FC2ブログ

女流の家系「駒大商店」@駒沢大学

2018.06.02.13:02

駒大商店@駒沢大学
ラーメン


土曜日、会社に行く前に駒沢大学駅で下車し、駅出口徒歩10秒の場所にある駒大商店に行きました。
1 (1)

駒大商店は◯◯商店という名前で家系ラーメンを展開するグループの駒沢大学駅バージョンのお店です。
系列店では代々木商店だけ行ったことあります。


味は家系ベースで醤油、塩、味噌があります。
塩の家系ラーメンは時々ありますが、味噌はまあまあ珍しいです。
1 (2)

なお、ライスは無料で付きますし、ライスのお替わりも無料であります。


家系なので当然カスタマイズできます。逆に言うと「これが旨いだろ!」と提案できていないことにも思えてしまい、最近だとあまり好みにスタイルではなくなりました。
とりあえずオール普通にします。
1 (5)


店内はカウンター席が8席、4人がけのテーブル席が3つあります。
12時10分の到着でカウンター1席が空いているのみでした。
1 (8)

とにかく珍しいのは、店員さんが全員女性である点です。
キッチンもホールも全員女性でした。ホールは、、、駒沢大学の学生さんでしょうか。

ここまで全員女性というのは恐らくお店のポリシーなのではないかなと思います。


町田商店系のお店で使える会員カード。これはアメックスにはギリギリ怒られないでしょうか。
1 (6)


味の濃さなども自分で調節できる上に、豊富な調味料で自分独自の味が作れることも家系の特徴です。
1 (3)


これだけいろいろ揃っていますと、ほぼ調理のようなことができますゆえ、全く違う味に進化(逆もまた然り)させることができます。
1 (4)


見た目はどうみても家系ラーメンという出で立ちのラーメンです。
色が若干家系としては薄めでしょうか。
ダブル炭水化物禁止令から、ライスは遠慮しました。
1 (7)


具は叉焼、ほうれん草、海苔。それから鶉の玉子が付いています。
叉焼、ほうれん草、海苔まではどんな家系でも鉄板で必ず付いていますが、鶉の玉子はお店によります。お店の気前の良さの問題なのか、あるいは何とか系など細かい流派で分かれるのか。
1 (10)

なお、叉焼の味が濃いのなんの。
白いご飯に乗せて食べることが前提になっているのか、すごく味が濃いです。


スープは醤油がたっています。すごく味が濃いというか単純にしょっぱいです。
味は薄め、あるいは「かなり薄め」でコールしたほうがいいかもしれない。
家系ラーメンは味が濃いものですが、それにしてもしょっぱすぎると思いました。出汁の味もほとんど感じられません。
1 (11)

ただただ塩辛いラーメンという印象でした。何かの配合を間違えたでしょうか。


麺が短い、外国人観光客対策がされているタイプの麺でした。商店系は全部この麺なのか。
中太よりやや細めで、固くてゴワッとした麺です。
麺は柔らかめのコールがよかったかもしれないです。長さは関係なくあまり美味しい麺ではありませんでした。
1 (12)


ホールは特に若い女性が多く、しかも相当元気いっぱいであるため、ラーメン屋さんにして黄色い声援が飛び交うという、かなりレアな体験をすることができました。
1 (9)

食後、恐ろしいことに行列が出来ていました。
大学生にはこれくらい濃い味のほうがうけるのかもしれません。


===
【オーダー】
ラーメン(大) 780円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

横浜家系ラーメン 駒大商店ラーメン / 駒沢大学駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[ラーメン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ラーメン

味と場所を考えると激安といってよいレベル「御膳房」@六本木

2018.06.03.14:00

御膳房@六本木
中華


六本木交差点から麻布方面にちょっとくだった場所にある中華料理屋さんに行きました。
御膳房というお店です。
ネットなどで情報を集めると、ちょっと敷居が高そうなお店に思えたのですが、外観からはそういった威圧感はありません。
1 (1)


店内は高級めの中華料理屋さんの雰囲気ですが、どことなくカジュアルな感じを残しています。
個室っぽい場所もあるるようで、外観からの想像よりも箱の大きなお店でした。
ある程度ちゃんとしており、しかし若干庶民的な感じもあり、とても使いやすそうなお店です。
1 (18)


お茶はフランフランとかで売っていそうなボトルに入って出てきます。
1 (9)


ランチセットがあり1,000円~1,100円でサラダ、スープ、ご飯、デザートと主菜が1つ選べるリーズナブルなセットがあります。
主菜を2つ選べる「本日のスペシャルセット」は1、680円でした。
その他、麺料理やご飯物など豊富なメニューがあります。メニューは一番下に掲載しました。
ランチセット

5,980円の美肌美顔コースというのもありますが、ほぼ間違いなく美肌にも美顔にもならないんじゃないかと思いますが、食べたことによる自信効果による変化はあるのかもしれません。


■本番汁なし担々麺(1,200円)
1 (10)

麺をオーダーしても、お値段そのままでご飯や小鉢が付いてきます。
場所と雰囲気を考えると1,200円でこの出来栄えのランチは秀逸です。


なかなかインパクトのある汁なし担々麺です。「本場」とありましたので、なかなか凶暴な味を想像していました。
1 (11)


汁なし担々麺なので豪快に混ぜてから食べるのですが・・・以外や以外、このビジュアルにして味は全然凶暴ではなく、凶暴どころかむしろ上品な味わいですらあります。
1 (17)


辛さは控えめながら物足りなさは感じないくらいに調節されており、ピリピリした感じも少しあります。
この見た目でバランスタイプの汁なし担々麺だったとは驚きです。
1 (13)


ナッツ類もたっぷり入っています。
パクチーを大量投入したら3割は美味しくなりそうだなと思いましたが、中華料理のお店だからかパクチートッピングはメニューにはなさそうでした。
(立派なお店なので、お伝えすれば幾らか支払えば提供してもらえる可能性はあるかなと思いました)
1 (12)


■本日のスペシャルセット(1,680円)
1 (14)

1、680円にはなってしまいますが、主菜が2品付くランチもお得です。
そしてスープが既に美味しい。このお店は味付けがとても美味しい。


まず、フルーティーさに驚く酢豚。酸と甘味のバランスが絶妙です。
家庭でこの味を出すのは間違いなく不可能だと思います。高級店の超美味しい酢豚を安価に頂けるという。
ソースをたっぷりつけて豚を食べてもまったく味が濃いと感じません。
炒め香の香ばしさも味わえる絶品の酢豚でした。
1 (15)


海老チリは半開きの大ぶりな海老。プリプリしていて美味しい。
ソースは酸とピリ辛が実にいい塩梅に調節されています。そして玉子はフワフワ。
夜、単独でオーダーする海老チリはきっともっと美味しいことだろう。
1 (16)

若干フラッと入った気味のお店であったにも関わらず、リーズナブルに非常に美味しい中華料理を食べることができてしまいました。
1,000円は超えてしまいますが、六本木ということと味を考えると高いどころか激安の部類に入ると思います。


===
【オーダー】
本場汁なし担々麺 1,200円
本日のスペシャルセット 1,680円


■ランチドリンク
ランチセット2

■ランチセット2
ランチセット2

■ご飯類
ご飯類

■麺類
麺類

■コース①
コース

■コース②
コース2




↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

御膳房中華料理 / 六本木駅麻布十番駅六本木一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

札幌からの担々麺刺客、超激戦区西新宿7丁目に登場「175°DENO担担麺」@西新宿

2018.06.05.14:33

175°DENO担担麺 TOKYO@西新宿
ラーメン


都内でも新宿はラーメン激戦区ですが、その激戦区新宿の中でも特にラーメン屋さんがひしめいているのは小滝橋通り付近の西新宿7丁目エリアではないかと思います。

その小滝橋通りの、未訪ですがかつて「菜香菜」という中華料理屋さんがあった場所に「175°DENO担担麺」というお店がオープンしました。
175°DENO担担麺は札幌に5店舗を展開する担々麺のお店です。
そういえば札幌旅行をした際に、このお店の看板を何度も見た気がします。
1 (8)


券売機は最新式というか、牛丼の松屋みたいなタイプのものです。
メニューの一覧性がないので、あまり好きな券売機ではありません。普通に全部がボタンになっている方が見やすい。
1 (1)

汁があるのか、ないのかを選ぶ。


汁ありのメニューがこちら。
種類は痺れがの有無と黒胡麻の有無のたすき掛け。
痺れとはつまりは山椒でしょうから、山椒はちょっと苦手であるため「痺れなし」を選択しました。
1 (3)


麺の大盛りが150円増し。このあたりは観光都市札幌の感覚でしょうか。大盛り高めです。
あと糖質OFFが80円増しという珍しいボタンもあります。
1 (6)

担々麺を食べに来てまで糖質をOFFにしたいと思う人はどのくらいるのであろうか。
マクドナルドでポテトをサラダに変更できた時期がありますが、あまり流行らなかったように(今でもあるのかな?)。


汁なしのメニューも、汁ありと構成は完全に一緒です。
1 (7)


店内は大変綺麗で、居抜きではなく内装を完全にやり直しているものと思われます。
とても涼しいのもいいです。暑い日に熱い担々麺を食べてもらうための配慮かもしれません。
1 (4)


痺れの素、四川花椒に関する説明があります。
痺れは花椒によるものでした。山椒ではありませんでした。
1 (10)

一般的に中華料理では花椒、日本料理では山椒を使い、厳密には取れる木の種類が違うため、花椒と山椒は別のものとなるようです。
花椒が特徴のお店ならば、痺れはありにすればよかったな、、、と思いました。


本格っぽい辣油も席に配備されています。
花椒を自分でゴリゴリとはできないようです。
1 (9)


麺は「さがみ屋」という聞いたことのない製麺所のもののようです。
札幌の製麺所かもしれません。
1 (5)


白い皿に乗って汁あり痺れなし担々麺が到着しました。
1,000円を超えてしまうので大盛りにはできなかった。
1 (11)


非常にオーソドックスな見た目をした担々麺です。
札幌発ということで、何かしら特徴があるのかと思ったのですが少なくとも見た目には普通の担々麺に見えます。
綺麗なビジュアルではありますが。
1 (12)


具の中心は肉餡とナッツ系と三つ葉ですが、900円の担々麺としては具が非常に少ないです。
これはかなり寂しい。
せめて例えばパクチーがあるとか、900円だと何かひとクセ欲しいなと思います。ちなみにパクチーは別料金でトッピングできる模様。
1 (14)


白胡麻タイプの担々麺。白いスープの辣油の赤がとても綺麗ですが、味わい自体も本当に普通の白胡麻ペースト系担々麺といったところです。
痺れはなしにしたので当然全くビリビリしないのですが、辛さもほとんどないというか全く感じません。
1 (15)


塩辛くないところはよかったですが、専門店の担々麺としては些か物足りない印象です。
特徴がなさ過ぎるところが特徴だったりするのか。
1 (16)

美味しいことは美味しいのですが、不完全燃焼感があります。
「担々麺専門店」というフレーズに期待しすぎた可能性はあります。

あるいは痺れを控えたのがよくなかったか。


麺がちょっと美味しくないなと思いました。
小麦感がなく、ゴムっぽい麺で少々苦手です。大盛りにしなくてよかった。
1 (17)


札幌ではかなり人気のお店のようですが、小滝橋通りですとどうでしょうか。
しかし小滝橋通り界隈には幸い担々麺専門は1つもなかったと記憶しておりますので、今度どうなるか注目のお店です。
1 (13)


===
【オーダー】
汁ありシビれない 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

175°DENO担担麺 TOKYO担々麺 / 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

新宿二丁目No1の担々麺「から味処 粧」@新宿二丁目

2018.06.07.14:53

から味処 粧@新宿二丁目
ラーメン


昨日の担々麺が非常にノーマルであったため、クセのある担々麺が食べたいなと思い会社の裏にある居酒屋「から味処 粧」に行ってみました。
4年前に1度だけ夜お邪魔したことがあります。
1 (2)


一見入口は簡単に見つかりそうに見えるのですが、少々わかりにくく、この紙の通りに行けば入口に辿り着くことができます。
1 (3)


夜は和食の居酒屋さんになるのですが、ランチは麻婆豆腐の定食や麺、しかもなかなか一癖ありそうな麻婆豆腐系メニューが並びます。
辛くないメニューもあるため、辛いものが苦手な人でも一緒に行くことができます。
1 (1)

また麻婆豆腐系以外にもミャンマー風カレーがあったり、夜の方向性と同じ地魚たっぷり雑炊などがあります。
バリエーションに富んでおり面白いランチメニューです。
(夜も麻婆豆腐は食べることができます)


100円追加すればサラダバーを付けることができます。
野菜にこだわったお店ですので、ぜひ選択したいところです(今回はプラスしませんでしたが・・・)。
1 (4)


店内はカウンター席とテーブル席。
席に着くと初めての訪問か聞かれます。2回目だというと「じゃあ麻婆豆腐の説明は不要ですね」と言われます。
他のお客さんを見ていたら、麻婆豆腐に関する説明がしてもらえるようです。
1 (5)

なお、ランチタイムでも全面喫煙可です。
これが個人的には唯一にして最大の欠点でした。新宿三丁目、二丁目はランチでも喫煙可のお店が多いです。
そしてわりと店内は狭いのに喫煙可なので、煙草を吸わない人にはなかなか厳しい環境となります。

野菜にすごくこだわっているようなのに喫煙可というのは、何となくチグハグな感じがしないでもないような。


辛みそ麻婆麺が到着しました。黒いおぼんに乗って、蓮華を従えて。
1 (6)


