FC2ブログ

選んだものがよくなかったか

2019.08.01.13:29

Sarangchae KOREA FOOD CAFE@レーダンセンター近辺
韓国料理


毎朝タクシー通勤をしているのですが、ミャンマーでタクシーを呼ぶ場合、Grabというアプリを使わない手はありません。
Grabなしではタクシーに乗れ、、、ないことはないのですが、値段交渉も不要ですし現地の方と同じ価格で乗ることができます。

使い方は簡単。行き先を入力するとその時点で金額が決まります。
雨が降ったり、渋滞すると同じ距離でも自動的に金額が上がります。どういう仕組でやっているのか興味があります。

すると1分もしないうちに「行きます」と手を挙げてくれるタクシーが見つかります。
0801-1 (1)

通常は1分もしないうちに、それこそ10秒くらいで手を挙げてくれるのですが、雨が降っていたりするとダメです。
45分待ったこともあります。

また、来てくれるタクシー運転手の評価が低い場合は断ることもできます。
★5ではないタクシー運転手は、なかなかやばい場合が多いです。運転が異様に荒いとか。


ドライバーが見つかると、チャット機能で簡単なやり取りをします。
ブログ等を読むと「電話がかかってくる」こともあるようですが、Facebookと連携しているので顔的に名前的に外国人ということがわかりますので、電話がかかってきたことは1度もありません。
0801-1 (2)


目的地まで連れて行ってもらったら、評価を入力しておしまい。
0801-1 (3)

突然Grabアプリの使い方情報ですみません。
日本もタクシーに乗る時点で金額が確定すればいいのにと本当に思います。


お昼ごはんはゾウさんと韓国料理のお店に行きました。
前回の訪問で食べた、ロッテホテルの韓国料理は本当に美味しかった。
0801-1 (4)


トッポギのような料理が置いてあります。
店員さんはミャンマーの女性が2名体制でした。
0801-1 (7)


メニューはこちら。値段は200円前後と大変リーズナブルです。
わたしの韓国料理ベンチマークメニューのユッケジャンはありませんでした。
1


店内は非常に簡単な作りです。店名にカフェとありましたので、そういうことのようです。
お客さんは1人もいませんでした。あとから来ることもありませんでした。
0801-1 (7)


お釣りがないという理由で無理矢理オーダーすることになってしまった謎の食べ物。
完全に見たことのない食べ物です。
0801-1 (9)

竹輪とはんぺんが合わさったかのような食べ物です。


トッポギラーメンみたいなメニューにしました。
ぱっと見は完全に韓国料理です。
0801-1 (10)


トッポギが、、、あまりに甘すぎます。確かにトッポギは甘めの食べ物でありますが、こんなに甘いトッポギは初めて食べました。
ものすごく甘くて、そして異様に辛いのです。辛さはダイレクトにビリビリビリビリと攻めてきます。
すごい甘くてすごい辛い食べ物。
0801-1 (12)

どちらも辛いですが、食べ進めるのを躊躇させるのは甘さの方でした。


韓国料理で麺というとインスタントの麺という点は日本の韓国料理と同じスタイルですが、いくらなんでも甘過ぎで半分も食べることができませんでした。
0801-1 (13)


ゾウさんは黒い麺を頼んでいたのですが、ゾウさんも食べられておりませんでした。
0801-1 (11)

オーダーした品がよくなかったのかもしれません。
ロッテホテルの韓国料理は劇的に美味しかったので。ロッテホテルですが。。。そもそも本場資本ですが。。。


===
【オーダー】
Rabokki 3,000MMK≒210円
Jajangmeyeon 3,500MMK≒245円



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

[韓国料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 韓国料理

さくら水産くらいと思うとイメージしやすいと思います

2019.08.01.21:19

武士道@ダウンタウン北部
和食


ミャンマー出張恒例の、みんなでディナー。
前回はステーキハウスに行きましたが、今回は和食が食べたいというので、その名も武士道という和食屋さんに行きました。

雨が降っていたのでタクシーが40分くらい捕まらず苦労して到着。
0801-2 (1)


2階の個室に通して頂きました。
1階は日本の普通の居酒屋のような雰囲気でした。オーナーさんでしょうか。日本人のおじさんがいたように思います。
0801-2 (2)


店員さんは簡単な日本語は話せます。
話せるというか、メニュー聞いたり、あとは簡単な挨拶など。ギリギリN3くらいかなーと思いました。
0801-2 (11)


クレジットカードだと5%の手数料がかかります。
日本語なのでスイスイ読めます
0801-2 (13)


名物料理メニュー。和食というか日本でよく見るメニューが並んでいます。
ハンバーグ、エビチリ、餃子など、純和食という感じではありません。
名物

1つツボに入りましたのは「懐かしのナポリタン」です。
ミャンマーの人にしてみると懐かしという感覚はないはずなので、なんだか面白く感じました。


米は日本国産、玉子はミャンマーですが契約農家、水は精密ろ過器を通していると。
日本人が訪れてもお腹を壊す心配は低そうです。
食材


料理が運ばれてくると、食卓はまるで日本の居酒屋にいるような雰囲気になります。
0801-2 (23)


料理が来るたびに写真を撮るため、オフ会のような光景になります。
いつも写真を撮るわけではなく、和食が珍しいから写真を撮っています。
0801-2 (18)


■ミャンマービール(2,500MMK≒175円)
0801-2 (10)

ビールは外食ではポピュラーな2,500MMK。
一番搾りも選べます。


■枝豆(2,500MMK≒175円)
0801-2 (15)

枝豆175円。日本よりは結構安いです。
味は日本の庶民的なお店の枝豆と遜色ありません。


■ほっき貝刺身(7,000MMK≒490円)
0801-2 (14)

今回3つ刺身を食べましたが、もっともコンディションがよく日本で食べる味にだいぶ近いです。
さくら水産で食べるお刺身をイメージすると味の想像がつきやすいかもしれません。


■帆立刺身(10,000MMK≒700円)
0801-2 (16)

帆立は700円と高めですが、かなり美味しくないです。
ミャンマー人で初めて刺身を食べる人は、気を使って「まあまあ」と言っていましたが、これを帆立の刺身とは思ってほしくないなあと思いました。
固くて味ないです。帆立の甘さは全然ありません。挟んである柑橘の味だけがします。

なお、びびって食べられない人もいました。怖いと言って。


■まぐろ刺身(12,000MMK≒840円)
0801-2 (24)

840円もする鮪の赤身。これが一番日本で食べる刺身と程遠いポジションにいました、
味が一切ありません。目をつぶって食べたら鮪とは気が付かないと思う。


■雲仙ハム(10,000MMK≒700円)
0801-2 (17)

厚切りのハム。普通に美味しいハム。
日本の普通の居酒屋で食べるハムよりも美味しいと思います。


■鉄板BIGポークジンジャー(15,000MMK≒1,050円)
0801-2 (19)

なんともボリュームたっぷり。生姜焼きですが、とろみが付いていて、また味も日本でよく出会う味と何かが違います。
何が違うのか。。。生姜は結構効いています。

大にしたのですが、普通サイズでよかった。


■鯖味噌煮(7,500MMK≒525円)
0801-2 (21)

臭みを消すためなのか、タレが非常に濃いです。どろっとした黒い色の鯖味噌。
味はまずまず鯖味噌ですが、色だけでなく味も濃すぎます。
鯖自体は肉厚でなかなか美味しかったですが、ものすごく強力な骨があるので注意が必要です。


■つくね(1本2,000MMK≒140円)
0801-2 (22)

つくねは私は食べませんでしたので味はわかりません。
1本140円なので日本の安めの居酒屋と同じくらいの値段です。


■ざるそば(5,500MMK≒385円)
0801-2 (25)

ゾウさんが〆で食べていました。
味はわかりません。


■塩ラーメン(6,000MMK≒420円)
0801-2 (26)

女の子たちが〆で食べていました。
味はわかりませんが日本に4年住んでいたテリーさんが「麺が柔らかいけど味は美味しいと言っておりました。

ミャンマーにいながら、ある程度和食を、、、和食というか日本の居酒屋体験をすることができます。
値段は全般的に高めなので、日本人によく利用されているようです。
0801-2 (20)

日本に来たら美味しいお刺身を食べに行こうという約束をしました。

===
【オーダー】
上記の通り 1人2,000円くらい


■ドリンクメニュー
ドリンク

■串/一品料理/鍋
串、一品なべ

■前菜/肉/野菜/魚
前菜、肉野菜さかな

■炭水化物
炭水化物

■オススメ
おすすめ

■壁に貼ってあるメニュー
壁



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

日本の豚骨ラーメンとは程遠い

2019.08.02.12:35

ラーメンモンスター@レーダンセンター
ラーメン


レーダンセンター。会社の近くにある大きな建物。
ヤンゴンにいる人には誰にでも通じる建物の1つではないでしょうか。
0802-1 (1)

今日はレーダンセンターにお昼ごはんを食べにやって来ました。


レーダンセンターはショッピングモールとオフィス、そして地下にレストランがあります。
ショッピングモールは完全ミャンマー仕様で、観光客向けにはなっていないです。
何度目かの訪問であれば、むしろレーダンセンターの方が楽しめるかもしれません。
0802-1 (2)


地下のレストラン。とても人気のあるカレー屋さんだそうです。
しかし今日はここではありません。
0802-1 (4)


ラーメンモンスター。なかなかの名前です。ラーメンモンスターか。
調べてみたところ、日本に「ラーメンモンスター」という名前のラーメン屋さんはなさそうでした。
0802-1 (5)


味でいうと豚骨、スパイシー、つけ麺、冷やし中華、カレーラーメン、キムチラーメン、焼きそばラーメン?があります。
よく見るとうどんも、丼もあります。
なかなかバラエティに富んでいます。
0802-1 (6)


店内はフードコートみたいな感じの作りです。
ミャンマーでは日本人に会うことはほとんどありませんが、ラーメンモンスターでは1人見かけました。
0802-1 (7)


壁には謎のキャラクターが書かれています。このキャラクターがラーメンモンスターなのかもしれない。
0802-1 (9)


卓上には辣油、七味、胡椒。これはまあ普通。
さらには大蒜と赤唐辛子が漬けてある謎のトッピングがあります。
0802-1 (8)



■豚骨ラーメン(4,300MMK≒301円)
0802-1 (13)

ラーメンが到着しました。メニュー一番左上にあった豚骨ラーメンにしました、、、が、

香りというか匂いが全然豚骨ラーメンではありません。
動物系のスープというのはわかるのですが、方向はどうあれ美味しそうなスープの匂いじゃない。
0802-1 (14)


叉焼はどかんと豪快に入っていますが、少々固めで味濃いめ。
日本で出てきたら驚く味かもしれません。ただスープの匂いも独特であるため異次元感はあります。新発見というか。
0802-1 (15)


他には木耳、もやし、葱。
木耳は豚骨ラーメンだから入っている模様。
0802-1 (16)


デフォルトのラーメンでも玉子が入っています。
しかも予想に反して味玉です。そして味がすごく濃い。叉焼も玉子もすごく味が濃い。
0802-1 (20)


叉焼と玉子はすごく味が濃いですが、スープは一転ものすごくシャバシャバです。
ここでバランスをとっていたか!
0802-1 (17)


温度はぬるいですし、コクはまったくありません。出汁の風合いが全然ありません。
日本で出てきたら腰を抜かすかもしれません。
0802-1 (18)


麺は見るからに美味しくなさそうなのですが、やっぱりそうでした。
なんだこの麺は。小麦粉を使っているだろうか。
0802-1 (19)


つけ麺も豚骨ラーメンと同じ4,300MMKです。日本円で300円くらい。
0802-1 (10)


魚粉が乗っていてそれっぽくはなっていますが、豚骨ラーメンに負けず劣らずシャバシャバに見えるつけ汁。
これで麺につけ汁は絡むのだろうか。
0802-1 (11)


麺は恐らく豚骨ラーメンと同じではないでしょうか。
見た目だけなら日本蕎麦に見えます。
0802-1 (12)

全然日本のラーメンと違いますし、違うだけならまだ問題ないのですが、全く美味しくなく、これを日本のラーメンと思って欲しくないなあと思いつつも、結構人が入っていたのでこれはこれでよいのかもしれない。


===
【オーダー】
豚骨ラーメン 4,300MMK≒301円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ミャンマー国内No1との名声高いイタリアン

2019.08.02.22:14

E'cucina Italian Restaurant@ダウンタウン中心部
イタリアン


ミャンマー勤務最終日。雨季ということもあり雨。
今回は1週間の滞在で雨は3日ほどでしたが、1日中降っていた日は1日もありませんでした。
また気温は30度行かず、クーラーを付けないこともありました。

日本の方がよほど暑い。

雨自体は特に問題ないのですが、とにかくタクシーを捕まえるのが大変です。
Grabでタクシーが見つかったとしても、数百メートル以内にいるにも関わらず渋滞で30分くらい待ちました。
0802-1 (1)


最終日はダウンタウンにあるイタリアンのお店に行ってみました。
イタリア人のシェフがやっているという本格イタリアンと聞いています。
0802-1 (27)

立派な車寄せがあり、入ろうとするとドアマンの方が開けてくれます。


異様に天井の高い立派な空間。
0802-1 (30)


上はホテルだろうか。ドアマンもいるし。
超高級ホテルを思わせる建物でした。
0802-1 (31)


E'cucinaというお店です。こんな立派な建物に入っているだけあり、当然に高級店です。
0802-1 (27)


入口脇にはワインセラーがあり、恐ろしいほどの数のワインが揃っています。
想像していたより、よほどとんでもないお店のようです。
0802-1 (28)


入ってすぐの場所にカウンター席がありますが、恐らくご飯を食べる場所ではありますまい。
0802-1 (26)


すごく綺麗で立派でお洒落なお店です。
六本木ヒルズとかの中のお店みたいな雰囲気。六本木ヒルズのお店は1つも行ったことがありませんが。
0802-1 (25)


ミャンマーにいることを忘れます。
日本なら1人2万円では許してもらえない感じのお店になってしまうと思います。
0802-1 (15)


