フランスで2,300円でこれだけの料理は食べられまい。

2016.05.04.14:05

Grand Arbre@松陰神社前
フレンチ


途中でお昼を食べたのち、吉祥寺に向かうことにしました。
二子玉川から井のヘッドに乗るには、渋谷まで戻る必要があるわけですが、どうも無駄な移動に思えて仕方ないため、三軒茶屋で途中下車し、新代田まで歩いて井のヘッドに乗ることにしました。
1 (1)

かなり昔の話ですが、井の頭線のことを女子高生は「井のヘッド」と呼んでいるという話を耳にしたのですが、果たして今でもそうなのだろうか。若干不安であります。


三軒茶屋と新代田のちょうど中間に松陰神社前がありまして、ゴン アルブルという大きな木という意味の店名を持つフレンチのお店に立ち寄りました。
1 (2)


カジュアルなビストロ調のお店。大変声の良い日本人男性店員さんと、フランス、、、かどうかは分かりませんが、フランス語を話す男性店員さんお二人がホールを担当されていました。
フランスの方っぽい店員さんがいるため、店内のパリ感が半端ありません。少しだけパリにワープした気持ちになれました。
1 (4)


ランチは4種類で1,000、1,800、2,300、2,800円となっています。
当初はリーズナブルな辺りを攻める予定だったのですが、お店のオーラがよかったので2,300円のコースにしてみました。
1 (3)


食べやすいように予めちぎってあるパン。この心遣いが有り難い。そしてパンも美味しい。
1 (9)


豚のテリーヌ。何度も「グラスワインを・・・」と言いそうになりましたが、この後吉祥寺散策があるので自重しました。
赤ワインを猛烈に欲求させる、美味しくて爽やかなテリーヌでした。
1 (5)


餡子隊長は石鯛のカルパッチョ。最近隊長はカルパッチョがお好きなようです。
1 (6)


隊長が肉が良いということで、私は魚介の香草バター焼きにしました。
1 (7)

バターソース、美味しすぎます。魚介の風味が詰まり過ぎている中でバターの芳醇な味が全体をバイキルトしています。
バイキルトはドラクエの呪文です。

餡子隊長の「フレンチはソースにあり」のお言葉から選んだ一品ですが、大当たりを引くことができました。


餡子隊長は珍しく豚のカツレツです。
1 (8)

肉が柔らかいですし、デミグラスソースもしつこくない。
全体的に言えますが、料理が全部爽やかなのであります。


デザートは生地の上にアイスクリームが乗ったものなのですが、一緒に食べるとなぜこんなにも相乗効果があるのかと思うほど美味しい。
1 (10)


コーヒーを飲んでゆっくりできました。
フランスでこのクオリティのランチを2,300円で食べることはなかなか難しいと思われ、よいお店を見つけることができました。せぼん!
1 (11)


この後歩いて30分ほどで新代田到着。住みたい街No1なのか、そうじゃないのかよく分からない吉祥寺に向かいました。
1 (12)


===
【オーダー】
Bコース 2,300円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)   :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

ゴン アルブルビストロ / 松陰神社前駅世田谷駅若林駅

昼総合点★★★★ 4.0



[フレンチ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : フレンチ

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る