見るからに胡麻が効いていそうな担々麺です。白胡麻も黒胡麻も使ってのこの色でしょうか。
なかなか変わった色の担々麺です(正確には麻婆麺ですが、味の方向性的に担々麺と思って差し支えないと思います)。
1 (7)


表面が非常にしゅわしゅわしているのも特徴の1つです。
鶏と思われる出汁アシストも素晴らしく、味の深みは胡麻頼みでないのもいい。
1 (9)


麻婆の辛さがいい塩梅で、食感担当はザーサイがしてくれています。
麻婆豆腐単体でも刺激的な味と旨味に溢れていてとても美味しい。これは丼にしても最高に美味しかろう(丼もあります)。
1 (10)


コク深く、旨味もたっぷりで、さらに刺激も楽しめる担担スープは本当に美味しいです。
ダブル炭水化物禁止法により自重しましたが、無料で付くライスはどれだけ相性よかったことか。
1 (11)


やや縮れた細麺もスープにとてもよく絡みます。計算し尽くされた一杯。
1 (12)


紙エプロンがないので飛び跳ねは注意です。
新宿二丁目No1かなと思う担々麺なので、飛び跳ねリスクと煙草が問題なければ試していただきたい一杯です。
1 (8)

辛くない白麻婆麺というメニューもありますので、辛いものが苦手な方もぜひ。


===
【オーダー】
辛みそ麻婆麺 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

から味処 粧居酒屋 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【5回目】夏限定:冷たい明太子醤油うどん「甚六」@新宿御苑

2018.06.09.12:40

甚六@新宿御苑
うどん


新宿御苑の讃岐うどんの人気店。界隈のうどん屋さんでは突出した人気を誇っています
大行列が出来たりするのは見たことありませんが。
1 (2)


甚六さんです。
綺麗な店内とゆったりとした席、揚げたての天麩羅と、打ち立てのうどんが頂けます。
16時までランチ営業しているのも特徴の1つです。
1 (4)


季節ごとにメニューが変わりまして、今は夏メニュー。
1 (3)


中でも注目しましたのは「冷たい明太子醤油うどん」。950円也。
甚六のうどんは1,000円前後の価格帯ですが、それを補って余りある旨さがあります。
1 (1)


到着しました。器も綺麗で一層美味しそうさに拍車をかけています。
器の見た目で料理から感じる味は変わる気がします。
1 (5)


うどんの白と葱の緑と明太の赤と器の青が大変綺麗です。見た目にも美しい、そして食べても美味しいうどん。
1 (6)


つやつやの綺麗なうどんが甚六の特徴です。
大盛り無料なので量もたっぷり。
1 (7)


明太子はイミテーションではなくさすがに本物でした。
大盛りのうどんの量に負けること無いボリュームでトッピングされています。
1 (8)


よく混ぜて食べるのであります。
1 (9)


オリーブオイルと明太と醤油のバランスがとれた、さっぱりとした味の夏のうどん。
明太うどんにオリーブオイルとは斬新だなと思いました。
1 (10)


明太の味だけではさすがに弱いので、お好みで小豆島の醤油を回しかけます。
小豆島の醤油と小豆島のオリーブオイルと、場所はわかりませんが明太。最高にバランスがいいうどんです。
1 (11)

秋になったらまた季節のメニューを食べてみたいです。


===
【オーダー】
冷たい明太子醤油うどん 950円


甚六の過去記事はこちら。
・2018年1月28日 天かけうどん
・2018年2月2日 親子天かけうどん
・2018年2月7日 白いカレーうどん
・2018年5月27日 天ざるうどん


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

切麦や 甚六うどん / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




[うどん]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : うどん

都内で一番好きなベトナム料理店「サイゴン・レストラン」@池袋

2018.06.09.20:07

サイゴン・レストラン@池袋
ベトナム料理


池袋にあるサイゴン・レストランというベトナム料理屋さんに行きました。
当日昼過ぎに予約できました。
1 (1)


池袋の東口北側エリアの雑居ビル3階。
1 (2)


3階に上がるとミシュランガイドが出迎えてくれます。
2016年、2017年と2年連続で選出されたようです。ミシュランガイドに掲載されるお店は本当に美味しいのかわかりませんが。
少なくともフランス人には味が合うということにはなりましょうか。
1 (4)


19時の訪問でブン混み状態。皆さんかなり早くから夕飯を食べているようです。
土曜日なので出だしも早いのかもしれません。それにしてもかなり人気がある模様。
1 (3)

非常に有り難いのはこの雰囲気にして全面禁煙であるという点です。
それにしてもすごい活気だ。


2名でしたのでカウンター席になりましたが、カウンター席は6席ありますがカウンターがとても広いためかなり贅沢に使うことができます。
隣の方が気になることはありますまい。
あまりに混んでいるため厨房は戦場のようになっており、カウンター席からはその臨場感をひしひしと感じることができます。良くも悪くも。
1 (5)

店員さんはほとんどがベトナムの方でしたが、1人だけ日本人の年配女性の方がいました。
その方以外の会話はオールベトナム語でした。

メニューは定番のベトナム料理を中心にかなりの数があります。
メニューはすべて一番下に掲載しました。


■333/ハノイ(各600円)
図1

ビールはベトナムのビールが6種類も揃っています。
日本のビールだとプレモルになってしまうので、ベトナムのビールを2本飲みました。
しかしグラスはプレモル仕様です。


■串焼き豚(690円)
1 (14)

豚の串焼きは甘辛い味付けでいかにも東南アジアの料理という感じ。
ただ、そこまで尖っておらず日本ナイズされているかもしれない。


■海鮮餅(780円)
1 (19)

初めて食べました。中に餃子の餡みたいなものが入っています。芋っぽいねっとりしたものも入っていました。
タレと一緒に食べると一層美味しいし、パクチーと一緒に食べると更に旨さが増幅します。


■バインセオ(1,580円)
1 (15)

ベトナム料理の定番バインセオ。ベトナム式お好み焼きとも言われます。
非常に面積があるのが特徴です。

たっぷりの野菜と一緒に食べます。野菜をたくさん摂取できるのもベトナム料理の特徴でありよいところです。
1 (17)


一緒に付けるニョクマムが抜群に美味しい。こんなに美味しいニョクマムは食べたことがないかもしれない。
日本でいうと最高の醤油で刺身を食べる感じでしょうか。
1 (16)


具はほぼもやし、時々海老とかイカとかという感じ。ほとんどがもやしです。
原価率が低そうではあります。
その大きさに歓声が上がり、味も美味しいので、大半がもやしという意味では少々割高ですが1度は頼みたいメニューです。
1 (18)


■牛肉のフォー(1,030円)
1 (21)

完全に20年前くらいにベトナムで食べたフォーの味であります。これは旨い。香りも違う。
香辛料の不思議な香りが追いかけてきます。
フォーの旨さは過去No1かなと思ったハワイのハレベトナムと同じくらい美味しいフォーであります。
1 (22)

牛肉の感じはハレベトナムの方が圧倒的に上ですが、それ以外は完璧なフォーです。


出汁の深い味がわいがたまらない、そうそうフォーってこういう麺料理だったよなとベトナム旅行を思い出させてくれる美味しいスープ。
1 (24)


少し細めの米粉麺も、そうそう麺もこういう感じだったと思い出します。
当然どのお店のフォーも米粉なのですが、食感と太さがこうなっていないお店がとても多い気がします。少しだけ柔らかい感じの優しい米粉麺です。
1 (25)

抜群に美味しいフォーでした。


■蟹炒飯(1,050円)
1 (26)

あの美味いニョクマムでの優しい味付けの蟹炒飯。
レモングラスの効果もあり、日本の炒飯とは似て非なる仕上がりで、チャーハンもやっぱり美味しかった。

どの料理も塩加減が強すぎること無く、絶妙な味付けで本当に美味しかった。
ミレイ@蒲田より美味しいと思いました。

今のところ都内で一番好きなベトナム料理のお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人3,400円くらい


■お酒メニュー
酒

■ソフトドリンク
ソフトドリンク

■フード①
メニュー1

■フード②
メニュー2

■フード③
メニュー3

■フード④
メニュー4

■デザート
デザート


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

サイゴン・レストランベトナム料理 / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0



[ベトナム料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ベトナム料理

二子イタリアン街道の至宝「L'OSTERiA」@二子新地

2018.06.10.14:58

L'OSTERiA@二子新地
イタリアン


二子新地駅近くから伸びる大山街道にはイタリアンのお店がいくつか並んでいます。
行ったことがあるのは駅から最も近い大衆ピッツァリアっぽいQuale、高津よりの場所に2017年にオープンしたCucina Italiana nico luce

Qualeは二子新地商店街にも2017年に支店を出しています。
二子新地はかなり何もない地域ですが、イタリアンのお店は結構たくさんあります。ラーメン屋さんより多いという。というかラーメン屋さんがないという。

そんな中、二子新地にさらにイタリアンの新店が出来ているのを発見してしまいました。
ロステリアというお店で、大山街道沿いで駅から徒歩3分くらいという好立地の場所に。
1 (1)

外観もかなり綺麗で美味しそうな雰囲気が迸(ほとばし)っています。
どうしたんだ大山街道。イタリアン街道と化しています。まさかこんな時代が来ようとは。
なおオープンは2017年の暮れ頃のようです。全然気づいておりませんでした。


店内はとてもカジュアルで居心地がよい雰囲気です。カウンター席とテーブル席があります。
二子新地だとあまり高級そう過ぎるとお客さんが来なそうなイメージがあるので、そういう意味では実にちょうどよい雰囲気に収められていると思いました。
1 (4)


ランチメニューは1,200円(A)、1,800円(B)、2,600円(C)の3種類。
Bでは前菜とデザートが、Cでは更にメインが付いてパスタは全品に付いています。
1 (2)


パスタ、ピザはそれぞれこの3種類から選ぶことができます。
毎日か分かりませんが、内容は変わるのかもしれません。
1 (3)


台風が来るとか来ないとかで遊びにも行けないため、2,600円のCランチを頂いてみることにしました。
出かける予定もないのでワインも飲んだりして。グラスワインは600円~850円と非常にリーズナブルです。
1 (5)


■前菜の盛り合わせ
1 (6)

甘くて美味しい焼きパプリカ。そして自家製パテの美味しさは尋常にあらず。ちょっとの量ですがすごく美味しく減らないで欲しいと思った。
マスタードすら自家製で山葵のような刺激があります。

炭火の風味のする大根には羊のペコリーノチーズが合わせてありチーズの旨味で焼き大根も贅沢な一品に。
サラダのドレッシングにはクミンが効いています。

丁寧な一皿で料理への情熱を感じました。
とんでもないお店が二子新地に来てしまった。二子玉川ではなく(二子玉川は格好だけのお店が多いですが・・・)。


■パステフレスカ・トンナレッリ ポモドーロ
1 (7)

生パスタのポモドーロです。生パスタの加減がこの上なく最高です。乾麺のパスタでは決して出ることのないモチモチ感がたまりません。
トマトのフレッシュさといい大蒜加減、塩加減、全てにおいてすごくバランスが良く本当に美味しいポモドーロでした。
1 (8)


トマトソースのパスタにつられて赤ワイン投入。
1 (11)


■自家製ボローニャ風ラザーニャ
1 (9)

ラザニアは食べていないので味はわかりませんが、本当に美味しそうだった。
3種あるがどれもきっと甲乙つけ難いほど美味しかろうと思います。
1 (10)


オーナーシェフの方に選んでいただいたオレンジ色のワイン。
すごく美味しかった。
1 (13)


■牛タンのボッリート サルサヴェルデ
1 (12)

茹で加減が絶妙でとても柔らかく仕上げられた牛タン。
サルサヴェルデは結構主張が強い場合が多い気がしますが、このサルサヴェルデは非常に非常に優しいです。
お肉料理ですが全体的にとても優しい味付けで、するりと食べられてしまいます。
1 (15)


■カンパチ(料理名わからず)
1 (14)

炭火で焼かれたカンパチに添えてあるのは玉葱のジャムだそうです。作るのに時間かかりそう。。。
炭火の香ばしさがすごくいいですし、何よりカンパチがふっくら仕上がっておりこれまた美味しい。

何から何まで丁寧に調理されており塩加減もよく本当に美味しい。


■デザート盛り合わせ
1 (16)

本来は3種ですが、ワインを飲みまくったため4品にして頂いてしまうという。
イタリアンスイーツオールスターのような面々です。
どれもすごくよかったですが、カタナーラが特によかったです。デザートまで美味しいという。

いつの間にか二子新地にこんなすごいお店が誕生していたとは。
今度は夕飯を食べにやってきたいです。


===
【オーダー】
Cランチ 2,600円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ロステリアイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

昼総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

鰻の寝床のように細長い「鰻とジビエ」@新宿五丁目

2018.06.12.14:25

串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱@新宿五丁目
居酒屋ランチ


新宿5丁目、三番街商店街にお昼ご飯を食べに行ってきました。
新宿でありながらあまり近い駅がなく陸の孤島感がありますが、三番街には多くの飲食店が並んでおります。
1 (1)


今日はこちら。「鰻とジビエ」と暖簾に書いてあるお店にします。
居酒屋さんがランチをやっているようです。
1 (2)


鰻とジビエですが、ランチ影響は魚系の定食が主力です。
ただ、鰻重もあります。鰻重は1,400円、2,300円、3,200円となかなか手を出しにくいラインナップです。
ジビエカレーというメニューもあります。
1 (3)

なかなか面白そうなお店です。
三番街は結構味のあるお店が多い。


店内は文字通り鰻の寝床のように細長い。入口側には7名掛けの7の字型のカウンター席があります。
平日12時半の到着で結構な客入りでした。人気あるみたいです。
1 (7)