いろんな種類の席があります。そしてすごく空いています。
韓国人の6人組がいたくらいです。
0802-1 (7)


予約をしたら窓際の席を予約してくれました。
ミャンマーでは「1週間も前に予約をするとお店の人が忘れちゃうから、数日前くらいに予約したほうがいい」と言われますが、このお店は大丈夫なんじゃないか。大丈夫と信じたい。
0802-1 (23)

なお予約をしたのは前日です。


店員さんは欧米の方も少しいましたが、基本はミャンマーの方でした。
0802-1 (8)


メニューはイタリア語と英語で記載されています。
もしかするとミャンマー語のメニューもあるのかもしれません。
0802-1 (3)

前菜1,000円~2,000円くらい、パスタは1,500円~2,000円くらい、メインは3,000円~4,000円くらい。
日本でいうと高級店とまではいかないですが、まずまず高いお店というくらいの価格帯でしょうか。

他のメニューは一番下に掲載しました。


自動的にグリッシーニとパンが運ばれてきます。
パンはよくイタリアンで登場するタイプのパンです。日本にいるみたい。
0802-1 (9)

オーダー後、お店の方がもう1度戻ってきて「このくらいの金額になるが問題ないか」と確認が入りました。人生初の確認ポイントです。
支払えなさそうに見えたのかもしれない。。。ちゃんとした格好をしていったつもりなのですが。。。


■スパークリングワイン($9.09≒972円)
0802-1 (10)

スパークリングワインはすごく美味しい。
1,000円弱と価格は日本にいるのと変わらないですが、日本の普通のお店以上に美味しいです。


■白ワイングラス($9.09≒972円)
0802-1 (17)

白ワインも見事。あのワインセラーは本物でした。
日本で気軽に飲むワインとは比べ物にならないレベルです。きちんとしたお店で本気で飲む白ワインの味がしました。


■赤ワイングラス($7.36≒787円)
0802-1 (16)

赤ワインも言うに及ばず。ワインが素晴らしい品揃えであることはよくわかりました。
注いで頂く量もイタリアクラス。日本よりずっと多いです。

ドリンクは100%間違いなさそう。


■Caprese($10.82≒1,157円)
0802-1 (11)

カプレーゼ。美味しい。こんなに美味しいモッツァレラチーズがミャンマーで食べられるなんて。
イタリアから空輸していることは間違い無さそうです。


■Antipasto($22.51≒2,408円)
0802-1 (12)

前菜の盛り合わせは凄まじい量で登場。こんな量であるならばカプレーゼは不要でした。
初見だったので量の見極めがまったくできませんでした。

日本であれば2人で訪問してカプレーゼとこちらをオーダーしたら「カプレーゼいらないかも」とアドバイスしてくれそうですが。
ただとにかくチーズが美味しい。まるでイタリアです。
0802-1 (14)

生ハムはほわほわの仕上がり。日本でもあまり出会えない美味しい生ハムでした。
他の前菜も1つ1つが味がしっかりしながらも塩気が強くありません。マリネは大蒜が効いていてよかった。
0802-1 (13)

前菜に感動していると事件が起こりました。

前菜の次に、、、なんとパスタ、リゾット、メインの肉料理が同時に運ばれてきたのです。なんだこれは。
ミャンマーなので仕方ないか、、、と思いつつも、オーナーシェフがイタリアの方なのであれば、もう少し気を配ってくれても、、、と思わざるを得ませんでした。

居酒屋じゃないんだから同時に全部持ってこないで欲しい。


■Spaghetti alla sopressata Toscana($16.45≒1,760円)
0802-1 (18)

麺は大変茹で過ぎでぐにょぐにょ。大いに茹でまくったか、あるいは完成してずっと置いておいたか。
さらに驚くのは味付けで、目をつぶって食べたら焼きそばだと判断しそうです。

ドライサラミのスパゲティのはずなのですが、間違いなくイタリア人のオーナーが作ったのではないと思います。これを作った人はイタリア料理のスパゲティを食べたことないに違いないと思いました。
0802-1 (19)

とてもではありませんが全部食べることは不可能でした。


■Risoto Snow Fish($16.88≒1,806円)
0802-1 (20)

チーズの加減がよく、ローズマリーが効いたリゾット。ちょっと味が強すぎでしたがイタリアンの味のリゾットで、こちらは問題ありませんでした。
パスタは誰が作ったんだろう。。。リゾットとパスタの完成度の違いがすごすぎて驚く。
0802-1 (21)


■Beef Rossini($37.23≒3,983円)
0802-1 (22)

荒々しい牛肉。非常に野性味が溢れている牛肉でした。
ただ焼きは完璧で、見事な柔らかさです。ソースは大蒜炸裂でした。

フォアグラがかなりよくありませんでした。とても固く、よくないレバーみたいな風味で臭みもあります。

お店の雰囲気とワインと生ハムは日本の高級店クラス。
パスタは今回は何かの手違いだとして、パスタを除いた料理は日本の中の上くらいの感じ。
料金は1人9,000円くらいでした。これを高いと見るか安いと見るかはなかなか難しいところです。

もう1度訪問して違うメニューを食べてみたいなと思います。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で259,200MMK≒18,144円


■メニュー表紙
0802-1 (2)

■ピザ/ドルチェ
0802-1 (4)

■グラスワイン
0802-1 (5)

■赤ワイン
0802-1 (6)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

パン パシフィック ヤンゴンの紹介

2019.08.02.22:25

前回のミャンマー訪問ではロッテホテルに滞在しましたが、今回はパンパシフィックにしてみました。

ロッテホテルはインヤー湖の湖畔にあり、ダウンタウンからはタクシーで20分くらいの場所で、ロケーション的に便利とは言えませんでしたが、パンパシフィックはダウンタウン西部の超便利な場所にあります。
0802-3 (25)

ジャンクションシティという大型商業施設に隣接していますし、ボージョーアウンサンマーケットも道路挟んで向かいという好立地。


ロビーの雰囲気。完全に高級ホテルです。天井がバカ高い。
0802-3 (2)


受付でチェックイン。ホテルの方は皆さんとても優しく、嫌な思いをする可能性はないでしょう。
英語ももちろん通じます。
0802-3 (3)


ウェルカムドリンクとおしぼりが提供されます。
0802-3 (4)


廊下。なぜか各階のエレベーターホールが灯油のような匂いがすることだけが気になりました。
0802-3 (23)


ドアを開けて見える室内。
0802-3 (5)


デラックスルームという一番安いタイプの部屋。1泊1室1.2万円ほどです。
広さは30平米よりもうちょっとあるくらいでしょうか。
0802-3 (6)


申し分ない広さ、綺麗さ。日本の家にいるのと変わらないくらいの快適さです。
0802-3 (7)


窓からの眺め。13階からです。
0802-3 (13)


シングルベッドが2つ。
0802-3 (8)


寝心地は最高です。家では西川のAIRで寝ていますが、AIRを凌駕する寝心地です。
ベットマットがものすごく厚いのがよいのかもしれない。
0802-3 (9)


くつろぎソファスペース。毎晩ここでワインを飲みます。
0802-3 (10)


しませんが仕事をしたり、わたしはしませんが化粧をしたりできるスペース。
なおネット回線がものすごく早いです。
0802-3 (11)


スーツケースも2箇所置く場所があり大変便利。
0802-3 (21)


空調はセントラル式ではなく自由自在にコントロール可能。
0802-3 (28)


テレビはNHKが映ります。
0802-3 (12)


ペットボトルは毎日補充してくださいます。
何より有り難いのは、立派なワイングラスがあることです。これによりワンランク上のワイン晩酌を楽しむことができます。
冷蔵庫の冷えが弱い点は数少ない弱点の1つです。
0802-3 (14)


なお、隣のジャンクションシティ内のスーパーでミャンマーワインを買って2晩連続で飲んだのですが、とてもではありませんが飲める味ではありませんでした。
薬みたいな味がするのです。
図1


というわけで、前回飲んだミャンマーワインのこのシリーズがやっぱり最高に美味しかったのですが、、、
図2


よく見たら南アフリカのワインでした。。。
0802-3 (34)

生産は南アフリカで、その後流通なのか何なのかわかりませんが、途中からミャンマーの会社がやっているワインということでした。
「Myanmar OF PRIDE」というコーナーにあったので、てっきりミャンマー産のワインかと思っていました。


なお、ミャンマーはラムが異様に安いです。
720mlのボトルで150円くらいです。
0802-3 (30)


次に水回りを紹介します。

洗面台。でっかく映る鏡があります。
0802-3 (16)


バスタブ。とても大きく大変快適です。すごく綺麗ですし。
浴槽で足を完全に伸ばせるという点は家よりもよかった。
0802-3 (15)


なお浴室は部屋から丸見えですが、
0802-3 (20)


ブラインドを下ろせば見えなくなります。
0802-3 (22)


浴室の反対側にはシャワースペースとトイレがあります。
0802-3 (17)


シャワーの勢いが弱い点が数少ない弱点かもしれない。
絶望的なほど弱いわけではないのですが、やや心もとない感じです。
0802-3 (18)


アメニティはこちら。
0802-3 (31)


トイレ。ウォッシュレットはありません。
とても綺麗なので家にいるときと変わらず用を足せます。大きなものが出なくなる心配は少ないと思います。
0802-3 (19)


最後にプールを紹介。
ギリギリまでプールで、アドベンチャー感があります。
0802-3 (26)


雨季で寒かったのでプールに入っている人はほとんど見かけませんでした。
0802-3 (27)

総じて素晴らしいホテルです。1つ1つの設備はロッテホテルが新しい分ロッテホテルに軍配が上がりますが、圧倒的な立地のよさがパンパシフィックの魅力です。

1泊1室1.2万円ほど。ロッテホテルは1.3万円でした。

ただしロッテホテルは超お買得セールみたいな時期でしたので、通常は1.6万とか1.8万します。クラブラウンジが使える部屋は。

毎回調べるたびにホテル代は上がっています。
ミャンマーが年8%の割合でインフレしているという点と、ニーズが日に日に高まっていることが原因じゃないかなと勝手に思っています。

このクラスのホテルに1万円台で宿泊できるのは、今だけかもしれません。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

全部見せますパンパシフィックヤンゴンの朝食バイキング

2019.08.03.10:46

パンパシフィックヤンゴンの朝食を文字通り全て紹介したいと思います。
前回宿泊したロッテホテルヤンゴンの記事はこちら


朝食会場は1階のダイニング。
0803-1 (1)

席数はまずまずあります。どの時間帯に行っても難民になることはありませんでした。
0803-1 (53)

席1つ1つの独立性も高く、落ち着いた空間で朝食を楽しむことができます。
0803-1 (28)


一番人気は窓際の席で、7時前半に行かないと座れません。
0803-1 (40)


こういったホテルでよくあるのが、席に着く時に「coffee? tea?」と聞かれて自動的に持ってきてくれるサービスがありますが、パンパシフィックヤンゴンではそのサービスはありません(なくてまるで問題ありません)。

自分でここからコーヒーか紅茶を取りに行きます。
(どちらの色がコーヒーか忘れました)
コーヒー


凝った飲み物が飲みたい時にはマシンもあります。
マシン


もちろんジュースも。
ジュース


牛乳だってあります。
ミルク

では、食べ物を一気に紹介します。
当時としては文字通り全部紹介できていると思います。

パンが豊富です。クロワッサンなど。
クロワッサン


甘いパンも。
甘いパン


デニッシュも種類が豊富。
デニッシュ1


パンはどうやら厨房内で焼いているようでしたが、味はそこまでよくはありません。
デニッシュ2


美味しくないということもないのですが、ロッテホテルには遠く及びません(ロッテホテルは日本の高級ホテルクラスです)。
ハード系


パンに付けるジャム。
ジャム


パン以外の炭水化物では、まずお粥がある。
お粥


お粥の具もいろいろな種類が揃っています。
何のお粥にするかはあなた次第。
お粥の具


麺コーナー。すごく人気があっていつも人だかりができていました。
麺コーナー


麺自体の種類がたくさんあるので好きな麺を選びます。
麺


麺を選んだら自分で好きな量を丼に入れます。
太麺

麺に入れる、火を通す必要がある具も、一緒に丼に入れます。
茹でる


丼をお店の人に渡すと茹でてくれます。
麺担当


茹で終わったら丼を受け取り、火を通す必要のない具を好きなだけトッピングします。
麺トッピング1


さらには自分好みの味付けをします。
デフォルトでは弱めの出汁の味しかしません。
麺味付け


麺だと他に焼きそばがありました。
焼きそば


炒飯も。
ミャンマー炒飯


巻き寿司だって。炭水化物はかなり充実しています。
巻きずし


白いご飯があって、カレーもあります。
カレー


麺同様いつも混んでいるのが玉子コーナー。
オムレツ場


好きな玉子料理を選んで伝えます。
腕前は、、ロッテホテルの方がだいぶよかったですが、ダメというほどでもありません。問題は全然ありません。
玉子メニュー


ベーコンなど。
ベーコン目玉焼き


ソーセージやトマト。コンチネンタルブレックファーストを作れる。
ソーセージやトマト


ハムや野菜。
ハムと野菜


焼く必要のある素材。
焼いてくれる


鉄板コーナーに人がいると焼いてくれます。
人がいる確率は5割ほどでした。
焼いてくれる人


フルーツもあります。ミャンマーは暑い国ですから。
フルーツ


チーズ。輸入品かも。
チーズ


ヨーグルトで乳酸菌補給。
ヨーグルト

以上がバイキングコーナーの全てです。
1週間滞在しましたが、朝食が飽きることはまったくありませんでした。


コンチネンタルブレックファースト風にしたり。
玉子やパンはもうひとつですが、ベーコン、ハム、ソーセージ類は美味しいので成立します。
0803-1 (24)


スクランブルエッグと麺にしてみたり。
ヨーグルトは毎日欠かさず食べていました。いろんなジャムを添えて。
0803-1 (36)


玉子はスクランブルエッグよりもオムレツの方がまだよかったです。
0803-1 (37)


