちょうどよく飽きが全くやってきません。
1 (10)


大蒜がこの上なくマッチしそうなスープでしたが、このあと仕事があったので自重しました。
1 (5)


細く、やや縮れた固めの麺。これが羽田製麺の麺ですね。
もう少しもっちり感がある方が好きですが、噛みごたえある麺も嫌いではないなと思いました。正直言うと好きでした。
大盛りで量も十分です。
1 (11)


白味噌仕立てのラーメンだと新宿エリアでは右に出るものはいないと思います。
昭和45年創業の実力派はやはり半端ありません。
1 (6)

誰も食べていませんでしたが、次は醤油ラーメンを食べてみたいと思います。


===
【オーダー】
味噌ラーメン 750円
大盛り 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

らーめん 北の大地ラーメン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

新宿に待望の清湯系ラーメン店がオープン「はやし田」@新宿三丁目

2018.01.13.13:47

らぁ麺 はやし田@新宿三丁目
ラーメン


新宿丸井の裏に、2017年の12月に新たなラーメン屋さんがオープンしました。
新宿エリアはラーメン屋さんが多いですが、新店はそこまでボコボコオープンしないので久々の新店です。

名店の風格漂う佇まい。。。美味しそうなラーメンを提供するお店のオーラがびしびしと出ています。
1 (6)

この場所はかつて煮干しラーメンの玉五郎がありました。
玉五郎も結構美味しかったですが、なくなってしまいました。


お店の名は「はやし田」。
なんと同じく新宿三丁目にある鈴蘭のセカンドブランドだそうで。
1 (7)

鈴蘭といえば煮干し系ですが、果たしてこちらのお店ではどんなラーメンが食べられるのか。


店内はL字型カウンター席。なかなか広く、そして大変綺麗な店内。
オープン10分後の11時10分の入店で半分の席が埋まりました。
そして5分後の11時15分には満席になり、その後すぐに行列ができました。
1 (1)

ネットがあるせいで昔よりも新店にすぐに行列ができるようになったのではないでしょうか。
「旨い店はタクシー運転手に聞け」という言葉を聞かなくなって久しい。

店員さんは厨房男性3名、ホール女性1名というフォーメーション。
BGMは浜田省吾やZARDです。店主は40歳代と推定できます。


味は醬油とつけ麺、そして限定の「のどぐろそば」の3種類です。
私より先に席に座っている人は全員「のどぐろ」にしていました。
1 (3)

所見なので醬油らぁ麺にします。
ラーメンは大盛りはなく、麺を増やしたい場合は替え玉となります。

店内に漂う美味しそうとしか思えぬ香りに替え玉のボタンもフライングで押します。


水のサーバーがなんか格好いいです。
そして卓上には一切の調味料が置いてありません。自信のあるお店で時折見られるスタイル。
1 (5)


数々のこだわりが記載されておりますが、注目はスープの出汁で、鴨と丸鶏からとった出汁が使われているということで。
どうも清湯系ラーメンのようで、となると新宿待望の清湯ラーメンの誕生となるではありませんか。
1 (4)


半端ないオーラをまとって、醬油らぁ麺が到着しました。
もうこの時点で勝負ありました。この見た目で美味しくないはずがありません。
鶏の脂がキラキラした紛れもない清湯系ラーメンです。
1 (8)


どこか飯田商店を彷彿とさせるスタイルのラーメンで、こんなお店がまさか新宿三丁目にオープンしてくれるとは、大袈裟に言えば夢にも思いませんでした。会社から徒歩圏内だなんて。
1 (10)


叉焼は2種類で説明書きに書いてある通り豚肩ロースと鶏胸肉。低温調理系の抜群の叉焼です。
1 (11)


メンマ自体はそもそも個人的にあまり好きではありませんが、この穂先メンマはとても美味しい。
穂先メンマの中でも特によいものに思えるのは、ラーメンの放つオーラで美味しいと思う気持ちが増幅したか。
1 (12)


味玉の出来栄えも言うに及ばず。黄身の色の濃さが印象的な味玉です。
1 (15)


鶏の旨味が存分に、十二分に溢れているスープです。こんなスープの料理が1,000円以下で食べられる日本という国はどうかしていると思ってしまいます。
やはり方向性は飯田商店に似ています。
突き抜けた高級感と上品な点は飯田商店のようではありませんが、似た雰囲気を持っています。
1 (13)

スッキリ系ではなく、少しもったりした感じがあり、その部分が飯田商店と違うかもしれない。
醤油ダレもわりと主張強いです。

しかし新宿エリアでは頭一つ旨いスープにヒデキカンゲキです。


麺は細麺で全粒粉入。喉越しよくこのラーメンにぴったりです。麺は飯田商店よりこちらの方が好きかも。
好きなタイプの麺はモチモチした感じですが、清湯系にはこの麺の方が合いそう。
1 (14)


少しスープのもったりに飽きがきそうではありましたが、予め券を買っていたので予定通り替え玉に突入します。
替え玉は博多ラーメンのようなスピードでは提供されないので、ちょっと前めにお店の方にお伝えするのがオススメです。

替え玉は最初の量よりだいぶ少ないと思われます。半玉でしょうか。
なのであっという間に食べ終わります。
ちょっと飽きランプが点灯しそうだったので、そういう意味では半分の量でちょうどよかったです。
1 (16)

替え玉と言いつつも、特筆すべきは角切り胸肉の旨さです。柔らかくてジューシーであることといったらありません。
この胸肉を目当てに替え玉してもいいかもしれない。


最高の清湯系ラーメンでした。
このラーメンが電車に乗らず、1秒も並ばず、会社から歩いてくることができる場所に誕生するとは何と有り難いことか。
1 (9)

新宿を代表する清湯系ラーメンのお店になりそうです。


===
【オーダー】
醬油らぁ麺 800円
替え玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

らぁ麺 はやし田ラーメン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

町の中華の域を超えてる担々麺「品芳斎」@世田谷駅

2018.01.14.15:58

品芳斎@世田谷駅
中華


東急世田谷線の世田谷駅。あまり意識したことがないのですが「世田谷駅」なんていう名前の駅があったのですね。
しかし世間一般で「世田谷に住んでいる」と言っても、世田谷駅の近くに住んでいるという意味にはなりますまい。
1 (1)


大衆的な中華料理を食べに行こうということで、上海料理の大吉というお店に行ったら、まさかの大行列に阻まれるという。
1 (2)

界隈ではちょっと歩いただけでも鹿港にも大行列が出来ているし、他にもカフェみたいなお店に行列が出来ていました。
世田谷駅界隈の方は並ぶのが好きなのか、あるいはアド街にでも登場したのか。
(なんと後者でした。たまたまアド街に紹介された翌日に行ってしまいました)


こんな中、大衆中華のジャンルですらリカバリーショットが打ててしまうのが世田谷駅周辺のすごいところでしょうか。
品芳斎というお店に行きました。
1 (3)