奥もやはり細長いのですが、どうやらテーブル席があるみたいでした。
1 (5)

細長い店内で店員さんは3名体制。
店内には炭火焼きの香ばしい香りが広がっています。


麦茶が入っている、このグラスいいですねえ。
瓶ビールを頼んでこのグラスが出てきたら、なぜだか嬉しくなります。
1 (6)


卓上には七味と、、、ふりかけが配備されています。
ふりかけってかなり久しぶりに見た気がします。使わないほうがご飯は美味しいような。
1 (4)


鰻もかなり迷ったのですが、1,400円の壁に阻まれ、鯖の一夜干し定食にしました。
普通の鯖であれば850円なのですが、1,000円の「特大」に惹かれそちらにしました。
ご飯の大盛りは太りそうですが、鯖の特大なら影響なさそうと勝手に思って。
1 (9)


おばんざいが3品付いて、お新香も付くので栄養が偏らずよいです。
多品目摂取できますし。
1 (10)


鯖は特大の名に恥じぬ大きさ。本当に大きい。
ノルウェーなどの北欧で捕れる鯖がちょうどこんな風に特大なのですが、北欧産であろうか。
脂の乗りもちょうどよく、炭火の風味もあって、干して旨味も↑↑で美味しい一夜干しです。
1 (12)


ご飯も味噌汁も、しっかり美味しいし。
ご飯の大盛りは100円増しですが、並盛りでも特大鯖に合わせても十分な量でした。
1 (11)


こちらは青柳さんのカジキの照り焼き900円也。
1 (8)

あちこちで1,400円の鰻をコールする声が聞こえました。
少し小ぶりではありましたが、なかなか美味しそうでとても気になった。

今度何かいいことがあったら奮発ランチと称して上か特上あたりをいってみようか。
何か理由が必要なレベルの金額にはなってしまいますが。

===
【オーダー】
特大!鯖の一夜干し 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱うなぎ / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅東新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋(ランチ)]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋ランチ

激辛ならぬ辛激のすごい辛さ「トナリ」@東京駅

2018.06.13.14:36

トナリ@東京駅
ラーメン


平日16時過ぎ、東京駅八重洲の東京ラーメンストリート。
ラーメンストリート系の場所は都内にいくつかありますが、意外と流行らなかったりお店がコロコロ入れ替わったりする印象がありますが、半端ない立地と豊富な外国人観光客によって東京ラーメンストリートは盤石に見えます。
1 (2)


六厘舎にいたっては16時過ぎですらこの行列。
確かに美味しいとは思いますが、そこまで並ぶほどか、、、という気がしないでもありません。
外国人観光客に絶大な人気があるのか、あるいは外国人観光客はリピーターはほとんどいないでしょうから、初参戦の場合は高確率で六厘舎に行ってしまうのか。
1 (1)


時間も時間だったので並ばずに入れそうなお店を探し、トナリに行ってみることにしました。
トナリは丸の内店に行ったことがあります。
1 (3)


トナリといえばタンメン。タンメンに餃子を付けた「タンギョウ」。タンメンに鶏の唐揚を付けた「タンカラ」がお馴染みであります。
「ラーメン+餃子」と言わずに「タンギョウ」と呼んで1,000円近いボタンを押させる。見事なマーケティング力が生かされております。参考になります。
1 (4)


味はタンメン一択かなと思いきや、辛い系もありました。
その名も激辛ではなく辛激。ネーミングに一工夫する社風なのかもしれません。
1 (8)

「この辛さにあなたは耐えられるか」

すごい挑戦フレーズです。正直耐えられる気がしません。


その辛激にチーズが入ったものもあるようで。
なるほどチーズが入れば少し味がマイルドになって食べやすくなるかもしれない。今日はこれだな。
1 (5)


券売機で辛激タンカラ1,000円のボタンを押します。
せっかく来たので唐揚げも食べたくなってしまったので。ランチでラーメンで1,000円はちょっと勇気がいりますが勢いでボタンを押します。
1 (6)

店員さんに食券を渡すと辛さ1~4どれにするかと聞かれます。「1でも相当辛いです」と言われて。
しかし2にしました。男がすたると思ってしまいました。

なお、これは終わりの始まりでした。


店内はカウンター席とテーブル席。16時過ぎなのでさすがに空いていました。
(六厘舎以外は行列はありませんでした)
1 (7)

BGMがプリプリ、ハマショー、小田和正、あゆ、、、と続きます。
トナリのターゲット層は完全に40以上なのか。あるいは店主がそのくらいの年齢で自分の趣味で流しているのか。
L←→Rの順番は回ってきませんでした。


卓上には餃子用三種の神器と胡椒が。大蒜はありませんね。
ビジュアル的には大蒜大量投下しても合いそうなラーメンですが、大蒜配備はなしでした。
1 (9)


辛激タンカラ、2辛到着であります。すごいオーラだ。
1,000円が券売機に吸い込まれてお釣りが出てこなかった時は少し寂しかったですが、これを見たら「よく1,000円で足りたな」という思いに変わります。
1 (10)


脇役のはずが主役級の存在感を放つ唐揚げ。
1 (11)

揚げたて熱々で登場。味はやや濃いめですが普通に美味しいです。
まずまずの大きさの唐揚げがしっかり5つ付いてきます。
かなり安い居酒屋でも最低500円はしそうな唐揚げがラーメンとセットで1,000円というのは冷静に考えると些かどうかしているような。

ラーメンが少し小ぶりなのですが、ボリュームを補って余りある満足度の高い唐揚げです。
頼んで損はありませんが、残さないように気をつけてください。


続いて辛激タンメン。唐揚げのことを忘れそうになるくらいすごいビジュアルをしている。
美味しそうなのかそうでないのか判断する気すらなくなります。
1 (13)


野菜はほとんどもやしですが、時々ニラ、ところにより一時ニラという構成です。
1 (16)


唐辛子なのか何なのか。凄まじく辛そうな赤い粉が大量に振りかけてあります。
この赤い粉の量が辛さの度合いによって変わるのでしょう。
2辛でこの量。4辛なんてどうなってしまうのか。
1 (15)

辛さはとにかく脳天直撃系の猛烈な辛さです。
辛さというか痛さのほうが近いかもしれない。なんだこの辛さは。これは唐辛子ではなくないか?

スープも最初はこういった穏やかな色なのですが、
1 (17)


ひとたび全体を混ぜると凶暴な色に急変します。
「付き合ってみたが、こんなはずはなかった」という感覚が一番近いかもしれません。
1 (20)

昔野球選手が、夢をあきらめないで的な歌の歌手と結婚して離婚した際に「人魚だと思ったらホオジロザメだった」と発言していたことを思い出しました。

辛さの強さだけで言うと中本の北極の方が上のような気がするのですが、北極は旨味にも守られているのに対し、このタンメンは旨さをすっ飛ばして辛さだけが襲いかかってくるイメージです。
辛さだけなら中本のゴモミくらいではなかろうかと思います。しかし食べ進められないという点では北極すら凌駕しています。

そして恐ろしいことにまだ2段階上があるという。


マイルドになるかなと思ってトッピングしたチーズは、もはや何の役にも立ちませんでした。
辛さに破壊された舌ではもはやチーズの味を感じることすら無理でした。
1 (14)


極太の平べったい麺はこのラーメンとの相性はとてもいいです。
が、もはやそれどころではありません。電話を持つと119番することしか頭に浮かびません。
1 (18)


なんとなく天地返しをすると、こういう感じになります。
もうなんていうか、心から1辛にすればよかったと思いました。店員さんの言うことを素直に聞いておけばよかったと。
1 (19)


タンカラの凄まじきコストパフォーマンスには脱帽しました。
それ以上に辛さにやられました。一応全部食べることはできましたが、食事と呼ぶにはダメージが大きすぎました。
1 (12)

北極をすいすい食べられる方でなければ1辛がオススメです。


===
【オーダー】
辛激タンカラ 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

トナリ 東京駅東京ラーメンストリート店ラーメン / 東京駅京橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

接客サービスが群を抜いて素晴らしい「礒み家」@四谷三丁目

2018.06.15.22:26

礒み家@四谷三丁目
焼肉


四谷三丁目にある「礒み家(いそみや)」という焼肉屋さんに行きました。
場所は四谷三丁目駅と四ツ谷駅のちょうど中間くらいになります。どちらかというと四ツ谷駅の方が近いかも。
1 (1)


店内は広々しており席の独立性が非常に高いです。
何より店員さんの対応が素晴らしく、旅館にでも来たのかと思うほどでした。
1 (2)

皆さん回りに目を配り、対応1つ1つもサービス精神に満ちていました。
どうしたら全員がこんな接客ができるようになるのか。教育なのか採用なのか、両方か。


肉は例えば並系でいうとタン塩1,500円、ロース1,400円、カルビ1,700円。
上以上もあり3,000円も超えるものもあるという感じです。
若干高級気味の範疇かなと思います。
1 (6)

その他のメニューは一番下に掲載しました。


焼きのタイプはガス。
胡麻油、焼肉のタレ、レモンがデフォルトで配備されます。
1 (11)

頂いたものを紹介します。


■瓶ビール(723円)
1 (5)

「瓶ビール」とだけ伝えたらプレモルになってしまいました。
プレモルがあまり好きではないので仕方ないな―と思っていたのですが、あとでメニューを見たらエビス、一番搾り、スーパードライからも選べたことがわかりました。

気を使って一番原価が高いものを出してくれたのだろうか。。。


■キムチ(540円)
1 (12)

深漬けタイプで味濃いめ。そしてやや甘めのキムチ。
結構味が強く、リセット効果というよりもビールを進めるための一品になりそう。


■タン塩(1,620円)
1 (13)

タンは値段が高くなると厚くなっていくということで、タンは薄切りに限るなと思っているのでノーマルタンにしました。

かなり冷凍感があります。さっきまで凍っておりましたという感じ。
少し生臭さもあり、歯応えは弱め。


■サンチュ(756円)
1 (14)

サンチェではなくサンチュ。サンチェだと往年の巨人の抑え投手になってしまいます。
野菜がビショビショに濡れており、もう少し水を切って頂けると有難かった。


■とうがらし(1,836円)
1 (16)

赤身らしい肉肉しい味。赤みの美味しさを存分に味わえる部位です。
赤身が好きであれば是非オーダーしたいお肉です。

山葵で頂きます。
この日一番はとおがらしかな。
1 (18)


■特選ハラミ(3,132円)
1 (17)

特選というだけあって脂が非常に多いです。かなり脂が多めのハラミ。
ハラミらしさを楽しみたい場合はランクを下げたほうがよさそうです。
3,000円超えとなると、味的には少々物足りなさがありました。


■上ロース(3,564円)
1 (20)

今回最強に高いお肉、上ロース。
他のお肉でも思ったのですが、、、

肉が出てくる器がどうも。。。好き好きの問題ではあるのですが。
店内の雰囲気もよく店員さんも皆さんよいサービスなのに、器が全体的によくわかりませんでした。
1 (19)

なお、上ロースも非常に冷凍感があり、脂もあまり美味しいとは思えませんでした。
3,000円超えてあれあれとなる焼肉はまずまず珍しいかも。


■カルビうどん(1,188円)
1 (21)

レシートは100円高いコムタンになっておった。
酸味があるタイプ。旨味はあまりありません。しかしカルビは驚くほど豪快な量が入っています。間違えたのではないかと思うほどに。
カルビのオイルがすごいので、最後に食べる場合は(多くが最後と思いますが)オイルタンクとよく相談したほうがよいです。


■参鶏湯(1,620円)
1 (22)

サムゲタンは少々塩気が強く、全部食べたら翌日むくみそう。。。
こちらも量は半端ないものがありました。


最後に自動的にアイスクリームが出てきて終了となります。
1 (25)

焼肉は一定の値段以上だと必ず美味しいものだと思っていましたが、一概にもそうは言えないケースもあるのだなと知りました。
店員さんの対応がすごくよいのに、そのギャップにも少々驚きました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円少々


■ドリンクメニュー
ドリンク

■ロース/内蔵/カルビ
ロース、内蔵、カルビ

■野菜/一品料理
野菜、一品料理

■食事/盛り合わせ
食事、盛り合わせ

■コース
コース


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

四谷 ブルズ亭焼肉 / 四谷三丁目駅四ツ谷駅曙橋駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

【12回目】保谷大勝軒は永久に不滅であって欲しい

2018.06.16.12:14

大勝軒@保谷
ラーメン

土曜日10時に美容院予約。10時47分カット完了。

10時48分大勝軒到着(美容院の前に大勝軒があるため)。開店前に並んだのはもしかすると通い始めて20年で初めてかもしれません。
10人ほど並んでいました。
1 (1)


カウンター席にはギリギリ着けず、これもかなり久々の相席モードとなりました。
1 (3)

4人テーブルで相席となりますが、4人全員知らない人で座ることにはなりません。対角線上に2人で座ることになります。
ただ、2人と2人での相席の場合は知り合い同士並んで座ることになり、その時には4人テーブルが埋まります。
多分そういうルールです。


中華そばは800円。ほとんどの方がご存知と思いますが、並盛りの中華そばでも普通のお店の大盛りを遥かに超える量ですのでご注意ください。
今日は別途生玉子を頼んで、生玉子つけ麺も楽しんでみたいと思います。
1 (2)


中華そば、到着しました。1ターン目の大勝軒の味はどんな感じでしょうか。
1 (4)


中華そば、全方位異常なしに見えます。最高に美味しそうですし、大きな器から香ってくる匂いはいつものそれと何ら変わりありません。
熱々すぎますので急いで食べると火傷をしますので注意が必要です。油膜バリアで湯気が上がっていないだけで実際は猛烈に熱いです。
1 (6)


