FC2ブログ

和食なら何でも揃う「天理スタミナラーメン」@インヤー湖西岸

2019.03.01.13:23

天理スタミナラーメン@インヤー湖西岸
ラーメン


ミャンマーで仕事をする最終日、みんなでお昼ご飯を食べに行きました。新しくメンバーが増えたので歓迎かも兼ねて。
命がけで道路を渡る。車ばかりの道路を信号無しで4車線分渡るのは、なかなか慣れない。
0301-1.jpg

ミャンマーは東南アジアで最も交通事故が多いらしいです。そりゃそうでしょ、、、という信号機の少なさ。


炎天下の中、15分ほど歩きました。
「途中でまだまだ歩く」ことが判明して、女性陣からは悲鳴があがっていました。
ミャンマーの人でも暑いのは嫌らしい。
0301--1 (2)


連れて行ってもらったのは天理スタミナラーメン。
日本にもお店があるのかわかりませんが、どう考えても日本のラーメン屋さんです。看板日本語だし。
0301--1 (7)

連れて行ってくれたゾウさんが日本食が少なので、滞在中2回目の和食となりました(前回はとんかつでした)。


雰囲気は日本のラーメン屋さんっぽい感じ。テーブル席と小上がりの席があります。
ラーメン屋さんですがカウンター席はありません。
0301--1 (3)

店長さんみたいなおじさんは日本人かもしれないと思いましたが、他のスタッフの方はミャンマーの方でした。
お客さんは1組日本人中年組がいましたが、あとは現地の方で賑わっていました。我々も含めて。

BGMは松田聖子や小柳ゆきが流れていました。どんな有線なのか。あるいは自作のCDか。


卓上にはS&Bの辣油とハウスの七味。あとは醤油や酢が配備されていました。
0301--1 (1)


人が来れば使うのかもしれませんが、カウンター部分もありまして日本酒の瓶が並んでいました。
結構種類が豊富です。
0301--1 (6)


メニューから炸裂する日本の感じ。
ほとんどが日本語です。その方が日本感が出ての良いのでしょう。
0301--1 (4)


ラーメンは看板メニューのスタミナラーメンが6,000MMK≒438円。ミャンマーのレストランとしてはまずまず高めの部類に入ります。
ラーメン+餃子+ご飯のセットになると9,000MMK≒657円と日本とあまり変わらない水準になります。
0301--1 (5)

他にも
・おつまみ
・蕎麦
・うどん
・カレー
・お弁当
・定食
・豆腐料理
・天麩羅
・炒飯
・丼
・寿司
・カルフォルニアロール
・刺身

など不安を覚えるほど多数のメニューが揃っています。ファミレス顔負けのラインナップです。
メニューは一番下にすべて掲載しました。

料理が揃い、卓上が賑わいます。いただきます。
0301--1 (16)


■スタミナラーメン(6,000MMK≒438円)
0301--1 (9)

黒いこういう丼で到着。看板メニューのスタミナラーメンにしてみました。

具は白菜、人参、ニラ。
それから薄い叉焼が入っています。
0301--1 (10)


最大の特徴は大蒜が半端ではない量が投入されている点です。ミャンマーでは料理によく大蒜が使われています。それもかなりの量。
ガツン!!とくる強烈なパンチを持ったスープです。
味わいの方向は、化調風味ではありますが日本で食べるよくある味に似ています。
0301--1 (11)


辛さも結構あり、しかも直接的にビリビリくる辛さです。日本でもかなり辛い部類に入るラーメンになりそう。
大蒜と辛さの刺激的な味。やみつきになる人もいるかもしれません。
0301--1 (12)


日本のラーメンとの違いは麺でしょう。日本に5年いたテリーさんも「麺が違う」と言ってました。
非常に柔らかいストレート麺で、伸びに滅法弱いです。
麺がぐにゃぐにゃフニャフニャ過ぎるところが、わたしには新鮮でした。
0301--1 (17)

また、すすらないように短くする対策を全くしていないのがいいなとは思いました。
ただ食べにくいは食べにくいです。日本のラーメンの長さの麺をすすらずに食べるのはなかなか大変でした。

すごく美味しいかと言われると、そこまでではありませんが普通に美味しかったです。
人に勧めるかというと、どうしても日本っぽいものが恋しくなったらアリかも、というくらいです。


他の方が食べていたもの。

■チャーシュースタミナラーメン(8,000MMK≒584円)
0301--1 (8)


■餃子(3,000≒219円)
0301--1 (13)

作りやすさ重視なのか、なぜか餃子は三角でした。
1つもらったのですが味は冷凍食品の餃子の味に似ていました。


■焼き飯(4,500MMK≒328円)
0301--1 (15)


■とんかつ定食(7,500MMK≒547円)
0301--1 (14)


===
【オーダー】
スタミナラーメン 6,000MMK≒438円


■つまみ/蕎麦/うどん/カレー
おつまみそばうどんカレー

■定食/豆腐料理
定食豆腐

■天麩羅/炒飯/丼
天麩羅炒飯丼

■寿司/刺身
寿司刺し身

■カルフォルニアロール
カルフォルニアロール

■お弁当
お弁当


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

さすがに旨い韓国料理「無窮花」@インヤー湖西岸

2019.03.01.21:13

無窮花@インヤー湖西岸
韓国料理


ミャンマー滞在最終日、泊まっていたロッテホテル内の韓国料理店「無窮花」に行ってみました。
ロッテホテルで韓国料理ならば美味しいに決まっていることでしょう。
0301-2 (1)


店内が満席だったのでテラス席に通してもらいました。
店内はほとんどというか全員韓国の人に見えました。海外でJALホテルに泊まるようなものなので、当然そうなります。
0301-2 (2)


テラス席で飲むビールは最高に美味しい。ミャンマービールがそもそも最高ですが、空気と気温で一層美味しくなります。
テラス席オススメです。
0301-2 (3)


例えばアラカルトメニューはこんな感じです。
20$前後なので2,000円前後。急に日本で食べる感じに近くなります。さすがは高級ホテル。
アラカルト

1つ困ったのは、韓国料理だし韓国語のメニュー名で言えば通じるだろうと思ったいたら、店員さんはミャンマーの方なので「サムギョプサル」とか「チヂミ」と言っても通じなかったので写真で食べたいものを伝えました。

途中からシェフが出てきて、シェフは韓国の方だったので韓国語のメニュー名でオーダーできました。


ウェルカムフードとして茶碗蒸しみたいなものが出てきました。
出汁が効いていて普通に美味しい。まさに茶碗蒸し。
0301-2 (13)


韓国料理店でよく見かける、自動的に出てくる前菜たち。見た目通り上品な味でした。
ただ、一番最初ではなく途中からやってきました。
0301-2 (20)


■海鮮チヂミ(11US$≒1,320円)
0301-2 (14)

なんたる大きさ。すごいな。1,300円以上だがこの大きさがあればコストパフォーマンスよしと言えそう。
外側はカリカリ仕上げで中はもちっとしています。完璧なるチヂミ。さすがロッテホテルの中にあるだけあります。
0301-2 (15)

カリカリともっちりのコントラストが最高でした。


■サムギョプサル(10US$≒1,100円)
0301-2 (16)

野菜がサニーレタス、白菜、春菊。日本だとサンチュ(サンチェだと往年の巨人の抑えピッチャー)が多いですがミャンマーでは取れないのか。あるいは韓国だとこういうスタイルなのか。

まず豚肉が単体で非常に美味しいです。脂の甘みが最高。焼き加減も見事です。
野菜と大蒜と甘辛ダレで頂くサムギョプサルは申し分なく美味しい。日本で美味しいとされる韓国料理屋さんと同じくらい美味しい。
0301-2 (17)


■ユッケジャンスープ
0301-2 (18)

メニューを見たのですがどれがユッケジャンなのか分からずシェフに伝えたため値段がわかりません。
ご飯がタイ米みたいなスタイルではなく日本みたいなご飯でした。


旨みたっぷりの極上のユッケジャン。辛さも結構あり、何より奥深い味わいなのがよいです。
日本でもなかなか食べられない美味しいユッケジャンです。旨い→辛い→旨い→辛いが繰り返されます。
コクがたっぷりとあるため単調な味に感じず、いつまでも食べ続けられます。
0301-2 (19)

具はズッキーニが新しいなと思いました。
超ハイレベルなユッケジャンを、まさかミャンマーで頂けるとは思いませんでした。

ロッテホテルは周りに何もないため、わざわざ行くことはないと思いますが、ロッテホテルに滞在したら1回は食べるべき美味しい韓国料理でした。

===
【オーダー】
上記の通り 1人55,000MMKくらい≒4,015円


■コース
コース

■セット
セットメニュー

■その他
0301-2 (12)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[韓国料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 韓国料理

Sule Square Mallの地下1階を全部紹介

2019.03.02.15:48

ミャンマー滞在最終日。

ミャンマー→日本のANA便は深夜便のため、帰る日ではあるものの1日時間があります。

2日目にシュエダゴン・パゴダには行きましたが、街の中心部にあるスーレーパゴダにまだ行ってなかったので行くことにしました。

市場。よくこういった露店スペースがあります。
0302-1 (1)


食堂。1回だけですが、こういう雰囲気の食堂でご飯を食べることもできました。
0302-1 (3)


デザートはまだまだ日本と比べると美味しそうではありませんでした。
食べると美味しい可能性はありますが。
0302-1 (4)


たまに見かける信号「赤」の意味は、「かなり気をつけて渡れ」です。
「青」でも「相当注意して渡れ」ですが。
0302-1 (2)


スーレーパゴダが見えてきました。それにしても暑い。
ちなみに4月が一番暑いそうです(このときは3月でした)。
0302-1 (5)


スーレーパゴダ到着。
街の中心部にあるため、街中で遊んだついでに訪問することができます。
0302-1 (7)

なおヤンゴンは「街中」といってもさほど何もないため、1日中ブラブラして時間を潰すのは不可能です。
1日中ブラブラしたら熱中症にもなりそう。


シュエダゴン・パゴダでもやったように、自分が生まれた曜日の神様に水をかけます。
0302-1 (8)


ぴったりしたズボンだと入れないので長いスカートか、ロンジーを着用して訪問すると着替える面倒がなくなります。
0302-1 (9)


金ピカしてますし、裸足でペタペタ歩いて気持ちがいいし、シュエダゴン・パゴダより混んでないしなかなかよかったです。
なお裸足でペタペタ歩くので、足は真っ黒になります。ウェットティッシュを相当量持参して訪問するのがオススメです。
0302-1 (10)


ミャンマーは急速に発展中で、とにかく新旧が入り乱れています。
0302-1 (13)


新旧入り乱れですが、街の中心部でも新1、旧9くらいの印象です。
0302-1 (12)


ただここから目覚ましい発展を遂げることでしょう。
みんな優しくていい人ばかりですし。
0302-1 (11)


ミャンマーに来て1度たりとも嫌な思いをすることはありませんでした。
唯一、何車線であろうとも信号がない中で道路を横断しなければならないシーンが幾度とあるため毎回大変でした。
0302-1 (14)


わたしにとっての都会のオアシス。Sule Square Mallに到着しました。
2日目にもお世話になっており2度目の訪問です。
0302-1 (15)

街の中心部を歩いていて疲れた時に休憩する場合、かなりオススメなスポットです。


1階にはロレックスを始めとする高級ブランドがズラリ。
ただ「現地のお金持ちは現地でブランド物を買わない」という法則があるようで、ミャンマーももしかしたらそうかもしれません。むしろ観光客が寄るのかも。
0302-1 (16)


地下1階にフードコートがあります。全部紹介してます。
0302-1 (17)


フードコートではありませんが、大きなスーパーマーケットがあります。
お土産を買うにはちょうどよさそうです。日本でいうと紀伊国屋みたいなものかと思われます。
0302-1 (32)


フードコートイッキ見。


カフェ
0302-1 (29)

チキンライス専門店
0302-1 (30)

ミャンマー料理のお店
0302-1 (19)

タイ料理
0302-1 (20)

中華料理
0302-1 (21)

洋食もあります。ビストロ
0302-1 (31)

和食代表は「うどん」でした。
東南アジアの人は蕎麦よりうどんを好むと聞いたことがあります。
0302-1 (18)