先ほどの大行列とはうってかわって貸切状態ゆえ、少々不安がありました。
店員さんはオール中国の方で、そしてすごい勢いで会話をされています。中国にワープしてしまった気持ちになります。
1 (4)


メニューはたくさんありまして、一番下に掲載しました。
例えば麺やご飯のメニューがこちら。
点心、麺、米

ラーメンが780円、酸辣湯麺が880円、五目焼きそばが880円など、大衆中華に属する価格設定です。
(めちゃくちゃ安いわけではありませんが、高いことも決してありません)

いろいろ食べてみたかったので、いろいろオーダーしました。


■瓶ビール(500円)
1 (12)

アサヒスーパードライの中瓶でした。中瓶が500円というのは非常に一般的な価格かと思います。
別途「ポット烏龍茶」をオーダーしたところ、ペットボトルから烏龍茶を注ぎレンジで温めていました。

ホット烏龍茶の間違いなのかもしれません。


■自家製焼餃子(480円)
1 (14)

「是非ご賞味ください」とありましたので迷わず注文しました。

結構大ぶりな餃子で、4つですがこれで480円はお得かと思います。
皮はもっちり、餡は味は控えめでとても優しい餃子になっています。
1 (18)

美味しい手作り餃子は誠実な味がしました。
オススメです。


■麻婆豆腐・小(600円)
1 (13)

「当店自慢の味」とありましたので、こちらも迷わずオーダー。
小サイズがあるのが非常に有難いです。

胡椒が効いている珍しいタイプで、辛さ自体はとても控えめです。
山椒ではなく胡椒が効いている面白い麻婆豆腐でした。


■胡麻スープ担担面(880円)
1 (15)

「当店名物」ということで、これも迷わず注文。
一言添えてあるメニューの赤い文章が、短いのですがかえって心をわしづかみにします。
それににしても何と美味しそうな担々麺でありましょうか。担々と書いてあるのは誤植ではなくメニューに従っています。

胡麻が効きつつ、辛さもわりと強め。胡麻がある程度押し寄せつつ、辛さも絶妙に効かせてくる非常に秀逸な担々麺に目が丸くなりました。
かなり美味しい、極上の担々麺。
1 (16)

街の中華では、担々麺は美味しいことが少ないのですが、見事に覆してくれました。すごく美味しい担々麺です。
ほどよく濃厚で旨味もたっぷり。スープは全くシャバシャバしていません。

町の中華の域を超えた担々麺にヒデキカンゲキです。
1 (17)


■かにチャーハン(780円)
1 (19)

780円なのでもしや、、、と思っていたのですが杞憂に終わりました。きちんとカニが入っていました。
(たまにカニカマのお店があります。そしてカニカマはカニみたいな蒲鉾であり、カニは入っていません)

薄味でパラパラ仕上げ。ボリュームは群を抜いています。

ビールも2本飲んで2人で4,363円。
行列からのリカバリでしたが、直接カップインしてしまいました。
ゴルフをやったことがないので正しい表現なのかわかりませんが。

全て美味しかったですが、特に担々麺がオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,180円くらい



■スープ/飲み物
スープ、飲み物

■紹興酒
紹興酒

■おつまみメニュー
おつまみ

■前菜/海鮮
前菜、海鮮

■肉/豆腐/野菜
肉、豆腐、野菜


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

品芳斎中華料理 / 世田谷駅上町駅松陰神社前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

【2回目】らぁ麺にするか、つけ麺にするか究極の選択「はやし田」@新宿三丁目

2018.01.18.15:10

はやし田@新宿三丁目
ラーメン


昨年12月にオープンした「はやし田」。新宿を代表する清湯系ラーメンに感激しまして、1週間も経たずに再訪してしまいました。
会社から近すぎることも再訪してしまった理由の1つです。
1 (1)


15時ちょい前のニュ運転で先客は3名。さすがに変な時間なので空いていました。
通し営業ではなく、ランチタイムは11時~16時となっています。通しではないものの16時までやっているのは大変有り難いことです。
1 (8)

大人気店ですが15時くらいを狙えば全く並ぶことはありませんし。
ただ、前回わたしより前の人が全員食べていた「のどぐろそば」は12時は売り切れたそうです。
「のどぐろそば」を食べたい場合は11時台の入店が必達と言えそうです。


なので今回はつけ麺のボタンを押しました。850円です。
1 (2)


つけ麺が到着しました。
これまたらぁ麺に負けず劣らぬビジュアルであります。
1 (3)


ラーメンとの最大の違いは麺です。
ラーメンは細めの全粒粉入りでしたが、つけ麺の場合は平べったい中太弱の太さの歯ごたえがあるタイプの麺です。
キラキラしていてとても綺麗な麺。
1 (5)


スープはラーメンのスープを濃くした感じで、ベースは完全に一緒と思われます(普通そうだとは思いますが)。
すなわち、やはり最高につけ汁が旨いのです。
1 (4)


つけ汁には底にゴロゴロと具が入っていますので、忘れずに食べたいところです。
具の鶏肉もいちいち柔らかくて美味しい。
1 (7)


より濃い鶏が凝縮したスープにキラキラの中太平麺をつけて食べます。
水分を含んだキラキラ麺と、濃いスープが中和されて実にちょうどよい世界に仕上がっています。
1 (6)

ラーメンも美味しかったですが、つけ麺も同様に美味しかった。
もともとラーメン派ですが、これは狂おしいほど悩んでしまうところです。次に行ったら「のどぐろ」にしますが、その次はどうなるのか。


割りスープには昆布出汁のような出汁が足されます。
より出汁が濃くなって美味しいのですが、鶏中心のスープ時代の味も懐かしく、鶏時代の方向性のほうが好きな味ではありました。
味変のよさは、もちろんあります。
1 (9)

どちらにしても、まずは「のどぐろそば」です。11時台に突撃したいと思います。


===
【オーダー】
つけ麺 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

らぁ麺 はやし田ラーメン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

元祖カツカレーの「スイス」@銀座

2018.01.19.13:41

銀座スイス@銀座
カレー


銀座3丁目というと、どのくらい北にある場所かわかるでしょうか。
銀座は北から1丁目、2丁目、、、8丁目となっているそうです。

なので新橋よりは8丁目となります。東京に来た時に誰かに教えてもらいました。

銀座3丁目、つまりは4丁目交差点の三越よりは北側にある老舗洋食屋さんのスイス。
すぐ近くには同じく老舗の洋食店、煉瓦亭があります。
1 (4)

スイスは1947年の戦後創業。煉瓦亭は戦前というか第一次世界大戦より前の1895年創業です。
どちらも物凄い老舗ですが、煉瓦亭やばいね。

ちなみにスイスが創業した1947年というと、日本国憲法が施行された年です。


ランチメニューはカツカレー、メンチカツとコロッケのプレート、オムハヤシ、ハンバーグ、、、など洋食屋さんらしいメニューが揃っています。
値段は1,000~1,400円ですが銀座としてはお手頃価格といえそうです。
ちなみにノーマルのカレーは置いていないようです。
1 (3)