器が非常に大きいのに、そしてスープはたっぷり入っているのに、それでも麺が多すぎてスープの表面から隆起してしまっている姿は流石であります。
熱々のスープ、並々と入ったスープ、たっぷりの柔らかい麺。これが大勝軒の醍醐味です。
1 (7)


叉焼があまり美味しくない点などは、わたしにとってはチャームポイントであります。
アバタもエクボ、とはよく言ったものです。若い方、意味わかるかしら。
1 (8)


スープは普段よりも酸味がたっているのが特徴でしょうか。これは朝一番の特徴なのか、この日の特徴なのか分かりません。
魚介のガツン!!!も普段よりも少し弱めに感じました。
1 (9)

大勝軒は結構行くたびに味が違うのもまた魅力の1つです。
化調使ってないんだなーと。化調を使わずに毎日寸分違わず同じ味なんてほぼ無理でしょうし。


草むら先生が消化によいようにと柔らかめにしてある麺。
そういう思いがあるゆえ、永福町の本店では麺固めはできませんが、保谷店では可能です。結構麺固めにする人が多いです。わたしはしたことありませんが。
1 (10)


途中、味変のために玉子を使います。
1 (5)


これまで生玉子をオーダーしたことはありますが、麺の中に投入していました。
しかし大勝軒では生玉子はこのように使ったほうが美味しいです。玉子をすべて食べることができて栄養面でもこちらのほうがよさそう。
大勝軒でスープ全飲みは難易度高すぎるゆえ、玉子をスープに投入してしまうと玉子全摂取は実質不可能となります。
1 (11)

今日も大勝軒は美味しかった。とにかくお店はずっとなくならないで欲しいです。


===
【オーダー】
中華そば 800円
生玉子 50円


保谷大勝軒の過去記事はこちらになります。
・2009年8月15日
・2010年3月13日
・2010年4月30日
・2010年10月23日
※※※以降移転後※※※
・2013年7月20日 中華そば
・2013年11月16日 ワンタンメン
・2014年8月23日 中華そば 葱&玉子トッピング
・2015年8月29日 中華そば
・2016年5月30日 中華そば
・2017年3月31日 中華そば
・2017年9月23日 中華そば


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(9) :★★★★★★★★★☆

味(9)     :★★★★★★★★★☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(9)     :★★★★★★★★★☆

保谷大勝軒ラーメン / 保谷駅

昼総合点★★★★ 4.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

家が近くて持ち帰りならば◎「鮒一」@目黒

2018.06.17.14:01

鮒一@目黒



目黒でハンバーガーを食べようと思ったら行列に阻まれ断念。
目黒は遊ぶところも無さそうだしガラガラだろうと思っていたら全然違いました。

アトレ内の回転寿司でいいやーと思ったら、ハンバーガー屋さんの10倍くらいの行列に阻まれ目黒のポテンシャルの凄まじさをインプットしました。

そこで、鰻屋さんに行ってみることに。鰻ならば並ばないだろうと。

この細長い歴史がありそうな建物に、、、建物の側面に「鮒一」という店名が書いてあります。
自社ビルでしょうか。
1 (1)


かなり老舗感があります。目黒がまだ何もなかった時代から営業しているのかもしれない。
1階では対面販売で持ち帰りの人が買えるようになっていました。
1 (2)


看板の指示に従い2階に上がります。
1 (3)


外観以上に建物は古いのか非常に歴史を感じるというか古い建物の香りというか匂いがします。
2階のこの6畳ほどのスペースが全テーブル席となります。4-4-2の10名が入れることになっています。
6畳あるかなあ。。。体感的には4畳半くらいに感じますが、4畳半に10名って入るのだろうか。
1 (4)


10名が入れるのですが、とにかく激狭です。さらに扉を閉められると非常に息が詰まる思いがします。
10人が閉じ込められるにはあまりにも狭い。窓があるのにここまで息苦しいのはなぜか。
1 (5)

なお、1人の方が4人テーブルに着いたら、そのあと3人の客が来て、恐ろしいことに1-3の相席になっていました。
3,000円近いお金を支払って食事をする環境ではないな、、、と非常に気の毒になりました。

お店の綺麗度も決して高い方ではないため、気にされる方は注意が必要です。


鰻重は2,600円~4,600円と幅があります。
あまりに狭すぎるので一番安い松にしましたが、それでも2,600円です。まあ鰻なので当然なのですが。
1 (6)


お茶が運ばれてきますが、すごい熱さです。グラグラ沸騰したお湯でお茶を淹れましたでしょうか。
しかしお店が狭すぎて意外と気になりませんでした。
注射の時にどっかをつねると良いというのはこういうことか。
1 (12)


20分待って鰻重が到着しました。
狭い上に人が多くてうるさいので40分くらい待った気分になりました。
1 (7)


急いで食べてこの空間を出ないと!と思っていたのですが、鰻があまりにも美味しそうで心拍数が正常値になった気がしました。
ハレベトナム@ハワイ依頼の逆転満塁ホームランがあるかもしれないと思いました。
1 (8)


肝吸いがすでに旨い。すごく丁寧な薄味です。お茶が激熱でしたが肝吸いはしっとりとした優しい味わいで絶妙な味加減です。
肝も大きい。
1 (11)


タレの味はさっぱりタイプ。非常にあっさりさっぱりとしたタレであります。
しかも塩辛さは全くなく、結構な量のタレがかかっているのに邪魔しないどころか最高のアシストになっています。
薄味ということでもないので、味のコントロールが絶妙なのでしょう。
1 (9)


鰻はふっくらと焼き上げられており、鰻自体の味、焼き、タレと非常にバランスの良い鰻重でした。
1 (10)

最後は部屋の狭さを忘れました。まさかの逆転弾、ここ目黒でも味わってしまいました。

界隈はお金持ちの人が多いでしょうし、持ち帰りの需要が凄まじくあるのではなかろうか。
家の近くにあったら、この鰻はぜひ持ち帰りたいです。
スーパーの鰻の5倍は美味しい。

===
【オーダー】
鰻重(松) 2,600円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(4)  :★★★★☆☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

うなぎ鮒一 本店うなぎ / 目黒駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag :

フォトジェニックなフルーツパーラー「果実園 リーベル」@目黒

2018.06.17.15:38

果実園 リーベル@目黒
フルーツパーラー


鮒一で鰻を食べる前にすぐ向かいにあるフルーツパーラー「リーベル」を見たら行列が出来ていました。

いつかは行ってみたいと思っており、しかしいつもいつも行列しているので、もはや今日行くしかあるまいと思ったものの、ラーメンならばいざ知らずカフェは行列の進みが読みにくいです。

なので鰻を食べる前に最後尾の人を覚え、食べ終わった時点でその人がどの地点にいるかで並ぶかどうか決めようと思いました。


鰻屋さんは30分弱で食べ終わったのですが、目印だった人はネクストバッターズサークルにおりました。
つまりは20~30分で階段全部分くらいは進むことになります。
1 (1)

並びはちょうど階段全部と同じくらい。10名強。猛暑でもなかったため並んでみることにしました。


14時過ぎなのでランチ利用の人も結構いるようで。
逆にカフェ利用よりもランチ利用のほうが回転がよい可能性があります。
パスタや魚、肉など1,000円前後でランチメニューがあります。
1 (2)

価格は税別なので実際にお支払いするのは全てのメニュー1,000円以上となります。


驚くことにとんかつまであるではありませんか。
1 (5)


カフェ利用の人は甘いものを食べに来るわけですが、相当な種類のメニューがあります。
パフェ、パンケーキ、ケーキ、それぞれたくさんの種類が揃っています。
1 (10)

値段は1,000円~2,000円となかなか高め。ケーキですら1,000円は超えてしまいます。


季節的に桃フェアっぽいものをやっていました。
周囲でも桃パフェをコールする声が多かったです。
1 (4)

おばあちゃんの家が桃農家だったので桃にまったく執着心がないですが、世間では桃、人気ありますね。


ショーケースには大きな見事なケーキが並んでおります。
実物を見て、この中から選んでみることにしました。
1 (15)


店内は行列が出来ているので当たり前なのですが、まさにブン混み状態。
席と席の間隔はケーキの値段を考えるとやや狭めですが、ただでさえも行列が出来ているので、席数は多いに越したことはなさそう。
1 (26)


並び始めて20分で入店、10分待ってケーキとコーヒーが運ばれてきました。
なお、コーヒーはケーキを頼めば一律250円になるそうです。アメリカンコーヒーにしてみました。
1 (21)


■ストロベリーズコット(1,058円)
1 (16)

いちごパフェが食べたかったのですが、いちご系メニューが全滅ということでした。
この日に売れてしまったからというよりは、季節的に国産イチゴがほとんどないそうなのです。


選んだのは「ズコット」なるものなのですが、ズコットとはイタリア語で「中にフルーツが入った」という意味なのだそうです。
そしてリーベルでは更に「フルーツが全体の70%以上入っている」という定義を加えているそうです。

確かにイチゴがぎっしりであります。
後ろにもイチゴがぎっしり配置され、防具のようになっています。
1 (19)


前からも一応撮ってみたのですが、ほぼ意味のない写真になってしまいました。
1 (20)


なお味ですがイチゴが甘いは甘いのですが味が濃くないです。これは季節の問題でしょうか。
値段も違うので当然といえば当然ですが千疋屋とは全くレベルが違います。
1 (18)

イメージで言うとスーパーで買う高めのイチゴくらいの味に感じました。
スポンジもあまりよい感じではなく、コンビニに高級スイーツくらいかもしれないと思いました。最近のコンビニスイーツはすごいですが。


インスタで加工してみると迫力はあるしフォトジェニックではあるので「いいね」を集めることはできそうです。
イチゴを10個くらい摂取できるという意味でも貴重ではあります。
1 (17)


■桃のパフェ(1,944円)
1 (22)

ひと目見てワールドカップみたいだなと思いました。存在感がすごい。
2,000円くらいしますので流石に「おお」という感じにはなります。


よくよく見ているとだんだんお尻にしか見えなくなってきます。
1 (23)


問題は桃が非常に熟れすぎであるという点でしょうか。
非常に水っぽく、味もぼやけています。ただ甘いことは甘いです。缶詰の桃の味にすら感じるほど甘いです。
1 (25)


使っている桃は1つ以上であることは確実です。中にもゴロゴロと桃が入っていますので。
桃は、桃単体を1つ食べただけで相当満腹になりますので、それが1つ以上でさらに他の物も入ってきますし、何より先ほど鰻を食べたばかりですし、相当お腹はパンパンになります。
1 (24)

全体的にちょっと古いかな、、、と思いました。
昭和時代であればこのパフェやケーキでびっくりしたかもしれません。

ただ「いいね!」はすごく集まりそうなので、そういう意味では今っぽいのかもしれません。


===
【オーダー】
■桃のパフェ 1,944円
■ストロベリーズコット 1,058円
■アメリカンコーヒー 250円(ケーキを食べているため)


■パンケーキメニュー
1 (6)


■食事メニュー
shokuji

■鮮魚/ワイン
魚、ワイン

■ドリンク
ドリンク

■季節のオススメパフェ
1 (8)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

果実園 リーベル 目黒店フルーツパーラー / 目黒駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

終日ランチ営業「明月楼」@新宿御苑

2018.06.19.15:48

明月楼@新宿御苑
中華


15時前に御苑方面でフラフラとお昼ご飯を食べられるお店を探していたのですが、時間がちょっと遅かったため、まあまあのお店が閉まっておりました。

そんなランチ難民のわたしに救いの手を差し伸べてくれたのが明月楼という中華料理屋さんです。
1 (1)


店内は先客なし。貸切状態です。
しかしランチタイムでも全面喫煙可ということで、お客さんが誰もいないことは幸いでした。
御苑エリアは喫煙可のお店が多いので煙草を吸わない方は少し注意が必要です。
1 (4)


刀削麺がお店の特徴の1つのようで、9種類の刀削麺があります。
新宿御苑で刀削麺が頂けるお店というのはまずまず珍しいです。
1 (3)


刀削麺だけでなく700円前後で丼、麺、定食などのメニューが揃っており、特筆すべきは終日ランチ営業をしているという点であります。
(終日やっている時点でランチ営業というのかわかりませんが)
1 (2)

同じ御苑エリアだと東北餃子房というお店も終日ランチ営業をしています。
御苑で夕方ランチが食べたくなったら、この2つに駆け込むとよいでしょう。


思い切って一番安価な600円の醤油味の刀削麺にしてみました。
1 (5)


ザーサイはなんとなくフレッシュさに欠けている気がしたこと、杏仁豆腐は苦手な増産タイプと判断してやめておきました。
それにしても600円の刀削麺にすら、小さいとは言え2皿付けてくれるとは。
1 (6)



刀削麺は600円にも関わらず、半分ではありますが茹玉子が入っています。
叉焼も底の方に1枚入っていました。
600円としては異例の具の量と言えそうです。
1 (7)


スープは甘めの化調スタイル。甘ったるい味が下に残るのがこういったスープの特徴です。
化調なので当然ですが安定はしています。しかしいい味ではないかなと思います。
何より食後非常に喉が渇きます。
1 (9)


刀削麺らしいモチモチの麺。600円ですがボリュームはなかなかです。
どことなく「すいとん」っぽい味に感じます。モチモチが美味しい。刀削麺の麺は美味しい。
1 (10)


とにかく700円前後で豊富なメニューが終日食べられるというのが最大のウリかなと思います。
1 (8)