麺は出汁が弱いので自分でしっかり味付けしたほうがよいです。
ある日はパクチーをどっさり入れたのですが、出汁が弱いのでパクチーの味がダイレクト過ぎました。
0803-1 (38)


ごりごりの太麺を選んでみましたが、出汁の弱い鶏ガラスープには合いませんでした。
細麺もあったのですが、細麺はあまりにも細すぎで、中間の太さの麺があればよかったですが。
(違う日はありました。日によって麺の種類が変わります)
0803-1 (39)


目玉焼きとお粥にしたり。
0803-1 (51)


お粥は醤油を少々といろんなトッピングで味と食感を楽しみます。
お粥オススメです。
0803-1 (52)


炒飯は薄味ですが逆にそれがよかった。パクチーをたっぷり添えて。
0803-1 (56)


ミャンマー朝食の定番、モヒンガと玉子。
0803-1 (59)


モヒンガは鯰(ナマズ)で出汁をとった麺料理です。
ミャンマーでは朝食でよく食べられるようです。
0803-1 (60)

夜食べたいと言ったら「モヒンガは朝食べるものでしょ」と言われました。
日本でいうと何に近い感覚なのか。。。

モヒンガもロッテホテルの方が美味しかったかな。
モヒンガは極細の米粉麺で頂きます。
0803-1 (62)

麺はやはり中細麺くらいが美味しかった。
0803-1 (67)

以上です。

総じて美味しく、また種類も申し分ないので、1週間かそこらで飽きる心配はありません。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 洋食

ヤンゴン国際空港内のラーメン屋さんとANA814のフライト

2019.08.03.20:44

山小屋@ヤンゴン国際空港
ラーメン/カレー


ダウンタウンからヤンゴン国際空港までタクシーで35分。
ただ、ミャンマーは1度大渋滞が発生すると大変なことになるので、空港に行く場合はかなり余裕を持ったほうがよいです。
0803-2 (3)

なお、35分タクシーに乗って700円しないくらいです。


わかりにくくて毎回探すのですが、全日空はFの場所にあります。もう覚えた。
0803-2 (1)


2階の出発ロビーへ。
0803-2 (2)


4階の空港ならではのブランドショップ売り場。
ANAの成田行きの便は21時過ぎ出発ということで、もうほとんど空港内に人は残っていません。
0803-2 (4)


非常にがらーーーんとしいるうえに、大変広いのでなかなか寂しい雰囲気。
0803-2 (5)


全然人がいない中、4階の一角にあるレストランが集まっているスペースだけ少し活気があります。
0803-2 (6)


レストランが集まっているといっても4店舗あるだけですが。
前回はバーガーキングで食べました。
0803-2 (13)


和食というかラーメン屋さんの山小屋というお店でご飯を食べることにしました。
ヤンゴン行きもヤンゴン発もANA便のご飯は全然美味しくないことは分かっているため、力いっぱい食べても問題ありません。
0803-2 (7)


ラーメンメニュー。看板メニューの山小屋ラーメンは$7.9、つまりは845円です。
日本で食べる豚骨ラーメンでデフォルトメニューで845円するお店はなかなかありません。つまりは日本で食べるよりも高いということになります。
0803-2 (14)


こちらのお店の昭和ラーメンというメニューはラーメン甲子園なる大会で優勝しているらしい。
しかしラーメン甲子園なる大会はまったく聞いたことがありません。そしてメニューには昭和ラーメンというメニューはありません。
0803-2 (14)


ラーメンにしようかな、、、と思って上を見上げると、なんとカツカレーがあるではありませんか。
なぜかものすごく惹かれまして、気付いたらカツカレーをコールしていました。
0803-2 (9)


フードコート形式なので調味料はお店の前にあるので、餃子などがある場合はここでタレを作っていく必要があります。
0803-2 (10)


注文するとこの機械が渡されます。調理が終わると音が鳴るのでお店に戻って受け取りを済ませます。
0803-2 (12)


席はフードコート内のどこに座っても大丈夫です。
0803-2 (11)


隣なので主にバーガーキングのお客さんが座っていることが多いですが、こういう綺麗な席もあります。
前回来た時には欧米人が寝ていた気がします。
0803-2 (15)


カツカレー(スープ付き)と餃子がやってきました。すごいご馳走である。
0803-2 (16)


■カツカレー($9.9≒1,059円)
0803-2 (19)

カツカレーは衝撃の1,000円超え。ミャンマーで食べたどの料理よりも高い。さすが空港。


カレーですがまず注目したのは米です。
米の種類はミャンマー米ではなさそうです。かといって国産米とも思いにくいですが、古米、古古米などであれば考えられます。
美味しいとまではいきませんが、日本っぽいお米ではあります。
0803-2 (24)


カレーは日本のカレーの味がします。
30年前のスキー場で食べるカレーくらいの味にはなっています。給食よりは下くらいの感じ。並のレトルトカレーくらいです。
0803-2 (21)

辛さはまったくなく、市販のレトルトの甘口くらいの味わいです。


トンカツはぱっと見は普通のトンカツに見えますが恐ろしいほど固いです。
こんなに固いトンカツは久方ぶりに出会いました。
0803-2 (20)


こんなに薄いのにこんなに固いなんて。どうやったらこのトンカツが作れるのか逆に興味があります。
0803-2 (22)

カツカレーにする必要はないかなと思います。
ただ、メニューにはカレーはなく、カツカレーしかありません。カレーが食べたい場合は強力に固いトンカツがもれなく付いてきます。


カレーにはなぜかスープが付いてきます。完全にラーメンに使っているそのままのスープではないかと思われます。
味は「うまかっちゃん」のスープに似ています。つまり味は問題ありません。
0803-2 (17)


カレーと豚骨スープという組み合わせが新鮮です。
0803-2 (25)


■餃子($4≒428円)
0803-2 (18)

餃子も食べてみました。428円。ぱっとみの雰囲気と値段を考えると、やはりこちらも日本以上の値段といえそうです。

餃子は冷凍餃子くらいの感じです。つまり味は問題ありません。
少し冷凍臭い臭いが気になるくらいで、基本的には問題ありません。
それと何やら下味が付きすぎており、若干焼売のような風合いにも感じます。
0803-2 (26)

完成度はカレーのほうが高いかなと思いました。

カレーのせいなのか、餃子のせいなのか、豚骨スープのせいなのかわかりませんが、食後に非常に喉が渇きました。
日本で食べるようなものが食べてみたいと控えめに考えている場合には、十分満足できると思います。


21時45分にヤンゴンを出て朝6時45分に成田に到着するANA814便に乗り込みます。
恐らく777や787よりもエコノミーの座席は狭く、かなり厳しいフライトとなります。前も寝れませんでしたし、今回も一睡もできませんでした。
0803-2 (1)

映画を見るにも画面が小さすぎて没入感が全くありません。


離陸1時間でドリンクが配られます。ビールとワインを飲みましたが、それでも寝れない。途中から寝ることは諦めました。
0803-2 (2)


食事メニュー。朝食です。
離陸から5時間後、到着まであと2時間弱のところで提供されました。
0803-2 (3)


朝食なのでとても質素です。食べなくても問題ないのですが、やることがないので食べます。続けていると太りそう。
0803-2 (4)


鶏肉と野菜煮。味はとても普通です。
0803-2 (6)


プレーンオムレツグリルベーコン添え。
0803-2 (5)

タイトルはお洒落ですが味はこちらもとても普通です。

JAL便が飛んでくれると最高に嬉しい。


===
【オーダー】
カツカレー $9.9≒1,059円
餃子 $4≒428円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

[カレー]

theme : カレー
genre : グルメ

tag : カレー

1976年創業の凄み

2019.08.05.13:44

五右衛門@台場
イタリアン


ミャンマーから戻って月曜から出勤。まずは台場で打ち合わせ。
日本に戻ってきて、その天気のよさ、気温の高さに驚きます。
0805 (1)

雨季とはいえミャンマーのほうが涼しく過ごしやすいとは。


新橋まで出ようかとも思ったのですが、あまりに暑いのでアクアシティに避難します。
0805 (2)


いつもは5階のラーメン国技館に行きますが、趣向を変えてたまには6階に行ってみることにします。
台場には8年間通っていますが、アクアシティの6階でご飯を食べるのは初めてです。
0805 (3)


9年ぶりに五右衛門に行ってみることにしました。
0805 (4)

過去の五右衛門の記事はこちら。
・2009年5月4日 カルボナーラ@新大阪店
・2010年5月25日 カルボナーラ@西新宿
・2010年10月27日 カルボナーラ@原宿

全部カルボナーラではないか。


海外旅行客の多い台場ですが、ディスプレイがあるのでメニュー選びも安心です。
海外旅行でも言葉が通じない場合、これが欲しくなります。
0805 (5)


店内はとても空いていました。
台場は空いているときと混んでいるときの差が激しい。修学旅行生がいると大変な賑わいとなります。特に国技館。安いので。
0805 (6)


五右衛門は1976年創業でしたか。。。同じ年です。
そんな前からやっているとは。すごいお店だ。
0805 (8)


パスタの種類は25種類もあります。すごい数だ。43年かけてだんだん増えていったことでしょう。
値段も全て1,000円以上で、セットにすると税込だと1,500円クラスになります。
0805 (7)


大衆的っぽくありながら、実は客単価は1,000円以上を余裕で叩き出すことができる点が五右衛門のすごさといえそうです。
880円でやっていたら、とうに消滅していたことでしょう。
0805 (9)

1,500円弱払ってもランチでふらっと入る気になる味。しかもプロの調理人でなくてもその味が出せるプロセス。
変わらないメニューは全然変わらず、新しいメニューはそれはそれであると。

すごいぞ五右衛門。今日も税込で1,490円使うことになりました。


3連続カルボナーラだったので、ジェノベーゼにしてみました。
大盛り&サラダ&ドリンクが付くメンズセットで。
0805 (12)


10年前に餡子隊長が食べたときと全く変わっていないメニュー。
レギュラー入りすると長いようです。
0805 (13)

上に乗っている葉がバジルでないところもコスト削減方法がうまい。しかし1,000円超えているならバジルが乗っていて欲しい。


味はブレがなく安定していて普通に美味しい。家で自分で作れるくらいの味ではありますが、わりと料理をちゃんとする人でないと到達できないくらいの味になっています。
高級めな市販のソースよりはずっと美味しい。
0805 (14)


箸で食べるのもまたよいです。日本人なので楽だし、たぶん箸で食べたほうが早いです。
回転率アップの効果もありそう。
0805 (15)


■ズワイガニと海老と本からすみのアーリオオーリオ(1,100円税別)
0805 (11)

知人はこちらで。

海外では韓国とシンガポールに進出しているようですが、いっそのことイタリアに出店してみて欲しい。
パスタだけを食べる習慣はイタリアにはないかもしれませんが、中国人だらけなので活路があるかもしれない。


===
【オーダー】
海老とアボカドのジェノベーゼ 1,050円(税別)
メンズセット 330円(税別)


■セットメニュー
0805 (10)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

五右衛門 アクアシティお台場店パスタ / 台場駅東京テレポート駅お台場海浜公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

牛と羊を楽しめる珍しい焼肉屋さん

2019.08.06.21:21

きんぐこんぐ@新宿御苑
焼肉


新宿御苑にある「きんぐこんぐ」という焼肉屋さんに行ってきました。
CHATTY CHATTYという人気ハンバーガーショップの近くです。
0816 (1)

外観はなかなかオーラに包まれています。


店内は外観ほどのオーラはなく、黒を基調とした空間です。
外観から漂う高級店感は少し消えます。
0816 (2)


ロールカーテンで仕切ってあり個室のような感覚で使えます。
ただ隣にお客さんが来なかったので、実際に隣に人がいた時にどのくらいの個室感となるかは分かりませんでした。
0816 (25)

店員さんは皆さん結構若めでしたが、しっかりとした対応をされていました。


焼きのスタイルはガス式です。
0816 (3)


例えばオススメメニューはこういう感じ。
牛肉は1,580円~5,800円と幅広いラインナップです。
おすすめ

一番下に他のメニューも掲載したのですが、ラム肉を焼肉として食べることができる点が特徴の1つです。
焼肉屋さんで羊の肉を置いているのは、なかなか珍しいと思います。

頂いた品々を紹介します。


■エクストラコールド(820円)/スーパードライ(720円)
図1

生ビールはアサヒで統一されていまして、エキストラコールドとスーパードライがあるのですが、2つ飲み比べたらエキストラコールドの方が断然美味しいことがわかりました。初めて2つに差を感じました。


■キムチ盛り合わせ(980円)
0816 (13)

盛り合わせは4種。
キムチは全体的に酸味が強めです。

真打ち焼肉たちです。


■特選厚切りタン(3,500円)
0816 (15)

お店の方が焼いてくれます(焼いてくれるものと自分で焼くものと両方あります)。
食べやすい大きさにカットしてくれます。
文字通り肉厚で柔らかく脂もたっぷり。

1人前が1枚だそうですので、値段を考えると立ち止まることもありそう。


■上タン塩(2,400円)
0816 (14)

やや冷凍感をまとって登場。
上タンは意外と普通に出会うタンに近いかもしれない。
勇気を出して厚切りをオーダーするのがオススメですが、費用はぐんと上がります。


■タン元ネギ塩和え(2,500円)
0816 (19)

タン3連発のトリを務めます。
普通の牛タン以上に脂がたっぷり。普通の牛タンよりも遥かにジューシーです。

ほどよい脂とほどよい歯ごたえ。ねぎ塩も美味しい。
レギュラーメニューではないのでいつも出会えるとは限りません。


■特選ハラミ(2,500円)
0816 (16)

赤身らしい美味しさ。柔らかさと味の濃さがとてもちょうどいいです。
顔色が少しよくないかな?と思いましたが味は問題ありませんでした。
0816 (17)



■手前から・・・ラム上タン(1,500円)/ショルダー(1,350円)/ラムチョップステーキ(1,400円)
0816 (21)