名物はなんといってもカツカレーでしょう。
野球の巨人の選手だった千葉さんという方が、カレーにカツを乗せてくれと言ったことから生まれたメニューということです。
1 (5)

全然関係ありませんが、最近はプロ野球のナイター中継はすっかり見なくなりました。
時代も変われば変わるものです。


店内は老舗洋食店らしい佇まい。
銀座×老舗ですが威圧感は全くありません。むしろアットホームな雰囲気といえそうです。
お値段も手頃で、雰囲気も受け入れてくれる感じで、銀座ですがとても親しみやすいお店かなと思います。
1 (1)

それにしても銀座の路上に座り込む人の多いことと言ったらない。


カツカレーの詳しい説明があります。
そして、創業者の思いも記載されております。洋食を多くの人に食べてもらおうと。
1 (7)


カツカレーにはスープが付いています。
優しい優しいスープで、胃をスタンバイ状態にしてくれます。
1 (6)


カツカレー、1,000円です。1,000円のカツカレーとなると銀座でなくてもお手頃な部類に入りそうです。
創業者の思いに加え、ランチくらいせめて、、、とお店が多少無理をして提供している気がいたします。場所が場所だけに。
1 (8)


写真では分かりにくいかもしれませんが、大きさは結構小ぶりであります。
しかし小ぶりながらも存在感は十分。器から立ち込める香りが普通のお店のカツカレーとは違います。ルーばかりが主張してきません。
1 (9)


甘みや辛味、苦味などいろいろな味のするカレーです。他に似た味のカレーが思いつかないカレーです。
ホテルとも違いますし、カレー王国神宮前にあるどのカレーとも違います。
語彙不足で「いろんな味がする」としか伝えられず、「お高くありませんし、オススメなので1度食べてみてください」というのが精一杯です。
1 (10)



カレー自体が小ぶりなのでトンカツも小ぶりですが、揚げ上がりが見事です。
火入れも完璧で、厚さこそありませんが大変柔らかくジューシーなトンカツと一緒にカレーを楽しめます。
1 (11)

1,000円しかお支払いしていないので、できることといえば食べ終わったらさっと席を立つことくらいです。
とても美味しかった。お腹だって腹八分目で実際はこのくらいがちょうどよいランチの量と言えそうです。

今度は夜お邪魔してみたいです。


なおスイスとは全然関係ありませんが、隣で大行列をなしている蝋燭屋なるお店も気になりました。
担々麺系のお店なんだとか。テレビにでも紹介されたのでしょう。
1 (2)

銀座もラーメン屋さん、昔より増えたように思います。

===
【オーダー】
千葉さんのカツカレー 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

銀座スイス 銀座本店洋食 / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

宮崎押しのノーマルな居酒屋さん「ニコキッチン」@二子玉川

2018.01.19.22:01

ニコキッチン@二子玉川
居酒屋


かなり久々に二子玉川で飲んでみました。
なかなかというか、滅多に二子玉川でよいお店に出会えることがなく、しかしお店はたくさんある二子玉川。
「都心さえも憧れる」というキャッチフレーズで売り出していたマンションもあります。

駅の東側エリア、お店などがあまりない場所に「ニコキッチン」というお店があります。
1 (1)


店内はとても綺麗です。居酒屋というよりはダイニングバーのような雰囲気。
BGMが大きめの音量でかかっていますが、周囲の音消しにはちょうどよいです。
店員さんがとても皆さん元気です。
図1


メニューを見ると宮崎のものを使ったものが多いです。宮崎から取り寄せた食材を中心にメニューが組み立てられています。
おおよそ1,000円もしないくらいの価格ですが、宮崎直送系のメニューは1,000円を超えてくるものもありました。
food1_20180513150823f97.jpg

宮崎なのでチキン南蛮や辛麺などもあります。
他のメニューは一番下に掲載しました。

頂いたものを紹介します。
全体的にお店で食べてこそといった印象の料理が少なく、とてもノーマルな感じでした。


■生ビール(600円)/フタコエール(800円)
図2

生ビールは一番搾り。
フタコエールは二子玉川のビールということで、苦くて味が濃かった。


■アラ汁(お通し)/炙りトントロとアボカドのスパイシーサラダ(1,100円)
  宮崎直送魚カルパッチョ(1,200円)/ヘベスブリの炙りポン酢(1,200円)
図3

アラ汁はお通し。
スパイシーサラダはトントロはあまり顔を見せないため少々割高感があります。
カルパッチョは身が分厚すぎて、大きな刺身のよう。
鰤は脂が乗っていて、もそっとした感じが全く無く美味しかった。


■宮崎トマトのアヒージョ(800円)
1 (16)

オリーブオイルにトマトの酸味と風味と旨味が移っていて、これが一番美味しかった。アイデア料理。
宮崎のトマトは味が濃いのかもしれない。
パンにつけても美味しかった。


■宮崎名物チキン南蛮(900円)
1 (17)

表面がとてもオイリー。衣の下に脂が潜んでいます。なので食べると脂がどわっと出てきます。
脂がどわっと出てくるのに鶏肉はパサついているという。
低温で揚げてそのままにしてしまったのか、何か調子が悪かったのか、宮崎の食べ物で真っ先に浮かぶ料理があまり美味しく食べられませんでした。


■丸ごと1個レモンサワー(650円)
1 (18)

ノーワックスレモンだといいなーと思ったレモンサワー。
中身のお替わりができますが450円になります。

辛麺というものを食べたことがなかったので食べてみようと思っていたのですが、チキン南蛮の脂でタンクが満タンになってしまったので食べられませんでした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,000円少々

■ドリンクメニュー
drink_2018051315451216b.jpg

■ワイン
wine_20180513154517bc6.jpg

■料理①
food2_201805131545222ea.jpg

■料理②
food3.jpg

■料理③
food4.jpg



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

ニコキッチン居酒屋 / 二子玉川駅上野毛駅二子新地駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

新宿随一の讃岐うどん「切麦や甚六」@新宿御苑

2018.01.20.14:53

切麦や甚六@新宿御苑
うどん


新宿御苑に大人気のうどん屋さんがあります。
外観のオーラはまるで小料理屋さんのようです。
1 (1)


その名も切麦や甚六。平日はおろか土日ですら時間帯によっては行列ができる、新宿きっての讃岐うどんの名店です。
1 (19)


客層の特徴は、とにかく女性客が多いことです。いつも女性で混雑しています。
うどん屋さんでなぜ女性が多いのか。ananなどで特集されたりしたのだろうか。
1 (3)

女性客が多いだけあって店内はとても綺麗です。
テーブル席とカウンター席がありますが、カウンター席も1人1人のスペースが非常に広く、隣の人は一切気にならないことでしょう。

この辺りの空間設計も、女性に人気があるポイントなのだと思われます。

並々ならぬこだわりに関する記載があります。
小麦、水の温度管理にこだわり、打ち立て、茹でたて、揚げたての天麩羅にこだわっていると。
こだわり


冷たいうどん、温かいうどんに関するそれぞれの説明書きもあります。
自分の食べたいメニューを一突きで選べるように、ゆっくり焦らずメニューを読み込むとよいでしょう。
説明


