牛骨ラーメンの最後の砦。

2016.08.06.13:05

麺屋 西川@四ツ谷三丁目
ラーメン


土曜日ラーメン遠征、本日は四ツ谷三丁目へ。

5分ほど北上し、西川というラーメン屋さんに行きました。
1 (5)


右には豚骨の文字。これはよくある。
しかし左には牛骨の文字が。
1 (6)

ラーメンで牛骨は意外と珍しく、これまで2軒しか出会ったことがなく、そしてどちらもあまりよい思いでは無かったりします。
今回はどうか!
・2012年11月10日 ラーメンダイニング JINGU@原宿
・2016年2月7日 燎原@駒沢大学


券売機で食券を買います。
左上ポールポジションは豚骨ですが、今回は牛骨、しかも1,000円の特製にしてしまいます。土曜日だし。
1 (1)


券売機に大盛りのボタンはありませんでしたが、150円で替え玉ができます。
1 (15)


更にはランチタイムには小ライスが無料で付きます。
1 (3)


土曜日11時45分の到着で先客は3名。
行列店ということではないようですが、この後あれよあれよとお客さんが押し寄せ、終盤はなかなかの入りになってました。
1 (2)


壁には牛骨、豚骨、麺、具のこだわりが書いてあります。
待っている間にじっくりと読みます。
1 (4)


特製牛骨麺、柚子胡椒を従えて到着。
1 (7)


特製ということで、麺が見えないほどぎっしりと具が敷き詰められています。
1 (8)


方向を変えてもう1度。
おおよそラーメンのビジュアルと言えないような、言えるような。
1 (9)


特筆すべきは特大のローストビーフです。まずまず厚く、大きい。
しかも到着直後は若干ピンク色をしていました。
1 (10)

さすがにローストビーフの老舗「鎌倉」ほどまではいきませんが、ラーメンに乗っかっているローストビーフとしては最高峰の出来栄えかと思います。
最初は1,000円に苦悶の表情を浮かべましたが、これならば1,000円は納得です。ローストビーフ、高いですので。むしろ安いか?とすら思ってしまいます。


ローストビーフの次に特筆すべきは原形を止めた牛スジが入っていることです。
ローストビーフに加え、ここでも牛のパンチ力が増強されています。
葱の綺麗な緑もまたいい。
1 (11)


スープは丁寧に抽出された感満載の、ハイレベルな牛骨スープに仕上がっています。
牛骨スープの1つの完成形と言えそうな高みまで極められているような。
1 (12)

とにかく独特なのは、あっさりしていそうなのに、多少のみ勧めると極上カルビを食べた後のような、まとわりつく牛の甘い旨みが広がることです。
しかしスープを飲み過ぎると、カルビの脂にやられ出した時と同じ重さを感じるため、少なくとも私にはスープを飲み干すなどということはできませんでした。


麺は歯ごたえの良い細ストレート麺で、全くスープの邪魔になりません。
相性抜群です。
1 (13)


私以外は豚骨にしまして、だいぶ絶賛しながら食べておりました。
珍しさではなく、単にその場の美味しさを追求したい場合は明らかに豚骨の方がおススメです。
1 (14)

特製にすると牛スジも入れてもらえますので、特製がおススメです。
牛骨の牛スジは、牛に追い打ちをかけてくる存在でしたが、豚骨の場合は見事なアクセントになるようです。

豚骨はもちろんのこと、最近の鶏白湯ブームもありつつ、なかなか牛骨のブームが来ない理由は何となく分かった気がしました。
究極、万人受けするラーメンには牛骨は合わないのではないか。。。

そんな中、麺屋西川は牛骨ラーメンの最後の砦かもしれません。


===
【オーダー】
特製牛骨麺 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

麺屋 西川ラーメン / 曙橋駅四谷三丁目駅若松河田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る