ラムのタンは初めて食べました。最初の食感は牛タンにそっくりなのですが、噛んでいるとどんどんラム特有の味が広がります。
タン単体としては牛タンの方が好きですが、1度は食べてみると楽しいです。

ショルダーはラム肉らしい味。ジンギスカンスタイルでなくてもすごく美味しい。
羊特有の柔らかさと脂の美味しさ。牛に疲れてきたときのリフレッシュ効果もありそう。
0816 (22)

ラムチョップはわたしの分はありませんでしたので、味はわかりませんが美味しいに決まっているでしょう。


■きんぐこんぐホルモン(1,800円)
0816 (23)

看板メニューのホルモンを食べてみました。焼いてカットしてくれます。
これが恐ろしいほどの脂の量で、脂を直接食べているような、あるいは脂を飲んでいるような感覚に襲われます。
脂にとにかく目がない人にはオススメですが、脂耐性が低いと確実に残してしまうと思います。


■地鶏セセリ(880円)
0816 (24)

ホルモンが強烈過ぎたので、対極のさっぱりした鶏で締めることにしました。

いいお肉を中心に組み立てるとなかなかお値段がいってしまいます。
新宿東エリアの他店と比べるとコストパフォーマンス的にどうだろう。。。と思わないでもありませんが、牛×羊の焼き肉が楽しめる稀有なお店です。

===
【オーダー】
上記の通り 1人10,000円少々


■肉メニュー
肉1

■一品料理
一品

■ホルモン
ホルモン

■盛り合わせ
盛り合わせ

■コース
コース

■ドリンク
ドリンク

■オススメアルコール
おすすめ酒


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

焼肉・ジンギスカン きんぐこんぐ焼肉 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[焼肉]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼肉

生パスタとサラダ(&ドレッシング)が美味しい

2019.08.07.13:21

PASTERIA LIETO@新宿御苑
イタリアン


新宿御苑の北京飯店の隣に生パスタ専門店が誕生しました。

PASTERIA LIETO。パステリアというのは造語でしょうか。
0807 (1)


メニューは3種類。週なのか何なのかわかりませんが変わるようです。
どれもMサイズは900円、大盛りのLサイズは1,100円。
「大盛り」と呼ばずに「L」と言ったほうが女性も頼みやすいかもしれない。いっそ「α(並)」「β(大)」くらいにしたほうが頼みやすさは増すかもしれない。
0807 (2)


券売機は最新鋭タイプっぽいです。
ボローニャ風がデカデカと表示されていたので、オススメなのですか?と店員さんに聞いたらそんなことはないそうです。
「3つとも平均的に出る」ということだったので、左上ポールポジションの法則を止め、大好きなクリームソースパスタにしてみることにします。
0807 (3)


白を基調とした店内はカウンター席が11。店員さんは女性2名体制。
とても女性が入りやすい、、、というか女性向けのお店に見えます。野菜もこだわっているようですし。
0807 (4)

おじさんが入店してしまいすみません。しかし女性にはない早さで食べてすぐ出ますので。


まず最初にサラダが供されますが、ドレッシングがヨーグルト、ノンオイルハーブ、ラズベリーから選ぶことができます。
女性がすごく喜びそうなドレッシングたち。そして野菜たち。
0807 (6)


サラダもオクラ、ジャガイモ、葉物といろいろ入っていて野菜単体で美味しい。
さらにはヨーグルトドレッシングが滅法美味しい。このドレッシングは買って帰りたいレベルです。
0807 (7)


オーダー後5分でパスタが到着。早い。
生パスタな上に、平べったい麺だから提供が早いのだろうか。平べったい麺にしているのは回転率アップ効果を期待してでしょうか。
0807 (8)


クリームソースは安定した味。王道のソース。このクリームソースは誰でも好きであろう。
老若男女全方位対応型。
0807 (9)


ボリュームはLで、乾麺で考えると体感120gくらいの感じです。決して多めではありません。
男性であればLにするのは必須といえそうです。そもそも男性がターゲットではなさそうですが。
0807 (10)

Lにしても具は恐らく増えないため、全体的なバランスはMの方がよさそうです。


モチモチの生麺。なかなかランチで生パスタをいただけるお店が界隈にはないので(あるかもですが知らない)、差別化もされていて美味しいし女性が1人でも入りやすいし、いい感じです。
黒胡椒があったら入れてみたかった。
0807 (12)

おっさんがラーメンのように音を立てまくって啜って食べているのが気になって仕方なかった。
外国のお客さんがいないように見えたのがせめてもの救いでした。


===
【オーダー】
ベーコンとほうれん草のクリームソースパスタ(L) 1,100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

PASTERIA LIETOパスタ / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

1000円で頂ける極上天丼

2019.08.08.13:50

玉屋@新宿御苑
天婦羅


新宿御苑駅付近、新宿通りから北に1本入った場所に雰囲気抜群の天婦羅屋さんがあります。
時間が止まったかのような佇まいです。外観がすでに美味しそうです。
0808 (1)


ランチは4種類。800円~1,100円。
ランチは、というかランチタイムしか営業していないようです。
天婦羅、ビール、ご飯という大変シンプルなメニュー構成です。
0808 (2)


店内はカウンター9席のみ。たまたまか、いつもなのか分かりませんがオールサラリーマンでした。
「毎度ありがとうございます」と言われてていたので、常連さんばかりだったのかもしれない。
0808 (4)


店員さんは男性大将と女性の2名体制。
ご夫婦かどうかわかりませんが、ご夫婦のようにも思えました。大変丁寧な接客と深々としたお辞儀が印象的でした。
0808 (3)

店内には油のいい香りが広がっています。胡麻油っぽくない香りに感じました。

飲み物は温かいお茶と冷たい水の2つが供されるという。すごい気配りです。
まだ食べておりませんが天丼が最高に美味しいことは確定したも同然です。
0808 (7)


税込1,000円の天丼が到着しました。
頂いたのは増税前なので、いまはどうなっているかわかりません。
0808 (5)


蓋が隠すように立てかけられています。恥ずかしいのかもしれない。
0808 (6)


1,000円の天丼としては異例なほど立派です。オーラもすごい。
10,000円じゃないか心配になりましたが間違いありませんでした。
0808 (8)


大きな立派な海老が2本。「てんや」などと比べると(比べるのも失礼ですね。。。)2倍以上の立派さに感じます。
揚げ上がりも完璧すぎる。
0808 (9)


がっしりとしたエリンギ、南瓜は二枚重ね式。
小さな野菜のかき揚げまで入っています。キスもいた。
0808 (10)


野菜は甘みをしっかり感じる仕上げで、キスはふわっとしています。
茄子は瑞々しいですし、全てが素晴らしすぎました。
0808 (11)

ご飯の量はちょっと少なめですが、おじさんのランチはこのくらいの量が実際はちょうどいいんだなと思いました。
一方天婦羅はかなりの量であるため、沢山の天婦羅を少量のご飯で贅沢に頂くことになります。

真っ昼間ですが猛烈にビールが飲みたくなりました。
素敵な天婦羅屋さんに出会えました。


===
【オーダー】
天丼 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

玉屋天ぷら / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 天麩羅

厚切りジェイソンならぬ厚切りかつ丼

2019.08.09.14:38

天下星@新宿御苑
かつ丼


あてもなく「お昼は何を食べようか」と考えながら新宿御苑近辺を彷徨っていたところ「かつ丼」のノボリが目に飛び込んできました。
「かつ丼」のノボリはなかなか珍しい気がします。
0809 (1)


ノボリに吸い寄せられお店の前に。
ここは以前唐揚げ食べ放題をやっていたトリローがあった場所ではありませんか。
0809 (2)


まさにかつ丼専門店でした。珍しい。かなり珍しい。
カレーもありますが、基本的にはかつ丼専門店です。
0809 (14)

お店の名前は天下星。天下に轟く星のような存在になるという意味でしょうか。


店内はトリロー時代と全く変わっていない気がしました。居抜きでしょうか。喫茶店のような作りです。
店員さんは男性と女性の2名体制でした。
0809 (6)


店内はあまり整頓されているという感じではありません。
前払いで先にお金を払ってから着席します。1,000円を超えてしまいますが、せっかくなので1,280円の厚切りかつ丼を食べてみることにします。
0809 (5)


水はセルフサービス式。
0809 (4)


卓上の調味料は一味一択です。
0809 (8)


厚切りジェイソンならぬ厚切りかつ丼が味噌汁とお新香、きんぴらを従えて到着しました。
味噌汁は激烈に薄く、一方きんぴらは非常に濃い味でした。
0809 (7)


1,280円ということで、威風堂々たるかつ丼です。1,000円は超えるものの、出会った瞬間テンションが上がります。
また午後も頑張ろうという気になります。ただ、多分食後はすごく眠くなると思います。
0809 (9)


大盛りに関する表記はありませんでしたが、ご飯は十分な量になっています。
ご飯をこれ以上増やすと、丼に入り切らないかもしれません。大盛りはあるのだろうか。
0809 (11)


不思議だったのはとんかつを揚げる音が全く聞こえなかったことです。
これだけ大きなとんかつですが、オーダー後5分ほどで登場したので揚げ置きスタイルなのかもしれません。
0809 (10)


いつ揚げたかは別として、仕上がりは完璧です。少しピンク色で豚肉のポテンシャルを最大限引き出してある塩梅に見えます。
揚げたてか、揚げ置きかは分かりませんが、コンディション的には全く問題ありません。
0809 (13)


すこーーーし豚の臭みがあるかなーという感じで、それとすこーーーし固くてキシっとするかなーという気もしましたが、十分美味しいです。タレは甘めで濃さはちょうどよかった。
玉子の熟しが進んでいるので、もう少しとろっとした部分があっても楽しいかもしれないなとは思いました。
0809 (12)

並のかつ丼を食べていないのでわかりませんが、1,280円の厚切りはオススメです。

今度はカレーを食べてみたい。


===
【オーダー】
厚切りかつ丼 1,280円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

かつ丼 天下星かつ丼・かつ重 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

横浜中華街のプロが通う名店ランキング第1位のお店

2019.08.10.21:13

東北人家@石川町
中華


横浜中華街のプロが通う名店ランキングという番組がやっており、我々もナム夫妻もたまたま番組を見ていて、その1位に輝いたお店に行ってみました。

場所は石川町。横浜球場の近く。
横浜球場ではベイスターズ戦がちょうどやっており大変な賑わいようでした。
0810-1 (1)


1位に輝いたお店がこちら。想像以上にチェーン店のような雰囲気を醸し出している外観。
テレビで見ていなければ、なかなか「行こう」とはならなかったことでしょう。
0810-1 (2)


東北人家というお店です
0810-1 (3)


1階から3階まである店内は17時45分にして大満席。
ナムさんが予約してくれていたので2階の席に待たずに通してもらえました。
テレビの影響があるのかないのか。ちなみに訪問は8月10日、放送は6月30日でした。
0810-1 (19)


メニューをみると確かに番組でやっていたように普通の中華料理とは結構違います。
定番の中華料理に混じって、聞いたことのない変わった料理が並んでいます。
0810-1 (5)

メニューの数があまりにも多すぎるため一番下に掲載しました。


■瓶ビール(500円)
0810-1 (20)

瓶ビールの銘柄はスーパードライ。サイズは中瓶です。
生ビールだとモルツになります。


■よだれ鶏(680円)
0810-1 (27)

パクチーが乗っていますがすごく量が少ないです。パクチー山盛りにしたい。パクチーがすごく合いそうなよだれでした。
辛さは全くなく、680円ですがボリュームがすごい。


■麻婆豆腐(880円)
0810-1 (21)

山椒が全く使われていないようです。また、味が非常に濃いです。東北地方は味が濃いのは中国も同じようです。
辛さはなく、むしろ麻婆豆腐ですが甘いです。味噌味が強め。
0810-1 (23)


■豚背骨ガラ肉の特製醤油煮込み(500円)
0810-1 (24)

名物料理の1つです。

毛沢東スペアリブ@シャンウェイのように手で食べるため、手袋が配られます。
0810-1 (22)

手袋をはめて手に持ってかぶりつきます。
0810-1 (34)

紹興酒と八角の風味が炸裂。
見た目は非常に大きいですが、ほとんどが骨なので食べることができる場所はとても少ないです。
0810-1 (25)


■焼き餃子(500円)
0810-1 (31)

正式名称は「豚肉・漬け白菜音ジャンボ焼き餃子」です。タイトルにはありますが、さほどジャンボではありません。

普通の餃子の味と違います。外国の味がします。この外国感は何によるものか。
スパイス使いが独特です。
0810-1 (31)

海外旅行に来た気分になる餃子でした。
ただ、個人的には慣れ親しんだ普通の焼き餃子の方が好きです。


■蒸し餃子(500円)
0810-1 (28)

蒸し餃子も正式名称は同様です。味は焼き餃子と同じです。違いは蒸しの方が白菜がシャキシャキしている点でしょうか。
どちらか1つならば焼きがオススメです。
0810-1 (29)


■干し豆腐と青唐辛子の炒め(880円)
0810-1 (30)

干し豆腐のメニューがいくつかあったので1つオーダーしてみました。
見ため的に八宝菜みたいな味かな?と思ったら大蒜が炸裂しまくる強烈な味でした。
青唐辛子が不気味に笑います。青唐辛子と大蒜の共演。

ボリュームが多すぎです。4人でも倒すのが大変でした。


■ラム肉串(1本100円)
0810-1 (33)

柔らかいラム肉。味はこちらも海外仕様。
肉厚でボリュームもあり、これで1本100円はすごすぎます。


■東北人家焼そば(722円)
0810-1 (35)

これも名物料理の1つだと思います。

すごく甘いです。東北地方も料理は甘さが特徴なのかもしれない。
ぶっ飛んだ味ではないのですが、ソースでも醤油でもXO醤でもないような不思議な味付けの焼きそば。
0810-1 (37)

麺は驚くほど柔らかいです。
昔食べたような食べていないような。懐かしいような、初めてのような。
不思議な甘い味で、序盤はあまり、、、と思っていましたがじわじわ好きになりました。
0810-1 (38)


■揚げクリームマン(680円)
0810-1 (39)

