FC2ブログ

【2回目】忘れ物を探しに「第一亭」@日ノ出町

2018.07.29.19:53

第一亭@日ノ出町
中華


昨年12月、井之頭五郎さんが訪れた日の出町にある第一亭に行ったのですが、夜の19時過ぎと到着が遅れてしまったため、食べたかったメニューが品切れであったため、リベンジしてまいりました。
1 (1)


土曜日15時半、オープンから1時間前に到着しましたが誰も並んでおりません。さすがに早すぎたか。
しかしはるばる遠くから来ているため万一があってはいけません。うっかり行列が出来てしまい1ターン目に入れないとなると、ラーメンとは違うため待ち時間の予測がつきにくいです。
1 (2)


とは言うものの、さすがに誰もいなさすぎたため30分散歩してまた戻ってきてもやはり誰も並んでいませんでした。
しかしここからは一気に大群が押し寄せてくる可能性もあると考え、30分待つことにしました。
みんなで待っていれば待ち時間も苦ではありません。
1 (4)


なお、その後15分前に1名。オープン4分前の16時26分に4名が来まして、オープン時の並びは我々含めて9名となりました。
1 (3)


第一亭からの眺めはこのような感じです。
初めてのデートだと、お互いの性格次第では少々気まずいかもしれません。
1 (5)


16時30分と同時にお店が開きます。ポールポジションなので席は選び放題。
前回同様座敷席にしました。
1 (6)

なお最初はチラホラだったお客さんも17時を回ると満席となり、並びができておりました。
さすが第一亭、さすが井之頭五郎です。

メニューは前回の記事をご覧頂くか、一番下に掲載しました。


■瓶ビール(550円)
1 (9)

前回の訪問でビールはKIRINのラガーとクラシックラガーのどちらかが出てくることが分かりました。
今回は「クラシックラガーで」とお伝えしたら終始クラシックラガーをご提供いただけました。
銘柄縛りができるということがわかりました。

それにしても明るいうちから飲むビールはなぜこれほどまでに旨いのか。


オーダー後5分少々で、一気に料理が運ばれてきました。
これがポールポジションの威力です。
1 (22)


■ラーメン(500円)
1 (10)

ラーメンが500円というのも凄いですが、まず最初に速攻で提供されたのがラーメンというのも凄い。
「麺や炒飯は後の方に・・・」とそんなことがあるはずはありません。町の中華ですので。


なお、お味は大変ノーマルで普通でこれといって特徴のない魚介風味ゆえ、わざわざ第一亭で食べなくてもよい感じではありました。
が、前回ラーメン系を食べなかったので、1杯だけ食べてみたかったのです。
1 (13)


麺もまずまず伸びておりますし、ラーメンはよほどのことがない場合はオーダーしなくて大丈夫だと思います。
1 (12)


■豚舌(600円)
1 (11)

前回は売り切れで食べられなかった、井之頭五郎さんがオーダーしたタン。
脂が少なくさっぱりと頂けますが、味としては前回頂いたカシラの方がオススメです。


■豚足(500円)
1 (14)

井之頭五郎さんは食べていません。
豚足はプルプルした感じがある印象ですが、この豚足はプルプルしていません。そこがいい。
プルプルしていないのでとても食べやすい。
見ためが苦手でなければ是非1度食べたい料理です。驚異の500円ですし。


■餃子(500円)
1 (15)

これも井之頭五郎さんオーダーしていません。
小ぶりでサクサクした焼餃子で味付けもちょうどいいです。
中華屋さんで餃子を頼まないことには多少の勇気が必要ですが、第一亭を全開で味わいたい場合は、餃子はなくても大丈夫です。


■ホルモン炒め(600円)
1 (21)

前回売り切れで食べられず、しかし井之頭五郎さんは食べていたホルモン。

大蒜炸裂。大変なことになっています。サラリーマンがランチで食べたら午後の商談は全部失敗に終わることでしょう。
強い味噌大蒜の味。ご飯が強烈に食べたくなります。ビールだけでは洗い流せない強烈な味です。プニプニした食感がたまりません。


