FC2ブログ

小田原タンタン麺とは

2019.06.01.12:22

小田原タンタン麺たかみ@目黒
ラーメン


目黒駅西口方面に小田原タンタン麺なるものが食べられるお店を発見しました。
とても綺麗な外観なので新しいお店なのかもしれません。
「小田原タンタン麺」という単語を初めて聞きました。新手のご当地ラーメンだろうか。
0601 (1)


券売機で食券を。
味はタンタン一択で、温かいものと季節限定の冷たいものがありました。あとはトッピングで値段が変わります。
0601 (2)


辛さが選べます。1つランクを上げて辛口にしてみました。
かなり上まで辛くできるようですが、美味しく食べられなくなる可能性を考慮して止めておきました。
0601 (3)

説明によると小田原市にある、とある中華料理屋さんの看板メニューをアレンジしたものののようです。
つまりはご当地ラーメンの部類ではなさそうです。


スープ、米、豚肉、麺に関する詳細な説明があります。
いろいろ各所こだわりがあるようです。
0601 (14)


ランチタイムサービスでライスが付くようです。
周りの皆さんは召し上がっていましたが、ダブル炭水化物禁止法により自重しました。
0601 (6)


店内はとても綺麗です。ラーメン屋さんっぽくありません。
7名がけのカウンター席が2本あります。
0601 (13)

店内にはラジオが流れ、店員さんは皆さん若くて大変元気がよいです。


■小田原タンタン麺(900円)
0601 (7)

初対面の小田原タンタン麺。丼が白いお皿に乗っての登場です。好きな登場スタイルです。


「特製タンタン麺」というタイトルで900円ですが肉餡以外の具が入っていません。ちょっと寂しい。
葱と豚挽き肉オンリーです。
0601 (8)


中央で麺が隆起している様は永福町系大勝軒を彷彿とさせます。
札幌ラーメンのような黄色い麺が特徴的です。
0601 (10)


鶏と豚の混合動物スープはコクもあり、動物系主体ながら優しい仕上がりです。
ものすごくドロッとしているのも特徴の1つです。また大蒜もなかなかすごい勢いで感じます。
0601 (9)


辛口で、美味しく食べられるギリギリのところでした。これ以上辛くするのはよほどの辛党でなければ止めておいたほうがよいと思います。
結構直球の辛さでビシビシと辛さが伝わってきます。
旨味バリアがありますが、これ以上の辛さは危険です。
0601 (11)


中細の黄色い縮れ麺です。札幌ラーメンでよくみるスタイル。
かなり噛みごたえがあります。モチモチしているところは全然ありません。
スープがあまりにもドロドロで、麺をリフトすると大量のスープが引っ付いてきます。
0601 (12)

味が見た目の想像通りの味でした。完全に想像した味とぴったりでした。
小田原タンタン麺は奇抜なラーメンではありませんでした。

パクチートッピングがこの上なく合いそうな気がします。


===
【オーダー】
特製タンタン麺 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

小田原タンタン麺たかみラーメン / 目黒駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

CPよしの隠れ家イタリアン

2019.06.01.23:24

リーの厨房@目黒
イタリアン


権之助坂、ラーメン目線で申しますと麺家 黒の辺りに「リーの厨房」という変わったお店の名前の看板が出ていました。
0601-2 (1)


細く急な階段を降りると、、、
0601-2 (2)


入り口出現。なかなかのアスレチック感。なかなかの隠れ家感。
0601-2 (3)


急な階段の途中にあるので、何階というのが正しいのかわかりませんが、入口を入るとカウンター席があります。
0601-2 (16)


2階、、、というのが正しいのかわかりませんが、階段を上がるとテーブル席があります。
とても細長い作りをした店内。薄暗さも相まって隠れ家感満載です。
0601-2 (15)


ドリンクもフードもこの1枚のメニューに書いてあります。
従って品数は多くありませんが、かえってあれこれ揃っているよりも信用できます。
ボトルワインも3,800円~と比較的リーズナブルで、フードメニューも1,000円前後です。
0601-2 (5)


■生ビール(750円)
0601-2 (6)

生ビールはハートランドの瓶ビールです。
他にはイタリアのビールメッシーナがあります。


ボトルワインをお願いすると、いろいろ出してくれまして、それぞれ値段と味の説明があります。
0601-2 (7)


■赤ワイン
0601-2 (10)

無難にカベルネソーヴィニヨンの赤ワインを頂きました。
「カベルネソーヴィニヨンの赤ワイン」というと馬から落馬的な話になりそうですが、カベルネソーヴィニヨンの白ワインなるものも世の中にはあるようです。


■地鶏のレバーペースト(750円)
0601-2 (8)

軽めの前菜としてと思いましたが、思いのほかボリュームがありました。
レバー感がほどよく、幸先よいスタート。


■本日の鮮魚のカルパッチョ(1,300円)
0601-2 (9)

カルパッチョは赤烏賊でした。イカのカルパッチョは久しぶりに出会いました。
イカの甘さが広がる秀逸なカルパッチョでフルーツトマトの甘みと酸味とよく合います。


■魚介のアヒージョ(900円)
0601-2 (11)

食感演出のためにパン粉を振っているそうです。
グツグツしておらず、またパン粉がまぶしてあり個性的なアヒージョです。
烏賊、蛸、海老が入っており旨味が強くて美味しい。


■アンガス牛ハラミのステーキ(1,800円)
0601-2 (12)

小ぶりですが旨味ギッシリの美味しいハラミです。
これで1,800円は相当なコストパフォマンスといえそうです。
酸味の効いたソースも絶妙です。


■仔羊カルビのソテー(1,750円)
0601-2 (13)

ハラミに比べると少しだけ肉が固めかな思いました。しかし中央部分はしっかり柔らかいです。
1,750円でしっかりとした量で提供されますし、羊のクセもほどよくあり、赤ワインが進む一品です。


■本日のスパゲティ(1,500円)×2人前
0601-2 (14)

セコンドファースト、〆でパスタ。この日のスパゲティはしらすのパスタでした。
4人でしたので2人前で乾麺240gで提供いただきました。

上記で1人5,000円はかなりコストパフォマンスがよいなと思いました。
1軒目でも2軒目でも。友人ともデートでも。いろんな場面で威力を発揮しそうなお店です。

しらす

===
【オーダー】
上記の通り 1人5,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

リーの厨房イタリアン / 目黒駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

ラーメン不毛の地、二子新地にラーメン兼居酒屋誕生

2019.06.02.13:51

とよじろう@二子新地
ラーメン


二子新地駅前。煙草の自販機に・・・
0602-1 (26)


ラーメン屋さんがあるっぽい貼り紙がありました。
ラーメン不毛の地、二子新地になんとラーメン屋さんが!
0602-1 (25)


昼間に行ってみますと、確かにお店がありました。
二子新地東口を出て左に曲がって北上すること2分くらいの場所になります。
以前で申しますと豚子新地というとんかつ屋さんの隣になりますか(いまは豚子新地はなくなりステーキ屋さんになっています)。
0602-1 (1)


居酒屋とよじろうという名前で、基本的には居酒屋ですが昼間はラーメンを提供しているようです。
(たぶん夜もラーメン食べられるんじゃないかと思います)
0602-1 (24)


足元の看板には2種類のラーメンが。早速入店します。
0602-1 (2)


1階はL字型カウンター席。店員さんは1名体制でした。
階段がありましたが2階はラーメンタイムは使っていないように見えました。
0602-1 (9)


1階奥には4人がけのボックス席があります。
0602-1 (22)



確かにお店の雰囲気はラーメン屋さんというより居酒屋です。
勢いのあるメニュー貼り紙がたくさんあります。
0602-1 (8)


夜の居酒屋メニューの一例はこちら。
0602-1 (7)


こちらのお店、高津にあるトラットリアのBUBUの別業態店のようです。
攻めますね。BUBU。二子新地はイタリアン以外のお店でよいお店が全然ないので狙い目だと思います。
0602-1 (6)


卓上配備は胡椒、酢、七味。
0602-1 (4)


ラーメンの種類は3つ。
辛い鶏ガラ、とよじろうラーメン、つけ麺。ライスが無料で付きます。
0602-1 (3)


製麺所は丸山製麺のようです。
界隈で丸山製麺というと、いちばんや@自由が丘広豚麺@武蔵新城まっち棒@溝の口あたりが挙げられます。結構あります。
0602-1 (10)


辛辛とよじろう鶏ガラネギラーメンが到着しました。
非常にスタンダードなラーメン鉢です。逆に久しぶりに出会ったかも。
0602-1 (11)


無料で付くライスは、、、とんでもない量でした。
大盛りにせずとも、ライスを全部食べたらそうとうお腹いっぱいになると思われます。
0602-1 (21)


想像以上に赤々としており大変辛そうです。確かに「辛」という文字が2つも使われていたなと思い出します。
0602-1 (12)


かきたまスタイルとは知らず、味玉をトッピングしてしまいました。
昔は「玉子は1日1つまで。それ以上は体によくない」と言われていましたが、あれは迷信らしいですね。
0602-1 (14)


大変辛そうなスープは見た目から感じるほどの辛さはありません。辛すぎない絶妙な強さにコントロールされています。
普通の人が美味しく旨味を感じながら食べられるギリギリのところを攻めてきています。
0602-1 (13)

具の中心は葱とフワフワの玉子です。
玉子が非常にフワフワでいい塩梅です。玉子とじ蕎麦でも、このフワフワ玉子に出会える確率はなかなか低いです。


味の方向性は誤解を恐れず申しますと韓国の辛ラーメンのスープに似ています。
あれの鶏ガラ強めバージョンみたいな感じで美味しいです。
0602-1 (15)


麺は少し平べったい縮れた中細麺です。ボソッとした食感が特徴。
細くて縮れているのでピリ辛スープとよく絡みます。
0602-1 (20)


餡子隊長はつけ麺にしていました。
0602-1 (16)


動物系のサラサラつけ汁。
つけ麺だからでしょう。ちょっと塩気が強めです。
0602-1 (17)


麺はラーメンとは違い中太、、、よりちょい細いくらいのゴワゴワした感じの麺です。
0602-1 (18)


具は麺側に添えてあり別皿方式。
0602-1 (19)


つけ麺よりも辛辛の方がおすすめかなと思います。
今度はとよじろうラーメンを食べてみたいです。
0602-1 (23)

二子新地にはちゃんとしたラーメン屋さんが1つもないので、オープンしてくれて嬉しいです。


===
【オーダー】
辛辛とよじろう鶏ガラネギラーメン 850円
味玉 100円
とよじろうつけ麺 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

居酒屋 とよじろう居酒屋 / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【10回目】6月のロステリア

2019.06.02.21:46

L'OSTERiA@二子新地
イタリアン

お昼は二子新地でラーメンでしたが、夜も二子新地のイタリアン L'OSTERiAに行ってしまいました。
二子新地DAYとなりました。
0602-2 (14)


1年前の2018年6月が初訪問で、わずか1年で10回目の訪問となりました。
0602-2 (16)


本日のオススメメニューです。
グランドメニューは別にありますが、オススメメニューを中心に組み立てるのが文字通りオススメです。
お店がオススメしているのですから、わたしがいちいちオススメすることもないのですが。
0602-2 (15)


■スプマンテ(600円)
0602-2 (1)

ビールではなくスプマンテで号砲。
今日はどのような料理と出会えますやら。


■鯵と揚げナスのタルタル仕立て(680円)
0602-2 (2)

茄子はマリネのように。てっぺんには生姜のジュレがあしらってあります。
さっぱりしつつも鯵は濃厚な鯵。茄子との相性が最高すぎます。
さすがに美味しい。


前菜に合わせて頂いたのは自然派の微発泡。
スッキリとしていて、いい苦味があります。
0602-2 (3)


■殻付き牡蠣のオーブン焼き エスカルゴバター(650円)
3_20190817155642736.jpg

岩手産陸前高田の立派な牡蠣。
生牡蠣も美味しいですが、シェフに調理されると更に美味しくなります。生牡蠣より旨い。
肉厚で牡蠣の旨味たっぷり。この上ない温菜。


合わせていただいたピエモンテのシャルドネは、牡蠣と完全にマリアージュしていました。
0602-2 (4)


ロステリアのパンはシェフお手製です。
パン専門店に引けを取らない、それどころか店によっては圧勝のパンは食べすぎ注意です。
0602-2 (12)


■ホタルイカと黒オリーブのアラビアータ(1,200円)
0602-2 (5)

ホタルイカの旨味がよく出ています。そしてアラビアータですがほとんど辛さは感じません。

辛さを足したい場合は、特製の辛味オリーブオイルを足すとよいです。
しかし、一転こちらは相当辛いので量には十分注意したいです。
0602-2 (8)


トマトソースが本当に美味しく、やはりロステリアのパスタはいい。
旬の味のオススメパスタは外せない逸品です。
0602-2 (6)


もったりとした重い白と共に。
0602-2 (7)


■北海道産帆立のソテー 春キャベツと新玉ねぎのスープと(1,500円)
0602-2 (10)

脇を固めているのは牛乳の泡。アーモンドが食感と風味面でいい仕事をしています。
アーモンドいい仕事
春キャベツは甘くシャキシャキ。帆立は半生仕上げ。

バターの香りもあり、甘みと旨味に溢れた帆立料理でした。
0602-2 (9)