わたしの憩いの場所は、一番奥にあるBar&Cafeです。
0302-1 (22)

Bar&Cafeのメニューは過去記事をご覧ください。


フードコートは全体的にとても綺麗で落ち着きます。空いていますし。
それからトイレもとても綺麗です。
0302-1 (28)


■ミャンマービール(3,800MMK≒277円)
0302-1 (25)

前回は生ビールだったので今度はボトルにしてみました。
これが最後のミャンマービールになりましょう。

最後も最高に美味しかった。


■バニラシェイク(2,000MMK≒146円)
0302-1 (27)

シェイクもあります。
迷いましたがノーアイスでお願いしました。綺麗な建物なので大丈夫かなとも思ったのですが最終日に油断してはいけないなと思い。

街中で休憩したくなった場合は是非お立ち寄りください。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

ミャンマーの高級スーパーとお酒事情を紹介

2019.03.02.15:59

ロッテホテルから徒歩3分くらいの場所にある「marcket place」という高級スーパー。
2日に1回は通っていました。
0302-3 (1)

ロッテホテルの周りにはこのスーパーくらいしか行くところがないため。
なおSule Square Mallの地下に入っているスーパーもこちらと同じスーパーです。
(規模が全然違いますが)


中はとても綺麗で広い。そして新しい。すごい紀伊国屋という感じです。
0302-3 (8)


何もかも大変綺麗に陳列されていて美味しそうに見えます。
0302-3 (2)


いろんなもの探しましたが、無いものはありませんでした。ただしそこそこ高いです。
ひょんな理由でオリーブオイルを探したときも、ここのスーパーだけにはありました。
(普通のスーパーではオリーブオイルが手に入りません)
0302-3 (4)


買い物に来ている人は観光客というか現地に住んでいるっぽい外国人の方が多かったです。
0302-3 (3)


かなり外国産のものが多い中、ミャンマー・オブ・プライドと称された棚があり、ミャンマー産のものが集まっています。
0302-3 (10)


お土産はここで選ぶとよいです。
0302-3 (11)


お酒もものすごい数があります。充実しているなんていうものではありません。
ほぼ手に入らないお酒はないという感じでした。
0302-3 (5)


ビールは外資を中心にかなりの種類が揃っています。
0302-3 (18)


ハイネケンで1,500MMK≒109円、Tigerビールで1,400MMK≒102円。
0302-3 (20)


ミャンマービールはさらに安く1,100MMK≒83円と、とうとう100円を切ってしまいます。
しかしミャンマービールが圧倒的に美味しいので毎晩ミャンマービールを飲んでいました。
0302-3 (19)


日本のビールはとにかく一番搾りをよく見かけます。ミャンマービールはKIRINの子会社のため。
スーパードライやモルツ、サッポロはどこのお店でも1回も見かけませんでした。
0302-3 (7)


ワインもたくさん置いています。
0302-3 (12)


ミャンマーでもワインを作っているようで、ミャンマーコーナーがありました。
0302-3 (13)


ハーフボトルで4,650MMK≒339円のこのワインをいつも買って飲んでいました。
0302-3 (15)


部屋にきちんとしたワイングラスがあったので、毎晩最高の気分でワインが飲めました。
家にいるのと変わらんぞこれは、と。
0302-3 (16)


あまりにワインが美味しいので、最後の方に高め(といってもボトルで1,200円くらい)のワインを買って飲んだら、とんでもない味がしました。
薬そのものみたいな味というか。絶対に何か工程を間違えている味がしました。
0302-3 (21)

海外旅行ならではのアクシデントとして楽しみました。一応飲むのは止めました。


ワイン以上に驚いたのがラムです。ラムもミャンマーで作っているのですが、、、一番高級なラムでも720ml入のボトルで2,100MMK≒153円という衝撃価格。
0302-3 (14)


途中からは毎晩ラムを飲んでいました。
0302-3 (17)

ミャンマーはお酒がすごく充実していて、とても安く買うことができます。
高級スーパーでこの値段なので町の普通のスーパーだと更に安い場合もありました。

あまり長くいるとアル中になってしまいそうです。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ロッテホテルヤンゴン、クラブラウンジ カフェタイムに潜入

2019.03.02.16:02

前にクラブラウンジのディナーを紹介しましたが、今回はカフェタイムを紹介します。

カフェタイムは14時~(だったような)、ディナータイムは18時~20時だった気がします(ディナータイムは確実です)。

飛行機が発つ夜まで時間があったので軽食をとりに訪問しました。
0302-4 (9)


相変わらず大変空いています。最初から最後まで誰かに会うことはありませんでした。
クラブフロアに宿泊すれば無料で使えるのですが、あまり使う人はいないようです。
0302-4 (10)


この広い空間を独り占めできるなんて。なんて贅沢な。
ホテルの方は部屋番号だけ聞いて、すぐにいなくなってしまいました。
0302-4 (8)


カフェタイムは軽食が用意されています。

サンドイッチが2種類。
0302-4 (1)


揚げ物系点心が2種類。
0302-4 (2)


フルーツが4種類。
0302-4 (3)


ケーキが3種類。
0302-4 (4)


冷たい飲み物いろいろ。ただしアルコールはありません。
0302-4 (6)


温かい飲み物もいろいろ。
0302-4 (5)


マシンでカプチーノを作りました。
0302-4 (13)


インヤー湖を眺めながら、軽食を頂く。特にツナのサンドイッチが美味しかった。
0302-4 (11)


ゆっくりとカフェ休憩することができます。もう帰りたくないどころの騒ぎではありません。
0302-4 (14)


チェックアウト前にシャワーを浴びるため部屋に戻りました。
ミャンマーりょ、、、いや滞在が終わってしまいました。
0302-4 (7)

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

ロッテホテルヤンゴンの紹介

2019.03.02.19:49

ミャンマー初滞在でお世話になりましたロッテホテルヤンゴンを簡単に紹介します。
一言でいうと「立地以外は最高最強のホテル」でした。
0302-4 (19)

たまたま職場が近かったので良かったですが、観光目的の場合はもう少しダウンタウン寄りのほうがいいかな、、、と思いつつも、立地の不便さを補って余りある素晴らしいホテルでした。


朝食およびクラブラウンジの紹介記事はこちら。
・朝食バイキング
・クラブラウンジ(ディナータイム)
・クラブラウンジ(カフェタイム)


1階ロビーです。とても天井が高く広々としています。
0302-4 (18)


綺麗であることはもちろんのこと、ホテルのスタッフの方の対応も素晴らしく、気持ちが良い思いしかしません。
さすがは一流ホテルです。英語も全員通じます。
0302-4 (17)


13階、14階に泊まるプランを選びますと、クラブラウンジでのチェックインとなります。
クラブラウンジが自由に使えたり、ランドリーが1日2点無料になったり、いろいろなサービスを受けることができます。
料金に含まれているだけではあるのですが。
0302-4 (1)


内廊下。クラブルームだったからか、ほとんどというか1回も人に会うことはありませんでした。
朝食のレストランは非常に混んでいたので、お客さんが全然いなかったというわけではなさそうです。
0302-4 (16)


ダブルベッドルームです。広さは37平米と1週間過ごすには十分な広さ。新しいホテルなので清潔さは抜群です。
0302-4 (2)


ベッドの寝心地も抜群。家と同等に寛げる最高のお部屋でした。
ホテルのベッドは高さがあるのがよいです。
0302-4 (3)


テーブルと椅子があり、仕事をしたり調べ物をしたりできます。1週間、小さな書斎となります。
家にも書斎ないのに。
0302-4 (4)


ウェルカムフルーツ。
0302-4 (10)


窓からの景色です。インヤー湖が見える側の部屋を指定することができますが、高くなってしまいます。
窓からの眺めにはあまり付加価値を感じないため安い方の部屋にしました。
0302-4 (11)


温度調整。新しいホテルゆえ最新式です。「HIGH/LOW」しか選べないということはありません。
温度指定で空調を管理することができます。
0302-4 (15)


グラス類。お茶もよく飲みました。
0302-4 (12)


ワイングラスが立派なものがあって有難かったです。
ミャンマーワインを買って部屋で優雅に飲むことができました。ワイングラスがちゃんとしたものがあるホテルは久方ぶりです。
0302-4 (13)


次に水回りです。総じて超きれいです。潔癖症の人でも大丈夫。

洗面台。一切問題ありません。
0302-4 (8)


バスタブ有りです。
0302-4 (5)


とても長いので足を思いっきり伸ばしてお湯に浸かることができる点は家より良い点です。
0302-4 (9)


シャワースペース。お湯のパワーも申し分ありませんでした。
0302-4 (7)


アメニティはロクシタンです。
0302-4 (14)


トイレももちろん問題ありません。
トイレが綺麗でないと便秘になる人でも大丈夫です。
0302-4 (6)


入りませんでしたがプールもあります。プールはほとんど誰かが入っているシーンを見ませんでした。
平日の昼間は誰かいたのかも。
0302-4 (21)


インヤー湖とつながっているかのようなプールで、さぞ気持ち良いことでしょう。
0302-4 (20)

日本で高級ホテルに泊まらないので比較が難しいですが、綺麗だし広々しているし新しいし、申し分なさすぎる素晴らしいホテルした。
とてもとてもオススメです。立地の問題だって結局はタクシーで移動しまくるので関係ないっちゃ関係ないです。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

ANA814便 ヤンゴン→成田6時間の旅

2019.03.03.07:20

ヤンゴン→成田のANA直行便は21時45分発と深夜出発になってしまいます。

ヤンゴンは渋滞がものすごいので警戒して少し早めにホテルを出発したのですが、まったく渋滞がなく20時前には空港に到着してしまいました。
0303 (1)


お腹も空いていたのでご飯が食べたいなと思ったのですが、1階にあるケンタッキーが結構混んでいました。
0303 (2)


しかし看板を見るとバーガーキングがあるようなので、バーガーキングに行くことにしました。
0303 (3)


いろいろ探したのですがバーガーキングが何処にもなく、空港の方に聞いた結果チェックインした中にあるということがわかりました。
すごく広いのにほとんど人がいないのは夜遅いからだと思います。
0303 (4)


どこにあるんだろう。。。20時過ぎてるし、まさかもう閉まって入れないエリアにあるとか??と思っていたら、最後の最後の奥の方にレストラン集合スペースを見つけました。
0303 (9)


見たことのないアイスクリーム屋さん。
0303 (8)


タイ料理屋さん。
0303 (6)


日本人が多く群がっていた豚骨ラーメン屋さん。
0303 (5)


そして目当てのバーガーキング。
ラーメンは日本に帰ればいつでも食べられますし。バーガーキングもそういう意味では同じですが。
0303 (7)


フードコートは結構人がいましたが、それでも席数が多いため楽々座れました。
0303 (10)


ノーマルのワッパーセットが8.9$(≒980円)なので日本より少々高めでした。
空港にあるとはいえ、ここに来て初めてミャンマーで「日本より高い」という自体に驚きました。
0303 (11)


海外仕様なのでケチャップとチリソースは取り放題です。
0303 (14)


ワッパーとチーズバーガー、ポテトとドリンクのセットにしました。
0303 (12)

ここでつい油断して氷入りのコーラをどわーっと飲んでしまいました。バーガーキングなので油断しました。
インドではマクドナルドで油断してあとで大変なことになりました。すっかりそのことを忘れていた。

緑茶と梅干しで応急処置をしたからか、結局大丈夫でしたが。


ポテトは大ぶりで美味しい。バーガーキングのポテトはこんな感じでしたか。ちょっと記憶にありません。
0303 (13)


チーズバーガーと、
0303 (15)


ワッパー。
0303 (16)

まず言えるのはパンがカスカスであるという点です。スカスカというか。
日本のバーガーキングでこういったパンはないかもしれないなと思いました。

それからバーガーキングの醍醐味は炭火感が1つあると思いますが、それがほとんどというか全くありませんでした。
でも味は普通に美味しいです。安心して食べられます。

なお、21時でお店は閉まってしまいました。危なかった。ギリギリでした。
でも21時45分のANA814便に乗る人は、ほぼ間に合うと思います。


21時45分定刻通りヤンゴン国際空港を出発しました。
行きはパンパンに満席でしたが、帰りはそこまでではありませんでした。
0303 (17)


