今のところ新宿最強焼き鳥店。攻略のポイントを6つ挙げてみました。

2014.12.18.22:15

鳥辰@新宿西口
焼き鳥


焼き鳥を食べに新宿西口へ。docomoショップの隣くらいにあるこちらのビルへ。
IMG_3824.jpg


富士蕎麦の隣にビルの入口があります。
IMG_3825.jpg


階段を降りて地下へ。お店の名前は鳥辰といいます。
IMG_3828.jpg


お店に入るとものすごい煙に襲われます。焼き肉店ほどの脂臭さはありませんが、煙的にはなかなかの量です。
一張羅での訪問の際はご注意ください。
IMG_3831.jpg

19時半とまずまず早い時間からのスタートでしたがお店は超満員でした。


店内はカウンター席とテーブル席があります。
店員さんは厨房は全員おじさん勢、ホールは全員おばさん勢でした。かなり年輩のチームです。
IMG_3894.jpg


厨房では焼き場で次々と焼き鳥を焼いていました。それにしても1串1串がやけに大きい気がするのは目の錯覚でしょうか。
IMG_3833.jpg


焼き鳥、その他一品メニューはこちらになります。
焼き鳥は1本170円~です。かなりの大きさに見えましたので実質は1本100円くらいの感じでしょうか。
IMG_3841.jpg

その他のメニューは一番下に掲載しました。


昭和の酒場感満載なのですが、やはり瓶ビールは大瓶です。
大瓶のビールを置いているだけで「よいお店認定」してしまう自分がおります。
IMG_3847.jpg


■瓶ビール(650円)
IMG_3855.jpg

大瓶ですと寿命が長いです。飲みたいだけグラスに注ぐことで全体的に温くなるスピードも抑えられる気がします。
大瓶大好き。大瓶最高。

633mlという量は実家の電話番号と同じように忘れることはありません。


■韓国海苔と烏賊の煮付け
図2

なんと。この2つはお通しです。
韓国海苔はまだわかりますが、烏賊の煮付けの普通の量たるや驚くものがあります。

ただ、、、串系は非常に時間がかかるため、「これ食べて待ってて」的な話なんだと思います。


■いもサラダ(480円)、蛸ぶつ切り(750円)
図3

いもサラダは「ポテトサラダ」と書いてない点が気になってオーダー。
いもがゴロゴロした状態で入っている独特のサラダでした。

蛸ぶつは、串との値段を比較するとCP面でやや何がありますが、あとで出てきますが鳥辰の焼き鳥の大きさ、脂量は半端ありませんので、串以外のオーダーは箸休めとなるもの、さっぱりしたものがおススメです。


■ハイボール:左からニッカブラック(450円)、サントリー角(450円)、アーリータイムス(480円)
図1

せっかくなので全種類飲んでみました。

ニッカブラックと角はあまり味の差はありませんでしたが、アーリータイムスはちょっと甘いというか、とろっとしています。
焼き鳥に合うのは450円コンビかなと思いました。

では、、、鳥辰攻略ポイントと共に串7連発をご紹介します。

串が来ると一気にテーブルが竜宮城状態に。
IMG_3890.jpg

ちなみに何も言わないでそのままオーダーすると、味付けはオール塩になる模様です。というかオール全部全て塩で提供されました。私は断然塩派ので良かったです。


■ねぎま(170円)
IMG_3879.jpg

鳥辰攻略ポイント①
初めてなら最初の1本はねぎまから攻める


正肉のでかさで鳥辰のポテンシャルを知ります。
大きいだけでなく鶏の味が濃く、塩コショウのふりっぷりも絶妙。そして何とも葱まで最高に美味しい1串です。

まず最初にオーダーしたい1品です。


■つくね(170円)
IMG_3870.jpg

鳥辰攻略ポイント②
つくねは絶対外せない


このつくねは今年、、、いや、これまで食べたつくねで一番美味しかったです。
どう美味しいかは全く伝えることは出来ないのですが、粗さの加減、炭の香りのうつり方、とにかく美味しいので外せない1串です。