最後のワインはロゼで。
今日は赤ワインを1杯も飲まないという珍しい
0602-2 (11)


いつもどおりグラッパで〆ました。グラッパは巨人でいえばサンチェのようなものです。
0602-2 (13)

また7月に来たいと思います。
季節が変わるとメニューが変わるので楽しい。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,500円


ロステリアの過去記事はこちらです。
・2018年6月10日 ランチ
・2018年6月23日 昆布締め牛ランプのステーキ
・2018年8月5日 骨付き鴨モモ肉のコンフィ
・2018年9月23日 パスタフレスカ トンナレッリのアラビアータ
・2019年1月4日 牛ハラミのタリアータ
・2019年1月19日 豚バラ肉のコンフィ
・2019年3月23日 桜エビと菜花のスパゲッティ
・2019年4月26日 フィレ肉サルティンボッカ風
・2019年5月6日 牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ マデラソース

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ロステリアイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★★ 4.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

クーポン利用で食べ飲み放題4,980円

2019.06.03.21:39

きずなすし@新宿西口
寿司


昔のお客様に誘われて、普段であれば絶対に行かないお寿司の食べ放題に行ってみました。
会場は新宿西口の「きずなすし」です。
0603 (1)

新宿エリアだと他に歌舞伎町にもお店があります。


1階はカウンター席とテーブル席。
0603 (20)


大きな階段を降りると・・・
0603 (21)


たくさんのテーブル席が配備された地下空間があります。
8割以上のテーブルが埋まっており大変繁盛しているようでした。
0603 (19)


通常メニューは1貫99円~449円円というラインナップ(大きな穴子を除いて)。
回転寿司ほどではありませんが、安い部類に入るお寿司屋さんと思われます。
0603 (7)

今回は食べ放題プランで、男性は3,980円。
飲み放題は通常は1,500円ですが、クーポン利用で1,000円でした。
お寿司食べ放題、お酒飲み放題で4,980円であれば、クオリティによりますが安いと思えるかもしれません。

食べ放題メニューはタッチパネルで選びます。
0603 (9)


全てのメニューがあるわけではなく、赤身であれば大トロ以上は存在しません。
0603 (10)


ビールはキリンのクラシックラガーです。
今日はお寿司メインなのであまりビールは飲まないようにしました。
0603 (2)


食べ放題のお寿司というのは、どうして序盤はこんなにも楽しいのか。テンションが上がるのか。
0603 (4)


頼んだら頼んだだけお寿司がジャンジャン出てくるという竜宮城スタイルに一同気持ちは上がりっぱなしです。
0603 (6)


しかし10貫ほど食べるとだいぶ落ち着き、気持ちも冷静になってきます。
0603 (11)


例えばトロサーモンは全然トロサーモンという感じではなく、普通のサーモンにしてもちょっといま一歩という内容です。
0603 (12)


中トロも「これが中トロなのか?」とトロの定義で論議が起こるような感じでありました。
中トロもトロサーモンも、食べ放題専用ルールの中で提供されているようなクオリティに思えました。
0603 (5)


蟹もなぜかまっすぐぱきっとなっていて、マリーナベイサンズホテルを思わせる形状をしていました。
0603 (18)


開始30分でお腹いっぱいになり、先ほどの元気は何処へやらという事態になります。
なので味噌汁を飲んで休憩したりします。
0603 (17)


ギリギリ好きなものであれば食べられるかな、、と注文し、それでも先ほどのようなガンガンの注文ではなくなります。
序盤は気にならなかった、機械が握った?作った?かのような、カクカクした形状も気になるようになってきます。
0603 (3)


後半、、、というか後半にも届いていないですが、お寿司の押し付け合いが始まったのは45分くらいを迎えてからでした。
0603 (14)


とうとうお酒も飲めなくなり烏龍茶に切り替えます。
0603 (15)


もう最後は1貫ずつしか頼めなくなっていました。
お店側の思うつぼにどっぷりとはまりました。
最初は3,980円で利益出るのかなーと思いましたが、いざ食べてみると絶対出るだろうという気持ちになりました。
0603 (13)


一番のオススメは雲丹です。雲丹以外は普通は切ってるかなと思いました。
0603 (16)

シャリも多めですし、だいぶお腹いっぱいになります。高校生とかにはいいのかもしれない。
ただ店員さんは皆対応が早く、またお寿司もいつ握ったのかと思うほどすごいスピードで提供されるので、よくできたシステムだなとは思いました。


===
【オーダー】
寿司食べ放題 3,980円
飲み放題クーポン利用 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

きづなすし 西新宿店寿司 / 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[寿司]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 寿司

【移転】淡路の恵み

2019.06.04.20:00

百菜@赤坂
和食


接待(仕向)で利用しました。赤坂の百菜という和食屋さんです。
お店は地下です。
(いまは水天宮前に移転されたようです)
0604-01 (1)


入口の水槽では鱧が泳いでいました。
0604-01 (14)


カウンターが6席と、あとは個室となります。
個室が多いので接待では活躍しそう。赤坂駅からも近いですし。
0604-01 (2)


個室は畳で、掘りごたつ式ではありませんが椅子が高くなっており洋室の椅子のように座ることができるので、足が痺れたりすることはありません。
外国の方との接待でも安心して使えます。
0604-01 (3)


今回は飲み放題込で15,000円の予算でお願いしました。
会計はかっきり15,000×4でした。
0604-01 (4)


生ビールだとプレモル、瓶ビールだとアサヒでしたので瓶ビールを選択。
図1

前菜盛りは、明石の蛸。柔らかい!
鰯と茄子のマリネ。〆鯖とインカの目覚め。


お造りは全て美味しかったですが、車海老が抜群によかったです。
鱧、真子鰈、車海老。贅沢なお造り。
0604-01 (7)


太刀魚の幽庵焼き。脂のり最高。
鱧の玉とじ。鱧なんて年に1度も食べる機会がありません。
図2


河豚の白子のフライ。火傷注意とのことです。
非常にクリーミーで全くクセがなく鱈の白子と全然違います。数段美味しい。あるいは大将の腕のせいか。大将が調理すれば鱈の白子も昇華する可能性はあります。
0604-01 (10)


淡路牛です。言うまでもなく美味しい。なんとも旨みたっぷりでお替りしたかった。
0604-01 (11)


明石の鯛の炊き込みご飯。出汁がすごい。鯛のエキスがすべてご飯に乗り移っていました。
0604-01 (12)


豆乳プリンでフィニッシュ。
0604-01 (13)

淡路j産にこだわった食材を堪能できます。
個室なのでとてもリラックスできますし料理も美味しいですし。

3時間たっぷり使って食事を楽しみました。


===
【オーダー】
飲放題付きコース 15,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

百菜 赤坂割烹・小料理 / 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

ロンドンさながらのIRISH PUB

2019.06.04.23:47

The Mermaid@赤坂見附
アイリッシュパブ


赤坂を歩いていたら、急にそこだけロンドンという一画が現れました。
The Mermaidというアイリッシュパブで、海外からの方が外で立ってビールを飲んでいます。日本人じゃない率95%を超えていました。
0604-2 (5)

昨年ロンドンにを旅行しましたが、アイリッシュパブでは皆さん席がどんなに空いていても立って飲むんだなーと思ったのですが、コのお店もそんな状況でした。

昨年ロンドンで行ったアイリッシュパブ。
・THE VICTORIA@Paddington
・The Fellow@King's Cross
・The Pride of Paddington@Paddington


店内は日本にいることを忘れさせるレベル。まるでロンドン内のアイリッシュパブです。
Hubとかはこんな雰囲気ではないので、
0604-2 (1)


中は最初ガラガラで「店内ガラガラでも立ち席は満席」という状態でしたが、21時を回ると店内外どちらも大変な混みようになりました。
まだ火曜だというのにすごい賑わいのお店です。
0604-2 (7)


このサーバーがかっこいい。国産ビールはキリンでした。
0604-2 (6)


キャッシュオンシステム。カウンターでお金を払いその場でビールを受け取ります。
クレジットカードが使えるのもロンドンと同じです。少額決済でもクレジットカードが使えるなんて。
0604-2 (13)

毎回支払うのが面倒な場合は、後でまとめて決済することもできます。
しかしそれにはクレジットカードをお店に渡さなければなりません。なかなかリスキーですが面倒さは軽減されます。


ビールメニュー。
一番搾り以外ですと、キリン・ハイネケンのハイネケン(オランダ)。
ベルギービールのステラ アルトワ、ヒューガルデン。
アイルランドのキルケニー、ギネス。
アメリカシカゴのGoose IPAというラインナップ。
0604-2 (10)

一番搾りが一番出ないかもしれませんね。こういう雰囲気だと。


LONDON PRIDEというビールを推していたので、こちらを飲んでみることにしました。
ジャイアンツ愛、みたいなものでしょうか。
0604-2 (4)


卓上にはハンバーガー用でしょうか。ケチャップとマスタードが配備されていました。
今回はお腹いっぱいだったので食べませんでしたが、本当はフィッシュ・アンド・チップスを食べてみたかった。
フィッシュ・アンド・チップスも本場さながらのクオリティなのだろうか。
0604-2 (9)


■LONDON PRIDE(1,500円)
0604-2 (3)

1パインとで1,500円。安くはありません。というか高いです。

なおハーフパイントは850円なのですが、大きさの違いがすごい。
量はちょうど半分なのでしょうけど、雰囲気を考えると1,500円でも1パイントにしたいと思ってしまうかも。
0604-2 (2)


2杯飲みましたが、まずまず苦くロンドンらしいビールでした。
日本のビールよりも味が濃く苦いように思います。ロンドンで飲んだビールたちはこんなんだった気がしました。
0604-2 (8)


途中からはジントニックに。タンカレー10番。
0604-2 (14)

とにかく雰囲気がよくて気持ちの良いアイリッシュパブでした。
海外の方が大勢枚挙していたのはよくわかります。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円


■カクテルメニュー
0604-2 (11)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆(雰囲気!)

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

マーメイドパブ / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

続・厚切りタンステーキに会いに

2019.06.06.21:14

幸永@東新宿
焼肉


東新宿の老舗焼肉、幸永に行ってきました。
前回食べた厚切り牛タンが忘れられず4ヶ月ぶりの再訪となりました。

より新宿よりの黄色い看板が本店なのですが、中に入ると「隣である」と言われます。
0606 (1)


隣の緑がかった看板の方のお店に入店しました。
0606 (2)


店内は小上がり式。天井から大きなダクトがニョキニョキと出ています。
0606 (3)


掘りごたつ式でもないため、まずまず疲れます。長時間の滞在には非常に向いておりません。
テーブル席の隣のお店のほうが居心地はよいです。
0606 (4)


前回の訪問で食べたほうがいいメニューと、そうでないメニューはだいたいわかりましたので、今回は一撃必殺のオーダーをしました。

■瓶ビール(600円)
0606 (5)

生ビールはプレモルの香るエールになってしまうので、瓶ビールのモルツを選択。


■キムチ盛り合わせ(980円)
0606 (6)

結構辛く、まずまず深漬けの濃厚タイプのキムチもオススメです。


■ナムル(550円)
0606 (13)

ナムルは食べていないので味がわかりません。


■サンチュ(780円)
0606 (7)

サンチェではなく、サンチュ。
白ごはんを食べないので、さっぱり効果のあるサンチュは欠かせません。


■厚切りタンステーキ(1個1,400円)
0606 (8)

テーブルに着いたらまずこれを頼むため、前回同様一番手に登場。幸永で先鋒は厚切り牛タン以外考えられません。ここで確実に圧倒的な勝利を掴みます。
肉は序盤で食べれば食べるほど美味しいので、美味しい順、好きな順に頼むのがいいと思ってます。


1つ1,400円ですが、ボリュームを考えると安いと言えると思います。
デパ地下でこの大きさの牛タンが1,400円で買えるとは到底思えませんし、そもそも多くの場合売ってすらないです。
2_20190818155333540.jpg


1人1つは食べたい厚切り牛タン。なんなら2つ食べて、その後赤身で流す作戦だって十分アリです。
0606 (11)


牛タンは薄切りが一番だな、、、なんて思っていましたが、価値観を変える一撃がこの牛タンにはあります。
マンゴーカットが堪りません。
0606 (10)


超厚切りですが、焼くのにそれほど時間はかかりません。マンゴーカットの効果でしょう。
焼き上げったら食べやすい大きさにハサミでカットして頂きます。
0606 (14)

物凄い歯ごたえと、十二分な脂。過ぎない脂。
幸永では最初にこの牛タンを食べてこそです。

2回目でしたが圧倒的な美味しさは健在でした。食べ終わると言い知れぬ充足感に満たされます。


18時半集合という暴挙に出たため、ガンガン運ばれてきまして一瞬でテーブルは竜宮城状態に。
0606 (17)


■とうがらし(1,500円)
0606 (12)

赤身のとうがらしは脂身が少ないので2番手を任せます。
ここで厚切り牛タンの脂を洗い流します。
貴重部位ですが1,500円とリーズナブルなのも有り難い存在です。


■上ロース(1,200円)
0606 (15)

中堅は上ロースです。とうがらしで洗い流したオイルタンクに、また脂を注ぎます。
ここでカルビを注いでしまうと一瞬でタンクが満タンになってしまいますので、上ロースが適任です。

ほどよい脂と柔らかい肉。噛むことに力を必要としません。


■上カルビ(1,800円)
0606 (16)