ビールとワインを飲み、、、
0303 (18)


機体が古いため非常に小さな没入感を感じにくい画面で映画を見ました。「スマホを無くしただけなのに」
まずまず面白かったですが映画館で見る意味はあまりないかもと思いました。
0303 (19)


もう1つは「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」です。こちらは全然面白くありませんでした。
面白くない映画ですが、座席がリクライニングしない影響もあり全く眠くならないのが余計に残念でした。
0303 (20)


離陸してから4時間ほど経過して、何ご飯になるのか分かりませんが食事となりました。
(朝食と書いてありました)
行きの機内食が相当ガッカリな内容だったので、帰りはすっかり期待しておりませんでした。
0303 (21)


洋食。
0303 (22)


「マッシュルームのフリッタータ チキンソーセージ添え」というタイトルですが大袈裟かなと思います。
0303 (23)


和食。
0303 (24)


鮭幽庵焼き。ということでした。
0303 (25)

ANAの機内食がJALより劣るのか、あるいはヤンゴン便だけが力が入っていないのか。

6時間、一睡もすることなく成田に着いてしまいました。朝7時に着いてしまうということも大きいですが、日本寒い。
あれほどミャンマー滞在は快適だったのに、帰りですべてのエネルギーを奪われました。
0303 (26)

しかし6時間なのでギリギリ我慢できる長さです。
何れにしてもミャンマーは素晴らしい国でした。

また7月に訪問します。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

新地唯一のステーキハウス「Bambu」@二子新地

2019.03.03.17:41

Bambu@二子新地
ステーキ


ミャンマーから帰国し、寝て起きたら夕方。ということで夕飯を食べに行くことにしました。
肉をガブっと食べてみたいなということで、二子新地にあるバンブーというステーキ屋さんに行きました。
以前はBalg/というハンバーガー屋さんだった場所です。
0303-1 (1)


二子新地なので喫煙可かなーと思ったら、なんと禁煙です。
二子新地、高津、溝の口はほとんどのお店が喫煙可の印象なのですが、これは助かる。
0303-1 (19)


17時の訪問だったので先客はおりませんでした。
大人の男性と学生アルバイトの2名体制に見えました。
0303-1 (2)


ステーキは例えばリブロースだと200gで2,200円。100g100円ちょっとなのでなかなか良心的な価格かなと思います。
高くはないですし、不安になるほど激安でもありません。
0303-1 (6)

牛以外のステーキやハンバーグ、あと名物料理としてラクレットがあるようです。
他のメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール(480円)
0303-1 (9)

ビールはサントリーの香るエールでした。
プレモルよりは大丈夫ですが、香るエールも何か味が付いているような気がして苦手でした。
張り切って訪問しましたがビール1杯しか飲みませんでした。


■Bセット(450円)
0303-1 (10)

サラダ、スープ、ご飯が付くBセットのサラダとスープです。
サラダがなかなかの量で嬉しい。ミャンマーではあまり生野菜を食べなかったので。


■海老とキノコのアヒージョ(750円)
0303-1 (12)

海老とキノコというか、海老とシメジのアヒージョです。キノコはシメジ一種類に見えました。
少々塩味が強めでしたが十分美味しいアヒージョでした。グツグツっぷりも素敵です。
0303-1 (11)


ステーキたちが運ばれてきた。
0303-1 (14)


■リブロース200g(2,200円)
0303-1 (16)

大きさはかなり悩んだのですが、ミャンマー帰りで胃が疲れているかもしれないと思ったので最も小さな200gにしました。
焼き加減はミディアムレアです。

ステーキソースは2種類。
0303-1 (15)

肉は柔らかく、肉自体の味もしっかりありよいです。
200gで2,000円ちょっとのステーキとしては十分美味しいと思います。
0303-1 (17)


厚みのあり焼き加減もよいです。
ステーキソースに頼らなくても十分いけるリブロースでした。
0303-1 (18)


■ハラミステーキ200g(1,700円)
0303-1 (13)

ハラミはリブロースよりは柔らかさはありませんが、脂が少なくていいです。
ヘルシー志向なステーキ。

駅からも近く値段も手頃で味もまずまず。
使い勝手が良いステーキ屋さんだなと思いました。

それにしても日本の白米は本当に美味しいなと改めて思いました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人3,350円


■チキンステーキ
0303-1 (8)

■ハンバーグ
0303-1 (7)

■コース/一品料理
0303-1 (5)

■ラクレット
0303-1 (4)

■ドリンク
0303-1 (3)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ステーキ&ハンバーグ Bambu二子新地ステーキ / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ステーキ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ステーキ

何でも美味しい中華酒場「曾さんの餃子」@神保町

2019.03.05.22:34

曾さんの餃子@神保町
中華


神保町にある「曾さんの餃子」というお店に行きました。
0305 (1)

代々木にある「でっかい餃子 曽さんの店」とお店の名前が一緒と勘違いしていたのですが神保町は「曾さん」、代々木は「曽さん」なので違いました。

お店の方に伺ったところ、仕入元は一緒ということでした。まるで関係のないお店ではないそうです。
ただ、こちらの修行元は六本木のお店で、そこの暖簾分けであるそうです。

しかも店主は奇しくも先週まで訪問していたミャンマーの方でした。
ありとあらゆる(といっても10単語くらいですが)ミャンマー語を使い全て通じました。


店内はテーブル席オンリー。居酒屋スタイルですがとても綺麗で清潔感があります。
閉店間際の写真なのでお客さんが我々しかいないように見えますが、20時の入店時は凄まじい混みっぷりでした。
0305 (20)


餃子は4個で590円。それだけ聞くと少々高めですが後述しますが大ぶりの餃子です。
餃子は他にも揚げ餃子、水餃子、それと餃子ソーセージなんていう変わったメニューがあります。
0305 (2)

餃子以外にもいろいろなメニューがあります。
一番下に全て掲載しました。


マイグラス制度という変わった制度があります。
マイグラスというと自分でグラスを持ってくれば100円引き、、、と思いそうですが、そうではなくお替りを同じグラスですると100円引きになるそうです。
こんな簡単なことで100円も引いてくれるなんて。
0305 (12)


■瓶ビール(550円)
0305 (5)

サッポロラガービール。通称赤星。瓶ビールで一番好きな、出会えると嬉しい銘柄です。
「おお赤星!」とテンションが上ります。
あまりお目にかかれないレアさも、嬉しさに拍車をかけるものと思われます。

赤星中瓶最高。


■前菜3種盛り/春巻き4本(980円)
  餃子ソーセージ4本(790円)/海老入り黒豚シューマイ4個(530円)
図1

料理は総じてどれも美味しく全て偏差値58以上はありそう。
何を食べても外さぬ強さがあります。


■蒸鶏のねぎソース(390円)/手仕込み油淋鶏(690円)
図2

小さな前菜がすごく安価で用意されていて、餃子前のウォーミングアップをしてくれます。
チェーン店のような画一的な味でないので食べていて楽しい。


■ひとくち揚げ餃子8個(420円)
0305 (6)

揚げ餃子は8個で400円ちょっとと大変リーズナブルです。
一口サイズでスナック感覚で頂けます。こぶりなので胃袋にどかっと来ないのもいいです。


■焼き餃子8個(990円)
0305 (9)

焼き餃子は、ぱっと見は餃子に見えないです。どちらかというと焼き小龍包っぽい印象です。
代々木のお店とスタイルは似ています。


餃子と一緒に大きなレンゲが出てきます。永福町系大勝軒級の大きなレンゲが。
0305 (7)


大きなレンゲに大きな餃子を乗せて、酢醤油と細切り生姜を乗せて、、、ってまるっきり小籠包ではないか。
0305 (11)


やや分厚めの皮の向こうに肉汁たっぷりの餡が入っています。
皮が分厚いので小籠包じゃん!とはなりませんが、味わいはだいぶ近いです。
肉汁どばっと系の小籠包気味の焼き餃子。お腹いっぱいになりすぎるので1人2つくらいがちょうどいいと思います。
0305 (10)


■水餃子4個(650円)
0305 (14)

水餃子というかスープ餃子。旨味たっぷりの白湯っぽいスープに浸かった水餃子。
この周りのスープが美味いのなんの。水餃子以上に存在感があり、そして美味しいです(水餃子ももちろん美味しいです。分厚い皮がもちっとして)。

焼き餃子、水餃子はそれぞれ一撃必食メニューといえそうです。


■麻婆豆腐(690円)
0305 (19)

豆腐が切れておらず、どかっと1つ入っているのが特徴の麻婆豆腐。
独創性が出るし、作る方も楽だし、2つもメリットがありそう。
辛すぎずしょっぱすぎず良い塩梅でこちらも美味しい。


■台湾混ぜそば(850円)
0305 (21)

台湾まぜそば自体は名古屋発症ですが、最近は中華料理屋さんでもこうして置いてあるお店があります。
逆輸入バージョンとでも言いますか。
こういった事態により台湾発祥だと思う人も多い気がします。


大蒜が度が過ぎて入っていたりせず、優等生タイプの台湾まぜそばでした。
0305 (22)


てんこ盛りのパクチーが一緒に出てきまして、大変よい仕事をしてくれました。
このパクチーは次に頼んだ魯肉飯でも大活躍しました。
0305 (23)


■魯肉飯(750円)
0305 (24)

名古屋出身の台湾まぜそばと、台湾出身の魯肉飯。
魯肉飯は台湾で食べたような、刺激的な突き抜けた美味しさはありませんでした。
金峰魯肉飯の魯肉飯はとんでもなく美味しかった。

お店も綺麗で店員さんも元気いっぱいで料理もどれも美味しい。特に焼き餃子と水餃子が美味しいです。
普通の中華料理屋さんとも一味違っている点も面白いです。

とてもオススメのお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円


■一品料理
0305 (3)

■ドリンク
0305 (4)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

曾さんの餃子餃子 / 水道橋駅神保町駅九段下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

禁煙ならば通いたい「PESCE D'ORO」@台場

2019.03.08.14:33

PESCE D'ORO@台場
イタリアン


東京アクアシティ。ラーメン目線でいうとラーメン国技館がある建物です。
0308 (1)


しかし今日はラーメンではありません。イタリアン。
片仮名読みで「ペッシェドーロ」というお店です。
0308 (2)

お台場では数少ないイタリアンのお店になります。東京アクアシティの6階です。
なお東京アクアシティは5階が安価め、6階がちょい高めになっています。

5階ならランチは1,000円以内、6階だと1,000円ちょいするようなイメージです。


店内は屋内とテラス席があります。そしてランチタイムですら喫煙可。イタリアンのランチで喫煙可とはかなり珍しい。
なんでも一時期禁煙になったのですが、客足が鈍ったのか喫煙可に戻ったようです。
0308 (3)


イタリアン✕喫煙という意味では貴重な存在なのか、異様に喫煙率が高かったです。
なので嫌煙家の方は十分ご注意ください。
0308 (4)


ランチは全てパスタになっており、週替りで5種類、グランドメニューで11種類あります。
かなりパスタのメニュー数が多い。パスタ好きには最高でしょう。煙草が好きだともっと最高でしょう。
0308 (5)

概ね1,000円以上ですが、大盛りが無料になっています。おじさんが多かったのは大盛り無料✕喫煙可だからか。


最初にパンと、
0308 (7)


サラダが提供されます。
0308 (6)


大好きなハイカロリーのカルボナーラがありましたので馬鹿だから大盛りにしてしまいました。
するとどうでしょう。相当なボリュームです。
0308 (9)


ベーコンのカルボナーラというタイトルで、ベーコンはしっかりとした厚切りタイプでした。
麺の量にベーコンの量が負けていませんでした。
0308 (11)

チーズがとても効いているタイプのカルボナーラです。


非常に一般的でストレートなカルボナーラで、日本人がカルボナーラと聞いてイメージするカルボナーラそのもののような味わいです。つまりは美味しい。美味しく食べられます。
0308 (10)

パスタの量はなかなかのもので、体感で乾麺150gといったところでしょうか。


このカルボナーラならば週に1度は食べたいかもしれない。1,130円と高めですが、このボリュームと味を考えると全く悪くありません。
0308 (8)

