FC2ブログ

【2回目】担々麺よりラーメンがオススメ

2019.07.02.16:13

寿楽@中華
新宿御苑


会社の隣の中華料理屋さん。みんなよく利用していて社食みたいになっています。
寿楽というお店です。
0702-1 (1)


なんでも安くて美味しくてボリュームもすごいのですが、特に入口に書かれている「本日のおすすめ」のお得感は半端ありません。ボリュームも半端ありません。
午後仕事を頑張る人が食べる昼食としてはかなり多すぎです。
0702-1 (2)


16時を過ぎていたのでお客さんは誰もいませんでした。
通し営業&「ランチメニュー」が存在せず常にものすごい数の料理、定食を頂けるのもお店の強みです。
常時喫煙可なので変な時間に行くのがオススメです。煙草吸わない人には。
0702-1 (3)

全メニューは過去記事に掲載しております。


「本日のおすすめ」から担々麺&半春雨丼&餃子のセットにしました。
これで800円。
0702-1 (10)


春雨丼は甘辛い味付け。ボリュームはなかなかです。
前回頂いた半炒飯の方が味は好きです。
0702-1 (7)


餃子はしっかりと味が付いています。その上でデフォルトでタレがかかっています。
前回は餃子5個でしたがタレは自分で配合して付けるタイプだったので、2個だとそうなってしまうのかもしれない。
0702-1 (11)

大蒜が結構強力に効いているので、ランチの時には注意が必要です。
皮が少しだけ厚めで、もっちりカリカリでとても美味しい餃子です。


担々麺はなかなか独特な見栄え。ぶっ飛んでいるわけではありませんが、色が、、、誤解を恐れず言うと美味しそうに見えません。
0702-1 (6)


辛そうな見た目ではないのですが、非常に辛いです。辣油の直接的な辛さが攻めてきます。かなりパンチがあります。
胡麻頼みではないコクもありますが、担々麺としては美味しい方ではないかもしれません。
0702-1 (8)


自家製麺は相変わらずいい感じ。
寿楽ではラーメンの方がずっと美味しいと思います。
0702-1 (9)

前回食べたラーメン+半炒飯+餃子の880円セットが今のところ一番オススメです。
そんなにたくさん食べる必要ある?という話はありますが。


===
【オーダー】
担々麺+半春雨丼+餃子2個 800円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

寿楽中華料理 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

ふらっと入ったらオール1,000円超えでびっくり

2019.07.03.15:30

志な乃@新宿御苑
蕎麦


新宿通り沿いに若干老舗感のある「志な乃」というお蕎麦屋さんがあります。
フラッと入店してみました。表にメニューはありませんでした。
0703 (1)


テーブル席と、
0703 (4)


小上がりの座敷席。
0703 (3)

14時過ぎということで先客は1組しかいませんでした。
店員さんは皆様年配の方々です。

お店の雰囲気は地方の観光地みたいな感じです。例えば日光とか。
新宿感は全くありません。


メニューを見てビックリ。オール1,000円超えです。ひっくり返りそうになりました。まさかそういうことか!
でももう座ってしまいました。お茶も出てきてしまいました。
0703 (2)

最低価格が1,100円。しかしそれは雑煮です。
蕎麦だとざるが1,130円。例えば鍋焼きだと2,200円になるという。

この値段にして蕎麦もうどんもあるというのも非常に珍しい。
高いお店は蕎麦専門店であることが多いので。

ここに来て1,000円超えの昼食になるとは全く想像していませんでしたが、突き抜けて美味しいのかもしれないと思い直すことにしました。


高いお蕎麦屋さんということでセットがなんかちゃんとしている(ように見えてしまう)。
高いというだけで景色が違って見えるらしい。
0703 (5)


「五色(かけ)」なるものをオーダーしてみました。
これまで聞いたこともない蕎麦のメニューです。三色はあるような気がしますが。
0703 (6)


■五色かけ(1,130円)
0703 (7)

五色ということで、大変華やかな蕎麦を想像していたのですが、結構色合いが地味です。
Wikiで調べてみると五色蕎麦とは「白、赤、青、黒、黄」が入った蕎麦だそうです。そういう意味ではそうなっているように見えます。


法蓮草、大葉、椎茸、豆腐、海老天、白髪葱、インゲン。
大変具だくさん。
それにしても蕎麦に豆腐が入っているのは初めてみました。白担当でしょう。
0703 (8)

大葉の香りがすごくよかった。


海老天はとても小さいですが美味しかった。
全体的に鍋焼きうどんみたいな感じが近いです。
0703 (9)


汁が透明に近く蕎麦にしてはかなり澄んでいます。
東京の蕎麦とは一線を画しています。
0703 (11)


味が薄めで出汁が効いており美味しく飲めます。
蓮華があるのも蕎麦屋さんでは珍しい。
柚子の皮の味が浸透しやすいテイストでした。
0703 (10)


蕎麦は平べったくて厚みのあるハードタイプ。
ラーメンとしても中太に入りそうな太さです。
0703 (12)


最後にもう1つ別のお茶が提供されます。
0703 (13)

美味しいかどうかの前に、高いなあ、、、という印象がついて回りました。
表にメニューがあれば心の準備も出来ていたのですが、ただ表にメニューがあったら間違いなく入店してないとお思います。


===
【オーダー】
五色(かけ) 1,130円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

志な乃そば(蕎麦) / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[蕎麦]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 蕎麦

カレーの量が少なくてナンのお替りは難しい

2019.07.04.15:06

ターリー屋@新宿御苑
カレー


新宿通り、新宿御苑のターリー屋に行ってみました。
ターリー屋は西新宿のお店に10年前に1度行ったことがあるだけです。
0704 (1)


店内はテーブル席とカウンター席。
店員さんは3名体制で全員海外の方に思えました。
0704 (3)


メニューは730円~。
カレー1種類も寂しいなと思い2色カレー定食830円にしてみます。
0704 (4)

2つカレーが選べるのですが、好みのカレーであるバターチキンとマトンはそれぞれ100円増しになってしまうという。
また来ることもなかなかないと思い、清水の・・・の気持ちでバターチキンとマトンを選びました。
0704 (6)


ナンは食べ放題、ライスは大盛り無料。
「お腹いっぱいになって下さい」の記載がございます。
0704 (7)


5分も待たずに2色カレー定食が到着しました。
牛丼級の早さです。
0704 (8)


バターチキン。特段美味しいということはないですが、しかし美味しくないということもないです。
チェーン店特有の安定した味です。
チキンはタンドールの風味がしてよかった。でも肉の量もカレーの量も非常に少ないです。
0704 (9)


マトンも感想はバターチキンとそっくりです。肉が少ないのも、量が少ないこともそっくり。
どちらも中辛ですが、辛さはかなりマイルドです。
0704 (10)


ナンがいくらお替り自由でも、カレーの量が少なすぎて、この量のカレーでナンをお変わりするのは至難の業だと思います。
相当計画的にカレーを少しずつ食べないと、お替りはできません。
0704 (11)

隣の人が食べていたキーマカツカレーが美味しそうに見えました。


===
【オーダー】
2色カレー定食 830円
プレミアムカレー 200円

■サイドメニュー
0704 (5)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

ターリー屋 新宿御苑前店インド料理 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【3回目】素材の美味しさが引き出されたイタリアン

2019.07.06.21:50

Dining Riz Ohno@二子新地
イタリアン


二子新地最古のイタリアンレストラン、オーノに行ってまいりました。
0706 (1)

3度目の訪問です。過去2回の訪問はこちら。
・2018年11月18日 フランス産鴨のロースト 干し柿とシェリービネガーソース
・2018年12月16日 厚切り牛舌のやわらか煮込み赤ワインソース


店内はとても落ち着いた雰囲気で居心地がよいです。
0706 (3)


席と席の間隔も一定以上確保され、大人がゆっくりと食事をするのに非常に適しています。
ご主人がシェフ、恐らく奥様かなと思われる方が接客を担当されています。
0706 (12)


本日のオススメ料理。
基本この中からオーダーを組み立てるのがやっぱり一番美味しく頂けるかなと思います。
旬の素材の料理が揃っていますので。
0706 (2)


飲んだのはビール→白→赤→赤。生ビールはアサヒの熟撰です。
ワイングラスがワイン種によらず均一になってしまいます。
図1


■縞鯵の炙り・フルーツトマトとケッパーソース(1,300円)
0706 (6)

脂のり最高の縞鯵。さすが旬の品。温度が常温で抜群に旨味を感じることができます。
フルーツトマトとイタリアンパセリが爽やかさとさっぱり感を運んできます。
刻み大蒜もおりますが、それでいてもさっぱり爽やか。ソースの味加減が実にちょうどいいです。


■水牛のモッツァレラチーズとアンチョビのピザ(1,400円)
1_20190911171703313.jpg

チーズの旨さが突出しています。おつまみスタイルのピザ。生地も美味しい。
ピザ窯で焼かないこういうピザも、これはこれで美味しい。

辛味がタバスコになるのが少々残念。かけないほうが絶対に美味しかろう。
0706 (8)


■鹿児島産黒豚のソテー・ゴルゴンゾーラチーズソース(1,900円)
0706 (9)

絶妙な焼き加減ゆえ、すごく柔らか仕上げです。豚肉ですがキシキシしたところが一切ありません。素材自体もよいのでしょう。
ゴルゴンゾーラチーズのソースは香りが強いですが味はまろやか。そして全体的には濃厚です。

バターソースもよい塩梅で、旨味が凝縮された一皿です。
塩気も絶妙で赤ワインが進んで仕方ありません。
0706 (10)


■生雲丹とダルマイカのアーリオ・オーリオ(1,900円)
0706 (13)

少しピリ辛のアーリオ・オーリオ。手打ちのタリアテッレは軽やかで麺自体がすごく美味しいです。
てっぺんに鎮座した雲丹も濃厚ですごく美味しい。

オーノは素材とシェフの腕が相まって、出てくるもの全てが美味しい。
0706 (14)


■グラッパ(800円)
0706 (19)

グラッパのグラスがこれというのは、最後ちょっと驚きました。


■宇治抹茶ジェラート(400円)
0706 (18)

300円~500円のデザートメニューから宇治抹茶ジェラートをチョイス。
デザートが安価で、甘いもの好きの方はぜひ。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,600円


■ドリンクメニュー
0706 (5)

■デザートメニュー
0706 (17)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★★☆☆

Dining Riz Ohno西洋各国料理(その他) / 二子新地駅高津駅二子玉川駅

夜総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

地元の方で大賑わいのベーカリーカフェ

2019.07.07.15:58

ブレッド&タパス 沢村@広尾
ベーカリーカフェ


餡子隊長がパンを食べたいと仰られるので、広尾までやってきました。
大使館多すぎです。
0707 (19)


徒歩5分少々。沢村というお店に到着です。
広尾という場所に恥じない、ナウいオーラが外観から発せられております。
0707 (20)



1階はベーカリー/カフェでイートインをすることができます。
2階はレストランです。
0707 (22)


レストランメニュー。
1,500円前後でパスタ、ピザ、ハンバーガーなどなど、洋食メニューが揃っています。
0707 (21)


1階はパン屋さんで所狭しとパンが並んでいます。
0707 (1)


かなり種類はあります。
惣菜っぽいもの、甘いもの、バケット系など。
0707 (3)


例えばクロワッサンは税別で260円。少し高めですが場所を考えると安めとなるのかも。
0707 (4)


サンドイッチなどの棚もあります。
かなりお客さんはたくさんいましたが、皆さん持ち帰りの方が多かったです。
0707 (5)


数は多くありませんが1階にも席があります。
0707 (2)


満席で5分ほど待ちましたが2階のレストランエリアに行きました。
螺旋階段で2階にあがります。
0707 (6)


広尾らしい雰囲気の店内。コの字型のカウンター席と、テーブル席があります。
0707 (12)


なんとなくですが地元の方々が多そうに見えました。
クロックスでふらっと来たような感じの方もチラホラいらっしゃって。あと皆さんリアルがとても充実してそうでした。
0707 (18)


改めてランチメニューです。
ものによってはパン食べ放題となります。
0707 (8)

この他にも2,000円前後で本日のおすすめメニューというのがありました。
牛の3,000円のステーキなど。

周りを見ると4割くらいの人がハンバーガーを食べていました。
しかし今日はパンを食べに来たので、パン食べ放題が付くメニューから選びました。


サラダはドレッシングがすごく美味しい。玉葱ドレッシングと思われます。
0707 (9)


パンは2人分でこのボリューム。
ゼッポリーニは熱々で、酸っぱい系、バケット系、なんでも美味しい。全てのパンが美味しい。
はるばるパンを食べに来た甲斐がありました。
0707 (10)


エキストラヴァージンオリーブオイルも最高に美味しい。
ラウデミオとか、そういう類のオリーブオイルでしょう。パンが進んでしまう。
0707 (11)


はるばる来たから、、、の精神でパンをお替りしてみた。
またすごいボリュームだし、全種類違うパンというのがすごい。
0707 (16)


メインはおすすめから、ラムランプステーキにしました。
ちょっと塩気が強めでしたが、まずまず美味しい。パンによく合います。
このお店ではラムステーキすら脇役で、あくまで主役はパンになります。
0707 (15)


若鶏のロースト。ポルチーニクリームソースでパンが一層消費されます。
そしてとにかく鶏肉が大きい。すごいボリュームである。
0707 (13)