副将はカルビ。できれば上で行きたいところです。
中堅のロースが脂耐性を作ってくれていますので、4戦目にして上カルビは十分耐えることができます。


■特上和牛ハラミ(1,980円)
0606 (18)

大将には厚切り牛タンに並ぶ双頭の龍、特上和牛ハラミを置きます。
我ながら完璧な選手起用となりました。

厚切り牛タンも旨いですが、このハラミも相当やります。
肉の味が濃く、またタレは濃厚過ぎずあっさりと、そして脂の量は非常に適量な秀逸な一品です。

ハラミは並、上もありますが、可能であれば特上でいきたいところです。


■極ホルモン(880円)
0606 (19)

体力があれば極ホルモンで自らに止めを刺すのがオススメです。
並々ならぬ脂の量に、KOされることは間違いありません。大蒜も炸裂しており、その後誰かに会うことすら不能となります。文字通り1日に止めを刺す一撃となります。


幸せな日々が永遠に続きますように。
幸永という店名にはこんな思いが込められているのだろうか。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

幸永 本店ホルモン / 東新宿駅西武新宿駅新大久保駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

【2回目】フードコートで食べるラーメンの域は軽く超えている

2019.06.07.14:14

田中商店@台場
ラーメン


お台場ダイバーシティ。2階のフードコート「東京グルメスタジアム」にはたくさんの出店が出店しています。
0607-1 (1)

過去記事はこちらになります。
・久臨(ラーメン/つけ麺)
・田中商店(豚骨ラーメン)
・てっぱん屋台(お好み焼き/鉄板焼き)
・はなまる(うどん)
・銀だこ(たこ焼き)
たいめいけん(洋食)
・金子半之助(天丼)
・【閉店】SMALL MARKET@DELI(ヘルシー丼)
・【閉店】キムカツ(とんかつ)
・【閉店】梁の家(韓国料理)
・【閉店】赤坂ちびすけ(餃子)
・【閉店】TOKYO CREPE GIRL(クレープ)
・【閉店】PASTALIAN(変化球パスタ)
・【期間限定エリア】ポップオーバー

半分のお店が潰れてしまいました。
全店制覇したつもりになっていましたが、新陳代謝がかなりよいです。

食べたことがあるお店でオススメは「田中商店」「たいめいけん」「金子半之助」の3つくらいでしょうか。
他はフードコートなりという印象です。


新店が入っているとも知らず、田中商店を再訪してしまいました。
0607-1 (2)

六町にある本店に行ったことがありますが、本店同様すさまじい豚骨臭を放ちまくっています。他のお店から苦情が来ないか心配になるレベルです。
フードコート内のラーメン店としては異例なレベルです。


メニューは豚骨ラーメンで、あとはトッピングで値段が変わります。
ノーマルラーメンでも820円という、長浜ラーメンとしては異例の値段です。家賃が高いのでしょう。
0607-1 (3)


以前はできなかった替え玉ができるようになっています。
本店の替え玉は130円でしたが、こちらは替え玉は100円です。
0607-1 (4)


すごい匂いを癒やすためかジュースが150円で販売されています。
0607-1 (5)


通常は卓上にあるトッピング類は受け取り場所で取り分ける必要があります。
0607-1 (6)


ねぎらーめん、980円也。
980円というとフードコートのラーメンとしては異常事態ですが、ラーメンが放つオーラもまた異常事態です。
おおよそフードコートで見るラーメンとは違いすぎます。完全なる本格派。
0607-1 (7)


よくわからない海苔のありがとうメッセージ。
外国人観光客は結構少ないです。むしろ修学旅行生の方が多いですが。
0607-1 (10)


フードコートだからなんだ。超本格派の長浜ラーメンを提供してやる!
表面から香ってくる豚骨のパンチのある香り。何よりその見た目がもう本気以外何者でもありません。
0607-1 (9)


スープはコク深く豚骨の出汁が凝縮されまくった、まさに田中商店の真髄のようなスープ。
本店の威力を100とすると、75くらいまでしか出ていないものの、田中商店本店は普通のお店の2倍の威力を放っていますので、フードコートとはいえ、そんじょそこらの長浜ラーメンのお店は蹴散らされます。
0607-1 (11)


細麺をスイスイと頂きます。
フードコートで味わえるラーメンで、このラーメンよりすごいお店は果たして日本にあるのか。
0607-1 (12)

お店から放たれる豚骨臭に引き寄せられる人、おののく人、いろいろあると思いますが、東京グルメスタジアムの中では最も食べておきたいお店です。


===
【オーダー】
ねぎらーめん 980円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

田中商店 ダイバーシティ東京プラザ店ラーメン / 東京テレポート駅台場駅東京国際クルーズターミナル駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

東京カレンダーに出てきそう

2019.06.07.22:43

Bistaurant RNSQ@麻布十番
ビストロ


麻布十番のビストロ「RNSQ」というお店に行きした。
読めませんが「エレネスク」と発音するようです。
0607 (1)


たくさんお店が入っている綺麗な建物の2階になります。
麻布十番らしさがあります。
0607 (2)


店内はカウンター席とテーブル席があります。雰囲気がとてもよく、付き合いたてのデートでも使えそうです。
昔勤めていた会社が買収した東京カレンダーとかに載ってそう。東京カレンダーの社長は昔の同期だったりする。
0607 (5)


メニューは手書き。その日の仕入れ状況に合わせてメニューが変化するのでしょう。グランドメニューはないのでしょう。
そういうお店は美味しいことが多いかなと思います。
0607 (6)


お店の雰囲気に合わせて乾杯はシャンパンにしました。
スパークリングワインも美味しいですが、シャンパンは群を抜いて美味しい、、、というかこのシャンパンが美味しい。
スッキリしていて少し苦味があります。
0607 (3)


お通しは胡椒鯛の南蛮漬けです、土佐酢ジュレがけ。
ジュレが爽やかで柑橘が効いていて、しかし酸が強すぎず絶妙な塩梅です。和食みたい。
0607 (4)


■長崎イサキのカルパッチョ(2,000円)
0607 (7)

イサキのコンディションが最高です。温度もちょうどいい。冷たすぎず。
まろやかな酸味が特徴のカルパッチョ。まろい味です。

甘くないスッキリとした白ワインで。甘くないですが果実味があります。
0607 (8)


■冷製鴨ロース(1,500円)
0607 (10)

柔らかくしっとりとして脂が甘く味が濃い鴨。
これまた柑橘が効いていてさっぱりとした味。暑い日でしたのですごくよかったです。
濃厚な鴨と柑橘のマリアージュ。


1食1ワイン。勝手にペアリング。しかし1杯ずつがなかなかの量なのでそこそこ酔います。
0607 (9)


■ロシア水餃子ペリメーン(1,300円)
0607 (12)

ペリメーンとはロシアの水餃子です。
生クリームとサワークリームが混ざっています。
肉肉しい味に、クリームが濃厚さを、サワークリームが爽やかさを、レモンがキリリと〆る役割を。
ただの餃子ではないぞこれは。ロシアで食べるよりきっと美味しかろう。。。
一口サイズでパクパク食べられます。

こちらも白ワインで。
1料理1ワインは、量的にやはりなかなかであります。
0607 (14)


■見蘭牛イチボのカツレツ(4,000円)
0607 (16)

肉厚で食べごたえのある立派なカツレツです。
ステーキのよいところと、揚げ物の素敵なところが融合しています。
0607 (17)

イチボなので脂は控えめですが、そもそも揚げているので脂が補われています。
揚げ上がり、火加減が素晴らしく、赤身を存分に楽しめるカツレツです。
ご褒美になるレベルのカツレツだった。
0607 (18)


重めですが軽やかさもある赤ワインとともに。
この赤ワインも最高に美味しい。
0607 (15)


■本日のパスタ(1,800円)
0607 (19)

本日のパスタは海老のパスタでした。値段が~だったので海老ですし1,800円ではない可能性が高そう。
海老の出汁がすごくよく出ています。深い旨みに包まれたパスタ。


重そうな軽そうな不思議な赤ワインで。
軽やかなのに重さもあるという水陸両用みたいな赤ワインでした。
0607 (20)


■びわのコンポートジュレ(600円)
0607 (23)

デザートを食べて、

グラッパを飲む。
0607 (22)


完全に飲みすぎました。
お値段1人17,000円は完全に飲み過ぎによるものと思われます。
0607 (24)


===
【オーダー】
上記の通り 1人17,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

Bistaurant RNSQビストロ / 麻布十番駅赤羽橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

大盛りは体感300g級

2019.06.09.14:43

麺や食堂@本厚木
ラーメン

会社の開発合宿で本厚木からバスで40分くらいの場所に行きました。
本厚木からバスで40分くらい行くと、やはり大自然になるわけで。
あ


本厚木に来るなんて、なかなかどころかまずないことなので、帰りに記念にラーメンを食べて帰ることにしました。
お店探しアプリで「本厚木×ラーメン」で検索して一番上に出てくるお店を目指します。
0609 (1)


麺や食堂というお店です。右下の「ブラジル」の赤字が気になります。
アルバイトの時給が1,000円。本厚木としては高いのでしょうか。
0609 (3)


お店探しアプリで本厚木×ラーメンで1位というだけあり、日曜12時50分の到着で14名待ちでした。
並んで待っていると、食べ終わったお客さんを1人1人丁寧に頭を下げて店員さんが見送っていました。美容院とか高い洋服屋さんみたいである。
0609 (2)


並んでいる間に遊べるのか、あるいは単なるオブジェなのか、「パックマン」と「あみだくん」がありました。
誰も遊んでいませんでした。
0609 (4)


食べログなるサービスから多数の表彰を受けているようです。
食べログなるサービス的にはこんな風に権威っぽく飾ってもらうのは狙い通りと言えましょう。
0609 (8)


味の1つは「神奈川淡麗醤油」です。
神奈川淡麗という言葉は初めて聞きました。
0609 (5)


醤油以外に塩があります。
醤油の味は一択ですが、塩は辛くすることができます。
0609 (6)

その他、トッピングやセットメニューは一番下に掲載しました。
特筆すべきは替え玉が100円なのに対し、大盛りは200円であるという点です。

なんとなく替え玉はあまり好きではないので大盛りでお願いしました。
替え玉が100円なのに、大盛りが200円ということは大いに引っかかりましたが。


12時50分に並び1時5分で席につけました。14人待ちで15分並びはかなり回転がよいと言えそうです。
0609 (22)

店内は4名がけテーブルが3つ、2名がけが2つ。カウンター席が4つ×2です。
席の状況によってお店の方から移動してもらえないかという提案が入る場合があります。


卓上には餃子三種の神器や一味があるのはよいとして、何に使うのかソースまであります。
ソースを配備しているラーメン屋さんはなかなか珍しいです。
0609 (9)


お水はヤカンに入っています。ご主人がラガーマン出身とかでしょうか。
0609 (10)


味玉醤油そば、大盛りが到着しました。
到着と同時に「やってしまった」という思いに溢れます。
0609 (11)

量が。量が多すぎるのです。
永福町系大勝軒を彷彿とさせる凄まじい量です。


オーラ満タンの中華そば。洗面器のような器です。並盛だと普通の器で提供されます。
器からは魚介の香りがもうもうとやってきます。
0609 (14)


永福町大勝軒は並盛りで茹で前280gですが、このラーメンは大盛りだともっと量があるように感じました。体感茹で前300gでしょうか。
つけ麺で茹で前300は余裕ですが、ラーメンとなるとやばいです。300はやばい。
0609 (18)


具は美しい青葱と、極太メンマ。メンマには珍しいことに黒胡椒の味が付いています。
胡椒がまぶしてあるメンマは初めて出会いましたが、これはいいですね。
0609 (17)

叉焼は沈んでいて分かりにくいのですが、2種類入っています。
低温調理系などではなく昔ながらのスタイルです。


それと100円で付けられる味玉です。
麺が多すぎて、器が大きすぎて、具がスカスカに感じます。荒野にぽつんと具が存在している感じになります。
0609 (20)


煮干しが少しガツンと来る感じは大好きなラーメンのタイプです。
醤油ダレも相当な攻撃力を持っています。醤油ダレと煮干しの応酬。
「淡麗」とありましたが、なかなかパンチがあります。そしてこのボリューム。なかなかの強敵となります。
0609 (16)


出汁の味わいがよく深みもありつつ、ガツンという押しもある。
行列の意味はよくわかりました。
0609 (19)


麺はツルツルの細ストレートタイプ。小麦感あり。
この量を食べるならばもうちょっとモチモチした感じが個人的には欲しかったです。
最後3/4くらいで飽きが来てしまいラストは戦いになりました。味が単調なのでこの量は厳しかった。
0609 (21)


こちらは公右平氏がオーダーした塩ラーメンです。
なかなかいい表情をしています。醤油に負けず劣らぬ雰囲気です。
0609 (12)


並盛ですが、本店では塩は大盛りにできないそうです。
しかし246店は塩でも大盛りにできるそうです。ただ、むやみに大盛りにしないほうが安全です。
0609 (13)


食後に黒烏龍茶が提供されます。
黒烏龍茶といってもサントリーの黒烏龍茶ではありません。
0609 (23)


食後会計式なのですが、レジの前に黒烏龍茶が売っていました。
0609 (24)