喫煙問題については台場は東京なので2020年春には自動的に解決されるため、2020年春以降に再訪したいです。

なおコーヒーカップがイタリアンスタイルで非常に持ちにくいです。
すごい力を入れないとうっかり落としそうになります。
0308 (12)

コーヒーカップは日本が最高だとインドに行った時に高級ホテルで言われたのを思い出しました。


===
【オーダー】
ベーコンのカルボナーラ 1,130円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ペッシェドーロ お台場店イタリアン / 台場駅東京テレポート駅お台場海浜公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

もう1つの大箱マルゴ「MARUGO GRANDE」@新宿三丁目

2019.03.08.22:46

MARUGO GRANDE@新宿三丁目
ダイニングバー


新宿三丁目酒場エリア、自称マルゴエリアにある、まさにマルゴの1つ「マルゴーグランデ」に行きました。
0308 (1)

マルゴグループで行ったことがあるお店は次の3つです。
・肉イタリアン Claudia
・肉イタリアン Claudia2
・371(ランチ利用)


さすがはマルゴグループ。店内はぶん混み状態です。
高くはありませんが、決して安いお店でもないというのに流石です。
0308 (2)

薄暗めのダイニングバーで、席は地下にもあります。
「グランデ」というタイトルが付いていますが、席数はマルゴファイブの方が多いみたいです。
グランデは120席で、371と同じ収容力です。

あまりに混んでおり2時間制と言われました。


371と同じくテーブルの引き出しにナイフやフォークが入っています。
誰がどう触ったかわからないスタイルなのであまり好きではない。
0308 (6)


フードメニューの一部です。
簡単な料理は1,000円を切るものもありますが、基本1,500円前後というラインナップです。
大人が普通に飲んで食べると6,000円くらいはいく感じです。
0308 (7)

料理の感じは洋風バルで何でもあるイメージ。
他のメニューは一番下に掲載しました。


■生ビール/スパークリングワインボトル(5,400円)
図1

生ビールはメニューで見つけられなかったので銘柄は分かりませんでした。
マルゴグループはお店によってビールの銘柄が異なります(そこもいい)。

スパークリングワインのボトルは4,000円~です。


■タコとセロリとドライトマトのマリネ(600円)
0308 (10)

タコの味が薄いですがドライトマトと一緒に食べると味がちょうどよくなります。
しかし600円のためドライトマトが量少なめ。ドライトマトって結構高いので仕方ありません。


■マルゴサラダL(1,200円)
0308 (11)

ものすごいボリュームのサラダが来てしまった。しまった。Mでよかった。
美味しいサラダでしたが、あまりにボリュームが凄すぎて最後まで残っていました。


■ホタルイカと芽キャベツのブラックアヒージョ(800円)
0308 (13)

ブラックアヒージョはイカ墨入りです。
黒すぎて見た目の華やかさはありませんが、イカ墨の旨味たっぷりの美味しいアヒージョで、最後の最後までバケットを使って頂きました。

アヒージョは他にもいろいろ種類があり、オール800円です。


■スーパーカプレーゼ(1,700円)
0308 (12)

スーパーの所以はブラータチーズを使っているところにありそうです。
美味しくないブラータチーズを1度も食べたことがありません。ブラータチーズは無条件に美味しいです。値が張りますが。


■牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(1,000円)
0308 (14)

マルゴグループは全体的にお肉料理が美味しいです。ゆえにこの牛ほほ肉は間違いない味でした。
ソースも誰しもに愛されるよう調整されています。
この赤ワイン煮込みが1,000円というのはかなり秀逸だと思います。


■仔牛ロースのサルティンボッカ(2,500円)
0308 (16)

最後に肉〆!と思って気合を入れてオーダーしたサルティンボッカは、値段を考えるとあれれ?という感じでした。
ソースに香草が効いていていい感じではあるのですが、2,500円となるともっと期待してしまいました。

新宿二丁目に会社がある間に、新宿マルゴグループのお店どれだけ回れるだろうか。

===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい


■フードメニュー
0308 (8)

■クラフトビール
0308 (3)

■ワイン①
0308 (4)

■ワイン②
0308 (5)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

マルゴーグランデイタリアン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

女性に人気のカジュアルイタリアン「L'ottocento」@茅場町

2019.03.09.21:56

L'ottocento@茅場町
イタリアン


前々からパスタの写真が美味しそうで気になっていたロットチェントに行ってきました。
場所は茅場町。水天宮前から歩きました。
0309 (1)


土曜日の茅場町ということで、劇的に空いているだろうと思って訪問したら大変混んでいました。
カフェのようなカジュアルな雰囲気で女性客が大勢いらっしゃいました。
0309 (2)


お店全体から感じるオーラは確かに女性にとても好まれそうです。
男4人とかで行くとなかなか浮きそう。
0309 (3)

手渡されたおしぼりがローズマリーの香りがします。おしぼりが旨そう。
店員さんはキッチン3名ホール4名。店員さんは皆さんとても丁寧な応対でした。


お皿がとても印象的で、ポーランドの食器だそうです。
南青山のショップで販売しているそうです。器も女性に好まれそうな感じ。
0309 (8)


メニューは紙です。よく変わるのかもしれません。
前菜は1,000円弱、メインは2,000~4,000円くらいと幅があります。パスタは2,000円弱。
雰囲気はカジュアルめで、値段はカジュアルよりは少々高めの設定です。
0309 (4)


メニュー構成の「例えば」が記載されているので、分量の目安になりそうです。
0309 (7)


■ビール/赤白ワイン
0309 (16)

ビールはメニューには載っていませんが小瓶ならあると一番搾りを出して頂きました。
グラスワインは850円~1,500円と価格にとても幅があります。
料理に合わせてオススメを頂きました。


■大人のレバーパテ(800円)
0309 (9)

パテにマルサラ酒のジュレが混ざっています。
濃厚な味わい。黒胡椒がとてもよく効いています。
ジュレがすごく苦くて、あまり合っているようにも思えずなくてもいいかな、、、と感じました。


■マグロのタルタル アンディーブのお皿で(750円)
0309 (10)

白トリュフのオイルがけ。イワシの魚醤入り。
いろいろな味が入っていますが一体となっています。こちらは美味しい。
炭火で炙られた茄子がよい仕事をしておられました。

1人1つ頼むのがよいと思います。おすすめです。


■エビリゾ500%(1,800円)
0309 (11)

刻んだローズマリーが入っています。甘エビの頭で出汁をとったそうです。熱々のお皿で登場。
500%ということで非常に濃厚で、さらにはローズマリーがバンバンに存在感を出してきます。イタリアンっぽくない味。

米のアルデンテ感は素敵でしたが、少々味が濃すぎるかなとも思いました。


■ぶつ切りハラミのロースト(2,800円)
0309 (12)

アンチョビのソース。肉で魚のソースというのが珍しいです。
黄色いのは林檎。
メニューには「2~3人前」とありましたが、さほど量は多くありません。

甘み、肉の旨味が同居する美味しいハラミです。下の野菜が焦げすぎて苦味が過ぎたかも。
美味しかったですが2,800円だと割高かなと感じました。


■黄色いイワシのソース極太麺(1,800円)
0309 (13)

極太麺が特徴のパスタ。

鰯のソースも、こちらは味が濃すぎず美味しいです。
松の実、レーズンなど脇を支えるメンバーも良い仕事ぶりでした。
0309 (14)


見た目は完全にうどん。浅草開化楼の麺のパスタというのが感慨深い。
そして開化楼麺というだけありさすがに麺単体で抜群に旨い。
0309 (15)

1人8,000円少々と雰囲気と料理とのバランスを考えるとちょっと高めかなと思いました。
気取った雰囲気を抑えたいときのデートなどにはよいかも。


===
【オーダー】
上記の通り 1人8,000円くらい

■ドリンクメニュー
0309 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

ロットチェントイタリアン / 茅場町駅水天宮前駅人形町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

パティが牽引するハンバーガー「MADE IN HANDS」@日吉

2019.03.10.13:29

MADE IN HANDS@日吉
ハンバーガー


横浜方面に向かう途中でハンバーガーが食べたいなと思い、チェーン系のハンバーガーではないお店を探したのですが意外と横浜方面はハンバーガー屋さんが少ないことを知りました。
日吉に1つお店があると知り日吉で途中下車。

母校をちょっと見学。建物は新しくなったものもあるようですが、基本的に入口のこの感じは変わっていないような気がします。
0310 (18)


今もそう呼ぶのかわかりませんが大学がある側とは逆の「ひようら」から放射線状に伸びているうちの一番右手「サンロード」の先にお店があります。
0310 (1)


MADE IN HANDSというお店です。手作りだぞということでしょうか。
0310 (2)


「飲めるグルメバーガー専門店」というコンセプトのハンバーガー屋さんのようです。
0310 (3)


店内は左がカウンター席6つと2名がけのテーブルが1つ。
煙でモクモク状態のため一張羅や結婚式前の訪問は気をつけたいです。
モクモク過ぎることはお店の人も認識しているようで、窓を開けているのでとても寒かったです。
牛肉を焼いたよい匂いが充満してますが、モクモクです。そして寒い。
0310 (8)

雰囲気は確かに飲めそうです。バーのようでもあります。

入って右手は4人がけのテーブル席が2つありました。
店員さんは男女1名体制。とても若かったので慶應の学生さんでしょうか。


ハンバーガーは1,000円~1,600円とそこまで高くありません。
ただ、飲み物は別料金です。ポテトは料金に含まれています。
0310 (7)

ドリンクメニューは一番下に掲載しました。


15分待ちでハンバーガーが到着しました。
0310 (11)

アメリカンコーヒーをお願いしますと言ったら「ない」と女性に言われ、すると男性が「薄めにすることはできる」と教えてくれました。
かなり酸が効いたコーヒーだったので薄めにしてもらってよかった。


■The Original(1,000円+チェダーチーズトッピング150円)
0310 (10)

ポテトは細長いスタイルでマクドナルドのポテトが一番近いかなと思います。


パン(バンズ)はしっとりめ。少し小ぶりな印象です。
パンが小さいのでハンバーガー自体も少しだけコンパクトに見えます。
0310 (9)


特筆すべきはハンバーグ(パティ)。
肉厚で、それでいてぎっしり肉が詰まった豪快なハンバーグ。ハンバーグ単体で大変美味しい。焦げの感じもすごくいいです。
中はうっすらピンク色で焼き加減も見事です。男性が焼いていましたが慶應の学生ではないかも。
0310 (15)


ソースがたっぷりで、そしてとてもフルーティーです。ソースは好みが分かれそう。
個人的にはここまでフルーティーでなくてもいいですが、女性には好まれそうです。
0310 (17)

パンチ控えめなソースな分、食べていて味が濃くないので最後まで飽きずに美味しく食べられます。


■Friday's night(1,500円)
0310 (12)


レタス、トマト、オニオン、ベーコン、アボカドと大変具沢山なハンバーガー。
これが1,500円とはすごい。1,000円のオリジナルに上記をトッピングした値段よりも少しお得です。
0310 (14)


アボカドバーガーが食べたいということで、アボカドが入っているメニューがこちらだったので、このボリューム満点バーガーにしたのですが、1,000円のオリジナルに150円のアボカドトッピングで十分だったらしく、あとで大変叱られました。
0310 (13)


食べた感じ、チェダーチーズは必須で、あとは好みのトッピングをもう1つで1,300円くらいで仕上げるのがちょうどいいかもしれません。
ソフトドリンクは500円前後なので2,000円を切って本格バーガーが食べられます。
0310 (16)

席が寒い難点がありましたが、3月というギリギリ窓を開けられそうな、しかし開けると寒いという季節のたまたまの問題だった可能性があります。


===
【オーダー】
The Original 1,000円
チェダーチーズトッピング 150円
Friday's night 1,500円
コーヒー 500円
紅茶 400円


■ドリンクメニュー
0310 (5)

■ソフトドリンク
0310 (6)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

MADE IN HANDSハンバーガー / 日吉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ハンバーガー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ハンバーガー

お通しが1,000円「鶏炎」@馬車道

2019.03.10.20:45

鶏炎@馬車道
焼鳥


2年半ぶりに神奈川県食べログオフ会が開催されました。
場所は馬車道にある鶏炎というお店に行きました。
0310-2 (1)