ボリュームに拍車をかけるのが付け合せのフライドポテトです。
パンを6種類くらい食べ、肉を食べてフライドポテトを山盛り食べるわけです。満腹にならない人はいないことでしょう。
0707 (14)


美味しいパンを好きなだけたくさん食べたい時に特にオススメです。
0707 (17)



===
【オーダー】
ラムランプステーキ 1,900円
若鶏もも肉のロースト 1,480円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ブレッド&タパス 沢村 広尾パン / 広尾駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[洋食]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 洋食

昔家で食べたようなカレー

2019.07.09.14:07

幸福堂カレー@新宿御苑
カレー


新宿御苑駅すぐの場所、新宿通りにカレー屋さんがオープンしました。
外で店員さん男女2名がお弁当販売をしていました。
0709 (14)

かつて玄古というラーメン屋さんがあった場所です。

ノーマルカレーが750円。あとはトッピング次第。
ノーマルカレーはCoCo壱番屋よりもずっと高いです。ゴーゴーカレーと比べても高い。
カツカレーは1,050円と1,000円超えです。かなり自信があるのかもしれない。
0709 (4)

CoCo壱番屋もゴーゴーカレーも徒歩3分圏内にありますし。


まずは店内か持ち帰りか選びます。消費税10%対策かもしれない。
0709 (1)


次のメニューを。三元豚ロースカツカレーのボタンを押します。
0709 (2)


量や辛さを選びます。辛さで値段は変わりません。
大盛りにすると150円増しで1,200円になってしまうので並盛りにしました。それでも1,050円ですが。
0709 (3)


店内左はカウンター席。なんと立って食べるスタイルです。
1,050円のカレーを立って食べるのか!
(2019.09.18時点ですと、立ち席はなくなり椅子が入りました)
20190913200532c32_20190918101233f1d.jpg

すごく空いていましたが、あえて立って食べてみることにしました。
カウンターは8人くらいが立てますでしょうか。

店内にはラジオが流れています。


店内右はテーブル席。とても簡易的な作りです。4人席が4つ。
0709 (13)

店員さんはお弁当販売同様男女2名体制でした。
とても楽しそうにお話されていました。

食券を渡しに行ったのですがその必要はないようで、完成したら呼ばれるスタイルです。


卓上には家庭のような調味料がいろいろ置いてあります。
特筆すべきはごま塩でしょうか。カレー専門店で誰がどんな時に使うのだろうか。最近流行っているのだろうか。
0709 (6)


コンセプトが書いてあります。どうやら家庭的な方向性のカレーのようです。
0709 (7)


食券購入後、2分で三元豚ロースカツカレー(1,050円)が到着しました。はやい!
0709 (8)


カレーは驚くほど家庭的な味です。家庭的というか完全に家で食べるカレーです。
ノーマルカレーであれば750円なわけで、お店で食べるカレーが家の味で750円ということをどう考えるか。
0709 (9)


並盛りですがご飯の量は結構多めです。
大盛りにすると150円増しなので、さらにものすごく増えるのかもしれません。
一般男性であれば大盛りにする必要はなくともお腹いっぱいになりそうです。
0709 (10)


2分で提供されたのでとんかつは揚げたてではないと思いますが、冷たいわけではありませんでした。
衣は業務用で見かける衣の非常に厚いタイプ。肉に厚さはあまりありません。
スプーンでカットするには衣が厚すぎて少々食べにくいです。
0709 (12)


また辛口にしましたが辛さは全くありません。市販のカレールーでも辛口はもう少し辛いと思われます。
もしかしたら間違えたのかな?と思うほど辛くありません。
0709 (11)

本当に昔家で食べたカレーのような味で、確かに逆にこういうカレーは最近どこでも食べなくなったかもしれない(家でも)。
スキー場や海水浴場では食べられそうですが、スキー場も海水浴場も行かないし。


===
【オーダー】
三元豚ロースカツカレー 1,050円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

幸福堂カレーカレーライス / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

【2回目】くせになる味

2019.07.10.14:57

佐高@新宿御苑
ラーメン


新宿御苑のラーメン屋さん佐高。5年ぶり2度目の訪問です。
前回は生玉子ラーメンを食べました。当時驚異の600円。
0710-1 (3)


ノーマルラーメン550円は変わっていません。
10月からの増税で値上がり、、、値上がりとは言わないですね。値段変わるでしょうか。
0710-1 (1)


雑誌の記載によると、ご主人は満来@新宿西口で10年間修行したそうです。
なるほど。だから納豆ラーメンがあるのか。しかもその納豆も相当なこだわりの一品のようです。
0710-1 (14)

満来はとても高いですが、佐高はとても安くラーメンを提供されています。
佐高、すごい。


1階席が満席でしたので2階席に通していただきました。2階席があるとは知らなかった。しかも結構広いです。
1、2階合わせるとかなりの収容力。だから行列を見ないのか!
0710-1 (4)


2階は古い旅館みたいな匂いがします。苦手な人もいるかもしれません。
0710-1 (2)


2階はお水、セルフサービスです。
0710-1 (5)


納豆ラーメン(700円)が到着しました。
満来ですと納豆ラーメンは1,000円ですので(9年前ですが)、これは大変有り難い。
0710-1 (7)


醤油ラーメンの上に、氷河のように泡立った納豆が表面を覆っています。
0710-1 (6)


納豆は泡がたくさんないと、腸まで菌が届かないそうですね。食べる前にどれだけ泡立てるかがポイントとテレビでやっていました。
そういう意味では十二分に泡立った納豆です。
納豆の匂いはラーメンの香りにかき消されているのか、日本人的にはあまり感じることはありません。
0710-1 (8)


一方で綺麗な醤油スープゾーンもあります。くっきりクリアな醤油スープ。
納豆ラーメンだと紫蘇の葉が入っています。少量ですがなんたるアクセントか。
0710-1 (9)


超王道型の醤油スープは一切飽きることがありません。並盛りでもなかなかの麺量ですが、全く飽きることはありません。
塩気がたっておらず、毎日でも通って味わいたい醤油スープ。
0710-1 (10)


もちもちの自家製麺は、やはり美味しい。
もちもちツルツル、修行元の満来よりも太く平べったい独特の麺は健在です。
並盛りでも普通のお店の大盛り級の量があります。大盛りがあるのかどうかわかりませんが。
0710-1 (13)


一方こちらは納豆つけ麺。
0710-1 (11)


つけ汁は醤油ラーメンとは違い酸味があるのが特徴です。
確かに満来のつけ汁は酸味がありました。修行元の流れを汲んだものと思われます。
0710-1 (12)

会社からも近いので、全メニュー制覇に挑んでみたくなりました。
が、今度は納豆ラーメンの生玉子入を食べてみたくなりました。


===
【オーダー】
納豆ラーメン 700円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

佐高つけ麺 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

大人のデートにおすすめ

2019.07.10.23:09

Saudade@新宿三丁目
スペイン料理


マルゴエリア人気の焼肉軒居酒屋「龍の巣」の3階にスペイン料理のお店があります。
0710-2 (1)


サウダージというお店です。ポルノグラフィティというグループの歌にありましたか。
郷愁みたいな意味のようです。
0710-2 (2)


店内はとても薄暗くバーのような雰囲気です。
大きなカウンター席と、テーブル席があります。東京カレンダーとかに掲載されそう。
0710-2 (13)

マルゴエリアでも頭一つ抜けた大人な雰囲気です。
マルゴエリアはわりと庶民的な感じのお店が多いですので。


ボトルワインは各国のものが揃っており、値段の幅も2,500円~50,000円と恐ろしいほど幅があります。ボリュームゾーンは6,000円前後でしょうか。なかなかのお値段です。
0710-2 (7)


フードも1,500円前後と、高級店ほどではありませんが、なかなかのラインナップとなっています。
普通に飲むと10,000円はいかないくらいになりそうです。飲む人ばかりでいくと10,000円も超える場合もありそう。
0710-2 (10)

その他のメニューは一番下に掲載しました。


■瓶ビール(900円)
0710-2 (12)

ビールはスペインバルセロナのモルリッツ。
メニュー的にはこちら一択でした。


■CAVA(4,800円)
0710-2 (18)

もっとも安価なスパークリングワインのボトルがこちら。
少し甘めのCAVA。


■ワイン
図1

ワインも安価めで攻めてしまったためか(それでもまずまずのお値段ではありますが)、特にデキャンタの白はハウスワインのようでした。
6,000円、7,000円級のワインにしないといけなかったのかも。


■スペインオムレツ(2piece600円)
0710-2 (14)

オムレツは王道スタイル。固めの卵焼きにぎっしり馬鈴薯が入っています。
見た目以上にボリューミーな一品。


■チーズ盛り合わせ
0710-2 (16)

別メニューがあるほど充実したチーズ。
どれも個性的でとても美味しいチーズたち。


■生ハムと鶏肉のコロッケ(2個600円)
0710-2 (15)

メンバーから「今日イチ」と口々に声が上がったのが、生ハムと鶏肉のコロッケです。一番美味しいと満場一致でした。
お替りしようとしましたが、売り切れとのことでした。
生ハムの旨味がよく出たコロッケで、必ずオーダーしたい逸品でした。


■天然真鯛のカルパッチョと種の自然農園の色々な野菜のサラダ(1,900円)
0710-2 (17)

肉厚で味の濃いカルパッチョ。
野菜もたっぷりでサラダの役割も果たせます。


■穴子のフリット(1,500円)
0710-2 (19)

ふわふわのフリット。ふわふわホクホク仕上げ。
「本日のおすすめ」はどれも間違いないです。おすすめメニュー中心に組み立てるのがよさそう。
あと、生ハムと鶏肉のコロッケ。


■白イカのアヒージョ(1,600円)
0710-2 (21)

大きめにカットされた白イカがたくさん入ったアヒージョ。
普通のお店で食べるアヒージョとは一味違います。大蒜に負けない烏賊の旨味があります。
これも美味しい。


■黒毛和牛イチボのステーキ(100g2,500円)
0710-2 (23)

こちらも本日のおすすめから。見事な焼き加減と、必要最低限の調味料で肉自体を存分に楽しめる一皿。
独り占めしたいではありませんか。

ケチケチしてしまってワインは相性がよくありませんでしたが、料理はどれも美味しかった。
雰囲気もよく大人のデートに使えそうです。

===
【オーダー】
上記の通り 1人7,500円くらい

■ドリンクメニュー
0710-2 (4)

■フードメニュー
0710-2 (11)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

サウダージスペイン料理 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[スペイン料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : スペイン料理

衝撃のコストパフォーマンス

2019.07.14.21:18

牛仁@仙台市泉区
焼肉


2年ぶりの帰省。懐かしき故郷仙台。もう東京のほうが滞在は長くなってしまった。
仙台駅は今も昔も変わらぬ姿です。
1_20190916142118332.jpg


家族で焼肉を食べに行きました。場所は巨大なホームセンターの一画。
高級店と聞いていましたが、ホームセンターの一画に高級焼肉があると?
0714 (1)


同じく一画にはクルクル寿司のお店があり、黒山の人だかり状態。
0714 (5)


ありました。高級感漂う、、、漂うかな。ホームセンターの一画にあるから変な感じがしますが、よい感じの佇まいのお店が。
0714 (4)


紛れもなく焼肉屋さんです。
0714 (2)


牛仁というお店です。
ホームセンターの一画ですが、ここだけ異空間のよう。
0714 (3)


お店の脇を抜けていざ入店。
0714 (6)


広い待ちスペースがあります。
ただ、基本的に予約して訪れる必要があるため、待ちスペースに人がごった返すことはディナータイムはないかもしれない。
0714 (8)


全席個室で大変人気があるようです。
たまたま前日に電話して予約できましたが、普段はもうちょっと前でないと入れないらしい。
0714 (7)


広くて綺麗な個室。
店員さんはアルバイトの大学生のような雰囲気でしたがきちんとしていました。
東京よりもずっと皆さんお行儀が良い気がします。みんな優しいし。
0714 (11)


地元仙台の焼肉ということで、肉は仙台牛です。
0714 (10)


一頭買い系。そして流行りの熟成肉。
熟成肉はここ数年で完全に市民権を得たようです。
0714 (12)


メニューは豊富にありますが、例えばおすすめっぽいメニューでこういう金額感。
メニューで見ても特上系で2,000円前後と、安くはありませんが肉質にもよりますが、よい肉系だとすると全然高くありません。というかだいぶリーズナブルと言えそうです。
0714 (24)

全メニュー、一番下に掲載しました。ランチ営業もやっているようです。


セッティングも綺麗。割り箸も豪華。
いいお店ではありませんか。ホームセンターの一画にいることを完全に忘れます。
0714 (27)


高級店ではバーナーが多いですが、炭火焼きスタイルです。
0714 (26)


■生ビール大グラス(720円)
0714 (28)

銘柄はアサヒスーパードライ。
大グラスということですが、あまり大きくありません。お酒は少々高めかなと思います。水物で利益出さないと。


■キムチ盛り合わせ(450円)
0714 (33)

キムチ盛り合わせが450円って見たことないレベルで安いなと思いましたが、量が確かに少なめでした。
それでも450円は安い。

以下、お肉で金額は1人前です。


■厚切りタン(1,380円)
0714 (29)