本厚木を代表するラーメン屋さんに行くことができてよかったです。
パンチのある魚介と醤油ダレ、そして凄まじいボリュームと一戦交えることができて楽しかった。

「ブラジル」の謎は結局わかりませんでした。

===
【オーダー】
味玉そば 780円
大盛り 200円
→税込で1,058円


■トッピング/セットメニュー
0609 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば 麺や食堂 本店ラーメン / 本厚木駅厚木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

こだわりの濃淡

2019.06.09.21:05

ARTISAN MAKOTO@二子新地
ステーキ


豚子新地という二子新地唯一のとんかつ屋さんが閉店し、跡地にステーキ屋さんができていました。
片仮名読みで「アルチザン マコト」というお店です。
0609-2 (1)

二子新地でステーキ屋さんとなると、駅の反対側にもう1つBambuというお店があります。


1階はカウンター席でしたが使っていないように見えました。
2階席に通されました。
0609-2 (8)

わりと簡易な作りでカフェっぽい雰囲気です。
ステーキを注文の場合は1階に降りて、、、と書いてありましたが女性店員さんがいました(お仲間と普通にご飯食べていましたが)。


パリとニースで修行したシェフが運営しているステーキとカレーのお店とのことです。
0609-2 (2)


メニューの主力はリブロースステーキとカレーです。
カレーは税別で1,500円と二子新地としてはかなり高めの設定。
0609-2 (3)


豪州産のリブロースステーキは399gまでは1g 9円で、いきなりステーキの6.9円よりは少し高めです(いきなりステーキと比べるのもあれですが)。
200g以下でも注文できますが、200gの金額になってしまうので最低200gと考えたほうがよさそうです。


こだわりの福島産のお米はセルフ式。スープもセルプ式。
人員リソースの問題かもしれませんが、ファミレスっぽい感じで安っぽい感じがしてしまうような、してしまわないような。
0609-2 (7)


■瓶ビール(600円)
0609-2 (10)

ビールは小瓶で600円なので、こちらも結構高めの設定です。
セルフ式スタイルやお店の雰囲気を考えるといささか割高だなと思わないでもありません。


サラダとスープ。
スープは普通のコンソメ味で、サラダはサラダというよりは葉っぱだけでサラダというには少々物足りません。
サラダ、スープ、ライスで500円のサラダとしては。
0609-2 (9)


■リブロースステーキ(200g 税別1,800円)
0609-2 (11)

15分ほどでステーキが到着しました。


付け合せは馬鈴薯オンリーなので色合いはよくありません。
ソースは緑粒胡椒、ガーリックソース、焦がしバター醤油の3種類から選べて焦がしバター醤油にしました。
0609-2 (12)


200gなのでボリュームはまずまずです。
焼き目が綺麗に付いて美味しそうです。
0609-2 (13)


300gとかにすると面積が広がるのか厚さが増すのか。
もう少し厚さがあると「肉食べてる!」という気持ちが増しそうです。
0609-2 (14)


肉の焼き加減は完璧。見事なミディアムレアで焼き上がっていました。
0609-2 (15)

300gとかにしたいですが、そうすると肉単体で3,000円近くなってしまいトータルで1人4,000円近い食事になるため、なかなか判断が難しいです。


===
【オーダー】
リブロースステーキ 1,800円(税別)
ディナーセット 500円(税別)
ビール 600円(税別)


■メニュー
0609-2 (4)

■デザート/ドリンクメニュー
0609-2 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

アルチザン マコトステーキ / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[ステーキ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ステーキ

扉を開けるとそこはパリであった

2019.06.10.21:18

La maison dami@目黒
ビストロ


ルベロに行く際に、ちょっと寄り道をしながら向かった際に見つけて、大変気になっておりました「ラ メゾン ダミ」というお店に行ってみました。
外観のオーラがとにかくすごい。すごくいいお店でありそうな感じが外観からバンバンに出ています。
0610 (1)


店内はさながらパリのビストロです。パリにワープしたかのような雰囲気。
お客さんも大人ばかりで非常にいい感じです。
0610 (3)


手前と奥で空間の雰囲気が違っており、それぞれの良さがあります。
19時の入店で最初は空席ばかりでしたが、20時を過ぎたら満席状態になっていました。
0610 (4)


ナイフとフォークはシャトーラギオール。ミツバチマークが特徴です。
家でも使っていますが切れ味が素晴らしいです。
ルベロも、恵比寿のバールデブーもナイフはラギオールだったような。
0610 (12)


黒板におすすめメニューが書いてあります。
前菜は1,500円弱、主菜は3,000円前後と安くはないものの、そこまで高いという感じではありません。
食べるとわかりますが、1品1品しっかりとしたボリュームがあります。なので4人くらいで来店すると一番お店のポテンシャルを感じることができそうです。
0610 (2)

グランドメニューは一番下に掲載しました。

ワインリストもありますが、壁にボトルが並んでおり、それぞれ値段が瓶に記載されています。
ワインの説明をしてもらいつつ、値段も明朗会計でよいです。
4,000~5,000円がボリュームゾーンかなーという印象でした。
0610 (21)


■生ビール(650円)
0610 (5)

ビールはハイネケン一択です。ハイネケンは日本で気軽に買えるビールの銘柄で一番好きです。
650円とリーズナブルな設定ですし。


■白ワイン(4,300円)/赤ワイン(4,200円)
図1

3人で行ってワインは白赤それぞれ1本ずつ飲みました。
全てフランスワインのようで、そして味もとてもよかったです。


■青森メジマグロとキノコのマリネ(1,180円)
0610 (11)

ビネガーソースでしょうか。さっぱりとした仕上がりで、またメジマグロのコンディションもよく、幸先良いスタートとなりました。
これは何を頼んでも一定以上に美味しいぞ、という安心感と期待感が生まれます。


■ニース風サラダ(1,280円)
0610 (13)

とにかくボリュームがすごいです。てんこ盛りとはこのことです。
2人で頼んだら、このサラダだけで前半が終了しかねません。
4人以上でのオーダーがオススメです。

キリリとした酸味のあるドレッシングが美味しい。


■地鶏とフォアグラのパテ アンテクルート(1,080円)
0610 (16)

「クルート」はパイやパンの皮。あるいはパンに詰めて焼いた料理という意味です。
その名の通りパテがパイに包まれています。
少々クセのあるパテですが、またそのクセが赤ワインに絶妙に合います。

このパテが出てきて急いで白ワインを飲み干し、赤ワインのボトルをオーダーしました。
マリアージュ。


■牛ラグーのマカロニグラタン~トリュフ風味~(1,180円)
0610 (17)

今日一番印象に残った料理がこちら。
トリュフの香りとチーズのコクとマカロニのボリュームと。赤白どちらのワインにも合いますし、温菜として最高でした。
レギュラーメニューではないようなので、いつも出会えるとは限らない模様です。


■仏シャラン鴨のコンフィ~ヴィネグレットソース~(2,480円)
0610 (18)

鴨の焼き加減がよく、まったくパサついておらず最高の仕上がりです。
サラダでよくみかけるヴィネグレットソースもビネガーの酸味と旨味がよく引き出されていて鴨とすごく合います。


■鹿児島黒牛ランプステーキ~マデラソース~(3,480円)
0610 (20)

ランプステーキは200g。やはりボリューム満点。
焼きも見事で赤身のいい色が出ています。
マデラワインを使ったマデラソースも肉を引き立てまくりでいい女房役となっています。

肉料理は鴨も牛も最高にいい仕上がりでした。

雰囲気がよく料理が美味しくサービスも行き届いており、もうここは完全なるパリのビストロのようでありました。
目黒にパリがありました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人10,000円ちょっと

■ワインメニュー①
0610 (6)

■ワインメニュー②
0610 (8)

■ドリンクメニュー
0610 (7)

■前菜
0610 (9)

■主菜
0610 (10)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ラ メゾン ダミフレンチ / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ビストロ

唯一無二の味

2019.06.10.22:39

天下一品@目黒
ラーメン


La maison damiで夕飯を食べて、気がつくと天一の前におりました。
炭水化物食べなかったからか。。。
0610-2 (1)


コの字型カウンター席は22時50分と遅めの時間ですが8割ほどが埋まっていました。
駅からも劇的に近いですし、こんなところに天一があっては酔っていたら入ってしまう。
0610-2 (3)


味は4種類。王道の「こってり」を頂くことにしました。
これまで天一ではほとんどのケースで大盛りにしていましたが、さすがに時間を考えて並盛りにしました。
0610-2 (2)


こってり並、到着。
着席から6分で到着。すごいぞ早いぞ嬉しいぞ。
0610-2 (4)


久方ぶりの並盛りは非常に小ぶりに見えました。目黒店が小ぶりなのか?いや、そんなことはないでしょう。
しかしとても量がマイルドに見えます。これなら22時50分に食べても大丈夫であろう。
0610-2 (5)


葱の緑が映えます。天一ではまずトッピングはしませんが、トッピング追加するなら葱にしたい。
0610-2 (7)


スープは塩分控えめに感じたのは酔っているからでしょう。天一のスープの味が薄いはずないので。
わたしのコンディションのせいで薄味に感じたスープ。文字通り夢中で食べました。
0610-2 (6)


酔いのせいか、あるいは目黒店が美味しいのか、どちらかは判断がつかないのですが、これまで食べた天一のラーメンで一番美味しく感じました。
天一は麺が好みと異なるのですが、酔っているからなのか、あるいは並盛りで量が少なかったからなのか、瞬殺で美味しく食べられました。
0610-2 (8)


普段めったに自分では見ない「明日もお待ちしています。」が見えてしまったではないか。。。
0610-2 (9)

クローザーとしての役割を完璧にこなしてくれました。巨人のサンチェのように。
しかしあとでカロリーを調べてびっくり。天一のこってりは949カロリーもあるというではありませんか。

949kcalというとカツ丼以上ということになります。
なんということをしてしまったのか。しかし美味しかったのでよしとします。

それにしても天一の味というのは1つも似た味のお店を知りません。そして大人気。
二郎のようにインスパイアがにょきにょきと出てきても不思議ではないというのに、味の再現ができないのであろうか。


===
【オーダー】
こってり 730円

過去の天一の記事はこちらになります。
・2009年5月3日 京都知恩院前店 こってり大
・2009年9月13日 新宿店 こってり大
・2011年11月25日 五反田店 こってり大
・2012年6月1日 蒲田店 こってり
・2012年6月14日 新宿西口店 こってり大
・2014年3月22日 錦糸町店 こってり大
・2014年6月14日 高田馬場店 ラオガンマ
・2015年1月12日 高田馬場店 味がさね
・2015年8月15日 池尻大橋店 こってり大
・2018年7月21日 駒沢大学店 こってり大ネギトッピング

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

天下一品 目黒店ラーメン / 目黒駅不動前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

KITTEラーメン激戦区の清湯担当

2019.06.11.12:06

福味@東京駅
ラーメン


丸の内エリア、KITTEの地下にラーメン屋さんが5軒も並んで入っていた。
0611 (1)


なんだこれは?と思ったら「ラーメン激戦区」なるエリアが出来たらしい。
すぐ近くのTOKIAの地下にはトナリが入っていたり、丸の内エリアでもラーメン食べられるエリア増えました。
0611 (22)

王道のダブルスープで富田。とみ田という本店には行ったことがあります。
味噌でど・みそ。ど・みそは京橋店に行ったことがあります。
担々麺では阿吽。阿吽は湯島の本店に行ったことがあります。
豚骨では一幸舎。一幸舎は行ったことないです。

ジャンルがかぶらないように出店してもらっているようです。計画的です。


清湯担当の福味に行ってみました。
11時開店と同時に入店。
0611 (2)


券売機で食券を買います。
左上ポールポジションが1,120円と高いボタンになっています。ムジャキグループかな?と思いましたが後で違うことがわかります。
0611 (6)


味は清湯醤油、鶏白湯、からいやつ、紅の煮干しと豊富なラインナップです。
清湯系っぽい中華そばの味玉入り(930円)を食べてみることにします。
値段がまあまあ高めなのは家賃が高いのかもしれません。
0611 (7)


ムジャキ系ではなくせたが屋グループでした。
0611 (9)


せたが屋グループなので製麺所はコナノチカラ製麺所です(絶対にコナノチカラ、、、ではないようにも感じますが。わかりませんが)。
0611 (5)


席数はかなりあります。が、あっという間に席が埋まりました。
外国人観光客の方も大勢いました。場所柄、ここでラーメンを食べて新幹線で京都へ、、、、みたいな人が大勢いそうです。
八重洲の東京ラーメンストリートも大変な賑わいようですから、ラーメン屋まとめエリアは成功しやすいのかもしれない。
台場のラーメン国技館も盛況ですし。
0611 (4)

メニューに餃子がありますので卓上配備は餃子三種の神器と胡椒。
0611 (8)


8分待ちで味玉中華そばが到着しました。
見た目からして美味しそう。
0611 (11)


清湯×醤油の王道の中華そばスタイル。
海外からの方には是非食べて欲しい醤油ラーメンです。
0611 (12)


具は叉焼2枚とメンマ、色味も兼ね備える葱。ノーマルラーメンで味玉が入っていなかったとしても、まずまず豪華な構成です。
惨めな思いをすることはありません。
0611 (14)


味玉は外側がちょっとだけ完熟でしたら基本問題ありません。美味しい。
味玉が110円と少し高めですが観光客には110円は誤差以下でしょう。むしろ1,000円超えのボタンをバンバン押しそう。
0611 (16)