1階はカウンター席のようでしたが、個室を予約したので2階に通されました。
0310-2 (2)


完全個室。しかし5人でこの席だったので、3人側は少々というか、かなり狭かったです。
6人でもこの席になる場合があるのだろうか。
痩せている人3人でギリギリなんとかという感じでした。
0310-2 (21)


焼鳥のメニューは1本200円~250円なので安くはありません。
その他のメニューは一番下に掲載しました。
0310-2 (7)


■瓶ビール(750円)
0310-2 (6)

ビールは生でも瓶でもエビスです。
中瓶で750円というのは、なかなか高めの設定かなと思います。


■お通し(1,000円)
0310-2 (9)

お通しが3品も!ただ、こちら1,000円でした。
1,000円のお通しはいらない。。。焼鳥食べにきたので。。。自動的に1人1,000円ONとなるので会計時に「あまり食べてないのに結構いったなー」と思ったのはこのためでした。


■梅水晶(480円)/ししゃも(880円)
図1

焼鳥以外にもおつまみメニューが充実しています。


■もも肉(200円)/レバー(250円)/ささみ(200円)
  皮(250円)/だんご(250円)
図3

焼鳥は総じて問題ないかなと思いました。
レバーも「レバーが嫌いな人でも食べられる!」という感じではなく、レバーが好きな人が美味しく食べられるタイプのレバーでした。


■牛タン炭火焼き(1,280円)/はつ(200円)
図4

個室で居心地がよいため(3人横並び問題はありましたが)、個室でゆっくり焼鳥を食べたいシーンにはよいかもしれません。


■鶏そば(800円)
0310-2 (19)

焼鳥屋さんとして特筆すべきはラーメンが食べられるということです。
専門店顔負け、、、とまではいきませんが、鶏ベースの優しいラーメンでした。

上記で1人5,000円成。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,000円


■おすすめメニュー
0310-2 (4)

■一品料理
0310-2 (8)

■ドリンク
0310-2 (3)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

鶏炎 馬車道店焼き鳥 / 関内駅馬車道駅桜木町駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼鳥

ノスタルジックなお寿司屋さん「秀吉」@桜木町

2019.03.10.23:14

秀吉@桜木町
寿司


食べログ横浜オフ会。1次会は焼鳥で、2次会は変なお店だったので30分もせずお店をあとにし、3次会でマーコさんがオススメのネタ満載(寿司のネタではない)のお寿司屋さんがあるということで行ってみました。

「いつ行っても夜遅いと超絶空いている」とのことで予約せず訪問しました。
その名も秀吉。
0310-2 (1)

外観と、そして名前が既にインパクトあります。


長いカウンター席。相当な人数が座れそうです。しかし店内には誰ひとりとしてお客さんはいませんでした。
マーコさんの予言通りであります。
0310-2 (17)


店内全体から言い知れぬ昭和感が漂っており、どこか公民館のようでもあります。
なぜだか異様にワクワクさせてくれる環境がここにはあります。これはすごいお店だ。
0310-2 (14)


ロイヤルホストびっくりの大きなボックス席に座りました。
0310-2 (15)


毎週金曜日16時30分~で食べ飲み放題3,500円という衝撃的な企画をやっているようです。
なぜ金曜日に。一番混む日ではないのか。月~木の誤りではないのか。あるいは木で見えないけど「金曜日以外」なのか。
0310-2 (16)

税別とはいえ寿司の食べ飲み放題で3,500円は凄すぎる。
南砂町の喜代寿司は食べ放題1,800円でしたが。飲んで〆て3,500円でした。


オーダーはこちらの紙に書いて店員さんに渡すスタイルです。
1貫100円~430円。とてもリーズナブル。
0310-2 (2)

その他のメニューは一番下に掲載しました。


3軒目だったので日本酒でスタートしました。お寿司ですし。
日本酒はオール600円の明朗会計です。8種類から選ぶことができます。
0310-2 (6)


早速お寿司をオーダーしました。空いておりましたので、すぐに提供されます。
3軒目ですが登場と同時に歓声が上がります。
0310-2 (10)


いくら(290円)、あじ(150円)。どちらも美味しい。お値段以上。
マーコさんが好きだという「わさび巻(200円)」はツーンと鼻に来る刺激的な味でした。
0310-2 (8)


ねぎとろ巻(430円)は最高峰の価格帯ですが、ねぎとろがたっぷり詰まっていて430円の名に恥じない美味しさ。
まぐろ(150円)も美味しい。
美味しいので3軒目なのにどんどん注文してしまった。
0310-2 (9)


少し良いめのネタも混ぜてお替り。
0310-2 (11)


上とろは最高峰価格ではなく360円。大とろではなく上とろ。大と上は違うのだろうか。中とろはありましたが。
口溶けよい美味しいとろで、360円ならば「安い!」と思えます。
0310-2 (12)


うには最高峰ゾーンの430円。顔色も全く問題なく濃厚で美味しい。
0310-2 (13)

1軒目で思いっきり食べるもよし、深夜に訪れてちょいちょいつまむもよし。
深夜3時まで営業している大変素敵なお寿司屋さん。食べ放題よりも、ちょこちょこ食べるのが風情があってよさそうです。

===
【オーダー】
上記の通り 1人2,500円


■ドリンクメニュー
0310-2 (3)

■鮮魚
0310-2 (4)

■揚げ物/一品料理/サラダ
0310-2 (5)

■おすすめ
0310-2 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

秀吉 桜木町店寿司 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[寿司]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 寿司

喫煙可の箱大きめの大衆中華「華苑」@新宿御苑

2019.03.12.15:31

華苑@新宿御苑
中華


14時を過ぎてしまい若干ランチ難民になってしまいそうだったのですが、華苑という中華料理屋さんが15時までランチをやっておりお昼を食べることができました。
312 (9)

界隈は結構ランチの終了時間が早く、時間が遅くなるとチェーン系か中華料理くらいしか選択肢がなくなります。


店内は結構広め。全面喫煙可です。東京都の条例発動が待たれます。
煙草が吸いたいおじさんばかりが集まっていました。
312 (2)


ランチは刀削麺が850円~950円。
麺セットはさらに安く780円で麺とご飯系のハーフが付けられます。税別ですが780円で2品付くとはすごい。
312 (1)


麻婆麺と半チャーハンの麺セット780円にしました。
なんとサラダまで付いています。
312 (7)


麻婆麺は写真とはだいぶイメージが違います。写真は豆腐がゴロゴロと入っていました。
ただ「写真はイメージです」という記載もありました。本当に写真はイメージでした。
312 (3)


八角のような香りが強いのが特徴です。それと結構辛くてオイリーです。
麻婆餡がどっさりと乗っている写真だったのですが、だいぶ違う感じの食べ物に見えます。
312 (4)


辣油がかなり使われているのか、異例の辛さです。
辛さはさておき、まずまず安定した味かなと思いました。
312 (5)


麺が意外と美味しかった。スープ、具、麺だと麺がだいぶリードしてそうです。
312 (6)


炒飯は出来たてタイプ。値段的にジャーからよそうタイプかなと思いましたら違いました。
1つ1つフライパンであおられていると思います。まずまずのパラパラ感。
味が少々濃いめですが、こういったタイプの中華屋さんの炒飯としては味が濃すぎない方かなと思いました。
312 (8)

食後の煙草を楽しみたく、かつたっぷり食べたい場合にはよいかもしれません。


===
【オーダー】
麺セット 780円(税別)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

華苑中華料理 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

【4回目】オススメの肉ばかり頼んでみた「長春館」@新宿三丁目

2019.03.13.22:13

長春館@新宿三丁目
焼肉


新宿エリア焼肉の雄、長春館に行ってきました。
4度目の訪問です。
0313 (1)

過去記事はこちらです。
・2018年8月14日
・2018年10月7日
・2018年12月8日

メニューは8月、10月の記事に載っています。


4回目の訪問ということで、過去美味しかった肉だけを注文してみました。

■瓶ビール(600円)
0313 (2)

ビールはスーパードライ。
中瓶で600円とお値段も手頃です。味は生ビールと同じですので、コストパフォーマンス的には瓶ビールのほうが上だと思います。


■キムチ盛り合わせ(850円)
0313 (3)

長春館のキムチはとても美味しいです。ほどよく辛く、コク深い味わいです。
特にカクテキがオススメで、毎週家に買って帰っています。


■厚切り上タン塩(2,300円)
0313 (4)

長春館外したくないメニューで1~2位を争うのがこちら。
文字通り分厚い牛タンで食べごたえ十分。分厚いですが大味ではなく、噛みごたえのある牛タンにヒデキカンゲキすること間違いありません。


■タン塩(1,450円)
0313 (5)

タンが好きなので薄い方のタンも頼んでしまいました。
お値段もぐっと手頃になり、そして薄切りながらもサクサクとした歯ごたえがたまりません。
厚切りとの違いを楽しみたい。


■上ハラミ(2,500円)
0313 (7)

1位の座を厚切りと迷うのがこちら。うーん、、、よく考えると1位はこれかな。。。
長春館のハラミは本当に美味しい。赤身の中では(ホルモン扱いみたいですが)突出してオススメです。
かなりご飯が食べたくなります。


■和牛上ロース(2,400円)
0313 (6)

適度な脂を望むならば和牛上ロースがオススメです。
ハラミよりも脂があり、カルビよりは脂が控えめという絶妙なポジションニング。


■特撰カルビ(2,600円)
0313 (8)

オイルタンクに余裕があったら、まずは特撰カルビを食べるのがよいと思います。
上質な脂で、文字通り甘い脂でオイルタンクが満たされます。
特撰の名に恥じない素晴らしいカルビです。


■和牛カルビ(1,550円)
0313 (9)

特撰カルビを食べてもまだオイルタンクに余裕があれば、最後は和牛カルビで〆たいところです。
脂の量自体は特撰より多いように思えます。
特撰に負けず劣らず美味しいカルビです。予算次第では特撰を外して和牛重ねもよいかなと思います。

長春館の焼肉は、とても美味しいです。
どんなに食べても1万円行くことはないと思います。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

長春館焼肉 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

雲丹のパスタ美味しい「然」@新宿三丁目

2019.03.14.15:41

然@新宿三丁目
イタリアン


新宿三丁目、マルゴエリアにある然というイタリアン、、、と申しますか、正確に言うとパスタ屋さんに行ってみました。
隣にあるお店もイタリアンというよりかはパスタ屋さんという感じで、なぜか2軒並んでパスタ屋さんが存在しています。
314 (1)

新宿でパスタ屋さんというと、HASHIYAが浮かびます。


店内はカウンター席とテーブル席があり、少々薄暗め。
女性客の方に好まれそうな雰囲気ですし、実際女性のお客さんが多かったです。
314 (4)


ランチメニューは5種類のパスタ、それにリゾット、サラダセット、カレーから選べます。オール980円。
大盛りか、デザートがサービスされます。
314 (9)


ランチメニューも大変惹かれましたが、それ以上に輝きを放っていたのが黒板メニューの「うにのクリームパスタ」が魅力的すぎました。
1,480円ですが、価格を凌駕する魅力を感じてしまいました。
314 (2)

聞けば提供はできるがランチが適用されないとのことでした。しかしお願いしてしまいました。3人で。


不憫に思っていただいたのかもしれません。ランチ適用なしなのに、サラダを付けて頂きました。
ありがとうございました。
パスタだけボソボソと食べるのもな、、、と思っていたので最高に嬉しかったです。
314 (3)


雲丹のクリームパスタは、想像以上にいい味でした。美味しい。
クリームも度が過ぎておらず、ほどよく絡む感じ。
314 (5)


雲丹も1,480円としては堂々たる量です。雲丹の風味をしっかり楽しめる分量が適用されています。
平日のランチで1,480円はぶっ飛び過ぎかなと思ったのですが、むしろ頼んで良かったと心から思えました。
314 (7)


今度はランチで、茄子と挽肉のトマトパスタを大盛りで食べてみたいです。
可能であれば粉チーズをたっぷりとふりかけて。
314 (8)

新宿三丁目でパスタランチと思ったときに、真っ先に思い浮かべたいお店です。

===
【オーダー】
雲丹のクリームパスタ 1,480円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ダイニングバー / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【3回目】帰ってきた小麦と肉 桃の木@新宿御苑