夜にはなりますが食べ飲み放題税込みで2,880円は新宿最安値かもしれません。
中華料理店だと3,000円くらいで食べ飲み放題のお店がありますが、多くが税別ですので。税込み2,880円は異例の安さと言えそうです。
1 (11)



===
【オーダー】
刀削麺 醤油味 600円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

明月楼中華料理 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

都内でも珍しいポルトガル料理専門店「VILAMOURA」@銀座

2018.06.20.22:44

VILAMOURA@銀座
ポルトガル料理


銀座にある、都内でもあまり見かけないポルトガル料理のお店に行きました。
お隣スペインの料理はよく見聞き食べしますが、ポルトガル料理は全く馴染みがありません。
1 (1)


カタカナ読みで「ヴィラモウラ」というお店です。
1 (2)

場所はちょっと前に小学校の制服問題で話題になった泰明小学校のすぐ近くです。
アニマールがどうしたとか、そういうお話でしたか。


地下の店内は結構箱大きめです。
にもかかわらず最終的には8割くらいのお客さんで埋まっており、結構人気があるようです。
1 (3)


首都リスボンでは毎年6月に鰯のお祭りがあるようで、それに習って鰯のスペシャルメニューがありました。
(訪問したのが6月だったので)
スペシャル

その他のメニューは一番下に掲載しました。
料理は1,000円~2,000円が主流でお安い部類には入らないかと思います。場所も銀座ですし。

頂いたものを紹介します。


■イワシのエスカベッシュ ピンチョス風(1,000円)
1 (9)

鰯の南蛮漬けにバナナとバルサミコソースで味付けした、ぱっと見はラタトゥユのような料理です。
バルサミコ酢の酸味が食欲を増進します。オープニングにオススメの一品です。
が、量がとても少ないので少々割高感はあります。


■イワシマリネとトマトのカナッペ(800円)
1 (10)

カナッペと聞くと「佳奈(かな)」という女性のアダ名のように思ってしまいますがそうではありません。
ワインビネガーでマリネされた鰯がバケットに乗っており、すごくさっぱりとした佳奈っぺ。


■イワシ1尾のまるごとオーブン焼き600円)
1 (11)

大蒜オイルで焼き上げられたイワシ。鰯っぽい香りを良くも悪くも大蒜がすべて持っていってくれます。
これが600円というのはとても安い。しかし1尾600円だろうか。そうでないと他のメニューとのバランスがおかしい気がします。
(タイトルも「1尾」って書いてありますし)

珍しい点はにんにく風味である点くらいではありますが、定番中の定番ゆえ、とても美味しいです。


■バカリャウのひとくちコロッケ(4個600円)
1 (12)

塩漬けした干し鱈とジャガイモのコロッケだそうです。
確かに普通のコロッケと違い魚介の塩気と旨味が混じっています。


■生ハム(900円)
1 (13)

生ハムはごくごく普通の生ハムでした。
イタリア料理、スペイン料理では生ハムは定番ですので、やはりポルトガルにもありました。


■牛肉のエスペタータ(2,200円)
1 (14)

トルコ料理のように見える串焼き。シシカバブみたいに鉄串に肉が刺さっています。
このような形式の料理は世界三大料理のトルコ料理の影響でしょうか。あるいはトルコにポルトガルが影響を与えたのか。

2,200円としては少々小ぶりで1人1本は食べたくなってしまうが予算と合わなくなるという弱点はあります。


■カタプラーナ デ マリスコス(4,200円)
1 (15)

近くのテーブルの方々が頼んでいて、その迫力にこれは頼むしかないと思ってオーダー。
パエリアとブイヤベースが合体したみたいな料理です。
迫力はかなりのものです。登場時歓声が上がります。

味は美味しいですが、魚介ゴロゴロだとこういう味だよねという感じではあります。


■アローシュ(640円)
1 (16)

鍋の最後にご飯を投入してリゾットにしてくれます。
魚介のエキスを当然のように吸っているので美味しいです。

ポルトガル料理のお店をあまり見かけない理由は、なんとなくわかった気がしました。
パンチというか特徴というか、そういったものが見つけにくいのかもしれません。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい


■前菜メニュー
前菜

■魚介/肉
魚介、肉

■鍋/サラダ
鍋、サラダ

■デザート
デザート



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

ヴィラモウラ 銀座本店西洋各国料理(その他) / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ポルトガル料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ポルトガル料理

家庭的な味の小料理屋「まつたて」@新宿二丁目

2018.06.21.14:47

まつたて@新宿二丁目
居酒屋ランチ


道路を渡れば新宿御苑、新宿二丁目のはずれにポツンと小料理屋さんがあります。
2階がゴーゴーカレーになっている建物の1階です。
1 (9)

凛とした佇まいの小料理屋さんなのですが、ゴーゴーカレーの看板に雰囲気を邪魔されています。
恐らくお店の方は忸怩たる思いなのではないでしょうか。


「まつたて」というお店です。
1 (2)


ランチメニューは魚系の定食を中心に定番が5種類。日替わりが1つ。
平日13時50分の訪問だったので日替わりは終わってしまっていました。
900円~1,200円とわりと界隈の相場としては高めの設定です。
1 (1)

ゴーゴーカレーの看板は仕方ないとして、雰囲気的にとても美味しそうな定食が頂けそうな気持ちになります。


外観同様、店内も非常に落ち着いた感じで、席数は多くありませんがテーブル、椅子をまずまず贅沢なスペースを確保し配置し、とても落ち着ける雰囲気です。

カウンター席と、
1 (4)

テーブル席が2つありました。
1 (3)


魚系が主力かなと思いつつも、肉が食べたかったので生姜焼き定食にしました。900円です。
こういった本格的っぽい小料理屋さんではどんな生姜焼きに出会えるのかなと思って。
1 (5)


ご飯と味噌汁。味噌汁は科学かな?どうだろう。
スーパー本格的な味噌汁ではなさそうに思えました。
1 (6)


小鉢も想像していたよりずっと普通というか、家、、、家のほうがうちの場合は美味しいかもしれない。
1 (7)


生姜焼きは生姜の効きが弱めのせいか、あるいは豚肉の素材の問題なのか少々豚の匂いがします。
味が濃すぎない点はとてもよかったですが、生姜焼きとしては驚くほど普通でした。
1 (8)

外観オーラで期待値が上がってしまったのがよくなかったのかもしれません。
ただ900円でいろいろ付いてバランスの良い食事ができますので、そういった意味ではよさそうです。

限定10食の日替わりを食べてこそ、なのかもしれません。


===
【オーダー】
生姜焼定食 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

まつたて割烹・小料理 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋(ランチ)]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋ランチ

魂の和食「メデ・イタシ」@都立大学

2018.06.22.22:09

メデ・イタシ@都立大学
居酒屋


東急東横線、都立大駅から徒歩数分の場所にある「メデ・イタシ」という和食屋さんに行きました。
とてもよい佇まいです。美味しそうなオーラが外観から漂っています。
1 (1)


店内はさほど大きくありませんが、テーブル席は非常にゆったりとしています。
会食にも十分使える雰囲気です。
1 (12)


なんといっても店内でコの字型の大きなカウンター席でしょう。とても雰囲気があります。お店の雰囲気を引っ張っています。
男性の1人客がふらっとやってきて、1人でカウンター席に座りお酒を飲みご飯を食べていました。大人であります。
1 (13)


この日の献立。2,000円を超えるメニューもありますが概ね1,000円前後です。
安くはありませんが決して高くもないという塩梅。
変わったものから定番のものまで揃っています。
料理

その他オススメのメニューなどが黒板にあります。主力は魚系かなと思います。
メニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(580円)
1 (6)

銘柄はアサヒスーパードライです。恐ろしいほど丁寧にビールを注いでいました。
1つ1つの動作がとても丁寧で、信念を感じました。こんなにも真剣に注いで頂くビールは初めてかもしれません。バー以上です。

最高に美味しい生ビールでした。生ビールだけで虜になりそうなお店です。


■箕面スタウト(1,200円)
1 (10)

生ビールが美味しすぎで一瞬で飲み終えてしまったので2杯目は「箕面スタウト」という国産ビールにしました。
読み方は箕面(みのお)です。

とてもフルーティーで大変美味しいビールで驚いた。1,200円という価格を補うに余りある味でした。


■お通し:ヤングコーンと黄人参とハマグリのクリーム煮
1 (7)


蛤(はまぐり)があまりに美味しい。人参も普通の人参と何が違うのかわかりませんが確実に違います。
お通しで既にお店の実力の片鱗が見えすぎてあとの料理が楽しみになります。


■鰹ツナポテトサラダ(700円)
1 (9)

鰹(カツオ)をコンフィにしてツナっぽくしたのだそうです。ゆえに「カツオツナ」。
ポテトサラダなのにさっぱりとした味わいで、全くポテトサラダに思えません。

ポテトサラダを一工夫した料理はたまに出会いますが、変化球ポテトサラダの王様と言えそうです。


■和牛のたたき(1,300円)
1 (11)

芽ネギを巻いて頂きます。
豪快なステーキもよいですが、こういった前菜っぽい和牛の食べ方が一番美味しいかもしれない。
旨味が深い和牛を芽ネギでさっぱりと頂けます。


■風の森(1,200円)
1 (17)

どうも料理的に日本酒がすごく合いそうだと思ったので、ビール2杯のあとは日本酒に切り替えました。
奈良の日本酒で微発泡。微発泡ならではのスッキリとした味。


■新潟の酒
1 (19)

日本酒は全然よくわからないのですが、新潟らしからぬ淡麗の日本酒だそうです。
淡麗だと新潟らしからぬ、になるようです。

甘さがありつつも、甘すぎぬ日本酒でこちらもとても美味しい。


■豆腐の煮付け(700円)
1 (14)

豆腐の新しい食べ方で驚きました。外側はよく煮付けられていますが中は豆腐の白いままで加減がよいです。
煮付けの味がそもそも最高に美味しくて、煮魚メニューがいくつかありましたが今回はオーダーできずしまったと思いました。

豆腐革命が起きております料理です。初見では是非食べたいメニューの1つです。


■三浦産こだわり南瓜の天麩羅(800円)
1 (15)

熟成したカボチャだそうで。。。熟成肉は非常に流行っておりまし、熟成魚もチラホラあるようですが、熟成野菜とは。。。
しかも食べてみるとこの上なく美味いという。。。カボチャ結構嫌いなのに。

もったり感のないスッキリとした南瓜。とても不思議です。
甘さも過ぎずなんて美味しい南瓜なんだ。

人生で初めて南瓜を美味しいと思いました。これを機に好物になるだろうか。


■粕漬け明太子(730円)
1 (16)

粕漬けにしたからか、旨味がすごいです。
出汁の味わいが強い稚加榮の明太顔負けに美味しい。


■雲丹と蟹のクリームコロッケ(1,200円)
1 (18)

世界三大コロッケというものがあったなら、その1つに名を連ねそうなコロッケです。
上にも中にも雲丹が入っています。これまた旨味がすごい。

ただでさえ成形が難しいクリームコロッケを、なぜここまで中身パンパンに作ることができるのか。
大変贅沢な一品です。コロッケ界の王様です。


■雲丹の焼きめし(2,000円)
1 (20)

塩水ウニというものを使ってるそうです。雲丹単体で絶品で味が濃い。
そこに塩加減絶妙な焼き飯が合わさり、ため息が出そうな焼き飯になってしまっています。

食感プラス味として、豚の角煮が散らしてあります。
見た目通り、本当に美味しいぞ。
1 (21)

ビールの注ぎ方に始まり、接客から料理1つ1つまで何から何まで丁寧なお店です。
魂のこもった和食一品一品に感動できるお店でした。

今度は魚の煮付け料理を食べてみたいです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい


■ドリンクメニュー
ドリンク

■本日のおすすめ
おすすめ

■本日の魚
魚



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

メデ・イタシ居酒屋 / 都立大学駅

夜総合点★★★★ 4.0



[居酒屋・バー]


theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

どこかチグハグな印象「タイガー餃子」@新宿二丁目

2018.06.23.15:25

肉汁餃子製作所ダンダダン酒場@新宿二丁目
中華


新宿二丁目の大通り沿いにダンダン酒場という大変勢いがありそうな外観の餃子屋さんが誕生しました。
なんとも言い知れぬ勢いを感じる外観です。
1 (1)


際コーポレーションっぽいお店の作りだなと思ったのですが、際コーポレーション系列ではないようです。
(際コーポレーションは紅虎餃子房や万豚記などを展開する大手です)
だいぶインスパイアされている感はあるような気がします。
1 (2)


店内はその名の通り酒場調です。雰囲気的には昼からでも飲めそうです。
1 (3)

店員さん同士は非常に体育会のような感じですごい声の大きさで会話を交わすのですが、オーダーを取りにくると非常に元気と自信がなさそうなのはなぜか。

突然洗剤を使った窓拭き掃除なども始まり、これから食事するのですが。。。開店前にやって欲しいとかなり思いました。
そして窓を拭いた手を洗わず料理を運ぶという。。。


ランチはよくいえばシンプルに餃子ライスのみなのか。680円と値段はとても安めです。
逆に言うと選ぶ楽しみはないため、一緒に行く人の1人でも餃子の気分ではない場合は避ける必要があります。
1 (4)

その他一品料理やお酒のメニューは一番下に掲載しました。


卓上には餃子三種の神器が。胡椒×酢で食べたい人もたまにおりますが、胡椒がありません。
1 (6)


あっという間に餃子定食が運ばれてきました。
この雰囲気で680円というのはとても安いと思います。
1 (7)