鶏の出汁が芳醇な普通に美味しい醤油スープ。
0611 (13)


味も濃すぎず、こういったラーメン集結エリアで出会う醤油スープとしては上の上ではなかろうか。
飛び抜けて劇的にすごい!という感じではありませんが、日本の醤油ラーメンとはこういう感じですと海外の人に紹介したい美味しいスープです。
0611 (15)


少し平べったい細麺は、長いタイプの麺です。観光客が多いお店だと麺を短くしてしまうお店がありますが、麺の短いラーメンはあまり好きではないので、個人的にはよかったです。外国の方は食べにくいのかもしれませんが。
0611 (17)


雲呑入りも美味しそうでした。
0611 (10)

とても美味しい清湯系醤油ラーメンでありました。

食後パトロールをしたのですが、11時25分でど・みそは並びなし。
0611 (18)


一幸舎も並びなし。
0611 (21)


阿吽は少し並んでいました。
0611 (20)


富田は爆裂並んでおりました。さすがとみ田グループです。
0611 (19)

名店ばかりが揃った感じになっていますので、ラーメン激戦区はなかなか魅力的なラーメン市場になっています。
次は一幸舎を食べてみたいです。


===
【オーダー】
中華そば味玉入り 930円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば 福味 KITTE店ラーメン / 東京駅二重橋前駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

食材は全てデパ地下調達

2019.06.12.21:04

美しくなるビアガーデン@銀座
ビアガーデン


銀座松屋の屋上にビアガーデンがあります。
※牛丼の松屋ではありません
0612 (1)


その名も「美しくなるビアガーデン」です。本当に真に受けて訪れる人はいないと思います。
美しくなりに行くならば少なくともビアガーデンではないでしょう。
0612 (2)


エレベーターで屋上へ。小さなカフェベンチみたいな席がありますが、ここはビアガーデンエリアではありません。
トイレはこちらの方にあります。
0612 (3)


屋上ですが周りの建物がなかなか高く、抜け感がないため屋上にいる感じが全くしません。
0612 (6)


この奥がビアガーデン会場です。
0612 (4)


雨はギリギリ降っていませんでしたが、いつ降ってもおかしくない空模様であったため屋根が張ってありました。
通常は屋根はないものと思われます。ビアガーデンは星空の下の方が楽しいし美味しいですが、この日は仕方ありませんでした。
逆に雨天順延になることもありません。
0612 (7)


箱はかなり大きめで、最終的には7割位の席が埋まっていました。
50人くらいの規模の会社のパーティーでも使われていました。
0612 (15)


メニューはBBQ飲み放題で5,500円か12,000円の2択となります。
2つの差が倍以上の差があるという銀座らしい設定です。
0612 (5)


ビールはこの場所にもらいにいくスタイルです。
森のビアガーデンですと自らサーバーエリアで注がないといけないのですが、皆さんこぼしまくるのでサーバーエリアが養老乃瀧(昔の養老乃瀧。20年以上行ってないので今はわかりません)みたいな匂いになります。
0612 (11)


お店の方が綺麗にビールを注いでくれるのがよい。
ジョッキに銘柄の記載はありませんが、アサヒスーパードライだそうです。
松屋自体でいろんなビールを扱っているので、銘柄がわからないように他社に配慮したのかもしれません。
0612 (12)


5,500円のご飯たち。
0612 (8)


サラダは何のカリスマかわかりませんが、ドレッシングがカリスマ氏による慣習だそうです。
思いっきり女性を意識しているのか、チーズフォンデュっぽいメニューもあります。
0612 (10)


肉はさほど多くはありません。
お店の方によると、全食材が松屋に入っているお店から調達しているそうです。
0612 (9)


味はまずまず。問題ありません。
デパ地下調達ということで、普通の百貨店の屋上ビアガーデンのような「海の家くらい」というクオリティとは段違いです。十分問題ありません。
0612 (13)


肉不足は米で補います。パエリアを自作します。
0612 (14)

銀座のど真ん中で、広々した空間で飲み放題付きで5,500円というのは十分ありではないかと思いました。


===
【オーダー】
スタンダードBBQ 5,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

美しくなるビアガーデンビアガーデン / 銀座一丁目駅銀座駅東銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

立って食べるには少々高め

2019.06.13.13:51

十割蕎麦@新宿御苑
蕎麦


新宿御苑にある十割蕎麦というお店に行きました。
0613.jpg

御苑エリアは意外とお蕎麦屋さんが多いです。
行ったことがあるのは4軒。
・蕎麦屋なのにラーメンが有名な更科
・有名ではないけど蕎麦屋なのにラーメンを提供する香名屋
・低温熟成の和心蕎花
・本格派の富の蔵

他にも数軒お蕎麦屋さんがあります。ひそかな蕎麦激戦区です。


メニューはガンガンに外に貼ってあります。
つけ蕎麦600円。かけ蕎麦はない。そもそもいわゆる汁のある普通の蕎麦はなさそうです。
価格のボリュームゾーンは900円と高め。
0613-1 (2)


なんと立ち食いでした。値段感からして立ち食いであると予想していなかったので驚きました。
8人くらいが立てるくらいの広さです。
0613-1 (9)

立ち食いだからか、お客さんはおじさんだらけ。
店員さんも3人のおじさんが切り盛りしていました。おじさん天国。天国?


薬味等はカウンターに配備されています。
0613-1 (3)


900円の豚肉つけ蕎麦にしました。
待ち時間はぴったり5分でした。ファストフード級の早さではありませんが、すごく待つということもありません。立って待つのであまり時間がかかると疲れそう。
0613-1 (4)


温かいつけ汁。叉焼と海苔、水菜、温泉玉子。
叉焼は柔らかくてよいですが、具は全体的に少なめです。それとそれ以上に汁の量が少なめです。
0613-1 (5)


具が少ないので卓上にある海苔と葱を入れて具の少なさを補います。
ただ入れすぎると汁を吸ってしまいただでさえ少ない汁がなくなってしまいます。
0613-1 (1)


蕎麦湯ポットが卓上にあるのですが、汁が少なすぎて使うシーンがなさそうです。
0613-1 (10)


蕎麦はいたって普通のお蕎麦に感じました。種類でいうと店名の通り十割と思います。
究極いうと近所の小諸そばと変わらない気もするのですが、そもそも小諸そばは美味しいので、それと変わらないので問題はありません。
0613-1 (6)


小諸そばは立ち食い風ですが座って食べるスタイルですが、こちらのお店はわたしの勘違いが悪いのですが座って食べられそうな値段だけど立って食べるという差があります。
0613-1 (7)


個人的には価格面で疎遠となりそうだなと思いました。
0613-1 (8)


===
【オーダー】
豚肉つけ蕎麦 900円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

十割蕎麦 新宿御苑店そば(蕎麦) / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

【2回目】2,000円でも食べたい

2019.06.14.15:13

風見@銀座
ラーメン


銀座ラーメンの名店「風見」。
15時に銀座に降り立ち、これはチャンスと行ってきました。ランチ営業は15時20分までなので。
0614 (2)


2017年10月以来の再訪ですが値上がりしていました。100円前後ですが。
0614 (1)


15時だったので列はなく作戦通り待ち無しで入店することができました。
が、その後15時10分くらいにカウンターが埋まりました。恐るべし、風見。
0614 (6)

風見は漢字難読シリーズのお店のようですが、「風見」は全然難読ではないので漢字難読シリーズと呼べないです。

・銀笹@銀座8丁目
・月と鼈@新橋
・むぎとオリーブ@銀座6丁目
・篝(かがり)@銀座4丁目(移転前)
・纏(まとい)@新橋

あたりが同系列ではないかという噂です。噂を信じちゃいけないよという歌が昔ありました。
むぎとオリーブは銀座界隈以外にもあるので「銀座界隈謎の名店シリーズ」とも括れず困りました。


ラーメン屋さんとは思えない席からの風景。
0614 (3)


水も凛々しい。
0614 (5)


卓上配備もどこか凛としたところがあります。
0614 (4)


前回酒粕濃厚を頂いたので、今回は醤油そば黒を頂きました。
もう目で見て美味しい。このラーメンが美味しくないはずがない。
0614 (9)


分厚いチャーシューが2枚。流行りの低温調理系ではないと思われますが、超絶柔らかく、そして美味しい。低温調理以外の次なる調理法でも編み出してしまったか。
分厚いので食べごたえも十分。
0614 (10)

最高のスープを吸った揚げも、自動的に最高の揚げになります。


和の装いに拍車をかけるのが三つ葉。とても綺麗です。
1,000円ということで半分ですが味玉も入っています。
0614 (12)


まずスープの芳醇さが飛び抜けています。なんなのでしょう、このスープは。
醤油ラーメンの終着点の1つに思えます。
0614 (11)


酒粕は変化球系でしたが(変化球を変化球と思わせない凄さがありますが)、黒は王道の直球。豪速球です。
味わい深い出汁と醤油のコラボでこの上ないスープに仕上がっています。いつでもいつまでも飲んでいたいスープ。
0614 (13)


黒には恐ろしいことにポルチーニのピューレと生姜の甘漬けが付いてきます。
味変としては恐ろしいほど効果があり、そしてまた違う境地に連れて行ってくれますが、最初の味からは変わってしまうので投入時が非常に難しいです。
わたしは最後の最後の方で試しました。
0614 (7)


歯ごたえと食感のよい細ストレート麺もスープに負けない仕上がりです。
大盛りはありませんが、具がたっぷりでボリューム面では問題にならないと思われます。
しかしこの美味しいラーメンは大盛りで食べたいという気持ちも正直少しあります。
0614 (14)


酒粕濃厚そばがこちら。
0614 (8)

酒粕か黒かどちらか1つ選ぶというのは至難の業に思えます。どちらの味も知ってしまうと。
次に来店したら、花びらが取りやすい花を持参したほうがいいかもしれない。


最高に幸せな気分になってお店を左に出ると、なんと篝があるではありませんか。
0614 (15)


篝、風見の隣に移転してましたか!!次は篝ですね。
0614 (16)


===
【オーダー】
醤油そば黒 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

銀座 風見ラーメン / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

千堂あきほ

2019.06.15.13:53

SOBA-JU@新宿三丁目
蕎麦


新宿三丁目マルゴエリアに新しいお店がオープンしていました。
0615 (1)


立派な花が3つも届いていました。
1つ1万円どころではなさそうです。お花って高いです。
0615 (2)


蕎麦のお店のようです。次世代型の蕎麦っぽい感じ。
マルゴエリアには確か1つしかお蕎麦屋さんがありませんので、いいかもしれない。
0615 (3)


300gとかなりわんぱくなボリュームのようです。
300gとなると、つけ汁スタイルではないかと思われます。汁IN式で300gは普通の人は食べられないと思います。
0615 (4)


店内はコの字型カウンター席のみ。15席くらいでしょうか。
雰囲気は、、、お蕎麦屋さんというよりは、完全にバーです。
そしてなぜかわかりませんが、7人くらいのお客さんが昼からガンガンに飲んでいました。ボトルワインとか。
0615 (7)


ホストの人が出勤前に飲みに来たのかな?と思ったら、そのうちの1人に近所の371というダイニングバーの店員さんがいらっしゃいました。
聞けばマルゴグループの新業態ということでした。
0615 (8)


メニューは味としては肉そば一択で、肉の内容が牛豚鴨の3種類。
全部入は1,200円です。
0615 (5)


ドリンクメニューも通常のお蕎麦屋さんとしては異例のラインナップ。
普通に飲めます。「飲めるイケてるお蕎麦屋さん」がコンセプトかもしれません。
0615 (10)


オススメの食べ方の記載があります。
0615 (9)


目の前には生玉子が置いてあり、1つは無料です。
0615 (6)


オススメが「全部入り」ということでしたので、土曜でしたしオープン初日でしたしマルゴグループですので全部入りにしてみました。
0615 (11)


3種類の肉が入っている、肉側が見えるゾーン。
0615 (12)


逆から見ると葱がたくさん入っているのがわかります。
0615 (17)


牛肉と豚肉は甘く煮付けてあります。豚肉は角切りでゴロゴロスタイル。
つけ汁が結構しっかりした味な上に牛豚肉は甘く濃い目に味が付いているので結構くどめです。
0615 (14)


綺麗なピンク色の鴨は柔らか仕上げで、下味が特についていません(少しは何かあるかもですが)。
シンプルに味を楽しむならば、鴨が圧倒的にオススメかなと思います。値段もそれぞれ変わりませんし。
0615 (13)


なんとなく天地返しをしてみました。茹で後300gの量はさすがにすごい。迫力があります。
ガシッとした頑丈な麺で、黒黒としており存在感があります。
ボリュームはさすがにすごいものがありました。
0615 (19)


汁の味は濃すぎず、いい塩梅です。さすがマルゴグループのお店です。
白胡麻がたくさん入っていてよいですが、擂り潰さないと消化できないという話もあったりなかったり。
0615 (16)


食べごたえ満点のボリュームランチとなりました。
全部入りにしてしまったので1,200円でしたが、鴨で900円なら相当リーズナブルと言えそうです。
0615 (18)


量が量なので途中で飽きが来ることもあるでしょう。
そんな時は玉子と辣油で味変をしました。
揚げ玉は入れ物に蓋がなかったので控えておきました。いろんなものが入りそうゆえ。吸いそうだし。
0615 (20)