2019.03.15.14:37

小麦と肉 桃の木@新宿御苑
ラーメン


以前「さんしょの木」というラーメン屋さんだった場所に、同じせたが屋グループの「小麦と肉 桃の木」というお店がオープンしました。
正確には数年前まで「桃の木」だったので、帰ってきたということになります。
0315 (1)

前は普通のつけ麺とつけ麺ブルガリアという変わったメニューがありました。

2009年頃はひるがおでしたので、ひるがお桃の木さんしょの木となり、また桃の木になりました。

ずっとせたが屋グループのお店という点だけは変わらないです。


オープンは2月9日だったようです。
0315 (3)


ポイントとしては、せたが屋グループの会員カードはスタンプが押してもらえないということです。
関係するお店だが、直営店ではないのでカード対象外と。LINEのクーポンも使えません。
0315 (4)


2月14日に行った際には花がたくさん出ていました。
そして2月14日は行列&スープ切れで玉砕しました。
0315 (2)


3月15日、リベンジしてきました。
0315 (17)

前回14時過ぎでスープ切れだったので、13時30分に行ったら6名待ちでした。すごい人気ではありませんか。


メニューの主力はつけ麺という点は以前の桃の木と変わっておりません。ただつけ麺の名称が変わっています。
つけ麺ブルガリアは健在です。「ブルガリアつけ麺」ではない点がなんかいいなと思いました。
0315 (5)


左上ポールポジションの天日塩味を食べてみることにします。
0315 (6)

デフォルトで麺300gと多めです。
小にすると50円引きとなりますが、麺の量は半分の150gになるという極端な設定です。


店内はL字型のカウンター席。以前のどのお店とも一緒です。
店員さんは女性ばかり3名。女性ばかりという体制は桃の木の特徴です。
お客さんも3割くらいが女性というラーメン店としては異例の光景となります。
0315 (7)

BGMには工藤静香やジュリマリが流れていました。店主は45歳前くらいでしょうか。


卓上配備は辛味系、黒胡椒、酢。
0315 (8)


天日塩味が到着しました。
かつては温泉玉子と大根おろしが器に入って、それが麺の上に乗っていてギョッとしましたが、その演出はなくなりました。
正確には温泉玉子と大根おろしというトッピング自体が無くなりました。
0315 (9)


麺は前と同じく、ほぼパスタ。フィットチーネです。
クリーム味のソースにつけてパスタとして食べたくなります。カルボナーラとかすごく合いそう。
0315 (11)


クリームパスタにはすごく合いそうですが、つけ麺の麺としては特に「これいいね!」とは思いませんでした。
珍しくはあるので、そういう楽しさはあります。
0315 (12)


具は白髪葱、油揚げ、豚バラ。具自体には大きな特徴はありません。
0315 (10)


豚肉は100gも入っているので、なかなかのボリュームです。
0315 (15)


ほんのりと柑橘っぽさを感じる爽やかめなつけ汁です。前もこんな味でしたか、、、ちょっと覚えがありません。
全体的にぼんやりした感じの味で、すごく特徴が掴みにくいです。
0315 (16)


麺が300gと多く、食べ進めれば食べ進めるほど麺に付いていた水がつけ汁に移っていき、ぼんやりした味がどんどん輪郭がなくなっていきます。
以前の味とは恐らくいろいろ違うような気がしました。
0315 (14)

出汁の感じも弱く、また麺に特徴があり過ぎるため、味がどんどん薄くなっていく後半には何を食べているのかよくわからなくなりました。
最後は直接汁を飲んでもあまり味がしませんでした。

次は「昆布醤油」の「こってり」というのを食べてみたいです。
一番そのメニューがコールされていました。


===
【オーダー】
天日 塩味 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

小麦と肉 桃の木つけ麺 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ジンギスカンがよさそう「霧島」@新宿歌舞伎町

2019.03.16.14:11

霧島@新宿歌舞伎町
居酒屋ランチ


土曜日のお昼時間帯に歌舞伎町をウロウロしまして、ジンギスカンの霧島に入ってみました。
霧島は御徒町店に行ったことがあります。
0316 (1)


メニューは御徒町のお店と結構違います。
写真は2名以上で食べることが前提のメニューばかりですが、1,500円のジンギスカン定食(肉150g)があります。
0316 (2)


土曜日のランチで1,500円は高いな、、、と思ったら、1,100円のちゃんこ鍋定食があることがわかりました。
1,000円を切るランチメニューはありません。さすが霧島。
0316 (3)


店内は普通の居酒屋仕様。おじさんがたくさん来そうな雰囲気です。
カウンター席とテーブル席があります。
0316 (4)


テレビには往年の霧島関が相撲をとっているシーンが流れています。
一番相撲を見ていた時代なので、なかなかわかります。若い方は何のことやらな光景でしょう。
0316 (5)


烏龍茶と水がウーロンハイと焼酎水割りに見える。
0316 (10)


ちゃんこ鍋定食がやってきました。紙鍋スタイルです。
0316 (6)


霧島だけに薩摩揚が付いているのですが、添えられている生姜があまりにも美味しくなく、付けたら食べられませんでした。
チューブ生姜の超廉価版だとこんな味になってしまうとは。
0316 (7)


具は動物系として鶏肉、帆立、豚肉、鶏団子、海老。冷凍だとは思いますが十分具沢山と言えます。
植物系は青梗菜、揚げ、白菜、もやしの4種類。
0316 (8)


ぐつぐつしたら出来上がりです。スープは甘めな仕上がりです。
化調かな、、、という気もしましたが、具がたくさんなので出汁が出てよかったです。
0316 (9)

しかしやはり霧島ではジンギスカンを食べてこそ良さが出そうです。
奮発してジンギスカンを食べれば、、、とも思いましたが、何でも無い土曜日のランチに1,500円は難しかった。


===
【オーダー】
ちゃんこ鍋定食 1,100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ジンギスカン霧島 新宿店焼肉 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋(ランチ)]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋ランチ

【2回目】さようなら、カイバル@銀座

2019.03.16.20:52

Khyber@銀座
インド料理


きっかけは忘れましたが、銀座インド料理の名店カイバルが2019年3月末をもって閉店してしまうと知りました。
カイバルは8年前に1度訪問したことがあります。懐かしいを通り越すレベルですが。
カイバル


もうカイバルには行けなくなってしまうので、閉店前の3月某日行ってきました。
0316 (1)


系列店ではダバインディアグルガオンが健在です。
ダバ出身者のお店では、カマルプール@木場カッチャルバッチャル@新大塚があります。
新宿西口にもさらに出身者がお店をオープンしたのだとか。
0316 (2)


ラストカイバル、いざ入店。
0316 (3)


18時の到着でしたが、お客さんは2組ほどいました。
閉店前の大行列とかになっていなくてよかった。広々としており気持ち良い空間です。
0316 (4)


料理は1,000円前後、カレーは1,400円前後と安くはありませんが、高いと思う設定でもありません。
飲んでも1人4,000~5,000円くらいで済むくらいではないでしょうか。
0316 (5)

もう食べることはできませんが、その他のメニューは一番下に掲載しました。

インドビール飲み比べとメニューに書いてあったので、3種類全部飲んでみました。


■タージマハルビール(730円)
0316 (9)

タージマハルは一番味が濃かったです。


■マハラジャビール(730円)
0316 (11)

マハラジャはスッキリクリアな味わい。


■ゴッドファーザービール(760円)
0316 (21)

ゴッドファーザーはマハラジャよりも更にスッキリ飲みやすいビールでした。
インドに行った際には、ほとんどがキングフィッシャービールでしたが、キングフィッシャーは置いておりませんでした。


■マサラパパド(350円)
0316 (10)

まず茄子が美味しい。素晴らしき冷菜です。
トマト中心ですが酸味がなく、甘みと旨味に溢れた前菜です。玉ねぎのシャキシャキも素敵です。


■チーズクルチャ(780円)
0316 (12)

絶対に外せないのがチーズクルチャ。2人でも「フル」を頼むべきです。

外側がカリカリに仕上がっており、中にはすごくたくさんのチーズが詰まっています。
過去最高にチーズの量が多い気がするのは気のせいか。
0316 (13)

釜の香りもすごくよくて生地自体も美味しい。ふわふわでしっとりと甘い生地。
ラクレットより遥においしい気がします。世界最高のチーズ料理はチーズクルチャではないか。
0316 (14)

お替りの衝動を抑えるのが大変でした。


■伝統のタンドリーチキン(1,430円)
0316 (15)

焼き加減が完璧で柔らかジューシーが体現されています。味の定まりも完璧。インドで食べたどのタンドリーチキンよりも美味しい。
結構辛さもあり刺激的。


カレー2品とナンが運ばれてきました。
0316 (16)


■ナン(380円)
0316 (19)

日本で食べるナンはインドで食べるどんなナンよりも美味しい。
モチモチとした生地。バター感ある甘い味わい。
インドのナンはもうちょっとパサパサしています。


■伝統のバターチキン(1,490円)
0316 (17)

トマトとバターの芳醇な味わいで、生姜は爽やかさを運んできます。
安心安定のクオリティ。ヨーグルトがたくさん入っているような風味もあります。
「伝統の」はやはり間違いがありません。


■ラムコリアンダーマサラ(1,490円)
0316 (18)

iPhoneで画像加工したらちょっとやり過ぎ。実際の色と違います。
本当はこんな色。
0316 (20)

パクチーがスパイスの合間を縫って駆け抜けます。
そしてラムは見事に柔らかい。パンチもありつつパクチーの存在で非常にクセになるカレー。
結構大蒜も効いていました。

さようなら、カイバル。チーズクルチャが食べたくなったら系列店か元お弟子さんのお店に行ってみます。
空いた物件にはどんなお店が入るのか。


===
【オーダー】
上記の通り 4,000円くらい


■パーティーメニュー
0316 (6)

■ドリンクメニュー
0316 (7)

■ワインメニュー
0316 (8)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

カイバルインド料理 / 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

ランチPranzoCはとんでもないボリューム「LA BUONA VITA」@代々木

2019.03.17.14:14

LA BUONA VITA@代々木
イタリアン


以前夜に伺ったことのあるPIZZERIA LABUONAVITA@代々木
0317 (1)


代々木駅から見て1つ手前にあるLA BUONA VITAが本店です。
今日は本店の方にお昼で訪問しました。
0317 (2)


店内は凄まじいブン混み状態。イタリアンのお店とは思えぬ活気というかうるささです。
おばさんたちが大声で話しまくっているのが原因でした。
いつもこの活気というか喧騒だと、少々難しいものがありますが、きっとたまたまだと信じたい。
0317 (3)

店員さんは店主とおぼしき方以外、皆さん大変若いです。アルバイトの方が中心でしょうか。


ランチメニューは2,000円と3,000円の2択。
隣の姉妹店はピザ窯がありピザがオーダーできますが、少なくともメニューの中にはピザはありませんでした。
0317 (4)

前菜、パスタ、メインが付く3,000円のPranzoCにしてみました。
(裏に安価なAがあったのかな?)