温かいうどんのメニュー例です。
他のメニューは一番下に掲載しました。おつまみメニューもあるので、夜は飲めるお店になるようです。
温かい

「かけ」は600円。ですが、このお店で「かけ」をオーダーしている人は見たことがありません。
1,200円とお値段はまずまずしてしまいますが、「天かけ」がやはり気になります。

また、かしわ天(鶏肉の天麩羅)が入る親子天かけも気になりすぎる。こちらだと950円。
なお、いずれもうどんの大盛りは無料ですので迷わず大盛りコールをしましょう。


卓上には白胡麻、七味、塩が配備されています。
うどんの到着が楽しみでならない。
1 (11)


天かけうどん、麺大盛りの到着です。
平日のランチで1,200円というと予算オーバーですが、1,200円以上の凄まじいオーラでの入場です。
1 (12)


天麩羅は揚げたてそのもの。和食店で提供されるように綺麗に別皿で提供されます。ここまで揚げたてだと、うどんにドボンさせたくなくなります。
全てにおいて表面はカラッと、中は非常にジューシーに仕上がっています。
1 (13)

特にかしわ天の出来栄えが凄まじく、鶏肉でここまでジューシーな天麩羅は食べたことがありません。
火入れが完璧すぎて、中は「さっきちょうど火が通りました」というタイミング。

うっ っ っ っ っすらピンクのような、ピンクじゃないようなという塩梅に仕上げられています。
かしわ天が2つの親子天かけも、かなり良さそう。


塩で食べるのもよいですし、うどんにトポンと潜らせて食べるのもまたよし。
1 (14)


うどんには具がなく、葱と鰹節?のようなものが乗っているのみ。大変シンプルな出で立ちです。
しかしシンプルでありながら、ただならぬオーラを発しています。
1 (15)


出汁は、これぞ和の出汁のお手本というような塩梅。この汁でおでんを作っても最高に美味しそう。
とにかく出汁がいい。醬油もたっておらずバランスがよく、塩気も絶妙にコントロールされています。
1 (16)


普段汁を飲まない人でも、これを飲まずにいるのは至難の業と思われます。
優しく控えめで芳醇な味わい。
ラーメンと違って脂がないので、グイグイと飲んでしまい、はっとしてしまいます。
1 (17)


うどんはコシあり。そして一定の柔らかさは残している大変大好きなうどん。
太さが太すぎないところもとてもいいです。喉越しでも麺自体の味でも楽しめるうどんであります。
1 (18)

新宿のすべてのうどん屋さんを食べ歩いたわけではありませんが、ほぼ間違いなく新宿エリアNo1のうどん屋さんだと思います。
美味しいだけでなく、ランチタイムが16時までである点も非常に有り難いお店です。

次は冬季限定数量限定のカレーうどんを食べに来たい。


===
【オーダー】
天かけうどん 1,200円

■冷たいうどん
冷たいうどん

■天麩羅
天麩羅

■おつまみ
おつまみ

■酒
酒


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

切麦や甚六うどん / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0



[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : うどん

リーズナブルだが本格ハンバーガー「ALL ORDERS」@六本木

2018.01.21.14:51

ALL ORDERS@六本木
ハンバーガー


西麻布交差点、権八がある交差点のすぐ近く。
西麻布交差点の権八というと、小泉総理がブッシュ大統領を連れて行ったことで有名です。
当時、後日に権八を訪問し「総理と大統領が食べたものと同じものを食べてみたい」とお伝えしたところ、当日はスペシャルメニューで何から何まで普段と違うということでした。

そんなことはさておき、西麻布交差点からほど近い場所に小さなハンバーガーのお店があるので立ち寄りました。
1 (1)

本当は韓国料理のお店を目指してやってきたのですが開いておらず、来る途中に見つけて美味しそうに思えたので下調べなしの訪問となりました。

ALL ORDERSというお店です。


日曜日の13時40分、先客はいませんでしたがお店の方もいないような。。。と思ったらいらっしゃいました。
「みんな配達に行っていて、普通のハンバーガーしかできないがよいか」と聞かれます。全然問題ありません。
1 (2)


アメリカンな雰囲気の店内。近場であればデリバリーもしているようです。
しかもデリバリー、かなり賑わっているようでした。
時間とともに、若い配達員の方が続々と戻ってきては出撃していました。
1 (5)


ハンバーガーメニュー。17種類もあるではありませんか。
思った以上に本格派のお店でありました。
1 (3)

種類数に驚いた次は、価格の安さに驚きます。
フライドポテトが付いて880円~1,210円というリーズナボーな設定。ドリンクも100円で付けることができます。

西麻布の交差点近くであることを考えると、タダとは申しませんが相当に抑えられた金額です。


17種類もハンバーガーがありつつ、カレー、チキングリル、ステーキなど、ハンバーガー以外のアメリカンなメニューも本来はやっているようです。
ふらっと入ったのですが、すごいお店でした。
1 (4)


卓上にはハインツのケチャップとマスタードが配備されています。
1 (10)


席に着くとすぐにドリンクが運ばれてきました。
「みんな出払ってしまっっているのでハンバーガーちょっとお時間かかります」ということで。
1 (6)

こちらこそ、忙しい時にすみませんでした。


着席してから15分、ハンバーガーとフライドポテトが到着しました。
何これ、本当に美味しそう。880円のハンバーガーのビジュアルではございません。
1 (7)


ポテトもずっしりしっかりタイプで、衣がやや厚い食べごたえがあるタイプ。
量も申し分ありません。
1 (9)


ハンバーガーはパン(バンズと言うらしい)もハンバーグ(パティと言うらしい)どちらも本格派。バンズがまず美味しい。
そしてパティも肉肉しく厚みもしっかりあり、全体的に手作り感があって本当に美味しい。
誠実な味がする、そんなハンバーガーでした。
1 (8)

西麻布の交差点からすぐの近くに、こんなにも素晴らしいお店があったとは。
この味でこの価格となると、デリバリーのオーダーが引っ切り無しに来ていたのもうなずけます。


===
【オーダー】
ハンバーガー 880円
ドリンク 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ALL ORDERSハンバーガー / 六本木駅乃木坂駅広尾駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ハンバーガー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ハンバーガー

【閉店】予約が取れない賛否両論の和カフェは予約せず入れました「賛否両論」@広尾

2018.01.21.16:38

賛否両論 寄り道@広尾
カフェ


六本木でハンバーガーを食べたあと、歩いて代官山を目指します。
途中広尾を通ったのですが、休憩にぴったりそうなお店を発見。
広尾の賑わっている通りから一本入った場所にカフェがありました。
1 (2)


寄り道」というお店です。
そして賛否両論の文字も。恵比寿にある予約の取れない和食店、賛否両論のカフェバージョンのお店のようです。
1 (17)


