もはやラーメンではないかもしれない

2016.12.17.12:52

しば田@仙川
ラーメン


聖地巡麺の旅という、食べログというサイトで、東京都×ラーメンで検索した上の方に出てくるお店を巡る冒険を続けて早4年。
点数がコロコロ変わるゆえ、終わりのない旅であります。

2016年最後の旅、会場は京王線仙川駅が最寄りのラーメン屋さんになります。
1 (1)


歩いて10分。お店に到着。駅から結構遠いです。
開店5分前の10時55分に到着しましたので、お店はまだ開いておりません。
1 (2)


それでもどーんと12人待ち。聖地巡麺の旅はこうでなくては。
1 (3)


時々、まさかの行列なしという自体に見舞われ、それはそれで「それはないだろうよ」と思ってしまう場合があります。
気持ちの準備もできているので、むしろ並ばせてほしいと。

並ぶ→食べる、まで含めて、そのお店の体験であって、「並ぶ」が欠けては何か足りないように思ってしまうのであります。


お店を紹介していませんでした。
「しば田」といいます。
1 (7)


2017年3月7日時点で食べログ3.92。堂々の東京都×ラーメンで第9位につけているお店になります。
1 (4)


食べログの点数は5年ほど前と比べると、相当にあてに出来ないものになりつつありますが、さすがに3.9を超えるお店は、美味しいお店が多いように思います。
いまですと「誰がレビューを書いたか」が重要なファクターになるよう仕様変更されているようですが、どうであれ3.9超えていれば大丈夫なのではないかと勝手に思っています。
1 (5)


メニューは中華そばと、煮干しそば。それから炊き込みご飯。
並んでいる間に、中華そばと煮干しそば、どちらにするか狂おしいほど悩むことが出来ます。
1 (6)

大丈夫。時間はたっぷりあります。


そろそろ店内に入ることが許されるというタイミングのちょっと前に、券売機で食券を買うことになります。
時々、券売機で食券を買わないと並べないお店がありますが、そういうルールでないところが有り難いです。
1 (9)

迷いに迷いましたが、左上ポールポジションが中華そばなので、味玉入りの中華そばのボタンを押しました。
今日は巡麺2016忘年会ということで、このあと晩御飯で焼肉を食べることになっているので、大盛りは自重しました。


中華そばと、煮干しそばの丁寧な説明書きはこちらになります。
中華そばは鴨ガラ」を使っているんですねえ。
1 (11)


店内はL字型カウンター席。ご主人とお弟子さんの2名体制で切り盛りされていました。
1 (8)


並ぶことぴったり30分。11時25分に席につくことが出来ました。
カップル率が非常に低く、猛者率が高かったため、12人の列と言えども30分しか待ちませんでした。
1 (10)

卓上はシンプルに胡椒と一味。どちらもSB食品のものでしょうか。


ご主人が、見るからにあり得ないほど丁寧に作られておりました1杯が到着。
作るさまを見ていて、こんなに丁寧に心をこめて作っているように見える作品が、美味しくないわけなかろうと思いました。
1 (12)


非常に丁寧に盛り付けられたラーメン。見ただけでオーラに怯(ひる)みそうになるのは、食べログの点数を知っているからか。
いや、そうではないと信じたい。
とにかく美味しそう過ぎるビジュアルに、もう写真なんて撮るのを止めてスープに飛び込みたくなる衝動に駆られます。
1 (13)


極上ラーメン特有の、醤油スープでわりと濃いめの色なのに澄んでいて透き通っているというよくわからない超常現象がしっかりと起こっていました。
この表面の感じですでに勝負はありました。
1 (14)


チャーシュー麺ではないがチャーシューはでかいのが3枚入っています。
チャーシュー麺にしなくても赤みがかった低温調理系チャーシューの量は十分です。
1 (15)