■いりいろなお肉のパテ
0317 (6)

少しクセのあるパテ。ワインを我慢するのが大変です。しかしこのあと歩いて二子玉川まで帰るゆえ、お酒を飲むことはできません。
野菜もたっぷりで、ピクルスまで添えてあります。ピクルスが酸味控えめで美味しい。
3,000円のコースの前菜としては異例のボリュームでした。


■本日の鮮魚カルパッチョ フレンチキャビアのソース
0317 (5)

カルパッチョは「わらさ(鰤の幼魚)」。


■サルシッチャとキャベツのトマトソーススパゲティ
0317 (9)

トマトソースは酸味と甘味のバランスがよいです。よく出会う味のトマトソースパスタ。
量は乾麺にして体感70gくらいでしょうか。前菜もなかなかの量で、パスタもわりとしっかりした量です。
0317 (10)


■牡蠣とグァンチャーレ 白菜のトマトクリームスパゲティ
0317 (7)

プリプリの大ぶりな牡蠣がゴロゴロと入った一品です。牡蠣のエキスもソースによく溶け出していました。
トマトソースよりもこちらに軍配がありました。
0317 (8)


■美桜鶏のチーズパン粉焼き
0317 (13)

まさかのボリューム。前菜もかなりの量、パスタもしっかりめ、そしてここにきて体感200g級の鶏のパン粉焼きが登場。
野菜もゴロゴロと入っておりボリュームに拍車をかけています。

鶏肉は少し塩が強すぎるかなと思いました。ワインがなかったので余計にそう思ったのかも。
また衣が厚すぎて、ボロボロと剥がれてきました。あまりに衣が厚すぎて食べるのに難儀しました。
0317 (14)


■オーストラリア産仔羊の香草グリル(+500円)
0317 (11)

鶏肉もすごかったですがそれ以上であったのが仔羊のグリル。凄まじいボリュームの肉が2切れも出てきます。
夜であれば単体で3,000円弱で登場してもおかしくない大きさです。
この仔羊とライスだけで十二分にボリューム満点なランチになりそう。

豪快で大味ですが仔羊ゆえに大変柔らかい仕上がりでした。
0317 (12)

全体的に3,000円のランチコースとは思えない迫力に終始圧倒されました。


===
【オーダー】
PranzoC 3,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ラ ブォナ ヴィータイタリアン / 南新宿駅代々木駅参宮橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

良心的すぎる和カフェ「つきまさ」@下北沢

2019.03.17.17:44

つきまさ@下北沢
カフェ


代々木でお昼ご飯を食べ、下北沢まで歩き進めました。二子玉川はもうすぐ。

途中休憩で「つきまさ」という和カフェに寄りました。下北沢らしからぬ大変落ち着いた雰囲気。
0317-2 (1)



店内は大人たちが寛いでいました。
入店時はいくつか空席がありましたが、すぐに満席になりました。
0317-2 (2)

皆様とても小さな声で会話をしていました。ゆっくりと時間が流れるようである。下北沢にもこんなお店があったとは。


お茶のメニュー。500円~900円。値段にお菓子が含まれています。
確実に1,000円以下で休憩ができるという秀逸ぶり。
お茶


抹茶フロートやゼリーなど。お餅などちょっとした食べるものもあります。
図1


お盆に乗ったお菓子から、目で見て選ぶことが出来ます。
追加は1つ150円。圧巻の光景です。
0317-2 (10)


越乃寒梅で作ったという甘酒(600円)にしました。
0317-2 (11)


甘酒は、、、アルコールは入っていないと思いますが、ほぼ酒です。ほぼというか完全にお酒。
甘さと酸味と少しの苦味。これはすごい。
正月に飲む甘酒とは完成度が違います。この甘酒ならずっと飲んでいたい。しかも酔わないという。
0317-2 (14)


甘酒にもお菓子が付きます。お饅頭を選びました。
0317-2 (15)


甘酒にも小さなお茶が付きます。このお茶でお饅頭を食べる。
0317-2 (16)


店名の「つきまさ」というお茶とお菓子。
お湯のお替りがありますのでお茶は何杯も楽しめます。
0317-2 (12)


洋菓子と違って和菓子はカロリーも低く大変ヘルシー(な気がします)。
ゆっくりと優雅な時間を過ごし、よい休憩となりました。
0317-2 (13)

しかも1人600円以下でお茶ができてしまうなんて。長居をしないよう、ある程度休んで席をあとにしました。


入口でお茶などの販売も行っており、頂いたお茶が美味しいためついつい買いたくなる人が多そう。
というか買いました。
0317-2 (17)


===
【オーダー】
つきまさ 550円
甘酒 600円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

つきまさ 下北沢店日本茶専門店 / 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

スーパードライが250円「肉べえ」@新宿御苑

2019.03.20.22:22

肉べえ@新宿御苑
居酒屋


昨年2018年、北京飯店の隣にオープンした「肉べえ」という居酒屋に行きました。
資本系っぽい雰囲気の外観。勢いがありそうに見えます。
0320 (1)


帰り際なので誰もいませんが、入店時は超ぶん混み状態。奇跡的にテーブル席が1つだけ空いていて運よく入店できました。
その後も入店を諦める人が続出していました。まだ1年ですが大変人気があるようです。
0320 (14)


特筆すべきはビールが、アサヒスーパードライが250円である点です。これは安い。
ビールの値段としては界隈最安値かもしれない。
歌舞伎町まで含めてしまうと「めだか」が最安値ですが。
0320 (3)

めだかは当時はビール120円でしたが、今はどうなっているのか。


肉の炭火焼きメニューがあります。「肉べえ」ですので。
0320 (5)

その他のメニューは一番下に掲載しました。
肉に限らぬ居酒屋メニューが揃っています。値段も高くありません。


■生ビール(250円)
0320 (6)

250円のビール。家で飲むレベルの値段です。
オーダーするとあっという間に提供される点も素敵です。
このお通しが400円ということに驚きますが、250円のビールを飲むための税金だと思うことにします。


■長芋スライス(380円)/梅胡瓜(380円)/牛すじ煮込み(580円)
図1

500円前後で提供されるおつまみたちは、どれも無難で問題ありません。
ビールも250円ですし、安く飲もうと思えば飲める。肉を食べようと思えば食べられる。TPOに合わせて使い分けられそうです。


■肉べえサラダ(880円)
0320 (10)

880円ですが、ボリューム満点。最後の最後まで食卓の万人として君臨してくれます。
サラダなので「ついつい手が伸びる」ということもないので寿命が長いです。


■牛みすじのカルパッチョ(880円)
0320 (11)

ガーリックチップと一緒に頂きます。
880円とみすじのカルパッチョとしてはリーズナブルで味もまずまず。オススメです。


■店長におまかせ 5点盛り(2,980円)
0320 (12)

登場時のテンションはこの日最大となりますが、肉がとにかく固いです。あと、パサパサです。
肉質の問題なのか焼きの問題なのか。
ドーンと出てきて、おーーっとなって、その後意気揚々と食べ始めるのですが「あれれ」となります。

おつまみとスーパードライで楽しむ分には最高でした。
店員さんも元気いっぱいでお店に活気が溢れていて居心地もよいです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,500円ちょい


■フードメニュー
0320 (4)

■ドリンクメニュー
0320 (2)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

塊肉居酒屋 肉べぇ 新宿御苑店居酒屋 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

青魚系が美味しかった「栄寿司」@新宿三丁目

2019.03.21.18:52

栄寿司 本店@新宿三丁目
寿司


新宿三丁目、マルゴエリアにあるお寿司屋さん「栄寿司」。
西口などにもお店があり、かつては500円握りランチをやっていました(今は500円はやっていないという噂も聞きました)。
0321 (1)

三丁目のこちらが本店となるようです。


1階はテーブル席とカウンター席。
0321 (13)


2階はテーブル席があります。
2階では年寄りたちが大騒ぎしていました。耳が遠いからかもしれない。
0321 (2)

すごく大衆的なお店と、高級なお店のちょうど中間くらいの雰囲気のお寿司屋さんといった感じです。


喫煙室が完備されており、2020年対策もばっちりです。
(書いていて思いましたが、2020年の条例では完全個室になっていれば喫煙所は設けてOKなのだろうか)
0321 (12)


握りのメニューです。税抜きで1貫100円~600円と、中級クラスのお寿司屋さんの設定です。
どんなに食べて飲んでも1万円を超えるのは至難の業だと思います。逆に3,000円程度に抑えるのも難しいと思われます。
0321 (4)

他のメニューは一番下に掲載しました。
英語メニューもあるので外国人観光客の方でも安心です。


■瓶ビール(700円)/日本酒(1,100円)
図1

ビールはアサヒ、キリン、サッポロから選べるという優れもの。
ただ、お酒は少しお値段高めな印象です。


■お通し(200円)
0321 (8)

お通しは小鉢が2つで200円と大変良心的。


好きなネタを好きなだけ食べる。
くるくる寿司も楽しいですが、1つ1つオーダーしてどーんと提供されるこういうスタイルのお寿司も、不亦楽。
0321 (14)


以下、主だったものを紹介します。値段は1貫です。
0321 (18)


■いくら(300円)/雲丹(600円)
0321 (15)

いくら、大変美味しいです。今日二番目に美味しいと思いました。
雲丹は雲丹自体の味が少し弱めかなと感じました。


■ほたて(300円)/赤貝(450円)
0321 (16)

帆立は大きくて甘い。赤貝は歯ごたえよし。
貝は安定的に美味しいなと思いましたが、値段がある程度いってしまいます。


■大トロ(600円)
0321 (17)

美味しいですが1貫600円と思うと、また食べたいとは思えませんでした。
2貫で1,200円。ちょっと贅沢なランチ級となります。


■甘エビ(250円)/あじ(150円)/玉子(100円)
0321 (19)

甘海老はよかった。玉子も甘さが美味しい。
今日一番美味しかったのは鯵です。150円なのにすごい。

全体的にシャリが美味しく、またクセのない味に仕上がっています。
クセがかなり丁寧に消されているので青魚のネタが美味しく感じるのかもしれません。
また、クセが少ないのでお寿司に馴染みのない外国人の方でも、すんなりと受け入れて美味しいと思って

安いし旨いし青魚系はオススメです。


1度だけお替りをしました。
0321 (20)


■穴子(300円)
0321 (21)

炙った焦げの風味がよく、味も濃すぎずちょうどよい塩梅で。


■牡丹海老(600円)
0321 (23)

ねっとりとして美味しい。600円シリーズでは牡丹海老が一番オススメかなと思いました。


■いわし(150円)
0321 (22)

鯵が美味しかったので鰯も美味しかろうと思ってお替りに入れてみたところ、やっぱり美味しかった。
青魚系のコスパ最高。


■納豆巻(200円)
0321 (24)

納豆巻きで〆ました。米がふわふわの仕上がりで美味しい。

値段が安価なお寿司のほうが美味しいと感じました。
大物を狙わず、コスパよいネタで組み立てると満足度が上がりそうです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,000円


■ドリンクメニュー
0321 (3)

■盛り合わせ/巻物
0321 (5)


■一品料理
0321 (6)

■英語
0321 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

新宿栄寿司 本店寿司 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[寿司]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 寿司

辛い酸辣湯麺「阿杏」@新宿三丁目

2019.03.22.14:28

阿杏@新宿三丁目
中華


台場帰りで新宿。駅から三丁目方面に歩いて、どこでお昼を食べようかと彷徨っていたら、上の方に小籠包と書いてあるお店がありました。
0322 (1)


5階に阿杏という上海料理のお店があるようです。
0322 (2)


1階はラーメン屋さん「北の大地」が入っているビルです。
0322 (3)


店内は薄暗いです。中華料理っぽい雰囲気ではありません。
中国の人と思われる店員さんの対応がよくなく、その点だけで再訪は厳しそうかなと思いました。
0322 (4)


ランチメニューは780円~1,380円とわりと幅広いです。
小籠包が付けられるランチは1,100円になってしまうため、雰囲気的に察して麺料理から単品で選ぶことにしました。
0322 (5)



円錐型の器で酸辣湯麺が登場。780円です。
セットにしなくても、小皿と杏仁豆腐は付きます。
0322 (9)


私の知っている酸辣湯麺の中ではだいぶ色が濃いです。黒めな色が特徴の酸辣湯麺。
0322 (10)


スープというより、餡といった方がよさそうなレベルでドロドロです。
少しだけ妙に甘くて、その甘さの隙間から強烈な辛さが顔をのぞかせます。
0322 (11)


酸辣湯麺としては異例レベルの辛さに感じます。四川ではなく上海ですが酸辣湯麺は辛い。
蒙古タンメンよりも普通に辛いです。
0322 (12)


スープが大変ドロドロしており、さらには非常に辛いので、麺を持ち上げるとスープが大量に付いてきます。
多少ホバリングを使ってスープを落とすものの、汗だくになりながらの格闘となりました。
0322 (15)


ランチプレートだとこれらが付きます。
0322 (7)


どのランチにも220円で2つの小籠包をつけることができます。
小籠包は普通に美味しいらしい。
0322 (8)


ランチプレート。結構空いている面積が大きい。
0322 (13)


油淋鶏は鶏肉がかなり薄かったです。
これだとパリパリな何かを食べている印象にしかならないかもしれない。
0322 (14)