ご飯に中華スープに温泉玉子。温泉玉子があるとないとでは印象が変わりそう。
栄養バランス的にもぐっとよくなります。
1 (8)


餃子は味付けされているので何も付けずに食べられるということで、実際かなりしっかりと味がついていました。
肉汁たっぷりで680円の餃子定食としてはかなり美味しい餃子かなと思います。
1 (9)

かなり肉汁が飛び出してくるので、平日のランチではかなり注意して食べる必要があります。被弾率かなり高いです。


餃子はとてもいいのですが、なかなかの頻度で聞こえてくる店員さん同士の気合の声がけみたいなものが非常にうるさいです。
ワイワイ賑わっている居酒屋状態であればまだしも、我々しかお客さんいなかったので、うるさすぎて時々「びくっ!」としてしまいます。
1 (10)

会計時、「お支払いはご一緒でよろしいでしょうか」と聞かれたのも少々驚きました。
680円のランチでそれはかなりないと思うのですが。

いろいろ元気な挨拶はあるものの、言わされている感じしかしないため心には響きませんでした。
餃子は美味しかったです。


===
【オーダー】
餃子定食 680円


■一品料理メニュー
1 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(3)  :★★★☆☆☆☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

肉汁餃子製作所ダンダダン酒場 新宿三丁目店餃子 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

【2回目】二子エリアを代表するイタリアンの名店「L'OSTERiA」@二子新地

2018.06.23.22:57

L'OSTERiA@二子新地
イタリアン


二子新地駅徒歩2分くらいの場所に昨年オープンしたイタリアンのお店ロステリア。
2週間前にランチでお邪魔したのですが、あまりに美味しかったので夜また訪問してみました。
1 (1)


伺う日の当日、オープン18時に予約ししました。
オープン直後でしたがカウンターに女性2名いらっしゃり、その後すぐ3組ほどが入店しました。
1 (3)

お店側はオーナーシェフと、お若い女性スタッフの方2名体制でした。
ホスピタリティあふれる丁寧な接客が印象的です。嫌な思いをする可能性はないと思います。


「本日のメニュー」。3,500円~でコース料理もありますが、今日はアラカルトでいってみます。
それぞれの分野でメニュー種類もまずまず多く、十分悩み楽しめます。
1 (2)

その他ドリンクメニュー等は一番下に掲載しました。

頂いたものを順に紹介します。


■生ビール(600円)
1 (5)

生ビールはキリンハートランドです。キリンビールの中で一番搾りは味のプレモル化によりあまり好きではないですが、ハートランドはとても好きです。
ビールは他にはイタリアのモレッティが数種類あるようです。


■グラスワイン
図1

イタリアンでは1料理1杯が基本と勝手に決めているので、今回は4種類のワインをいただきました。
温度が上がるにつれ味がどんどん変わるもの、肉に合わせたワインは樽感のあるものなど、自分で選んでもよいですがオーナーに選んで頂くとより料理に合うワインを提案してくださいます。

次回からワインメニューを見るのをやめよう。


■自家製はちみつパンと牛タンのリエット(750円)
1 (7)

自家製のはちみつパンがとても美味しいのです。前回のランチでも思いましたが。
リエットは牛タンの脂がうまく生かされており、自家製はちみつパンとの相性が最高すぎます。
750円というのはどうかしている。


■鮎のコンフィ(1,000円)
1 (10)

二子エリアで「鮎」というと、二子玉川の鮎ラーメンを思い出します。

奥に見える緑のソースはサルサヴェルデ。
鮎は見事にふっくら焼き上げあられており、味加減が絶妙。


■低加水パスタフレスカ(生パスタ)トンナレッリ、イタリア産からすみとバターのソース(1,500円)
1 (12)

バターの濃厚さとカラスミの深い味がベストマッチ。なかなか食べたことない上にこの上なく美味しい。
カラスミがたっぷり使われた贅沢な一品。とにかく旨味の詰まったパスタです。
前回も思いましたが、生パスタが本当に美味しい。

美味しすぎたのでインスタ加工してみた。
1 (13)


■スモークチーズと黒胡椒のクリームピッツァ(1,500円)
1 (14)

チーズ自体が美味しい。胡椒の嬉々具合も抜群です。
あの生パスタを提供しつつ、ピザもこのクオリティとは。
はちみつパンが美味しいのと同様に、生地自体がすでに美味しいピザです。


この辛味も自家製ということで、本当にすごいこだわりです。
相当な辛さでずいぶんな刺激なのに、辛いだけではないという。
1 (15)


専門店顔負けというかノーマルな専門店では太刀打ちできない旨さです。
そうか。ピザも旨いのか。
1 (16)


■昆布締め牛ランプのステーキ(2,300円)
1 (18)

昆布締めにしたランプは旨味が増幅しており普通に焼くより絶対に美味しくなっています。
火入れも恐ろしいほど絶妙で「ここしかない」というポイントで焼き上げられています。
このビジュアルで美味しくないはずがない。
1 (19)


合わせるソースも凝っており、玉葱のジャムと大蒜のペーストという牛に負けないパンチの持ち主が。
大蒜ペーストは匂いがほのかに香る程度で翌日の仕事等に影響はありません。玉葱もジャムもいったい作るのにどれだけ時間がかかることか。
1 (20)


意外とメインで「あれれ」と思うお店が多い中、前菜→パスタ→メインとどんどん上昇気流に乗っていく料理たちにヒデキカンゲキです。
添えてあるズッキーニなど野菜も本当に美味しい。
1 (21)


■カタナーラ(500円)
1 (26)

デザートも自家製で4種類から選べます。
各500円というのもどうかしています。


■グラッパ
1 (23)

わたしはイタリアン恒例のグラッパ祭り会場に移動します。
2つどちらにしますか?と聞かれたので、これはフリであろうと判断してどちらもいくことにしました。


あまりに飲みすぎていたのを見るに見かねてか、ヘーゼルナッツのリキュールという大変珍しそうなお酒をサービスして頂いてしまいました。
3杯になってしまったよ。
1 (24)


完全に飲み過ぎですが、悪酔いすることはありませんでした。たぶん。
1 (25)

最高の技術と丁寧な仕事によって織りなされるイタリア料理は、本当にとても美味しいです。
二子玉川を含めた二子エリアでもっとも美味しいレストランではないかと思います。

二子玉川で遊んで、夕飯は1人120円払って川を超えてみては如何でしょうか。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい


■黒板メニュー
1 (6)

■ドリンクメニュー
1 (4)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ロステリアイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

酢をたっぷりと入れるとより美味しくなります「三宝亭」@中目黒

2018.06.24.14:55

三宝亭@中目黒
ラーメン


日曜のある日、酸辣湯麺を食べたいなあと思ったのですが大三元@錦糸町に行くには遠すぎるなあと思い近場で探してみることにしました。
日曜だと榮林@赤坂もお休みですし。

すると中目黒に酸辣湯麺専門店があると知り行ってきました。中目黒銀座。
1 (2)


三宝亭というお店です。
新潟一円にお店を展開し、いまや全国に展開している三宝グループのお店です。東京だと他には渋谷にお店があります。
1 (7)


酸辣湯麺と麻婆麺の専門店です。
組み合わせとしては全く珍しくありませんが、専門店としてはとても珍しい。
1 (3)


全くのノーマークだったのですが、行列ができていました。
正確には訪問時は外に誰もおらず、やったぜ空いているぜと思ったのですが・・・
1 (5)


中並びがあるシステムで中に8名並んでいました。
そして我々が並ぶとすぐに後ろに6人がつきました。
1 (6)


店内はカウンター席が20弱に、奥にテーブル席が2席。
15名前後の並びであれば10~15分の並びで席につけると思われますので、外に7人くらいが並んでいても諦めることはなさそうです。
1 (9)

ただ日曜日ということもありカップル率が異様に高かったため、もしかすると15分では打席は回ってこないかも知れません。
(あとになってわかったのですが、非常に辛いため高速食べが出来ないので場合によっては結構待つかも)


メニューは酸辣湯麺と麻婆麺。それから辛いものが苦手な人用でしょうか。「韮葱そば」というメニューもあります。
酸辣湯麺は980円、麻婆麺は1,000円。パクチートッピングは200円。値段は国内のラーメンとしては少々高めですが、これだけの列を作っているので全く問題はなさそう。
1 (8)

いつかは神名備@千駄木のように、酸辣湯麺が2,000円を超える日も来るだろうか。
神名備は2,000円を超えてもまだ並んでいるようなので、ラーメンだって2,000円を超えるお店はどんどん出てくるかもしれません。
並ばずに食べられれば2,000円でもいいですが、2,000円で並ぶと少々キツイですが。

季節限定のメニューと、あと夜にはまた少々メニューが変わるようで、そちらは一番下に掲載しました。


たまたま奥のテーブル席に通して頂けました。
カウンター席より相当良い空間です。
1 (10)


卓上には辣油、酢、山椒、胡椒と刺激的な調味料が並んでいます。
1 (11)


被弾用の黒いエプロンも付いていますので、是非着用しましょう。
なかなかの率で被弾します。食べ方にもよるとは思いますが。
1 (13)


麻婆麺と酸辣湯麺どちらも食べてみましたので、まずは麻婆麺から紹介します。

麻婆麺は白ごはんをお供に登場します。
100円増しで麺を大盛りにしたので白ごはんは無くてもよかったのですが、麻婆丼にして食べてみたいという欲求からお断りしませんでした。
1 (19)


麻婆麺は麺を大盛りにしたため恐らく器もパワーアップして、スープも含めて全体がパワーアップしてくれます。
かなりど迫力なビジュアルであります。グツグツとしていて熱そうだし。
1 (20)


見ためほど辛くはなく、辛さ以上に山椒のビリビリ攻撃のほうが積極的です。
多少辛いものが好きな人は、50円増しになってしまいますが辛さを追加したほうがよさそうです。
(50円単位で増やすことができ、激辛だと200円増しになります)
1 (23)


少々スープにコクと旨味が足りなかったので酢を大量投入しました。
酢を投入すると味が一気に引き締まり美味しさがアップします。最初の状態だとビリビリとするだけの印象でした。
酢は必須で入れたほうがよさそう。
「こんなに入れて大丈夫か?」と心配になるほど入れるのがオススメです。
1 (22)

酢によってコクがアップするだけでなく、山椒のビリビリも抑えられて一石二鳥です。


後述しますが酸辣湯麺は細麺なのですが麻婆麺は中太麺です。
しかし個人的にはこの中太麺が麻婆の味と噛み合っていないように感じました。
麺が太すぎて主張が強く、太麺が食べいて少々邪魔になります。
1 (24)


「すぐに作るべし」とあったので、麻婆丼はすぐに作って食べたのですが、、、圧倒的に麻婆麺よりも麻婆丼の方が美味しかったです。
中太麺とは喧嘩していた麻婆が、ご飯とは一気に仲良くなっていました。
丼のほうがずっと美味しいと思いました。
1 (25)


食べごたえと見ための迫力で、なかなか楽しい食事にはなります。
2人で来たならば酸辣湯麺とシェアしてどちらも楽しみたいところです。
1 (21)


酸辣湯麺にはパクチーをトッピングしました。パクチーは200円なので1,180円になってしまいますが、入れない手はありません。
1 (14)


パクチーがないと少し単調な味に感じる可能性がありますが、パクチーがそれを全て帳消しにして常時美味しい状態をキープしてくれます。
パクチーが嫌いでなければ、酸辣湯麺にパクチー増しは必須と思われます。
麻婆麺だとどうだろう。。。
1 (15)


辛味先行で酸味少し弱めのスープは、かなりドロッとした度合いが強いのでそれを緩和させるために酢の投入はいいかもしれません。
(ただの酢好きのおじさんみたいになっておりますが、酢の物などは苦手ですし酢がそこまで好きなわけではありません)
1 (18)

麻婆麺同様、酢はやばいくらいかけても大丈夫です。というか大丈夫でした。
酢の投入で辛味先行が弱まり、これまた一気に美味しくなります。
食後喉は渇くのですが。。。


麺は細麺で酸辣湯麺とベストマッチ。
麻婆麺もこちらの麺の方が合うように思います。麺の種類が選べたらいいのになと思いました。
1 (17)


酸辣湯麺と麻婆麺のどちらをまた食べたいかと聞かれたら、麺の相性により酸辣湯麺に軍配が上がりそうです。
1 (16)


お店を出ると13時40分ですが行列は肥大化しておりました。
すごい人気です。
1 (1)


===
【オーダー】
酸辣湯麺 980円
パクチートッピング 200円
全とろ麻婆麺 1,000円
麺大盛り 100円

■昼/夜メニュー
1 (12)

■季節限定メニュー
1 (4)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

新潟 三宝亭 東京ラボ 中目黒店ラーメン / 中目黒駅祐天寺駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

1928年創業の超老舗水炊き専門店「玄海」@新宿5丁目

2018.06.25.13:35

玄海@新宿5丁目
水炊き


新宿5丁目にある水炊き専門店の玄海。
2 (2)

なんと創業は1928年です。1928年というと第一次世界大戦の不戦条約、パリ不戦条約が結ばれた年であります。
90年も続く水炊き専門店があるなんて。

ちなみに手塚治虫先生が誕生したのも1928年ですし、キリンレモンが発売されたのも1928年です。
キリンレモンもある意味すごいなと思った。


入口は奥と左手の2つに分かれておりまして、玄海本店は左手になります。
2 (1)


正面は「げんかい食堂」として安価に鳥料理を頂けるお店になっておりまして、ランチだと1,000円で親子丼などを食べることができます。
いつも混んでおり行列が出来ることも珍しくありません。
どの駅からも遠く、陸の孤島感がある場所にも関わらず行列ができるというのはすごい。
1_20180911013624b27.jpg