予約の取れない賛否両論のカフェだと、やっぱり満席で入れないかなあと思いつつダメ元で入店。
手前にショーケースがありチョコレートなどを買い求められるようになっています。
1 (1)


奥にテーブル席があります。少し隣との距離が近すぎる気もしましたが、ギリギリ許容できる範囲でしょうか。
いっそ2人ならば高いテーブルの2人がけの席の方がいいかもしれません。座り心地は少々よくないかもしれませんが。
図1


和カフェというコンセプトのようで、メニューは胡麻と焙じ茶のパフェ、黒ごまのお汁粉が中心です。
他にもスイーツセットやプリン、焼き最中やアイスなどがあります。
1 (8)

さらに言うとお茶漬けや「おでん」もあります。
賛否両論が提供するおでんは、さぞ美味しかろうという思いもありましたが、なぜか惹かれなかったのは昼食後だからという理由以外にもありそう。

なお、おでんやアイスなど他のメニューは一番下に掲載しました。

主力のパフェやお汁粉のよいところは、どちらも1,200円~1,300円と安くはないのですが、デフォルトでお茶が付いておりますのでトータル1,200円、あるいは1,300円でお茶ができるというところです。
アフタヌーンティーなどは、クオリティは大変普通でありながらも、お茶とケーキで大変な値段になりますので。


■黒ごましるこ(1,200円)
1 (9)


理由はよくわかりませんでしたが、胡麻油の3本セットを頂いてしまいました。
賛否両論のご主人は胡麻油が好きなようです。わたしも大好きです。
1 (10)


しかし黒胡麻のお汁粉とは珍しい。珍しいというか初めてお目にかかるかもしれません。
1 (11)

胡麻の深みが加わったほっくり美味しい餡子が印象的です。
餡子が大変丁寧に炊き上げられている雰囲気があります。


また、添えてある昆布も途方もなく美味しいではありませんか。
餡子→甘い、昆布→しょっぱい、の無限ループが始まります。
1 (12)

戦略は細部に宿る。こちらの戦略は昆布までに宿っておりました。
売っていたら買って帰りたいくらい昆布が美味しかった。もちろん、お汁粉も大変よかったです。

なお、果物は味醂(みりん)で炊いているそうです。パイナップルが洋梨みたいな味になっておりました。


■ごまとほうじ茶の和パフェ(1,300円)
1 (13)


白胡麻のクッキーの旨さが尋常に非ず。そしてほうじ茶のソフトは想像より甘く、これまたたいそうな旨さ。
1 (14)


胡麻アイスの胡麻の深みも底が知れません。なんだこのパフェは。
1 (16)


ゼリーはほうじ茶ゼリーかと思いきやコーヒーゼリーでありました。
さらにはパンナコッタの場所もあり、それは白胡麻のパンナコッタということで。
1 (15)

すごい味の波状攻撃。次から次へとやってきて美味しいし楽しい。
キングダムで秦が趙と戦った時の麻光軍の波状攻撃は、もしかしたらこんな感じだったのかもしれないと、そんなこと思いました。

果物の威力を借りたもの以外では、久々に唸るパフェを食べました。
これはいい。広尾に来たときには是非1度は寄りたいお店ですが、、、


なんと2018年3月に閉店してしまったそうですorz

お店に行ったのが1月。記事を書いている今が5月。そして3月に閉店してしまったと。
時々こういうことはありますが、大変美味しいパフェだったので残念です。
もう食べられないと思うと、余計に美味しかった気がしてなりません。

賛否両論の本店に行くしかありますまい。


===
【オーダー】
ごまとほうじ茶の和パフェ 1,300円
黒ごましるこ 1,200円


今はあっても仕方ないかもしれませんが、メニューを掲載します。

■メニュー①
1 (3)

■メニュー②
1 (4)

■メニュー③
1 (5)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

賛否両論 寄り道甘味処 / 広尾駅恵比寿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

驚異的な安さとボリュームの饂飩「昆ぶ家」@新宿三丁目

2018.01.23.10:39

昆ぶ家@新宿三丁目
うどん


新宿三丁目、どん底エリアにある饂飩のお店「昆ぶ家」でお昼を食べました。
ビルの2階です。1階にはどん底エリアを代表する日本酒のお店とときちが入っているのも同じビルです。
1 (13)

昆ぶ家は新宿西口にもありまして9年前に訪問しておりました。ほとんど覚えておりませんが、なんだかとても安かった印象があります。


うどんの出汁には羅臼産昆布を使用とのこと。
本気の昆布は高いですからね。。。
1 (14)


なお、うどんだけでなく宮崎の地鶏料理もあるようです。
そういえば昔、夜に焼鳥を食べに来たことがあるような気がします。
1 (1)


カウンター席とテーブル席があります。夜の飲み屋が中心と思われますので雰囲気はほぼ居酒屋という感じです。
入店時にはカウンター2席が空いているのみで、ギリギリ滑り込みました。
1 (4)


とにかく特徴は安さです。うどんと、丼のセットで税抜きだと560円~で提供されています。
近くに丸亀製麺がありますが、セット物を考えると丸亀よりも昆ぶ家の方がコストパフォーマンスがよさそうです(丸亀には丼ありませんが)。
1 (3)

その他うどんの単品メニューは一番下に掲載しました。


そもそも安いのに、丼かうどん、どちらか好きな方を大盛りにできるという太っ腹っぷり。
ちなみにどちらも大盛りにすることもできまして、その場合は80円増しです。100円ではないところがすごい。
1 (12)


うどんとカレー丼のセット、うどんを大盛りにしました。
これで税別580円の衝撃。税込みでも626円です。
1 (5)


脇役のカレー丼ですが、脇役とは思えぬ存在感です。
カレー単体としては、非常にノーマルで無難に美味しいカレーです。脇を飾るには十分なボリューム。
1 (6)


うどんは讃岐らしい薄めの色のスープと、たっぷりの饂飩。
表面からただよう香りがとてもよいです。
1 (7)


ちょっと塩気が強くて気持ちしょっぱいかな、、、という塩梅の汁ですが出汁も効いていて問題なく美味しいです。
大盛りのためか、最後ちょっとだけ飽きがやってきました。スープを全部飲んだりするのは難しそう。
1 (8)


うどんもまずまず美味しい。
奇をてらわない王道スープと、安定の麺で安心して頂けます。
1 (11)

ボリュームは十二分過ぎるほど十分です。
これで税込626円はかなり秀逸と言えそう。


一緒に行った仲間はうどんを「鶏骨」の出汁にしていました。
80円増しでできますが、こちらよりもノーマルうどん汁の方が美味しそうです。
1 (9)


かき揚げ丼は、相当いいパンチ持ってそうでした。
分厚い立派なかき揚げがドン。
1 (10)

