無化調無添加に油断。「激辛」は中本北極級であった。

2016.04.16.14:25

ハナウタ。@四ツ谷三丁目
ラーメン


土曜日ラーメン遠征。四谷三丁目駅で降りラーメン屋さんに向かっておりましたら、偶然にもそのお店のビラを道端で受け取ってしまいましたよ。
1 (1)

餃子3個がプレゼントされるようです。
ビラを受け取らなくても行く予定だったのにすみません。


ハナウタ。到着。「ハナウタ。」は読点まで含めて店名です。「藤岡弘、」みたいなものでしょうか。
1 (2)

それにしても外観はおよそラーメン屋さんっぽくありません。
ここまでラーメン屋さんっぽくないと、ラーメン食べたいなあと思って歩いていても見逃してしまいそうですが、かといって「ラーメン」という赤いノボリはすごくミスマッチな感じになりそう。


外観もさることながら、内観も大変なことになっています。
「最近は綺麗なラーメン屋さん増えたね」というレベルではありません。これは完全にカフェです。青山とか代官山からワープしてきたようだ。
1 (7)

おじさん2人、おどおどしながら席に着きます。招かれざる客になっていないか心配になりつつも、お店の方は温かく迎え入れてくれたため、どうやら大丈夫なのだとほっと胸を撫で下ろします。


卓上も、やっぱりカフェっぽい。水の入れ物からして既に違います。
1 (6)


しかしメニューは完全にラーメン屋さんのそれになっておりまして、こちらは醤油と塩のメニューです。
完全無化調、完全無添加のラーメンだということです。
1 (3)

完全無化調で塩ラーメンが650円ってすごいではないですか。しかも写真見ると玉子も乗っているし。
基本、無化調のお店は高いので。

この他、創作ラーメンや丼メニューなどがありまして、そちらは一番下に掲載しました。


いろいろ悩みましたが、「創作ラーメン」の中から「とうがらし」を選んでみました。
チラシをもらったことでサービスして頂いた餃子と一緒に登場です。
1 (8)


まず餃子ですが、餡にしっかり味が付いているので醤油などは付けない方がむしろ美味しいかもしれません。
スナック感覚で頂ける軽やかな餃子です。
男らしく肉汁がしたたり落ちたりは当然せず、女性に好まれそうな餃子でした。3つも付けて頂いてすみません。
1 (16)


さて、ラーメンですが、まずは器がいいし、お盆もいいです。そしてかなり箸もいいです。
この雰囲気で中国産の割り箸はないだろうなとは思いましたが、こんなに美しいセッティングで登場するお店はなかなかお目にかかれません。
1 (11)


「とうがらし」は辛さが選べまして、せっかくなので馬鹿だから辛さMAXの「激辛」にしてみました。
無化調のお店の激辛など、辛さ対決では到底負けるとはこの時点では思っておらず。
1 (12)

麺は馬鹿だから100円増しで中盛りにしたのですが、麺の増量の合わせてか、器も大変BIGなサイズになっていて、その点もとても気に入りました。


野菜類担当の具の中心は白髪葱です。丁寧な下処理がされているか、あり得ないほど甘い葱を使っているのか、辛み抜きはバッチリでした。安心して葱をほうばれます。
1 (13)


チャーシューメンでもないのに、淵にチャーシューが何枚も張り付いていて、肉肉しさという意味でもボリューム満点です。
最近は低温調理が流行っておりますが、私はこういう元祖っぽいチャーシューの方が好きです。
1 (14)


それにしても黒く、不気味に赤いスープです。無化調ということで油断したのですが、これは完全なる油断と不覚ではなかろうか?
1 (15)


はい、完全なる油断と不覚でした。すんげえ辛いです。
辛さの種類は唐辛子ベースの方向性で、辣油が牽引している感じです。
1 (17)

出汁の旨みもあるので最初はわりと大丈夫なのですが、徐々に舌の中枢を持っていかれます。
辛さの度合いをラーメンで例えるなら、利しり@新宿歌舞伎町の「おろちょん」のトリプルスーパー9倍よりは確実に辛い気がします。

凶暴さはありませんが、辛さの強さだけでいったら中本の北極クラスではあるまいか。それよりちょっとだけマイルドな気はするが。


麺は縮れた細麺で、細麺好きとしては大変好ましい麺でした。
無化調にはやはり細麺か。
1 (18)

なお、中盛りでもすごい量でした。200円増しではありますが調子に乗って大盛りにしていたら多分完食は無理でした。辛いせいもありますが。


こちらは公右平氏が食べていた塩ラーメン650円。こちらもまた器がいいではありませんか。
1 (10)


このラーメンが650円というのはどうかしている。お店の雰囲気代も考えると安すぎると言わざるを得ません。
1 (9)

こうなってくると創作ラーメンの部の鶏白湯が非常に気になってしまうところです。
近々再訪して鶏白湯を食べてみたい衝動に駆られました。

しかし鶏白湯を食べたい衝動を遥かに勝った衝動としては、ソフトクリームが食べたいというものでした。ここ20年で初めての衝動となります。甘党ではない私がソフトクリームが食べたくなるなんて。

歩いて帰る途中にあるミニストップに駆け込みました。
1 (19)


ソフトクリーム、220円なり。
1 (20)

ようやくここで辛さが落ち着きました。そしてソフトクリームを食べたらコーヒーが飲みたくなりました。
その後はどうなるんだろう。


===
【オーダー】
とうがらし(激辛) 850円
中盛り 50円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(8)   :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ハナウタ。ラーメン / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る