もはやレストランというよりも旅館のような雰囲気です。いろんな個室があり、完全に旅館です。
新宿5丁目にこんなお店があったなんて。
2 (16)


個室に入るとさらに旅館感が強まります。
5人で10畳以上ある個室に通して頂けました。
(予約をしてくださった方が常連だったからであり、常にこんなに広い部屋に通されるのかはわかりません)
2 (3)


料理5品と水炊きが付いた花御膳という会席コースをいただきました。昼から大変なことになった。
お値段税込みで5,400円です。
2 (4)


旅館の部屋出しの夕食シーンのよう。きちんとした旅館などもう10年以上行ってないので久しぶりの感覚です。
(共同浴場的温泉が好きではないので温泉にはまず参りません。すると旅館も自然と足が遠のきます)
2 (5)


少しずつ和食が出てきます。
すごく日本酒が飲みたくなる内容です。ちょこちょこと、少しずついろんな料理を食べます。
しかし平日のランチなのでお酒は飲めません。
図1


真打ち水炊きの登場です。すごく綺麗な白い色をしています。
白濁というより完全に白いスープという感じ。香りも半端なくよいです。
2 (10)


まず、スープと肉を取り分けて頂きます。これ以降は自分で好きによそいます。
肉は弾力があり美味しいことは言うまでもないですが、白いスープが最高に美味しいです。
2 (9)

普段鶏のスープというと鶏白湯スープのラーメンが挙げられますが、
上品さ、鶏の凝縮した旨味、優しい味と何を比べてもずっと美味しい。いつまでも飲み続けられます。

どれだけ飲んでもあとの雑炊の際にはスープを足してくださるそうで、もう心ゆくまで飲みまくります。


スープをごくごく頂きながら、鶏肉もたっぷり頂きます。
紅葉おろしを入れたり、大蒜ペーストを入れたりいろいろ味変しながら食べる鶏鍋は本当に美味しい。
昼からなんと贅沢なことか。午後本当に仕事はできるのだろうか。
2 (11)


〆の雑炊です。ごくごく飲みまくっていたあの最高のスープで作った雑炊が美味しくないはずがありません。
最高の雑炊であります。魚粉をかけたり、、、
2 (13)


こちらの辛い調味料を入れたりしながら、これまた味変しながら楽しむため一瞬たりとも飽きることはありません。
今度はお酒が飲めるコンディションで是非再訪したいです。
2 (14)


あと10年で100周年。今度は夜お邪魔してみたいです。接待とかになりましょうか。
2 (15)


===
【オーダー】
花御膳 5,400円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

玄海 本店水炊き / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

【2回目】最高に使い勝手の良い大箱イタリアンバル「Claudia2」@新宿三丁目

2018.06.26.23:04

Claudia2@新宿三丁目
イタリアン


会社のみんなに大人気のクラウディアツー。今日どこ行こう?となると必ず候補に挙がります。
新宿三丁目のどん底エリア、よくよく調べてみるとマルゴグループのお店がいっぱいあって、どちらかというとマルゴエリアと言ったほうが通りはよさそう。

ゆえにどん底エリア改めマルゴエリアと呼ぶことにします。

そのマルゴエリアにあるクラウディアツー。「ツー」があるので「ワン」もあるのですが、ワンは肉主体のイタリアンバルです。
肉が食べたい人がいる時は、ワンになる率が高い。

肉でなくてもよい場合は、こちらツーになる率が高い。
どん底改めマルゴエリアで洋食系飲みと言えば、ここクラウディアツーです。写真は2階です。
(久方ぶりに外観を撮り忘れました)
1 (2)

1階、2階があり、このレベルのイタリアンにしては席数が相当多いため非常に使い勝手がよいです。
1次会、2次会どちらでも柔軟に活用てきます。
新宿ですがそこまで安い価格帯ではないため、若すぎるお客さんがいないのも使いやすい理由の1つです。


例えばメニューの一部を紹介しますと、前菜系は1,000円満たないくらい、パスタやメインは1,500円前後となっています。
その他のメニューは一番下に掲載しました。また掲載していませんがワインメニューが豊富なのもクラウディアツーの特徴の1つです。
料理


■生ビール(600円)
1 (3)

生ビールの銘柄はハートランドです。
その他イタリアの「モレッティ」、イギリスのギネスがあります。

ギネスはかつてはサッポロビールが販売権を持っていましたが、いまはキリンビールが持っています。
ハイネケンもキリンです。
マルゴグループはビールはキリンとお付き合いがあるのかもしれません。


■小皿料理盛り合わせ5種(2,000円)
1 (9)

前菜12種類の中から5つ選んで2,000円のお得なメニューです。7種だと2,500円になります。
数名でいろいろ食べたい時にとても重宝します。そして味はどの品も美味しい。
DEAN & DELUCAの惣菜とは比べ物になりません(それはそうか・・)。

味もよく提供も早いので、クラウディアツーのオープニングには小皿盛り合わせがオススメです。


■クアトロフォルマッジ(1,600円)
1 (10)

わたしは1人の時は絶対に食べないのですが、会社のメンバーに圧倒的に人気があるのがクアトロフォルマッジです。
クラウディアツーにはピザ窯が配備されておりますので、ピザはとても美味しい。チーズ好き必見のピザです。

しかし個人的にはマルゲリータとビスマルクを食べてみたい。
だがみんなクアトロフォルマッジが好き過ぎるゆえ叶わずにおります。


■モッツァレラチーズとボロネーゼソースのスパゲティ(1,600円)
1 (11)

ただでさえ美味しいに決まっているボロネーゼにモッツァレラチーズをあわせた一品。
わたしが訪問したことのあるマルゴグループは何れもパスタがとても美味しいのですが、ここクラウディアツーも例外ではありませんでした。

ソースの味の定まりが完璧な大変美味しいボロネーゼで、モッツァレラチーズを合わせた贅沢なパスタです。


■ハーブマリネチキンロースト ルッコラと完熟トマト添え(1,600円)
1 (12)

クラウディアの1(ワン)は牛肉に定評がありますので、ここツーではチキンを食べてみることに。
(同じグループなので牛も恐らく美味しいとは思うのですが)

火入れの加減が完璧で完全にジューシーに仕上がったチキン、最高でした。さすがに旨い。
肉の中に旨味が閉じ込められていて、さらには味付けも実にちょうどいいです。ローズマリーの効きっぷりもよい。

ボリュームもありオススメの一品です。


クラウディアツーではボトルワインは5,000円前後で揃っています。
安くもなく高すぎもせず丁度よいくらいの大人価格ワインがズラッと揃っています。

それぞれかなり味わいが異なり、好みの味を探したいところですが恐らく行くたびに少々ラインナップが異なります。
1 (8)


今回は3人で白ばかり3本飲んでみましたが、どれも表情が違い楽しいです。
1 (13)


最後のChablisもよかったですが、個人的には最初の色の濃い輝かしい白ワインが美味しかったです。
1 (1)

クラウディアツーは新宿三丁目マルゴエリアでも筆頭の箱の大きさで、しかも1軒目としても2軒目としても十二分な威力を発揮しますので、とてもオススメのお店です。
店員さんも皆さん優しくフレンドリーに対応してくださいますので嫌な思いをする可能性はほぼないと思います。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円弱


■ドリンクメニュー
ドリンク

■pizza
ピザ

■おつまみ/酒
おつまみ、さけ


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

クラウディアツーピザ / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

中本と比べてみました「荒木屋」@蒲田

2018.06.30.12:59

荒木屋@蒲田
ラーメン


蒙古タンメンでお馴染みの中本から独立し、同じ方向性のラーメン屋さんを展開している稀有なお店が蒲田にあります。
荒木屋というお店なのですが、3年前の訪問では勇み足でまだオープンしておらず撃沈、3年の沈黙を破り気を取り直して先月満を持して行ってみたら麺切れで夜営業中止

とことん縁がないなと思いつつも、こうなるとどうしても行きたくなってしまいナムさんと2人で3度目の正直。
しかもなぜかラーメン連食の約束までして。

3年越しの荒木屋リベンジと共に、人生初のラーメン連食の旅に出発です。
土曜の9時30分、二子玉川を出発であります。
1 (2)


1時間も経たず蒲田到着。駅待ち合わせは荒木屋開店前30分の10時半であります。
こういう時、駅にいる全員が荒木屋を目指してやってきているように見えるから不思議であります。
1 (3)


ナムさんと予定通り合流し、西口にある荒木屋を目指します。
荒木屋は駅から徒歩5分もかからない場所にあります。
1 (4)


土曜日10時33分お店到着。先客は4名でした。皆さん大変な猛者に見えます。大常連に見えます。
1 (5)


待ち人数が4名であれば最初のターンに入店できますので待ち時間は30分となります。
行列店で考えるとかなりマイルドな並びと言えそうです。
1 (8)


改めまして、荒木屋です。旨辛タンメンのサブタイトルも付いています。
中本から独立する際にはいろいろあったようですが、そもそもレシピというものには特許がないため、なかなかいろいろ難しい気がします。
レシピって特許ないんですねえ。なんとなく腑に落ちない気もしますが「万人が美味しいものを食べられるように」という配慮みたいです。
1 (6)


ズッコケている木箱から、麺はサッポロ製麺であることがわかります。
サッポロ製麺はおやじ@新橋黒蠍@四谷三丁目からまる@大久保で出会ったことがあります。
渋いお店が多い気がします。
1 (7)


店内はカウンター席とテーブル席が1つだけあります。
11時ちょうどにオープンしました。
1 (9)

店員さんは大将と、女将さん、、、でしょうか。2名体制でした。
そして我々より前にいた4名の方はやはり常連さんであったようで、お店に入るやいなや店員さんと談笑していました。


■中本との比較:メニュー編

メニューです。一番大きく書かれているのは味噌麻婆麺です。メニューの表現は中本と異なります。
しかし10段階の唐辛子の数で辛さを表現している点は似ています。
1 (10)

一番大きく書かれている味噌麻婆麺は唐辛子マーク5つです。つまりは半分です。
これは中本の看板メニュー蒙古タンメンと同じ辛さ指数になります。

辛さ10は大辛と表現された3つのメニュー。
中本では辛さ10は通常メニューですと冷やし味噌がそれにあたります。
北極ですら辛さ9です。

北極超えのメニューがデフォルトで3つもあるということになります。

いっそのこと、とことん辛いメニューを食べてみようかとも思ったのですが、何しろ今日は人生初の連食ゆえ、看板メニューと思われる辛さ5の味噌麻婆麺にしてみました。決して守りに入ったわけではないと自分に言い聞かせながら。


卓上には一味、酢、胡椒が配備されています。卓上配備品は特にぶっ飛んだ感じはありません。
1 (11)


■中本との比較:見ため編

5番目に入店したのに、いろいろコールしなかったのが私だけだったため、なんと一番最初に提供されました。
荒木屋のラーメンと対面。3年越しの夢が叶いました。
1 (12)

見た目は、、、蒙古タンメンとかなり違います。ラーメン自体を4分割した程度では同じエリアに入りますが。
単純なる見た目の比較となると、もしかすると中本のほうが美味しそうに見えるかもしれません。

左が荒木屋、右が中本@渋谷店の五目味噌タンメンです。
(五目味噌タンメンは唐辛子マーク6なので、5の蒙古タンメンより1つ辛いです)
図1


■中本との比較:スープ&具編

最大の違いは、中本はスープ部分と麻婆部分がそれなりに一体化しているのに対し、荒木屋は完全に分離している点です。
荒木屋は麻婆層とそれ以外の具・スープ層が明確に別々になっています。
1 (14)

具の野菜から炒め香がすることも中本とは大きく違います。
荒木屋の野菜からは炒め香がするため、「おっ」唸るほど野菜が美味しいですし、炒め香がラーメン全体のレベルをアップさせているように思えます。


辛さは荒木屋の方がずっと辛いです。ピリッとした直接的な辛さがあります。
とても心地がよい刺激でこれは病み付きになります。
1 (15)

中本は辛さが旨味に包まれている印象なのに対し、荒木屋はピリリと直接攻めてきます。
中本も北極とかになると旨味が辛さを包みきれなくなり凶暴になりますが。

辛さ単体でいうと荒木屋の唐辛子5と、中本の唐辛子7が同じくらいじゃないかと思われます。
質が違うので一概には言えませんが。


スープは旨味たっぷり。脂っこくないところが中本との違いでしょうか。中本はまずまず脂を感じますが、荒木屋は全然脂を感じません。
どことなく酸味もあり、甘み、酸味、旨味、炒め香の感じとかなり美味しいスープであります。
大蒜がかなりたっぷり効いていますが、それでいてスープ全体の味はすごく丁寧な印象です。
1 (16)

中本は多店舗展開しているゆえ、この丁寧さを維持するのはなかなか難しいことでしょう。
お店による味のバラツキも非常に多いので。


■中本との比較:麺編

麺はやや細めの中太で太さ自体は中本とさほど変わらないでしょうか。
歯応えがよく麺単体としてもとても美味しいです。麺と野菜のバランスもよく最後まで麺&野菜で食べ終わることができます。
スープも具も麺も、三位一体すごく美味しい。
1 (17)


この見た目にしてバランスタイプの麻婆麺でした。見た目の強力さとは裏腹に繊細でまとまりのある、辛いけどどこか優しさのある不思議なラーメンでした。
大量生産感がないところも荒木屋の魅力の1つかなと思います。
中本とは似て非なるラーメンでした。
1 (13)


ナムさんの五目麻婆麺、バター入り。
辛さが2レベルアップしただけでこの赤くなりようはすごい。辛さ10は私は食べられないかもしれません。
1 (18)