仙台だけにオープニングは牛タンでしょう。仙台でなくても焼肉は常に牛タンがトップバッターですが。
この見事な厚切り牛タンが1人前1,380円というのはすごい。しかも相当に美味しい。なかなかお目にかかれないレベルで美味しい牛タンです。
0714 (30)


厚切り牛タンは何としてもオーダーすべき一品です。
4人で行ったら4人前にするのがよいと思います(人数分たっぷり食べたい牛タンです)。
0714 (37)


■特撰ハラミ(1,980円)
0714 (31)

肉肉しい特撰ハラミ。2,000円を切ってこのクオリティというのも牛タンに続いてこれまた素晴らしい。
味はタレと塩が選べますが、ハラミはタレがオススメかなと思います。
キシキシしたところが一切ない、文字通り特撰のお味。
0714 (32)


■特上カルビ(2,100円)/特上ロース(2,100円)
0714 (35)

カルビとロースで一気にオイルタンクが満タンになります。
脂がやっぱりすごい。美味しい牛の脂なので全然だいじょうぶではあるのですが、人によるでしょうけど私には白ごはんがないと厳しかった→ご飯食べました。
0714 (36)


■シャトーブリアン(4,000円)
0714 (38)

最後の200g残っている、、、ということでオーダーしたのですが、シャトーブリアンは何ていうことはありませんでした。
少しキシっとするし、超絶柔らかいということもありませんでした。ある程度は柔らかいですが。
シャトーブリアンは頼まなくてよいですし、常にあるわけではなさそうです。
4,000円かー、と、唯一コスパ最悪のメニューでした。
0714 (39)


■究極のユッケ(1,680円)
0714 (40)

生のユッケが食べられるお店と食べられないお店は何に差があるのかわかりませんが(届け出の有無??)、牛のユッケが食べられます。
最近すっかり食べることができるお店が激減してしまったので、懐かしい味という意味で1つくらいオーダーしてもよいかもしれません。
ただ、焼肉のほうが美味しいと思います。

厚切り牛タンの方が美味しくて安いのでオススメです。


■特撰サガリ(1,980円)
0714 (42)

ハラミに近いですが、同じ値段なので特撰ハラミの方がオススメです。
同じ部位もなーということで変化を付けてみたのですが、特に変化をつける必要はありませんでした。
0714 (43)


■特撰タン下(980円)
0714 (44)

タン下は、厚切り牛タンに比べるとだいぶ落ちるかなと思います。1,000円以下ですし仕方ないのですが、あと400円払って厚切り牛タンにしたほうが確実によいです。
ちょっと中途半端なことをしてしまった(違う種類オーダーの心に負けました)。


■カルビクッパ(1,050円)
0714 (41)

弟が食べていました。序盤から。
焼肉屋さんで序盤からクッパを食べる人に初めて出会いました。とても美味しそうだしボリュームも十分そうでした。

いろいろ食べて、そんなに飲まないで1人7,000円くらいでした。
牛タン、ハラミ、カルビ、ロースなどのクオリティを考えると、ホームセンターの一画という点を差し引いても十二分に衝撃のコストパフォーマンスといえると思います。

規制した都度、来よう。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円くらい


■コース
0714 (13)

■刺身/キムチなど
0714 (14)

■肉①
0714 (15)

■肉②
0714 (16)

■肉③
0714 (17)

■肉④
0714 (18)

■盛り合わせ
0714 (19)

■〆
0714 (20)

■サラダ
0714 (21)

■スープ
0714 (22)

■デザート/お土産
0714 (23)

■ドリンク
0714 (25)

■ランチメニュー
0714 (9)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

牛仁 仙台泉店焼肉 / 泉中央駅

夜総合点★★★★ 4.0



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

醤油、味噌、煮干の究極の選択

2019.07.15.13:23

喜多郎@仙台市青葉区
ラーメン


仙台帰省の帰京日。弟に仙台駅に送ってもらうがてら、ラーメンを食べに行くことにしました。
仙台でラーメンを食べるのは18歳以来、つまりは25年ぶりかもしれない。

有名店に行ってみたいけど新幹線の時間があるので大行列は無理、、、という現状から、喜多郎というお店に連れて行ってもらいました。
0715-1 (1)


全然土地勘がないが、愛子駅という駅が最寄駅らしい。そんな駅聞いたこともない。
0715-1 (3)


チェーン店のような画一的な雰囲気でもなく、ほどよく清潔感があり美味しそうなラーメンが提供されそうなオーラのある外観。
0715-1 (2)


結麺会なるものがあるようで、そこに所属しているのか。
麺で結束した会、的なものでしょうか。
0715-1 (6)


また一方で坂内製麺という文字が書いてあります。
喜多方ラーメンの坂内と何か関係があるのだろうか。仙台だから関係があってもおかしくはなさそうです。
0715-1 (4)

お店はちょうど満席で、紙に名前を書いて待つことになりました。


味としては醤油、あんかけ、煮干し、味噌、辛味噌、激辛味噌の6種類があります。
それぞれにあっさり/こってりが選べます。なかなかに悩ましいではありませんか。。。
0715-1 (7)


人気トッピングメニューとして1位が醤油×こってり×煮玉子と書いてあるので、完全に1位に乗っかることにしました。
0715-1 (8)


5分も待たずに5人でカウンター席の角に着席することが出来ました。
店内はコの字型カウンター席です。
2019091616090979f_20190922125504820.jpg


東京のラーメン屋さんとはちょっと違う、ゆっくりと時間が流れているような店内。
なかなか落ち着きますし、ほっとさせてくれる感じがあります。店員さんも皆さんとても穏やかで優しい。
東北は基本的に優しくて穏やかな人率が高いと思う。
0715-1 (10)


ラーメンを注文すると半ライスがサービスとなります。
半ライスと記載がありますが、てんこ盛りにしてもいいのかしら。。。
0715-1 (11)


待っている間に漫画を読むことができます(食べながらも読めますが)。
とんでもなく古い漫画ですが。
0715-1 (25)


卓上には黒胡椒、白胡椒、餃子三種の神器、七味か一味。
0715-1 (12)


それと大蒜です。
0715-1 (13)


ご飯を取り分けてラーメンの到着を待ちます。
0715-1 (14)


醤油ではなく、25年ぶりの仙台ラーメンを記念して雲呑を。こってり、煮玉子、麺1.5倍の大盛りにして。
モリモリだぜ!
0715-1 (15)

具は、まずは叉焼の肉肉さが際立っています。でっかい叉焼が豪快に1枚入っています。


一方雲呑は大きさ自体は小ぶりですが、生姜がとても効いています。そして数が多い。
雲呑入りにすると200円増しになるのですが、200円の名に恥じない量が投下されています。
0715-1 (16)


110円の煮玉子はとてもしょっぱいです。
ここまでしょっぱい味玉は初めてかもしれない。栄養補給にはなりますが、一方で塩分過多になってしまう。
0715-1 (17)


こってりは背脂ちゃっちゃ系です。なかなかの量の背脂が降り注がれています。そそるビジュアルです。
ただ、背脂はたくさん入っていますが全然しつこさはありません。
0715-1 (21)


スープは鶏ベースで味は甘め。とても実直な味のスープです。
塩気がまずまず効いているので、食後は非常に喉が渇きました。一口目が一番美味しく感じます。後半は少々飽きました。
0715-1 (23)



自家製麺の真空熟成タイプ。
中細ストレート麺で非常にツルツルしているのが特徴です。歯ごたえも非常によく、これまで出会ったことのない感じの麺でとても美味しいです。
大盛りにすると1.5倍増しというだけあり量も十二分です。
0715-1 (26)


餡子隊長は味噌ラーメン。
0715-1 (18)


醤油ラーメンから150円増しになるというだけあり、すごい具の量です。二郎みたい。
0715-1 (19)


味噌スープも結構濃いめ。仙台味噌でしょうか。
醤油も味が濃かったですが、東北なので味は濃いめの方が喜ばれるのかもしれません。
「あっさり」にしたので背脂は入っていません。味噌でこってりにしても背脂が入るのかどうかは究極わからないですが。
0715-1 (20)


弟は煮干しでした。醤油とまた全然見た目が違っていて、これはこれで大変魅力的です。限定20食。
こってりコールしていたような気がします。背脂は少々入っている程度でした。
0715-1 (22)

25年ぶりに仙台で食べたラーメン。とても美味しかった。
背脂チャッチャの醤油、二郎のような迫力の味噌、また違った魅力のある煮干し。
選ぶのが大変です。

並びもなく、かといってガラガラでもなく実にちょうどよいお店を選んでもらいました。
仙台の千疋屋「いたがき」でフルーツパフェを食べて帰ろう。


===
【オーダー】
ワンタン麺(こってり) 880円
麺大盛り 200円
煮玉子 110円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

喜多郎 愛子店ラーメン / 愛子駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

【2回目】続・仙台の千疋屋

2019.07.15.16:19

いたがき@仙台
カフェ


喜多郎でラーメンを食べ、そのまま仙台駅方面に車を走らせ、仙台の千疋屋こと「いたがき」に行きました。
いたがきは2年ぶり2回目の訪問です。
0715-2 (1)


店内は大変賑わっておりまして、さすがは仙台の千疋屋といったところです。
(弟夫婦は存在を知りませんでしたが)
0715-2 (2)


千疋屋ほど恐ろしい値段ではありませんが、それでもなかなかの価格の立派なフルーツがズラリと並んでいます。
間違いなく宮城県を代表するフルーツショップといえると思います。東北を代表するかもしれない。
図1


13時の到着で7組ほどが待っており、30分待ちで入店できました。
千疋屋は続々と離脱組が出るため1組1.5分待ちの法則を発見したのですが、いたがきのお客さんは粘り腰がすごいようです。
0715-2 (20)


シーズナルメニューとして挙がっていたのはメロンとマンゴーです。
1,500円前後という設定ですが、千疋屋の3,000円前後を思えば半額であります。
0715-2 (9)

その他のメニューは一番下に掲載しました。


パフェたちが運ばれてきました。
0715-2 (13)


■フルーツパフェ(1,026円)
0715-2 (14)

弟は王道のフルーツパフェです。
このパフェが税別であれば1,000円を切るというのはどうかしております。すごいぞいたがき。


■静岡県産マスクメロンパフェ(1,458円)
0715-2 (18)

マンゴーは餡子隊長に譲り、もう1つのシーズナルメニューであるマスクメロンにしました。
メロンですが全然水っぽくなく、非常に甘く味が濃いです。
何度もくどいですが、このパフェが税別で1,500円切るというのはほぼ奇跡といってよいと思います。
0715-2 (19)

生クリームの甘さに全く負けることのないメロン。
東京でいうとタカノフルーツパーラーの水準は軽々と超えています。


■国産完熟マンゴーパフェ(1,620円)
0715-2 (15)

国産とありますが、どこのマンゴーでしょうか。販売していたのは沖縄のマンゴーが多かったので沖縄かもしれません。
少なくとも宮崎県産のマンゴーではなさそうです(味的に)。

千疋屋の宮崎県産マンゴーパフェとまではさすがにいきませんが、すこぶるコンディションのよいマンゴーパフェ。
シャーベットが千疋屋と比べるとだいぶ落ちますが、それでも税別で1,500円で食べられるマンゴーパフェとしては随一ではないでしょうか。
0715-2 (16)

仙台に住んでいたなら、シーズナルメニューが変わるたびに通いたい名パーラーです。


===
【オーダー】
国産完熟マンゴーパフェ 1,620円
静岡県産マスクメロンパフェ 1,458円
フルーツパフェ 1,026円


■メニュー①
0715-2 (7)

■メニュー②
0715-2 (8)

■メニュー③
0715-2 (10)

■メニュー④
0715-2 (11)

■メニュー⑤
0715-2 (12)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

いたがき 本店フルーツパーラー / 仙台駅宮城野通駅榴ケ岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

What's your name?