これだけのビジュアルをしていながら「味玉だけイマイチ」なんていうことになるはずもなく、抜群の至極の出来映えです。
これだけの具、これだけの出来映えの食べ物が880円で食べられる国は日本以外にあるのだろうか。
1 (18)


スープは酸味があるのが特徴です。
鴨の芳醇な出汁と気丈湯のキリリとした味のブレンドが堪らず蓮華が止まらなくなります。まるで危ないものでも入っているかのよう。これは食べないとわからないので、ぜひ皆様にも食べて頂きたい。。。
1 (16)

表面にはオイル層があるが、オイリーさは皆無で、芳醇な味わいと酸味が癖になるとんでもないスープでした。
鴨なので方向性は蔦@巣鴨っぽいですが、キリッとした酸味が別物です。上品ながらもワイルドさがあります。

いつまでも飲んでいたいスープであります。


喉越し良い麵で全粒粉入りです。
細いのに最後までだらけることない、最後の最後まで美味しさを保った麺でした。
めったにならない「減っていくのが悲しくて悲しくて仕方ない」という状態になりました。
1 (17)

量は意外と十分で、150円増しの大盛りが仮に倍量だとするとそうとう厳しい戦いになったことでしょう。
欲張らずに並盛りでスープを最後の一滴まで楽しむほうがよさそうです。

食後の後味感も、まるでラーメンを食べたとは思えぬほどのものであり、これはもはやラーメンですらないと思ってしまいました。

煮干しそばを食べるために新年早々再訪することにしました。


食べたあと、焼肉に備えて桜上水まで歩きました。
1 (19)


桜上水から新宿御苑に移動しポケモンを捕まえて、
1 (20)


紅葉を眺めたりしました。
2 (2)


そして、映画「What's your name?」の最後に登場する階段を見に行きました。
2 (3)


多くの観光客がおりました。そして近所の住民とトラブっておりました。
外国人客も多いゆえ、いろいろ住民の方には苦労があるものと思われます。
2 (1)

とにかく、しば田のラーメンは最高でありました。


===
【オーダー】
味玉中華そば 880円


聖地巡麺の旅の過去記事はこちらになります。
・2013年3月16日 麺屋 吉左右@木場
  →20人待ち40分後着席
・2013年4月20日 つけ麺 道@亀有
  →20人待ち80分後着席
・2013年6月1日 一燈@新小岩
  →30人待ち45分後着席
・2013年6月15日 【番外編】大勝軒@永福町
  →並びなし
・2013年8月3日 【例外編(代打店のため)】千代作@高田馬場
  →並びなし
・2013年11月2日 こうかいぼう@門前仲町
  →30人待ち30分後着席
・2013年12月14日 煮干鰮らーめん 圓@八王子
  →6人待ち15分後着席
・2014年1月18日 Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨
  →10人待ち15分後着席
・2014年2月22日 こころ@大岡山
  →5人待ち15分後着席
・2014年8月9日 北大塚ラーメン@大塚
  →20人待ち30分後着席
・2014年12月11日 流。@十条
  →並びなし
・2015年1月31日 伊吹@志村坂上
  →20人待ち60分後着席
・2015年2月28日 らぁめん小池@上北沢
  →開店5分前到着並びなし
・2015年9月26日 としおか@早稲田
  →20人待ち100分後着席
・2015年12月12日 宮元@蒲田
  →11人待ち32分後着席
・2016年3月5日 多賀野@荏原中延
  →35人待ち90分後着席
・2016年4月23日 蘭鋳@方南町
  →7人待ち30分後着席
・2016年6月18日 麦苗@大森
  →30人待ち100分後着席
・2016年7月9日 ほん田@東十条
  →11人待ち30分後着席
・2016年8月20日 にそう@蓮沼
  →オープン前3人待ち30分後着席
・2016年10月1日 愚直@中板橋
  →10人待ち40分後着席
・2016年12月3日 麺処 晴@入谷
  →10人待ち30分後着席

↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

しば田ラーメン / 仙川駅

昼総合点★★★★ 4.0




[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る