味変効果もあり最後まで美味しく頂けました。
次は鴨を単体で頂いてみたいです。

夜の2軒目利用もよいかもしれないです。蕎麦で〆ることができます。
300gも〆で食べられるかわかりませんが。


===
【オーダー】
肉そば(全盛り) 1,200円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ソバージュそば(蕎麦) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

一級品のMARGHERITA CON BUFALA

2019.06.16.13:58

MASSIMOTTAVIO@永福町
イタリアン


日曜日12時永50分永福町駅に降り立つ。
0616 (1)


大勝軒は行列ができていますが、そこまでの大行列ではない。むしろ「あり」な並びである。
餡子隊長にダメ元で大勝軒を提案しましたが、1人で行けという回答でした。
0616 (2)


もともと予定していたのは大勝軒から徒歩2分くらいの場所にあるマッシモッタヴィオというイタリアンのお店です。
イタリアンというかピザが有名らしい。
0616 (3)


120席もあると書いてあったので予約しなくても大丈夫かなと思ったのですが一応事前に予約していました。
予約が功を奏し「ちょい待ち」で入れましたが、入口付近は黒山の人だかりできていました。

この大箱で行列はすごい。
1階と地下に大量の席があります。
0616 (4)


ワインボトルがどわーっと飾ってあったり、
0616 (8)


天井には肖像画があったりと、イタリアっぽい、、、、イタリアの天井に肖像画がたくさんあるケースが多いのか忘れてしまいましたが、全体的に雰囲気はイタリアっぽいです。
また、天井が高いため地下の席でも圧迫感は全くありません。
0616 (14)

トイレ情報。地下は男女と女の2つでした。


ランチメニュー。前菜とパスタの部。パスタは4種類から選べて1,000円~1,500円とリーズナブル。
0616 (5)


ピザは1,600円~2,680円と幅広いラインナップです。
この日はピザが目的だったのでピザを2つオーダーしました。
0616 (6)


■ランチビール(+300円)
0616 (13)

ランチにはドリンクが付いていますが、プラス300円でビールにすることができます。
このあと表参道まで歩くのですが、ビール1杯くらいなら大丈夫だろうと油断してビールにしてしまいました。

銘柄はモレッティではなく黒ラベルです。


ランチにはサラダも付いています。サラダは特筆すべき点は特にありません。
0616 (7)


■MARGHERITA CON BUFALA(2,250円)
0616 (9)

驚くほどの早さでマルゲリータの上級バージョンが運ばれてきました。誰か違う人のオーダーでは?と思うほどの早さでした。
なお、CONはWITH、BUFALAは水牛の意味らしい。

生地がモチモチ。薄生地ではなくフカフカしています。
生地の旨さが突出しています。最近食べたピザでは一番美味しいかも。豪快な焦げ目もいいですし、塩加減もしょっぱいと感じる手前のギリギリを攻めています。
0616 (11)

辛味オイルで刺激を追加。
0616 (12)

トマトソースも生地に負けずフレッシュでジューシーです。
チーズは殊更濃厚ですし完璧なるマルゲリータだ。
0616 (10)

言い知れぬヤミツキ感があるマルゲリータでした。


異変はここで起きまして、次のピザが30分以上来ないという緊急事態となりました。

■カルボナーラ(1,980円)
0616 (15)

30分以上経過して、ようやくカルボナーラ到着。完全に満腹中枢に指令が行き満腹状態でした。本当にキャンセルしようかと思いました。


カルボナーラのピザは初めて食べましたが、確かにカルボナーラ味です。
この味であればパスタも美味しかろう。チーズも相変わらず濃厚ですし。
玉葱はシャキシャキで甘くて美味しい。
0616 (17)


ただ、お腹いっぱいである点を考慮したとしてもマルゲリータの方が圧倒的に美味しいです。
カルボナーラはパスタのほうがずっと美味しいということがわかりました。
0616 (16)

マルゲリータはガンガン出るのでジャンジャン焼いていますが、カルボナーラは滅多に出ないのでオンデマンドで作っているのか。
理由はわからないが1つ目と2つ目のピザの間隔が30分も開いてしまっては、ある程度残念な気持ちにはなりました。


ただ、MARGHERITA CON BUFALAは間違いなく美味しいです。
0616 (19)


===
【オーダー】
上記の通り 2人で税込4,868円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

マッシモッタヴィオピザ / 永福町駅西永福駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

永福属の美味しい中華そば

2019.06.18.20:10

中華そば はな田@上北沢
ラーメン


平日の夜、ナムさんと新宿で待ち合わせをして上北沢までやってきました。
0618 (17)


目的は「めときの味に憧れて、東池袋大勝軒で修行した」という方がオープンした「はな田」というお店のラーメンを食べるためです。
カッコ内は伝聞です。めときは永福大勝軒系なので、「永福系を目指して東池袋系で修行して永福系のお店をオープンした」というお店は唯一無二ではないでしょうか。
お寿司屋さん出身で永福系ラーメンを出した「むらもと@大岡山」もなかなかですが。
0618 (6)


券売機で食券を買います。
種類は3種類で、中華そば、つけ麺、鴨つけ。永福町系ゆえ味はいろいろありません。鴨があるだけ多い方かも。
0618 (3)


サブメニューはメニュー表があります。叉焼おにぎりというのが珍しい。初めて見るかも。
0618 (5)


永福町系なので麺量は当然ボリューム大。
ラーメンにして茹で前300gという。「他店の大盛り相当」と記載がありますが、大盛りでも普通のお店は300gまでいかないお店がほとんどです。
0618 (4)

券売機に大盛りボタンがあったが、大盛りにすると何gになるのか。


麺は横浜亭製麺所と初めて聞く名前。
0618 (2)


店内は手前がカウンター席、奥にテーブル席が2つありました。
行列も覚悟していましたが、すんなり入ることができ奥のテーブル席に着くことが出来ました。
0618 (1)

男性の大将と奥様と思われる女性の2名体制です。


永福系なので卓上は酢と胡椒しかありません。
0618 (7)


■瓶ビール(550円)
0618 (8)

夜だったのでビールを飲んでみた。赤星がキンキンに冷えています。
銘柄のチョイスが最高。


中華そば到着。
0618 (9)

めときは1回だけ訪問したことがありますが、11年前なのでほとんど何も覚えていないです。


まず思ったのが独歩@新宿御苑にそっくり(独歩は残念ながら今は新宿御苑にはありません)。
独歩も永福系なので似るのは必然ではあるのですが。
0618 (10)


叉焼が大ぶりでトロトロ仕上げ。これも独歩とそっくりです。
めときは覚えていませんが、永福町系の叉焼は固くてパサパサした感じが特徴なので(それって・・・)。
0618 (13)


めときもそうだったかな。油膜スープに浮かぶ散らした葱が美しい。
独歩もまさにこんな感じでしたし。
0618 (12)


油膜バリアでスープが熱々なのも永福系の特徴の1つです。
ただ永福大勝軒ほどの激烈な熱々さではありません。
0618 (11)

表面の煮干しキラキラも完璧再現。


魚介のガツーーーーンという感じが来ないのが永福とは異なります。このあたりはめとき系なのかも。
ただ、ガツンと来すぎず食べやすさに繋がっています。独歩もこういう感じでした。
0618 (15)

ある程度の魚介、少しの酸味。煮干しも時々こんにちはします。苦味も少し感じます。
とてもバランスの取れた老若男女全方位型の永福系に仕上がっています。


麺が結構柔らか仕上げな点は永福系のそれです。
違いはもっとモチモチしていて、のびのびな感じで、こちらは少しボソッとした印象です。
0618 (16)


永福系、めとき系、どちらがどうとは関係なく「はな田の中華そば」として最高に美味しいです。
近所にあったら足繁く通うこと間違いありません。
0618 (14)


===
【オーダー】
中華そば 830円

永福系インスパイアのお店の記事はこちら。
・2014年5月3日 むらもと@大岡山
・2014年7月12日 独歩@新宿御苑
・2016年11月19日 【閉店】醤@桜新町
・2011年10月14日 大勝軒@稲田堤


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば はな田ラーメン / 上北沢駅桜上水駅八幡山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]


theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

実直なイタリアン

2019.06.19.13:48

CARROZZA@新宿御苑
イタリアン


新宿御苑にあるイタリアン、片仮名読みでカロッツァというお店にランチでお邪魔しました。
0619 (4)


隣に百の輔というつけ麺屋さんがありましたが、ハンバーグウィルのテイクアウト専門店になっていました。
0619 (5)

ラーメン店がコロコロ変わる鬼門物件ですが、ウィルならば流れを止められるか。
(最近ますます凄まじい行列になっているので)


さて、カロッツァ。入ってすぐはカウンター席。
0619 (3)


奥はテーブル席。とてもこじんまりとしたお店です。
女性に好まれそうな雰囲気だなーと思っていたら、気がつくと女性ばかりで満席になっていました。
0619 (1)

シェフとホールは女性1名体制。


ランチは900円、1,200円、1,500円の3種類。
1,500円のサラダ&肉にはプラス500円でパスタを付けることができます。
0619 (2)

せっかくなのでサラダ+パスタ+肉の2,000円にしてみました。


パンとサラダ。サラダは非常に小ぶり。
0619 (6)


パスタは揚げ茄子のトマトソース。麺量は80gでこのあと肉が出てくることを考えるとボリュームは申し分ありません。
とても優しい味付けで味が来すぎず実直な味わいです。
0619 (7)


他の仲間が食べていた冷製パスタ。
0619 (8)


アンガス牛肩ロースのビステッカ。
ビステッカとはイタリア語でステーキの意味です。
0619 (9)

パスタに続いてしっかりした肉量です。
バルサミコ酢中心の薄味仕上げで肉の味を感じられるよい塩梅でした。


安定安心の実直なイタリア料理が頂けます。
0619 (10)


===
【オーダー】
カルネランチ+パスタ 2,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

カロッツァイタリアン / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

もう1つの土曜日ならぬ、もう1つの龍の巣

2019.06.19.21:21

龍の巣 シン新宿三丁目店
居酒屋


新宿三丁目マルゴエリアにある人気焼肉&居酒屋の龍の巣。大阪に本店があるお店です。
「かす丼とかす饂飩が有名」と聞いておきながら、満腹になってしまい食べることができませんでした
0619-2 (2)


そのリベンジを「シン」新宿三丁目店で果たすことにしました。
新宿三丁目店の目の前にあります。
外にも席がある。
0619-2 (1)


手前はテーブル席。
0619-2 (4)


奥がカウンター席。新宿三丁目店よりも箱が小さいです。
これだけすぐ近くに同じお店が2つあっても、どちらもぶん混み状態というのがすごい。
0619-2 (3)


なお三丁目店との最大の違いはバーナー式である点です。
火力が安定しますし、バーナーの方が好きな人はシンの方のお店がよいです。
0619-2 (5)

メニューは三丁目店と全く同じですが一番下に掲載してみました。


■瓶ビール(680円)
0619-2 (13)

ビールは生でも瓶でも(瓶ビールも生ビールで中身は一緒ですが)一番搾りです。


■生キムチ(680円)
0619-2 (15)

お替り自由のキムチ。頼まない手はありません。
フルーティーで爽やかさがあるところが特徴です。


■牛すじ煮込み(580円)
0619-2 (14)

安定の牛すじ煮込み。こちらとキムチはオーダー必須かなと思います。


■大将たんづくし(1,580円)
0619-2 (16)

三丁目店でも牛タンが美味しかったので、今日はお肉は牛タンのみにしました。
特に厚切りが美味しいです。焼肉専門店級に美味しい牛タンで、これで1,580円は十分お値打ちと思います。
0619-2 (18)


■伝説のかすとじ丼(600円)
0619-2 (21)

前回の反省を活かし早々にかすとじ丼をオーダーしました。
甘めの味付けが特徴ですが、全体としてそこまで特徴があるわけではないかなと思いました。
普通に美味しい、味濃い目甘めの玉子丼みたいな感じでした。


■名物かすうどん(650円)
0619-2 (20)

立て続けに名物のかすうどんを。
うどんも丼同様、甘めの仕上がりで、味自体はそこまで特徴はないかなと感じました。

美味しいことは美味しいので〆でどちらかを食べるのはよさそうですが、この丼、あるいは饂飩を目当てに来るほどではないかなと思いました。

大人気店ですので、予約は必ずして行ったほうがよいです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円くらい


■コース/つまみ
コース、つまみ

■かすとじ
かすとじ

■かすもつ鍋
かすもつ鍋

■うどん①
うどんん2

■うどん②
うどん

■ホルモン
ホルモン

■肉
肉


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

焼肉ホルモン 龍の巣 シン新宿三丁目店焼肉 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

アサヒビールのお膝元

2019.06.21.17:55

ビアレストラン フラムドール@浅草
ビアホール


浅草、吾妻橋からの眺め。向こうに見える上に金の焼き芋みたいなものが乗っているのはアサヒビール本社です(かなりの人が知っていると思いますが)。
0621-1 (1)


そのアサヒビール本社ビルの麓に、、、
0621-1 (2)


ビアホールがあります。さすがに直営店です。
17時というお天道様が燦々と出ている中、やってきてしまいました。
0621-1 (3)