2019.07.16.14:06

La Boheme@新宿御苑
イタリアン


新宿御苑にあるラ・ボエム。かつて一世を風靡したグローバルダイニングが運営するイタリアン形式のレストランです。
ここ御苑店は映画「君の名は」で主人公がアルバイトをしていた場所としても有名です。その点のみ大変有名です。
0716 (1)


店内に入ると、まさに君の名はで登場したアルバイト先の光景が広がります。
1度映画を見ただけですが、それでも「おお」とちょっと思います。
0716 (13)


そうそう、こんな感じだった!と。ましてや君の名はが大好きな方にとっては最高の空間の1つではないでしょうか。
映画上映中は文字通り長蛇の列ができて、とてもではありませんが入店はかないませんでした。
0716 (14)


最近でもテレビで再放送したりすると、また大変な列がよみがえります。
そうでなくても、中高生っぽい若い男性2名のお客さんなどを見るにつけ、君の名はの影響で来たのかな?と思うことがあります。
0716 (8)


なぜならば、中高生の男子2名で来るには、ランチとはいえちょっと値段が高めなのであります。
650円のメランツァーネと一番安い250円のCセットにすれば900円に抑えることはできますが、油断するとすぐに1,000円オーバーとなります。
0716 (2)


なお、2階席はよく見ると使うことが出来ないことがわかります。床がありませんので。
2階はオブジェなのであります。
0716 (4)


またお店に入ると水をガス入りにするか、ガス無しにするか聞かれます。ヨーロッパでよくあるように。
どちらも無料ですし、2つともいただくことも可能です。
0716 (3)

店員さんは往々に頑張っておられますが、学生さんと思われる方で、おやおや?と思うこともしばしばではあります。


A~Cいずれのセットでもサラダは付きます。
パスタ提供までの時間が結構長いので、サラダをもしゃもしゃ食べながらパスタの到着を待ちます。
0716 (5)

これまで頂いたパスタを全部載せちゃいます。

■カルボナーラ(850円)
0716 (6)

日式カルボナーラの代表のような味。普通に美味しいです。
日式でよく見かけるカルボナーラそのものの味です。オススメです。


■メランツァーネ(650円)
0716 (9)

一番安いのに結構美味しいのがメランツァーネ。
トマト系では実は一番いいんじゃないかと思っています。650円なので100円のトッピングを付ける余力も生まれます。


■辛子明太子(700円)
0716 (10)

明太子がしっかりとまぶしてあり、これもなかなかオススメです。
和系のメニューでは一番いいかなと思います。


■小エビと青じそ(850円)
0716 (12)

さっぱりとした味にしたい時にはこれ。
紫蘇が結構ふんだんに乗せられており、常時風味を楽しめます。先になくなったりしません。


■ボロネーゼ(850円)
0716 (15)

ボロネーゼは個人的にはあまりオススメではないです。
トマト系なら迷わずメランツァーネを推します。


■蒸し鶏と青葱の和風ソース(750円)
0716 (16)

和風ソースが結構しょっぱいです。パスタというよりは焼きそばみたいな印象になります。
これもわたしはオススメしません。


■釜揚げしらすのペペロンチーノ(750円)
0716 (17)

ノーマルなペペロンチーノだと具が少なくて寂しいですが、しらすが寂しさを埋めてくれます。
ものすごい量の大蒜チップが入っているので、その後の予定次第では注意が必要です。


お盆シーズンは休日モードになってしまい高いランチになったので頼んでみたリゾット。平日の昼間ではリゾットはありません。
0716 (11)

総じて味は問題ないですし、雰囲気もいいし、居心地もいいし、とても使いやすいよいお店かなと思います。
1_201909172055456d4.jpg


===
【オーダー】
パスタ 650~850円
ランチCセット 250円


別のお店のラ・ボエムの記事はこちら。
・2009年7月3日 表参道店
・2014年4月17日 麻布十番店
・2015年1月3日 銀座店



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

カフェ ラ・ボエム 新宿御苑イタリアン / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

量産化されたよく見るつけ麺

2019.07.18.15:26

つけ麺 大成@新宿御苑
ラーメン


新宿御苑駅から北上して大きな通りを越えたところに、大成というつけ麺屋さんができていました。
数年前まではなかったお店のように思います。
0718 (11)


味はつけ麺、中華そば、油そばの3種類。
トッピングが違うだけですが圧倒的につけ麺の種類が多いです。
0718 (1)


超濃厚のベジポタ、ということです。
鶏×豚×野菜。流行りの、、、最近そこまで流行ってないかもですが、よくみる濃厚つけ麺のようです。
0718 (2)


券売機で食券を買います。大盛りのボタンに「無料」と記載があります。
また、熱盛もできるようです。
0718 (3)


途中で切れていますがL字型カウンター席と、2名がけのテーブル席が1つ。
テラス、、、というか外にも席があり(屋根あります)、4人座れそうな丸テーブルが2つと、2名がけのカウンター席がありました。
14時の到着で先客3名。
0718 (5)

店員さんは男女1名ずつの2名体制でした。
食券を渡しますが、特に大盛り無料ですとは言われませんでした。


卓上で変わっているのは鰹節があることでしょうか。
よくある濃厚系つけ麺のお店では確かに魚粉が配備されていることが多い。
0718 (4)


7分待ちくらいでつけ麺が到着しました。ノーマルつけ麺800円。
0718 (6)


つけ汁の底にはタンパク質担当の叉焼が沈んでいました。それと大きめのメンマがいくつか。
つけ汁がつけ麺では珍しいほど熱々です。
0718 (7)

味はやはりよくある系の濃厚つけ麺です。
方向性は三田製麺所が一番近いでしょうか。あと数歩で三田製麺所という感じ(三田製麺所も久しく食べていない)。


麺はゴムっぽい食感。量は体感で200g程度でしょうか。
0718 (8)


固くて食感があまりよくなく麺があまり美味しくないかなと思いました。
0718 (9)


ダブルスープっぽい濃厚つけ汁は大量生産に成功したのかも。
大盛りにしない場合はやや割高感があるかなと思いました。
0718 (10)


===
【オーダー】
つけ麺 800円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

つけ麺大成つけ麺 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

塩ラーメンの極み

2019.07.19.14:27

利尻昆布ラーメン くろおび@新橋
ラーメン


12時過ぎ、新橋駅到着。
ランチピークタイムですが、新橋は意外と大大大行列となるお店が少ないので(おじさんが多いので諦め、、、切り替えが早いのかも)前々から気になっていたラーメン屋さん「くろおび」に行ってみました。
0719-1 (2)


12時20分で2名待ち。中並びはありませんし、これはいけます。
が、このあと後ろにあっという間に10名が並びました。運が良かっただけのようです。
0719-1 (3)


利尻産利尻昆布100%使用。確かに利尻昆布と書いてありながら実際には利尻昆布ではない昆布も多そう。。。
そういうんじゃないよ!という強いメッセージを勝手に感じました。
それと当然無化調です。
0719-1 (1)


10分ほどで入店できました。2人でしたが奥の4人席に通して頂けました。
ゴリゴリの相席にはならないようです。

店内はカウンター4席に4人テーブル3つ、2人テーブル2つです。
4人テーブルに1人で座った場合は相席になっていました。
0719-1 (5)

海外からのお客さんも結構いらっしゃっており、GOODを連発していました。
店員さんは男性が厨房を、女性がホールを。箱の大きさの割には人数が少ない。


トッピングの違う各種ラーメンがあり、それぞれ塩と醤油が選べます。
順番は塩・醤油の順なので、きっと塩推しでしょう。
0719-1 (4)

醤油が好きなのでつい醤油にしてしまいますが、お店のオーラが塩だと語っていました。


利尻昆布ラーメン物語。いろいろ書いてありますが、割り箸すら防腐剤などを使っていないものを使用している点が、貴乃花に総理大臣杯のトロフィーを渡す小泉首相のごとく感動しました。
0719-1 (7)


卓上には餃子三種の神器が。ラーメン用に入れるものは配備しておりません。名店スタイル。
0719-1 (6)


沖縄風の柄の丼でラーメンが到着しました。
0719-1 (8)


お店のオーラで絶対に美味しいに決まっていると確信していたので、具が全部入ったくろおびラーメン(1,100円)にしました。
1,100円とは日本のラーメンでは高い方の部類に入りますが、この見た目だと1,100円で頂いてしまって、かえって申し訳なくないか?と思うほどの美しさです。
0719-1 (9)


滅多にやらない逆サイドからもう1枚。
彩りも綺麗ですし具がたくさん入っていますが端正なバランシング。控えめながら自信満々というすごいやつが現れました。
0719-1 (10)


叉焼は正統派。流行りの低温調理系っぽい感じではなく王道スタイルに見えます。味、柔らかさともに抜群です。
この見事な叉焼が2枚。
0719-1 (12)


海老ワンタン麺も気になっていたのですが、大丈夫です。ブラックベルトには海老ワンタンも入っています。それも2つ。
海老ワンタンも香港顔負けに美味しい。
0719-1 (14)


このレベルのラーメンの場合、味玉が完璧であることはいちいち言うまでもありません。
0719-1 (13)


穂先メンマも美しいし美味しいし。
スープの湖面のキラキラも最高です。転校生だとしたら、もう初日からモテモテで休み時間は他クラスの女子生徒がみんな見に来るであろう。
0719-1 (11)


スープはまさに昆布出汁。一口飲んで「塩にしてよかった」と声に出してしまいました。
ダイレクトに昆布出汁を感じることができます。優しい優しい大変上品な味わいです。
外国の方が多くいらっしゃっていましたが、これをラーメンだと思って欲しいと心から思える味でした。
0719-1 (15)

塩気がほとんどなく出汁中心のため、どれだけ飲んでも食後喉が乾きませんでした。


麺は柔らかめの細麺です。
細麺が昆布出汁のスープによく絡んで相性は最高以上。
0719-1 (16)

久しぶりにすごいラーメンに出会いました。
塩ラーメンではこれまで食べた中で一番美味しいかもしれない。というか一番美味しいと思います。

今度は醤油を食べてみたい。


===
【オーダー】
くろおびラーメン 1,100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

利尻昆布ラーメン くろおびラーメン / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

マルゴグループのスペインバル形態

2019.07.19.23:02

BAR PELOTA@新宿御苑
スペイン料理


新宿御苑エリア唯一のスペイン料理店「ペロタ」に行ってきました。
新宿三丁目付近にお店を展開しまくっているマルゴグループのお店です。
0719-2 (2)

マルゴグループで行ったことがあるお店は次の5つです。
・肉イタリアン Claudia
・肉イタリアン Claudia2
・371(ランチ利用)
・ダイニングバー MARUGO GRANDE
・蕎麦 SOBA-JU
・ダイニングバー MARUGOⅡ


店内はマルゴらしい黒を貴重としたカジュアルな雰囲気。
ワイワイガヤガヤした感じのお店がマルゴグループには多いです。単にお客さんが入りまくっているからそういう印象になるのかもしれません。
0719-2 (1)


どのお店も結構雰囲気は似ていますし、どのお店もいつも混んでいます。
勝てるお店の作り方がわかってらっしゃるのでしょう。
0719-2 (3)


マルゴグループのお店には机の引き出しにアイテムが入っていることが多いです。
誰がどう触ったかわからないため、わたしはあまり好きではないですが。。。省スペースという意味ではいいのでしょうけど。
0719-2 (13)


例えばメニューはこういう感じ。代表的なスペイン料理やパスタなどが揃っています。マルゴなのでお肉料理も充実しています。
飲食店はどこも人材難と聞きますが、若いスタッフを大勢かかえる術もマルゴには備わっているようです。
0719-2 (4)


■生ビール(700円)
0719-2 (11)

ビールはスペインのエストレーリャガリシアという種類。
新宿御苑初上陸だそうで。
イタリア料理のお店はすごく多いのに、スペイン料理のお店は1/10もないのはなぜだろう。


■タコとセロリのピリ辛マリネ(500円)/真ダコとジャガイモのガリシア風(600円)
  イベリコタンのコンフィ(700円)/イワシとピキージョのマリネ(500円)
1_201909180009120d8.jpg

タパスを4つほど。安価ですがボリュームも安価なりです。
すぐに提供されるので、口寂しくならない点がよいです。


■海老のアヒージョ(800円)
0719-2 (17)

アヒージョは普通に美味しい。
800円と安くも高くもない値段。マルゴはどのお店も普通に飲むと5,000円では済まないくらいのレベルに調節されています。
どーんと飲むと1人7,000円くらいはいくイメージです。


■イベリコ豚のロースト(1,700円)/イベリコベジョータのソーセージ(1,300円)
図1

肉系を2品。どちらもイベリコ系。

マルゴは肉料理のお店もたくさんあり、肉は結構美味しいです。
特に今回はソーセージがよかった。


■信州牛ボロネーゼスパゲティ(1,200円)
0719-2 (20)

ボロネーゼはなんだか少々水っぽかったです。パスタの湯切りが甘かったでしょうか。
ひき肉のコンディションはよさそうでしたが。


■シーフードパエリア(1,900円)
0719-2 (21)

シーフードがふんだんに使われていますが、不思議と海鮮の出汁の味が全くといっていいほどしません。
海鮮のエキスはどこに行ってしまったのか。冷凍物だとしても、これだけ入っていれば米が出汁を吸いそうなものですが。。。


■イカスミのパエリア(2,000円)
0719-2 (22)

こちらも真っ黒ではあるものの、イカスミの旨味が全くありませんでした。
これだけ真っ黒になるほどイカスミを投入していれば、一定以上はイカスミの旨味に溢れそうですが。

パスタ、パエリア×2の炭水化物3コンボが少々難しい状態でした。
飲みまくって1人7,000円。お店は常時満席。すごく人気があるので事前予約は必須かなと思います。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,000円


■ビールメニュー
ビール

■グラスワイン
グラスワイン

■ボトルワイン
ボトルワイン

■おつまみ
おつまみ

■フード
食事

■メイン/パエリア
メイン、パエリア



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

バル ペロタスペイン料理 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[スペイン料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : スペイン料理

セルフサービスですがお値段高いめ

2019.07.20.13:43

MAESTRO BAKER'S@新宿御苑
カフェランチ


新宿御苑駅至近、新宿通り沿いにあるカフェに土曜のランチで行ってみました。
マエストロベーカーズという意味です。
0720-1 (1)

マエストロは巨匠、大音楽家、名指揮者などすごい意味の単語です。男性名詞。


ランチは800円~1,100円というラインナップ。
クロックムッシュといった軽食でも800円が必要となります。
0720-1 (3)


この日の肉と魚とパスタは黒板に書いてあります。
字は上手な方が美味しそうに感じるのだなと思いました。
0720-1 (2)


店内はカフェスタイル。入口のテラス席が喫煙可であるため、煙草の煙の中を突破しないと店内に入れません。
2020年の条例ができるまでの辛抱となりますが。。。
0720-1 (4)