■小袋炒め(600円)
1 (25)

こちらも前回売り切れ、五郎さん食べているメニュー。今回は完璧にリベンジ成功です。
ただ、味噌大蒜の味が全く先ほどのホルモンと同じで、小袋はコリコリしているので食感は違うのですが、味は完全に同じです。
五郎さんが食べているものを制覇したい場合は別ですが、ホルモンと小袋はどちらかで十分です。

どちらかといえば、プニプニしたホルモンがオススメです。


■チートのしょうが炒め(600円)
1 (16)

前回も食べておりますし、井之頭五郎さんも食べています。

生姜がバッチリ効いており、またホルモンやコブクロで味わうあの味噌も使われておらず完全に新しい味です。
1つだけしかオーダーできないとしたら、迷わずわたしはチートを選択します。
味も濃すぎず、しかしビールにもベストマッチ。白いお米も食べたくなりますが、味が濃すぎないのでなくても大丈夫。

個人的にはチートが第一亭No1メニューです。


■スープ付チャーハン(600円)
1 (23)

炒飯は手元のメニューには載っていないのですが、上に貼ってあるメニューに掲載されています。

お米はパラパラですが味のバラツキがすごい。白い部分すらありました。
全体的に味が濃くなく、サラサラと食べられる炒飯です。
井之頭五郎さんは食べておりませんが、炒飯はとてもオススメです。


■パタン(600円)
1 (18)

大蒜を潰す時の音がパタンなので「パタン」。メニューにはどこにも載っておりませんが計算してみると値段は600円でした。
第一亭に来てオーダーしない人はいないと思われる名物料理です。


中華麺と大蒜と、何かを回しかけてはあるものの、究極までにシンプルな下町の二郎というべき一品です。
これだけシンプルで、しかし病み付き度が尋常ではありません。本当に旨いのであります。とにかく1度は食べるべきです。
1 (19)

孤独のグルメの放送の中でも「2日は匂いがとれない」と言いますが、実際言い過ぎでもありません。
翌日は余裕でとれないどころか、大蒜食べたて状態が24時間続きます。
食後2日目になると、自分が慣れたのだか匂いが消えたのだか判断がつかなくなります。


前回忘れてしまったのが、スープを使ってつけ麺のようにして食べるというアクションです。
あとで復習したときに「しまった!」と頭を抱えました。

なので今回はやりましたよ。
1 (20)

スープにつけて食べると、大蒜が少し落ちるので食べやすくなります。
これこそまさに二郎みたいな味になります。


しかし大人とは学習する生き物でして、前回の訪問は日曜日だったのですが、月曜日仕事にならないレベルの匂いを自分から発することになってしまい、全員大蒜に対する姿勢がだいぶ後ろ向きでした。
年は取りたくないものですが、致し方ないかなとも思います。
1 (24)

全力で食べて飲んで4人で7,500円というから驚くではありませんか。
4人とも腹ペコで臨んだというのに。

第一亭、とても面白い美味しいお店です。
席の数的にも4人くらいで行くのがオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 4人で7,500円


■メニュー
1 (8)

■貼ってあるメニュー(小さくて見にくくてすみません。メニュー表にない料理もあります)
1 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

第一亭台湾料理 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

夜総合点★★★★ 4.0



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

昭和11年から続く渋谷老舗フルーツパーラー

2018.07.29.20:31

渋谷西村フルーツパーラー@渋谷
カフェ


横浜 日の出町の第一亭で中華というか、第一亭料理を食べて、東横線に乗って渋谷まで戻ってきました。

ロイホで休憩するのが恒例ですが、渋谷駅前にある西村というフルーツパーラーに行ってみることにしました。
大学生の頃から存在は知っていましたが、1度も訪問したことはありません。
1 (1)

東急のデパ地下のフルーツコーナーは西村が運営しておりますが、そこは何度か利用したことがあります。

昭和11年、つまりは1936年から営業しているフルーツパーラー。果物屋さんとしてはもっと古くからあるようです。
1936年というとフランクリン・ルーズベルト大統領が再選を果たした年になります。


