高津駅至近。濃厚気味の豚骨ラーメン。

2016.08.03.21:15

やっじゃがな@高津
ラーメン


たまに前を通るものの餡子隊長からの入店許可は得られそうにないため、夜1人で寄ってみました。
高津駅至近の「やっじゃなか」というラーメン屋さんです。
1 (1)

「やっじゃなか」という言葉は博多弁なのか?と思い、沖縄生まれ博多育ちの餡子隊長に伺ってみたところ「知らない。使ったことない」ということでした。


メニューはラーメンに、味噌、つけ麺あり、特筆すべきは焼きラーメンがあることでしょうか。
焼きラーメンを提供するお店は都内ですとまずまず珍しいです。
1 (13)


券売機左上ポールポジションは博多ラーメンで690円。
博多ラーメンと考えるとノーマルが690円というのは若干高いな、、、と思ってしまうとは、博多ラーメンも罪なものです。
アメリカでは一風堂が余裕の1,000円超えだというのに。
1 (2)

焼きラーメンも気になりましたが、初見でしたので左上ボタンの博多ラーメンにすることにしました。


食券を渡すと麺の固さを聞かれます。私は1杯目はノーマルで、替え玉は柔らかめにするのですが、本場だとどういうのが主流なのであろうか。
あと、粉落としはお腹痛くならないのだろうか。
1 (5)


席は若干変形気味のL字型カウンター席です。満席であるシーンは見たことがありませんが、いつも誰かしらお客さんがいる印象があります。
厨房は2名体制で、焼きラーメンのオーダーが入ると見事な手さばきでフライパンをふるっていました。
1 (11)

スープはどこからか届くのか、あるいは下処理が完璧なのか、店内にはまるで豚骨の匂いはありません。


卓上には胡麻は高菜や生姜など博多系らしい配備がされています。
図1


大蒜は自分でクラッシュする形式なのですが、珍しいことに大蒜が皮付きのまま置いてあります。
確かにクラッシュして濾すので、皮が入ることがないのでこれで問題ないのですが、皮つきでそのまま置いてあるのを見るのはやまだかつでありません。
1 (12)


さすがは博多ラーメン。ほとんど待つことなく到着しました。
1 (7)


いやいや、具の量が全体的にしっかりしていて、なかなか豪華な感じです。
690円は仕方ないかもしれない。
1 (6)


何より青葱がだいぶ多いのがとても嬉しいではありませんか。
若干ケチなお店の「ネギラーメン」クラスは入っています。
1 (8)


外観の雰囲気から勝手に博多天神と同じような味なのかな?と思っていたのですが、想像以上に濃厚でしっかりとしたボディの豚骨スープにちょっと驚きました。
1 (9)


麺は博多ラーメンだけあって細麺。スープが濃厚なので結構絡んでくれます。
1 (10)

次回はフライパンを煽りまくっていた、あの焼きラーメンを食べてみたいと思います。


===
【オーダー】
博多ラーメン 690円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)   :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

やっじゃがな 高津店ラーメン / 高津駅二子新地駅溝の口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る