店内は天井が高く開放感があります。華美な感じはなく、作りは簡易的ではありますが、アサヒビール本社のお膝元のビアホールというだけでテンションは十二分に上がります。
ここで飲むビールが美味しくないはずがありませんし。
0621-1 (17)

17時の入店だったので超絶空いていました。というか他にお客さんいませんでした。


ビールメニュー。スーパードライ以外にもたくさんのクラフトビールが揃っています。
むしろビールメニューの左上ポールポジションはスーパードライではありません。
0621-1 (11)


フードメニューもビールに合いそうなものがファミレスのように多品目揃っています。
その他のメニューは一番下に掲載しました。
0621-1 (7)

主役はビールで、まずは脇役のフードを3品紹介します。


■フィッシュ&チップス(880円)
0621-1 (4)

ロンドンで食べたフィッシュ&チップスのような最高の馬鈴薯感には足りませんが、十分美味しくビールに合います。
間違いのない一品です。


■ドイツ産生ハム&レタス(640円)
0621-1 (5)

恐らく「ドイツ産」は生ハムのみにかかっていると思います。
600円台とお値段も控えめ。


■オニオンブロッサム(650円)
0621-1 (6)

長時間置いておける守りの重鎮としてはオニオンブロッサムがオススメです。
わかりやすく言うと「玉葱の丸ごと揚げ」なのですが、玉葱が油を吸ってなかなかオイリーなのでパクパク食べられない点と、何よりボリュームがすごい上に650円なので長時間おつまみとして君臨してくれます。

次はビールです。


■クラフトビールセット(1,380円)
0621-1 (13)

せっかくなのでクラフトビール3つを飲み比べられるセットにしてみました。

・香るヴァイエツェン
0621-1 (14)

フルーティーで飲みやすいクラフトビール。


・吾妻橋ペールエール
0621-1 (15)

イギリス発祥と言われるペールエール。香りが特徴。


・ビタースタウト
0621-1 (16)

黒タイプのビール。黒ビールは苦手であることを手元に来てから思い出して一気に飲み干しました。
3つを瞬殺したのですが、なかなか酔います。


でもやっぱり一番美味しいと感じたのはスーパードライです。
そしてエクストラコールドはノーマルスーパードライより美味しいということが最近飲み比べてわかりました。

■アサヒスーパードライエクストラコールド(630円)
0621-1 (19)

クリアな味。辛口。そして何よりすごく新鮮なビールだけが持つ美味しさがあります。
全てのビールがこんななら、人生はもっと楽しくなることでしょう。

さすがはアサヒビール本社、お膝元のビアホールでした。
スーパードライエクストラコールド、本当に美味しい。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円弱


■フードメニュー①
0621-1 (8)

■フードメニュー②
0621-1 (9)

■フードメニュー③
0621-1 (10)

■ドリンクメニュー
0621-1 (12)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ビアレストラン フラムドールビアガーデン / 浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅とうきょうスカイツリー駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

雰囲気炸裂の居酒屋

2019.06.21.22:23

浅草一文 別館@浅草
居酒屋


アサヒビール本社の麓でビールを飲んだ後、2軒目を求めて仲見世方面をフラフラと。
夜はこんなにも人が少なくなるのですね。気持ちがいい。
0621 (1)


荘厳な浅草寺。東京の中でもなかなか特別な場所です。
0621 (2)


浅草寺の先に「浅草一文」という大変雰囲気のあるお店があり入ってみました。
浅草にしてこの外観。風情があります。
0621 (3)


外観に負けず劣らぬ内観。やりすぎていない和の感じが心地よいです。なかなか尖った空間です。
こと、浅草でこれとなりますと一層趣を感じてしまいます。
0621 (6)


座敷もとてもいい雰囲気です。
海外からの友だちが来たら是非連れてきてあげたい。
0621 (7)


西瓜の暖簾。季節ごとに暖簾は変わるのではないだろうか。
0621 (5)


鮪鍋である江戸ねぎま鍋、江戸味噌料理、鯨など非常に変わった江戸っぽい料理がメニューの特徴です。
また、値段が「文」で表記されているのも特徴の1つです(1文100円)。
0621 (4)

メニューは全て一番下に掲載しました。


■生ビール(600円)とお通し
0621 (13)

浅草なのでビールはアサヒかと思いきや、なんとサッポロでした。
こんなこともあるのですね。


■青大豆のざる豆腐(500円)
0621 (14)

自家製豆腐です。
塩で頂きます。


■牛すじ煮込み(500円)
0621 (15)

安定の牛すじ。500円と非常に安価で、さらに牛は葉山牛。
少し強めの味付けですが、お酒が進みます。


■ながす鯨 赤身(1,200円)
0621 (16)

鯨なんて久々、、、前に食べたのがいつか思い出せないほど相当久々に食べました。
鮪よりも脂が少なく淡白な味わいで、ヘルシーなんじゃないかと思わせる味わいでした。
もしかしたらミンク鯨の方だったかもしれません。


■極上江戸ねぎま鍋(2人前2,400円)
0621 (18)

一番すごそうなメニュー極上江戸ねぎま鍋を注文しました。
黒黒とした汁が入った鍋が提供されます。


ここに太い葱をゴロゴロと入れて、、、
0621 (19)

極上の名に相応しい、すげえ美味しそうな鮪を入れて食べます。
鮪は脂たっぷりで、しかし牛の脂とは違って重くなく、また鍋によって適度に脂が落ちるため文字通り極上の味でした。
これはかなりオススメです。他を食べていないのでわかりませんが、極上がお値段以上によいのでは、、、と思いました。
0621 (17)

格別な雰囲気の中で頂く、特徴ある和食は海外の方からも大変喜ばれそうです。
(この日は1人も海外からの方はいらっしゃいませんでしたが)

===
【オーダー】
上記の通り 1人5,500円くらい

■ドリンクメニュー
0621 (8)

■日本酒
0621 (9)

■フード①
0621 (10)

■フード②
0621 (11)

■フード③
0621 (12)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

浅草一文 別館鍋(その他) / 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

最近食べた和食の中で一番美味しかった

2019.06.22.20:28

旬菜 おぐら家@池尻大橋
和食


池尻大橋にある和食屋さん「旬菜 おぐら家」に行きました。
0622 (1)


門をくぐり、階段を登ります。
0622 (2)


テラス席のような場所もありますが、ここは席として使うのだろうか。
0622 (4)


マンション、、、でしょうか。建物の2階、ないしは中二階のような場所にあります。
とても綺麗で、またメニューなどが外に一切なくなかなか敷居が高いです。
0622 (3)


L字型のカウンター席と、個室が3つくらいあるように見えました。個室は2人でも通して頂いていたのですが、もしかすると常連さんかもしれません。
店員さんは男性4名、浴衣を着た女性2名。女性はアルバイトかなと思いました。
0622 (7)


カウンター席は非常にゆったりとした間隔で、奥行きもあり大変居心地がよいです。
0622 (8)


今月のおすすめメニュー。1,000円~2,000円のラインナップで、単品で注文してお酒を飲むと1人1万円は行きそうな塩梅です。
その他のメニューは一番下に掲載しました。
0622 (5)


初訪問ゆえ大将のおまかせコース、真ん中の7,000円にしました。
0622 (12)


■生ビール(650円)
0622 (15)

大変綺麗なうすはりグラスで、気泡は一切ありません。
銘柄はサッポロ黒ラベル。


■胡麻豆腐
0622 (16)

オープニングは胡麻豆腐です。
海老、海ぶどう、きぬさや、ヤングコーン。出汁が美味しく優しい味。

胡麻豆腐で既に名店の風を感じました。


■玉蜀黍のかき揚げ
0622 (17)

甘くて味が濃い。なんだこの玉蜀黍(とうもろこし)は。


■お造り
0622 (18)

伊佐木、真子鰈、鯛。イサキは炙ってあります。
ねっとりとした美味しさがあるお造りたちでした。


オススメのワインをお願いしますとお伝えしたら、「刺身だから白でしょう」と若い方々がお話されていました。
ワインじゃないほうが良さそうだなと思い、このあとは日本酒にしました。
0622 (19)


■桜海老の飛竜頭
0622 (20)

飛竜頭とは「がんも」のことです。
桜海老の風味と出汁が炸裂するすごいがんも。


■冷製茶碗蒸し
0622 (21)

雲丹入り。てっぺんに乗っているのはキャビア?トンブリ?
爽やかな柑橘の泡が上部を覆っています。

泡の下に茶碗蒸し。今日一番の料理は何かと聞かれると大変悩みますが、茶碗蒸しかもしれない。
22世紀の茶碗蒸しに思えた。
0622 (22)


同郷宮城の日本酒。
0622 (23)


■賀茂茄子の揚げ出汁
0622 (24)

茄子が瑞々しいどころの騒ぎではない。ミョウガも良い仕事をしています。
そして何より出汁が毎度毎度本当に美味しい。
揚出汁の汁、気づくと全部飲んでいました。


先ほどの日本酒が私の同郷(宮城)でしたので、次の日本酒は餡子隊長の同郷福岡で。
0622 (28)


■蛸の柔らか煮
0622 (26)

確かに柔らか煮。弾力が完全に失われていました。想像と違いました。

全体的にそうなのですが、料理を持ってきてくれる方はアルバイトなのか、料理の説明がほとんどありません。
そこは少々残念でした。アルバイトでは覚えられないか。。。


■桜海老の炊き込みご飯
0622 (27)

固めに炊き上げられた炊き込みご飯。出汁が本当に美味しいお店の炊き込みご飯が美味しいことは言うまでもなく。
生姜の香りがたつ、お腹いっぱいでもどれだけでも食べられそうな魅惑の炊き込みご飯でした。

お代わりできますし、残った分は持ち帰りサービスもあります。


■わらび餅と青梅
0622 (29)

作りたてのわらび餅特有の、フレッシュな美味しいわらび餅(作りたてかわかりませんが・・・)。
値段で量が増えるのかわかりませんが、7,000円のコースでお腹パンパンになりました。

トータルで1人1.2万円くらいでした。
最近いただいた和食で一番美味しかった。


===
【オーダー】
上記の通り 1人12,000円くらい

■日本酒
0622 (9)

■料理①
0622 (10)

■料理②
0622 (11)

■珍味/ドリンク
0622 (13)

■日本酒/ワイン
0622 (14)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

旬菜 おぐら家割烹・小料理 / 池尻大橋駅

夜総合点★★★★ 4.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

カフェのような空間で上品な担々麺を

2019.06.23.14:38

汁なし担担麺ピリリ@水天宮前
担々麺


田園都市線→半蔵門線で水天宮前へ。
駅から徒歩2分くらいの場所にある「ピリリ」というお店に行きました。汁なし担々麺のお店です。
0623-1 (25)


神田にもお店ができたらしい。
0623-1 (24)


エレベーター、あるいは階段で2階へ。
0623-1 (1)


およそ担々麺専門店の雰囲気ではありません。一瞬間違えたかと思いました。
0623-1 (11)


券売機はここにあります。入ってすぐの場所ではなく。
待つ人用の椅子もあるのですが、とてもお洒落な感じ。
0623-1 (23)


汁なしと汁ありがある。汁なしは白胡麻と黒胡麻がある。
麺をしらたきに変えるローカロリーモデルもあります。
0623-1 (7)

左上ポールポジションは汁なしの白胡麻でした。


辛さは3択から選べます。花椒が強いとあるので、ヒリヒリ系ではなくビリビリ系の方向性と思われます。
花椒が苦手なので普通にしておきます。
0623-1 (10)


とても綺麗ですし、ラーメン系のお店なのに空間使いが非常にゆったりしています。時間がゆっくり流れるようであります。
店員さんもラーメン店というよりカフェ店員さんのようでありました。
0623-1 (5)


入って左の独立性抜群の4人席に通して頂きました。
その後お客さんがじゃんじゃんやって来ていましたが、どの席においても相席にはならないルールのようです。
0623-1 (2)


「汁なし」が店名に入っていますが、「麺はパスタ以外は圧倒的に汁あり派」なので汁あり担々麺、大盛りにしました。
麺増しは+150円で1.5倍です。
0623-1 (17)


とても綺麗で美しい担々麺。お店の雰囲気を壊しません。
荒々しさはなく、とても上品で優雅な担々麺に見えます。
0623-1 (18)


赤さは控えめですが花椒が目立ちます。「普通でも花椒結構効いている」というのは本当でした。
実際、いわゆる辣油的な辛さはほとんどありません。まったく感じないというレベルです。
肉餡はかなり肉肉した食べごたえ。
0623-1 (19)


スープは白胡麻が効いていてとてもマイルド仕上げ。
白胡麻のコクが支える、白胡麻タイプの担々スープです。スープがとてもぬるいですが、担々麺ではよくあることです。なんでか理由はわかりませんが。
0623-1 (20)

花椒は確かになかなかビリビリしますが、「普通」であれば美味しく食べられるレベルにコントロールされています。
辣油だけ増やせるのであれば辛口にしてみたい。


麺は賛否ありそうですが、とても柔らか仕上げ。
わたしは柔らかい麺が好きなので好みの麺でした。
0623-1 (22)


白胡麻の汁なし担々麺、パクチートッピング。
トッピングのパクチーは別皿提供(+100円)です。
0623-1 (14)


こちらはこちらでオーラがあります。
0623-1 (12)


具が汁ありよりも多めに入っているように感じるのは気のせいでしょうか。
0623-1 (13)


トッピングしたパクチーを乗せて完成。
0623-1 (16)