わりと高めのランチですが、セルフサービスでした。
カウンターで注文して、自分で取りに行く。食べ終わったら自分で下げます。


■クロックムッシュセット(800円)
0720-1 (7)

スープとサラダとコーヒーが付いて800円。
御苑は新宿エリアではわりと物価が高いのでこんなものでしょうか。

クロックムッシュは食パンがあまり美味しくないかなと思いました。ベシャメルソースもすごく普通です。
全体的に塩気が強すぎな印象でした。
0720-1 (8)


コーヒーはたっぷり。
0720-1 (5)


■スズキと野菜のオーブン焼き(1,100円)
0720-1 (6)

公右平さんは1,000円超えの魚ランチを。
女子カフェランチみたいなボリュームで、本当はたくさんの食事量を必要としない中年男性にも適したボリュームです。

テラス席は喫煙者がよくいるため、入店と退店の時に顔をしかめることにはなってしまいます。


===
【オーダー】
クロックムッシュセット 800円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

マエストロ ベイカーズビストロ / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェランチ

大人のコの字型カウンター居酒屋

2019.07.20.21:45

おわん@池尻大橋
居酒屋


池尻大橋。おぐら家と同じ通りに「おわん」という居酒屋があります。
池尻餃子の隣でもあります。
0720-2 (1)


店内はコの字型カウンター席、12名収容。奥にテーブル席があるようにも見えました。琉球畳みたいな。掘りごたつではなく座敷です(使用有無はわかりません)。
カウンター席は12名が入ると結構狭くきつい感じになります。
この日満席だからそう思ったのですが、満席だと居心地よしというには少々窮屈な印象となります。
0720-2 (4)


店員さんは男性2名、女性1名体制で、男女1名ずつが調理を担当していました。
もう1名の男性は日本の方ではないようで、ちょっと冷たくされているようで可哀相でした。食事しながら見たい光景ではないかも。
0720-2 (7)


食事は1,500円前後のメニューが並びます。大人の居酒屋仕様。
池尻大橋においては、このくらいの値段でも全く問題ないと思いますし、家賃的にもこのくらいの値段でないと長く続けるのは難しそう。
0720-2 (5)


■瓶ビール(800円)
0720-2 (6)

銘柄は赤星。サッポロラガーです。
国産の瓶ビールの中では一番美味しい気がしてしまうのはなぜか。
うすはりグラスでいただきます。飲み口鋭くて最高です。


■日本酒
図1

明らかに日本酒が合いそうな食事構成なので日本酒に切り替えました。
豊盃という青森の日本酒が特に美味しかった。


■お通し
0720-2 (8)

アスパラのお浸しと自家製豆腐。豆腐は塩がオススメとのことです。
削りたての鰹節の風味と、自家製ならではの滑らかな豆腐の食感がよいです。


■刺盛り(2,800円)
0720-2 (9)

刺身の盛り合わせは2人前から。2,800円とわりとお値段します。
鯵が肉厚でねっとりとした味で美味しかった。


■だしまき玉子(800円)
0720-2 (11)

ふわふわプルプルの出汁巻き玉子。少し甘めの味付けです。
美味しい。


■旬菜の盛り合わせ(1,400円)
0720-2 (12)

野菜が小さくカットされているので、ちょこちょことつまんで食べることになり、テーブル寿命が長い一品となります。
序盤に食べてしまうと一瞬で食べ終えてしまいそうですが、中盤に頼んでお酒のお供に置いておくとよさそうです。


■鹿児島産黒豚しゅうまい(800円)
0720-2 (13)

もちっとした部分とふわっとした部分が共存した焼売。
中心部はわりと赤め。大丈夫と信じて頂きました。


■焼きめんたいこ(800円)
0720-2 (15)

生と焼けている部分のバランスが絶妙です。
焼きたらこの表情と、生の明太のコントラストが楽しめます。


■鴨と焼きなすの青柚子椀(1,400円)
0720-2 (16)

いい出汁が出ています。美味しい。今日一番美味しかったのがお椀です。
炭火で焼かれた香ばしい茄子は瑞々しさもあります。
鴨は火入れが絶妙でこの上なく柔らか仕上げ。脂身もすごく美味しかった。


■きしめん(700円)
0720-2 (17)

鰹節の出汁がたっぷりのきしめん。方向性がお椀とかぶってしまいました。
醤油も控えめで大変上品なきしめんです。
0720-2 (18)

上記で1人6,500円くらいです。
もうちょっと空いていたらゆっくり楽しめたことでしょう。しかし人気がありそうなのでそういう場面は少なさそう。


===
【オーダー】
上記の通り 1人6,500円


■ドリンクメニュー①
0720-2 (2)


■ドリンクメニュー②
0720-2 (3)




↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

おわん 池尻本店割烹・小料理 / 池尻大橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

素晴らしいイタリアンのお店に出会った

2019.07.21.14:46

Ristorante TSUZUKI@都立大学
イタリアン


前々から気になっていたイタリアンのお店に、ランチですが訪問が叶いました。
場所は都立大学ということで、家から20分かからず到着。
0721 (1)


ただ、ここからが長いのです。都立大学駅から15分くらい歩きます。
ほぼ住宅街という道を歩きます。
0721 (2)


お店の入っている建物の前に到着しました。
フレミッシュ駒沢という建物です。一瞬どこにお店があるのかわかりませんでした。
0721 (3)


Ristorante TSUZUKIという名前のお店です。
0721 (4)


店内はマンションのようです。上は全部マンションなのかもしれません。
(調べてみたら店舗向けもあれば住居向けもあるようでした)
0721 (5)


高級マンションの一室のような雰囲気で、とても落ち着いた空間になっています。
席1つ1つの独立性も高く、居心地が大変よいです。
0721 (35)

キッチンはオーナーシェフでしょうか。男性が1名。ホールが1名という2名体制に見えました。


テーブルセット。
0721 (6)


今回は4,000円のランチコースにしてみました。
前菜にパスタ2品、メイン1品、デザート、食後のドリンクが付きます。
0721 (7)


なんということでしょう。おまかせワインコースが2、3、4杯というメニューがあるではありませんか。
夜であれば1皿1ワイン制にしてしまうところですが、昼でしたので3杯にしてみました。
ランチとワインで6,600円のコースと相成りました。
0721 (8)


3杯の1つ目はシャンパンです。キリッとした味でこれは美味しい。
まったく甘くなく料理の邪魔を一切しません。
0721 (9)

最初に自家製グリッシーニが提供されたのですが、なぜか写真を撮り忘れました。1年ぶりくらいに撮り忘れました。
ノーマルとトマトを練り込んだ2種類がありました。
あと、パルミジャーノチーズを焼いたクロカンテ。

これまで食べたグリッシーニの中で間違いなく一番美味しいものでした。


■富山県産白海老のフリット?
0721 (11)

「?」が付いているのは、フリットなのかどうか確信がないためです。
こんなに小さなantipastoですが、乾燥ケイパー、玉蜀黍(とうもろこし)、茴香(ういきょう)、エスプーマと内容盛りだくさんです。
0721 (10)

玉蜀黍の甘さが海老の甘さと混ざって広がります。
大変優しい塩加減でした。


■山梨県産桃のスープ
0721 (12)

食べる時には気が付きませんでしたが、ニコちゃんマークをイメージしているか??
桃の甘さをミントのすっきり感が引き締めてくれます。
絶妙な塩梅の味加減。
0721 (13)


真ん中はボーヴォロというイタリアの方言でカタツムリという意味のパン。確かにカタツムリみたいだ。ボーヴォロを小さくしたそうです。
左右はホカッチャ。ドライトマトと黒オリーブです。
0721 (14)

美味しくてフォカッチャ、ソースに付ける云々関係なく間違えて一瞬で食べてしまいました。


■胡瓜 貝 澄ましトマト イタリアンパセリ レモンとライムのスノーパウダー
0721 (15)

キュウリのスープ、トマトのジュレ、北海道産つぶ貝に浅利。
それとイタリアンパセリを固めたものが入っています。
低温調理で火を通してあるそうです。
また、レモンを液体窒素で凍らせて砕いたものも入っています。次世代の料理のようである。

貝のの弾力が尋常ではありません。低温調理の賜物です。
トマト、レモン、パセリが口の中で合わさり完成します。
貝の肝も濃厚です。
0721 (16)

胡瓜の香りもすごくします。こんな胡瓜の食べ方があったとは。


北イタリアのピエモンテの白ワイン。
1杯900円弱とは思えないほどのクオリティの白ワインです。衝撃のコストパフォーマンス。
0721 (17)


先ほどのパンを一瞬で食べてしまったので次のパンを頂いてしまいました。
0721 (18)


■手打ちパスタ チェリートマト 熊本県産大長茄子
0721 (19)

キタッラという種類のパスタ。イタリア語でギターという意味です。ルベロ@目黒で教えてもらいました。

発酵バターが使われており風味も旨味も倍増です。
パンチェッタも単体で美味しい。
0721 (22)

下に敷いてあるのは茄子のピューレです。
0721 (21)

パスタが異様に美味しいです。突き抜けて美味しい。
自家製ドライトマトは、ドライトマトですが柔らか仕上げ。
0721 (20)

酸味旨味すべてがちょうどよい絶品パスタでした。
すごくお替りがしたかった。


■手打ちパスタ フランスブルターニュより乳呑仔牛のラグー ラディッキオ
0721 (23)

玉子を練り込んだタヤリンというパスタと仰っていたような。
野菜はラディッキオです。イタリアンチコリーと言ったりもします。

香りがスパイシーで独特。なんとも言えないいい香りがします。地中海みたいな風が吹いてきます。
0721 (25)


肉もなんと美味しいことか。味の定まりもブレがなく超ストライクです。
0721 (24)


赤ワインはビンテージワインです。これまた衝撃のコストパフォーマンス。
くすんだ感じのする深い味わいが特徴です。
ランチで登場するワインとは一線を画しています。
0721 (26)


■佐世保産ホウボウのソテー
0721 (27)

こちらは餡子隊長のメイン。
ふわっとソテーされたホウボウは、今日でいうと肉よりオススメかも。
0721 (28)


■北海道産牛肉の煮込み
0721 (29)

緑の野菜は万願寺唐辛子です。
サルサヴェルデソースはお好みで。
0721 (31)

ホロホロと柔らかく煮込まれてありつつ、弾力もあわせ持っていました。
0721 (30)

なんだなんだ。全部本当に美味しいではありませんか。
都立大学駅から15分歩くなんてなんのそのです。


パンナコッタ、パフェ仕立て。
下からパンナコッタ、マンゴー、オレンジの層があります。
オレンジとマンゴーはエスプーマです。甘さは控えめ。
0721 (33)

このデザートとコーヒーだけで2,000円とかしますよ。カフェで食べたら。
カフェでこんなに美味しいドルチェが出てくる可能性自体あまりないですが。

コーヒーが好みとぴったりでした、スッキリしていて酸味控えめ。炭の感じも最高です。
カップはNARUMIでした。
0721 (34)

想像の倍くらいすごいお店でした。
高級住宅地のど真ん中ですし、ゴリゴリの常連さんがいそうです。

今度は是非夜訪問してみたいです。


===
【オーダー】
ランチコース 4,000円
ランチおまかせワインコース3杯 2,600円

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

リストランテツヅキイタリアン / 都立大学駅

昼総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【2回目】御苑で豚骨ラーメンが食べたくなったなら

2019.07.23.16:52

一瑞亭@新宿御苑
ラーメン


新宿御苑、唯一の本格博多系ラーメンを提供する一瑞亭。「いっすいてい」と読みます。
0723 (1)

外には豚骨の匂いを結構ばんばん振りまいております。
美味しいお店で出会う匂いではありますが、近隣の方的にはOKなのか。


ころころとラーメン屋さんが入れ替わる鬼門物件において、一瑞亭が流れを止めました。
入れ替わりの歴史は1回目の訪問に記載しました。歴史って言っても3店舗目ですが。


味は豚骨ラーメン一択です。あとはトッピングで味が変わります。
ラーメン以外だと餃子と炒飯があります。
0723 (2)


15時の訪問なのでとても空いていました。
通し営業しているのも大変有り難い。
0723 (4)

食券を渡すと麺の硬さのヒアリングがあります。

厨房では中国の方と思われる女性がラーメンを作っていました。
完璧なオペレーションが存在する模様です。


ラーメン、餃子のたれ、辣油。あと大蒜。大蒜はセルフクラッシュ方式となります。
高菜と辛もやしも置いてあります。
0723 (3)


味玉ラーメン(850円)が到着しました。
黒い丼、銀のトレイ。トレイに乗ってくるラーメン屋さんはなんだか無性に好きです。美味しい率が高い気がします。
0723 (5)


以前は少々黒めのスープで、表面が尋常ではなくしゅわしゅわしていましたが、色も黒くなく、しゅわしゅわもありません。
モデルチェンジしたのか、あるいは前がたまたまそうだったのか。
前も美味しそうでしたが、今回もやっぱり美味しそうという点は変わっていません。
0723 (6)


叉焼が2枚と海苔、木耳。それとたくさんの小口葱。
葱は前より細めの種類、あるいは部位を使うようになったのか、あるいは今日たまたまこうだったのか。
そして葱自体の量はだいぶ増量した印象です。彩りも前より素敵になりました。
0723 (8)

