中華 (青山一丁目)

2011.04.14.21:54

Facebook餃子部の第2回総会がありました。

第1回総会の様子はこちらになります。

●3月4日第1回餃子部総会@蒲田
・歓迎
・你好
・金春

前回は3軒ハシゴしました。

大好きな餃子なら何軒ハシゴしたって楽しいに決まっていると思っていたのですが、
想像以上の苦行となりまして、今回は普通に1軒だけにしました。

なんでも過ぎるとよくないっことですかね。
唯一「美人過ぎる」だけは例外な気もしますが。


今回の会場は「」というお店です。
青山一丁目からも、
赤坂からも、
乃木坂からも、
どこからもそれなりに歩くというエアーポケット地帯にあります。

油断して行くと確実に道に迷いますので、
事前リサーチは念入りにしておいた方がいいです。

かくいう私も道に迷いました。


駅から遠いだけじゃなく、この佇まいですから。
暖簾、出てませんから。

DSC07556.jpg

なお、大阪を拠点とする餃子チェーン店、同じ漢字で書くとは全く関係のないお店です。
チェーン店はこういうロゴのお店ですね。

logo.jpg

餃子で、しかも常用漢字ではない同じ字を使ってて違う系列なんですね。


お店に入ると、カウンター席があります。

DSC07555.jpg

写真は閉店間際に撮影したものなので、ガラガラですが、
19時の入店時はわんさかお客さんがいました。


奥に座敷席がありますので、宴会をしたい場合も大丈夫です。

DSC07510.jpg

雰囲気は蒲田とは違いますが、だいぶ庶民的な作りとなっております。
青山の名に迎合した感じは一切ありません。


■キムチ(368円)

DSC07503.jpg

道に迷わず、もしくま迷ったけどちゃんと来れた人が先にキムチを肴に一杯やってらっしゃいました。
遅れてごめんなさい。



■ビール中瓶(578円)

DSC07504.jpg

蒲田ではオール一番搾りでしたが、
こちらのお店はラガーでした。


ある程度人数が揃ったところで、まず最初の記念撮影です。
半数くらいの人が初顔合わせと言うことで、オフ会特有のぎこちなさが、どことなく漂います。

DSC07523.jpg

それでもやはり右手でしっかり「いいね!」を決めています。
Facebook餃子部としては当然ですけどね。


ある程度部員が揃ったところで、餃子の注文に取り掛かります。
こちらのお店は、4種類の餃子がありますので、餃子部としては全て食さねばということで、
全部頼んじゃいました。

いやー、実に楽しみです。


■焼き餃子(526円)

DSC07511.jpg

写真は2人前になりますので、1人前は6個ということになります。
蒲田の1皿300円よりは値が張りますが、存在感が割高感を打ち消しています。


丸々としたタイプの餃子です。
太ったマグロのようでもあります。
皮は厚めのタイプであることが見て取れます。

DSC07512.jpg


の餃子の特徴は、酢と胡椒で頂くことでしょうね。
醤油だのラー油だのを使わないわけです。

DSC07514.jpg


こんなにたくさん胡椒を入れるんですよ。
よく考えましたね、こんな食べ方。

DSC07513.jpg

胡椒を入れる量については、お店の方が実践してくれますので安心です。

なお、胡椒をドカドカと入れるものですから、
あちこちで絵に描いたようにくしゃみ音が鳴り響きます。
ベタ過ぎますが、生理現象ですから仕方ありません。

では頂きます。

DSC07517.jpg

なるほど。。。これは美味しい。
肉汁がどばっと出るタイプではなく、肉自体に味がしっかりついていて、その味を噛み締めるように楽しむ餃子です。

しっかりとした味付けの餡に、酢の酸味と胡椒のスパイシーさが調和して、
とてもバランスの良いです。

餡は肉と野菜のどっちが多いという感じもないです。
野菜だけで言うとニラが多めかもしれません。

醤油もラー油も入れないため、とてもさっぱり頂けます。
さっぱり頂けるのですが、餃子自体がいいパンチを持ってます。

初めて食べましたが、これは秀逸ですね。



では次の餃子を紹介致します。


■水餃子(526円)

DSC07518.jpg

またしても概念を覆す餃子の登場です。
餃子が中華スープに浸かって出てきます。

DSC07519.jpg

お店の方に伺ったところ、餃子自体は焼き餃子と同じものを使っているそうです。
水餃子にも耐えられるように、丈夫な皮を使っているんでしょうね。

DSC07527.jpg

いい感じに皮がスープを吸ってくれて、
プリプリに仕上がっています。

焼き餃子は酢でさっぱりさせましたが、
水餃子は油を使って焼かない分、その時点で爽やかさはアップしますので、
中華スープと混ざって実にいい感じです。


同じ餃子でも違う表情。
やりますね。


■揚げ餃子(526円)