甚六@新宿御苑のような超本格ではありませんが、安いですしボリューム満点ですし、「今日はリーズナブルにうどんランチ」と思ったときには大変オススメです。


===
【オーダー】
うどんとカレー丼 626円


■単品メニュー
1 (2)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

昆ぶ家 新宿三丁目店居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : うどん

【6回目】キーマカレーの超人気店「MOKUBAZA」@千駄ヶ谷

2018.01.24.14:12

MOKUBAZA@千駄ヶ谷
カレー


会社の場所が北参道から新宿三丁目に移転してから、すっかり足が遠のいてしまったMOKUBAZA。
言わずとしれた、、、とまで言えるかわかりませんが、神宮前エリア随一の人気を誇るカレー屋さんです。正確に言うとキーマカレー屋さんです。
1 (8)


仕事の関係で偶然前を通りかかり、13時ちょい前だったので当然行列が出来ているだろうと覗いてみたら、、、なんと行列がないではありませんか。
1 (6)

ことあるごとにメディアで取り上げられ、ゴールデンタイムの人気番組で紹介されることもしばしば。
嵐の何かで紹介されたときは半年くらい行列が途絶えませんでした。

あれは本当に凄かった。
毎日毎日若い女性が大勢並んで。
しかも若い女性なので食べるのが早くない&さっと食べてすぐ出ない人も多分いる、ということで列が進まない。

前を通り過ぎて別の場所でお昼を食べて帰りに見てみたら、「5mくらいしか進んでないじゃん・・・」ということがありました。


メニューはこちら。基本1,000円超えです。しかし1,000円は超えている味に出会えます。
1 (7)


このチャンスを逃す手はないということで入店しました。
このあとも満席になることはありませんでしたので、テレビの影響などは一巡したようであります。
1 (2)


最初に提供されるサラダ。白いものはチーズと間違えがちですが卵白です。
酸味がありさっぱりとした味のサラダ。
1 (1)


キーマカレーが超絶人気ですが、キーマカレーが少し苦手でありまして。食べられないことはないのですが。
しかも本格的であればあるほど苦手なのですが、MOKUBAZAのキーマカレーは大丈夫です。
ただ、やはり得意な分野ではないため、MOKUBAZAのわたしの一押しは「焼きエッグキーマカレー」です。
1 (5)

2種類のタバスコを従えての入場です。


焼きエッグキーマカレーは文字通りキーマカレーにエッグを乗せて、さらにはチーズをたっぷりかけて焼き上げたものになるのですが、キーマカレーのクセを焼いたチーズがまろやかにしてくれます。優しく包んで、さらにはコクUP。
1 (3)


ならばキーマカレーのチーズがけ(たぶんこれが一番人気)にすれば、、、という意見もありますが、チーズは焼いたほうが威力が増すのか、旨味が増すのか、焼きチーズの方がわたしにとってはよい仕事をしてくれます。
個人的には圧倒的にオススメなのが、この焼きエッグキーマカレーになります。
1 (4)

初見だとキーマカレーを選んでしまうと思います。それと、フォトジェニックさもキーマのほうが上と思います。
しかしあえて焼きエッグキーマカレーを食べてみて欲しいです。

Instagramのいいねはわかりませんが、味は間違いありませんので。

6回目なので一通りいろいろなメニューを食べております。移転前含め過去記事はこちらです。
・【移転前】2010年11月19日 キーマカレー
・【南新宿一時移転】2014年5月27日 焼きキーマカレー
・【新築移転後】2014年9月12日 キーマカレー
・2015年9月29日 焼きエッグキーマカレー
・2016年10月6日 コリアンダーキーマカレー

===
【オーダー】
焼きエッグキーマカレー 1,050円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

MOKUBAZAカレーライス / 北参道駅原宿駅国立競技場駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【2回目】濃厚豚骨よりも味噌のほうがオススメ「神仙」@台場

2018.01.26.13:39

神仙@台場
ラーメン


台場アクアシティ、お台場ラーメン国技館へ。
1 (1)

全てのお店を一巡し、2ターン目、あるいは3ターン目の訪問となります。
そろそろお店が入れ替わってくれると、、、と思わないでもないですが、どのお店も一定以上に人気があるのでしばらく難しそう。
(唯一「はなび」が閉店して入れ替わりました)


その「はなび」の入れ替り店である神仙を再訪しました。
1 (2)


前回は濃厚豚骨だったので、今回は違う味にしようと色々ある中から味噌ラーメンのボタンを押しました。
ノーマル味噌ラーメンで850円。国技館はお台場ということもありお値段は高めです。
1 (3)


国技館は修学旅行生の数によって混みっぷりが左右されます。
この日は1月ということで修学旅行生がいなかったので、とても空いていました。
1 (4)


■金沢味噌ラーメン(850円)
1 (7)

前に濃厚豚骨を食べていたので、今回はよりシンプルな金沢味噌ラーメンにしました。
金沢と味噌ラーメンは全くリンクしませんが、有名なのでしょうか。


具はメンマにもやしに葱。
ノーマル味噌ラーメンということで非常にシンプルで具材はおとなしめ。
1 (9)


濃厚系のもったりした味噌スープが特徴の味噌ラーメンで、金沢味噌とはこういったラーメンのことなのだろうか。
若干のしゅわしゅわも見られて、重めのスープが特徴です。
1 (8)


味噌が全面に出ており、とてもわかりやすいラーメン。
濃厚豚骨醬油は化調みたいな味が支配していましたが、こちらは味噌が活躍しており、濃厚豚骨よりも美味しいと思いました。
1 (10)


濃厚豚骨醤油は以外にも細麺でしたが、味噌はやや縮れのノーマルな太さ。
濃厚豚骨醤油もこっちの麺の方が合いそうに思えました。
1 (11)


どちらも食後に大変喉が渇くという点は同じですが、味噌ラーメンの方がオススメです。
わたしの出身の仙台もそうですが、寒い地域は味が濃いのかもしれないですね。
1 (7)


肉盛りの味噌ラーメン、950円はこちら。
券売機に載っていた写真よりも全体的な迫力に欠けています。
1 (5)

国技館、そろそろ新店かニュー企画が立ち上がってくれると嬉しいな。


===
【オーダー】
味噌ラーメン 850円


ラーメン国技館の過去記事はこちらになります。
・2016年6月10日 札幌みその 味噌ラーメン 850円
・2016年7月8日 頑者 濃厚海老豚骨つけ麺 850円
・2016年7月22日 気むずかし家 鶏白湯ラーメン 790円
・2016年8月19日 二代目博多だるま 博多ラーメン 750円
・2016年9月30日 【閉店】はなび 濃厚担々麺 850円
・2016年12月9日 【2回目】気むずかし家 ジンジャー二郎 940円
・2017年3月24日 せたが屋 鯛だし香る塩らーめん 850円
・2017年5月19日 【2回目】せたが屋 炎の担々麺 1,100円
・2017年6月16日 神仙 濃厚豚骨醤油ラーメン 830円
・2017年6月30日 【3回目】気むずかし家 鶏担々麺 950円
・2017年9月8日 【2回目】二代目 博多 だるま 旨辛ラーメン 850円
・2017年11月6日 【2回目】みその 醤油ラーメン
・2017年12月1日 【3回目】せたが屋 王者の神戸牛ラーメン