大満足で表に出ると、やっぱりまだ並んでいました。
Twitterでお店の開け閉め情報を公開しておりますので、遠方から行く場合には参考にするとよいと思います。
1 (1)

人生初のラーメン連食に向けて横浜方面に向かいます。


===
【オーダー】
味噌麻婆麺 770円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

元祖旨辛系タンメン 荒木屋ラーメン / 蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

横浜エリアを代表する清湯系「らーめん 鶏喰」@吉野町

2018.06.30.14:21

らーめん 鶏喰@吉野町
ラーメン


朝10時半蒲田待ち合わせで荒木屋でラーメンを食べ、食べ終わって11時半。

蒲田から電車を乗り継いで横浜市営地下鉄の吉野町なる駅で下車しました。
人生初のラーメン連食の旅です。
1 (2)


炎天下の中、お店を目指します。
11時半に荒木屋を出た時には「余裕じゃん。下手するとあと2杯くらい食べられるじゃん」と思っていたのですが、吉野町駅に着く頃には「なぜこのコンディションでさらにラーメンを?」と思うような状況に変化していました。
1 (3)

完全に満腹中枢に指令が行ったようです。


2軒目のお店「鶏喰(とりっく)」に到着しました。お察しの通り並んでおります。
1 (4)


炎天下だし20名以上だったら考えましょうねと、ナムさんと2人で相談していたのですが規定範囲内の16人待ち。
土曜日12時30分で16人待ちであります。うーむ。
1 (5)

そこまで戦意を失う列の長さではありませんが、何しろ暑い。
しかもラストの直線列に入るまでは遮るもののない炎天下状態となります。角を曲がると日陰になるのですが。時間にもよると思いますが。

今日は連食だ!と決めて、しかもはるばる吉野町なる駅まで来ましたので頑張って並びました。


とにかく常時並びができるお店のようで、いろいろな注意書きが書いてあります。
近隣住民の方とトラブルになってしまうとお店が存続できませんので。
大大大行列の影響で近隣住民と揉めて消えてしまうお店もあるようで。
1 (6)


なんと有り難いことに麦茶の配給があります。
つじ田@神保町麦苗@大森道@亀有は前方の方にタンクが配備されて自由に飲めるようになっていますが、こちらのお店は店員さんが時々来ては配給にきて下さいます。
なんとも有り難いことであります。
1 (7)


並んでいる途中にメニューがあります。
味は鶏、塩、鶏×鰹の3択になります。鶏×鰹も非常に気になりますが初見なので鶏にします。
1 (8)


お店の前まで来ると、さらに見やすい黒板メニューがあります。
そこで麺の大盛りができないことを認識します。連食なのでしませんが。
1 (11)


「とりっく」というと、「ゾーーーーーン」のトリックしか浮かびません(佐野史郎さんの回限定ですが)。
あのドラマは終わり方が最高によかった。
1 (9)


面白い鳥の絵が暖簾に書かれており迎い入れてくれます。
12時30分に並んで入店は13時10分、40分後でした。
1 (10)

入店後にわかりましたが席はカウンター6のテーブル4の10席ですので、16人待ち40分入店はまずまず平均的な並び時間かなと思います。
カップルが少なかったことも回転がよかった理由になりそうです。


手前に4人がけのテーブル席が1つ。2人だと相席になってしまいます(知り合い同士が横に並ぶ相席方式)。
また、タイミングがよければ相席になってもカウンター席に移れる場合があります。というか移ることができました。
1 (12)


テーブル席で横並びで相席だと、目の前に知らない人がいるという大変気まずい中でラーメンを食べることになってしまいます。
40分も並んでそれはなかなか悲しすぎます。
1 (15)

なお、席数10に対して店員さんは4名いらっしゃいました。
席数に対する店員さん率でいうとかなり高めの配置かなと思います。


卓上調味料は辛味系と黒胡椒です。
辛味は激辛ゆえ投入のし過ぎに注意との記載があります。40分も待って辛味を入れすぎて味崩壊だなんて悲しすぎますので注意が必要です。
1 (16)


玉子、麺に関する説明が。
小麦粉は鉄腕ダッシュでもお馴染みの、、、お馴染みじゃないか。春よ来いを、、、しかもさらにグレードがよい春よ来いを使ってるそうです(他もブレンドしながら)。
1 (13)

行列につけた当初はなかなか満腹でしたが、ラーメンに対する期待感から「1杯は行ける」という体調になりました。というかしました。


ラーメン到着!鶏の醤油、味玉入900円です。
1 (17)


このビジュアルは完全なる清湯系ラーメンです。ハイグレードな清湯系。
器から香ってくる素晴らしい香りが2食目であることを忘れさせます。
1 (18)


低温調理された鶏叉焼の仕上がりは完璧です。
しかし連食のわたしには仕上がりが完璧とはいえ肉はなかなか厳しい戦いになります。そうそうに倒そうかとも思ったのですが、脳がそれを拒否し、本能と理性の戦いになりました。
1 (21)

誤解なきよう申し上げますと、完璧な火入れの完璧な鶏叉焼で美味しかったです。


コンディション的には厳しい中、味玉の美味しさは群を抜いており我を忘れず食べることが出来ました。
満腹なのに最高に旨いと思ったこの味玉は本当にすごかろう。
とにかく味が濃いのであります。これほどまでに味が濃い味玉はかなり久しぶりです。
1 (22)


鶏油(ちーゆ)でしょうか。表面にはオイルバリアが張ってあります。
清湯系ラーメンでは少なからずオイルバリアがありますので、わざわざチー油を入れたというよりは出汁をとっている段階でこのようになるのかもしれません。
1 (20)

そして味は鶏の動物性がガツンと押し寄せるパワフルな清湯系です。
すごく野性味のある荒々しい、なかなか珍しい清湯系といえそうです。

醤油ダレも結構パンチがあり、醤油ダレの威力と鶏のパワーが相まって炸裂した感じのパワフル系清湯スープでありました。
ゆえに味自体は清湯系としては異例の強さでした。
1 (23)

清湯系で野性味があるというと、やまぐち@西早稲田が浮かびますが、やまぐち以上に動物性を感じます。
もっと鶏鶏しているスープです。さすが「鶏喰」という店名だけあります。



麺は細いが歯ごたえ十分で大変美味しい麺でした。
小麦の清涼感がたまりません。これが春よ来いという小麦粉の力でしょうか。
スープ以上に麺がすごいと思いました。
1 (24)

なお、大盛りは昔はあったそうです。今日は連食なので関係ありませんでしたが、通常のコンディションであれば、この麺はぜひ大盛りで心ゆくまで食べたくなってしまいます。

スープの感じと麺の感じで、どことなく蕎麦を食べている感覚にもなりました。


こちらはナムさんが食べていた「あさりご飯」です。
「連食なのにご飯頼んじゃった」と仰っていた77歳。すごすぎであります。しかも完食していました。
1 (14)


芳醇な、非常に芳醇な鶏鶏ラーメンはさすがの美味しさでした。
1つ思ったのは「1食目で食べたらもっと美味しかったであろう」ということです。ポテンシャル的に連食は難しいということがわかりました。
それでも美味しかった。
1 (19)


食後、互いの栄誉をたたえつつ公園で一休み。
そのまま炎天下の中、みなとみらい駅まで歩いて電車で東京に戻りました。
1 (1)

実に楽しい旅でした。交通費も含めて3,000円でできる旅で、これほど楽しいことが他にあるであろうか。




あるであろうな。

===
【オーダー】
味玉鶏の醤油 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

らーめん 鶏喰ラーメン / 吉野町駅南太田駅黄金町駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

都内最高クラスの沖縄料理「護佐丸」@江戸川橋

2018.06.30.20:11

護佐丸@江戸川橋
沖縄料理


荒木屋@蒲田鶏喰@横浜吉野町で人生初のラーメン連食を終え新宿に戻ってまいりました。
もう今日は晩ごはんいらないかなーと思ったのですが、歩きに歩いていたらお腹は減るもので。
新宿から電車&徒歩で文京区にある沖縄料理屋さんを目指しました。
1 (1)


護佐丸というお店です。出発前に電話で予約しました。
1 (2)

なぜ「文京区の・・・」というかと申しますと、山手線内にして完全に陸の孤島と化している場所でして、最寄り駅が江戸川橋、茗荷谷、後楽園、飯田橋あたりになるのですが、どの駅からも非常に遠いです。

強いて言えば一番近いのは江戸川橋でしょうか。
ただ江戸川橋は有楽町線しかなくアクセスがあまりよくありません。

最低15分くらいは歩くつもりで訪問しなければなりません。
なかなか稀有なエリアです。
しかしそれだけアクセスが悪い場所にありながらも、仮に人気があるとすると美味しいことがほぼ確実となります。


18時に行ったのですが、店内は半数以上の席が埋まっていました。これは勝利したかもしれないと思った瞬間です。

入って左手にカンター席が並んでいます。
2人で来た常連さんっぽいお客さんが沖縄そばとビールだけを頼んでさっと帰っていたりしました。地元の方でしょう。
1 (4)


右手手前には小上がりの座敷席があります。
1 (24)



右手奥にはテーブル席が。
さらには左手トイレより奥にも個室なのか座敷なのかわかりませんが席があるようで、お客さんがどんどん吸い込まれていきました。
意外と箱の大きなお店でした。
1 (3)


メニューは代表的な沖縄料理はほとんど揃っているように見えます。
値段も700円前後ととてもリーズナブルです。文京区なので警戒しましたが、非常に安価に沖縄料理が頂けます。
一番下にその他のメニューを掲載しました。
料理2

以下、4人で食べた内容です。
結論的には4人だと以下の食事は多すぎました。約2名ラーメン連食だった点を差し引いても恐らく。


■オリオン生大(770円)
1 (6)

ビールはオリオンとアサヒがあります。
オリオンビールはアサヒビール系列になったので、アサヒがあるのはそのためでしょうか。
しかし「沖縄料理と言ったらオリオンビールでしょ」という人が多すぎて、アサヒはほとんど出ないのではないでしょうか。

オジイ自慢のオリオンビール。BEGINです。
何も知らない人には意味不明の1行ですみません。


■ゴーヤチャンプルー(750円)
1 (10)

文字通りゴーヤがたっぷり入ったチャンプルーです。
近年稀にみるゴーヤの量であります。
薄味でとても美味しいチャンプルー。


■海ぶどう(550円)
1 (11)

味というよりはプチプチとした食感を楽しむ海ぶどう。
沖縄料理のお店以外では見ることはないため、つい頼んでしまいます。
専用タレでさっぱりと頂きます。


■ポーク玉子(680円)
1 (12)

とてもジャンキーな雰囲気ですが子供から大人までつい好きになってしまうこちら。
何が違うのかわかりませんが、不思議と妙に美味しい。
見た目に惹かれて頼んでしまう一品です。


■ジーマミー豆腐(560円)
1 (13)

トロロン、ツルンとしていて殊更美味しいジーマミー豆腐。
デザートのような味です。


■泡盛 端泉(600円)
1 (14)

ビールもいいが泡盛だろうと思い途中から泡盛に切り替えました。
泡盛は13種類から選ぶことができます。


■チラガー(550円)
1 (15)

豚の顔の皮の燻製だそうです。椎茸みたいに見えますが椎茸ではありません。
味はほとんどありません。燻製の香りを楽しむおつまみです。


■もずくの天麩羅(700円)
1 (16)

高さを出してきている天麩羅は見た目にも美味しそう。料理が大変上手な人が作る天麩羅です。
揚げ上がりも最高で、大きな高さのある天麩羅をサクサクと頂けて美味しい。オススメの一品です。


■トーフチャンプルー(700円)
1 (17)

ゴーヤチャンプルーがあまりにも美味しかったので、豆腐のチャンプルーも食べてみました。
炒め香がして、とてもいい。こちらのお店のチャンプルーは何れもオススメと言えそうです。
味付けも本当に優しいのであります。


■ラフテー(600円)
1 (18)

今回頂いた料理でラフテーだけが、あれっと思いました。
肉が結構固くキシキシとした感じでトロッした部分がありませんでした。
こういうこともありましょうぞ。


■イカスミやきそば(900円)
1 (20)

沖縄料理なのかわかりませんが、見た目に惹かれて注文。
真っ黒くイカ墨に染まっていますが全くしょっぱくありません。
イカスミパスタよりも、この焼きそばのほうがずっと美味しいと思いました。

一撃必食のハズしたくないメニューです。


■軟骨ソーキそば(750円)
1 (21)

出汁が本当に美味しい沖縄そば。都内で食べた沖縄そばで一番美味しいスープです。
4人で山分けでしたが本当は1人で食べたい気分でした。昼にラーメン連食しましたが、1人でこれを食べたいと思ってしまった。


沖縄そばの麺にしては少し細めであることも好みに合いました。
スープも麺も本当に美味しいです。
1 (22)


こーれーぐーすをたっぷりとかけて食べるのが好きです。
1 (23)


■紅芋胡麻団子(3個500円)
1 (19)

甘い物大好きチームが最後にデザートを食べていました。

あまりたくさんの数のお店に通ったことがあるわけではありませんが、これまで都内で食べた沖縄料理屋さんで一番美味しかったです。
もっと美味しい沖縄料理のお店があったら知りたいですが、こちらは本当に美味しいのでオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円弱


■料理メニュー
料理1

■そば/食事
そば、食事


■泡盛/ビール
泡盛、ビール


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

護佐丸沖縄料理 / 江戸川橋駅茗荷谷駅神楽坂駅

夜総合点★★★★ 4.0




[沖縄料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 沖縄料理

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る