クリームとかいてありましたが白いのは練乳です。

茶色は揚げ、白は蒸しです。中に何か入っているわけではありません。
とてもシンプルな揚げ&蒸しまんじゅうです。
0810-1 (40)

東北料理とはかくなるものか。非常にクセのある料理たちでした。
上記で1人2,000円というのも衝撃的でした。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,000円


■ドリンクメニュー
0810-1 (4)

■メニュー①
0810-1 (6)

■メニュー②
0810-1 (7)

■メニュー③
0810-1 (8)

■メニュー④
0810-1 (9)

■メニュー⑤
0810-1 (10)

■メニュー⑥
0810-1 (11)

■メニュー⑦
0810-1 (12)

■メニュー⑧
0810-1 (13)

■メニュー⑨
0810-1 (14)

■メニュー⑩
0810-1 (15)

■メニュー⑪
0810-1 (16)

■メニュー⑫
0810-1 (17)

■メニュー⑬
0810-1 (18)




↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

東北人家中華料理 / 石川町駅日本大通り駅元町・中華街駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

とてつもなく使いやすいカフェバー

2019.08.10.22:35

FRAMES@中目黒
ダイニングバー


石川町で中国東北地方料理を食べ、東横線で東京に戻ってきました。

いつもはロイホで佇むのですが、中目黒に甘党も辛党も満足できそうなカフェがありそうだったので行ってみました。
FRAMESというお店です。
0810-2 (1)


外観を見た時には、中目黒にありがちな雰囲気重視のカフェバーかなと思いました。
しかし違いました。
0810-2 (2)


店内は8割の入り。女子率95%を超えていました。楽園とはここであったか。
若者が多いですが、若すぎる学生のような人はいないように見えました。ゆえに店内は混んでいますがうるさ過ぎるということはありません。
0810-2 (3)


手前が禁煙席、奥が喫煙席と分煙スタイル。禁煙エリアのほうが少し広いです。
居心地が抜群で想像していた倍くらいはよかった。
0810-2 (7)

21時を過ぎると店内はさらに暗くなりバーモードに。


ビールはハイネケンとハートランド。つまりはキリン系です。
オリジナルのメニューもあり全体的にとても手頃な価格感。
0810-2 (5)

デザートメニューなどを下に載せました。
フードも普通にありますので、1軒目としても利用できます。


■ティラミス(550円)
0810-2 (8)

わたしは食べていませんが甘党コンビが食べていて美味しいと言っていましたので間違い無さそうです。


■瀬戸内レモンクリーム(1,100円)
0810-2 (11)

1,000円を超えるに恥じない大変ボリューム満点なパンケーキ。
こちらも食べていないのでわかりませんが、甘党コンビは大変満足そうでした。


■自家製レモンサワー(650円)
0810-2 (9)

私が飲みました。レモンサワーは全然甘くないのがいいです。
スッキリ爽やかなレモンサワー。焼酎にレモンを漬け込んで作っているそうです。レモンのいい苦味があります。

レモン炸裂でとてもオススメです。


■サングリア(800円)
0810-2 (10)

あー、なるほど、こういう系ねと思うかなと思ったら全然違いました。

居心地が本当によくデザートも美味しくお酒も一工夫ある感じ。
しかも明け方までやっており、最高に使い勝手の良いカフェバーでした。

===
【オーダー】
上記の通り 1人1,500円


■デザートメニュー
0810-2 (4)

■ドリンクメニュー
0810-2 (6)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

FRAMESカフェ / 中目黒駅代官山駅恵比寿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : ダイニングバー

黄色い声が飛び交う回転寿司

2019.08.11.14:19

もり一@神保町
回転寿司


ふいに回転寿司が食べたくなり、田園都市線から1本で行ける神保町にある回転寿司のお店に行きました。
もり一というお店です。
0811 (1)


お店の看板を見るに、赤酢を使っているようです。
また、店頭にはオススメのネタが手書きで書かれています。
0811 (2)


店内はUの字型のカウンター席。
0811 (21)

まず驚くのは女性店員さんが多いことです。数えてみると7名もいらっしゃいます。
男性は1名で、板さんのみです。板さんとしては最高の職場かもしれません。

店内には黄色い声が飛び交い、特筆すべきは何かをしてもらうときに「高速で!」という声が上がります。
高速で。仕事ではなかなか聞かない言葉です。すごい。

もしかすると光速で!かもしれません。


お皿はシンプルに3種類。120円、150円、250円ととてもリーズナブルです。
どんなに高くても250円ですので、お皿の色を気にせず選ぶことができます。
0811 (20)


粉末のお茶をスタンバイして臨戦態勢へ。
0811 (6)


目の前をたくさんのお寿司が流れていきますが、黒一点の板さんにお願いすることもできます。
0811 (7)

黄色い声援が飛ぶ中、小ぶりのお寿司を心ゆくまで楽しみます。
必要以上にシャリが多くないので、いろんな種類を楽しめます。


■サーモン
0811 (8)

オープニングは世界的に人気のあるサーモンで。
美味しい。大丈夫。間違いありません。


■鱧軍艦
0811 (9)

鱧軍艦は初めて食べたかもしれない。
レモンと一緒に爽やかにいただきます。


■マゴチ
0811 (10)

河豚に匹敵するという呼び声もあるマゴチ。
歯ごたえのよい一皿。


■生秋刀魚
0811 (11)

今年は不作と聞く秋刀魚も脂乗りよくとても美味しかった。
いつか秋刀魚が高級魚になる日も近そうです。


■カンパチ
0811 (12)

肉厚にカットされたカンパチ。
普通に美味しい。


■大赤海老
0811 (13)

お皿をお渡し頂く際に250円ですが大丈夫ですか?と聞いてくださいます。とても優しい。
海老の味が濃く歯ごたえがよい。むしろこちらが「250円で大丈夫なのか?」と心配になる一皿でした。


■雲丹/イクラ
0811 (14)

雲丹が150円とは驚きます。
イクラも同様の感想です。サービスがすごくよくて安くて美味しい。混んでいるには十分な理由です。


■帆立
0811 (17)

帆立だって150円。こちらも普通に美味しい。
大きなチェーンの安い回転寿司とは一味違うような気がします。


■焼鮭
0811 (16)

今日一番美味しかったのがこちら。焼鮭のお寿司がこんなに美味しいなんて。
ポン酢で頂くのがまたよいです。
3貫で150円とはどうかしております。


■納豆軍艦
0811 (18)

〆は納豆軍艦で。

上記で1人1,000円ちょっと。恐るべしもり一。
黄色い声援で気分も上々です。

いい回転寿司屋さんでした。会社の近くにあったら週1で通いたい。


===
【オーダー】
上記の通り 1人1,090円


■メニュー①
0811 (3)

■メニュー②
0811 (4)

■メニュー③
0811 (5)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

もり一 神保町店回転寿司 / 神保町駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[寿司]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 寿司

【5回目】8月の桃パフェと6月の宮崎県産マンゴーパフェはどちらが最強か

2019.08.11.18:49

千疋屋総本店フルーツパーラー@日本橋
カフェ


神保町でくるくる寿司を食べ、歩いて日本橋へ。
千疋屋総本店で桃のパフェを食べるためです。桃パフェは8月から。
0811-2 (1)

千疋屋総本店の過去記事はこちら。
フルーツパーラーにあまり行かないということもありますが、今のところ右にでるフルーツパーラーを知りません。
・2016年1月3日 ストロベリーヨーグルトパフェ
・2018年4月8日 クイーンストロベリーパフェ
・2019年5月26日 千疋屋スペシャルパフェ
・2019年6月23日 宮崎県産完熟マンゴーパフェ


16時半という遅めの時間にもかかわらず、千疋屋の前には黒山の人だかりが。
0811-2 (2)


名前を記帳しようと紙を見ると、自分より前に50組も待っています。
50人ではなく50組なので余裕で100人は待っていることになります。
0811-2 (3)

しかし私は知っています。どんなに待ちができようとも、千疋屋の待ち組は1組1.5分で捌けていきます
つまりは50組待ちなので75分後にまたお店に戻ってくればよいのであります。

過去4回の訪問で知った鉄壁の法則です。
(たまたまかもしれませんので、そうならない場合は申し訳ありません)


それにしても50組待ちは過去最高です。
皆さんこのピーチパフェを食べたいのでしょう。お値段驚異の2,700円。安い飲み会級の金額です。
0811-2 (5)


念のため65分経過後戻ってきましたが、やはりほぼちょうど75分で席に通されました。
10組待ちでも50組待ちでも同様の結果となり、意味もなく自信を深めました。
0811-2 (8)


カウンター席はパフェ作りの過程が見えるので非常に楽しい。果物のカッティング技術を学びます。
当然今回は特に桃の切り方を学びました。ぐるっと回して種を取るのです。今度やってみよう。
0811-2 (16)


ピーチパフェが到着しました。めちゃくちゃ映えるか?と聞かれるとそこまでではないですが、オーラがすごい。
0811-2 (9)


パフェを頼むと324円で紅茶/コーヒーを付けることができます。
千疋屋の素晴らしいところは「飲み物は如何いたしますか?」と聞かれないことです。
「水で・・・」というセリフがいらないです。
0811-2 (11)

昔は水にしておりましたが、最近は千疋屋に敬意を評して紅茶を頼むことにしています。
ただ、紅茶がいつもなかなかの確率で渋いです。唯一の欠点とも言うべき紅茶ですが、申し訳ないので最近は頼んでいます。


今回の桃は山梨県産の川中島の白桃だそうです。
作りながら1つ1つ少しずつ食べていました。甘みというより渋みチェックではないかと思われます。
0811-2 (10)


ありえない美味しさです。なんだこの桃パフェは。
おばあちゃんの家が桃農家でしたが、こんな桃は食べたことがありません。恐らく。
0811-2 (14)


瑞々しいのは言うまでもなく、とことん甘いのも当然ですが、甘さの中に最高の爽やかさが同居しています。
絶妙な熟れ具合で、昨日でも明日でもダメだろうという塩梅でした。
0811-2 (15)


相変わらず中のアイスもシャーベットも絶品。底の桃のコンポートも大変なことになっています。
全ての層が完璧な仕上がりとなり、パーフェクトパフェ、まさにパフェの語源を体現していました。
0811-2 (12)

6月の宮崎県産完熟マンゴーパフェと、8月のピーチパフェはどちらが美味しいだろうか。
究極と至高の対決です。

なおピーチパフェはお盆で終わりだそうです。
お盆明けからは沖縄県産のビーツマンゴー、そのあとはシャインマスカットが9月いっぱいと続くそうです。


===
【オーダー】
ピーチパフェ 2,700円
紅茶 324円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(7)     :★★★★★★★★☆8☆

千疋屋総本店 フルーツパーラーフルーツパーラー / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

【11回目】二子新地駅至近の美味しいイタリアン

2019.08.12.21:12

L'OSTERiA@二子新地
イタリアン


世間ではお盆でしたが、お店が開いているということでロステリアに晩御飯を食べに行ってきました。
0812 (1)


ちなみにシェフとわたしは同郷で仙台出身です。
0812 (3)


おすすめメニュー。最近グランドメニューはすっかり見なくなってしまいました。
おすすめメニューから選んで食べるのが美味しく楽しい。
0812 (2)


■モレッティ(700円)
0812 (4)

ペローニ、ナストロアズーロ、モレッティがイタリアではよく見かける銘柄で、ロステリアではモレッティが飲めます。
ペローニとナストロアズーロは同じ会社のビールです。


■田舎風お肉のパテ(550円)
0812 (5)

ちょっと久々に食べました。グランドメニュー。フレッシュで本当に美味しい。
パテは持ち帰りもできますので、家でお店の味が楽しめますし、デパ地下でパテを買うくらいならロステリアで買ったほうが数倍美味しくお値段2/3くらいです。


■炙り鰹のカルパッチョとみょうがのマリネ アイオリソース(930円)
0812 (6)

まずアイオリソースが美味しい。Wikiによるとアイオリソースは「マヨネーズ同様、卵黄と油を乳化させて作る」らしい。
ミョウガがこんなに美味しく食べられるなんて。
鰹はねっとり肉厚で美味です。


シチリアのオレンジワインを合わせて頂きました。しっかりしたボディのオレンジワインでした。
ペアリングを楽しめるのもロステリアの楽しいところです。
0812 (7)


■モッツァレラブラータと白桃スープ(1,250円)
0812 (8)

ブラータと桃のソースと黒いオリーブの3つが運ばれてきました。

ブラータチーズはミルク味。フレッシュバニラの感じ。
0812 (9)


桃と合わさると、即効マリアージュします。
0812 (11)


黒いのは黒オリーブの砂塩味で、ブラータ&桃に合わせると西瓜に塩理論で甘さが際立ちます。
0812 (12)


ブラータ単体でも美味しい。桃と合わさり更によくなり、黒いオリーブで完成。
さらにはミントも合わせると四重奏になります。
0812 (15)

ひつまぶしのようであります。


ピエモンテの白を。
白桃の風味があり、桃のソースととてもよく合います。
0812 (13)


■牛フィレのソテー マルサラ酒のソース(1,980円)
0812 (16)

フィレ肉はなんとも柔らかく、またソースの加減も実にちょうどよく、これまた美味しい。
フィレ特有のキメ細かい肉質を最大限引き出された火入れが素敵です。
0812 (17)


北イタリアの重めの赤。華やかな味わいです。
0812 (18)


■アサリとからすみのパスタ(1,400円)
0812 (19)

オススメメニューでは冷製になっていましたが、温かいバージョンで作っていただきました。
パスタだと、「長いタイプ」「温冷だと音」が好きです。
ラーメン・蕎麦系だと更に「汁あり」が好きです。

カラスミの塩加減を見切った完璧な仕上がりでした。やはりロステリアのパスタは美味しい。
アサリの出汁も凝縮して旨味たっぷりの一品でした。


トスカーナ地方の白ワインを合わせて頂きました。
0812 (20)


■ティラミス(500円)
0812 (22)