いろいろ試行錯誤して変えてらっしゃるのかもしれません。
新宿通りのラーメン店はなかなか入れ替わりが激しいので。思ったほど人が来ないのかもしれません。


味玉は唯一あれれという感じのパーツでした。
変な甘さのある味玉で、これだと次は食べられません。
0723 (7)


スープは大変オイリーです。とても安心安定な博多系豚骨ラーメン。
スープが美味しい。界隈ではなかなか食べられない豚骨スープです。
3年お店が続いている意味はよくわかりました。
0723 (9)


味玉ラーメンは850円。替え玉は博多系としては高めの150円なので、味玉ラーメンで替え玉をすると1,000円になってしまいます。
ただ、このくらいの金額設定でないとお店を続けるのは難しいのでしょう。
ちょっと高めだけどそれでも集客できる味だということになります。
0723 (10)

新宿御苑近辺で豚骨ラーメンが食べたくなったら、一瑞亭一択です。

===
【オーダー】
味玉ラーメン 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

博多一瑞亭ラーメン / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

新宿で八王子旋風が吹きそう

2019.07.24.14:32

味幸@新宿御苑
ラーメン


新宿御苑エリアにまた1つ新しいラーメン屋さんが誕生しました。
味幸という八王子ラーメンのお店です。
0724 (6)

恐らく新宿エリア唯一の八王子系ラーメン店となると思います。
渋谷を含めても唯一ではなかろうか。池袋もどうだろうか。

最近京都から第一旭というお店がやってきましたが、今度は八王子からの進出となります。
(第一旭は当初は物凄い行列ができておりましたが、最近は12時でもすんなり入れることが珍しくありません)


味は中華そば一択で、トッピング違いでチャーシュー麺、薬味ラーメン、メンマラーメンがあります。
薬味ラーメンの見た目が八王子っぽさ全開かなと思い、薬味ラーメンにしました。
0724 (2)

なお大変珍しいことに味玉トッピングがありません。


夜であれば、そして今であれば固定ツイートをRTするとトッピングか大盛りが無料になるそうです。
昼はダメです。
0724 (3)


行列を心配して早めに出たのですが、11時40分の到着で空いていました。
場所が非常にわかりにくいので、「たまたまふらっと入る」というのは難しいと思います。
0724 (1)

カウンター5席と、2名がけのテーブル席が6つありました。


卓上は酢、胡椒。一番右はなんだろう。。。大蒜ではなかったような気がします。大蒜なら入れてみたと思うので。
0724 (5)


10分待ちで薬味ラーメン到着。
空いておりましたのでお早めの登場です。
0724 (7)


オーラはかなりのものです。このラーメンが美味しくないはずがありません。
美しいしボリュームも十二分に見えます。大盛り最高。
0724 (11)


丼の方向はこちらの方が八王子を感じられそうです。
0724 (8)


具は大きな叉焼がどかんと1枚。これはチャーシュー麺にしたらすごい迫力になりそうです。
あとは「の」の字が描かれたナルト、海苔。
0724 (10)


薬味ラーメンとありますが、薬味とはようするに玉葱のことでした。
一応細切りの葱も入っていますが、「玉葱ラーメン」と表記したほうが正確に伝わりそうです。
あと、「薬味ラーメン」と言ったほうが、なんとなく玉葱ラーメンよりも高そうな印象になる気がしました。
0724 (9)

なお玉葱は辛味抜きがしてないのか、あるいはしているが弱いのかわかりませんが、とにかくすごい辛さです。
硫化アリルが襲いかかってきます。
全部食べれば血液サラサラ効果が期待できますが、スープに浸して辛さが抜けてくれるのを期待しましたが、1つ1つが大ぶりなのでスープ浸し作戦も失敗に終わりました。


醤油ダレが強めの鶏&魚介スープ。
竹岡式のスープの味になんとなく方向性が似ている気がしました。醤油の感じと味の強さ、若干甘さがあるところなどが。
0724 (12)

ガツンと来るパンチのあるスープはクセになりそうです。


麺は歯ごたえの良い細ストレート麺です。麺が大変美味しい。
大盛りの量は体感で180gくらいでしょうか。ボリュームも申し分ありません。とにかく麺が美味しい。
スープよりも存在感があるかも。
0724 (13)

味が濃いめですが全く飽きずにフィニッシュを迎えることが出来ました。


仲間が頼んでいたチャーシュー麺。大盛りだと1,000円です。
1,000円の名に恥じない素晴らしい見栄えです。
0724 (14)

大流行しそうな予感です。


===
【オーダー】
薬味ラーメン大盛り 950円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

味幸 新宿御苑店ラーメン / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5








[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

越後の日本酒の品揃えがすごい

2019.07.25.22:34

ぼんや@新宿三丁目
居酒屋


新宿三丁目の飲食店密集エリア、通称(自称)マルゴエリアに越後を売りにした居酒屋があります。
こちらの建物の2階「ぼんや」というお店です。
0725 (1)


店内は完全に居酒屋仕様。とてもワイワイしています。
広くもなく、、、どちらかというと若干狭いでしょうか。
店員さんは感じのいい女性と悪い女性が1名ずついらっしゃって、感じのいい方にのみオーダーを依頼しました。
0725 (2)


越後が売りなので、メニュー構成は概ね越後仕様になっています。値段は500円~700円くらいがボリュームゾーンと高くはありません。
ただ、越後の料理と言われてもあまり浮かぶものがなく、あまり気にせずメニューを眺めると普通の居酒屋のメニューのようにも思えます。
越後の名物

ただ、日本酒の種類は半端じゃないものがありました。
今回日本酒は頂かなかったのですが、日本酒を飲んでこそかもしれません。
ものすごい種類の、しかも全部越後の日本酒ばかりが揃っています。


■こしひかり生グラス(650円)
0725 (5)

せっかくなのでビールはこしひかりの生ビールにしてみました。
スッキリフルーティーで、なかなか美味しいです。


■サッポロ赤星ラガー(650円)
0725 (15)

中瓶です。コストパフォーマンスは圧倒的に赤星の方がよいです。
そもそも赤星美味しいですし。

ただ、こしひかりのビールも1杯は飲んでみたほうがよいです。
なかなか変わった味ですが、とても美味しかった。


■本日の鮮魚のお造り三点盛り合わせ(1,570円)
0725 (13)

蛸、鰆、サーモン。
普通のお刺身盛り合わせです。


■出し巻き玉子焼き(680円)/越の鶏「ももに肉」ジューシー唐揚げ(780円)
  手造り!昔ながらのコロッケ(2個580円)/越の鶏「ささみ」のカリッとフライ(730円)
図1

出し巻き玉子は少し出汁が弱め。コロッケはすごく普通でした。
4つの中で一番よかったのは鶏の唐揚げかなと思います。

全体的にとても普通で料理自体からは特徴を感じませんでしたが、選んだものがよくなかった可能性もあります。
新潟の料理が浮かばなかったのもありますが。。。

日本酒が大好きな場合は、また違う世界が広がる可能性があるかなと思いました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円くらい


■フード①
フード

■フード②
フード2

■フード③
フード3

■ドリンク
ドリンク

■日本酒①
日本酒

■日本酒②
日本酒2

■ハッピーアワー
ハッピーアワー


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

ぼんや郷土料理(その他) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

いくら空港でもこれは・・・

2019.07.27.12:31

NARITA 洋膳屋 ROYAL@成田空港
洋食


3月に続き2度目のミャンマー出張。
11時25分、ANA813便で成田からヤンゴン入りします。
0727-1 (1)

なお、ミャンマーの首都はヤンゴンではありません。ミャンマーの首都はネピドーといいます。


時間がありましたのでレストランエリアでご飯を食べることにします。
前回と同じ内容だとすると、機内食がなかなかイケてないため、お腹ペコペコで臨まない方がよいです。
0727-1 (2)


洋膳屋というお店に行ってみました。
0727-1 (3)


日本特有と言われている食玩により、海外からの方も自分の食べたいものを間違いなく選ぶことができます。
海外旅行でも、これがあったならと思うことが多いです。
0727-1 (4)


朝食メニューは簡単な洋食が揃っています。
値段は1,000円前後ですが、税別なので税込みだと概ね1,000円を超えてしまいます。
0727-1 (5)


店内は昭和のファミレスのような雰囲気。
とてもとても古めかしい雰囲気。
0727-1 (8)


ただ、ファミレス的な仕様なので居心地自体は問題ありません。
昭和時代を感じさせるのは、そういう目的なのか、ただ古いままであるのか。
0727-1 (6)


ファミレス的であるがゆえに、ドリンクバーもあります。
0727-1 (12)


入口でオーダーを行うと、機械が渡されます。
完成すると音がなるのではなく、テーブルの所定の位置に置いておくと店員さんが料理を運んできてくれる仕組みです。
0727-1 (7)



■ハムチーズホットサンド 950円(税別)
0727-1 (13)

ドリンクバーが付いて税込だと1,026円。

まず、パン自体がなかなか美味しいものではありません。本当に普通にスーパーで売っている安価な食パンクラスです。
ハムの全くよくありません。チーズも塩気が強すぎます。
全部食べるのはお腹ペコペコでも難しいかもしれない。
0727-1 (10)


ポテトは塩を振りすぎて、唯一野菜だけは普通に食べることが出来ました。
0727-1 (9)


■パンケーキ&スクランブル 1,180円(税別)
0727-1 (16)

こちらは税別時点で1,000円を超えています。

ソーセージもベーコンも玉子も、、、あまりないレベルかなと思います。
0727-1 (15)


パンケーキに乗せる乳製品はバターではなく何とマーガリンでした。
なぜバターではないのか。。。
0727-1 (14)

厨房では料理?を作る人が白い長い帽子をかぶっていました。
ドリンクバーオンリーが500円(税別)なので、ドリンクバーで時間を潰すのが最もコスパのよい過ごし方かもしれない。

ドリンクバーではなくドリンク単体でオーダーできるのかどうかはわかりません。


===
【オーダー】
ハムチーズホットサンド 950円(税別)
パンケーキ&スクランブル 1,180円(税別)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(3) :★★★☆☆☆☆☆☆☆

味(2)     :★★☆☆☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(2)     :★★☆☆☆☆☆☆☆☆

NARITA洋膳屋ROYAL 成田空港店カフェ / 成田空港駅東成田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 洋食

【2回目】ANA813便 成田→ヤンゴン8時間の旅

2019.07.27.16:26

2度目のミャンマー出張。
前回3月同様、ANA813便にて出撃です。直行便はANAしか飛んでおりません。
0727-2 (1)


ミャンマー便は毎日就航しておりますが1日1便です。
観光客はまだまだ少ないですが、ビジネス利用の人が多いので前回同様満席です。
ANAで往復10万円弱です。前回は7万円ちょっとだったので、だんだん値段が上がっているのかもしれません。
0727-2 (2)


ボーイング767の機体なのですが、理由はわかりませんが背もたれが後ろに倒れない仕様になっています。
なので寝るのはかなり大変です。ほぼ眠れません。
0727-2 (4)


背もたれは倒れませんが、オープニングドリンクなどは普通の就航便同様に頂くことができます。
0727-2 (6)


ANA便なので日本の映画やテレビなども数多く揃っています。
0727-2 (3)


問題はディスプレイが異様に小さく、機器に昭和感があることです。
昔の飛行機って、映画は決まった時間に始まり、自分が好きなタイミングで見ることができませんでしたが、さすがにそこまでの状態ではありません。
0727-2 (5)

が、とにかく驚くほど画面が小さいです。今でもこういう飛行機ってあるんだなと思うほどに。


マスカレード・ホテルを見ました。
画面が小さすぎて没入感がまるでありませんが、それにしては楽しめたというのは面白い映画だったということになろうかと思います。
0727-2 (7)


ご飯は魚が海の幸丼、肉がタンドリーチキンです。
「タンドリーチキンがオススメとなっております」とCAさんが仰られましたが、どうも周りの様子を見るに魚は売り切れ状態だったようです。
0727-2 (8)


前回の海の幸丼があまりに悲しい内容だったので、どうあれタンドリーチキンを食べようと思っていました。
0727-2 (9)


前回の海の幸丼よりも、前回の肉の部チキンハンバーグよりもだいぶ美味しかった。
空の上で食事を提供頂けるだけでも大変有り難い。
0727-2 (10)


赤白のワインを飲みながらマスカレード・ホテル鑑賞をしました。
図1


8時間のフライトを経てミャンマー到着。
座席問題、狭い問題でかなり疲れます。ミャンマー訪問はフライトが非常に難敵となります。
0727-2 (13)


絨毯の模様が独創的です。
ミャンマーっぽい模様という風には思いませんが、それでも日本ではあまり見ない柄ゆえ、外国に来たなあという気持ちになります。
0727-2 (14)


11時半に出て8時間かかりますが、時差が2時間半ありますので夕方の到着となります。
時差ボケするほどの差はありません。
0727-2 (15)


空港から市内に向かう場合にもタクシー手配アプリGrabが使えます。
出てすぐのタクシーがいっぱい停まっている場所はGrabが使えませんので後ろの方に行くとよいです。
0727-2 (16)

今日から1週間。グラッチェ菊池のイタリアからCiao!改めチェーズーティーンバーデー(ありがとう)菊池のミャンマーからミンガラーバー(こんにちは)!としてミャンマー情報をお届けします。

食べたことのない味の中華料理

2019.07.27.21:00

Hai Tien Lo 海天楼@ダウンタウン北西
中華


今回のミャンマー滞在ホテルはパン・パシフィックヤンゴンです。
ホテルは別途詳しく紹介したいと思います。
0727-3 (1)