メニューにも「名物」って書いてあるので、ほとんどの人が頼むのではなかろうか。


■はさみ(200円)
IMG_3877.jpg

「鶏テール+鳥首」でタイトルは「はさみ」となっています。

テールなのか首なのか、あるいはどちらもなのか分かりませんが、かなり脂したたる串になっています。
頼むのであれば前半戦がいいんじゃないかと思います。


■ぼんじり(200円)
IMG_3888.jpg

人生で見た「ぼんじり」の中で間違いなく最強クラス、、、いや、最強と言い切って良いボリュームのぼんじりです。
一般的にぼんじりというと小指の頭くらいのがちょこちょこ付いているイメージですが、その概念を吹き飛ばす迫力です。

見た目だけでなく、でかいならでかいなりのぼんじりオイルの力があります。こちらもかなり脂したたる串になっています。
ということで3つ目のポイントです。

鳥辰攻略ポイント③
「はさみ」と「ぼんじり」はどちらか一方だけにする



■合鴨(450円)
IMG_3898.jpg

他とはうって変わって脂っぽさが全くない串です。しかしそれでいて柔らかさは抜群で、しかもいわゆる「鴨が葱しょって・・・」の状態で出てくるわけで、かなり最高の味わいになっています。

450円と少々お高めゆえ、金額面のバランスを考慮してオーダーしたい1串です。
つくね2本より合鴨1本の方がお高いですから。

でも、蛸ぶつが750円なので、それを考えると「もう頼んじゃえ!」という思い切りでよい気もします。


■軟骨:むね関節、軟骨:もも骨先(各190円)
IMG_3904.jpg

左がよく見る軟骨。右はあまりお目にかからないももの骨先の軟骨です。
胸とと腿の比較なので当たり前ですが、ももは軟骨なのに非常にオイリーです。

ここでもう1つポイントがあります。

鳥辰攻略ポイント④
似たメニューを比較しようと思わない


1串1串のパンチ力が凄まじいため、「似てるのを比べてみよう」なんてことになると、似たものを2本食べることになります。
ここで受けるダメージは計り知れません。

これが許されるのは夫婦、カップル、付き合う直前の2人の何れかで「1本を半分こしましょう作戦」が使える場合のみです。
ちなみに私は焼き鳥を「合コン食べ」、つまりは串から解放して箸でつまんで食べることは勝手に禁じています。あれをすると焼き鳥の良さが10%以下になると勝手に思っています。


以上計7本を頂いたのですが、最後の方は文字通り串との戦いとなりました。
そこで最後に2つのポイントを追加します。

鳥辰攻略ポイント⑤
「つけ麺400gは結構きつい」くらいのポテンシャルなら串は4本程度に抑える


最初はお腹ペコペコで調子に乗ってオーダーしてしまいがちであることと、「焼き鳥は5本なんて少ない」という鳥辰では通用しない先入観により失敗を招くことになります。


鳥辰攻略ポイント⑥
豚バラ肉シソ巻きが人気らしいがご注文はお早めに。できるか分かりませんが可能なら予約時に取り置きしたいところ


非常にビッグサイズで、大きさを差し引いてもオーラが半端ない串に見えたのですが、19時30分の入店で既に売り切れでした。
かなり個人的な攻略ポイントになってしまいますが、そもそも全部個人的なポイントなので、まあいいかなと思っています。

なお、全体的な接客ポリシーは「母ちゃんと喋ってる感じ」なので、いろいろ待たされたり、いろいろ注意されたりする場合もありますが、母ちゃんだと思えば気にもならないと思います。母ちゃんじゃないんですけどね。

串を欲張らずに上手に食べれば3,000円台で大満足になることができる気がします。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,000円


■おススメ料理
おススメ

■おススメドリンク
おすすめD

■ドリンク
ドリンク

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆


鳥辰焼き鳥 / 新宿駅都庁前駅南新宿駅

夜総合点★★★★ 4.0




[居酒屋・バー]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 居酒屋

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る