コーンがラングドシャになっているソフトクリームが食べられる。

2016.03.19.15:29

HIBIYASAROH@日比谷
カフェ


銀座、丸の内あたりで買い物をするために日比谷駅までやってきました。
すると餡子隊長が「この間、日比谷公園でコーンの部分がラングドシャになっているソフトクリームのポスターを見た」と仰られまして、そのまま日比谷公園に行きました。
1 (1)

「ラングドシャ」と聞いたときに、私はラングドという会社が作ったコーン、つまりはラングド社製のコーンだと思ったのですが、隊長に詳しく話を聞くと、「ラング・ド・シャ」という食べ物の種類なのだそうな。

Googleで調べると「細長い独特の形をしたクッキーまたはビスケット」とのことで、フランス語で「猫の舌」という意味だそうな。
猫の舌のようにザラザラしているからなのだとか。

一番分かりやすいのは、白い恋人のビスケット部分のあれのことのようです。


このお店ではないか、、と思われる1軒のカフェの前でポスターを探すと・・・
1 (2)


ありました。ビンゴです。
1 (3)

それにしてもソフトクリームが540円ってすごいな。


ただでさえ540円のソフトクリームに驚いているというのに、店内で食べると780円になるということで、当然持ち帰りでお願いしました。
1 (4)


これがコーン部分が「ラング・ド・シャ」になっているソフトクリーム。540円也。
アイスの部分は、それはそれは濃厚仕上げで、味が濃いのなんの。
540円がどうかはわかりませんが、そんじょそこらのソフトクリームとは一線を画しています。
1 (6)


濃厚過ぎるアイス領域に負けていないのがラング・ド・シャのコーン。
アイス部分と一緒に食べると新しいスイートの風が吹き抜けました。
1 (7)

普通のコーンでこのアイスだとバランスが悪いかもしれないゆえ、ラング・ド・シャによって成立しているソフトクリームと言えるかもしれません。
これから暖かくなりますし、ぽかぽか陽気の日比谷公園を、ラング・ド・シャのコーンのソフトクリームを持って食べて歩けば、甘党の方にはそれだけで最高に幸せになれると思います。

1点気になったのは、そこそこ寒い日でしたが、かなりの早さで溶けていましたので、夏とかだと瞬殺が要求されるかもしれません。


===
【オーダー】
ソフトクリーム540円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆

HIBIYASAROHビアガーデン / 日比谷駅有楽町駅桜田門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る