DSC07520.jpg

焼き、水と来たら揚げですね。
部員の声ではこちらの揚げ餃子の人気が高かったですね。

DSC07524.jpg

柔らかな皮が揚げることによりカラっとなり、
しっかりとした衣に変貌を遂げています。

何もつけずに食べるので、もともと味のある餡をダイレクトに楽しむことができます。
パリパリの皮とのコントラストも楽しめます。


普通のお店ですと、焼、水、揚の三兄弟でおしまいだと思うのですが、
は違います。


■味噌餃子(893円)

DSC07525.jpg

なんと味噌餃子です。
インパクトのあるビジュアルをしております。

値段もこれだけ893円と横綱級の扱いです。


ぱっと見、餃子が入っているようには見えませんねえ。
ご飯にかけて食べる料理に見えますよ。

DSC07526.jpg


たっぷり味噌餡を乗っけて頂きます。

DSC07529.jpg

濃厚な味噌餡と、餃子の餡がこんにちはします。
パンチのある味です。
なしではないです。というか十分ありだと思います。

ちょっと他よりリアクションが悪いのは、
この時点で3種を平らげていたので、餃子発作が起きつつあったためです。


以上、焼、水、揚、味噌とご紹介してまいりました。
いやー、今日の部活もなかなかですよ。


ここで出口部員が到着したので、再度集合写真を撮りました。
もちろん右手は「いいね!」です。

DSC07531.jpg

もうこの頃になると、オフ会特有のぎこちなさも消え、すっかり和やかモードです。

DSC07533.jpg


おっさんしかいない餃子部。
自然とどうしようもない話に華が咲きます。

DSC07549.jpg


この雰囲気だと餃子部に女子部員は来ないだろうなあ。
来てもブ、、、あ、いや。その、、、はい。

DSC07550.jpg

何しろ20代が北野部員ただ1人ですからねえ。
餃子部はだいぶ高齢化しております。


こちらでは近藤師匠による、ある行為のレクチャーが行われております。
峰島部員と住吉部員が聞き入っております。

DSC07548.jpg


奥の席では、BEGINの比嘉栄氏と島崎俊郎氏の芸能人コンビが、
今後の芸能活動について情報交換をしております。

DSC07551.jpg


いろんな人が集まっているFacebook餃子部。
人材のるつぼ。
楽しい会です。


お!8時のシンデレラタイムまであと少しです!

DSC07530.jpg

何がシンデレラタイムなのかって、
8時になるまでは餃子以外は頼まないと、健部長が決めちゃったのです。
なのでこれまでずーっと餃子しか食べてません。


■紹興酒ボトル(2,415円)

DSC07534.jpg

シンデレラタイム終了に合わせて紹興酒をオーダーしました。
砂糖を入れて飲むそうですね。知りませんでした。



8時を過ぎたので、餃子以外のメニューを頼みました。
といっても2種類のチャーハンだけですけど。
だってお腹一杯なんだもん。


■ドラゴン炒飯(値段忘れた)

DSC07535.jpg

お店の名物炒飯なのですが。。。
ドラゴン炒飯だと意味が分かりにくいですが、要するに「匂い強烈炒飯」です。
ただ、そう書くと誰も頼まないので、きっと「ドラゴン」で誤魔化したんだと思います。

ニンニクが原因なのか、ニラが原因なのか、それぞれの相乗効果なのかわかりませんが、
まあとにかくすごい匂いです。

DSC07537.jpg

あ、一応断っておきますが、美味しそうな匂いなんですよ。
美味しそうなのですが、、、常識人であればアラートは確実に鳴ると思います。

二郎ニンニク増し増しとかよりは大丈夫だとは思いますが、
それでもなかなかの匂いでした。



■炒飯(値段忘れた)

DSC07546.jpg

腹ペコヤング、北野部員の炒飯です。
帰りに「2つ頼めばよかった」と仰っていました。

若いっていいっすね。


最後に全員で記念撮影です。
すっかり打ち解けて10年来の集まりのような雰囲気になりました。

DSC07544.jpg

1回目の8名を大幅に超える13名の開催となりましたが、
今回もとても楽しい時間を過ごすことができました。

Facebook餃子部の皆様、どうもありがとうございました。


なお、追加情報ですが、こちらのお店のトイレ。

DSC07553.jpg


誰も入ってなくても、デフォルト赤です。
真に受けて青くなるまで我慢してしまうと膀胱が破裂しかねませんのでご注意ください。

DSC07554.jpg



===
【オーダー】
上記の通り 1人3,400円


【総合コメント】
青山にありますです。

4種類の個性ある餃子を楽しむことができます。
もちろん餃子以外も美味しいと思われるのですが、
なにぶん餃子部の部活でしたので、餃子以外は炒飯しか食べておりません。

これだけ食べて1人3,400円というのは正気の沙汰ではありませんね。
味、CPともに申し分ないです。


以下、参考までにメニューを載せておきます。


■ドリンクメニュー

DSC07505.jpg


■点心メニュー

DSC07506.jpg


■炒め物メニュー

DSC07508.jpg



↓よろしければクリックして頂けると励みになります

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8):★★★★★★★★☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆




みんみん 中華料理 / 乃木坂駅青山一丁目駅赤坂駅

夜総合点★★★★ 4.0



[中華]

theme : 中華料理
genre : グルメ

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る