汁ありも美味しかったですが、店名を飾るだけあり汁なしもなかなかだったようです。
パクチートッピングは是非した方がよいとのこと。汁ありでもあってもよかったかも。
0623-1 (21)

たまたますんなり入店できましたが、常に待ち列ができていました。大変人気があるようです。
界隈に全然人がいないのに、このお店だけジャカスカ人が来るなんてすごい。


辛いものを食べると甘いものを食べたくなるのはなぜだろう。気がつくと日本橋三井タワーの前に立っていました。
0623-1 (26)


===
【オーダー】
汁あり担担麺 900円
大盛り 150円

白胡麻担担麺 880円
パクチー 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

汁なし担担麺ピリリ汁なし担々麺 / 水天宮前駅人形町駅浜町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【4回目】6月の宮崎マンゴー最強説

2019.06.23.15:58

千疋屋総本店フルーツパーラー@日本橋
カフェ


水天宮前で担々麺を食べて、パフェを求めて気づけば日本橋三井タワーの前に立っていたので、そのまま2階に上がり千疋屋総本店に突撃です。
0623-2 (2)

過去3回訪問しておりますが、千疋屋総本店のパフェはすごい。
フルーツパーラーにあまり行かないということもありますが、今のところ右にでるフルーツパーラーを知りません。
・2016年1月3日 ストロベリーヨーグルトパフェ
・2018年4月8日 クイーンストロベリーパフェ
・2019年5月26日 千疋屋スペシャルパフェ


シーズナルメニュー、6月は宮崎県産マンゴーです。
お値段税込3,240円。ちょっとした飲み会級の値段です。
0623-2 (3)


14時45分の到着で10組待ち。
これまでの経験から千疋屋は1組1.5分で入れることがわかっており、、、
0623-2 (1)


やはり本当に15分後の15時に入店することができました。
1組1.5分の法則は鉄板でした。
0623-2 (4)

大好きなカウンター席。フルーツをカットする場面を見ることができるので、カウンター席が一番気に入っています。


パフェが紅茶を従えて到着。パフェをオーダーするとドリンクが300円で頂けます。
「飲み物は水で」は申し訳ないので、千疋屋に敬意を評してオーダーするようにしています。それでも300円ですけど。
0623-2 (5)


■宮崎県産完熟マンゴーパフェ(3,240円)
0623-2 (6)

こんなパーフェクトなマンゴーパフェが他にあるだろうか。凛とした王者の風格を感じます。


マンゴーはとてつもなく甘く、それでいてシャキッとしています。
完熟ですがシャキッとしている。
マンゴー自体が素晴らしい果物ですが、宮崎県産のマンゴーは群を抜いて突出して美味しい。
0623-2 (7)


アイスクリーム、生クリーム、ジュレ。全てがパーフェクトです。どの層も美味しいのです。
0623-2 (8)

上のフルーツはよいけど、下に行けば行くほどテンションが下がり、挙句の果てにコーンフレーク層と出会うなんちゃってパフェとは次元が違いすぎます。


千疋屋のパフェはずっと美味しい。「ずっと美味しいパフェ、千疋屋」。
我ながらダサいキャッチコピーである。
0623-2 (9)


帰りに京橋を通ったのですが、京橋にある千疋屋では2,484円でした。宮崎県産マンゴーでもありませんでした。
京橋千疋屋は暖簾分け店なのでメニュー構成が違うようです。
0623-2 (10)

7月は桃です。


===
【オーダー】
宮崎県産完熟マンゴーパフェ 3,240円
紅茶 324円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

千疋屋総本店 フルーツパーラーフルーツパーラー / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

【16回目】初夏のルベロ

2019.06.25.23:32

Ristorantino Lubero@目黒
イタリアン


16回目のルベロ。
新たな料理とお店のスタッフの方たちとの出会いに心躍らせ訪問です。
0625 (1)


レストランに行くというよりミュージカルを見に行く感覚の方が近いです。
ミュージカルは20年前に宝塚を1度見たことがあるだけですが。
0625 (2)


飲み物も料理もメニューノールック。
全自動コースの幕開けです。
いつもどおり料理名は本来のものではありません。

なんと。オープニングがいつものルペ泡ではありません。
サテンと呼ばれるガス圧の低いスパークリングワインで、確かに泡が溶け込んでいるかのような感じです。
サテンとはイタリア語で「絹」という意味らしい。。。ってあれか。サテン生地って確かにいいますね。
0625 (3)

ドンペリも同じくらいのガス圧らしいです。


ハーブとビネガー。そしてライム。隊長のソフトドリンクです。
ロンドンで流行っている健康ドリンクだそうです。
0625 (4)


■ブリアンゼッタ包み
0625 (5)

北イタリアのスモークハム。てっぺんに乗っているのはカリカリの生ハムです。
中に何が入っているかは秘密ということで、食べてみるとクリームチーズと謎の何か。
答えを聞くとアンチョビのクッキーだそうです。分かるわけない。

ハムが常温で既に溶けそうで突き抜けて美味しい。チーズのコクとアンチョビクッキーの食感が楽しい一皿でした。


ルベロゼで。
0625 (6)


■トビウオのカルパッチョ 夏野菜のガスパチョ
0625 (7)

ほどよい酸味と瑞々しい夏野菜で構成された夏らしい爽やかな前菜です。
季節感満載。
隠れキャラで鳥貝を炭火でさっと炙ったものが入っています。
トビウオのカルパッチョは初めて食べましたが、ソーメンカボチャというのも初めて食べたかも。
柑橘の風も吹き、本当に爽やかな前菜です。
0625 (8)


ソーヴィニヨンブランで。
0625 (9)


■鮪と山芋 鰯のオイル 生雲丹と卵黄のソース
0625 (12)

どんな時にでも使える若者言葉で申しますと、ソースがヤバイです。
雲丹と卵黄がタッグを組むとこうなりますか。

鮪の脂のりの最高、ケッパーのフリットのアクセントも見事。
鰯のオイルのサポートとも絶妙で。
泥谷(シェフ)ワールド全開です。
0625 (13)


サルディーナ島のカンノナウという品種の赤ワイン。
これは美味しい。買ってみよう候補になりました。
0625 (10)


■鮎のアーリオ・オーリオ
0625 (15)

泥谷シェフのお父様が釣った岐阜県産鮎を息子であるシェフがアーリオ・オーリオに。
鮎のアーリオ・オーリオは2回目です。


添えてあるのはベッカフィートという料理で、本来は鰯で作るもので、しかも包むというか巻く感じの料理だそうです。
ベッカフィートは小鳥という意味です。
0625 (19)


秋刀魚のパスタに通じるものがある、肝の苦味がたまらないアーリオ・オーリオ。
ルベロでしか決して食べられない究極のアーリオ・オーリオの1つです。
0625 (17)


6月下旬の訪問で、鮎が届いたばかりでコンディション最高だからか、前回以上に格別のアーリオ・オーリオに仕上がっていました。
シェフのパワーアップも要因の1つでしょう。
0625 (16)


ホクホクの鮎の美味しさと肝の苦味とシェフの腕と。
唯一無二のここだけでしか食べられないアーリオ・オーリオは最後の晩餐候補級です。
0625 (18)


サルディーニャ島の白ワインで。
0625 (14)


■瀬戸内有機レモンのタリアテッレ
0625 (20)

Instagramにアップされていた瀬戸内有機レモンを使ったパスタ。
レモンチェッロが効きまくり、レモンが大群で押し寄せてきます。レモンが襲いかかってくるパスタ料理。非常に攻めた一品です。
レモン炸裂のタリアテッレなど、なかなかお目にかかれません。美味しい。あと書いていても思い出して唾液が止まらなくなる。
0625 (21)


シチリアのシャルドネで。
レモンの酸味を打ち消す不思議な効果がありました。
0625 (22)


■岩牡蠣のせアラビアータ
0625 (24)

ヒリヒリと不思議な辛さを放つアラビアータ。
トマトソースの味わいの深さは言うに及ばず、結構な辛さですが旨味の強さも半端なく辛さと旨さが呼応する、得も言われぬアラビアータです。
大蒜もイタリア産。ヤミツキになる。


アラビアータはビールと共に。
0625 (25)


■イタリア産子牛 白バターソース
0625 (28)

添えてある野菜は空芯菜。
バース掛布岡田のバックスクリーン三連発ならぬ、鮎のアーリオ・オーリオ/瀬戸内有機レモンのタリアテッレ/アラビアータのルベロパスタ三連発からのメインなので、小ぶりでしかもさっぱりとした肉料理で幸せな締めとなりました。
白バターソースがなんとも言えず美味しい。


フルーティーな赤で。
0625 (27)


■ヨーグルトとピーチパインのジェラート
0625 (30)

ドルチェも初夏らしくさっぱりと。ほとんど加糖せず仕上げてあるそうです。
ジェラートにはイタリアのカクテルも使っているそうです。


〆のグラッパはドイツ品種で。
0625 (29)

最高に楽しい3時間でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人13,000円


ルベロの過去記事を頂いた代表的なパスタ料理のタイトルと共に。
・2016年9月23日 大粒アサリのスパゲッティーニ ボンゴレ・ベラーチ
・2017年2月3日 シェフ特製 究極のスパゲティ・アラビアータ
・2017年9月30日 函館産新秋刀魚と松茸のアーリオ・オーリオ 自家製のキッタラで
・2017年11月9日 蟹と雲丹のパスタ
・2018年1月10日 白子のパスタ
・2018年3月7日 ジェノベーゼパスタ
・2018年4月17日 とり貝と雲丹のアーリオオーリオ
・2018年5月24日 伝助穴子のアーリオオーリオ
・2018年7月18日 雲丹の冷製ジェノベーゼ
・2018年9月4日 カルボナーラ/秋刀魚のパスタ
・2018年10月9日 ペペロンチーノ
・2018年11月23日 松茸のアーリオオーリオ
・2019年2月13日 からすみパスタ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年4月9日 雲丹のアーリオオーリオ/シェフ特製カチョエペペ
・2019年5月14日 伊勢海老の雲丹のフレッシュトマトソースパスタ




↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(10) :★★★★★★★★★★

味(10)     :★★★★★★★★★★
サービス(10)  :★★★★★★★★★★
CP(10)     :★★★★★★★★★★

リストランティーノ ルベロイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★★ 5.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

家庭的だが家庭では到達しない味のカレー

2019.06.27.14:37

水野@赤坂
とんかつ


赤坂で打ち合わせがあり11時前に終わったので、11時~でお昼ごはんが食べられるお店を検索して、こちらのビルにやってきました。
最寄り駅は溜池山王になります。
0627 (1)


水野というとんかつ屋さんがあることが、表の看板でわかります。
0627 (2)


見るからに昭和感満載の入口。当時としては最新鋭のビルだったことでしょう。
0627 (3)


飲食店か分かりませんが、4つのお店が入っています。
今日目指す水野さんは1980年創業とあります。1980年からこのビルでやっている可能性もありそうです。
0627 (4)


メニューは表に貼ってあります。
とんかつ屋さんですが目につくのはカレー。それと丼、重物もあります。
カツカレーには「当店人気の」の文字が踊る。
0627 (7)


当然とんかつを中心に揚げ物の定食もあります。
ロースカツは893円、1,050円、1,260円の3段階。場所を考えるとリーズナブルと言えそう。
0627 (5)


チェーンでもないのにとんかつ屋さんで券売機というのはとても珍しいです。
左上ポールポジションは890円のロースカツ定食ですが、同じく890円のロースカツカレーを食べてみることにします
0627 (8)


お店はあまり大きくありません。
2名がけのテーブル席が5つ、4名がけが1つ。
0627 (9)


カウンターが4席。
0627 (10)


ボックス型の4人席が1つです。
11時になってすぐの入店なので一番乗りでしたが、帰る頃には大満席となっていました。
0627 (11)

店員さんはキッチンが男性、ホールを女性が担当されていました。


カツカレーをオーダーする人が多いのでしょう。卓上にはデフォルトで福神漬けが配備されています。
0627 (14)


ロースカツカレーは890円とは思えないオーラを放っています。
890円でカツカレーというと、CoCo壱番屋と対して変わらない値段です。
0627 (15)


ロースカツは小ぶりながらも、しっかりとした出来栄えです。さすがはとんかつ屋さんのロースカツ。ペラペラ感がなく、ずっしりしています。
ロースの旨味が美味しい、カツカレーに乗っているカツとしては異例の美味しさです。
0627 (17)


旨味と甘味とほどよいスパイシーさのあるカレー。
日本の家庭のカレーの最高峰のようなカレーです。落ち着きますしホッとする味。
誰かの家に行ってこのカレーが出てきたら、相当驚くと思います。
つまりは家庭のカレーの方向性ですが、到底家庭で出せる味ではないでしょう。
0627 (16)


一緒に行った宮川氏は1,360円の盛り合わせ定食。
宮川氏はよいお店では一番高いメニューを頼む傾向があります。
0627 (12)


メンチ、ヒレ2、ロース2の大満足のボリュームです。
0627 (13)

特上ロースとかがあったら食べてみたいですが、メニューには見当たりませんでした。
今度はわたしも盛り合わせにしよう。


===
【オーダー】
ロースカツカレー 890円


■トッピングメニュー
0627 (6)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

とんかつ 赤坂 水野とんかつ / 溜池山王駅赤坂駅国会議事堂前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る