夜、小籠包を目当てに来るにはよいのかもしれません。


===
【オーダー】
酸辣湯麺 780円


■ランチメニュー②
0322 (6)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(4)  :★★★★☆☆☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★☆☆☆☆☆

上海小籠包厨房 阿杏 本店飲茶・点心 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

tag : 中華

ランチはスペシャル以上が圧倒的にオススメ「サンサール」@東新宿

2019.03.23.14:15

サンサール@東新宿
カレー


東新宿という大変マニアックな駅の近辺にはカレーの名店が2軒ありまして、そのうち1つが「サンラサー」。
もう1つがこちら、「サンサール」。名前が似ている!
0323 (1)


店内は4名がけテーブル席が6、3名がけが1つ。
ご夫婦かわかりませんが、女性がホールを、ネパールの方っぽい男性がキッチンを担当されていました。
0323 (2)


ランチは850円~1,200円。初めてだったので850円のAランチセットにしてみました。
一番安価なAランチでもカレーは2種類から選ぶことができます。
0323 (3)


ランチ全品ドリンクがついていまして、ラッシーを選択。
0323 (4)


Aランチセット到着。
0323 (10)


ナンはとても面積が広いです。ボリュームは十分。
なおナンのお替りは100円、ライスのお替りの場合は無料です。
0323 (11)

ご飯が何か不思議なものと一緒に炊いているのか、なんだか意味がわからない美味しさがありました。


850円で2種類のカレーが選べるということもあり、Aランチセットは少々迫力に欠けます。
あれ?これだけ??という気持ちにならないでもありませんでした。
0323 (5)


選択したカレーの1つは本日のカレーから「ジャガイモとえのきのカレー」です。
このカレーの美味しいのなんの。
日本にまったく日和ってない本場さながらの風味炸裂の珍しいカレーです。似た味のカレーを食べたことがありません。
これでも多少日本ナイズしていただいているのかもしれませんが、ネパールの風がビュービューと吹く、サラサラながらコク深くスパイス炸裂した逸品でした。
0323 (6)


もう1つはレギュラーメニューからマトンカレーを選びました。
塩気が過ぎず、マトンのクセもほどよく感じます。ジャガイモとエノキは全く辛くありませんでしたが、マトンカレーは少し辛さがありました。
0323 (7)


こーへー氏はケチらず1,200円のBランチセット。さすがであります。
0323 (8)


Aランチセットより350円高いだけのことはあるね!と思うような豪華なランチでした。
絶対にBランチセットの方がオススメです。
0323 (9)

言い知れぬ病みつき感と、食べたことのない風味に虜となる人続出でしょう。
スパイス使いがすごいというよりも、得も言われぬ風味が魅力的です。「本日のカレー」は一撃必食かも。
パンチのあるマトンカレーとのコントラストも最高でした。

けちけちせず、1,050円のスペシャルカレーセット以上のメニューで思う存分味わうのがオススメです。

ネパールカレーはインドのカレーよりも脂っこくなくサラサラで、さらにはインドカレーよりも奥深い気がします。


===
【オーダー】
Aランチセット 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

サンサール 新宿店ネパール料理 / 東新宿駅新宿三丁目駅新宿御苑前駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【7回目】パワーアップしている「L'OSTERiA」@二子新地

2019.03.23.22:51

L'OSTERiA@二子新地
イタリアン


二子新地徒歩2分くらいの場所にあるイタリアンの名店「ロステリア」。
0323-2 (3)


Instagramで美味しそうな牡蠣が入ったと知ってしまい、気がつくと入店していました。
全然関係ありませんが、若い方はInstagramでお店探しをするそうですね。わたしは1度もしたことありませんが、Instagramで釣られたことは初めてではありません。
0323-2 (4)


グランドメニューとは別に、オススメメニューがあります(グランドメニューは一番下に掲載しました)。
行くたびに違うメニューがある楽しさがあります。7回目の訪問ですが、最初の頃はこういった別メニューはなかった気がします。
0323-2 (1)


■カリカリ生ハムとゴルゴンゾーラのシーザーサラダ(850円)
0323-2 (6)

シーザーサラダには旬の空豆が。その空豆の美味しいことといったらない。
空豆の味が濃く、また茹で加減がちょうど良すぎます。ジャガイモと全く同じ固さになっていました。
バジルの香りとチーズのコク。

すごいシーザーサラダである。


自家製はちみつパン。パンは時々内容が変わりますが、はちみつパンの比率が高いような気がします。
0323-2 (15)


■牡蠣3種(1ピース400円)
0323-2 (7)

この牡蠣をInstagramで見て釣られました。このクオリティで1ピース400円というのは、若い方の言葉でいうとヤバイと思います。
小売価格レベルではないか。


オイスターバーで、この3つで1,200円で食べられるお店は多分ない気がします。
0323-2 (8)


餡子隊長と同郷の福岡出身のみるくガキ。
旨味炸裂で2つは食べたいと思わせる秀逸な生牡蠣。
0323-2 (9)


熊本産の男気カキ。
少し小ぶりですが濃厚な味が特徴です。
0323-2 (10)


兵庫産の坂越カキ。
もっともクセのない、ある意味カキらしいカキ。三者三様で本当に味が全然違うのが楽しいです。
本当は全部2つずつ6つくらい食べたかった。
0323-2 (11)


白ワインは「カキのじゃまにならない」というテーマで選んで頂きました。
白ワインと牡蠣は間違いなくマリアージュしていました。
0323-2 (5)


■昆布〆牛イチボのタルタル(800円)
0323-2 (12)

こうきましたか。。。と驚かされるイチボのタルタル。
酸味と旨味がたまらない逸品です。これが850円というのはもうどうかしているというレベルです。
レアな牛肉の食感もいい。上に乗っているのは卵黄です。
0323-2 (13)


ルベロで飲んで、とても気に入って楽天で大量購入して飲んでいる赤ワインと出会いました。
この赤ワインとても好きです。
リパッソという製法で作られたワインと教えて頂いた気がします。
0323-2 (14)


■桜エビと菜花のスパゲッティ(1,200円)
0323-2 (17)

桜えびの風味と出汁が存分に生かされている和風パスタ。
塩加減、パスタの茹で加減ともにこの上なくちょうどいいです。いつも思いますがロステリアのパスタは本当に美味しい。
0323-2 (18)


白ワインと共に。
0323-2 (16)


■ポルケッタのサラダピッツァ(1,500円)
0323-2 (19)

メニューに「おすすめ」と表記があります。初めて頂くピザです。
本格ピザ窯系のピザではありませんが、こういうのも美味しい。二子新地でピザ窯系ピザ(なんだこの言葉は)はQualeで食べることができます。


ピザのお供の、この辛味オイルがすごく美味しい。
ただすごく辛いのでかけすぎ注意です。
0323-2 (20)


ピザはスパークリングワインで頂きました。
0323-2 (21)


ティラミスが完売だったので、パンナコッタを頂きました。
ロステリアのティラミスはすごく美味しいのでオススメです。
0323-2 (22)


いつもの通りグラッパで〆ます。だいたい2種類頂きます。
0323-2 (23)

ロステリア、なんだかパワーアップした気がします。何がどうというのは分からないのですが。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円くらい


ロステリアの過去記事はこちらです。
・2018年6月10日 ランチ
・2018年6月23日 ディナー
・2018年8月5日 ディナー
・2018年9月23日 ディナー
・2019年1月4日 ディナー
・2019年1月19日 ディナー


■グランドメニュー
0323-2 (2)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(9) :★★★★★★★★★☆

味(9)     :★★★★★★★★★☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ロステリアイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★★ 4.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【2回目】優雅な水炊きランチ「玄海」@新宿5丁目

2019.03.25.13:35

玄海@新宿5丁目
水炊き


新宿水炊きの雄、玄海本店に行ってきました。
約1年ぶりの再訪です。
0325 (1)


右に行くと「げんかい食堂」という、1,000円くらいでランチが頂ける食堂があります。
食堂というには、いささか立派ですが。
0325 (2)


今回は向かって左側の玄海本店です。
旅館のような個室があるのが特徴です。
0325 (3)


5,400円のランチメニュー。
多少ですが内容は変わっていました。
0325 (4)


軽い料理でジャブを受けつつ、水炊きの到着を待ちます。
全自動で何でもやってくださるので、毎日通ったらダメ人間になりそう。
図1


水炊き到着。5人でこの大きさの鍋が2つ出てきました。4人だとどうなるのであろう。
0325 (8)


見事に白濁した鶏白湯スープ。綺麗な白であることが特徴です。
何やらいつもよりスープの量が多い気がします。
0325 (9)


スープを飲みに来ているようなものなので、あとで多少喉が渇くと分かっていても、手が止まらなくなる魅力があります。
このスープは本当に美味しい。このスープでラーメン屋さんをやったら、たちまち行列店になること間違いなさそう。
0325 (10)

出汁の味わいが深く、コクも果てしない極上鶏スープです。
無くなっても追加してくれますので、どんどん飲みます。


〆は雑炊にして頂くのですが、言うまでもなく絶品です。
ご飯の量は多め少なめなんでも調整してもらえます。
0325 (13)


鶏肉を食べ、一品料理を頂きフィニッシュ。大満足です。
図2


抹茶アイスを食べながら、部屋で寛ぎます。
とても広々とした個室で優雅にお昼を頂けますので、そんな気分のときにはとてもオススメです。
0325 (14)

===
【オーダー】
花御膳 5,400円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

玄海 本店水炊き / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

1931年創業の老舗天丼屋さん「はちまき」@神保町

2019.03.25.14:08

はちまき@神保町
天丼


神保町でカレーが食べたいなと思って、大人気店ボンディに行こうとしたところ、、、遠目にも大行列ができていました。
0324 (1)


神保町には少し離れてはいますが、もう1つボンディがあることを知っていたので、もうひとつの土曜日ならぬ、もうひとつのボンディを目指してすずらん通りに入りました。
0324 (2)


すずらん通りにて、以前から気になっていた天丼屋さんを発見してしまいました。
「はちまき」というお店です。
0324 (16)


昭和6年創業。西暦でいうと1931年ということになります。
1931年というと、アメリカでエンパイアステートビルが完成した年になるらしい。いまいちピンと来ないですが。
0324 (6)


外観は完全フルリニュアルしたようで、とても綺麗です。
とても綺麗ですが、どこか老舗の装いは残っています。
0324 (8)


店内は手前がカウンター席、奥にテーブル席があるようでした。お店に入ると胡麻油のいい匂いがします。
キッチンは年配の板前様たち、ホールは女性が担当しベトナムの方もいらっしゃいました。
0324 (9)

14時を過ぎていたので禁煙タイムが終わっており、奥の方から煙草の匂いがしてきました。
早く2020年になって欲しい。


天丼、野菜天丼が1,000円で、最高値は定食で2,000円です。
板前さんによると穴子海老天丼がオススメということで、そちらをお願いしました。
0324 (3)


卓上にはお新香が配備されています。
0324 (4)


穴子海老天丼が味噌汁と共に登場しました。
(正確には味噌汁は最初に出てきて、あとから天丼が来ました)
0324 (10)


威風堂々とした姿です。ご飯の大盛りは無料で、馬鹿だから大盛りにしてしまいました。
0324 (11)


穴子に海老が2本、それと野菜天です。
比べては失礼ですが、てんやのそれとは全く趣きが異なります。
0324 (12)

まず米自体が美味しいです。なんと白米が美味しいことか。
タレが非常にあっさりしているのも好みに合います。


海老穴子天丼ではなく、穴子海老天丼と呼ぶ意味はよくわかりました。穴子がでかい。すごい。
しっとりと仕上がった穴子は、ふわふわでありながら身はぎっしり。厚みもあり食べごたえ十分です。
0324 (13)


海老は少し小ぶりですがプリプリに揚げられています。
0324 (14)

ご飯を大盛りにするとご飯と天麩羅のバランスが悪くなるため、計算しながら食べないとご飯ばかりが残ってしまうので注意が必要です。というか、そうなってしまいました。


食後、またボンディに戻ってみたら、、、まだ行列ができているという。
ボンディ恐るべし。
0324 (7)


===
【オーダー】
穴子海老天丼 1,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

はちまき天ぷら / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



「丼」

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 天丼

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る