【2回目】海の神も肉の神も微笑むスペイン料理。

2016.06.15.22:56

MIYAKAWA@麻布十番
スペイン料理


3年半ぶりに麻布十番のスペインバル、ミヤカワを訪問しました。
3年半前に連れて来てくださった方との再訪となります。

入ってすぐのエリアがカウンター席とテーブル席。
L字の奥にも席があります。
図1


かけつけ一杯。まずはスペインのビールで乾杯です。
このビール、ぬるいわけでもないのにグラスに注ぐとどわーっと泡が溢れます。
その旨を事前に指摘頂いたにも関わらず泡で溢れました。お気を付けください。
1 (3)

キリリと苦く、美味しいビールでした。


料理は多品種を少しずつ、おまかせで。

ドングリを食べまくった豚殿の生ハム。
一般的なお店で食べる生ハムよりも甘く味が濃い。
1 (4)


海の幸を中心とした前菜が次々と運ばれてきます。
特にムール貝がふっくら柔らか仕上げで、どうやればここまで縮まずに絶妙な加減になるのか。
図3


ワインは6人で白2本、赤2本空けました。
爽やかなものからどっしりしたものまで、希望をお伝えすればセレクトしてもらえます。
図2


アヒージョの海老はお刺身でも食べられるクラスの立派な海老を使っており、火を通し過ぎていないため、柔らかい海老の食感を楽しめる新感覚アヒージョでした。
1 (9)


海構成にいったん区切りをつけ、野菜のグリルと牛すね肉?だったか忘れましたが、豪快な大ぶりの肉料理が登場。
グリル野菜も肉も味付け加減がちょうどよく、何を食べても美味しいとはこのことか。
図4


最後は海の幸のパエリア。イカスミもありましたが、お歯黒を気にして今回は海の幸となりました。
1 (14)

パエリアの登場に歓声は上がるは、素材は豪華だは、米が全てのエキスを吸ってるはで、それはそれは美味しいパエリアでした。
当たり前ではありますが、家で素材も含め頑張って完成するパエリアとは次元が違います。

時にボンゴレやジェノベーゼパスタであれば、原価をかけまくって作ることでお店の味を突破することもありますが、このパエリアは格が違いました。


料理もすごいがデザートもすごいのであります。
図5

左はクリームブリュレなのですが、表面白いねーと思っていたところ、、、

ファイヤー!
1 (17)


完成。
1 (18)


最後はこの会恒例のグラッパ祭りで〆ます。
食後酒だから食後に飲むのはよいとして、何杯も飲むわけであります。そして当然そのアルコール度数の高さから、酔いまくるのであります。
1 (19)

グラッパ祭り、大好きです。
また来たい(また連れてきてもらいたい)。


===
【オーダー】
上記の通り(お値段不明)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)   :★★★★★★★★☆☆
CP(-)     :--------------------

[スペイン料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : スペイン料理

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る