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

金澤濃厚豚骨ラーメン 神仙 アクアシティ店ラーメン / 台場駅東京テレポート駅お台場海浜公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】リアンの離れ「Prive de Lie」@池尻大橋

2018.01.26.22:55

Prive de Lie@池尻大橋
フレンチ


以前ランチに伺って、たいそう美味しかったので今度は夜来てみました。
池尻大橋フレンチの雄リアンです。
1 (1)

ドアを開けて名前を告げると、「こちらではない」ということで、違う場所に案内されました。
(歩いて1分くらいの場所ですが)


HPから予約したのですが、「Prive de Lie」という離れのお店を予約していたようです。全然気が付かなかった。
なお、リアンはすっかり予約困難店になってしまいまして、数週間先でないとランチもディナーも予約が難しそうです。
1 (29)


リアンの本店は非常に狭いつくりですが、こちらの離れはとても広々した空間です。
席と席も非常に離れており独立性が高いです。
独立性という意味では本店とは雲泥の差と言えそう。むしろ本店は美味しい最高の料理をゆっくり食べるには席と席の間隔が近すぎますゆえ。
1 (2)


空間だけであれば間違いなく離れがオススメです。
ただし、シェフはオーナーシェフの方ではなくなってしまいます。あとはそこをどう考えるかでしょうか。
1 (3)



離れでは全てフルコースとなります。選択の余地がありませんので、料理については何も告げる必要はありません。
1 (4)


ワインは一番下の「ワインペアリング」がオススメに思えました。
料理に合わせてワインを持ってきてくれます。
8種類の料理に対して8種類のワインを提供してくれるもので6,000円です。
1 (7)

なお、8種類6,000円のペアリングで量としては1本弱だそうです。
1本弱が6,000円となると、お店のランクを考えるとだいぶリーズナブルと言えそうです。


白い何かに突然水をかけまして、何をしているのかと思ったら、なんとおしぼりになったではありませんか。
次々にこういったマジックのようなことが起こるのかと思いましたら、マジック的なものはこれだけでありました。
4_20180521165655fba.jpg


左に置いてあるこの黒い石はなんだろうとずっと思っていました。肘でも置く場所だろうかと。
しかしそこはパンが鎮座する場所でした。
5_20180521165656be6.jpg

「シニフィアン シニフィエ」という近くにある有名店のパンだそうです。
酸味の美味しいパンでした。


パンに合わせるオリーブオイルもまた秀逸です。
ラウデミオみたいな本格的なオリーブオイルと思われます。
(ラウデミオはわたしが買ったことがある一番高いオリーブオイルなので名前覚えていました)
1 (12)



最初の4品に合わせて頂いたワイン。
1杯1杯はとても少ないので、1皿1グラスには適量です。
どのワインも個性があり美味しかったです。「これこれこういう理由で食事に合う」と言われるので、そういう催眠にかかるという効果もありそう。
1_2018052117041593c.jpg


頂いたものを紹介しますが、料理を作るのはお一人で、さらには席は満席であるため、料理が出てくるのはとても時間がかかります。
時間が多少かかってしまうことは折込済で訪問するのがよいと思います。


アミューズは前にランチで頂いたものと似ていました。
しかし前回同様、中央のフォアグラのお菓子のようなものはちょっと苦手でした。
1 (9)


■カンパチとサワークリームのタルタル仕立て 新玉ねぎのムース
1 (13)

新玉のムースはデザートにすらなりそうな旨さ。
そして魚介の出汁がふんだんに出ていて美味しい。

出汁とカンパチの食感とムースのなめらかと。三位一体の美味しさです。
薄味で優しい味付けもよかったです。


■北海道産白子と生ハム カダイフの包み焼き 緑胡椒 マヨネーズ
1 (16)

一口食べて中華料理みたいだなと思いました。そしてタルタルが全てを支配しています。
白子は探せば感じることができましたが、生ハムは捜索が難航しました。

3等分ではなく、2つに切ってざくっと食べたほうがよかった。


■帆立 牡蠣の温製テリーヌ サラダ仕立て
1 (18)

牡蠣が美味しい。なんとも言えず味が濃く、ふっくら仕上がっています。
帆立は行方がわかりませんでしたが、きっといろいろ支えてくれていたことでしょう。


■コンソメスープと朝採れ世田谷野菜 トリュフの香り
6_20180521170417392.jpg

野菜の味がたっぷり。この上なくたっぷり野菜の味がします。
ビニールを開けるとトリュフの香りふわーーーっと広がります。

野菜がシャキシャキしているのもよかった。


■宮崎県産 天然甘鯛の鱗焼き 白いんげん豆
1 (22)

皮までパリパリで、身は超ふっくら。皮のパリパリは「鱗焼き」なる手法のせいであろうか。
皮の香ばしい香りと甘鯛の香りが合わさるのがよいです。
とても美味しい。


後半4つのワインです。一番最後のワインはデザートワインでした。
確かに1本弱というだけあって全く酔いませんでした。
2_201805211708280e2.jpg


■女性ハンター吉井さん 京都丹波産 仔鹿モモ肉のロティ 赤ワインソース
1 (25)

肉自体が本当に美味しい。鹿が美味しいと思ったのはルベロ@目黒以来であります。
切り方も最高に思えます。

脂はありませんが決して淡白な味ではなく。そしてクセも全くありません。
赤身の旨さは牛以上と思われます。


■いちごのバリエーション ソルベ/ムース/マシュマロ/ビスキュイ
3_201805211708289a0.jpg

苺は「さがほのか」だそうです。
苺ばかりの4種類も。見栄えもいいですし、最後のデザートまで美味しかったです。
アメリカンコーヒーまで完璧な仕上がりでした。

予約が取れない理由はよくわかりました。
本店のオーナーの味もよいですが、離れの独立性高い空間も捨てがたい。

今度は本店のディナーも行ってみたいと思います。


===
【オーダー】
上記の通り 1人13,000円くらい


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

Lienフレンチ / 池尻大橋駅駒場東大前駅

夜総合点★★★★ 4.0



[フレンチ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : フレンチ

【3回目】比類ない味噌、安定の醬油、次は塩を「北の大地」

2018.01.27.13:46

北の大地@新宿三丁目
ラーメン


新宿を代表する札幌ラーメンのお店「北の大地」。
会社引っ越しに伴い徒歩5分圏内になったため、1月2度目の訪問です。
1 (3)


木箱により羽田製麺という製麺所の麺であることがわかりますが、羽田製麺はここ北の大地以外ではお目にかかったことはありません。
1 (10)


昼時は外国人観光客の影響も相まって行列していることが多いです。
通し営業であるため14時過ぎとかに訪問すると空いていることが多いです。
1 (2)

今回は土曜日の11時40分に入店で、待たずに席に着くことができました。
が、あっという間に満席になりました。


過去2回の訪問はいずれも味噌を選択しているため、今回は正油にします。
Google変換だと「正油」が出てこず、醬油になってしまう。
1 (1)