デザートはオール500円。どれも美味しいのでピンと来たものを選ぶのがよいと思います。
カタナーラとティラミスが好きです。


■グラッパ(各800円)
0812 (21)

いつもの通り最後はグラッパで。2種類あったので2つ飲んでみました。

今日も美味しかった。


===
【オーダー】
上記の通り 1人7,200円


ロステリアの過去記事はこちらです。
・2018年6月10日 ランチ
・2018年6月23日 昆布締め牛ランプのステーキ
・2018年8月5日 骨付き鴨モモ肉のコンフィ
・2018年9月23日 パスタフレスカ トンナレッリのアラビアータ
・2019年1月4日 牛ハラミのタリアータ
・2019年1月19日 豚バラ肉のコンフィ
・2019年3月23日 桜エビと菜花のスパゲッティ
・2019年4月26日 フィレ肉サルティンボッカ風
・2019年5月6日 牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ マデラソース
・2019年6月2日 ホタルイカと黒オリーブのアラビアータ


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ロステリアイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★★ 4.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

鶏ベースの正統派醤油ラーメン

2019.08.14.15:35

日本橋麺処こはる@日本橋
ラーメン


お盆真っ盛りの8月中旬。1人でラーメンを食べようと打ち合わせ終わりに日本橋をフラフラしたところ、コレドがうじゃうじゃと立ち並ぶ場所から1本入ったところにラーメン屋さんを発見しました。
0814 (1)


「こはる」というお店で、なんと営業しております。
お盆なので結構休んでいるお店が多い中、大変助かります。
0814 (2)


券売機で食券を買います。
左上ポールポジションは醤油ラーメン。高い特選が一番左上でボタンが大きいですがそのボタンは押しません。
味は醤油、塩、白湯のつけの3種類で、あとは柚子入りだったり辛かったりで値段が変わります。
0814 (3)


メニューはこちらが一番分かりやすいと思います。
0814 (4)


店内はクランク型のカウンター10席。
店員さんは男性3名体制です。とても綺麗な店内。
0814 (14)

音楽は昭和懐メロ。飛んで飛んで、、、みたいな歌。題名はわかりません。
あとはペッパー警部がどうしたという歌。これも題名はわかりませんが「ペッパー警部」という歌であろうか。
昭和も昭和。ど昭和の歌がずっと流れていました。


説明書き。情報を食べるとも言われる昨今、こういう説明は効果が高いのかもしれない。
0814 (5)


卓上には酢、一味(七味?)、胡椒です。
餃子がなくても酢があります(醤油ないですし)。
0814 (6)


■醤油らぁめん(750円)+味玉(100円)+大盛り(120円)
0814 (7)

お盆スペシャルということで、味玉を付けてみました。


香りの良い、日本を代表しそうな醤油ラーメンの1つという感じ。
外国人観光客が多いですが、海外の方にもぜひ食べて頂きたいゾーンの醤油ラーメンです。
0814 (8)


叉焼は2種類。薄い低温調理と厚めのしっかりタイプ。しっかりタイプは炙り叉焼でした。
どちらも美味しいです。
緑担当は少量の葱と水菜になります。
0814 (9)


味玉は完璧な仕上がり。味の染み込み具合が実にちょうどよかったです。
0814 (13)


鶏ベースの優しくもしっかりしたボディのスープ。魚介の風味も素敵です。
大変芳醇な風味と味の醤油スープで、見ても思いましたが食べても海外の方にオススメしたい一杯です。
0814 (10)


出汁の他に醤油ダレもばっちり効いており、一定のパンチ力も持ち合わせています。
スープが大変アツアツなのも嬉しい限りです。
0814 (11)


麺は細ストレートで全粒粉入。
歯ごたえよく、細麺ゆえ芳醇スープをたっぷりまとって相性も抜群です。
0814 (12)

大盛りだと量もとてもちょうどよかったです。体感で150gほどでしょうか。

美味しかった。空いていたのはお盆でたまたまかもしれません。
今度は塩ラーメンを食べてみたいです。


===
【オーダー】
醤油らぁめん 750円
味玉 100円
大盛り 120円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

日本橋麺処こはるラーメン / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

ご飯+カレー食べ放題

2019.08.15.15:18

豚○商店 AISHI@新宿三丁目
居酒屋ランチ


お昼にカレーが食べたいな、、、と新宿三丁目、マルゴエリアを彷徨ったのですが、なかなかカレーが食べられるお店がありません。
そしてなんとか1軒見つけました。
0815 (1)

豚○商店というお店で、マルゴエリア北東部角くらいの場所にあります。


ランチメニューは780円~1,380円で8種類。
ご飯、カレー、ソフトドリンクが食べ放題、飲み放題となっています。
0815 (2)


お店は地下です。
0815 (3)


靴を脱いで、カウンター席とテーブル席があります。
ここが禁煙エリア。
0815 (7)


奥のテーブル席は喫煙エリア。
一応分煙になっていますが地下で窓もないので、禁煙エリアにもタバコの煙はすごく流れてきます。
0815 (4)


個室もあります。
店員さんの対応はとてもよい感じ。
0815 (8)

店内は結構広いですが、地下なので若干の圧迫感があります。


表のメニューにあった通り、ドリンクが飲み放題。
0815 (5)


ご飯とカレーも食べ放題です。
0815 (6)


1,000円となかなかの値段ですが、豚◯商店という名前であることと、メニュー写真のとんかつが物凄く分厚かったのでとんかつ定食にしました。
0815 (9)


とんかつは、、、だいぶ写真と違う気がします。とても平べったいです。薄いです。
0815 (10)


写真ではものすごい厚さで、とんかつ専門店を彷彿とさせるものがありました。
さすがに1,000円でこのクラスのとんかつが食べられたら、、、一瞬で行列店でしょう。
0815 (14)


現実を噛み締めながら、しかしカレーを彷徨い歩き出会えた喜びを感じながら、まずはとんかつ定食として食べてみました。
なお、薄いですが面積は十分でした。
0815 (11)


途中からはカレー祭りです。
カレーの肉は挽肉でした。食べ放題カレーであるため、うまく調整されています。
他に具は見受けられませんでしたが、入っていないのか鍋の底に沈んでいるのかはわかりませんでした。
0815 (12)

カレーは市販のルーの味です。


最後はカツカレー丼にしてみました。
薄いですが面積が広いので、いろいろなバリエーションで楽しむことが出来ました。
0815 (13)

鶏の唐揚げであれば780円でご飯お替り自由&カレー付きとなりますので、十分お得なランチになりそうです。

===
【オーダー】
ロースとんかつ定食 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

豚○商店 AISHI 新宿店居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋(ランチ)]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋ランチ

1,000円前後にしてあと3歩でシズラーというサラダバイキングが魅力

2019.08.17.13:44

ステーキ&ハンバーグ 匠@新宿御苑
洋食


会社のすぐ近くにあるAPAホテルにお昼を食べに行きました。
会社徒歩1分の場所にありますが、今のところ宿泊でお世話になったことはありません。
0817-1 (7)


裏にも入り口があります。裏から入るとレストラン直結です。
0817-1 (1)


ステーキ&ハンバーグ匠というレストランで1階にあります。
0817-1 (8)


メニューは洋食を中心に980円~2,980円と幅のあるラインナップ。
それでも980円のメニューが多数ありますので、1,000円以内でお昼を食べることができます。
(増税後、どうなっているかは分かりません)
0817-1 (2)


サービスと雰囲気はホテルっぽい感じではありますが、少々雑かなとも思いました。
ただ、ビジネスホテルなのでこのくらいかなとも思います。
0817-1 (3)


基本的にはとても綺麗で居心地がよい部類に入ると思います。
0817-1 (12)


特筆すべきはメイン以外のバイキングの充実ぶりです。
サラダも品目多数。フルーツもあります。
0817-1 (9)


サラダの付け合せもいろいろ種類があり、かなり充実した食前サラダを作ることができます。
0817-1 (4)


その他、パンコーナーも見事な品揃え。
1,000円前後のランチとしては異例と言えそう。
0817-1 (10)


APAお馴染みのAPAカレー。スープもあります。
APAカレーは話には聞いたことがありますが、人生初対面です。
0817-1 (6)


マシンから繰り出すコーヒー類も多数揃っています。
すごいホテルと一般のビジネスホテルの中間に位置しつつ、値段はかなりビジネスホテル寄りというのがAPAホテルの秀逸なところでしょうか。
0817-1 (5)


スープはミネストローネ風。トマトはほとんど感じませんが具だくさんでよい。
サラダも申し分ありません。
0817-1 (11)


■匠ハンバーグ180g(980円)
0817-1 (14)

卓上が980円とは思えない見映え。


鉄板が熱いので気をつけてくださいと言われますが、全く鉄板は熱くありませんでした。
0817-1 (16)


ずんぐりしたハンバーグで、180gですがサラダバイキングもカレーもありますしハンバーグはこの大きさで十分ではないかと思います。
0817-1 (17)


縦に割ると肉汁がドバっと溢れ流れてしまいました。最良なハンバーグは種に旨味が行き渡るため、切ってもドバっと流れ出たりはしないと聞きます。
テレビなどでは疑似歓声入りで派手に表現されますが。
0817-1 (18)

確かに食べると肉汁が流れ出ているのでカスカスした印象でした。
下味の塩胡椒が強く感じるのは、旨味が流れ出ていったことも影響しているかもしれません。


初めて食べるアパカレーはデミグラスソースのような味のカレーでした。
食べ放題で付いている、ただただ市販のルーの味がするカレーとは一線を画していました。
0817-1 (15)


■サーモンのムニエル(980円)
0817-1 (13)

こーへー氏はサーモンのムニエルを。

あと3歩ほどでシズラーに追いつけそうなサラダバーの充実したランチが1,000円以下で食べられるというのはすごいことです。


===
【オーダー】
匠ハンバーグ(180g) 980円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ステーキ&ハンバーグ 匠 アパホテル〈新宿御苑前〉ステーキ / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[洋食]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 洋食

渋谷の喧騒を離れて

2019.08.17.21:03

CUJORL@渋谷
イタリアン


渋谷、、、といっても代官山方面に向かう場所で、いわゆる渋谷とは違うエリア。
住所で申しますと桜丘町にあるCUJORLというイタリアンのお店に行ってきました。片仮名読みでクヨールというお店です。
0817-2 (1)


店内は手前にテーブル席とL字型のカウンター席が。
0817-2 (5)


奥に壁に沿ってテーブル席があります。
18時のオープンと同時に入店したので一番乗りでしたが、あっという間に満席となりました。
0817-2 (2)

店員さんと会話をするお客んさんが多かったので常連さんばかりとお見受けしました。


オススメは黒板に記載があります。前菜系は1,600円前後。メインは3,000円前後。
どれもとても美味しそう。
その他のメニューは一番下に掲載しました。
0817-2 (4)


グラスのワインをお願いしますと、ズラリとボトルをご用意頂き、それぞれどんな味か説明してくださいます。
こんなにもグラスワインで飲めるワインが充実しているなんて、なんと嬉しいことでしょう。
0817-2 (7)


餡子隊長は1杯目から赤ワインにされていました。
0817-2 (8)

わたしはビールで。

■生ビール(700円)
0817-2 (9)

生ビールはキリンのブラウマイスターです。最近かなり見かけなくなった銘柄の1つです。
20年前くらいは瓶ビールですら出回っておりました。

久々に飲むブラウマイスターは大変濃い味。独特の濃さがあります。懐かしい。

うすはりグラスで頂くのですが、見事なエンジェルリングが形成されました。
0817-2 (10)


■お通し:鮪のタルタル
0817-2 (11)

お通しの鮪のタルタルはとても丁寧な味付けで、オープニングとしてはこの後の料理の期待を膨らませてくれるに十分でした。

お通しと2品目に合わせてオーストリアのスッキリした白ワインを合わせて頂きました。
0817-2 (12)

パンもセット完了。
0817-2 (14)


■メカジキのスモークと水茄子、みょうがのマリネ(1,600円)
0817-2 (13)

水茄子が何と瑞々しいことでしょうか。
セロリの葉っぱのようなものが入っていてミョウガとの相性が抜群です。またフルーツトマトは文字通り果物のようです。
スモークされたメカジキも大変美味しく、ソースがさっぱりとしていて夏らしい一品です。

最初から箸が用意されているので、すごく食べやすい。
q_201911091734033c3.jpg


■蛸とアスパラガスのグリル(1,600円)
0817-2 (15)

サルサヴェルデソース。酸味があります。サラサラしており爽やかな味。ソースがすごく美味しい。
ピクルスを刻んで入れてあるそうです。爽やかさはピクルスのせいでしたか。

蛸の食感が変わっています。柔らかくてしっとり。そして少しの弾力。
新食感の蛸前菜でした。


シチリアのスパイシーなロゼで。
0817-2 (16)


■牛タンステーキエシャロットソース(3,200円)
0817-2 (18)

牛タンは何を施したのか異様に柔らかいです。すっとナイフが入ります。何をするとこんなに柔らかくなるのか。
ソースも全然濃くなく、脇役に徹しています。牛タンを心ゆくまで楽しむための控えめなソース。エシャロットの優しい甘み。

一方野菜は野菜自体の味が濃く、いちいち美味しい。
エシャロットソースが決め手の美味しいメインです。
0817-2 (17)


青森の赤いワインで。
色は薄めですがうまいたっぷりで果実味もあります。
0817-2 (19)


■自家製グアンチャーレのカルボナーラスパゲティ(1,500円)
0817-2 (20)

〆はくすんだ味が特徴のカルボナーラです。
スモーキーな味わいが特徴です。特にグアンチャーレの炭火の風合いが見事なカルボナーラ。

とても濃厚でこってりしていますがカルボナーラ自体の味は全然濃くありません。

アルゼンチンの重めの赤ワインで。
0817-2 (21)


デザートメニューは700円~900円で4種類。
0817-2 (22)


■ピスタチオティラミス(700円)
0817-2 (24)

ピスタチオのムースでできたティラミス。知らずに食べたらティラミスと思わないかもしない。
甘さ控えめでよかった。

わたしはグラッパを。
0817-2 (23)