夕方にチェックインし、付近を少し散歩した後、ホテル内の中華料理屋さんで夕飯を食べました。
たまたま誕生日ということで、付近ではかなり豪華なお店の部類に入る、パン・パシフィックヤンゴン内にある海天楼という中華料理屋さんです。
0727-3 (2)


とても広く綺麗な店内。さすがは高級ホテル内にある中華料理のお店です。
日本の高級中華のお店と雰囲気は引けを取りません。
0727-3 (3)


いろんな形式の席があります。奥の方で中国人がバカ騒ぎしていました。
大個室があるのかもしれない。
0727-3 (17)


個室も多数あり、会食などでも十二分に利用できそうです。
0727-3 (18)


一般的な中華料理メニューが多数揃っており、価格は一部高いものもありますが、普通の料理は1,000円しません。
日本の高級店のおおよそ1/3くらいの金額感です。
0727-3 (4)

すべてのメニューを一番下に掲載しました。


■ミャンマービール(4.35$≒465円)
0727-3 (20)

ミャンマービールは国内シェア90%。2015年にキリンが買収しました。
味は格別に美味しい。個人的には一番搾りより好きです。

暑いミャンマーで飲むミャンマービールは格別です。
1日1本は最低飲んでいました。


■季節野菜とマッシュルームのオイスター炒め(6.93$≒741円)
0727-3 (22)

薄味であっさりしています。青梗菜がシャキシャキで、オイスターソースも濃すぎずよい感じ。
若干味のインパクトが弱めですが、味が濃すぎるよりはずっといい。
0727-3 (23)


■小籠包(5.19$≒555円)
0727-3 (25)

ぱっと見は日本で食べる小籠包に似ていますが、食べると全然違います。
まず、下味がほとんど付いていません。もしかしたら下味無しかもしれない。

下味がないからか、酒など入れていないからか、熱々のうちは問題ありませんが冷たくなると豚臭さが出てきます。
食べた感じは小籠包というより、焼売の方が近いです。
0727-3 (24)


■麻婆豆腐(6.93$≒741円)
0727-3 (26)

オーダー時、チキンかポークか聞かれます。新鮮なやり取りです。
運ばれてきてまず思うのは、匂いがおかしいことです。麻婆豆腐の匂いが全くしないのです。
中華料理ではなく、東南アジア料理の風が吹いています。

ソースの味は麻婆豆腐というより、チリソースが近いでしょうか。豆板醤は使っているかどうか怪しいです。四川コーナーにあった麻婆豆腐ですが、山椒は入っていませんでした。
豆腐が丸いのも新鮮です。

辛さは唐辛子もあると思いますが、唐辛子以外の謎の辛味成分が入っていると思われます。
尋常ではない辛さがあります。とんでもなく辛い。ですが四川料理っぽくはありません。
0727-3 (27)

ある意味斬新な麻婆豆腐です。多分作っている人は本当の味の麻婆豆腐を食べたことがないと思います。


■野菜焼きそば(6.93$≒741円)
0727-3 (28)

非常にぼんやりした味付けです。美味しくないわけではないので食べることはできますが、本当にぼんやりした味です。
オイスターソースをかけただけ、、みたいな。
冒頭から麺は相当に伸びています。
0727-3 (29)

味だけでいうと日本にあったらあっという間に閉店に追い込まれることが予想されます。
究極美味しくないわけではないのですが、美味しいということもありません。

店員さんは皆さんとても親切でよい方ばかりでした。
こういった体験ができるのも海外での醍醐味かなと思いました。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で51.07$(≒5,464円)


■前菜
前菜

■珍味
珍味

■海鮮
海鮮

■海鮮炒め
海鮮炒め

■野菜
野菜

■四川
四川

■北京ダックなど
肉

■肉料理
肉2

■ベジタリアンメニュー
ベジタリアンメニュー

■点心
点心

■スープ
スープ

■麺、ご飯
麺、ご飯

■昼の点心コース
点心 (2)

■ドリンク
ドリンク



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(5) :★★★★★☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

綺麗な店内はやはり観光客価格。オススメはエビカレー

2019.07.28.14:41

PANSURIYA@ダウンタウン中心部
ミャンマー料理


日曜日。本に載っていた綺麗な布のお店を目指すべくタクシー&徒歩で出撃。
タクシーの運転手が場所を間違えたので10分ほど歩くことになってしまいました。
0728-1 (1)


日本では30年以上見かけなくなった野犬が普通にたくさんいるので注意が必要なのですが、犬たちは人を噛む元気もないほど皆しょぼくれています。
0728-1 (2)


ガーン。締まっていました。事前に予約がないと開けないとよく見たら書いてありました。
0728-1 (3)


タクシーでダウンタウンに戻り、違うお店に行きました。
お土産屋さんみたいなお店に。
0728-1 (4)


器が売っていたり、
0728-1 (5)


日本みたいな草履が売っていたり。
0728-1 (7)


布もいろいろあります。
オーダーメイドで作ってもらおうと思ったのですが、オーダーメイドはやっていないと言われました。
言葉が通じないので「オーダーメイドで服を作って欲しい」と伝えるのもなかなか大変でした。
0728-1 (8)


こういうのは誰が買うのか。。。
0728-1 (6)


すると恒例の停電が発生。ミャンマーでは2日に1回くらい、行く場所によっては停電があります。
35年前くらいなら、日本もちょくちょく停電していました。災害ではなく普通に停電していた記憶があります。
0728-1 (9)


お昼ごはんを食べに行くことにしました。
ダウンタウンの街並みで、とても綺麗な場所でだいたいこういう感じです。
0728-1 (14)


信号が極端に少ないため、信号に出会うと「おお」という気持ちになります。
ミャンマーはほとんどが斜め横断となります。しかもかなり危険なチャレンジとなります。
東南アジアでワースト1位の交通事故数らしいです。来てみるとその理由は痛いほどわかります。
0728-1 (13)


地元の方は皆さんこういった外に展開してあるレストランでご飯を食べてらっしゃいます。
流水で食器を洗っていないため、明日からの仕事に差し支えてはいけないので、入りたい気持ちはありつつも入ることができません。
0728-1 (11)

ガイドブック自体も極端に数が少なく、また数少ないガイドブックにも情報が少ないので、結局トリップアドバイザーでお店を探すのですが、トリップアドバイザーはどういった背景の人が書いているのか分からないため、なかなか当たりのお店を見つけるのが難しいです。

やけにクレーム言っている人もいれば、エクセレントだと褒め称える人もいたり。



とはいえ頼るものがトリップアドバイザーしかないため、トリップアドバイザーで見つけたPANSURIYAというお店に行きました。
突然綺麗なお店です。
0728-1 (17)


店内も日本にいるのと全然変わらないかのようなカフェレストランです。
0728-1 (15)


店内では雑貨や服なども売られつつ、カフェスペースが充実している感じ。
雑誌の撮影みたいなことも行われていました。
0728-1 (23)


トリップアドバイザーでお店を探すと、観光客しか来ないようなこういったお店ばかりがヒットしてしまいます。
地元感炸裂!みたいなお店は、いまのミャンマーだとなかなかネットで探すのが難しいです。
0728-1 (16)

好きな場所に座ってよいと言われます。店員さんは英語が通じるのでコミュニケーションに問題はありません。


カレー、麺、ご飯などいろいろなメニューがあります。トリップアドバイザーによるとビルマ料理のお店ということになっていました。
カレーはセットで10,000MMK前後。つまりは700円前後ということで、ミャンマーの中ではかなり高い部類に入ります。
カレー

その他のメニューは一番下に掲載しました。


■ミャンマービール(2,500MMK≒175円)
0728-1 (24)

ミャンマービール。プレミアムの方です。
プレミアムは味が濃いので、個人的にはノーマルのほうが好きなのですが、プレミアム一択でした。

ノーマルのほうが好きといいながら昼間から2本飲んでしまいました。


カレーセットが運ばれてきました。
0728-1 (25)


1人前はご飯と、カレー類が乗ったプレートです。
0728-1 (30)


■マトンカレーセット(10,000MMK≒700円)
0728-1 (26)

あと一歩で日本のランチが見えてくる値段です。
ミャンマーの平均月収は11~12万円なので、1,000円弱のランチはかなり高い部類に入ります。
盛り付けもお洒落。


■海老カレーセット(10,000MMK≒700円)
0728-1 (29)

餡子隊長は海老にしていました。
違いはカレーの部分だけで、他の付け合せはマトンも海老も一緒です。


トマトとセロリのサラダはピーナッツソース。美味しいではありませんか。
緑色の野菜はマーローリーフ。ミャンマーではよく見かける野菜です。日本では見たことありません。
0728-1 (31)


芋っぽいものは豆です。たぶん。ひよこ豆でしょうか。
赤いのはトマトペースト。
0728-1 (32)

付け合せはどれも普通に美味しいです。
野菜がたっぷり食べられてよい。ホテルの朝食でも生野菜はあまり食べないようにしているので。


マトンカレーは香辛料とオイルがたっぷり。全てではありませんがミャンマーのカレーは大変オイリーなものが多いです。
非常に変わった味で、インドカレーとは全然違います。ネパールとも違います。
すごくオイリーで、ガツンとした感じ。
マトンはキシキシしてちょっと固い。
0728-1 (27)


海老は少し酸味があり、カレー全体が少々トムヤムクンっぽい仕上がりです。
マトンカレーより海老カレーの方がかなりオススメかなと思いました。カレーならば海老がよさそう。
0728-1 (28)

店内は綺麗ですし、とても寛げます。
少々お値段は高めですが、日本で食べるよりはちょっと安いです。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で31,421MMK(≒2,199円)


■前菜
前菜

■サラダ
サラダ

■麺/ライス
ルードル、ライス

■ドリンク
飲み物


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カレー

観光客向け雰囲気重視のレストラン

2019.07.28.21:56

Rangoon Tea House@ダウンタウン
ミャンマー料理


今回宿泊したホテル、パン・パシフィックヤンゴンから徒歩3分くらいにあるボージョーアウンサンマーケット。
あまりにも近すぎたので、用がなくてもフラフラ遊びに行っていました。
0728-2 (1)


夕飯を食べるためにちょっとだけタクシーに乗って歩きます。
タクシーはGrabというアプリを使えば値段交渉が不要で、現地価格で移動できるので大変便利です。
ちょっとのタクシー移動であれば200円かかりません。
0728-2 (2)


前回訪問して美味しかったラングーンティーハウスを再訪してみました。
0728-2 (3)


18時50分の到着でしたが9割方席は埋まっていました。大変人気があるお店です。
0728-2 (4)


お客さんの半分は西洋人。あとの4割は中国人。あとは1割を日本人と韓国人という感じです。
お客さんは全員海外からの人に見えました。観光かビジネスかはわかりませんが。
0728-2 (10)


前回同様海外率100%と思われる店内は大変な賑わいです。
2階の席がとても雰囲気よいらしいのですが、2階に行ったことはありません。
0728-2 (8)


19時前の入店だったのでハッピーアワーのメニューがありました。
しかしわたしはミャンマービールのLarge狙いのため、ハッピーアワーの恩恵はありませんでした。
0728-2 (5)

食事のメニューは前回からほんの少し変わっていましたが、ほとんど差はありませんでした。
詳細のメニューをご覧になりたい方は3月の訪問記事をどうぞ


■ミャンマービール(3,800MMK≒266円)
0728-2 (9)

昼間も2本飲みましたが、夜はLargeで2本飲みました。
ミャンマーで飲むミャンマービールは本当に美味しい。缶を買って帰って日本で飲んでも、なぜだかそこまで感動しないのですが。


■Quail Eggs And Truffle(7,800MMK≒546円)
0728-2 (11)

よくわからないものを頼んだら、たこ焼きみたいなものが出てきました。



玉子の上に乗っているのはトリュフです。
美味しいことは美味しいのですが、果たしてこちらはミャンマー料理なのだろうか。
0728-2 (13)


トリュフが乗っていないのは、何でできているのか分かりませんが炭水化物と思われます。
こちらも玉子なのかなと思ったのですが食べると玉子ではありませんでした。
0728-2 (12)


■Tea Leaf Pork Neck(7,800MMK≒546円)
0728-2 (14)

前回食べて抜群に美味しかったこちら。
炭火の感じは前回同様素晴らしいですが、焼きが過ぎており前回より数段固いです。

また、ソースが多すぎて味が濃すぎで、さらにはソースがかなり辛いという。
前回は辛さも固さもなかったので最高に美味しかったのですが、どうも前回は腕のよいシェフが担当されていたようです。
0728-2 (15)


■Braised Pork Rib Hsee Kyat(5,100MMK≒357円)
0728-2 (16)

麺料理は見た目とは裏腹にぼんやりした味付けに、非常に非常に柔らかい麺。
昨日も麺料理はイマイチでしたが、今日も麺料理で外してしまいました。

豚肉はすごく甘辛くて味が強すぎます。焼肉のたれみたいな味です。
焦がし大蒜がアクセントにはなっているのですが、味がなかなか強すぎるのに、味がぼやけているという不思議な麺。
0728-2 (17)

トッピングの野菜と投入したら、青唐辛子が混ざっていてとんでもない辛さになりました。しかしこれはわたしのせいです。

とにかく雰囲気はよいので、雰囲気重視で行くにはよいと思います。
前回は飲み物もあっという間に運ばれてきましたが、今回は20分くらい待つこともありました。たまたまかもしれませんが。