初の醤油ラーメン。北海道で醤油ラーメンというと旭川のような気がしてしまいますが、札幌ラーメンのお店ですが醬油もあります。
1 (4)


具はノーマル味噌と同じ。
メイン的には叉焼が1枚のみの大変シンプルな構成。
1 (7)

北の大地において具を追求したい場合は「大地ラーメン」がオススメです。
(食べたことないので究極わかりませんが・・・)


スープは油膜があるのと、しゅわしゅわが見て取れるのが特徴です。
味噌も油膜としゅわしゅわがありましたが、醬油の茶色によってより目立つ格好です。
1 (6)


安定的な鶏ガラ王道醤油スープです。
しかし意外と似た味が新宿エリアでは浮かびません。
鶏ガラの優しい安心できるスープに、油膜によるこってり追加という感じ。
1 (8)


麺は味噌と同じ。少し縮れた中細麺。ちょっと固めの仕上がりです。
1 (9)


味噌のほうが特徴がありますが、醬油は醬油でとても美味しかった。
その日の気分で使い分けられそうです。
1 (5)

安定安心のラーメンらしいラーメンに出会えます。
味噌→醬油ときましたので、次は是非塩を食べてみたいと思います。

===
【オーダー】
正油ラーメン 750円


北の大地の過去記事はこちら。
・2009年10月31日 味噌ラーメン
・2018年1月12日 味噌ラーメン


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

らーめん 北の大地ラーメン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】飯田商店より荒々しい感じ「やまぐち」@西早稲田

2018.01.28.13:31

やまぐち@西早稲田
ラーメン


年末に清湯系の最高峰「飯田商店@湯河原」を訪問し、そのあとたまたま新宿三丁目にオープンした「はやし田」も清湯系で、なんとなく清湯系ラーメンの熱が上がってしまいました。

そんな中、早稲田にある穴八幡宮にお札をもらうため早稲田方面に出かけることになったので、早稲田エリアの清湯系の雄「やまぐち」を訪問しました。
1 (3)


日曜日、開店10分前の11時20分到着で19人待ちでした。想像以上に並んでいました。
5年前は並ばず入れたので油断しました。
1 (1)

13席なので2ターン目確定です。
この日に限って言えば恐らく11時10分に到着するのが勝利であったと思われます。


どうやら昔と違って確実に並ぶお店になってしまったようで、並び方に関する指示書もあります。
1 (2)

13席で19番目なので、普通に考えるとオープン後20分の11時50分くらいに入れるかなと思ったのですが、見事に予想は外れました。

回転がゆっくりである理由は3つくらいありそうです。
・先頭集団に猛者がいない
・ラーメンにしては女性が多い
・提供リードタイムが長い

名店の先頭集団は猛者が集まることが多いですが、ビブグルマンなる書籍に掲載されたことで先頭にまったく猛者がおりません。
猛者=ラーメン大好き=食べるの異様に早い、であるため通常猛者は開店と同時にお店に入り、あろうことか10分後にはお店から出てくることも珍しくありませんが、そういった方は1人もいませんでした。

1ターン目に入店できた人でも提供が11時53分の方がいらっしゃったので、作るのも非常にゆっくりなようです。

並び始めて45分の12時5分にお店に入り券売機で食券を買う権利を得ました。


5年前に「追い鰹中華そば気になるけど、鶏そば食べよう」と思ったのを覚えていたので、今日は追い鰹中華そばにしようと決めていたのですが、そのボタンは5年の間になくなっていました。
かねてからの計画が一瞬で瓦解しましたが、すぐさま雲呑入りの鶏そばに切り替えました。
1 (4)

味は現在一択のようです。

こだわりに関する数々の記載。
以前は醬油の章もありましたが、醬油の章は割愛されたようです。
1 (9)


席は「2画で書く数字の7の字型」です。これは5年前から変わっていません。
前は5月だったので気になりませんでしたが、コート込みで考えると結構狭く窮屈で、席の後ろを人が通るたびに「すみませんロード」となります。
全体的に窮屈過ぎる印象でした。あと、すごく寒いです。早くラーメン食べたいなと思わせる最後の追い込みを狙ったものでしょうか。
1 (6)


卓上に調味料は一切ありません。
飯田商店も、はやし田もそうですが、清湯系ラーメンでは調味料が置いていないケースが多いように思います。「最高の状態で提供するのでそのままの味でどうぞ」ということでしょう。
1 (8)


味玉入りの鶏そば。930円です。
5年前は850円でしたが80円値上げされていました。しかし930円でも安すぎると思わせるほどオーラに満ちたラーメンです。
旨そうすぎです。
1 (10)


雲呑バージョンも言うに及ばぬ美味しそうなビジュアル。
行列にも納得の渾身のラーメン。
1 (12)


雲呑には柚子が忍ばされております。挽肉は粗めの仕上がりでボリューム感があります。大きなものが3つ入っていました。
皮のピロピロが非常に熱々ですので火傷しないよう注意が必要です。
1 (14)


叉焼は綺麗なピンク色の低温調理系。全体的に上品さが漂うラーメンですが、メンマだけはゴツいです。
具はどれも美味しいですが、具はどれも飯田商店に軍配が上がりそうですが、超美味しい領域の差なので、ほぼ好みの問題になりそう。
1 (15)


味付玉子は敢えて語ることがないほど完璧。ほどよく黄身に味が入っています。
1 (18)


スープの方向性はかなり飯田商店に似ています。
違いはこちらのスープの方が圧倒的に獣感があることです。パンチが違います。
優等生的でありながらも野武士感もあり存在感がすごい。
1 (16)

鶏の芳醇さが滲み出まくっており、さすがに美味しいしすごいスープだなと思います。
動物感の引っかかりが癖になります。

飯田商店は料亭の味。やまぐちは最高峰のラーメンの味という感じでしょうか。


麺はスープ以上に飯田商店と似ていると思いました。
平べったく、また柔麺のようにとても柔らか仕上げである点がとても似ています。
強いて言えば、こちらのお店のほうが太さと厚さがありそうです。
1 (17)

究極的に突き詰めたお店はこういう麺に辿り着くということか。


替え玉のほうが食感がよくて、替え玉のほうが美味しく頂けました。
わざと湯で時間を変えて食感を楽しめるようにしているのでしょうか。
1 (19)


スープが美味しすぎて、やはりやってしまいました。年に3回あるかないかの全飲みです。
1 (20)


都内を代表する清湯系スープのラーメンで、やっぱり美味しかったです。
都内有数のラーメン激戦区、馬場・早稲田エリアで行列を作るラーメンは、やはり只者ではありませんでした。
1 (13)


なお、ラーメンの後に穴八幡宮に行ったところ、やまぐちの比ではない大大大行列ができていたので、御札はこの日は諦めました。
ただラーメンを西早稲田に食べに来ただけになってしまいました。
1 (21)


===
【オーダー】
味玉鶏そば 930円
味玉鶏ワンタンそば 1,030円
替え玉 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

らぁ麺やまぐちラーメン / 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る