お店の雰囲気も居心地がよく、店員さんは皆さん丁寧で、料理は美味しくグラスワインも豊富。
渋谷はがちゃがちゃしていて好きなエリアではありませんが、桜丘町はとても静かで落ち着いています。

いいお店と出会えました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人9,500円


■フードメニュー
0817-2 (6)

■ドリンクメニュー
0817-2 (3)

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

CUJORLイタリアン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.0



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

【5回目】初めて夜行ってみた

2019.08.18.20:23

Quale@二子新地
イタリアン


二子新地駅から最も近くにあるイタリアンのお店、クアーレに行ってきました。
夜訪問するのは初めてです。
0818 (1)


何度か夜チャレンジしたことはあるのですが、いつも満席で入店叶わず。
二子新地カジュアルイタリアンの祖です。
0818 (2)


本日のオススメメニュー。
こちらを中心に組み立てます。
0818 (3)


■こぼれスパークリング(500円)
0818 (6)

1人1杯限定のこぼれスパークリング。文字通りこぼれるほど、、、というか溢(こぼ)れて溢(あふ)れます。
升が受け止めてくれます。

お得な1杯。


■グラスワイン(各490円)
図1

グラスワインも490円と大変リーズナブルです。カジュアルイタリアンは財布の味方。


■前菜3品盛り(840円)
0818 (7)

オーダー後、あっという間に運ばれてきた前菜3種盛り。選べる楽しさ。
茄子が大蒜効いていていい感じ。プロシュートも大判2枚。


■鰯のスモークとフレッシュトマトのピッツァ(1,280円)
0818 (8)

ピザ窯があるクアーレ。二子新地で唯一ピザ窯を有するイタリアンではなかろうか。
裏は全く焦げておらず見事。さすがの出来栄えです。

鰯の苦味が決め手の美味しいピザ。生地も申し分ありません。
二子新地No1ピザでしょう。二子玉川~溝の口まで広げてもNo1だと思う。


自家製の辛味オイルで。
0818 (9)


■小海老のクリームソースグラタン(1,280円)
0818 (11)

ほうれん草がたっぷり入っています。クリームソースも安定した味です。チーズも美味しい。
ペンネが入っているのでボリュームも十分。

1人3,000円行かずに楽しめます。
二子新地にはイタリアンのお店がたくさんありますが、カジュアル路線で行きたい場合にオススメです。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,500円


■ドリンクメニュー
0818 (4)

■フードメニュー
0818 (5)

クアーレの過去記事はこちらです。
・2015.10.04 マルゲリータ/タリアテッレのカルボナーラ
・2016.02.11 ヴェルドゥーレ/浅利と菜の花の白ワインソーススパゲティ
・2016.11.13 タリアテッレのカルボナーラ/ビスマルク
・2017年10月29日 渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ/シラスの辛いトマトソーススパゲッティ


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

ピッツェリア Qualeイタリアン / 二子新地駅二子玉川駅高津駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

リーズナブルで大変美味しい。8本コースがオススメです

2019.08.19.22:47

鶏福@新宿御苑
焼鳥


新宿御苑の焼き鳥屋さん「鶏福」というお店に行ってきました。
0819 (1)


地下のお店は意外と広くて驚きました。
また雰囲気が焼き鳥屋さんというよりは、カフェっぽいというか何となくモダンな感じがするのも驚きました。
綺麗なお店で入りやすいせいか、女性のお客さんもたくさんいました。
0819 (2)


焼鳥は250円~400円でボリュームゾーンは300円とまずまず高め。
ただ、おつまみ系は350円~500円とかなり安めです。
0819 (4)

焼鳥は5本コース1,000円、8本コース1,600円というのがありまして、圧倒的にコースがオススメな気がします。
1,600円の8本コースにおつまみを数品頼んでみました。


■瓶ビールとお通し
0819 (5)

生ビールがプレモルだったので、ダメ元で瓶ビールで別な銘柄はないか?と伺ってみたところ、モルツであれば瓶ビールがありました。値段はわかりませんが。

お通しの巾着にはどーんと玉子が入っていましたが、人によって入っているものが異なりました。玉子はアタリだったかもしれない。


■サラダ/鶏皮ポン酢(500円)
図2

サラダはコースに付いています。1,600円の8本セットなのですが、とてもお得です。
おつまみとして、鶏皮ポン酢を。

焼鳥8本コースを紹介します。


■ささみ
0819 (6)

オープニングはささみでした。パサつき一切なしの素晴らしいささみでした。
この焼き鳥屋さんは素晴らしいに違いないと思わせてくれる好スタートを切りました。


■つくね
0819 (9)

ふわふわの仕上がりで、こちらもすごく美味しい。
会社のすぐ近くにこんな素敵な焼鳥を食べられるお店があったなんて。


■ハツ
0819 (11)

肉肉しい一串。ハツらしい弾力と味わい。



■膝の軟骨
0819 (12)

非常にコリコリしています。一般的な軟骨以上にコリコリを感じるのはなぜか。


■砂肝
0819 (13)

代表的な串の種類がズラリと並んだ打順ですが、どれも外しません。どこからでも点が取れる感じ。


■ぼんじり
0819 (14)

ぼんじりは脂多めですが、脂が多すぎない実にちょうどよい塩梅のぼんじりでした。


■ねぎま
0819 (16)

ものすごいボリューム。これぞ焼鳥という一串です。
副将が王道のねぎまということで、大将は手羽先かな!と一同色めき立っておりました。


■銀杏
0819 (18)

なんと大将は銀杏でした。なぜだかわかりませんが手羽先が登場してくると信じて疑っていなかったため、一同「あれ!!」となりました。
が、よくよく考えると8本1,600円のコースで、単価400円の手羽先が出てくるはずがありませんでした。
舞い上がっていた自分たちが悪いです。なお、銀杏は美味しかったです。


■鶏の唐揚げ(500円)/厚焼き玉子(500円)
図3

鶏の唐揚げはさすがの美味しさ。しかも500円。
頼まない手はありません。


■梅水晶(350円)/鶏燻製(350円)
図1

渋いおつまみたちも350円という恐るべき低価格。
これは人気出てしまうのはよくわかります。


■鶏たたき(500円)
0819 (17)

おつまみで唐揚げ以上にオススメなのは、鶏のたたきです。
見事な半生のたたきが、なんと500円というから驚くしかありません。ボリュームも半端ありません。

すごいお店を見つけてしまいました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円


■ドリンクメニュー
0819 (3)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

炭火串焼き 鶏料理 鶏福鳥料理 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 焼鳥

新宿を代表する炭火ホルモン焼き

2019.08.20.21:11

新宿ホルモン@新宿三丁目
居酒屋


新宿三丁目マルゴエリア。飲み屋がたくさん連なるエリアに新宿ホルモンというホルモン焼きのお店があります。
10年前くらいにお世話になった仕事関係の方と4人で行ってきました。
0820-1 (1)


手前にはもつ焼き沼田があります。
間違えてこちらに入ってしまう人もいるかもしれない。もつなので。
0820-1 (2)

沼田の大きな方のお店の記はこ事ちらになります。


暖簾の奥の、冷蔵庫のドアみたいな扉の先が新宿ホルモンです。
0820-1 (3)


店内はL字型のカウンター席とテーブル席。店員さんの元気な掛け声が印象的です。
写真のタイミングでは空いていましたが、すぐに満席となりました。人気店です。
0820-1 (7)


昭和風情に溢れています。昭和とはもう2つも前の時代になったんですね。
あと10年もすると「平成っぽい古めかしい感じ」と言われるようになるのでしょうか。10年ではならないでしょうか。
0820-1 (14)


黒板にはおすすめメニューが。
ゆでタンがあった上に隣が沼田ということで、同系列なのかな?とお店の方に伺ってみたところ、フランチャイズみたいな感じで関係はあるが違うお店ということでした。
0820-1 (6)


ホルモンメニュー。非常に種類が豊富です。さすが新宿を代表するホルモン焼きのお店です。
その他のメニューは一番下に掲載しました。
0820-1 (5)


■瓶ビール(600円)
0820-1 (8)

生ビールは一番搾りですが瓶ビールはクラシックラガー、中瓶です。
キリンのビールでは一番好きな銘柄です。


■グリーンサラダ(500円)/たまねぎサラダ(350円)
図1

10年前は若かった我々も、もう年でしかもみんな社長になってしまったので、野菜を食べて血糖値の上昇を緩やかにした上で飲み会スタート。


■ゆでタン(550円)
0820-1 (11)

ゆでタンは沼田と同じ味に感じました。
厚いですが柔らかく煮込まれていて、とても美味しい。オープニングに相応しい一品です。


■白センマイ刺し(650円)
0820-1 (12)

コリコリとした食感が印象的の白センマイの刺身。
新鮮なホルモンならではの味わい。なかなか食べられないですし、650円ととてもリーズナブル。リーズナブルは料理全般に言えます。


■はつ刺し(650円)
0820-1 (13)

わりとしっかり味がついており、その味付け自体が美味しい。さらに柚子胡椒と一緒に頂きます。
食感がよく臭みはまったくありません。

レバーとタン刺しが売り切れだったのが残念ですが、はつを楽しめました。


■幻のユッケ(980円)
0820-1 (15)

こちらも味付けが絶妙です。
なかなか生のユッケを食べられる機会がなくなりました。そこまでユッケが好きなわけではないのですが。


■牛すじ煮込み豆腐(650円)
0820-1 (16)

ピリ辛で牛すじは大変柔らかく煮込まれています。
全然味が濃すぎないのがよいです。安定の美味しさ。迷ったら頼みたい一品です。


■新鮮ホルモン8種(2,300円~)
0820-1 (17)

新宿ホルモンに来たならば、ということで8種盛りです。
レバーは全然臭みがなく、大変美味しい。ただ、レバーが苦手なメンバーもおりましたが、レバー嫌いすら虜にする感じではありませんでした。

何においても臭みがなく脂の量も適量で、新宿界隈で頂けるホルモン焼きとしては最高峰ではないでしょうか。
0820-1 (18)


■和牛上ロース(1,800円)
0820-1 (19)

1つ焼肉のようなお肉も頂きました。
美味しいですが、これは他のお店でも食べられますので特徴を活かすならばホルモン攻めがオススメです。

上記で1人4,000円ちょうどくらい。コストパフォーマンスも抜群です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人4,000円

■ドリンク/おつまみメニュー
0820-1 (4)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

新宿ホルモンホルモン / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

人生初串カツ田中

2019.08.20.23:11

串カツ田中@新宿三丁目
居酒屋


新宿ホルモンの後、串カツ田中に行ってみました。人生初の串カツ田中。
0820-2 (1)

大阪名物っぽく売り出していますが、どうも大阪では串カツは名物ではないという話もあったり。ただ書いてあるのは「大阪伝統の味」なので、名物とは書いておらず。
これが「大阪名物串カツ」と記載すると、また違った反応がありそうです。

特段大阪では串カツは名物ではないにも関わらず、それを名物かもと浸透させたのはある意味すごい。


店内はブン混み状態。大人気です。
なお、トイレは男女兼用なうえにあまり綺麗ではなく、また店員さんはアルバイトの方が多いのか、呼んでも聞こえない演出が多かったです。
0820-2 (2)

ただ、とにかく大賑わいです。


店内は満席でしたが外の席が空いていました。
田中は全席禁煙なのが大変有り難い。
0820-2 (10)


初めて見る串カツ田中の串揚げメニュー。
120円~200円というラインナップ。
0820-2 (7)


しかし真夏のキャンペーンということで、全串100円という大盤振る舞い中でした。これはすごい。
10本食べて3杯ほど飲んでも2,000円を超えるくらいではありませんか。
0820-2 (12)


串カツ田中名物、、、他のお店でも見たことありますが、チンチロリンです。
ゾロ目が出れば無料でジョッキが大きくなったりします。他のルールはよくわかりませんでした。
また、必ずしもチンチロリンに挑まなくてもいいようです。
0820-2 (9)


ゾロ目は4人で2回だけ出ました。
射幸心が煽られ、酔っていることもあり一定の盛り上がりは約束されます。
0820-2 (8)


左はゾロ目で手に入れたメガハイボール。
氷もたくさん入っていますが何よりジョッキがでかいです。最終的に得したのか損したのかはよくわかりませんでした。
0820-2 (13)


お通しとしてキャベツが提供されますので、サラダ類は無理に頼む必要はありません。
0820-2 (11)


■肉吸い(490円)
0820-2 (15)

大阪名物という肉吸い。初めて出会う料理です。
化調っぽい味わいで安定感があります。本来どういう料理なのかはよくわかりませんでしたが。


■旨辛豚盛(490円)
0820-2 (16)

ドカンと盛られたこの豚肉が490円。
とにかく安くてボリュームがあります。味は濃いめというか、かなり濃くハイボールが進みます。
毎日通ったらいろいろ健康面が心配になりそうです。


■串カツ(1つ100円)
0820-2 (18)

串カツは意外と美味しかったです。期間限定ですが100円とすると驚異的と言えそう。
ソースの2度付けは本当に全お客さんがしていないとは限らないので警戒して別途容器ごと提供された辛口ソースで食べました。

チンチロリンで盛り上がったり、串カツが100円だったり。
若者と飲みに行くときはよいかもしれないなと思った。


===
【オーダー】
上記の通り 1人2,500円


■大阪名物
0820-2 (3)

■一品①
0820-2 (5)

■一品②
0820-2 (6)

■〆
0820-2 (4)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

串カツ田中 新宿3丁目店串揚げ / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

御苑で数少ない和系町中華

2019.08.21.15:11

蜂宴@新宿御苑
中華


新宿御苑にある数少ない和系町中華「蜂宴」に行ってきました。
中華系町中華はいくつかあるのですが、和系は意外とありません。何をもって和系か中華系かという話はありますが(わたしの印象の話なので)。
0821-1 (1)

