九州ちゃんぽんとは。「日の出屋@国立競技場」

2017.04.01.13:42

九州ちゃんぽん 日の出屋@国立競技場
ラーメン

旧、一九跡地に、ラーメンというか「九州ちゃんぽん」なる日の出屋というお店がオープンしました。
1 (2)


九州はもちろんわかりますし、ちゃんぽんもわかります。
しかし「九州ちゃんぽん」となると初耳です。だいいち九州は広すぎるでしょ。
仙台出身ですが例えば「東北うどん」という食べ物があったら、なんだそれはと思いそう。
1 (16)


店のレイアウトは一九時代とまったく同じ。若干変わったコの字型レイアウト。完全居抜仕様と思われます。
テーブルの色から何から何まで一九時代と同じです。
1 (6)


メニューは大きく2種類。唐揚げモツちゃんぽんと、モツちゃんぽん。要するに味は一択のようです。
唐揚げモツちゃんぽんはお値段なんと950円。とても高いです。
1 (3)

麺は並盛りで茹で前110g。結構少なめ。
唐揚げモツちゃんぽんを1.5倍増しにすると1,000円になってしまいますが、ヤケクソでそれでいこう。


卓上には柚子胡椒、一味、胡椒。そして珍しいことに食塩が置いてあります。
塩が卓上に配備されているラーメン系のお店は非常に珍しい。
1 (4)


大蒜も配備されておりまして、セルフクラッシュ式。
1 (5)


先客1名でしたが、かなりの待ち時間でちゃんぽん到着。
まだオープンしたばかりだから慣れていないのかもしれません。

だいぶ待って錘形の器で唐揚げモツちゃんぽん1.5倍の登場
1 (8)


並盛りと中盛りで器の差がかなりあります。中盛以降は錘形になるようです。
1 (11)

並と中の差は50円。中を中心にした価格設計ゆえ、並だとCP的には損してしまうかもしれません。が、唐揚げの中だと1,000円になってしまう難しさ。


唐揚げは上に乗せるか別皿にするか選べるようで、今回は乗せてみました。
乗せると、スープに接した部分の衣感がなくなるので、ここは好みは分かれるところかもしれません。
1 (7)


唐揚げはかなり強い下味が付いていて、かなりしょっぱいです。
スープ自体もしょっぱい方向性であるゆえ、ここまで味が強くなくてもよさそう。
1 (9)


野菜は量はたっぷり。しかし火入れが弱く、シャキシャキを通り越して若干固いかなという印象。
かといって「ほぼ生じゃん!」というレベルではないです。
1 (12)

ほとんどがキャベツで、時々少々ニラ。モツは小さいものが5~6つ入っていました。


なお、唐揚げがないタイプの外観はこうなります。
1 (10)


スープは甘め。すごく科学的な風合いで、ダイショーなどの鍋スープの素の味そのもののような感じです。
買ってきたスープ感が逆に新鮮ではあります。甘ったるく、下に残る感じのスープでした。
1 (13)


ちゃんぽん麺は中太ストレート。
時間が経つにつれてかなり柔らかくなり、伸びにはあまり強くなさそうですが、ちゃんぽん麺とはこういうものかもしれない。
量は中盛でちょうどいいくらい。
1 (14)


大蒜を投入したら、少しだけ二郎みたいな味になりました。
1 (15)

九州ちゃんぽんということですが、九州ちゃんぽんとはこういうものなのだろうか。
とにかく食後、ひたすら喉が渇きました。


===
【オーダー】
唐揚げモツちゃんぽん中盛り 1,000円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

日の出屋ラーメン / 国立競技場駅外苑前駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.0



[ラーメン]

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る