日本から女性の友達が来たら連れてきてあげることもありそうですが、日本から女性の友達が来る可能性自体がありません。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で36,729MMK≒2,571円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ミャンマー料理

こういう外のお店の方が味は美味しい

2019.07.29.12:23

野外食堂@レーダンセンター付近
ミャンマー料理


ミャンマー出勤1日目。社内の様子はこんな感じです。
0729-1 (1)

引越し前の職場はなかなかすごい環境でしたが、2ヶ月ほど前に広めのマンションに引っ越してきました。
買うと日本円で2,000万円くらいの物件だそうです。


ミャンマーのゾウさんに近所のレストラン、、、というか食堂に連れてきてもらいました。
雨季のため1人でこういうお店にはなかなか来れないので、知人が一緒だと安心です。
0729-1 (8)


どんどんお客さんが集まってきます。
ここのお店はご飯が温かいので人気があるそうです。
0729-1 (2)


ズラリと料理が並んでおり、食べたいものをオーダーする仕組みです。
英語は一切通じませんが、これであれば何とか注文ができます(ゾウさんお任せにしましたが)。
0729-1 (6)


後ろには厨房があります。意外となんでもできそう。
作って持ってきているのではなく、この場で作っているのかもしれない。
0729-1 (5)


席はキャンプ場みたいな感じ。屋根があるので雨が降っても大丈夫です。
この時は雨季でしたがたまたま雨は降っていませんでした。
0729-1 (4)


オーダーすると席に料理を運んでくれます。
0729-1 (9)


オーダーしたのはご飯と、牛のカレー、鶏の唐揚げ、海老のすり身と玉葱のマリネです。
0729-1 (10)


さらには自動的にスープが付きます。
0729-1 (13)


さらにさらに自動的に生野菜が付きます。
これは日本人は食べないほうがよいと思うと言われます。
0729-1 (12)


牛のカレーはミャンマーらしいオイリータイプ。
鶏の唐揚げは味付けがスパイシーで東南アジア風ですが、味付けがとても美味しい。日本の唐揚げのエスニック版みたいな感じ。
0729-1 (11)

海老と玉葱のマリネがすこぶる美味しいのです。
辛くてさっぱりしていて、サラダなのに白ご飯に最高に合います。
青唐辛子が入っているので激辛の場所もあります。なんとも病みつきになる一品。今度また来たら絶対に食べよう。

これで2人で3,500MMK。1人分を日本円に換算すると122円です。

一昨日の高級中華料理の倍は美味しかった。
ミャンマー料理は美味しい。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,750MMK≒122円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ミャンマー料理

お洒落空間と無国籍のような料理たち

2019.07.29.20:21

BURMA BISTRO@ダウンタウン西部
(一応)ミャンマー料理


ミャンマーの仕事は17時に終わります。
ミャンマーでは残業という概念がないため、おおよそ時間ぴったりに終業となります。
残業して頂くことも可能ですが、賃金が時給換算で1.5倍になってしまいます。

というわけで、17時きっかりに仕事を終え、ダウンタウンへ。

これがミャンマーダウンタウンの歩道橋。
0729-2 (1)


屋根のある商店街を歩きます。
ここまで歩きやすいエリアはダウンタウンでも珍しいです。ミャンマーは基本的に歩きにくい。
のんびり散歩、、、みたいなことができる場所は、ほぼないと言ってよいです。
0729-2 (2)


雨季なので今回は全体的に綺麗めのお店にしようと思い、TripAdvisorで見つけた「BURMA BISTRO」というお店にやってきました。
ミャンマーではTripAdvisorで情報を得るしかありません。滞在している人のブログ情報なども極端に少ないためです。
0729-2 (3)


こ、、、これは。。。綺麗めのお店を選択したはずなのですが、場所を間違えたか?
しかし確かに入口には目指したお店の看板がありました。
0729-2 (4)


助けてー。
0729-2 (5)


しかし2階の店内に足を踏み入れると景色は一変します。
大変お洒落な空間がありました。
0729-2 (9)


表参道にでもありそうな雰囲気ではありませんか。
店員さんも統一された制服をきてらっしゃいました。
0729-2 (7)


入口からのギャップがすごすぎます。ここまでのギャップがあるのもなかなか珍しい。ミャンマーならではです。
0729-2 (8)


2人でしたが半個室のようなソファー席に通して頂けました。
最初はガラガラでしたが、パラパラと観光客がやってきました。韓国人、欧米人など。
0729-2 (6)


メニューはミャンマー料理が中心に見えるのですが、どちらかというと無国籍料理という感じもあります。
全体的にお洒落な感じ。カレーは300円~400円なので、ちょっと観光価格です。
0729-2 (15)

とにかくメニューが豊富です。全部一番下に掲載しました。
お酒もバーのように種類が豊富です。


■ミャンマービール(2,500MMK≒175円)
0729-2 (33)

生ビールはミャンマービールと一番搾りがあります。
ミャンマービールの方が安くて美味しいので迷う理由がありません。

ミャンマービール最高。


■炒飯(6,900MMK≒483円)
0729-2 (34)

炒飯はバターライスのような味。
ミャンマー米は炒飯に最適です。
殊更美味しい。

大きなチキンも添えて500円弱。
0729-2 (35)


■烏賊のガーリックフライ(6,000MMK≒420円)
0729-2 (36)

普通に美味しいイカフライ。日本の居酒屋にいるようです。
ミャンマーらしさはありませんが、ビールに合う合う。


■サテ(10,000MMK≒700円)
0729-2 (37)

ビーフとチキンの2種類。ちょっと味濃いめ。
ビールには合いますが、ミャンマーでは異例なほど味が濃いです。
チキンの方が美味しかったので、サテにする場合はチキンオンリーがよいかも。

店員さんは皆さん優しく丁寧です。英語も通じます。
BGMには蛍の光が流れたりしていました。蛍の光はスコットランド民謡ですが。

料理の味が全然ミャンマーっぽくなく、お店の雰囲気もミャンマーっぽくないため、ミャンマーらしさは全く感じません。
それでいい夜にオススメです。デート、、、ミャンマーでデートする機会があるかわかりませんが、そういうケースにオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で36,267MMK≒2,538円


■フードメニュー①
0729-2 (10)

■フードメニュー②
0729-2 (11)

■フードメニュー③
0729-2 (12)

■フードメニュー④
0729-2 (13)

■フードメニュー⑤
0729-2 (14)

■フードメニュー⑥
0729-2 (16)

■フードメニュー⑦
0729-2 (17)

■フードメニュー⑧
0729-2 (18)

■フードメニュー⑨
0729-2 (19)

■フードメニュー⑩
0729-2 (20)

■ドリンクメニュー①
0729-2 (22)

■ドリンクメニュー②
0729-2 (23)

■ドリンクメニュー③
0729-2 (24)

■ドリンクメニュー④
0729-2 (25)

■ドリンクメニュー⑤
0729-2 (26)

■ドリンクメニュー⑥
0729-2 (27)

■ドリンクメニュー⑦
0729-2 (28)

■ドリンクメニュー⑧
0729-2 (29)

■ドリンクメニュー⑨
0729-2 (30)

■ドリンクメニュー⑩
0729-2 (31)

■ドリンクメニュー⑪
0729-2 (32)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ミャンマー料理

タイ料理とミャンマー料理の融合

2019.07.30.13:18

My Cup Cafe@レーダンセンター近辺
ミャンマー料理


出勤2日目。ミャンマーオフィスは8時出勤なので午前中が長い長い。
ミャンマーが8時だと日本は10時30分なので、ほとんど同時に業務開始となるのでミャンマー側は早めのスタートになります。

今日もお昼はゾウさんと。My Cup Cafe。
お店の名前からはどんな料理のお店なのか想像ができません。
0730-1 (1)


カフェということで、確かに店内はカフェっぽい感じ。
なかなか綺麗で、店内には若者客が大勢おります。
0730-1 (2)


ミャンマーに来て驚くのは、若い人の割合が圧倒的に多いということです。
逆にミャンマーの人が日本に来ると、老人ばかりで驚くそうです。
0730-1 (5)


30代と40代のおじさん2名で訪問しましたが、我々以外は全員20代、下手すると10代のお客さんばかりでした。
若者に大人気のお店です。
0730-1 (6)


麺系のメニューが200円前後で用意されています。
何も知らずに見たらタイ料理っぽく見えるかもしれません。
0730-1 (3)


麺以外にも揚げ物やハンバーガーなど。こちらも200円前後で提供されています。
0730-1 (4)


海老入りの麺料理にしました。日本円で231円。

酸っぱ辛い味。知っている味だとトムヤムクンが一番近いかなと思います。
ゾウさんによると、タイ料理をミャンマーの人の口に合うようにアレンジしているということでした。
トムヤムクンっぽいですが、酸っぱさも辛さもかなりマイルドです。酸味も角がとれまくっています。
0730-1 (7)


言い知れぬヤミツキ感があり、蓮華が止まりません。
海老もゴロゴロ入っています。が、殻が剥いてないのでとても食べにくいです。
0730-1 (8)

タイ料理とミャンマー料理が融合したような、面白い美味しい麺料理でした。


===
【オーダー】
Prawn Noodle 3,300MMK≒231円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ミャンマー料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ミャンマー料理

Junction City内のファミレス的ステーキハウス

2019.07.30.20:15

ASTONS@ダウンタウン西部
ステーキ


今回宿泊したパンパシフィックヤンゴンに隣接しているJunction City。
外に出ることなく行き来でき、建物として繋がっています。
0730-2 (11)

とても大きなショッピングモールです。
なお、ミャンマーではエスカレーターを歩いて上り下りする人は1人も見ませんでした。なので左右どちらかに立つという必要はありません。


上の方の階にレストランフロアがあります。
日本企業だと一風堂がありました。すごく空いていましたが。
ラーメン1杯が日本とあまり変わらない値段であるため、高すぎることが影響していると思われます。
0730-2 (12)


一角にあるステーキハウスに行ってみました。
(だんだんミャンマー料理から遠ざかっていきます・・・)
0730-2 (13)


ASTONSというお店です。
0730-2 (15)


外にも席があり、最初はガラガラでしたが、18時半くらいになると半数くらいが埋まっていました。
0730-2 (22)


店内はステーキハウスというかファミレスのような雰囲気です。非常にカジュアル。
欧米人や中国人、それとミャンマー人のお客さんもいました。
0730-2 (16)


「るるぶ」には「ミャンマーの人は牛肉を食べない」と書いてありましたが、社員の皆様にヒアリングしてみると、みんな牛肉は大好きと答えていました。
年配の人はあまり食べないそうですが、若い人にはむしろ人気があるようです。
0730-2 (21)


ステーキは牛、豚、鶏の3種類。
他にもスパゲティやハンバーガー、一品料理があります(メニューは一番下です)。
ステーキ


■ミャンマービール(3,000MMK≒210円)
0730-2 (1)

ミャンマービールは小瓶で200円少々と高めです。
ジャンクションシティはテナント料が高いのかもしれない。


■プライムリブアイ(21,000MMK≒1,470円)
0730-2 (3)

もっともステーキらしいステーキ。リブアイは日本円で1,500円くらい。
サイドディッシュが2つ選べます。


■プライムリブアイ エキストラカット(24,000MMK≒1,680円)
0730-2 (2)

25%増量のエキストラカットは1,680円。
平均月収が1.5万円ないくらいであるため、ミャンマーではかなり高級な部類となります。
(ITエンジニアですと新卒でもその倍くらいはもらえます)


フライドポテト、ポテトサラダ、野菜、味付けライスをお願いしたら、1つのステーキはダブルポテトでやってきました。
0730-2 (7)


フライドポテトはボリュームたっぷり。
味も普通に美味しいです。
0730-2 (6)


ポテトサラダは本当にポテトだけです。日本でポテトサラダというと、ちょいちょい胡瓜や人参が入りますが、こちらではポテトオンリーです。
味付けはマヨネーズオンリーという感じ。
0730-2 (5)


味付けご飯はコンソメ炊き込みご飯という感じ。
白いご飯の選択肢がメニュー上はなかったのですが、白いご飯の方が圧倒的にステーキには合いそう。
0730-2 (8)


ステーキの水準は日本の中級ファミレスくらいのイメージです。ロイヤルホストほどではありません。
違和感なく普通にステーキとして頂けます。
ソースはマッシュルームソースを選んだのですが、味が濃くなくてよかった。
0730-2 (4)


ミディアムレアでお願いした焼き加減もバッチリ。
1,500円前後であれば十分ありかなと思います。十二分にステーキとして楽しめます。
0730-2 (9)

前回の訪問でもステーキを食べましたが(Onyx)、雰囲気はあちらが上ですがステーキの味はこちらの方が上かなと思いました(ただ、Onyxは半分くらいの値段です。雰囲気は抜群なのに)。

サイドディッシュのボリュームが半端ありませんので間違いなくお腹いっぱいにはなります。
ミャンマーでステーキが食べたい時にはオススメです。

===
【オーダー】
上記の通り 2人で67,800MMK≒4,746円


■スパゲティ/ハンバーガー
スパゲティ、ハンバーガー

■一品料理
一品メニュー

■ドリンク
ドリンク

■ワイン
ワイン



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[ステーキ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ステーキ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る