御苑エリアで他に唯一和系中華のお店で浮かぶのは北京飯店です。


読み方は「ほうえん」というらしい。どんな意味があるのだろう。
ちなみに店内でビールの銘柄を確認したらアサヒでしたが、この看板はキリンとなってます。どこかで切り替わったのか、あるいは実はキリンもあるとか。
0821-1 (13)


店内はクランク型のカウンター席12。
ご夫婦とおぼしき2名体制で運営されていました。
0821-1 (3)

お二人とも大変優しく、とてもほっこりします。
「おまちどうさま」に、何とも言えない包み込む優しさを感じます。
あの「おまちどうさま」は1日にしては成らずであろう。


お店の雰囲気的に喫煙可を覚悟していたのですが、なんとランチタイムは禁煙のお店ではありませんか。
ありがたやありがたや。俄然通う気が増します。
0821-1 (5)


木箱には「依田製麺」の文字が。初めて聞く製麺会社です。
0821-1 (12)


メニューは麺系、丼系、定食系など30種類ほど。
最安値のラーメンは550円という安さ。最高値でも890円と大変リーズナブルです。
0821-1 (2)


卓上には一通りの調味料が揃っています。
0821-1 (4)


かなり長く悩みましたが、730円のモヤシメンにしてみました。
すごく。すごく美味しそう。
0821-1 (6)


鉄のフライパンで作るときに発生する独特の焦げの香りが心地よいです。
香りがすごくよく食欲を刺激します。
0821-1 (7)


具は玉葱、人参、キャベツ、もやしと野菜たっぷり。
まずまずの具だくさんぶり。
0821-1 (8)


絶妙な塩梅でトロミが付いていて、冷めにくい仕様になっています。
0821-1 (9)


安定の中華スープ。普通のラーメン屋さんよりもだいぶ美味しいです。
スープに鉄焦げの香りが移っており、それが一層美味しくしてくれています。
0821-1 (10)


麺は細めのやや縮れタイプ。麺が美味しい。町の中華屋さんとしては異例なほど麺が美味しいです。
依田製麺とは1度も聞いたことがありませんが、すごい製麺所なのかもしれない。
0821-1 (11)

食後、中華風安定スープ特有の、舌にまとわりつく感じは若干ありますが、美味しかったという満足感が打ち消してくれます。

新宿御苑にありそうでないタイプのお店で、次は天津麺、あるいは麻婆麺を食べてみたいです。
禁煙ですし会社からも近いし、気軽に立ち寄れます。


===
【オーダー】
モヤシメン 730円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

蜂宴中華料理 / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[中華]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 中華

ホームページとは違う雰囲気

2019.08.21.22:33

春秋@溜池山王
和食


山王パークタワー内で社内の会食を行いました。
あまり高層にあるレストランは好きではないのですが、今日はそういうところがよいということで。
0821 (1)


27階にある春秋というお店です。
いつもはこの手のお店は一休.comで予約するのですが、あまりよい思いをしないため、普通に調べて予約してみました。
1万円以内で飲み放題付きで、という条件で。
0821 (3)


店内はきれいな方ではあるのですが、なんとなくホームページで拝見した雰囲気と違います。
なんとなくというか、だいぶ違います。
0821 (4)


ホームページですとこちら。
明るさの質の違いは時間帯によるものでしょうか。
キャプチャ


大きなテーブル席。
テーブルの角が削れていて、そこはかとない家庭感が漂います。
0821 (5)


同じ構図ではないですが、ホームページのほうが圧倒的に高級感があります。
ホームページそのままだと思うと、だいぶがっかりすることになると思いますのでご注意を。
キャプチャ2


個室の座敷が今回の席でした。
いいお店ですと個室ではない方が全体的な雰囲気が楽しめる場合もありますが、こちらでは個室がオススメです。
0821 (6)


献立です。
0821 (7)


飲み放題は赤白ワインにウィスキー、焼酎にカクテルに梅酒。
和食のお店のはずですが日本酒はありませんでした。
0821 (8)


ビールと赤白ワインを飲みました。
高級、あるいは高級路線でいっているお店ではプレモル遭遇率が非常に高いです。
1


料理はおしなべてごくごく一般的な感じで、おおよそデパ地下くらいと思うとイメージがつきやすいかもしれません。
図1


店員さんも学生さんのアルバイトと思われまして、一定以上の接待などでは不向きかもしれません。
今回は全員社内の人でしたのでそういう意味では問題ありませんでした。
図2

・飲み放題込で10,000円くらい
・高いところにある
・雰囲気がとても豪華

この3つを満たすのは、実はなかなか難しいことなのかもしれないと思い始めました。


===
【オーダー】
上記の通り 1人10,000円弱


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

春秋 溜池山王店和食(その他) / 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

新形態ラーメン。その名も天空

2019.08.23.15:16

スパイスらぁめん 釈迦@新宿御苑
ラーメン


お昼ごはんをどこで食べようかと御苑エリアをフラフラしておりましたら、かつてgotsuboだった場所がgotsuboではないお店になっていました。
0823 (3)


「スパイスらぁめん 釈迦」。尖った名前。
0823 (2)


看板メニューはもっと尖っています。天空。
何かの必殺技みたいな名前だ。
0823 (4)


gotsuboの食べログ100名店の盾がありますので、系列は変わっていないようです。
どんどんお店が変わってくれるのは新しい味に出会えるので嬉しいことです。
0823 (5)


表に出ている券売機で食券を。
塩らぁめんはいいとして、天空と北印度。今回は初見なので左上ポールポジションの天空のボタンを押しました。
0823 (1)


カウンター6席。店内はgotsubo時代と基本的には変わっていないように見えます。
以前と違うのは、カレーのようなスパイシーな香りが広がっていることです。かといってカレーそのものではありません。
0823 (6)

先客2名でしたが、すぐに満席になりました。
店員さんは女性1名で、ガトゴトと大きな音を立てながら調理していました。


卓上には一味と白胡椒。
0823 (8)


入れることはできませんが目の前にはスパイスがたくさん置いてあります。
0823 (7)


着席してから20分でラーメンが到着しました。ラーメンにしてはなかなか待ちました。
1回に3つずつ作成しておりましたので、タイミングによってはこのくらい待つことになるようです。
0823 (9)


他の方にはパクチー大丈夫か?と聞いておりましたが、わたしには特にありませんでした。
聞こえてますよね、ということかもしれない。
それにしても変わった出で立ちをしたラーメンです。
0823 (10)


叉焼2枚はバナーで直前に炙っていました。
少々硬めで、炙ってありますが温度はぬるかった。
0823 (12)


その他の具は穂先メンマ、もやし、それと少量のパクチーです。
0823 (14)


スープの表面がしゅわしゅわしているのが特徴です。あと焦げのようなものも浮いています。
焦げは癌の原因にはならないようですが、老眼の原因にはなるとか。動物性の焦げに限るようですが。
何の焦げかな。。。あるいは焦げではないのか。
0823 (11)


香りと雰囲気でいうと、わたしが知っている食べ物の中では札幌のスープカレーが一番地下そうです。
カレーとラーメンの中間にあるエスニック料理のような感じです。
スパイシーなスープはパクチーが非常に合います。しかし券売機にはパクチー追加のボタンはありませんでした。
0823 (13)


スパイシーさは感じるものの、辛さは全くありません。むしろマイルド。
ピリピリやヒリヒリは一切ありませんが、すごくスパイシーという不思議な世界。
0823 (15)

スパイス効果で体がポカポカしてきます。スープ自体は全然熱くないのに。
出汁の支えとスパイスが織りなす苦味で味が構成されています。旨い。さすが。


麺はすごく縮れた中細タイプで、とても麺自体の重量が軽いのが特徴です。
0823 (16)

新しい味のラーメンでした。カレーラーメンとも全然違います。
新感覚のラーメンで、ヤミツキ度はかなり高いように思います。

次は北印度というメニューを食べてみたい。


===
【オーダー】
天空 850円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

スパイスらぁめん 釈迦ラーメン / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

1,000円以下では異例のボリューム

2019.08.24.13:01

野方ホープ@目黒
ラーメン


北参道店が昔会社の近くにあったので足繁く通いまくった野方ホープ。

目黒店に行ってきました。
0824-1 (4)


土曜の12時ちょい過ぎということで、店内は大変な賑わいようでした。
カウンター席とテーブル席があります。
整然としておらず、むしろゴミゴミした印象でとても活気があります。
0824-1 (19)


テーブル席が1つ空いていて、待たずに入店することができました。
0824-1 (18)


濃と元の2つがあるのはよいとして、A+Bの餃子&チャーシュー丼のセットが付いて200円増しという恐ろしいセットメニューがあります。
濃の場合850円なので、990円で餃子とチャーシュー丼が付いてしまうという。
そして恐ろしいことに野方ホープは大盛り無料です。
0824-1 (2)

やけくそで大盛り&ABセットにしてしまいました。


卓上には調味料ともやしが。
0824-1 (1)


大蒜はクラッシュ式なので新鮮な大蒜を投入できます。
クラッシュしてラーメンの到着を待ちます。
0824-1 (6)


辛いもやしを食べて待つことも可能です。
一風堂スタイル。どちらが先に始めたのはわかりませんが。もしかすると野方ホープスタイルというのが正しい可能性もあります。
0824-1 (3)


ラーメン大盛り、餃子、チャーシュー丼が到着しました。
天下一武道会の後のような光景です。
0824-1 (14)


餃子は水っぽくて、餃子単体としてはあまりよいとは言えませんが、実質100円で付いていると考えると全く問題ないという気持ちになります。
0824-1 (15)


チャーシュー丼は小ぶりに見えますが結構ご飯の量があり圧倒されます。
葱塩叉焼が非常にご飯に合います。
0824-1 (5)


野方ホープのラーメン。ちょっとだけ久しぶりです。変わらぬ風景があります。
0824-1 (8)


大きな肉が2枚豪快に入っており、その他の具もがつんと入っているため、おおよそノーマルタイプのラーメンに見えません。
この具の量にして、さらに200円で餃子とチャーシュー丼ですから。なかなか大変なことです。
0824-1 (11)


背脂は「こってり」にしました。野方ホープでは一番お気に入りのスタイルです。
見たことない物体としては、上に写っているツミレみたいな丸いものなのですが、ジャガイモを丸めたものかな?と思ったら大蒜爆弾でした。
つみれを溶いたら凶暴さが5倍位になって、もはや背脂の量など取るに足らない小事となります。
0824-1 (9)


スープはかなりしょっぱいです。近年の野方ホープは全体的にとてもしょっぱくなりました。
濃、元という名前にメニュー名を変えたあたりからでしょうか。
すごく、しょっぱい。
0824-1 (12)


麺は大盛りですが、そこまで量は増えません。体感で120gくらいでしょうか。
ただ、これが150、180となるとABセットの前には、ただの強敵となるだけですので、このくらいの量で十分かなと思います。
0824-1 (13)


950円はとまとラーメンはこういう感じです。大昔はなかったメニューです。
女性ターゲットメニューでしょうか。
0824-1 (7)

久しく食べて楽しかったですが、わたしには少々味が濃すぎました。
ただ、990円でとんでもない量のランチとなりますので、学生時代に戻ったかのような気分にはさせてもらえました。

実際には戻っていないので、普通にいろいろ大変です。

===
【オーダー】
濃 850円
A+Bセット 200円
大盛り無料


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

野方ホープ 目黒店ラーメン / 目黒駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

1,800円のとんかつとしては最高峰

2019.08.24.19:47

大宝@目黒
とんかつ


目黒の人気とんかつ店の1つ、大宝に行きました。
昼夜問わず行列ができていますが、土曜日18時45分の到着で奇跡の行列なし。
0824 (2)

3人でカウンターにバラバラでよければすぐに入店できるということでしたが、奥のテーブル席がもう少しで空きそうということで、少しだけ待ちました。


外メニューによるとロースかつ定食は1450円。特上にすると350円増しです。
ロースもヒレも同一価格。
その他揚げ物の定食を頂くことができます。
0824 (1)

目黒×とんかつでいうと、とんきが有名ですし、大宝から近いです。ただわたしはあまり相性がよくありませんでした。
駅近のかつ壱の方がわたしは好きです。かつ壱だと上ロースで1,600円。


カウンター席と2名席のテーブル席が1つ。3名石のテーブル席が1つあります。
店員さんはとんかつを作る方が1名、ホール女性3名という体制でした。
0824 (5)


奥の3名用テーブル席につくことができましたが、テーブル席はどちらも容赦ない相席が求められます。
1人だとカウンター席のほうがよさそうです。
0824 (3)

床が非常にぬるぬるとしています。


詳細なメニューはこちら。
0824 (9)


ご飯とキャベツのお替りは無料。味噌汁はだめですね。
0824 (8)


卓上にはキャベツ用ドレッシングが2種。
0824 (7)


オーダーを告げるとお茶、お新香、サラダが供されます。
サラダが提供されるのは非常に珍しい気がします。食べていて待っててねということでしょうか。血糖値の上昇を抑えてねということでしょうか。
0824 (4)


ご飯と味噌汁を従えて特上ロースかつ定食が到着しました。
入店から20分待ちでご対面です。
0824 (10)


手切りか機械かわかりませんが、キャベツがふわふわの仕上がりです。
このふわふわキャベツはすごい。
0824 (14)


特上だからか、とんかつは分厚く面積もかなりあります。
申し分ないボリューム。
0824 (11)


1,800円としては異例の大きさではないでしょうか。
200gは超えているのでは。。。
0824 (13)


特上ロースは異様に柔らかいです。こんなに柔らかいロース肉は久々というか他に思い当たらないレベルです。
非常に非常に柔らかい。
0824 (12)


全体的に脂は少なめですが、柔らかさに気を取られて気になりません。
ロースというよりヒレに近い食感です。
0824 (15)

衣も細かくて優しく、柔らかローストの相性抜群。
綺麗なきつね色が印象的でした。

大行列の意味はよくわかりました。お店を出ると行列ができていましたし。
2,000円以下で食べられるとんかつとしては最高峰ではないか。
0824 (16)


===
【オーダー】
特上ロースかつ定食 1,800円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

とんかつ大宝とんかつ / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.0



[とんかつ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : とんかつ

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る