外国人旅行者対策でしょうか。美味しそうなディスプレイがあります。
とても綺麗なので昔からあったものではなさそうです。
渋谷はもはや3人に1人くらいは海外の人のように思えます。
1 (2)


2階に上がると名前を書いて待つように言われます。すごく店内空いているように見えるのだが。
行列メソッドであろうか。
1 (4)


待っている場所からは渋谷のスクランブル交差点が見えます。
昭和11年は何もない場所であったことでしょう。このフルーツパーラーは渋谷の歴史を見てきたようです。
1 (5)


空いているはずなのに10分くらいは待って入店しました。
あとでわかりましたが、店内はガラガラなのですが店員さんの数が少なすぎて回っていない感じでした。
1 (6)

店内はきれい目のホテルのラウンジのような雰囲気です。
少し古めの印象はありますが、とても清潔で綺麗であります。
店員さんは人が足りなさ過ぎて大変過ぎて疲れているのか、楽しそうでない方が多かったです。

メニューはパフェやあんみつ、フラッペなど甘い物が一通り揃っています。
パフェは最高価格は3,000円ですが、基本は2,000円に満たないくらいで飛び抜けて高いという印象はありません。むしろフルーツパーラーとしてはリーズナブルな部類に入りそうです。

甘くない物ではサンドイッチがありました。
メニューは全て一番下に掲載しました。


■フルーツパフェ(1,430円)
1 (14)

初見でしたのでシンプルにフルーツパフェにしてみました。
1,430円という値段を考えるとかなり立派なパフェと言えそうです。


フルーツが甘い。1つ1つとても甘い。千疋屋ほどではありませんが、高野とは同じくらいの水準に思えます。仙台のいたがきも同じくらいかなと思います。
リーベルよりは圧倒的に美味しい。
1 (15)

アイスクリームも美味しい。バニラアイスがふわふわしています。
生クリームも優しいし、クリームの量も適度でよい塩梅です。

ドリンクを激しく勧められたりもしませんので、渋谷のど真ん中で立派なフルーツパフェをリーズナブルに頂けるので、カフェとしては相当秀逸と言えそうです。


■桃葡萄パフェ(1,580円)
1 (16)

桃と葡萄のパフェで1,580円というのも破格ではないかと思います。
2,000円で食べられれば御の字という見ためです。

千疋屋だと桃の傷んだ感じが0%という感じでしたが、少しところどころ渋い場所はあったものの1,580円としてはこの上ないパフェだと思います。
1 (17)


葡萄も瑞々しくて甘い。とても甘い。
盛り付けも綺麗です。
1 (18)


■プリン・ア・ラ・モード(1,280円)
1 (13)

プリン・ア・ラ・モードも、やはり素晴らしいコストパフォーマンスを見せてくれます。
プリン・ア・ラ・モード発祥の地と言われているle Grand@横浜のプリン・ア・ラ・モードよりずっとよかった。値段はあちらのほうが更に安いですが。


■ふわふわパンケーキ(1,600円)
1 (21)

生クリームをどっさりと従えてパンケーキ登場。
1941年生まれ、77歳ナムさんのオーダーです。元気です。

「ふわふわ」というだけあり、こんもりとしたパンケーキ。見事です。
食べていないので味はわかりませんが、ナムさんは一瞬で平らげていました。
1 (23)


生クリームを乗せるとエッグスンシングスみたいになりますが、多分エッグスンシングスより美味しいと思われます。
1 (24)

何かに突出しているというよりは、全てにおいて平均点を楽々上回ることで他を寄せ付けないコストパフォーマンスを実現したパフェたちでした。
季節が変わったらまた来てみたいです。渋谷ですし。


===
【オーダー】
フルーツパフェ 1,430円
桃葡萄パフェ 1,580円
プリン・ア・ラ・モード 1,280円
ふわふわパンケーキ 1,600円

■メニュー①
図1

■メニュー②
図2


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

渋谷西村 フルーツパーラーフルーツパーラー / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る