下北沢にラーメンの名店現る。

2016.12.12.19:55

こてつ@下北沢
ラーメン


平日月曜の晩、下北沢によさげなラーメン店ができたと知って食べログOBのナムさんと訪問してきました。
1 (1)


その名も「こてつ」でございます。
2016年7月にオープンしたばかりの新しいお店です。
1 (3)


メニューは醬油と塩、それからつけ麺があります。
あとはトッピングで値段が変わります。
1 (2)


はやる気持ちを抑えて入店し、券売機で食券を買います。
叉焼2枚、味玉、雲呑が入った特製ラーメンが850円とはかなり安いではありませんか。
店内に漂う名店特有のいい香りからすると、どうかしていると思うほどの価格であります。
1 (5)

塩もたいそう気になりましたが、左上ポールポジションが醬油ですし、そもそも醬油が好きなので特製醤油、麺1.5玉の中盛りにしました。


店内はL字型カウンター席で店員さんは男性1名体制でした。そして、、、なんと先客は1人もおりませんでした。
これだけよい香りを漂わせるラーメン店で、夜とはいえお客さんなしとは驚きました。
1 (4)

前にナムさんと同様に夜、下北沢にてラーメンを食べた際にも同様のことが起こりました。その時は桑嶋というお店でした。
下北沢とは、なかなかラーメン屋さんが根付かない土地なのだろうか。


卓上配備は黒胡椒、酢、一味。
店内の香りからするとどれも必要なさそう。
1 (6)


久方ぶりに出会う、絶賛別嬪醤油ラーメンであります。
器から香る上品な香りがなんとも言えません。
写真なんて撮ってないで早く食べたい。
1 (8)


チャーシューは脂が脂の少ない赤身中心のものが2枚。
赤々としているのは低音調理系によるものか。
1 (9)


ワンタンも同じく2個で、大変大ぶりである。
餡はゴロッとしていて細かめな挽肉を使っているようでした。
ぴろぴろの部分も広く存在感があります。
同じく850円のワンタンメンにしたら何個入っているのか。
1 (10)


味玉の仕上がりも言うに及ばず。
1 (15)


スープの表面の感じが美味しそうなラーメン特有のオーラを放っています。
1 (11)


スープは煮干しやら鰹やらか、どわっと旨味が押し寄せます。
芳醇過ぎる味は醤油ダレもすごそうであります。
方向性で言うと蔦が近いか。蔦よりもっと主張は強そうですが。
1 (14)

塩辛さが微塵もない飽きの来ないスープにヒデキは感激しました。


麺は細麺。小麦感のあるもそっとしたタイプ。
喉越しではなくもぐもぐ食べたくなる感じです。
1 (13)

1.5倍でも量はかなりのものでしたので、2倍の特盛りは私の戦闘力では確実に無理かと思います。


ナムさんはノーマルラーメンで、なんとお値段650円。こんな素晴らしい食べ物が650円で提供されてよいのであろうか。
ちょっとどうかしていると思えるほどの安さであります。
1 (7)

このラーメンに並びたさができない下北沢とはなかなか不思議な町であるなと思いました。
若い方が多いので、化調炸裂系の方が好まれるのかもしれません。


===
【オーダー】
特製中華そば 850円
大盛り(1.5玉) 100円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

中華そば こてつラーメン / 下北沢駅新代田駅東北沢駅

夜総合点★★★★ 4.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る