ボニートォォォッ!その名に恥じぬ鰹ぶり。

2016.08.09.14:41

かつお拳@浅草橋
ラーメン


気温37度。恐ろしいほど暑い。体温よりも高いではないか。
そんな状況で浅草に行く途中、乗り換えで降り立った浅草橋でラーメンを食べようと思う。
1 (15)

12時半くらいのお昼時ではあったが、さすがに37度であれば駅近のよいお店でも空いていると思ったからであります。


駅徒歩2分ほどの場所にある、その名も「かつお拳」というお店です。
なんというかもう名前が分かりやすすぎる。
1 (2)


この鰹の像からして、気合いが入っています。尖っています。突き抜けています。
1 (14)


券売機で食券を買います。
ラーメン、つけめんがある。そして塩レモンという変わったのもありますぞ。
見切れていて見えにくいですが、冷やしラーメンというのもある。
1 (4)

が、ここは左上ポールポジションである「らーめん(700円)」にします。


店内は割と長めのカウンター席で、37度効果でしょう、先客は1名しかいませんでした。
大雪が降った日も名店は狙い目なのですが、37度を超えている日もまずまず狙い目かもしれない。
1 (3)

店員さんは男女1名ずつの2名体制でした。
ご夫婦かどうかはわかりませんでした。
(いつだって分からず当てずっぽうではあるのですが)


醤油と鰹節に関する並々ならぬこだわりの記載がありますので、よーく読みます。
不思議なもので読むと味が変わる気がします。いいことかどうかはわかりませんが。
1 (1)


卓上には酢、胡椒、そして七味ならぬ八味が配備されています。
1 (5)


それから謎の赤いお椀があり、これはなんぞ?と思いますが、ラーメンが来て初めて意味がわかります。
1 (6)


というわけでラーメン登場。
1 (7)


黒めの醤油スープとたっぷりの緑の葱のコントラストがよい、大変美味しそうなラーメンです。
器からは、ふわっとというより、ぶわっと鰹の風味が押し寄せてきます。
1 (8)


鰹系ラーメン特有の鰹の皮みたいな黒いものが浮かんでいます。
そして若干オイリーな層があります。
1 (9)


具は脂身のバランスがよい叉焼が2枚と葱、メンマ。
デフォルトのラーメンですので大変シンプルな構成です。
1 (10)


ミニざるのようなものに入っているのはかなりの量の鰹節です。
「これを溶くと鰹の風味が増します」と教えて頂き、しゃこしゃこと混ぜてさらに鰹を注入します。
1 (11)


すっごく鰹。これ以上は無理だろうというくらい鰹がビシビシ効いています。
しかし醤油も鰹に負けておらず、お互いが主張してくる声の大きなスープであります。
賛否分かれそうですが、クセになる人も必ずいそうな気がします。私は好きです。
1 (12)


平べったい中細ストレート麺は喉越しよいタイプで、脇役を見事に演じているかのようであります。
1 (13)

突き抜けた鰹っぷりに、あっれ乾杯です。
店名の「かつお拳」、その名に違わぬ鰹ラーメンでした。

37度ですが美味しく頂けました。
醤油の主張のせいか、食後だいぶ喉が渇きますが、それも勲章のようなものかなと思うことにしました。


===
【オーダー】
らーめん 700円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)   :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

らーめん かつお拳ラーメン / 浅草橋駅馬喰町駅馬喰横山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る